医師の暴言!

レス65
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

タコス

胃がシクシク痛かったので、病院に行き胃カメラをしました。
その検査結果の時、医師が一言。

『ただの胃炎です。』
『胃炎で残念でしたね』『もっと重大な病気が見つかれば良かったでしょ』

はぁ〜?という感じです。
どこに重い病気になりたい人がいるっていうのでしょうか。
その医師がどういう意味で言ったか、理解できません。


それから、他の病院での事ですが
スキー中に転んで骨折したのですが、救急で運ばれたとき担当だった医師が
『下手な人間はスキーはやるな』と吐き捨てるように言いました。

最近の医師って心が枯れているのかな。

皆さんは医師に暴言を吐かれた事はありますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数65

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 子供に向かって。

    うわぁ〜。トピ主さん、嫌な思いをされましたね。

    私も、子供の予防接種に病院に行った時
    注射を見て怖くてギャーギャー泣いてる娘に、
    「ったく、うるさいねぇ、この子は。
     口にガムテープ貼るか?ははは」

    しかも、注射する前にアルコール綿で腕を消毒しなかったし。
    近所中に噂を流してやりましたよ!

    ユーザーID:

  • ある先生が、、、

    医学部の授業中です。ある先生が「この中でうちの病院で医者に暴言を吐かれた人はいないですね?」という質問。生徒の何人かが「ひどいことを言われた。」と答えました。

    先生は驚き、そして一言。「最悪の医者と患者どうしの組み合わせだったんだな。」

    皆、ヒドイ!と思ったものの、そうかも、とも思いました。

    さて、トピ主さん、医師に「患者に暴言を吐かれた人いますか?」って聞いたら全員手を挙げますよ。お互い様ではないですか?医師だから悪いのでなく、個人の問題です。(患者だからって医師に何を言ってもいいのではないでしょう?)

    ユーザーID:

  • ひょっとして、あなたに原因はありませんか?

    確かに頭に来ることですが、そうそう立てつづけに何度もあるようなことでもないはず。

    ひょっとしてトピ主さん、ご自分の言動を隠しておいででは?

    気付かないうちに、琴線に触れるようなことを吐露していませんか?(ex.何で早く診てくれないの? 一体いつまで待たせるの? あんた彼女いないの、等々)

    そんな人なら、私も切れることがありますよ。ごくごく稀ですが。

    ユーザーID:

  • んー、

    暴言というか、嫌なことを言われたことがないわけじゃないけど、そういうことは、その場でクレーム言えばいいことだと思うし、実際に私は言っています。

    トピ主さんもご承知だと思いますが、心やさしい医師もたくさんいますので。

    ユーザーID:

  • re: 医学生 様

    申し訳ありませんが、先生の発言の真意と、「皆、ヒドイ!と思ったものの、そうかも、とも思いました」の意味がよくわかりません。(そうかも、と思ったのは皆ですか? 医学生様ですか? またその理由は?)

    それから、

    >医師に「患者に暴言を吐かれた人いますか?」って聞いたら全員手を挙げますよ。お互い様ではないですか?

    客商売の人に「客に暴言を吐かれた人いますか?」と聞いたら、全員がyesと答えるのは、容易に予想できることです。わざわざ言うほどのことではありません。
    そもそも、一般の人が医者にかかることは(高齢者や持病のある人を除き)そう頻繁にはないので、医師からの暴言を浴びる確率が低いのに対し、臨床医は毎日何十人の患者を相手にしているのですから、「暴言」に遭う頻度が大きいのは当然です。

    もちろん、客だから何を言っても良いというわけではありません。しかし、職業として金をもらう側が客に暴言を吐くのは、次元の違う「あるまじき行為」です。決して「お互い様」ではありません。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • へー

    そんなイヤな言い方するお医者さんがいるんだぁ。
    トピ主さん、相当イヤな思いをしたことでしょう。
    読んでいても腹が立ってきますよ!
    コミュニケーションくらいきちんととれないとって
    思います。

    私だったら負けずに言い返すけどな。
    負けてらんないでしょ!他の病院に変えればいいだけの事だしね。


    医学生?さんの言いたい事の意味がなんだかわかりませんでした〜。
    とりあえず良いお医者さんになってもらいたいのものですね。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    すみません。私の発言の部分が抜けていたみたいですが・・。

    看護師:『こちらへおかけ下さい』
    私:  『はい』
    少し経って医師登場
    私:  『あっ、先生よろしくお願いします』
    医師: 『あ〜、○○さんねぇ・・』
    医師、検査結果のデータを見ながら
    医師:『ただの胃炎ですよ。』
    私: 『じゃあ特に治療はしなくても良いんですよね?』
    医師:『あなたねぇ、ただの胃炎で治療は必要ないよ、普通は』
    私: 『あ、ご免なさい。無知なもので』
    医師:『こんなの放っとけば治るよ』
    医師、カルテに記入中
    私: 『大した胃炎じゃなかったんですね』
    医師:『胃炎で残念でしたね』
       『もっと重大な病気が見つかれば良かったでしょ』
    私: 『え?残念って、』
    医師:『あ〜、とにかく痛み止めの薬だけは出しとくから』

    という流れでした。
    その医師は、一度も私の目を見て話をしていませんでした。

    ユーザーID:

  • トピ主です2

    “私: 『大した胃炎じゃなかったんですね』”
    この発言であの様な言葉が出たのだとしたら、
    医師は私の顔を見て、どんな顔で言っていたのか判断すれば・・と思うのです。
    誰も好き好んで病気になんかなりたくないです。

    医師は神様じゃないので完璧な医師なんていない。
    でも、完璧じゃないからこそ最善の努力をするべきではないでしょうか。
    医師の方、如何なものでしょう。

    ユーザーID:

  • 耳鼻科で

    随分前のことになりますが、学生だった頃、鼻がつまり気味で、蓄膿症だったら大変だよとおどされて耳鼻科に行きました。

    結局たいしたことは無かったのですが、その時の医者から、
    「こんなことぐらいで病院に来るんじゃない!あんたみたいなのがいるから忙しくなるんだ」
    と怒られました。さらに、
    「あんたみたいに心配性だったら道も歩けないだろうが。交通事故に遭うとか、空から飛行機が落ちてくるとか、心配なことだらけだ!…」
    とかなりくどく10分間くらいお説教されました。

    忙しいのなら、ねちねち説教せずにとっとと家に帰してくれよ、と言いたかった。でも言えなかった。

    ユーザーID:

  • >医学生さんへ

    >医学部の授業中です。ある先生が「この中でうちの病院で医者に暴言を吐かれた人はいないですね?」という質問。生徒の何人かが「ひどいことを言われた。」と答えました。
    先生は驚き、そして一言。「最悪の医者と患者どうしの組み合わせだったんだな。」


    これ読んで日本の医療現場は大丈夫なのか・・・と思いました。
    この教授の下で教えられた医学生。
    教授がこんなんだから益々医師のレベルが悪くなる。

    トピ主さんの会話の流れからして、トピ主さんには落ち度はないですよ。
    仮に医師を怒らせるような事を言ったとしても、
    医師は患者さんに不安を与えるような事や行為をしてはいけません。
    この医師はコミュニケーションのとり方を知らないのだろう。
    患者さんの顔を見ないで診療するなんて。考えられませんね。

    ユーザーID:

  • 八つ当たりですね。

    ストレス発散してるんですねその人は。
    この小町にも日頃のうっぷん晴らしにもっともらしく
    書き込んでますね。ボランティアみたいな値段で
    夜間の勤務をしてるとか言って。
    私はいつもにこにこして丁寧な言葉を使い
    人に接しています。でも、体が大きくて声も野太いので
    あまりそう言う目に会いません。
    たまーにそう言う八つ当たり人に出会うと冷静に
    一時良く考えてから後先考えずガラリと変身します。

    ユーザーID:

  • 人の態度は鏡のようなもの

    人の態度は鏡のようなもの。
    丁寧で礼儀正しいひとには、丁寧な対応。
    失礼なひとには失礼な対応。
    的外れなひとには的外れな対応。

    人様の悪口を言いふらすひとは、それなりのひとです。

    ユーザーID:

  • 医師の気持ちもわかる

    医師に知り合いがいますが・・・。
    トピ主さんの発言を2回とも読んで
    医師の発言もなんとなくわかるような気がします。
    患者は待合室で「私の病気は〜だ」とか
    「私のは難しい病気みたいだ」云々と
    病気自慢のオンパレードです。
    胃炎の場合のやりとりのうち、
    トピ主さんの発言から医師は「たいしたことなくてがっかり」的にとらえてしまったのでは?

    ちなみに私は毎日のように胃がシクシク痛みますがそんなことでは胃カメラなんて考えないし、まして病院
    にすら行きません。慢性と急性は違うと言われればそれまでですが。

    あと、後者のスキーの骨折の件ですが
    私は医師の気持ちに同感です。
    スキーするなとは言いませんが、下手ならそれなりの配慮をしてほしいですね。
    骨折なんてよっぽどでない限り一刻を争う怪我じゃないですしね。

    ユーザーID:

  • 患者さんの知らない所で・・・。

    多分、これはほんの一例でしょう。
    患者さんの知らない所では、同じ医療に携わる者として耳を疑いたくなるような医師の暴言が目立ちます。
    この世の中で一番心が荒んでるのは医師ではないでしょうか。
    ・・・と思わせるくらい。

    ユーザーID:

  • なんで医者叩きがこんなに多い?

    暴言と言うほどですかねえ。

    医者の心情を説明しろと言われたら、多分医者はただの胃炎で心配ないです、と言ってるのに、患者側がしつこくただの胃炎?と聞くので、この人は何か思い病気を期待していたのか?とわけがわからなくなっただけでは?

    医者のほうも、心配ないって言ってるのに何度も聞いてくるよくわからない患者がいた、と悩んでいそうですね。

    まあ、お互いコミュニケートがうまくとれていなかっただけですね。医者が悪いんじゃなくって。

    ユーザーID:

  • 医学生さんへ

    医者と患者がお互い様なんてありないでしょうが
    今でも患者は立場弱いでしょ 何か言ったら変な
    治療されるんじゃないかとか、治療してくれないんじゃないかとか 心配なんですよ

    まあ、この場合の医者はあまりに勘違いが過ぎますね
    何がそんなに偉いのかって感じ

    ユーザーID:

  • 医学生さん

    失礼ながら、よくある悪事の責任転換に見えてしまうのですが・・。暴言を吐いた人の、見下してストレス発散するその心のだらしなさが問題と言って良いでしょう。その対象にされたものが抗議をするのは当然のことだと思います。しかし、暴言や地位関係を正当化させたり、第三者に正当な抗議をした普通の人を卑しめて、信用を失わせるという方法は、問題をこじらせるだけです。要は医者が誠実でいればいいだけであって、わざわざ人々に強い反感を抱かせる自己弁護や、暴言の肯定をしない方が楽だと思いますよ。

    ユーザーID:

  • そんな医者・・・

    私は医療従事者ですが、当院でそんな暴言吐く医者はいません。
    今は医療もサービスが大事だと言われています。
    医療業界の生き残りが大変なのです。時代錯誤もはなはだしいと思います。
    それは大学病院とか国立病院とかでの出来事ですか?
    民間病院でそんなことあったら、それこそ存続問題です。
    そんな人の気持ちのわからない人に医者なんてしてほしくないですよね。
    口コミが一番の業界ですので、あそこには行かないほうがいい、と周りの人には伝えてほしいです。

    トピ主さん、イヤな思いされたと思いますが、そんな医者ばかりじゃありません。おかしいな?と思ったら、早めの治療をおすすめします。

    ユーザーID:

  • 医師選びは慎重に。

    これからの時代は患者が医師を選ぶ時代。
    患者に受け入れられない医師は、淘汰される時代です。
    少しでも医師または病院に対して不審感があれば
    転院をお勧めします。

    最近の医師はコミュニケーション不足です!

    ユーザーID:

  • 眼科へ行った時。。。

    そこの医者に「最近の若い女は鏡を見て化粧直してばかりいるから目が痛くなるんだ!最近は整形とかする奴もいるみたいだが、私は何で女はそんな事するのか理解出来ない」などなどいろいろ言われ、看護婦達も一緒になって笑っていました。
    こんな症状で病院に来るなみたいな事も言われました。
    小さな病院なので周りに丸聞こえでそれも恥ずかしかったです。

    私は待合室で鏡を見て化粧を直していた覚えもないし、その医者の何か気に障ることを言った覚えもありません。

    ちなみに近くにある接骨院の医者の話なのですが、肘を痛めて診察に来た患者さんに「あなたテニスをやっているでしょう??この部分を痛める人は絶対にテニスをやっている人なんですよ」と聞いてきたそうで、その患者さんはテニスを全くやった事が無かったので「いえ、私まったくスポーツとかやらないんです」と答えると、「嘘を付くな!テニスをやってない奴がここを痛めるはずがないんだ!」と怒り出したそうです。

    ユーザーID:

  • 産みたいの?

     二人目を妊娠したと確信していたとき(病院にはまだ行っていませんでした)出血がありました。ごくごく初期とはいえ、流産の兆しではないかと感じました。 でも、ここであわてて上の子を抱えて動くと本当に流産してしまうかもしれないし、でも急いだ方がいいかもしれないし、どうすべきか悩んで、とりあえず近所の産婦人科に電話して相談しました。
     ひととおりの症状を説明すると、答えて曰く、

    「ふうーん。で、その子、産みたいの?」

    耳を疑いました。
    その子は今、元気な6年生です。
    ああ、あの医者にかかわったのが電話だけでホントに良かった!!

    ユーザーID:

  • ぎゃーおさんへ

    >たいしたことなくてがっかり」的にとらえてしまったのでは

    そういう発言があるという事は、
    ぎゃーおさんも医師の診断で「がっかり」する事があるのですよね。
    普通、最悪の結果が出なくてホッとするのではないでしょうか。

    >スキーするなとは言いませんが、下手ならそれなりの配慮をしてほしいですね。

    私はスキーしますが、すごい上手なスキーヤーでも怪我はするものです。
    アナタはスキーに限らず、何やるのにも怪我しないでやり遂げる自信があるのですか?
    プロのサッカー選手だって怪我はしょっちゅうです。

    ユーザーID:

  • 医学生さんへ

    よくわからないのですが、

    >医学部の授業中です。ある先生が「この中でうちの病院で医者に暴言を吐かれた人はいないですね?」という質問。生徒の何人かが「ひどいことを言われた。」と答えました。
    先生は驚き、そして一言。「最悪の医者と患者どうしの組み合わせだったんだな。」
    皆、ヒドイ!と思ったものの、そうかも、とも思いました。

    最悪の医者と患者「どうし」ということは、暴言を吐かれた患者(医学生)のほうも、問題があると言うことですか?

    ユーザーID:

  • 横ですが

    ぎゃーおさんへ
    貴方は初めてスキー場に行った時から既にプロ級の腕前、
    転倒することなどありえないくらいお上手だったんですね。
    いや〜、うらやましい。

    ユーザーID:

  • トピ主さんへ

    >医師:『あなたねぇ、ただの胃炎で治療は必要ないよ、普通は』
    >私: 『あ、ご免なさい。無知なもので』

    普通、患者さんは無知で当たり前なのです。
    この医師の配慮が足りませんね。
    二番目の書き込みを読む限り、
    トピ主さんには何の落ち度はないと思われます。

    ユーザーID:

  • 小児科

    嫌な医師はいます!
    かかりつけの小児科ですが、診療終了時間をぴったり守る病院なので以前子供が嘔吐下痢症だったとき時間外だったためやむを得ず別の内科小児科併設病院にかかりました。冬場で流行っていた為同じ月に又かかってしまい、今度はいつもの小児科に受診し、正直に前回の病歴を告げたところ、「なんで今日はうちに来たの?」と聞かれ、毒舌には慣れていたので「今回は前回よりひどそうだったのでやはり先生のところがご専門ですから」というと「そういうひどいときにそっちいってくれればいいのに」と返ってきました。
    機嫌を損ねられたら大変なので、「こちらは予約がなかなかとれないので今朝は見ていただきたかったので早くから並んだんです」と今思うと言わなくてもいいことまで言ってしまったところ、「あ〜予約じゃないの。だからどんどん混んじゃうんだよな」全て笑顔で普通にお話されます。
    結局ボンと出された整腸剤では治らずどんどん悪化し、近所の評判の良い別の小児科に受診して治りました。それ以来かかりつけ医を変えました。
    つい新生児からお世話になった病院に操をたててしまおうなんて思っていた私が馬鹿でした。

    ユーザーID:

  • 医師も余裕がないんですよ、きっと

    本人の前での暴言は酷いですよね。
    それはその医師の態度に問題があると思います。
    まあどんな仕事でも愚痴と言うのはでると思うのですが、それを人前では言わないですよね。

    それでも日本の医師は働き者だと思いますよ。
    私は以前アメリカに住んでいましたが(海外と日本とはまた状況が違うのでしょうが・・・)医師はとてもにこやかで優しかったです。ええ、とても。
    但し救急でない限り、予約を入れてから2週間は待たされますが。近所の子が腕を骨折しましたが、金曜日の夕方だったため、添え木と痛み止め・抗生物質をもらって「来週また来てね」と帰ってきました。日本でいう市立病院レベルでの話です。

    一日の患者数が少なくて、患者を選べて、給料も日本の医師の数倍もらっているからこその余裕の微笑だったのかもしれません・・・。

    ユーザーID:

  • 産婦人科で

    「失敗しちゃったの?おろすんでしょ」

    18才で結婚して20才で妊娠の兆候があり、
    近くの産婦人科へ行った時のことです。
    検査が終わり、診察室に呼ばれるや否や
    医師が私に言った言葉です。

    私、耳を疑いました。
    20才の若さとは言え、きちんと婚姻もしています。
    できちゃった結婚でもありません。
    医師の人間性を疑いましたね。

    その足で、少し離れた産婦人科へ行きました。
    「おめでとうございます。今日からお母さんですね。」
    その一言に涙が出ました。
    もちろん、そこで産みました。
    もう12年前の事です。

    ユーザーID:

  • あります

    子どもがさかさまつげなんです。とある眼科に行ったら「どうしてこんなになるまで放っておいた。子どもの病気は親の責任」と言われました。
    別に放っておいたわけではありません。既に別の眼科で「即行手術を」と言われてました。セカンドオピニオンを求めて行っただけなんです。
    それでまた別の眼科に行きました。そこでは眼球の傷には目薬をさしつつ顔の成長を見守りながら当分様子を見ていきましょう」と穏やかに言われ、結局手術なしで大きくなりました。
    子どもの怪我・病気はすぐに母親の責任にされますが、医者もそういう偏見で暴言を吐く人も結構いますね。
    もちろんそんな病院は当然評判は悪いですよ。

    ユーザーID:

  • あります、あります。

    いまだに忘れられないのが、頭痛がそりゃもー死ぬんじゃないかと思ったくらい酷くて、たまたま受診していた内科の医師に脳みそのレントゲン撮ったほうがいいでしょうといわれて、すなおに紹介状をもって行った先の医師の発言です。

    「脳に異常はありませんね、それより子供産んで女性として幸せな生活を送ってください。」

    といわれたことです。
    あー、びっくり。10年たった今でも傷ついています。

    お医者様といえども技術系のサービス業だと思いましょう。
    お医者様だからすべての人がものすごく偉いとは限りませーん。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧