• ホーム
  • 石鹸を手作りしている方教えてください

石鹸を手作りしている方教えてください

レス10
(トピ主0
お気に入り1

美容・ファッション・ダイエット

ようこ

先日、バザーみたいなところで、主婦の方が手作り石鹸を販売していました。
ふらっとそこに寄って、石鹸の香りもよく、安かったので、2つ買いました。
早速、使ってみてしばらくすると、お肌がしっとりしている気がします。
手作り石鹸を使ったおかげかなーと思っています。
(他に思い当たることもないし・・・)
なんとなく買っただけなので、石鹸にどのような材料が使われているか分かりません。

Q1.お肌をしっとりする成分の材料は何でしょうか?

手作り石鹸は市販の石鹸に比べて、ねっとりした感じですが、使用感もよく大好きになりました。

簡単に作れるのであれば、今度自分で材料をチョイスして作ってみたいので、
お肌しっとりさせる成分が分かれば、是非その材料でチャレンジしてみたいなーって
考えています。

Q2.石鹸を作るにはどのくらい時間を要するものでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • グリセリン!

    手作りセッケンでしっとりするのは、市販のセッケンでは精製して取り除いてしまうグリセリン(天然の保湿成分)が入っていることと、鹸化せずに残っているオイルがあるためだそうです。

    グリセリンはセッケンの材料のオイル(好みで色々な種類をブレンドする)と苛性ソーダが反応した時にできるものだそうです。

    鹸化せずに残すオイルはカカオバター、シアバターなどを使うとかなりしっとりするセッケンになりますよ。

    セッケン作りにかかる時間は、気温や作り方にもよりますが、ずっとついていないといけないのは長くても2時間くらいだと思います。(間に1日とか1週間放置したりします。)

    詳しくは、本はいろいろ出ていますが、前田京子さんの「お風呂の愉しみ」と「オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る」という本がとてもわかりやすいと思います。
    セッケン以外のスキンケア用品の作り方も載っています。
    何しろ写真もきれいです。
    これを読むとわくわくしてすぐにでもセッケンを作りたくなりますよ!

    ユーザーID:

  • 500字では書ききれませんが…

    手作り石けんに多く含まれる保湿成分の中で、一番特徴的なのは「グリセリン」です。

    「手作り石けん」でググって下さい。作り方や原料は山ほど出ています。500字では無理です。

    お勧めの本は、『お風呂の愉しみ』です。この本に載っている材料は『お風呂の愉しみネットストア』で購入できます。

    手作り石けんワールドへようこそ(笑)!使い心地がお気に召したのでしたら、きっと楽しく作っていただけると思います。

    ユーザーID:

  • まずは情報収集

    私も手作りせっけんが好きで良く作っています。
    せっけんは基本的にはオイルと苛性ソーダを混ぜて作ります。
    苛性ソーダは危険なものなので、きちんと本やホームページなどで作り方を勉強してから挑戦されるといいと思いますよ。

    >Q1.お肌をしっとりする成分の材料は何でしょうか?

    しっとりさせる材料としてポピュラーなのはオリーブオイルです。ほとんどの手作り石鹸のベースになっていると思います。オレイン酸がたくさん含まれているので、保湿効果が高いんですよね。
    他にもいろいろ保湿効果の高い材料があるので、調べてみると楽しいと思いますよ。

    >Q2.石鹸を作るにはどのくらい時間を要するものでしょうか?

    最近流行のコールドプロセスで、一般的なせっけんを作った場合、せっけんを作り始めて型に入れるまでが2〜5時間程度。
    その後保温に24時間。
    乾燥熟成を終えて使えるようになるまでに一ヶ月という感じでしょうか。
    使う材料によって時間はかなり変わってきます。
    オリーブオイルのみでしたら、型入れまでに24時間くらいかかる場合もあります。

    ユーザーID:

  • 作り方はカンタンだけど・・・

    前にも手作り石鹸関連のトピがあって、同じことを答えた記憶があるのですが、好きな事なので、また答えちゃいます。

    本屋さんで、前田京子さんの「お風呂の愉しみ」という本を探してみてください。他にも手作り石鹸の本は、今いろいろ出ていますが、前田さんの本には、トピ主さんの疑問の、うるおい成分の秘密なども解説してあり、納得しながら作れますよ。

    ただ、石鹸は作り方自体は別に難しくないのですが、苛性ソーダという劇薬を使います。これは、薬局に印鑑持って買いに行かねばならないくらいの、強いお薬なので、石鹸作る時も、厚手のゴム手袋、マスク、エプロンでしっかり身体を守り、部屋の換気に気をつけないといけません。

    所要時間ですが、大雑把に言うと、タネを作るのに数時間、その後、型入れして、出して、切って、熟成させて、使えるまでに一ヶ月くらい見ておけばいいと思います。

    私も今週末は、新しいレシピに挑戦しま〜す。ケーキ作りみたいで楽しいですよ。

    ユーザーID:

  • 便乗質問させてくださーい

    手作りせっけんを作る皆様は、
    原料に廃油を使っているのですか?
    それとも、新品のオイルを使っているのですか?

    ユーザーID:

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • 結構面倒

    劇薬の苛性ソーダを使うので、小さな子供さんがいたり、お料理や理科の実験に失敗する人には難しいかもです。

    材料を測って混ぜて保温するだけなので簡単なのですが、しばらく(1,2か月?)放置しなければなりません。

    良い香りがしたとのことですので、廃油石鹸ではなくて、オリーブオイルなどの石鹸でしょうね。
    作り方は、私も上の方がお奨めしている本と同じものを見て作りました。

    詳しくはこちらになります。
    「オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る-お風呂の愉しみテキストブック」
    http://jfish.jp/craftedsoap/detail.msp?id=22

    楽しいですよ〜〜!!!

    ユーザーID:

  • 楽しいですよ

    Q1.お肌をしっとりする成分の材料は何でしょうか?
    グリセリンは、石鹸をつくっている過程でできるものです。
    ふつうの石鹸はグリセリンだけ取り除いて製品化しているのだとか。
    だからグリセリンが入ったままの手作り石鹸はしっとりするのですね。
    石鹸は、油+水+苛性ソーダでできているので、油の種類によってしっとりしたもの、さっぱりしたものができます。

    Q2.石鹸を作るにはどのくらい時間を要するものでしょうか?
    混ぜるのに約1時間。その後型入れして1週間、その後乾燥に4〜6週間です。

    私も「お風呂の愉しみ」愛読してます。
    お菓子作るより全然簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください〜!

    ユーザーID:

  • オススメ!!

    皆さんおっしゃっていますが、私は

    前田京子『石けんのレシピ絵本』を超オススメします!


    見ているだけでおいしそう?で私はずーっと見ていても飽きません(^^)

    ちなみに石けん作りの材料は、
    上野・アメ横の『カワチヤ食品』が安くてオススメです!HPもあるので是非検索してみて下さい!!

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    みなさん、いろいろアドバイスありがとうございます。
    手作りの化粧水にチャレンジして半年経ちます。
    ハンズで手作り化粧水の材料を買うときに、前田京子さんの「お風呂の愉しみ」を立ち読みしたことあります。
    そのときは、手作り石鹸に興味がなかったので、じっくり読んでいませんが、きれいな写真で素敵な本だなーって印象はありました。

    手作り化粧水は混ぜるだけなので、すごく簡単ですが、
    石鹸つくりにはいろいろ工程があるのですね!

    手作り石鹸のサイトも見ましたが、材料などたくさん情報量がありすぎて、初めての私には何がなんだかわかりませんでした。
    本を買って楽しみながら読んでみようと思います。

    ユーザーID:

  • 廃油石鹸もおすすめ

    『肌にも環境にもやさしい手作り美肌石けん』という本、おすすめです。
    楽しいし、簡単。
    廃油を使った肌に優しい石鹸の作り方が載っています。

    「美肌石けん」で検索しても結構ヒットすると思いますよ。
    前田京子さんのお洒落な石けんも捨てがたいが、これもまたいいですよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧