詳細検索

    小町拝見

    子どもたちとジャム作り…杉上佐智枝

    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
     「(超駄)最近のとてもとてもささやかな楽しみ」というトピがありました。トピ主さんはホテルのアメニティーの固形せっけんを使うことが楽しみだそう。いいですね、好きな香りって。癒やされますよね。

     ステイホームもここまで長引くと、新しい楽しみが欲しくなるところ。我が家ではこの夏、子どもたちとのジャム作りに夢中になりました。きっかけは、紅玉を買ってきて皮も煮だして朝食用のリンゴジャムを作ったら、家族に大好評だったことです。以来、娘が「これでジャムを作りたい」と提案してくるように。そのフルーツがなかなかの変化球で、こちらも大人の自由研究気分で腕まくり!

     まずはパイナップルのジャム。粗く刻んで煮込むと食感が残っておいしい。スペアリブやカレーのチャツネとしても使えて便利でした。そしてアメリカンチェリーのジャム。娘が指先を真っ赤に染めながら、一生懸命、実を割り、種を取り出し……あれ、口元も赤くなっているけどなんでかな? つまみ食いがばれているところもご愛嬌(あいきょう)です。砂糖をまぶして数時間置いてから煮詰めれば、見た目も美しい深紅のジャムに。その後も、メロンジャムにデラウェアブドウのジャムなど、色々と挑戦しました。

     子どもたちにできるのはフルーツの下ごしらえと計量などで、火の番は私の仕事。ジャムを煮詰める、この作業が、妙に心落ち着くのです。甘い香りに包まれて、へらをゆっくりと優しく回しながらとろみがついてくる様子を、のんびりと見守る。心がほどけてくるような癒やしの時間です。

     仕上げにレモンをきゅっと搾ったら清潔な瓶に詰めて、あとは翌朝までお楽しみ。ささやかにワクワクできるこんな時間も、子どもたちとのジャム作りの良いところなのです。

    こんな関連トピもあります

      その他も見る すべて見る

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          Twitter

          Follow

          発言小町大賞0