• ホーム
  • 働く
  • 仕事の選び方 資格?すきな世界?迷ってます。

仕事の選び方 資格?すきな世界?迷ってます。

レス15
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

ぽん

 仕事選びで迷っています。
 現在26歳独身、結婚予定の彼がいます。彼の仕事に伴って1年イギリスに行き、語学学生をやってました。先日帰国し、就職に関して悩んでいます。
 ファッション関係のプレスに就きたいというのが夢でした。しかしこれまで大学を出て生保の営業、インテリアショップ販売と仕事をしながら転職活動しましたが、受かりませんでした。イギリス在住時にPRの専門学校にも通い、帰国するまではプレスにまた挑戦しようと思っていましたが、母と色々話すうちに、人生設計をきちんとして自立できる人間になって欲しいといわれて、考えるようになりました。
 経験なしでプレスの仕事をして30歳くらいで出産のため退職すれば、再就職は難しいのかなとおもうのです。であれば、生保時代の知識に関連する税理士の資格をとれば、妊娠中も勉強することはできるし、就職の幅は広がりそうに思います。
 悩んでばかりでこれという方向が見出せずにいます。少しでも感じることをお聞かせいただければ幸いと思って投稿しました。宜しくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 税理士の前に・・

    受験資格はお持ち?
    生保営業の経験だけで取れるほど甘くもないし
    妊娠期間中にとれるような簡単なものでもないです。
    一般的に知識と経験があったとしても
    1年やそこらで取れる資格ではありません。
    取得したとしても実務経験がないと厳しいですよ。

    小町でも「税理士でも取ろうかな〜」って簡単に書く人が
    いるけどちょっと腹が立つ。
    税法という法律を扱う仕事だということをまず
    理解してください。

    ユーザーID:

  • 私もおんなじ(笑)

    私も同じような感じで悩んでいます。
    ネットワーク系SEをしています。仕事の合間にネットワーク系の講習などをする。というのが基本の仕事です。

    でも、SE系の仕事って定時では終わる事はまず無い、休日、深夜などに連絡がある、体力を使う(サーバとか移設で)などで、女性には向いてないとは言わないけど、歳取るとキツイ仕事です。

    そんな訳で、仕事(お金を得る為の行為)と好きな事(趣味)を割り切る事にしました。

    結論をいうと、ぽんさんと同じように税理士試験にチャレンジしようと思ってます。
    今までのネットワーク構築等の経験と、具体的な経営に踏み込んだコンサル・・・ 両方できるようになれば食いぱぐれはないのでは。と考えてます。
    まともな事務経験のない私は、PCスキルがそれなりにあっても事務で食っていけるほど世間は甘いとは思えないし。

    好きを仕事!は理想ですが、割切るのも「テ」かもしれません。ご参考まで。。。

    ユーザーID:

  • 辛口なりますが

    正直申しましてトピ主さんの考えは中途半端な気がします。

    やりたいことはあるけれど将来が不安だから少し経験があるから税理士取得しようかな。。
    やりたい仕事でもないけど持ってると便利かも・・
    そんな風に受け取れます。

    税理士の資格は就職の為の手段、履歴書に書く為の資格・・そんな程度の資格ではありませんよ。
    ましてや片手間で取れるような資格でもありません。
    期間も費用もそれなりにかかります。

    税理士業を営んでいる私としてはこの仕事を軽々しく
    扱われているようで不快感を覚えます。

    ユーザーID:

  • みいさんってもしかして

    >みいさん。。

    たしかあなた過去に「税理士で開業する為に簿記2級から
    勉強してます。」って書いた人ですよね。
    何名かの方からお叱り受けてませんでした?

    税理士がやりたくないけど割り切らなきゃいけない!
    って書いてあるようですが、
    こちらから言わせると
    「やりたくないならやらなくて結構です。」
    という気持ちになりますね。

    ところで6月の試験はどうでしたか?
    もちろん受験したんですよね〜〜

    ユーザーID:

  • そです>うららさん。ご意見ありがとうございます。

    そです。2級受けるつもり!と言ったものです。
    今は、どの方法で先ず一科目目に挑戦のための学校の選択で悩んでます。

    > 税理士がやりたくないけど割り切らなきゃいけない!
    > 〜〜〜 割愛 〜〜〜
    > という気持ちになりますね。

    確かにそうかもしれませんね。(笑)
    でも、やらないと稼げません。私は遊んで生活できる環境で生活しているわけではないので、自生きていくには自分で稼がなければなりません。

    女なので確かに配偶者の扶養になるという選択もアリだと
    思いますが、私は「配偶者の扶養に入る=未成年と同じ=社会的に信用がない」と思っています。(扶養だと住宅ローン等など組めないし。例外もありますけど)

    あくまで私の偏った考え方なので、↑について叩かないで下さいね。(お願いです。偏ってるのは自覚してるので)
    そして、私が叩かれているなんて知りませんでした。教えてくださってありがとうございます。後で見てみます。

    貴重なご意見ありがとうございます。これからも一歩でも先に勧めるように頑張ってみます。

    ユーザーID:

  • ちょっと待ったぁ

    資格うんぬんと言う前に何か大切なことをお忘れのようですね。
    日本だけではなく、企業が人を採用するのは、能力があると見込んで、それが自社の事業に必要であると判断した場合なのです。

    資格だけではちょっと無謀のような気がします。
    間違ってもステキな世界なんてありませんよ。
    それを手に入れたいのであれば、相当な努力を要します。
    企業が求めるのは、なんと言ってもスキルです。

    資格だけあってもスキルが無いのであれば、宝の持ち腐れです。
    ステキな世界と妄想に浸るのではなく、先ずは実際にスキルを積むのが最優先ですよ。
    ステキな世界はそれからでも逃げません。

    ユーザーID:

  • トピ主より

     皆様、貴重なご意見ありがとうございます。
     辛口なご意見が多いようですが、結論から言いますと、税理士の学校に通いながらアルバイトで会計系の事務所で働こうと考えています。私は経営学部を卒業し、法学や経営学の単位を取得していますので、受験資格はあります。大学時代には簿記2級を取得し、生保時代にはAFP資格取得の上でコンサルティング営業を行っていました。税理士という選択肢は学生時代から頭の中にありましたので、どういう資格か、どんなに大変かは既に調べてあります。勉強を始めた人の中でどんなに脱落者が多いか、毎日10時間以上勉強している人の中でも合格するのはごく一部の人に限られていることもわかっています。
     そうしたことをわかった上で、私は人生で最大の努力をしてみようと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主より

     うーん・・さんへ
     税理士業を営んでいらっしゃるとのことですが、うーん・・さんが税理士になろうとお考えになった経緯をお聞かせいただけないでしょうか?私は今までの経験から、人に何かを教えて喜んでいただくことが自分の喜びなんだと思いました。それが人の人生だったり、会社の経営など深いところまで入り込んで相談にのることができれば、喜びもずっと大きなものになると思うのです。そのためには努力してきちんとした知識をつけなければもちろん信用されることはないです。人間的魅力を得るためにも、私は完全な学生になるのではなく、実務を身につけながら勉強していきたいと思っています。このような私が税理士を目指す事は、税理士への侮辱に値するのでしょうか?

    ユーザーID:

  • あれれ〜?

    ちょっと気になったので発言させてください。
    最初のトピではう〜ん・・さんのおっしゃる様にとられても仕方のない文章だと思いますよ。

    最初の文章は
    私のやりたいことはファッション関係のプレス。
    でも就職のためには税理士。又、妊娠期間中に勉強できる
    好きをを取るか現実を取るか。。

    2回目では私のやりたいことは税理士。。
    勉強はハードなのはわかっている。でも私のやりたい仕事だ。

    あの〜。。ポンさん最初のトピと2回目の発言は
    全く逆のことを言っているように思いますけど。。

    税理士。。に限らず士業というのは
    「そういう意味で言ってません。こういう意味なんです」のように「後だし発言」がまかり通る世界ではありません。
    自分の言葉一つ一つに責任をもたないとおおごとになります。
    ましてや前回の発言と全く異なる発言はNGです。

    熱意は伝わりました。資格だけではなく実務を積んでください。
    税理士として生業をたてるならば業務だけだはだめですよ。
    そこに絡む人間関係も学んでくださいね。

    ユーザーID:

  • でた!後だしジャンケン

    >仕事の選び方 資格?すきな世界?迷ってます。

    って迷ってないじゃん。
    2回目の意見はヤル気マンマンじゃん!

    面白い人だね。

    ユーザーID:

  • 現実は厳しかった。。1

    資格取得者です。登録もしてあります。
    お恥ずかしい話ですが
    数字をいじるのは嫌いじゃないし、細かい作業も得意だし資格さえをもっていればガッパガッパとお金を稼げる。
    だったら「勤めながら・・」なんて悠長なこと言ってないでさっさと取得してしまおう。ついでだから中小企業診断士も取っておこう!これだけ資格を持っていれば就職はどうにでもなるさ!
    ・・と実務を積むことなく資格だけを取りました。

    就職先もあるにはあったけど金額的に納得いく事務所はありませんでした。自分の中で「資格もってるのにこれっぽっちかよ〜」というオゴリがあったからですけど。

    勤め始めたばかりの頃も「2〜3年やってお客さんつけて
    独立するぞ」と思ってました。しかし・・現実は厳しいです。

    どんな仕事もそうですが1から手取り足取り教えてもらえるわけではありません。
    自分では「知識はあるからなんとかなるだろう」と安易な気持ちでした。
    ましてやのっけから「資格もってます!」言い放ってしまいました。
    ですから仕事が出来るものと思われ、質問しても「以前の見ればわかるよ〜」で終わってしまいます。。。

    ユーザーID:

  • 現実は厳しかった。。2

    最初はお客様からも「あなたでダイジョウブなの?」
    「ちゃんと先生(事務所のボス)にチェックしてもらってる?」等
    信用されず厳しい洗礼を受けました。
    またお客様とのやり取りも四苦八苦です。
    怒らせてしまったことも1度や2度ではありません。
    その度にみんなにフォローをしてもらっています。(ありがたいです)
    資格はないけれど何年も勤めているベテランのパートさんの方が業務もお客様とのやりとりもスムーズでスマートです。

    2年〜3年勤めて独立開業・・・なんて言ってた自分が恥かしいです。

    2年経った今も印鑑に限っては届出書への印鑑のみ、申告書はまだまだです。
    業務に至っても各会社のやっと流れがつかめた程度です。
    お客様とのやりとりはそれなりになってきましたが
    でもそれは「事務所のボス」の後ろ盾や名前があってこそなんです。

    中小企業診断ももっているので「このように経営したら・・」とボスに言ったら
    「100年早い!試算表もまともに作れないヤツが経営を語るな!」と怒られました。今思えば当然ですよね・・

    ユーザーID:

  • 現実は厳しかった。。3

    当初は有資格者ということでプライドの塊でしたね。
    いろんな人に叱られ、怒られ、プライドをこなごなにされ
    やっと謙虚な気持ちになれました。
    辞めなかったのは「それでもこの仕事自体は好きだな・・向いているな」と思っているからです。

    資格はがんばれば取れます。が仕事として続けていくにはある程度の覚悟が必要です。
    やりたい仕事だ!と思わないとやっていけない部分もあります。

    う〜ん・・さんのおっしゃりたいことが自分にはわかります。
    簡単なことではないし、何年もかけて今、一人の税理士として独立されているのだと思います。
    最初のトピはあまりにも安易な書き方をされたので気分を害されたのではないでしょうか?
    2度目を読んでどのように感じるかはわかりませんが・・

    時間をかけて取得をし、何年もかけて一人前の税理士となってゆく(独立でも雇われでもどちらも同じ)
    非常に長い期間を要します。
    信用できない等キツい言葉を言われ傷つくことも1度や2度ではありません。
    迷った挙句に選んだ仕事。。というにはリスクが高いかも
    しれませんよ。相当の覚悟でがんばってください。

    ユーザーID:

  • トピを立てる時、必要な情報を書いて下さい!

    トピ主さんが必要な情報を最初から書かないと、レスをしてくれた人には失礼になりますよ。

    トピ主さんがこれまでにどういう経歴をお持ちなのか最初に書いてくれないと話が全く違ってきます。最初書かれていたことと後から書かれたことと全く違いますよね?

    そういうことで税理士などのお仕事できるのかなと思いました。私が顧客ならぶちきれますけど。

    ユーザーID:

  • ちょっと甘いよ。考えが

    トピ主さん。。
    税理士という仕事を侮辱していないのはよくわかりました
    けれど・・税理士という仕事は理解していないようですね

    >会社の経営など深いところまで入り込んで相談にのることができれば・・

    「相談にのってあげる。。。」って
    あなたのアドバイスで会社が大損したら?破産したら?
    「相談にのってあげただけ」なんてことじゃ済まないです
    多額の損害賠償も払わせられることも珍しくないですから

    経営者にとって経営や税金はもっとも神経を尖らせているポイントです。
    占いのように「こうしたら良くなるかもよ」なんて話とは訳が違います。
    顧客はプロが言ったんだから!といつでも厳しい目線でみられてますよ。

    それを喜びとする。って・・よっぽどの自信と知識と人脈がないとおいそれとは言えないセリフですよね。
    ベテランであればあるほどそのセリフは言えないと思います。

    中途半端な知識を全てのように語ってしまうのは税理士としてはちょっとどうかな?
    必ずあとで痛い目にあいます。

    トピ主さんの言う「仕事に対する思い」を実現させたいのなら税理士という職業はちょっと次元が違うと思います。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧