キャリア・職場

いまから医師になるって?

レス91
お気に入り16

gon

働く

はじめまして
30代の独身女性です。
20代の頃医師を志し再受験するも失敗。
何度も受験できないのと、同じ医療に携わるのだからと看護系の大学に進み、
今は某病院で中堅看護師として働いています。

仕事にも慣れてくると、ずっと思っていた医師への夢が最近とみにむくむくと大きくなっています。

再受験で30過ぎてから医師または医学部入られた方や、
看護師から医師になられた方のお話を聞きたいです。
よろしくお願いいたします。

医師が割に合う仕事でないということは一緒に働く先生方をみているとわかっています。
それでも患者さんと接するとき、今私が看護師ではなく医師だったらこんなこともできるのになぁとか、体系的な医学知識があれば疾患や治療に対する理解も深まってもっと自信がつくだろうなぁとか思うことが多く、医師になれたら・・・と思うことが多いです。

ただやっぱり20代の時と違って夢ばかりも言ってられなくなって悩んでいます。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数91

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いいんじゃないですか

    具体的な悩みはなんですか。

    金はしようがないですね。
    学力はがんばってください。
    受験先は年齢制限のあるところもあるので気をつけてください。明記していないところもあるので2ちゃんねる情報もうまく使えば有用です。学士入学もアリです。
    世間体は無視しましょう。わたしは応援しますよ。
    結婚は理解者がいればいいですね。医者になっちゃえば大丈夫でしょう。

    ユーザーID:

  • 医師の立場で言います。

    看護師をされているなら、女性の職場ですからわからないでしょうが、医者は男社会です。大学の女性教授を見たことありますか?(私立女子医大は別扱いですよ)

    35歳すぎると、一般の女性は職探しが困難ですね?
    医師の場合はもっと複雑です。結婚はどうされますか?医師一人養成するのに数億円かかると言われます。(国立、私立とも)結婚して仕事を辞められたら困るわけです。あなたは30代の女性に医師になってもらいたいですか?

    大学を出られたとのこと、看護の分野で教授なり、エキスパートになられるのが最もいいのではないですか?

    ユーザーID:

  • 応援します!

    私の女友達(30歳)は某国立大の医学部目指して勉強しています。
    元々医学部志望だったものの願いが叶わず就職。その後看護助手の仕事をしながら看護士の専門学校に通ったもののやっぱり医師を目指したいと退学し再び医学部を目指すことに。
    彼女自身持病があり、その辛さがわかるから同じように
    苦しんでいる人を助けたいんだそうです。

    具体的なアドバイスができなくて申し訳ないのですが、
    30過ぎから学生になろうと思う人多いですよね。
    私も医学部ではないですが大学入学目指しています。
    医学部だけではないのですが、社会人から大学を目指す人のための情報交換サイトがあります。
    『宮の杜』です。ヤフーで検索すれば見られると思うのでよかったら見てみてください。(すでに知っていたらごめんなさい)

    ユーザーID:

  • お金

    30代なら十分間に合うと思いますよ。あなたのやる気次第でしょう?!親戚に男ですが30半ば(多分)で医学部へ行って医者になったのがいます(10年近く前)。大学の医局にいるみたいですが儲からないって言ってます。でもやりたいことができるって喜んでます。
     しかし、一つだけ心配なのは、お金です。そいつもかなり親に無心したようです。酷なことを言いますが、経済的な計画をしっかり立てないと志だけでは途中でどうしようもなくなりますよ(これが悲しい現実です)。
     やるなら早い方がイイよ頑張ってね!

    ユーザーID:

  • あなたのような人こそ

    良い医師になれると思います。努力をして必ず医師になってください。
    たまたま成績が良くて、お金が儲かりそうだからという理由で医師になった友人が沢山いますが、私は何か違うと思っています。

    いろいろな意見があると思いますが、絶対なってください。但し、無駄な努力にならない自信はあるのですよね??どう頑張っても偏差値はジャンプアップということはあまり無いですから努力の前にある程度の客観的な判断を仰いでからにしてくださいね。成績は努力だけで何とかなる段階とそうでないレベルとありますから・・。
    失礼な事も言いましたが、ガンバ!!!

    ユーザーID:

  • 体力次第

    医師としてとりあえず一人前(近く?)に働ける様になるまで
    6〜7年程はかかります。
    研修医時代、その後何年かは、地獄の様な日々です。
    その地獄を乗り切る為には、何より、体力勝負。
    再受験組は、年齢の為体力がなくて仕事についてこれず
    また、若い頃の様な「新しい事を何でも覚える頭」が鈍ってきている為
    結局中途半端な仕事しかできない人が多いです。
    もちろん、年齢などは全く感じさせずにバリバリ働き
    仕事の覚えも早い人もいます。でも少数です。

    30半ばにして医学部を卒業し
    それから研修医時代を乗り切る体力に自信がありますか?
    やる気だけでは、どうにもならない現実があります。

    もしトピ主さんが、体力には断然の自信があるのでしたら
    是非、チャレンジしてみてください。
    看護師の経験のある医師は、患者さんにとってプラスになると思います。
    応援しています。

    ユーザーID:

  • 今までの経験はすべてこれからのため・・・

    家が医者だったから・・・とストレートでお医者さんになった人とは“原点”が違いますよね。
    今からでも生涯続けようと考えるのなら、人生折り返してもいないところじゃないですか。
    頑張ってください!応援してます。

    近所のお医者さんは30代で親をガンで亡くし、それから医師を志してなったそうです。
    「病気に休みはない」と365日診察してくれるので、町の人の信頼も厚いです。
    遅い出発でも志がしっかりあり、自分の理想(信念かな)を貫けるパワーがあれば、きっと実現しますよ。
    あとはお金ですね・・・。

    ユーザーID:

  • 結構います

     そういう人、結構聞きますよ。頑張って下さい。きっといいお医者さんになると思います。

    ユーザーID:

  • どう考えても茨の道

     まず、御年齢が三十歳とのこと、今から大学へ行くとして6年間いかなくちゃいけませんね。多分自活していらっしゃるだろうから学費は自分の貯金から、となると国公立を狙う事になりますね。国公立大学の医学部は本当に難しいですよ。18歳の優秀な一流高校生の一番頭がやわらかくて医学部行きたくて受験勉強ばかり必死でやっている子達と三十歳のあなたが働きながら競うんですよ?きついですよ。看護大出身とのことですが、私の母校では看護大に行く人はいませんでした。私の母校でとりわけ良くできる人が国立医学部に進学し、大学の看護学部には私の母校よりランク下の高校から進学する、という状況で18歳時の学力が既にトピ主さんは今医学部受験しようとしている人たちと比べてかなり下回っていると失礼ながら拝察します。その上に年齢や記憶力の低下、などを考慮すると入学だけでも茨の道です。
     医学部に首尾よく入れたと仮定しても非常に試験や勉強が厳しいです。で、医者になって、研修医が明けたら四十前。それから専攻の科を決め、自分より年下の指導医に頭を下げ、忙しくて眠れない研鑽の日々が続くわけです。看護師の道を極める方が現実的だと思います。

    ユーザーID:

  • 体力の限界を考えると…

    研修医の実態をご存じでないとは思わないのですが、それを差し引いても、看護師にしてはずいぶんと夢見にも思えるのですが…。

    子育てが30代を過ぎるとキツイといわれることと、本質は変わらないと思いますが、研修医となってこき使われるときに40にさしかかる年齢でしたら、はっきりいいますが

    「おすすめできません」

    もちろん、それを切り抜けてきた人もいない訳ではありませんから、確固たる医師、じゃなかった「意志」があればできないとは思いませんが。

    それと、国公立を目指す場合には、地方であっても受験勉強で旧帝大クラスの学力が必要ですよ。

    学士入学? ムリです。 私の大学で学士入学者を多数みていますが、最後は10人ぐらい残った合宿形式の入学試験となって、体力と頭脳の両方の勝負になります。凄腕の弁護士、土建業経営+県議の経験者、海外協力隊・シニア協力隊隊員として、途上国勤務の経験がある…、などそうそうたる顔ぶれです。

    学士入学は、普通の人がちょっと希望を抱いた程度では、先ずムリです。

    ユーザーID:

  • 身内にこういう方がいます

    男性の話ですけど、母のいとこで40歳で大学の医学部に入学し、その後無事お医者さんになった人がいます。
    彼は大学卒業後公務員になったのですが、どうしてもお医者さんになりたくなって、公務員として働きながら学費を貯め、貯まったところで公務員を辞めて受験勉強に専念して医学部に合格して、40歳にしてもう一度大学生になったそうです。
    その為ずっと独身を通してもおられました。
    足りない分は奨学金を借りていたそうなので、現在は離島の病院に勤務して頑張っておられます。
    身近にこういう人がいたことに、本当に驚きました。
    やったわけでもない私が言うのも何ですが、遅いとかいうことではないと思います。
    是非、頑張って下さい。

    ユーザーID:

  • 周囲に結構いますが・・・

    医療機関で働いていますが、前の上司(医師)は40歳くらいで公立医大に入学した人でした。また、私の大学の同級生でも再受験で医学部に入った女性がいます。

    ただ、同世代なので言わせて頂きますが、仕事以外の生活プランはどうされるのでしょうか?一生独身で臨床?そうでないのであればよほどきちんとした将来設計をする必要があると思います。

    ちなみに「医師」さん、私の夫の働く国立大学病院の助教授はもと看護師だそうです。ほぼ確実に日本に一人しかいないでしょうから、それ以上は触れませんが・・・。

    ユーザーID:

  • がんばってください。

    26歳のときにOLから再受験で医学部に入ったものです(女)。医療とはまったく違う世界で生きていたので、トビ主さんとはちょっと事情が違うと思いますが、がんばってください。医療の現実は学生の私より
    ずいぶん精通なさっていると思いますから、あとは、環境を整えて一日も早く受験勉強を始めるべきですね。(金銭的、時間的、周りの理解など)学士入学も視野に入れてもいいと思います。私も2年間、なんどもくじけそうになりました。ほんと、自分との戦いでした。でもやりたいことを職業にできることは本当にすばらしいことだと思います。長い道のりですけどがんばってくださいね。

    ユーザーID:

  • ぜひ!

    私は医学部生ですが、クラスに30代の元社会人のかた多いです
    女性もいます。彼らは例外無く勉強熱心で、優秀です。
    自分で稼いだお金を使って来ているせいもあるんでしょうね。
    志もあなたのように高いし。見習うところが多いです。
    30代なんて、まだ若いですよ!40代もいますから。
    普通にお友達として付き合えます、彼らとは。

    受験を心配されてるようですが、世の中には一般受験の他にも
    入学手段はあります。後期試験で面接重視な大学など。社会人ではこれで入ってくるかた、けっこういたような。
    それに、とにかく必死で勉強すれば、今から受験など、やれないことはない。
    あなたのように、看護士として大変な職場で頑張って来れた方なら、
    絶対乗り越えられます。

    壁は、思う程高くはないですよ。
    飛んでください。

    ユーザーID:

  • アメリカでナースになる!

    というのはいかがでしょう。
    私は結婚してアメリカに永住しているのですが、
    こちらのナースは日本のナースより、
    もっと医師にちかい仕事をしています。
    詳しくはわかりませんが、ナースの種類にもよるのでしょうが。

    ナースが診察したり、処方箋を出したりもしています。
    私の知り合いでも日本で何年かナースとして働いて、
    アメリカの大学に留学している人もいます。
    一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょう。

    ユーザーID:

  • 私も目指しています

    30代女性です。
    私も一念発起して現在受験勉強中です。
    医師が経済的に割に合わない仕事というのもよくわかっていますが、自分として思うところがあって目指しています。
    現実問題、いろいろ大変だとは思ったのですが、どうしてもやりたいことなので仕事も辞め、一年で合格するつもりで頑張っています。
    これもかなり思い切らないとできないことですし、実際医師として働けるのは40歳くらいになるので難しいところもあるとは思いますが、どうしてもなりたければチャレンジする価値はあると思います。

    ユーザーID:

  • 隣の芝生は青い・・・ということでは?

    私も似たような立場です。薬剤師として仕事をしておりますが、病棟で患者さんと接しているとき、ナースさんやドクターとディスカッションなどをしていく時などに、やはり自分が医師だったら(あるいは看護師だったら)、ほかのドクター(看護師)とは違うアプローチの仕方があるのでは?など、経験を重ねるほどに強く感じます。
    でも、ほかの方のレスにもありましたが、あなたの分野のエキスパートになって医療を支えていくのも大切な役割だと思います。私も最近そう思うようになりました。
    その道を極めることって、そう簡単なことではないと思います。ましてや、今から新しい道を選択して、すぐ使い物になるわけではないですよね?最悪の場合、油が乗る前に終わってしまうかもしれません。
    あくまでも私の意見ですが、その道のエキスパートになって、としてよい情報、よいサポートをする役割の人がいなければ、医療は成り立ちません。だって私たちはひとつのチームなんですから!

    ユーザーID:

  • いとこが医学部に入り直しました

    私のいとこ(女性)は,熊大を出て普通に就職してい
    ましたが,30代半ばに,心機一転,その大学の医学部に入り直しました。

    今は,女医としてがんばっています。

    ユーザーID:

  • 応援します

    人生一度きりですから是非思う道を進んでほしいです。
    看護職も経験した医師なんてきっと素晴らしいことだとおもいます。
    ただその道はいろんな意味で険しいと思いますが、その志が一番大切なのではないでしょうか。
    「医師」さんの意見はとても一方的ですよね。今医学部には女性がどんどん増えてきています。私の知る国立大学医学部は4割が女性だそうです。これからも女性はどんどん増えるでしょう。トピ主さんのような社会人経験組でなくても結婚して現場を離れる女性医師は沢山います。一方で家事と育児と仕事を両立している女性医師だっているわけです。「女性は結婚してやめるから困る」なんて時代遅れですよ(笑)。
    女性医師は両極端でバリバリ男性と同等で働く方と腰掛け程度の方がいますが、世間や患者が求めているのはトピ主さんのような方だと私は思います。

    ユーザーID:

  • 身近にいますよ。

    30才過ぎと40才過ぎで医学部に入った人間が、ごく身近にいます。まあ彼らの最終学歴は東大と東工大と超一流で、何歳になって基礎学力は変わらなかった様ですね。

    他にこれも又身近な人間ですが、医学部を中退後社会人を経験し、30才過ぎで又医学部に入ったのも2人います。

    間接的な知人の女性ですが、29才で医学部入りましたよ。

    40歳で教育学部に入って、先生になった女性も知ってます。

    それと叔父は83才ですが、未だ脳を使う仕事の現役で高給取りです。

    まあ現役の学生のように親の援助が受け難い分、相当な覚悟はいるはずですが、やってやれない事は無いと...私の知人たちは証明してくれました。

    そういう私も医学部では無いですが、学校入り直して、若い子達と勉強してます。

    何でも本人次第でしょう。

    ユーザーID:

  • キリがないような

    確かにトピ主さんがおっしゃるように、医療現場ではなんだかんだ言って、医師>看護師だと思います。
    最終決定権は医師にありますから。

    ただね、医師になっても上下関係あるでしょう。結局、立場が上の人、歳が上の人、経験のある人に従わなくちゃいけない。
    自分はそう思っていなくても、上の人の言う治療方針に従わなくちゃいけないのは医師になっても一緒です。なまじっか知識があると、それが辛く感じることもあります。(どちらの治療方針がいいかどうかは別として。)

    また、お分かりとは思いますが、経済的に考えて一番いいと思った治療法が取れないことだってあります。
    結局、医師になってもトピ主さんの不満は解消できないのでは?
    理想を追い出すと、キリがないと思うのです。

    医師になるのが悪いとは思いませんが、トピ主さんには看護師の知識と経験があります。それを活かした方が、患者さんのためになると思うのです。
    実際、看護師さんは医師の出来ないことをやっているのですから。

    ユーザーID:

  • ととさんへ。横ですが。

    現実をご存知ないのですねえ、、、。

    国公立では年功序列で助教授になるのが多いです。
    「万年助教授」って昔から言われていますがご存知ないのでしょうか。
    教授になるのに助教授を経ないでなるほうが多いというのもご存知ないですか?
    「偉いのは教授だけで助教授も助手も同じ。」というのは皆知っていることですよ。

    ユーザーID:

  • 必要なこと

    私も再受験組で医学部医学科に進学しました。
    あなたに言いたいことは簡単。
    「力」をつけてください。一般入試で必要なのは、
    1.学力
    2.金銭力(国立でも私立でも必要)
    3.体力

    当たり前のことですが、1.が一番大事。
    学力があってこそ、面接であなたの熱い想いをぶつけられるのです。

    それと、学士入学は厳しいです。要項を取り寄せてみるとわかると思います。
    多くの場合、研究者を高学歴の理系出身者(理工系)に求めています。あるいは露骨に他の人よりも珍しい経験(思い出ではなく技術)を持った人を求めています。
    G大に文系で受かった人の例として、外務省出身者の方があげられます。

    どちらで受けるにせよ、自分の想いを掲示板にではなく
    勉強に向けてください。学力をつけてください。

    しんどいことも多いと思いますが、がんばってください!仲間として応援します!

    ユーザーID:

  • できますよ!

    夫も30歳で受験しました。子供もいました。
    主人が入学したときには
    56歳で九州の医大に入学した人がいましたし、入局したところには40歳で受験したという人もいました。入学してみたら同じ学部には男女を問わず結構いましたよ。家庭を持った女性もいました。

    夫はサラリーマンからの転身でした。
    環境は問題ではありません。あなたの本気と情報に対する貪欲さです。
    医学部にはほかの学部にない企業の奨学金が結構ありますし、育英会も使えます。
    学部に行くまでは前の大学でとった単位が生きるので時間があったため(そのころは学士入学や飛び級ができませんでした)アルバイトもできたし、がんばって授業料免除も獲得しました。

    あなたが本気でやろうと言う気になれば何とかなるものです。琉球大学などは学生寮が格安であると聞きました。
    でも、お金だけでなく勉強と情報は必要です。ちなみに夫は会社を辞めてから2年を要しました。その間予備校に行きましたよ。
    がんばれ!!できますよ。

    ユーザーID:

  • いっそ私立を狙ったら

    東海大学は積極的に学士入学を受け入れるそうです。

    http://tech.braina.com/2004/0520/other_20040520_001____.html

    お金はかなりかかりそうですが、何年も浪人して国公立を狙うぐらいならいっそのこと・・・

    初年度1千万、二年度以降600万・・・家を一軒建てるぐらいなので、私はそんなに高くないと思います。

    ユーザーID:

  • さぼり気味

    私の通っている予備校は、医系のクラスが充実していることで有名な予備校ですが(地元では)、30代の人も1割近くいます。(もちろん女性も)去年か一昨年に、26歳で北大の医学部に合格した女性もいますし、アルバイトしながら自治医科に合格した方もいます。
    金銭的に苦しいのであれば、学費免除の大学もありますし、考えてみてはいかがでしょうか?
    そうそう、受験資格が必要かもしれませんが、岩手医科大で数年間の無医村勤務を条件に、学費を全額免除していたはずです。トピ主さんが、本当に医師として医療に携わりたいのであれば、いろいろな大学の医学部のHPを見てみるのが良いかと・・・・
    それと英語が得意であればかなり有利かもしれません。受験科目が英語のみの大学もありますし、数学では得点の差がつきにくい(解ける問題は解けるが、解けない問題は誰も解けない)という傾向もあるようです。

    とにかく、トピ主さん頑張ってください。応援しています。本来であれば、貴方のような人こそ医師になるべきだと思います。

    ユーザーID:

  • 私の主人

    私の主人は勤めをやめて、今は医学部で猛勉強中です。
    学士入学は厳しく3年かかりました。
    想像よりも周りでは同じ状況の方も多く、
    また学士入学だけでなく一般入学で入る20代後半の方も結構います。

    18歳から入る方と比べて不利、というご意見もありました。
    確かに体力学力で不利な面は否めないでしょう。
    ただし、物事へ取り組む姿勢や努力が20歳前後の方とは全然違います。
    結果的に成績も社会人経験者のほうが優秀な割合が多いようです。

    トピ主さん、苦労することは、きっと覚悟の上でしょう。
    看護師として見てきたこともあるわけですから。
    これからは、あなたのような医師が求められていくのではないでしょうか。
    とても厳しい道ですが、がんばってください。

    ユーザーID:

  • 応援いたします

    ここにトピを書いた時点で、あなたはもう99%決心していらっしゃるのではないでしょうか。只、最初の一歩を踏み出すための、皆の後押しがほしいのでは?ご自分の人生です、後で悔いの残らぬよう、やりたいと思った事がとても素晴らしい事なのですから、迷わず一歩を踏み出して頑張り、この大手小町でお医者様になったというご報告を早く聞かせて下さい。同じ立場の方もきっと励みになると思います。

    ユーザーID:

  • 女医さんもっといて欲しい!

    医師は男社会とか、色々言う方いらっしゃいますけど、
    母親、患者の立場としては、女医さんがもっといて欲しいです。

    特に、産婦人科、小児科です。
    産婦人科は性に関わる微妙なところなのでやはり同性の先生が良いなーと思います。
    また、小児科に限らず、子どもを見せなければいけないときに、子どもの扱いに慣れていらっしゃる先生はとても助かります。
    出産育児経験がある女医さんは本当に頼もしい限りですが、そうでなくても女医さんもっといて欲しいです。

    ただ、そう希望するのは患者の勝手ですが、医師は超ハードワークなので、子育てと両立するのは実家のフルパワーの援助がなければ難しそうですから、実際に女医さんが少ないのも仕方ないと思います。

    それをやってくださるというのならば、是非是非!応援いたします!がんばってくださいね!

    ユーザーID:

  • 医師さん、知ったかぶりはやめましょう

    医学部の女性教授知ってますよ。
    関西方面の私立医大にいらっしゃいます。
    知ったかぶりはやめましょう。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧