詳細検索

    小町拝見

    「夫婦のお金」誰のもの…香山リカ

    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
     夫婦のお金は誰のものか。法律的には「夫婦が共同で成した財産」と考えられているから、「2人のもの」である。ところが、特に夫婦で収入に差がある場合には、「誰が直接、稼いだお金なのか」という点がケンカの原因になりがちだ。

     診察室でも「夫に“誰が給料もらってきたと思ってるんだ”と嫌みを言われる」と訴える主婦は少なくない。夫が働ける環境を作っているのは自分なのに、夫から「オレが稼いだ」と言われると女性はとても傷つく。相手を支配し服従させたい、という心理が夫の心に隠れているのだろう。

     夫からの投稿で、妻が子どものスポーツ費用に貯蓄などのほとんどをつぎ込んでいてショック、というトピがあった。もちろん共有財産の使い道を自分の一存で決めていた妻も問題かもしれないが、そもそもトピのタイトルが「妻の使い込み」となっているのに違和感を覚えた。

     遊興費にあてたわけでもないのに、「自分が稼いだお金を妻が無断で使った」と怒っている。そこには「お金を直接稼ぐ方に使い道を決める権利がある」という支配の感覚があるのではないか。もしかすると、それがふだんから家庭内に漂っているので、妻は「子どもの才能に賭けてみたい」と夫に話せなかったのかもしれない。

     働くのはたいへんだ。私も給与所得者なのでよくわかる。とはいえ、「家族はチーム」と考えてそれぞれを尊重しながらやっていかないと、「誰のカネだと思っているんだ」「誰のおかげで働けていると思うの」と権利の主張が始まる。「いまパートナーは何を考えているのかな? 何か困ったことはないかな?」と関心を持てないようなら、夫婦を続ける意味はない、ということだ。

    こんな関連トピもあります

      その他も見る すべて見る

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          Twitter

          Follow

          発言小町大賞0