プライバシーの相談

レス9
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

久々

日本って国には、プライバシーがないと思う。
なぜに、履歴書ひとつとってみても、学歴や年齢などを詳しく書かなければならないの?
なぜに、健康診断書(そこに属するのに知らなくても支障のないもの)の発行のために、精密なことをやらされるの? 
なぜに、集団で一斉に定期検診させられるの?(これは、個人の結果について暴露されやすい)
たとえば、結核検診でつっかかって長期休むことになれば、すぐにばれてしまいがち。
苦痛で苦痛で仕方ない。 
なんとかして、改善してほしい!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • えーと

    なにを相談なさりたいのかさっぱりわかりませんが・・・・・・・

    ユーザーID:

  • 何でもプライバシー?

    履歴書について・・・学齢はわからなくもないとして、年齢を書くのが何の問題でしょう。そんなもの個人情報だと隠したがるような人をすすんで雇いたがるところがあるでしょうか。
    氏名,生年月日(=年齢),住所は住民票や住民記録を閲覧すれば誰でも知ることができたと記憶しています。

    健康診断書の必要事項については、提出を求める側が必要と思っているからそれを要求しているわけで・・・その根拠が確たるものなのか、周囲や慣例にならったものなのかは別として、ね。

    なんでもかんでもプライバシーだということで書類提出も拒否するようになると、素性や気心の知れた縁故でしか採用もできなくなるでしょう。

    集団検診を拒否し、さらには健康診断書の提出もプライバシーといって拒否(するんでしょ)。それでは不健康でも把握できず配慮などできないでしょうし、倒れられたりしては業務にも影響するでしょう。さらには、集団検診で発覚するような感染症の病原体として、周囲に迷惑をかけまくる可能性もありますよね。

    一斉でなくても長期休むことになれば、病気なのかほかの事情なのかはどこかから明かされるでしょう。

    ユーザーID:

  • 「プライバシー」侵害を改善したいなら・・・

    周囲に迷惑をかけず、社会的にも道義的にもケチのつくことのない、さらにはよけいなコストがかかったりとりこぼしがあったりしない改善策があるのならば、とうに改善されていますよ。社会生活を営むうえでは、我慢すべきこともあると思います。

    ユーザーID:

  • そのとおりだと思います。

    アメリカに転勤できたら村役場に水道と下水のサービスの届けを出すだけでした。住民票もなし戸籍もなし。家族が何人、妻が何人いてもかまいません。学校に行きたかったら自分で子供の届けをします。税金は残念ながら背番号が振られてこれですべてが管理されます。これでクレジットカードの記録の引き出しになるらしく、初めての人がカードを作るのは大変です。逆に言うと信用が無いから。

    会社で人を雇うときも年齢性別を記入する欄はありません。聞いてはいけないのです。妻が何人いようと子供が何人いようと扶養手当はありません。何歳であろうと仕事に対していくらですから年をとって能力の無い人には冷たい社会です。どこから通勤しようと手当ては出ません。

    もともと馬の骨の集まった世界ですから戸籍なんて作ってもしょうがなかったからかもしれません。
    能力と金と機会に恵まれなかった人や、働く気の無い人は集まって気楽な快適な社会(スラム街といいます)を作って暮らしています。
    どうですか、あなたはアメリカに向いていると思いますが。

    ユーザーID:

  • まったくスジが通ってません

    一体どこに学歴や年齢もわからないような人を
    雇いたがるような会社があるんですか?
    まあバイト程度ならともかく正社員で無茶な要求です。

    あと結核検診でつっかかってって
    結核は重大な伝染病じゃないですか?
    他の社員に伝染したらどう責任取るんですか?
    しかも近年、抗生物質が効きにくくなって
    死亡率が高まって極めて問題視されてます。

    そんなのをプライバシーとかいうのは
    大きな間違いですよ。

    ユーザーID:

  • あなたが改善されては?

    いくつかの国で採用業務をしましたが、学歴を書かない国はないです。年齢も書かない国が多数ということはないです。日本は自分より年下の上司はいやだという人が多いので、採用時にあらかじめ年齢を知っておいたほうがお互いによいという利点があります。

    定期健診は法律で会社が年1回行わなければならないと定められています。会社としては全員まとめてやったほうが安上がりですからそうします。全員まとめてやるから暴露されやすいというのことはないでしょう。暴露するような人は個別に1人ずつやっても暴露するのでは?

    長期休む場合はたいていの会社は診断書を求めるはずで、定期検診とは関係ありません。病気で休む場合はそれなりに本人のことを考えて対応するわけで、診断書もなしに何ヶ月も休まれたら病気かどうかわからないので、解雇にするしかありません。これもどこの国でも同じ。

    トピ主さんのご意見どおりに「改善」してしまうと、履歴書には名前と住所だけ、健康診断は全部自費、病気で休んでもずる休みでも同じ扱い、となってしまいますが。

    ユーザーID:

  • 一部同意

    履歴書の学歴や経歴は、募集している職種に適した人材かどうかを見分けるのに不可欠かな、と思います。健康管理は個人レベルでやった方がいいような気がしますが、日本は学齢期から学校での体力測定や健康診断を普通にやってしまうところなので、それが会社レベルになってもあまり不思議ではありません。

    トピ主さんに同意する部分は履歴書の生年月日。あれは必要ないと常々思っています。いつまでたっても年齢での差別が顕著なのは、あの履歴書の様式に問題があるのではないでしょうか。性別に○をつけたり、写真を貼る欄がちゃんともうけてあるのにも驚愕します。「海外では」と言えばたたかれるのでしょうが、欧米では履歴書で生年月日を明記したり、写真を添付させるのは違法な国が多いです。ここは海外じゃない!、という方もたくさんおられるでしょうが、民主主義、人権尊重、プライバシーの保護など、欧米から学んで来たものだと思うので、履歴書の様式が変わるのも遠い将来のことではないよう祈ってます。

    ユーザーID:

  • 返事

    トピ主ですが、単純な私は、アメリカがプライバシーの面ではとても行き届いているけれども、その分、考慮されない部分もあるんだと知って、ちょっとびっくりしました。(例えば、交通費支給や、扶養手当が一切ないなど)
    また、感染症にかかっていた場合はたいていどこかでばれるもんだということも考えてませんでした。
    どの国にも、いい面も悪い面もあるんだと思いました。

    まあ、たしかに、プライバシーを放棄させられるのは、或る程度仕方なく、我慢する必要があるという考え方があるのもわかります。
    しかし、いずれにしても日本はもう少しプライバシーを考慮してほしいと私は思います。もっとも、これは少しずつ改善されてきているようにも感じられますが・・・。

     まあ、私としてはプライバシーがないけれども、いろいろ配慮してもらえる状態よりも、配慮は少ないけれども、プライバシーが守られるほうがいいかなと感じます。
    そういう意味では、たしかにアメリカの方がいいです。
    日本でも、早く改善されてほしいものです。
    同意する意見、批判する意見両方あったけれども、いろんな意見が聞けてよかったです。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • バレなければいいものなんですか?

    >感染症にかかっていればどこかでバレルものなんだ

    あのですね・・・・
    バレなければそれで良いものなんですか?
    感染症にかかっているのを隠して入社して
    周りの人に感染してもお構いなしですか?
    しかも感染症にもいろいろありますが、
    中には死に至るものもあります。
    治療が困難なものもあります。
    トピ主さんがあげている結核は
    近年では抗生物質が耐性を持って効きにくくなり
    治療が難しく極めて恐ろしい死の病です。
    もはやプライバシーがどうこうではなく
    人間としての倫理や良心の問題ですよ。

    私は自分が感染症にかかっていたら、
    ちゃんとその事に対して情報公開も含めて対策を打ちます。
    もちろん、病院等への自分の隔離も受け入れます。
    他人に移して迷惑をかけたり死にいたらしめるのは
    耐えられませんからね。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧