お薦めの笑える小説

レス39
(トピ主0
お気に入り5

趣味・教育・教養

まも

レス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 69 −シックスティー・ナイン−

    村上龍さん原作。近日、映画が公開されるそうですね。

    大学生の頃に読んで「男子の青春、こうあるべし!」と
    私も男の子になって高校生をやり直したいと悔しく思いました。
    タイトルは、小説の舞台が1969年だから。
    九州の炭坑町に住む高校生たちによる、へっぽこ青春群像です。
    モテる為には手段を選ばない彼らの奮闘が大爆笑。
    ちょうど夏ですし、アイスでも片手に気楽に読んでください。

    ユーザーID:

  • 宮沢章夫さん

    小説も書いていますが、やはり宮沢さんのエッセイは面白すぎます。淡々と語られる鋭い指摘に大笑いです。電車では読めないかも。

    ユーザーID:

  • 清水義範

    SF小説は読んだことがないのでわからないのですが、
    とにかく冊数が多いので何を紹介していいのやらって感じです。

    私は「国語入試問題必勝法」ではまりました。
    「秘湯中の秘湯」とか「人生うろうろ」「日本語の乱れ」、いっぱいあります。
    おもしろいです。
    是非御一読あれ。

    ユーザーID:

  • 私も 我輩は猫であるが

    ユーモア小説の傑作と思います。 特に当初短編として書かれた部分は、古典落語に深い理解のあった夏目漱石の流れるような江戸情緒の残る文体とともに、古さを感じさせないユーモアを感じます。

    佐藤愛子女史のエッセイ集と、太宰治のお伽草子も、私の愛読書です。 笑いの裏に作者の鋭い理知を感じます。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    たくさんのレスありがとうございます。
    小説にこだわっているわけではありませんので、エッセイなども教えていただけて嬉しいです。
    こんなにたくさん読めるかな、いや、きっと読めるでしょう・・・。
    全てメモして、順次読んでいきたいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • トピ主さんへ

    以前、西原理恵子さんの「毎日かあさん」と「ぼくんち」をお勧めさせて頂いたものです。すみません、「ぼくんち」はじつは切ない物語で、よく考えたら笑える分野ではありません。泣きたいときに読んでください!!

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    >カルボナーラさん
    再レスありがとうございます。「ぼくんち」、笑い疲れて一息つきたくなったら読んでみたいと思います。せつないのも割と好きで一時期吉本ばななさんの小説にはまったこともあります。


    糸子さんからレスいただいた奥田英朗さんの伊良部シリーズ読みました。笑えました。この小説は是非ドラマ化して欲しいです。でもその場合伊良部は誰が演じるとはまり役かしら?・・・思い付かないです。

    今は、nekoさん、Brazil 66さんからレスいただいた「我輩は猫である」に取り掛かっています。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 「リアクションスター」

    おいしい”リアクション芸”を生業とする38歳のリアクション芸人(ヨゴレ芸人)の主人公が、リアクション芸人の世界イベント『ヨゴレワールドカップ』に出場する話。
    ファンサイトもあって盛り上がってますよ。

    ユーザーID:

  • 笑える小説では

    「リアクションスター」という小説があります。
    詳しくは版元の文芸社や、「リアクションスター非公式ガイド」なるファンサイトもありますので、そこでご参照ください。
    とにかく、他に類を見ない「リアクション(ヨゴレ)芸人」をテーマにした小説です。この笑いのセンスはすごいの一言です。
    著者の富田さんもイケメン作家と評判です♪

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧