流産手術の費用 in アメリカ

レス13
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

さや

アメリカ在住です。先月繋留流産をしてソウハ手術(B&C)を受けました。入院もせず日帰りでした。その後届いた請求書は合計で1万ドル、そのうち保険でカパーされなかった1000ドルが自分宛に請求されてます。病院の先生がちゃんと保険がきくか調べてくれて受けた手術だったのでそんなに請求は来ないと思っていただけに、かなりへこみました。 妊娠に流産そして手術、全てが人生初めてでした。こんなことになってしまい落ち込んで外出もほとんどしていません。 アメリカへ来て2年、こちらの医療制度はかなり複雑なのだと実感してます。 どなたか同じ様な手術を経験した方いらっしゃいますか?  やはりみんなこのように高額なのでしょうか。もし日本だったら違ってたのでしょうか。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同じ経験しました

    お気の毒でした。私も同じくアメリカでD&C(Dilation And Curettageですよね?) 受けました。やはり日帰りです。

    厳密な個人負担額は覚えていませんが、相当かかった記憶はあります。ただ、どこまで保険でカバーされるかは、加入している保険会社やプランで取り扱いが全然違いますから、他人の負担額は参考にならないのではないかと思います。

    事前に医師が確認したことと違うようなら、保険会社に直接掛け合ったらよいと思います。内容次第では負担額が変わるようなこともあります。

    ユーザーID:

  • 詳しく調べてみたら

    アメリカ在住です。去年、同じく稽留流産で手術しましたが、copayで払った10ドルの他、検査にかかる費用分55ドルぐらい請求がきただけでした。ちなみに私の保険はPPOです。

    トピ主さんの保険はHMOですか?ご存知のようにアメリカは保険の種類によって個人の負担が変りますが、それにしても千ドルの請求が来るのはちょっと高すぎるような気がします。

    保険会社に電話して聞いてみるといいと思います。また、その際、保険会社の電話受付の人ではなく、スーパーバイザーと話してください。それと、名前は忘れたのですが、このようなケースを相談する機関もあったはず。そういうところにコンタクトしてみるのもいいかもしれません。

    お身体、どうぞお大事にしてくださいね。

    ユーザーID:

  • カバー率の高い保険では?

    以前ハワイに住んでいた人に聞きましたが、日帰り手術でやはり1万ドル、日本でも有名な米系企業に勤めるご主人の健康保険でも8割しかカバーしてくれなかったそうです。しかも、一旦全額支払ってから返金されるシステム。それに比べれば、これだけ面倒みてもらって食事もそこそこのものだしてくれて日本の病院って安い!と感心してました。MRI撮るのも一枚10万円くらいかかるので、あまり撮ってもらえず原因不明な症状に悩む彼女の知り合いは結局(永住権を取ったのに)日本に帰国して入院、手術をしたとか。

    アメリカでは本当に医療費が高いそうですね。トビ主さんの金額はアメリカでは当たり前、保険はかなりカバー率が高いから保険料もお高いでしょうね。ちなみにハワイではメディケイドと一般の患者さんが別々の入り口な病院もあるそうですよ。こわー。

    ユーザーID:

  • それは保険によります。

    アメリカの保険はご存知のように色々です。
    掛けている保険の内容によってカバーの額も
    内容も違います。
    ちなみに私の入っている保険はco−payment
    が$20でERが$400 Deductableです。
    私がB&Cをしたときは、co−payの$20だけ
    でしが、あれから暫くたっているので今は
    カバー額が減っているかもしれません。
    ちなみに上の子供を出産したときは$20以外は
    全部カバーされましたが、下の子を出産したときは
    保険のカバー内容が変って$500のdeductionを
    払いました。
    私の友達の入っている保険は出産の場合は$2000
    のdedactableです。医療費は総額$500までは
    自己負担でそれ以上は保険会社が負担と言う形です。

    ショックでしょうが、今の保険の状況をみると
    (どの保険もどんどんカバー額が減っていく傾向に
    あります)はっきりいって$100は高くないと
    思います。
    今後のことを考えてご自分の身を守るために
    もう少し保険の事を勉強されたほうがいいと思います。

    ユーザーID:

  • 私も同じでした。

    私も同じ手術をアメリカで受けました。保険に関してですが、私の場合は、HMOだったので全額保険負担でした。個人負担額については、恐らく保険の種類によるのではないでしょうか。金額については、残念ながら何もわからないままです。

    お金のことは確かに医療制度が日本と全く異なるため、後でハラハラすることが私も何度か経験アリですが、事前に自分で保険会社にCoverageの詳細を問い合わせて調べてみることをお勧めします。

    私の場合は、術後二日目から仕事に復帰し、忙しい毎日を送っていたため、落ち着いて考える余裕もなかったこともあり、落ち込むことがありませんでしたが、それなりに大変な日々でした。

    さやさんの体が回復して、心身共に元気になられることが一番だと思いますので、少しづつでも心の傷が癒されて元気になられることを祈っています。

    ユーザーID:

  • ご存知ないのかもしれませんが・・・

    アメリカは国民保険がなく、今や無保険の人は420万人と言われています。
    トピ主さんの場合、保険で90%カバーされたのですね。それは「か〜なり良いほう」ですよ。
    勿論、医療保険でも色々とありますが…。

    アメリカの医療保険は高くなる一方で、雇用者でも従業員の家族・配偶者の分を払っていないところも多いそうです。これって、普通みたいですよ。

    私の勤め先は頑張って家族分の保険料を払ってくれていますが、これは「珍しい」そうです。周りにもよく驚かれます。

    一般的にも個人経営者もこれまた大変なため、保険がカバーされる(といっても、100%ではないでしょうけど)前の自己負担額が$5000、$7500なんて保険に入っている人も珍しくないそうです。ちなみに、$5000って「ひとりにつき」、です。

    きっと流産でつらい思いをされた上に高額の請求書が来たので気持ちが落ち込まれたとは思いますが、どうかお体を労わって、Late Feeがつくまえに請求書は支払ってくださいね。

    ユーザーID:

  • 勘違い

    「保険がきく=自己負担ゼロ」という意味ではありません、

    日本の国民健康保険でもそうでしょう、自己負担分がありますよね。
    全てを保証する保険というものはあまり聞いた事がありませんね、
    降りる保険の金額に上限があったり、最低自己負担分がある事の方が多いです、
    とぴぬしさんの思い込み、勘違ですね。、
    保険の契約書を読み直した方がよいですよ。

    ユーザーID:

  • 医療費はとにかく高い!

    トビ主のさやさん、大変でしたね。
    せっかくの妊娠の喜びもつかの間で、繋留流産がわかり、手術・・・、まさに私が10年前に経験したことです。

    私の場合は、とにかくアメリカは医療費が高い高い、と聞かされていたので、実際に払った金額は思っていたよりも低かったと言う印象があります。
    それでも、多分トータルすると$1000は払っていたと思います。

    アメリカの場合、手術をすると後から後から色んな名目で請求書がやってきます。
    驚かして申し訳ありませんが、半年から1年くらいは、もしかしたら遅れてくる請求書があるかも知れません。
    特に、流産の場合は、緊急扱いになるので、余計に請求される場合があった様に思います。
    日本でどの位の費用がかかるかはわかりませんが、入院が3日程で、差額ベッドなど使わなければおそらく半額位で済むのかも知れません。
    でも、あんまり今は考えない方がいいと思いますよ。
    リラックスして、できるだけ楽しい気持ちになれる事を見つけましょう。

    今は、私は不妊治療中ですが、日本でかかる費用の軽く3−4倍は越えています。
    ホント、この国って医療費が高いですよね!!

    ユーザーID:

  • 日本の医療は天国

    他トピで海外を知らないおば様方が、日本の医師や病院へ不満を書き続けていますが、罰あたりですよね。
    医療費に関しては日本は激安。超価格破壊ですわ。
    貧乏人ですので、海外では病気になれません。

    ユーザーID:

  • 日本では

    日本で同じ手術を7年前に妊娠12週目にしました。えーっと当時は正社員で働いていて社会保険の本人負担一割か二割の時でしたが、たしか1万円4000円位しか払いませんでした・・・・
    アメリカって大変なんですね。びっくりしました。

    ユーザーID:

  • スウェーデンでは。

    私は福祉国家といわれるスウェーデンに在住中ですが、やはり日本の制度が恋しいですよ。救急でいっても5時間近くそこで待たされ、待っている間に流産がどんどん進み、医者に会ったときには本当に妊娠していたの?と逆に聞かれてしまいました。9週目だったのに。それまでも何度か少量の出血があり地域の保健センターに医者に会わせてもらいたいと頼んでも、ここでの決まりで12週以降になるまで、つまり安定期に入るまではあわせて貰えず超音波検査も受けることができませんでした。ここでの流産率は40%になるそうです。50%以上の所得税を引かれ、医者にも診てもらえない、陳腐な福祉国家。日本の医療制度の素晴らしかったこと。民主主義が恋しいです。きちんとした医療を自分に見合ったものとして受けられることが。

    ユーザーID:

  • 久々に通りすがったら..

    なんだー。又か。
    トピ主の問いかけに沢山の人が真剣に回答
    してるというのに、トピックをあげた本人は
    うんでもない、すんでもない。
    まったく無礼旋盤。
    こういうのがあると真剣にレスするのがばかば
    なしくなってしまう。

    ユーザーID:

  • その後如何お過ごしですか

    トピ主さん、その後如何お過ごしですか。術後の回復は如何でしょうか。

    さて、今回の件は保険次第としか言いようがないと思います。PPOなのかHMOなのか。保険会社はどこか。住んでいる地域はどこか。ご確認ください。

    私の場合ですが、会社の保険プランのうち、数種類選べますが、PPOに入っています。

    COPAYは5ドル。ERや今回トピ主さんがご経験された手術などだと、ディダクタボルが400ドルです。それ以外はカバーされます。

    保険会社にお問い合わせください。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧