I Love You と 愛してる 好き

レス23
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

$箱

私は日本人です。
最近外国籍の友人が出来た(日本語ペラペラです)のですが
その子に
英語の[I Love You]
は日本語で「愛してる」?「好き」?

何が違うの?ときかれ、
ううーんと考えさせられてしまいました。

今までは普通と思っていた言葉も
「なにそれどういういみ?」と聞いてくれるので
日本語を見直すいいきっかけとなってくれています。

話がそれてしまいましたが
みなさんが考える
日本語の「愛してる」と「好き」ってどういう違いか
教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • これだと思われます

    愛してる・・I Love You
    好き・・I Like You

    ユーザーID:

  • えっ・・・

    愛してる=I love you

    好き=I like you

    でしょっ?!

    ユーザーID:

  • うーん...

    難しい...(笑)
    愛してるっていうのは相手の悪いところもある程度、受け入れて、許すことができるとき(相手も同じ様に自分に接することができるとき)
    好きっていうのは相手の悪いとこを見ると一気に冷める
    かな。あ。あと、愛してるは大体は人に対して(それか生き物に対して)使う。好きは物とかにも使うことができる、くらい?

    ユーザーID:

  • そのまんまでスミマセン

    i love you=愛してる
    i like you=好き、気に入ってる

    ユーザーID:

  • 哲学的なら・・・

    別に、トピ主さんはlikeとloveの直訳の違いを知りたいのではないですよね?

    少し哲学的ですが、「好き」という気持ちは「恋」ににていると思います。
    「恋」とは、それを自分のものにしたいと願う気持ちだと思っています。

    「愛する」とは、それをいとおしく感じ大切にしたいと思う気持ちだと思っています。

    恋した相手と愛し合えたら幸せですね。

    ちなみに、「愛する」という言葉は日本では比較的新しい言葉だそうです。英語などの言葉文化をうまく表現するには「愛する」という言葉をつくらなくてはならなかったようです。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • でも

    英語でもドラマなんか見てると
    「I love that car」なんて言い方も
    してますね。アメリカだから…かな?

    ちなみに字幕では「素敵な車ね」でしたが。

    そういう意味では「好き」も「愛してる」も
    実は幅広い意味で使われるのかな〜と思いました。
    そんだけ

    ユーザーID:

  • NOVA

    外人の I LOVE YOU は日本人が使う所の
    「愛してる」「大好き」、外人は家族、友人にも使うのでニュアンスが違うし、状況による。何もコクる場合だけでない。
    日本人がコクる場合の「好き」は
    I WANT TO YOU WELL
    気に入った,ッて感じの好きって時は
    I LIKE YOU
    状況によっての単語の使いまわし方のニュアンスが国によって微妙に違って来るって事じゃないっすか?

    ユーザーID:

  • 多分・・・

    I love you は、日本語の「好き」「愛してる」のどちらともとれると思います。

    私が思うに、

    Love :
    恋愛感情、または家族愛(ペットも含む)で「好き」。
    とーーーても大好きなもの。

    like :
    恋愛感情とかとは関係なく「好き」。
    普通に好きなもの。

    って感じだと思います。

    日本では「愛してる」はあまり軽々しく使わないものですが、
    英語等では普通の恋も「love」って言いますよね。

    ユーザーID:

  • Likeって恋愛感情込み?

    でもさ、異性に告白するときって「好きです」って言うよね?いきなり「愛してます。付き合って下さい」だとひくよね?

    英語圏では好きな人に告白するときなんて言うんですか?「I like you」?


    余談。
    どっかできいたから本当かどうかわかりませんが、「昔の日本には愛という概念はなかった。あったのは『情』で、『親子の情』『夫婦の情』だった。それが明治維新以降になって、外国から『愛(love)』という概念が入ってきた。だから、日本人の精神にはいま一つ溶け込みきっていない」と。

    そいうやぁ、昔は「愛」って「かなし」と読んで、意味も「かわいらしい/いとおしい(守りたい思い)/かわいそう」だったなぁ、と。

    ユーザーID:

  • 私の考えでは

     愛する = 好き + 責任

     『好き』ってのはただ単に、「いいな〜」「気に入った」って思う、ごくごく感情的感覚的なものです。
     その好きっていう自分の気持ち、感情を持つことによって、その結果起こったことに対する責任を取る意志がありますよ〜って時に『愛』になるもんだと考えてます。

    ユーザーID:

  • 逆にトピ主さんに質問

    外国語は何でも対応する言葉あると思ったら大間違い、という好例です。

    本当の意味は完璧な日本語にはならない(当然、逆もあります)、ということにトピ主さんが気付かれたということではないでしょうか?

    逆に質問しますね。

    日本語に「愛」のほかに「恋」という語がありますが、この2つの言葉の意味の違いを説明できますか?

    両者の意味は全然違いますが、英語では同じように「Love」です。

    「好き」と「愛している」の違いはこれと同じようなものだと私は考えます。

    もっと簡単な例を上げてみましょう。

    日本語の「お湯」の概念は英語にありません。英語にあるのは「温かい水、熱い水」という言葉だけですよね?

    お判りになります?

    ユーザーID:

  • 英訳は苦手でわかりませんが

    愛してる
     対象は主に特定の人間に対して

    好き
     対象は人間にかかわらず
     食物・風景など身の回りのすべてのものに対して



    子供を対象と考えたとき
     「子供を愛する=親の愛情」ですが
    同じ人がすべての「子供が好き」というわけではないでしょう?

    ユーザーID:

  • 難しい

    好き=恋
    愛してる=愛(情)

    と私は勝手に思ってます。
    感覚的な説明してあげては?
    片思いや付き合い始めの感覚が好き。
    長年付き合い愛情を持ち家族に対する
    感覚と似ているのが愛してるってことだと。

    違うかも!?

    ユーザーID:

  • 愛という言葉の概念

    がはっきり違うといつも思います。

    バイリンガルの子供は母親に
    <I love you, mom>
    日本語では
    <ママ、大好き>
    と言います。

    <Love>は夫婦、恋人だけでなく家族、友人でも頻繁に使われる言葉で日本人はもっと究極の情愛に深い意味を込めて使うような気がします。

    同性の友人でもメールや手紙の最後に<Love>
    なんてあったりして使い方が違うと感じます。

    訳す時私はあえて直訳せずに<大好きだよ>とか
    <いつもあなたを想ってる>みたいにしてます。

    教える時も<愛してる>はあまり頻繁に言うと重みがなくなるから、ここぞと言う時の決め言葉として使うように、と指導しています。

    ユーザーID:

  • 異文化相互理解って難しい。

    日本語のは3段階で、英語は2段階しか無い

    LIKE=好き、ここまではいい。

    愛ってloveの和訳として比較的最近になって用いられる言葉でしょ?
    日本語の「愛」には醜い意味もあるわけですが
    (夢中になって周囲が見えていない、「愛憎」とか、鬼子母神的な意味とか)

    loveは汚いイメージは一切無し。
    キリスト教ベースだから,清らかで美しくいつも正しい(でも個人的にはなんだか浅い感じがします)。

    日本で「愛」を表す言葉の最上級は「慈悲」だという。仏教から来た言葉ですが。
    「慈悲」には「愛」のような醜い意味は一切無いんですよね。使う機会も多くないので、キリスト教のLoveより深い感じ。

    ユーザーID:

  • だあいすき

    英語の方が母国語のうちの子供たちは
    英語の時はI love you , Mommy
    日本語だと、おかあさん、だーいすき

    ということで、大人が真剣にコクる場合じゃなくって家族間とかなら「大好き」にあたるのかなあ、と思ってますが。

    ユーザーID:

  • 変な表現ですが、受動的と能動的の違い?

    愛してる、好き、両方とも、人や動植物、その他の生物を持たない物にも使いますね。

    「好き」というのは、受動的。単に感想だけとも受け取れます?

    「ケーキ好き?」「うん。好き。」「いいえ。嫌い。」
    聞かれた事に対して感想を述べているだけですよね。

    「あの人愛してる?」「うん。愛してる。」「いいえ。愛してない。」だと、行動が伴っていないと、答えられない。能動的な言葉。

    人を愛する、というのは、非常に大変だということは分かりますよね。この掲示板にもよく出てきますが、鬱病、自律神経失調症、嘘つきの人、自己中心的な人、それらの人を愛しながら共に生活するのは、困難を極めます。

    ですが、ただ単に「好き」というだけでは、感想を述べているだけですから、何も行動が伴っていなくても言える訳で。ただ、自分の観点でその人を見て、好き嫌いを決めればいいだけの話ですから。

    そういう違いかな?すべてには当てはまらないと思いますけどね。

    ユーザーID:

  • LoveとLike

    日本語に訳すとLikeが「好き」、Loveが「大好き」って感じだと思う。
    好きなのが人の場合、使う相手によって Love か Likeを使い分ける。
    家族や特定の相手(長く付き合ってる相手)にはLove、そして友達や知り合い、それからまだ付き合って間もない交際相手にはLikeを使います。
    真剣に付き合っていこうとする人は、相手にそんな簡単にLoveなんて使わないような気がします。それだけ重い言葉だと思いますよ、人の場合。好きなものが物の場合はそんなに重くないですが。

    ユーザーID:

  • 愛と恋

    先日、英語ドラマを見ていたら、別れ台詞で「I love you, but I am not in love with you.」というのがあり、愛しているけど恋ではないの…という意味なのかな〜と勝手に解釈しました。
    因みに、日本で告白系の好きってのは「I care about you.」が近いんじゃないのかなー。

    ユーザーID:

  • 大きいって言っても

    大きいって言う言葉も、古いって言う言葉も、言葉はすべて、その時々によって意味が違います。

    昔って言うのは、どれ位昔のこと?って聞かれても、日本語で、神代の時代から昨日まで、ぜーんぶ「昔」ですよね?

    ユーザーID:

  • トピ主さんの質問は・・・・・

    みなさんのレスを見ると、英語についてあれこれ、述べているようですが、
    トピ主さんの疑問は、

    >話がそれてしまいましたが
    みなさんが考える
    日本語の「愛してる」と「好き」ってどういう違いか
    教えてください。

    ですよ?
    トピ主さんは、英語の翻訳や解釈を聞いているのではないと思いますが。

    ユーザーID:

  • 仏教では

      LOVEの翻訳語として、「愛」が当てられました。今現在の愛という観念も、明治頃(江戸末期だったかな?)に出来たものですよね。
     なので、I love youは愛してるで良いと思いますよ。

     ちなみに、それ以前の日本でも「愛」という言葉はありましたが、これは仏教の「愛」。仏教では執着のことを指しました。 
     愛執なんかは、仏教語からきてますね。
     
     I love youを明治以前の日本語に直せば、
     「私はあなたに愛執を抱いています」かな?(笑)

    ユーザーID:

  • 感覚的には、

    やっぱり、「愛してる」っていう言葉って「I LOVE YOU」より重みがある気がします。逃げ場のない感じ。

    外国のドラマとか見てるとよく恋人、友達、親や子供に頻繁に「I LOVE YOU」っていいますよね〜。
    でも日本語で愛してるってこんなに頻繁に使わないし、付き合い始めて1ヶ月そこらの彼氏とか彼女に愛してるっていわれたら、ちょっと引く(うさんくささすら感じる)ぐらいマジメで重圧的な感じがします。

    やっぱり、I LOVE YOU は愛してるより幅が広い気がします。日本語では「好き」のほうが幅がありますよね。

    日本語の愛してるってかなり重い感じで、好きはめっちゃ軽い好きから、愛してるに近い好きまであると思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧