詳細検索

    小町拝見

    リモート会議の難しさ…杉上佐智枝

    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
     「お隣さんの在宅勤務の通話が丸聞こえ!」というトピを見つけた時、トピ主さんは我が家のお隣さんかと思ってしまいました。

     仕事柄、私も声が大きいので、家の外で縄跳びをする息子を見ていた夫が、慌てて「丸聞こえだよ!」と注意しに戻ってきたことがありました。近隣の皆様、申し訳ありません。以後、気を付けています。

     社会全体でリモート会議が増えています。新しい仕事のスタイルとしてメリットも多い一方、トピ主さんのように音の問題や情報管理など、難しさもいろいろありますね。

     私は、聞き手のリアクションがわからないのに1人でしゃべり続けるリモート会議に苦手意識があります。話し手の声を聞き取りやすくするため、聞き手はマイクをミュート(消音)にするので、相づちもせき払いも聞こえない。表情も画面越しではあまり見えないのです。するとどうなるか。

     1人で話すうちに「みんな聞いているのかな?」という小さな不安が生まれ、つい「あれ、聞こえてます?」なんて不慣れ丸出しのつぶやきまで挟んでしまいます。最後には「誰が私の話なんて興味あるだろう?」――。疑心暗鬼にかられて落ち込んだ自分が、会議を終えた自宅にぽつん……。

     最近の若者は、圧倒的に「1人しゃべり慣れ」しているな、と思います。今は、動画配信やSNSが普及した影響か、若者は自撮りも1人しゃべりも堂々とこなしています。それが当たり前になっているんですね。羨ましい限りです
    。 

    こんな関連トピもあります

      その他も見る すべて見る

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          Twitter

          Follow

          発言小町大賞0