算数の掛け算

レス142
(トピ主0
お気に入り3

キャリア・職場

ドリル

取引先の会社から請求書が送られてきました。
1部50円のパンフレット750部のものです。
計算式が750×50=37500円
となっていたのでおかしくなり、思わず上司(50代女)に
「こいつ馬鹿ですね。計算式間違ってます」
と見せたら、ヒステリックに
「そんなのどっちだっていいでしょう!。出る答えはおんなじなんだから。!」

そういう問題ではないような。小学生の頃先生に計算式は間違わないようにと繰り返し教えられました。
50円×750部だから37500円になるので
750×50では37500という数字は出ますが、金額ではありません。小学校5年の時に繰り返し教えられました。

「仕事に算数の勉強関係ないじゃない。自慢のつもり?」
悪意で指摘したのではなく、普通におかしいと思ったから説明したんだけど。人にも聞こえないようにいいました。
いってはいけなかったんでしょうか。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数142

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どちらでもいいように思いますが・・・

    1部50円のパンフレットが750部の時のお代ですよね、つまり750部のパンフレット(単価50円)のお代です。この文章の前半部分を数式で書くと:
    50円/部 × 750部 = 37500円、
    後半部分を書くと:
    750部 × 50円/部 = 37500円。
    掛け算は順序は関係ありませんよ。単位は重要ですが。

    ちなみに:
    50円 × 750部(もしくは 750部 × 50円)では 37500円・部になり単位が合いません。

    ユーザーID:

  • その都度単位も書いてたの?

    750円×50部=37,500円…となってたのなら間違いといえるだろうけど、
    750×50=37,500…………となってたのなら間違いとはいえないんじゃない?

    「数量に単価をかけてはいけない」なんて決まりは無かったと思います。

    ユーザーID:

  • トビ主さんが正解です

    金額が同じでも、数量と単価が入替わると面倒になります。まづ在庫が違ってきます。取引先の帳簿も50円の商品が出荷0、750円の商品の出荷が50となります。こんな事は
    会社員ならだれでも判る筈。上司にも判り易く丁寧にかつ
    子供に教えるように説明して差し上げましょう。むろん
    仕入先にも、忘れずに。

    ユーザーID:

  • 木をみて森を見ず

    得意先に対して「こいつ」とか「馬鹿」呼ばわりすることの方が、問題だと思うのですが・・・。

    仕事に関して言うなら、7500部×単価50円もありですよ。そんなこといちいちつついてたら、会社つぶれちゃいます。
    「各位様」や「課長御中」なんて謎の言い回しの文書を見るのも、自分では気をつけますが、よくあります。
    上司の方の性別や年齢もこの際関係ないことでしょう。「どっちだっていいでしょ!!」は、読解力をもってすれば「取引先を馬鹿にしてる暇あったら、自分の仕事をキチンとなさい!!」とおっしゃりたかったのではないかなー。

    算数のお勉強も大切ですが、周りの雰囲気を読む力や国語力も大事ですよ。

    ユーザーID:

  • どっちでもいい

    どっちでもいいんじゃないですか?
    社内の人間が書いて取引先に出すものではないんですから
    外部の人が書いたものに
    「こいつ」とか「馬鹿」呼ばわりするほうが
    社会人として どうかと思いますが?
    常にそのような悪態つきながら仕事する職場ですか?
    その方が問題だと思いますよ
    あなただけなら改めた方がいいですよ

    それとですね
    私も750×50って書いてしまうかも?
    だって通販の注文書って 個数×金額なんですよ
    正しい正しくないは別にして 単なる癖だと思います

    あと 数字合ってりゃ ホントどっちでもいいです

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 何が変?

    数量x単価と単価x数量ではどっちも同じでしょ。

    ユーザーID:

  • あなたの勘違いかも

    メーカー勤務です。

    えーと他の会社ではどうか知りませんが、うちの会社では

    750(部) x  @50円  =37500円

    というふうに記載します。
    ですから、トピ主が受け取った請求書と同じ書き方です。

    なので我が社では、トピ主の指摘のほうが「こいつバカだなー」になりますね。
    業界によって違うのかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • ただしい正しくないと言うより

    このぐらいのことは無視すればいいのに、
    わざわざ上司に言うところに要領の悪さを感じます。
    心の中で思っているぐらいならともかく。

    ユーザーID:

  • う〜〜ん

    横書きの市販の納品書や請求書の並びは、左から

    品名ー数量ー単価ー金額

    となっていますね。

    この並びが頭に染み付いているとトピのような計算式が書かれる可能性大ですね。

    どちらでも宜しいのではないですか?

    ユーザーID:

  • 何がしたかったのですか

    上司が間違えていたのならともかく、取引先が間違えたのですよね? 上司の方は、そんな事報告&レクチャーされても困るでしょう。「で、それがどうした」と。
    そういう些細な間違い(としておきましょう)を見つけたら、トピ主さんが訂正しておけばそれでいいわけで。
    上司が怒ったのは、単に「つまらない事に拘ってないでちゃっちゃと仕事しろ」という事なのではありませんか。

    ユーザーID:

  • いえいえ!小学2年生

    小学2年生です。
    リアルタイムです。小学3年の息子あり。
    2年のときに掛け算がスタートします。

    『かける数』と『かけられる数』
    一度だけウチの子は逆にしてしまい、100点がもらえませんでした。
    残念っっ!!

    2年生ですよ!!
    わたしもこだわるタチですな。

    ユーザーID:

  • かけ算とは・・・

    小学校で、はじめて「かけ算」をならったときのことを、おぼえていますか。

     それは、

         100+100+100

    というように、同じ数のたし算をくりかえすときに、

         100×3

    と約束したのです。
    もちろん、100円のものを3個買うなら、その代金は

         100+100+100

    のはずですよね。

     これを、

         100×3

    と表します。
    以前、小学校の教員をしていましたが、当時2年生を対象としたかけ算の授業では、九九を覚える前に、式のたてかたを理解させます。かなり時間を費やします。それほど算数において式は重要です。
    基本は式であり、繰り返される・・・と言う点です。
    式がきちんとたてた上で、簡単な方法を考えましょう。(今回はこれですね。)

    故に、ないしょさんや、いもさんの理論
    >「数量に単価をかけてはいけない」なんて決まりは無かったと思います。
    は矛盾があります。

    私としては「こいつ」「ばか」発言のほうが気になりますが・・・・。

    ユーザーID:

  • 算数では知りませんが数学では

     小学校レベルの算数は忘れましたが,数学の世界において10進数の積演算において交換法則が成り立ちます.AxB=BxAです.中学校で教えることじゃなかったでしたっけ?

     見積書そのものを見ないとなんともいえないところですが,表形式になった複数行からなる見積のうち,1行だけ単価と数量が入れ替わっているならば大変なことですが,そうでないならば業務の問題として取り上げる程の内容でもないと思いますが.

    ユーザーID:

  • いもさまトピ主様

    いも様は義務教育うけたんでしょうか?
    「数量に単位をかけない」は「小学2年生のかけ算の常識」です
    しかしその程度の事で人に絡むのは社会人の常識ではないでしょうなトピ主様!

    ユーザーID:

  • モリオさんとこじいもさんに拍手!!!!

    単位を書かないからこその計算式ですから、いもさんの思いこみは間違いです。あなたは小学校2年生のかけ算のお勉強をさぼったのでしょう。でも、ドリルさんは社会人として失格です。わざわざ相手に恥をかかせて、敵をつくって何がおもしろいのですか?あなたの行為こそアホとしか思えませんが。「テストの点はとったらしいけど使い物になんないアフォ」と陰で呼ばれる人間の典型的なパターンですねぇ。

    ユーザーID:

  • 単位が書いてない以上…

    どちらでも良いのではないかと思いますが…。
    それとも私が知らなかっただけで、一般常識としてはいつでも単価×個数と表さなければいけないんでしょうか?

    ユーザーID:

  • ウサギの耳7本。

    「ウサギが7羽いました。耳の数は全部で何本ですか?」

    小学校ではじめて掛け算を習うときに出てくる問題です。
    答えは、2×7=14。2本×7羽=14本。計算記号の左側、「掛けられる数」の単位が答えの主な単位になるという考え方から、小学校レベルで叩き込まれます。だから、7×2としてしまうと、タイトルの通り、「ウサギには耳が7本ある」と言う意味になってしまいます。

    だから、基本的にトピ主さんの指摘は正しい。

    問題は、それを口に出して、しかもそれが不適切な表現であったと言う事ですね。口は災いの元、私も気をつけたいと思います。

    ユーザーID:

  • 考え方ですが

    そういう書き方は、単価がころころ変わるものによく使うような気がします。

    切手のように、誰が何枚買っても値段が変わらないものならば確かに50x750でしょう。

    でもパンフレットというのは「50円のもの」ではありません。「1部を作るのに50円かかったもの」なのです。もしかしたら1000部を超えた分は35円で作れるかもしれません。その場合(例:1200部)は

    1000x50=50000(1000部は単価50円)
    200 x35=7000 (200部は単価35円)

    と書くのです。「50円のものを1000部と35円のものを200部買った」という考え方が当てはまらないのがお分かりになりますね?値段が違う2種類の品ではなくて単価が違うので、このように書きます。

    ユーザーID:

  • 私が頭いいから仕方ないかって思う

    そういうことって結構ありますよ。

    掛け算に単位をつけた場合、「最初の数字の単位と結果の単位が同じになる」と言うことは小学校で習いました。
    でも、きっちり覚えている人はほとんどいません。
    他にも日常で気になることはいろいろあります。

    「よ」の書き順は横棒から書き始めるのが正解なのに、最後に書く人。

    「必」の書き順はカタカナの「ソ」みたいなのから書き始めるのが正解なのに、思いっきり「心」から書いている人。

    「そのマップの面積2倍にして」と言われ2倍にしたら、「面積2倍にしてと言っただろ?ちゃんとここを倍にしておけよ。」と各辺を2倍にしてくれた人。
    四角形の各辺を2倍ずつしたら、面積は4倍になるのに・・・。

    「一部ずつ」なのに「一部づつ」とパンフレットに記載する人。

    形容詞+「です」は文法上正しくないのに、「うれしいです」・・・。どうしても書きたいなら「うれしく思います」や「うれしく感じています」なのに。

    もう、キリないです。いちいち指摘するのも面倒なので自分の責任でない限り、無視します。

    ユーザーID:

  • 問題は・・・

    確かに小学生にはそのように教えます。
    でも,「かけ算のかける数とかけられる数は逆にしても同じ答えになります」ってのも教えます。
    漢字の筆順も細かいはねやとめも,小学生の漢字テストならバツになるけど,
    大人が生活の中で使う分にはそんなもん少し違ったって通用するわけです。

    かけ算の式が間違ってるという問題より,
    モリオさんの書かれているように,
    取引先に「こいつバカ」なんていうことの方がずっと問題大きいと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主さんが正しい。

    金額同じなんだからどっちでもいいじゃない、
    という意見が多いですね。
    それ以前にトピ主さんの言動を問題にされている
    方もいますが。

    そうかな〜
    普通買い物で同じ物を複数点買う場合
    例えば、1つ105円だから3つで315円と
    まず単価に個数をかける計算式で考えませんか?

    請求書や納品書を書くときも同様だと思うのですが。

    もし、請求書の書式で単価、数量の項目がない書式で
    750×50 という計算式のみ(単価、部数の記入がない)
    の場合、実際の担当者でなくその請求書だけを見せら
    れたら単価750円のものを50個と私は思いますよ。

    そもそも、上記のような単価部数の記入の無い
    請求書だとしたら、それはやはりおかしいと思います。
    単位は略してはいけない。

    請求書などの文書は担当者以外に取引詳細のわからない
    経理部門等も見るものだから。

    ユーザーID:

  • 国によって違う

    こんにちは。

    算数の世界には国境がないと考えていたのですが、トピ主さんの問題は、私が現在住んでいる国では、上司が正解です。

    それで、日本人補習校でもわざわざ、日本では反対ですよと教えています。

    ということで、よそに目を向ければ正解が変わるといったような些細なことを、わざわざ上司に教えて差し上げないほうがよいのでは・・・と思います。私も自分の子供には、日本の問題集を解いているときには間違いを指摘しますが、よその人に指摘しないと思います。

    実際に、答えは同じですしね。

    ユーザーID:

  • トピ主さんへ

    モリオさんとストロベリーπさんの書かれているご意見が
    もっともです。

    いらぬお世話かもしれませんが、私の職場の新社員さんもちょっとトピ主さんのような感じで、人を見下げたというかそういう言動が多くて、へ理屈こね太郎くんみたいなところもあり素直じゃない、ちょっとうっとうしい、生意気という評判になりつつあります。
    トピ主さんはおいくつなのかわかりませんが(おいくつですか?お若い方20代前半と想像していますが)ここで受けた意見はいい機会です。

    上に書いたようなことは誰も本人には注意しないことですから。

    普段はそういう方でないならごめんなさい。
    でも、>こいつ馬鹿ですね。
    この言葉がどうもひっかかるもので。

    ユーザーID:

  • 本当に小学校ではそう教えたのでしょうか

    鳶主さんが式の順番を論じているとは思えないので、750×50でも50×750でも、どうでもいいと思うのですが、

    > 50円×750部だから37500円になるので

    これは書き間違いですね、鳶主さん。
    最初の「ないしょ」さんのレスにもあるように、その式では、

    50円×750部=37,500円・部
    となり,単位が合いません。

    あなたがそこまで厳密に言いたいのなら、
    50円/部×750部=37,500円

    私があなたの上司なら、そこを冷静に叱りますよ。
    小学校でそう教えているのなら大問題だと思います。

    ユーザーID:

  • 作為的ニオイがぷんぷん

    トピ主様の主張、正しいと思います。請求書の用途欄(品名欄)に”パンフレット代金”で請求金額欄に合計金額の"\37,500"が記入されていたのならば、問題はないのですが、\50のパンフ・750部を 750×50 と書いてきていると事は違ってきますよ。 コンピュータ打ち出しの場合は、全くの別物になるし、まかり間違えば、払っていないといわれる事もあるのではないでしょうか? ちょっと斜に解釈すると”架空請求”と言って言えない事もない様に思います。

    ユーザーID:

  • 仕事では、それであってるかも

    数学はずっと得意で、偏差値も75以上あった私ですが、さすがにかける数とかけられる数のことは忘れてます。
    だから算数の定義としては良く分かりません。

    しかし、大抵の納品書や請求書は、数量の次に単価を書きますよね。(その場合@を付けて、単価であることをあらわしたりしますよね。)
    750部の注文があった。単価は50円だから
    「750×50=37500」
    の方が分かりやすいと思います。
    ビジネスでは、これは普通のような気がしますよ。

    ユーザーID:

  • が〜ん・・・

    そ・・・そうだったのかぁ〜

    めんどくさいのは嫌いな性格なんで教科書よく読んでなかったのかも・・・

    算数・数学はテストの成績だけは良かったので奢ってたみたいだ・・・

    ユーザーID:

  • 以前、とある情報工学専門誌で

    数学者が書いていたコラムで、小学生のお子さんがこの順番の間違いで式にバツをもらったことについて触れられていました。彼が思うには順番は重要でないけれども、強いていえば数量×単価という順番(小学校で教えるのと逆ですね)の方がよりふさわしいのではないかと。

    「単価×数量」と教えるのは、「〜円のものが〜個」という言い方に由来していると思います。欧米では、逆に数量×単価という順番で書くのが一般的ですよね。もちろん欧米が正しいと言いたいのではなく、言語に左右されることであって数学として本質的ではないということです。

    ですから、掛け算で単価と数量の順番を教条的に捉え過ぎない方がいいのではないかと思います。私の観察では、数学ができない人ほどこの順番にこだわる傾向があります。他とフォーマットを揃えなければいけないなどの局面では別ですが、その式だけ取り上げて順番を云々するメリットはないでしょう。

    蛇足ですが、行列の掛け算の場合は交換則が成り立ちませんので順番は変えないようにしましょう。

    ユーザーID:

  • トピ主さんに質問

    トピ主さんのご指摘は算数では、ごもっともだと思います。
    で、小学校以降はどうなさっていたんでしょう。
    中学校でも周りの人に「掛ける数・掛けられる数」の違いをいちいち指摘していらしたの?
    あまりに不思議なので・・

    ユーザーID:

  • そもそも

    小学校の算数で掛ける数掛けられる数にこだわるのは、その概念を理解させる為の縛りのようなものなのでは?
    小学校ってXやπを使って解いたらバツになる世界ですよね。まだその概念が無いから。
    もう既に理解している人間が、実際の計算をするにあたって順序にこだわる必要があるんでしょうか。
    そういう人はたとえば体積を出すとか、10以上の要素を掛ける場合にもその順番にこだわるのかな。重さと高さと重力から位置エネルギーを求めるときは何が掛ける数で何がかけられる数になるんだろう。
    順序より、むしろ単位がしっかり明記されていることのほうが重要だと思いますが。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧