医療ミスではないと思うのですが。

レス8
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

パオーン

 4月に母を亡くしました。静脈瘤破裂の出血多量が原因です。肝臓も悪く、大きな胃潰瘍もありました。町の内科医で点滴をしていて、トイレに立ったのですが、そのままトイレで倒れて意識不明でした。父は、突然のことだったので、パニックになり、理解がなかなか出来ませんでした。すぐに、大きな病院に運ばれましたが、そのまま息を引き取りました。

今でも、内科医のせいだと思っています。医療相談センターに行くと言ってますが、どこまで説明できるかわかりません。

 子供は3人とも嫁いでいて、今は、一人暮らしです。家の事は自分で出来るので、たまに様子を見にいっています。何をしてあげるべきなのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • この度はお気の毒でした。

    文面からだけでは何ともいえませんが、推測するに、肝硬変に伴う食道静脈瘤破裂だったのでしょう。自分も何度かこういう方の治療に携わったことがありますが、極めて厳しいというのが正直な感想です。突然の大量出血によりショックになり、小さい開業医レベルではおそらく応急処置すらできないと思われます。自分が携わった方の場合は、総合病院でしたが、複数の医師が緊急止血を試みるもどんどん循環、呼吸状態が悪化し、最終的にはその処置中に亡くなられた、ということすらありました。

    いくつか姑息的な治療法はありますが、いずれも確実なものではなく、残酷なようではありますが最終的には避けられない結末だったと思います。こういう話をうかがうと我々も医療、そして自分たちの無力さを感じずにはいられません。しかし、結末を治療に当たられた内科医に帰すのは間違っています。不審な点はどうかその医師としっかり話し合っていただきたいと思います。きっとご理解いただけるのではと思うのですが・・・。

    ユーザーID:

  • 若手外科医さんの

    >いくつか姑息的な治療法はありますが、いずれも確実なものではなく、残酷なようではありますが最終的には避けられない結末だったと思います。

    という部分、思わず大きくうなづいてしまいました。
    私は元内視鏡に従事していた看護師です。
    通常の胃や大腸の検査の他、姑息的手段として
    大出血を間逃れるための治療も行っていました。
    でもそうやって医師の判断でたびたび
    治療を行っている患者さんでも、
    静脈瘤破裂によりバケツに溜まるほどの
    突然の大出血を起こす事があります。
    治療中に検査室で亡くなる方は幸いにも見たことがありませんでしたが、とりあえず出血を止めても
    その後で亡くなったと聞かされる患者さんは
    数え切れないほどいらっしゃいます。

    ユーザーID:

  • 先程の続きです

    今回のケースの詳しい内容は分かりませんが、
    かかりつけの医師が必ずしも悪かったとは
    言いきれないということは確かだと思います。
    一つ質問なのですが、しかるべきところで
    何をご相談される予定なのでしょうか?
    医療ミスかどうか、でしょうか?
    その内科医の病院には静脈瘤がメインで
    通ってらしたのでしょうか?
    病院に内視鏡はあったのでしょうか?
    もしくはその病院に内視鏡がなければ
    内視鏡ができる病院と提携して
    定期的に静脈瘤の状態を内視鏡にてチェックしていたのでしょうか?
    どれ位の頻度でチェックしなければならない
    静脈瘤だったのか、お母様はじめ、
    医療ミスだとわずかでもお疑いになっている
    お父様は把握なさっていたのでしょうか?
    これらの情報なしに、第3者が意見を述べる事は
    とても難しいことだと思います。
    こういう患者さんがいたと、同じようなことが
    実際起こっているんだよと言う事を
    伝える他ありませんでした。
    いずれにしても、この度はお悔やみ申し上げます。
    突然の事でしたでしょうから、
    お力落としの今の心理状態も察するに余りあります。。

    ユーザーID:

  • ご家族はお母様の主治医からお話を聞いておられなかったですか?

    この度は突然のことでお悔やみ申し上げます。

    本題ですが、結論から申しますと、肝臓が悪くて食道静脈瘤ができているなら、すでに肝硬変の状態です。こういう状態の場合、3分の1の人は食道静脈瘤破裂で死亡します。これまで大きい病院で静脈瘤の治療はされていませんか?

    肝硬変になると本人の自覚症状がなくても(肝臓は自覚症状が乏しい)急死する可能性が高いので、ご家族に危険性、対処法、予後(死亡する時期など)について主治医からご家族に説明があるはずなのですが。ご家族のどなたかが聞かれていると思いますのでご確認ください。

    ユーザーID:

  • 気持ちを言葉に変える、これは大切な作業です

    そばで話を聞くだけでいいと思います。
    客観的に、肝臓疾患(肝硬変など)から静脈瘤や潰瘍をつくり、出血して亡くなるケースは珍しくありません。ただ、突然亡くなったお母様を思うお父様の気持ちは、病気の説明や病気が辿る経過の一般論では押さえきれないと思います。

    大切な人だから、一人で逝かせたくない。静かに看取りたかった、きっとそんな思いが、大きな喪失感の中にあると思います。長く連れ添って、一緒に子供を育て、娘もそれぞれの家庭を持った。充実してたのだとおもいますよ。お父様にとって、夫婦の別れ方があまりに突然だったのです。

    半年くらいは攻撃的な言動になって表面に出やすいと思います。無理に納得させるよりは、思いを吐き出させて、お父さんが、お母さんを大切にしていた気持ちがよく分かるよって意思表示して差し上げて欲しいです。周りの人は大変だけど、お父様にとって必要な作業です。

    周囲の人間も大変だと思いますが、他の姉妹の方とも連携をとって支えてあげてください。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 肝硬変は

    不治の病です。
    死因は食道静脈瘤破裂で死ぬ人10%、肝不全40%、肝癌50%くらいです。病気を恨みましょう。
    医者に逆恨みする姿勢は止めましょう。
    ただでさえ、肝硬変患者の診療では肝炎ウイルス感染の危険性に医療人は曝されてるわけで、トピ主さんのような恩知らずな態度には診療拒否したくなります。

    ユーザーID:

  • 恩知らず?

    横ですが・・ぱんさんの投稿にちょっと?です。
    医療従事者が感染などの危険に曝されながら職務を全うしているのはご苦労様です。
    危険を顧みず人命を助ける仕事のひとつですね。
    収支を超えた尊敬すべき働きをされている方も多くいらっしゃいますね。
    でも、例えそうでも仕事に誠意を尽くすのは恩を売ってることなんですか?
    医療事故かどうかは別として、「恩知らず」というのはどうも・・おかしかないですか。
    特に家族をなくされた方に対して詳しい事情もわからずに一方的に「恩知らず」なんて。
    医者はもともと奉仕の仕事です。きっとそれほどの方ならホスピタルの語源もご存知でしょう。感謝を要求する仕事ではないはずでは・・・。

    ユーザーID:

  • 因果な商売

    理不尽なことに直面したとき、誰かのせいにしてしまうのが一番楽なのです。
    死を受け入れるまでには、さまざまな心の段階があり、その一つに怒りの段階というものがあるようです。
    誰かを恨んで、それで気が紛れるのならば、今はそれでもよいのではないでしょうか?
    みなさん指摘しておられるように、そしてトピ主さんもトピのタイトルでおっしゃっているように、医療ミスの可能性は低いと思います。
    しかし、トピ主さんにとっての本質的な問題が、現実に医療ミスがあったかどうかではなく、医療ミスに責任転嫁することでしか癒されない絶望的な喪失感についてであるとすれば、医療ミスの検証を通しての事実の追体験が、故人の運命を受け入れることにつながる可能性もあるのではないかと思います。
    時間が解決してくれる問題があるとして、少なくともその時間稼ぎにはなるでしょう。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧