なぜ、子供が欲しいの?

レス128
(トピ主0
お気に入り6

妊娠・出産・育児

もんちっち

この疑問は結婚前からありました。

友人、母、出産経験者などに尋ねました。
「かわいいから」「女に生まれたなら」「子供っていうより赤ちゃんが欲しい」「自分の遺伝子持った子ってきっとかわいいよ」などなどなど・・・
17歳の頃、「成人式に子供連れてくのってなんかかっこいい!」的な馬鹿な考えでしたが、結婚→妊娠(または妊娠→結婚)は当たり前、当然の考えもありました。どこで変わってしまったのか・・
今の気持ちは正直【恐ろしい】です。
約80年生きる人間の基礎、基盤を作ることのできる人間なのか?私は・・や、「産んで、育てて経験してみなよ」って人間使っての賭けをするの?や、もういろいろいろいろ【恐ろしい】です。犯罪、障害のこと、環境(私たち、学校、国)まだ書き足りない程怖いことだらけです。
これをご覧の皆様、【なぜ、子供が欲しい?】のでしょう?そして【なぜ、子供が欲しくない】のでしょう?是非ご意見を伺いたいと思います。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数128

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 確かに恐ろしい

    結婚半年です。まだ子供はいません。

    トピ主さんがおっしゃるとおり人間をこの世に送り出し、育てていくことはとても責任のあることで、その責任の大きさに恐ろしささえ感じてしまいますよね。
    佐世保の同級生殺害だって、どちらの親も彼女たちが誕生した時にまさか殺人者とその被害者となるなど考えもしなかったと思います。

    でも現実にそういう事件があり、私が子供を生み一生懸命に育てたとしてもどこかで歯車が狂い、わが子が殺人者となってしまうかもしれない。
    たまたま運悪く被害者となってしまうかもしれない。

    それ以外にもトピ主さんが恐れるように怖いことは沢山あります。
    心配性な私は心臓がいくらあっても足りないわってくらい心配するだろうってことは目に見えている。

    それでも、私は子供が欲しいと思っています。
    持病があるのでもしかするとできにくいかもしれませんが、できるなら欲しいです。
    私は夫といるとすごく幸せです。夫のことが愛しくてたまりません。その夫との究極の愛の形が子供なのかなと本能的に思っています。

    理屈ではないですね。お腹の底から湧き上がってくるような感情なんです。
    抗うことができない感情です。

    ユーザーID:

  • 愛する人の子供だから

    私も当然のような結婚→出産という形に疑問を抱いていましたし、今も結婚したなら子を産んで当たり前、という考えには抵抗を覚えます。
    そんな私ですから、独身時代は漠然と、子供を産み育てるよりも、別のことに時間を使いたいなと考えていました。

    けれど主人と出会い結ばれ、彼と共に生きる中で、この人と私の血が結ばれて新しい命を生み出すことができるなら、それはそれで素晴らしいこと、とても幸せなことだな、と感じるようになりました。

    いなければいないで夫婦二人の生活もいいけれど、妊娠したら産みたいなと思い、不妊傾向にあった体ですが、運良く妊娠し出産しました。
    正直、愛する人との間に子を得ることが、こんなに幸せで人生を豊かにしてくれるなんて、産む前には想像もしませんでした。

    子はかすがいと言いますが、確かに子供が生まれるまでは男女の愛情だけで繋がっていた夫に対し、揺るぎない家族としての結びつきを感じました。
    私と主人、両方の血を感じさせながら、一個の命として成長する子供を見ていると、命の不思議を思います。

    ユーザーID:

  • 欲しいですね(将来)

    理由は、やっぱり自分の遺伝子、それに自分の親やそのまた親の遺伝子を受け継ぐ子が欲しいから、ってのがあります。あと可愛いだろうなぁ、とかいとしいだろうなぁ、とかまぁそういうとこです。

    もちろん、自分に子供を養える経済力がついてからの話ですが。
    思うに、生んだときに「私は子供の育て方は全部わかってる」っていう人はあんまりいないと思います。子供から色々学ぶこともあると思いますし。一歩一歩確かめながら一緒に成長していくものじゃないでしょうか?親も、子供も。

    ただ親の方に子供をゆとり持って育ててあげられる経済力と環境があるか、ないかっていうのが子供持つ前に必要な準備だと思います。

    ユーザーID:

  • 理由なんてない

    独身のときから、子供が好きで、結婚して子供を産んで育てることが、私にとっての自然なことで、幸せでもあると信じていました。
    結婚して、ますますその想いは高まり、主人との子供を産んで、家族で楽しく幸せに生きていきたいと思いました。

    子供が出来なくて治療をしている今も同じです。
    どんな理由か?なんて、言葉では表せません。
    心の中からら湧き上がる本能、または母性です。

    よく、産んで一人前といいますが、そう望んでも出来ない。まだ見ぬわが子を今、こんなにも思っていると、実際に産んでみたら、どれほどの愛情の深さで愛していくことだろう、どれほどの感動や安らぎや幸せや豊かな心をもたらしてくれるのだろうと想像しただけで、涙がとまりません。

    理由なんて、簡単に言葉にできません。

    ユーザーID:

  • 家族

    あらためて聞かれると、答えに困りますが。

    私は極々普通の家庭に育ちましたが、そんな家族が大好きです。イイ事も嫌なこともありましたが、でも、そんな家族が好きです。
    だから、子供の頃から何も考えず、結婚して子供が生まれたら、あぁしてこうしてなど考えていたからでしょうか?

    別に、女だからとか結婚したらそれが義務とか、老後の生活を見てもらうためとかそんなことは考えてはいないです。

    ただ結婚して思ったのは、そう簡単に子供はポンポンできるものではないのだということですね。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 34歳・バツ一・女性

    子供は欲しくない・派です。

    理由は...

    1 現在の生活スタイルがあまりにも好きだから。 離婚し、一人暮らしをしていますが、自分の好きな時間に、好きなことをし、好きな人と好きな時に会い、好きなものを好きなだけ買う。 そういう暮らしが好き。

    2 育児という作業に、まったく魅力を感じないから。仕事でキャリアアップして、自分の能力を上げていくことの方が、自分にはあっていると思う。

    3 自分の好きなモノだけを自分のセンスで置いている家に、いかにも子供のおもちゃといったようなモノが転がっている状態は、耐えられそうにない。

    4 育児にかかるお金があるなら、自分の生活のレベルアップや、彼氏との旅行や趣味の為に使いたい。

    ...なんて書くと、レスをされた他の方からきついこと言われそうですが、友達の子供は大好きです。たまに連れ出して、服や小物を買い与え、甘やかすのを楽しんでます。 ただ、自分の子供は欲しくないんですよ〜。 

    最近では、「来世で産むから、今回は勘弁して!」と、わけのわからない言い訳をしてます。

    ユーザーID:

  • 答えは簡単

    せっかく産む機能を持っているのだから、生かしてみたかった。

    もちろん重大な責任はあります。でも産まなくても次世代を育てる責任はありますよ。自分たちがしてもらったように。

    自分の子供を通して、自分も学べる。前向きに考えてこそ進歩もあります。
    愛する人との間に、自分との子供を持ててあり余る幸せを感じています。

    いろんな考えがあると思いますが、私はそう思っております。

    ユーザーID:

  • 産みたい人は作る、で良いのでは?

    昔から子供が嫌いでした。
    自分の体内で、他人の遺伝子を持った命が育つというのも気味が悪いから子供は要らないと思っていて、同時に結婚願望もまったくありませんでした。

    が、ある男性(今の夫)に出会って、
    「この人の遺伝子を未来に残さなきゃいけない。私がそれをやりたい」と猛烈に思いました。
    (向井亜紀さんと同じような理由ですけど、うちの夫は普通のひとです)

    今はその思いが遂げられて、ふたりの子供を産みました。
    とても幸せです。

    でも、やはり怖いです。
    この時世での生活、子供への責任やしつけ、もし子供を失ったら?もしくは幼い子供を残して私が死んだら?等等。
    子供がいなければ、こんなことで不安になったりはしなかったのに。とも思います。
    それでも一個人としてこの世に生を受けた子供たちの人生は始まっています。私には子供が自立するまで育てる義務があります。

    もしトビ主さんが猛烈に子供が欲しい、と思うことがないのなら、産まなくても良いと思います。

    私も、以前の考えのまま産んでいたら(避妊の失敗などで)今のように子供を愛せなかったかもしれません。

    ユーザーID:

  • 本能だと思う

    子供を産むまでの生活は、愛情面でも金銭面でも満ち足りたものでしたが、このまま子供のいない生活をおくり続けていくと、何かやり残した感情が付きまとうのでは無いかと思うようになりました。
    この感情って、本能的なものではないかと思います。
    母親に変化したいという本能みたいなものに、抗えなかったのだと思います。

    今は二人の子供がいます。一人は一生付きまとう後天的な障害があります。それでも私は、この子を産んで良かったと思います。子供が障害を持つ事によって、私は不幸ばかりを負ったわけではありません。見識が広まったし、よりポジティブに物事を考えられる人間に成長する事ができたと心の底から思います。

    ユーザーID:

  • 遺産相続

    ッテのもありでしょ?
    義父母の財産の相続権はヨメの自分にはないけど
    旦那が死んでも子どもには代襲相続が認められる
    う〜〜〜ん
    自分は1回ぐらい子宮を使ってみたかった
    のかもね

    ユーザーID:

  • 私の場合

    お金持ちでも、特別の才能があるわけでも
    ない平凡な私ですが、生まれてきて本当に
    よかったと心から思います。
    泣いても、苦しんでも生きてることの
    喜びは何にも代え難いと思います。
    そしてその喜びを新しい命を生み出すことで
    伝えていけるのは身にあまるほどの光栄で、
    価値のあることだと思います。
    そしてなにより愛している人の子供を
    産むことが出来るというのは、目眩がするほど
    嬉しいです。

    ユーザーID:

  • 本能だったはず

    私も子供がほしいと熱望していたわけではないですが、結婚してしばらくたち、妊娠が分かった時には素直に嬉しかったです。それは、とても原始的な喜びだったと思います。子供が出来た。もちろんそれに付随する様々な不安も同時にやってきましたが、一番先に来たのは「嬉しい」という気持ちでした。
    「なぜ子供がほしいか」というより、あの時の感情がすべてだったと思います。世の中、色々な喜びがあるけれど、子供を授かった喜びは非常にプリミティブで、理屈の要らないものだと思うのです。人間も動物ですから…。
    いつから、子を産み育てることに対して、女性がこんなに悩むようになったのでしょう。本能だったはずのことが今は複雑になってしまっている。多分昔は、「なぜ子供がほしいか」なんて、それほど頭で考えなかったと思います。
    トピ主さんのおっしゃっている「怖いこと」も確かに沢山あります。どの時代にもそれはあると思います。個人的には、戦争も(今のところ)ない、食糧にも困らない、それだけで恵まれた時代だと思うのですが、人間、危機に面した時に繁殖力が強くなるという説通り、今は繁殖のエアポケット時期なのかもしれません。

    ユーザーID:

  • 本能としか言えない

    やっぱり本能なんだと思います。(私の場合)

    ユーザーID:

  • 生き物だから

    私の親が2人子供を作ったのは、生物の義務として、次世代に同じ数の命を残さなければならないと思ったからだそうです。ええ、両親とも理系です。

    でも、私たちは所詮生物なんだから、ってシンプルな考えってとっても素敵だと思うんですよ。
    「なぜ子供がほしいのか?」なんて、頭でっかちに考えても、神様がそう私たちを作ったから、それ以上の答えはないでしょう。いわゆる種の保存の本能。

    人間は本能の壊れた生き物ですから、例外の人も勿論たくさんいるでしょう。それで人口が調整されている面もあるので何の問題もありませんので、その人の自由です。ただどんなに考えても、数千億分の1?の確率でこの地球に出現した生命の奇跡を上回る答えは出ないでしょう。

    やらなかった後悔よりやってみた後悔。何もせず自問自答してばかりいるより、自分にできることはとりあえずチャレンジして、生命力をフル回転して生きていくのって魅力的だと思いますが。いかがですか?

    ユーザーID:

  • 確かに

    いろんな事件も起きる今日ですから子供をもつのをためらってしまったりする気持ちは分かります。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    んー、私は子供がおりません。
    結婚当初から、あんまり真剣に、欲しいとも・欲しくないとも考えていませんでした。
    で、どうなるかなぁ〜なんて思っていたらある時期もーれつに欲しくなりましたね。その時期約3〜4年でしょうか。
    理由はないんですが、欲しくて欲しくてしょうがない。「遺伝し残さなきゃ絶対後悔する!!」みたいな。ただ、残念ながら諸事情で子供は出来ませんでしたが。
    今から思えば、身体が「もうそろそろ生める時期のタイムリミットだよ〜」なんて言う信号を出していたのかもしれません。女性は肉体的にリミットが早いですからね。
    もしかして、DNAにでも組み込まれてんのかなぁ・・・。

    ユーザーID:

  • 出産

    子供がほしいと思うのは「本能」だって言う人がいますけどそうでしょうか。

    女性性を素直に受け入れている人が「子供を産みたい」となんら疑うことなく思うのではないかとおもいます。女性性というのはつくられたものですから本能とは違います。

    だから子供をほしくないと考えるひとは、なんらかのジェンダートラブルを抱えているのではないでしょうか。

    本能説は反対します。

    ユーザーID:

  • トピ主

    皆様、ご意見有難う御座います。

    私は周りからいつも【考えすぎ】と指摘を受けます。
    自分一人のことだったら好奇心旺盛ですし行動派と自分でも思っています。
    しかし私以外が私の考えで左右されるのをとても怖いと感じています。人間を産むなら尚更です。結婚も胃に穴が開いてしまうほど考えました。
    やはり結婚と同様に(私はですけど)勢いが必要なのでしょうか?「何でも経験」「なったらなった時、その時に考える」が正しいのでしょうか?
    なぜか書いているうちに【歩き方の本を読んでいる
    赤ちゃん】な気分になりました。
    まだまだご意見お伺いしたいと思います。

    ユーザーID:

  • 恐ろしいと思っているうちは止めておいた方がいいでしょう

    個人の自由です。
    そういうカップルがいたからって、日本にとって有害なわけじゃないんだし、堂々と子供がいない生活を楽しまれるといいと思います。

    それよりも横並びで、自信がないのにとりあえず子供を産んじゃった方が疑問ですから・・・。

    私は1人子供がいますが、経済的・精神的余裕を感じた上でのことで、社会不安が全くないわけではありませんが、それを超えるくらいに自分と自分の配偶者である彼との子供を育て、その成長を二人で見守っていきたい気持ちが強かったのです。

    ユーザーID:

  • 唯一の存在

    誰かにとって、無条件で、たった一人、唯一の存在になりたいからです。

    そして、もし何かの事情で会えなくなったとして、自分が天涯孤独の身になったとしても、自分の血を引いた誰かがこの世に生きていると思うと、一人ぼっちじゃないと思えると思います。

    そして、夫と自分が愛し合った証拠・・・かな。

    ユーザーID:

  • かえるさんへ

    随分自分勝手な方ですね。
    今は若さと財力があるからいいのかもしれませんが、
    ゆくゆくは孤独な老後が待ってますよ。

    子育てをして始めて分かること、学ぶことはたくさんあります。
    人間として成長する大切な過程なんじゃないでしょうか?
    あなたみたいな人のために、うちの子が将来年金を負担するのか!!と思うと怒りを覚えます。

    まぁ、、私がこんなこと書いたってなんとも思われないんでしょうね。怒りを感じた時間を、ばかばかしく
    思いましたが、つい書きこみしてしまいました。

    ユーザーID:

  • 子供欲しいです。

    ・・・でも高校生のとき考えてた「子供が欲しいなぁ」って気持ちより今の「子供が欲しい」って気持ちの方が複雑なのは確かです。
    トピ主さんの言う通り、一人の人間を自分に育てられるのか・・・とか、たとえどんな障害を持って産まれてきてもちゃんと向き合えるか・・・とか考えてしまいます。最近の日本の事情を見てもこんな時代に産まれてきて幸せなのか?とか考え出したら止まりませんね。
    でも、やはり「子供が欲しい」って思うのは、
    「女」でもあるし自分のお腹の中から産まれてくるっていう神秘的なことを経験してみたい、そして自分の分身でもある子供と向き合って自分も一人の人間として成長したいっていうのがあるからだと思います。

    ユーザーID:

  • 私は産まない選択をしました

    なぜなら、明確に子供を欲しいという理由が見つからなかったからです。

    また、産まない理由として、
    「自分の遺伝子をこの世に残して行きたくない」
    という気持ちがあります。
    私の遺伝子は私の中で留まって、
    このまま先(未来)に行かず終わらせたいと、
    10代の頃から願っていましたが、
    その考えが変わることはありませんでした。

    子供を産まない選択をしたことで、
    責められることは多いです。
    家族はわかってくれますが、
    あかの他人に責められることがあります。

    辛いですが、仕方がありません。
    私は子を産まない「働き蜂」を選択したんです。
    自分では子をなさず、社会のために生涯働いて、
    税金を納め、その血税で他の方の子供が育ってくれれば、それで十分です。

    そういう生き方の選択もあっていいと思うのですが。
    それでも、無理にでも、産め!という方、多すぎますね。

    ユーザーID:

  • 期間限定だから

    この四文字に弱いんです。

    ユーザーID:

  • 同意です

    今の世の中トピ主さんのような考えの方多いですよね。
    子供正直嫌です。
    私の偏見ですが、子供を産む理由を考えると、
    家の跡継ぎ、将来養ってもらう、自分のできなかったことを子供にやらせたいなどがあるような気がします。どれもあんまり良いようには見えません。
    もしそうでなかったら塾に行かせたり子供に勉強しなさいと言う親の気持ちが分かりません。
    本当に愛してるなら子供の好きなようにやらせるはずです。
    もう一つ子供が欲しくない理由は、今の世の中に生まれる子供は可哀想だと思います。
    長々と語りました、ごめんなさい。

    ユーザーID:

  • なぜでしょう・・・

    上手く表現できません。
    本能?
    こんな世の中なのに、生んでも良いのか?と考えた事あります。物騒だし、不安はいっぱいです。
    でも、子どもは来てくれました。
    子どもが私を親として育ててくれています。
    私なりに懸命に子どもを見守っています。
    子どもは未来です。不安はあるけれど、子どもがいないと、未来もありません。
    未来を育てています。子どもの友達も未来です。
    少しでも良い大人になって、少しでも良い未来にしたいと考えながら子育て自分育てしています。
    そんなかんじです。

    ユーザーID:

  • 欲しいと思えない

    トピ主さんが言う「恐ろしい」ってすごくよくわかります。  私は結婚3年目の子なしですが、今も主人と子どもについてよく話しをします。  私も結婚前までは、結婚したら当たり前に子どもを産んで、育てていくことが、何の疑問もなく普通だと思っていました。  でも結婚して、自分達のこれからを真剣に考えた時に、「本当に必要だろうか…」と夫婦共々立ち止まってしまいました。
    一度立ち止まると、なんだか「別に要らないかも…」と夫婦で思う様になって、今に至っています。
    自分が親になって育てているイメージが全く出来ないし、育てていくことが恐ろしいです。自信が無いですね。

    金銭的に余裕もありません。 でもそれは単なる言い訳だな、とも思ってます。真剣に子どもが欲しいなら、お金なんて何とでもなる!と思えるんだろうけど、今はそうは思えないのです。

    私が20代後半、主人は30代前半。真剣に考えないといけないけど、しばらくはこのままの様な気がします。

    ユーザーID:

  • どうしても生みたくないという気持

    私は子供を生みたくない方の人間です。
    子どもの頃からずっとそう思ってきて、結婚した現在でもやっぱり変わらずそう思っています。
    ※特に子どもの頃虐待されたとか、そういうことはないです。普通の家です。
    夫もとても優しく愛情深い人ですので夫に理由があるわけでもないです。

    なぜ生みたくないのか?と聞かれていろんな理屈をつけることはできますが、私の場合結局どれも後付の理由にしかならない気がしました。

    生みたくないのは単純に「どうしても生みたいと思えない」という気持になるからです。

    私にはどうして生みたいと思う人がそう考えるかわかりませんが、きっと私と同様に「どうしても生みたいという気持になる」のではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 人を育てるということ

    前提として、たとえ、血を分けた子供でも、自分ではないのだから、家族という他人だと思います。自我の延長線上にあるものだとは、考えていません。
    私の中の理屈で、子供はほしかったのは、人というのは、どうやって生まれ、考えていくのか知りたかった。子供というのは、野生だと思います。そのなかで、いきいき生きていく様を見たかったのです。10年、子供を育てていますが、この時期にこういうことを考えるのかとか、ここで、人間関係を学ぶんだなあという素直な発見があって面白いです。
    後、私にとってだけかもしれませんが、人は、自分だけでは成長できないと思うのです。子を産むという作業だけではなく、社会にいてもいっしょです。他人を愛し、時間を割き、大事に思う気持ちが人を人として、自分を育てる作業になると信じています。私が私であるために必要だったのだと思っています。
    社会がどうとか、関係ありません。魔になるか善になるかは、自分で決めること。それまで、私が、少しだけ、指針を与えればいいなと思っています。

    ユーザーID:

  • 追伸

    さっき投稿したことですが、私のとって、精神的な成長のために必要だったということです。別に、子供をもたない人が、成長しないという意味ではないので、誤解しないでくださいね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧