いまから医師になるって?

レス91
(トピ主0
お気に入り16

キャリア・職場

gon

レス

レス数91

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いいんじゃないですか

    具体的な悩みはなんですか。

    金はしようがないですね。
    学力はがんばってください。
    受験先は年齢制限のあるところもあるので気をつけてください。明記していないところもあるので2ちゃんねる情報もうまく使えば有用です。学士入学もアリです。
    世間体は無視しましょう。わたしは応援しますよ。
    結婚は理解者がいればいいですね。医者になっちゃえば大丈夫でしょう。

    ユーザーID:

  • 医師の立場で言います。

    看護師をされているなら、女性の職場ですからわからないでしょうが、医者は男社会です。大学の女性教授を見たことありますか?(私立女子医大は別扱いですよ)

    35歳すぎると、一般の女性は職探しが困難ですね?
    医師の場合はもっと複雑です。結婚はどうされますか?医師一人養成するのに数億円かかると言われます。(国立、私立とも)結婚して仕事を辞められたら困るわけです。あなたは30代の女性に医師になってもらいたいですか?

    大学を出られたとのこと、看護の分野で教授なり、エキスパートになられるのが最もいいのではないですか?

    ユーザーID:

  • 応援します!

    私の女友達(30歳)は某国立大の医学部目指して勉強しています。
    元々医学部志望だったものの願いが叶わず就職。その後看護助手の仕事をしながら看護士の専門学校に通ったもののやっぱり医師を目指したいと退学し再び医学部を目指すことに。
    彼女自身持病があり、その辛さがわかるから同じように
    苦しんでいる人を助けたいんだそうです。

    具体的なアドバイスができなくて申し訳ないのですが、
    30過ぎから学生になろうと思う人多いですよね。
    私も医学部ではないですが大学入学目指しています。
    医学部だけではないのですが、社会人から大学を目指す人のための情報交換サイトがあります。
    『宮の杜』です。ヤフーで検索すれば見られると思うのでよかったら見てみてください。(すでに知っていたらごめんなさい)

    ユーザーID:

  • お金

    30代なら十分間に合うと思いますよ。あなたのやる気次第でしょう?!親戚に男ですが30半ば(多分)で医学部へ行って医者になったのがいます(10年近く前)。大学の医局にいるみたいですが儲からないって言ってます。でもやりたいことができるって喜んでます。
     しかし、一つだけ心配なのは、お金です。そいつもかなり親に無心したようです。酷なことを言いますが、経済的な計画をしっかり立てないと志だけでは途中でどうしようもなくなりますよ(これが悲しい現実です)。
     やるなら早い方がイイよ頑張ってね!

    ユーザーID:

  • あなたのような人こそ

    良い医師になれると思います。努力をして必ず医師になってください。
    たまたま成績が良くて、お金が儲かりそうだからという理由で医師になった友人が沢山いますが、私は何か違うと思っています。

    いろいろな意見があると思いますが、絶対なってください。但し、無駄な努力にならない自信はあるのですよね??どう頑張っても偏差値はジャンプアップということはあまり無いですから努力の前にある程度の客観的な判断を仰いでからにしてくださいね。成績は努力だけで何とかなる段階とそうでないレベルとありますから・・。
    失礼な事も言いましたが、ガンバ!!!

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 体力次第

    医師としてとりあえず一人前(近く?)に働ける様になるまで
    6〜7年程はかかります。
    研修医時代、その後何年かは、地獄の様な日々です。
    その地獄を乗り切る為には、何より、体力勝負。
    再受験組は、年齢の為体力がなくて仕事についてこれず
    また、若い頃の様な「新しい事を何でも覚える頭」が鈍ってきている為
    結局中途半端な仕事しかできない人が多いです。
    もちろん、年齢などは全く感じさせずにバリバリ働き
    仕事の覚えも早い人もいます。でも少数です。

    30半ばにして医学部を卒業し
    それから研修医時代を乗り切る体力に自信がありますか?
    やる気だけでは、どうにもならない現実があります。

    もしトピ主さんが、体力には断然の自信があるのでしたら
    是非、チャレンジしてみてください。
    看護師の経験のある医師は、患者さんにとってプラスになると思います。
    応援しています。

    ユーザーID:

  • 今までの経験はすべてこれからのため・・・

    家が医者だったから・・・とストレートでお医者さんになった人とは“原点”が違いますよね。
    今からでも生涯続けようと考えるのなら、人生折り返してもいないところじゃないですか。
    頑張ってください!応援してます。

    近所のお医者さんは30代で親をガンで亡くし、それから医師を志してなったそうです。
    「病気に休みはない」と365日診察してくれるので、町の人の信頼も厚いです。
    遅い出発でも志がしっかりあり、自分の理想(信念かな)を貫けるパワーがあれば、きっと実現しますよ。
    あとはお金ですね・・・。

    ユーザーID:

  • 結構います

     そういう人、結構聞きますよ。頑張って下さい。きっといいお医者さんになると思います。

    ユーザーID:

  • どう考えても茨の道

     まず、御年齢が三十歳とのこと、今から大学へ行くとして6年間いかなくちゃいけませんね。多分自活していらっしゃるだろうから学費は自分の貯金から、となると国公立を狙う事になりますね。国公立大学の医学部は本当に難しいですよ。18歳の優秀な一流高校生の一番頭がやわらかくて医学部行きたくて受験勉強ばかり必死でやっている子達と三十歳のあなたが働きながら競うんですよ?きついですよ。看護大出身とのことですが、私の母校では看護大に行く人はいませんでした。私の母校でとりわけ良くできる人が国立医学部に進学し、大学の看護学部には私の母校よりランク下の高校から進学する、という状況で18歳時の学力が既にトピ主さんは今医学部受験しようとしている人たちと比べてかなり下回っていると失礼ながら拝察します。その上に年齢や記憶力の低下、などを考慮すると入学だけでも茨の道です。
     医学部に首尾よく入れたと仮定しても非常に試験や勉強が厳しいです。で、医者になって、研修医が明けたら四十前。それから専攻の科を決め、自分より年下の指導医に頭を下げ、忙しくて眠れない研鑽の日々が続くわけです。看護師の道を極める方が現実的だと思います。

    ユーザーID:

  • 体力の限界を考えると…

    研修医の実態をご存じでないとは思わないのですが、それを差し引いても、看護師にしてはずいぶんと夢見にも思えるのですが…。

    子育てが30代を過ぎるとキツイといわれることと、本質は変わらないと思いますが、研修医となってこき使われるときに40にさしかかる年齢でしたら、はっきりいいますが

    「おすすめできません」

    もちろん、それを切り抜けてきた人もいない訳ではありませんから、確固たる医師、じゃなかった「意志」があればできないとは思いませんが。

    それと、国公立を目指す場合には、地方であっても受験勉強で旧帝大クラスの学力が必要ですよ。

    学士入学? ムリです。 私の大学で学士入学者を多数みていますが、最後は10人ぐらい残った合宿形式の入学試験となって、体力と頭脳の両方の勝負になります。凄腕の弁護士、土建業経営+県議の経験者、海外協力隊・シニア協力隊隊員として、途上国勤務の経験がある…、などそうそうたる顔ぶれです。

    学士入学は、普通の人がちょっと希望を抱いた程度では、先ずムリです。

    ユーザーID:

  • 身内にこういう方がいます

    男性の話ですけど、母のいとこで40歳で大学の医学部に入学し、その後無事お医者さんになった人がいます。
    彼は大学卒業後公務員になったのですが、どうしてもお医者さんになりたくなって、公務員として働きながら学費を貯め、貯まったところで公務員を辞めて受験勉強に専念して医学部に合格して、40歳にしてもう一度大学生になったそうです。
    その為ずっと独身を通してもおられました。
    足りない分は奨学金を借りていたそうなので、現在は離島の病院に勤務して頑張っておられます。
    身近にこういう人がいたことに、本当に驚きました。
    やったわけでもない私が言うのも何ですが、遅いとかいうことではないと思います。
    是非、頑張って下さい。

    ユーザーID:

  • 周囲に結構いますが・・・

    医療機関で働いていますが、前の上司(医師)は40歳くらいで公立医大に入学した人でした。また、私の大学の同級生でも再受験で医学部に入った女性がいます。

    ただ、同世代なので言わせて頂きますが、仕事以外の生活プランはどうされるのでしょうか?一生独身で臨床?そうでないのであればよほどきちんとした将来設計をする必要があると思います。

    ちなみに「医師」さん、私の夫の働く国立大学病院の助教授はもと看護師だそうです。ほぼ確実に日本に一人しかいないでしょうから、それ以上は触れませんが・・・。

    ユーザーID:

  • がんばってください。

    26歳のときにOLから再受験で医学部に入ったものです(女)。医療とはまったく違う世界で生きていたので、トビ主さんとはちょっと事情が違うと思いますが、がんばってください。医療の現実は学生の私より
    ずいぶん精通なさっていると思いますから、あとは、環境を整えて一日も早く受験勉強を始めるべきですね。(金銭的、時間的、周りの理解など)学士入学も視野に入れてもいいと思います。私も2年間、なんどもくじけそうになりました。ほんと、自分との戦いでした。でもやりたいことを職業にできることは本当にすばらしいことだと思います。長い道のりですけどがんばってくださいね。

    ユーザーID:

  • ぜひ!

    私は医学部生ですが、クラスに30代の元社会人のかた多いです
    女性もいます。彼らは例外無く勉強熱心で、優秀です。
    自分で稼いだお金を使って来ているせいもあるんでしょうね。
    志もあなたのように高いし。見習うところが多いです。
    30代なんて、まだ若いですよ!40代もいますから。
    普通にお友達として付き合えます、彼らとは。

    受験を心配されてるようですが、世の中には一般受験の他にも
    入学手段はあります。後期試験で面接重視な大学など。社会人ではこれで入ってくるかた、けっこういたような。
    それに、とにかく必死で勉強すれば、今から受験など、やれないことはない。
    あなたのように、看護士として大変な職場で頑張って来れた方なら、
    絶対乗り越えられます。

    壁は、思う程高くはないですよ。
    飛んでください。

    ユーザーID:

  • アメリカでナースになる!

    というのはいかがでしょう。
    私は結婚してアメリカに永住しているのですが、
    こちらのナースは日本のナースより、
    もっと医師にちかい仕事をしています。
    詳しくはわかりませんが、ナースの種類にもよるのでしょうが。

    ナースが診察したり、処方箋を出したりもしています。
    私の知り合いでも日本で何年かナースとして働いて、
    アメリカの大学に留学している人もいます。
    一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょう。

    ユーザーID:

  • 私も目指しています

    30代女性です。
    私も一念発起して現在受験勉強中です。
    医師が経済的に割に合わない仕事というのもよくわかっていますが、自分として思うところがあって目指しています。
    現実問題、いろいろ大変だとは思ったのですが、どうしてもやりたいことなので仕事も辞め、一年で合格するつもりで頑張っています。
    これもかなり思い切らないとできないことですし、実際医師として働けるのは40歳くらいになるので難しいところもあるとは思いますが、どうしてもなりたければチャレンジする価値はあると思います。

    ユーザーID:

  • 隣の芝生は青い・・・ということでは?

    私も似たような立場です。薬剤師として仕事をしておりますが、病棟で患者さんと接しているとき、ナースさんやドクターとディスカッションなどをしていく時などに、やはり自分が医師だったら(あるいは看護師だったら)、ほかのドクター(看護師)とは違うアプローチの仕方があるのでは?など、経験を重ねるほどに強く感じます。
    でも、ほかの方のレスにもありましたが、あなたの分野のエキスパートになって医療を支えていくのも大切な役割だと思います。私も最近そう思うようになりました。
    その道を極めることって、そう簡単なことではないと思います。ましてや、今から新しい道を選択して、すぐ使い物になるわけではないですよね?最悪の場合、油が乗る前に終わってしまうかもしれません。
    あくまでも私の意見ですが、その道のエキスパートになって、としてよい情報、よいサポートをする役割の人がいなければ、医療は成り立ちません。だって私たちはひとつのチームなんですから!

    ユーザーID:

  • いとこが医学部に入り直しました

    私のいとこ(女性)は,熊大を出て普通に就職してい
    ましたが,30代半ばに,心機一転,その大学の医学部に入り直しました。

    今は,女医としてがんばっています。

    ユーザーID:

  • 応援します

    人生一度きりですから是非思う道を進んでほしいです。
    看護職も経験した医師なんてきっと素晴らしいことだとおもいます。
    ただその道はいろんな意味で険しいと思いますが、その志が一番大切なのではないでしょうか。
    「医師」さんの意見はとても一方的ですよね。今医学部には女性がどんどん増えてきています。私の知る国立大学医学部は4割が女性だそうです。これからも女性はどんどん増えるでしょう。トピ主さんのような社会人経験組でなくても結婚して現場を離れる女性医師は沢山います。一方で家事と育児と仕事を両立している女性医師だっているわけです。「女性は結婚してやめるから困る」なんて時代遅れですよ(笑)。
    女性医師は両極端でバリバリ男性と同等で働く方と腰掛け程度の方がいますが、世間や患者が求めているのはトピ主さんのような方だと私は思います。

    ユーザーID:

  • 身近にいますよ。

    30才過ぎと40才過ぎで医学部に入った人間が、ごく身近にいます。まあ彼らの最終学歴は東大と東工大と超一流で、何歳になって基礎学力は変わらなかった様ですね。

    他にこれも又身近な人間ですが、医学部を中退後社会人を経験し、30才過ぎで又医学部に入ったのも2人います。

    間接的な知人の女性ですが、29才で医学部入りましたよ。

    40歳で教育学部に入って、先生になった女性も知ってます。

    それと叔父は83才ですが、未だ脳を使う仕事の現役で高給取りです。

    まあ現役の学生のように親の援助が受け難い分、相当な覚悟はいるはずですが、やってやれない事は無いと...私の知人たちは証明してくれました。

    そういう私も医学部では無いですが、学校入り直して、若い子達と勉強してます。

    何でも本人次第でしょう。

    ユーザーID:

  • キリがないような

    確かにトピ主さんがおっしゃるように、医療現場ではなんだかんだ言って、医師>看護師だと思います。
    最終決定権は医師にありますから。

    ただね、医師になっても上下関係あるでしょう。結局、立場が上の人、歳が上の人、経験のある人に従わなくちゃいけない。
    自分はそう思っていなくても、上の人の言う治療方針に従わなくちゃいけないのは医師になっても一緒です。なまじっか知識があると、それが辛く感じることもあります。(どちらの治療方針がいいかどうかは別として。)

    また、お分かりとは思いますが、経済的に考えて一番いいと思った治療法が取れないことだってあります。
    結局、医師になってもトピ主さんの不満は解消できないのでは?
    理想を追い出すと、キリがないと思うのです。

    医師になるのが悪いとは思いませんが、トピ主さんには看護師の知識と経験があります。それを活かした方が、患者さんのためになると思うのです。
    実際、看護師さんは医師の出来ないことをやっているのですから。

    ユーザーID:

  • ととさんへ。横ですが。

    現実をご存知ないのですねえ、、、。

    国公立では年功序列で助教授になるのが多いです。
    「万年助教授」って昔から言われていますがご存知ないのでしょうか。
    教授になるのに助教授を経ないでなるほうが多いというのもご存知ないですか?
    「偉いのは教授だけで助教授も助手も同じ。」というのは皆知っていることですよ。

    ユーザーID:

  • 必要なこと

    私も再受験組で医学部医学科に進学しました。
    あなたに言いたいことは簡単。
    「力」をつけてください。一般入試で必要なのは、
    1.学力
    2.金銭力(国立でも私立でも必要)
    3.体力

    当たり前のことですが、1.が一番大事。
    学力があってこそ、面接であなたの熱い想いをぶつけられるのです。

    それと、学士入学は厳しいです。要項を取り寄せてみるとわかると思います。
    多くの場合、研究者を高学歴の理系出身者(理工系)に求めています。あるいは露骨に他の人よりも珍しい経験(思い出ではなく技術)を持った人を求めています。
    G大に文系で受かった人の例として、外務省出身者の方があげられます。

    どちらで受けるにせよ、自分の想いを掲示板にではなく
    勉強に向けてください。学力をつけてください。

    しんどいことも多いと思いますが、がんばってください!仲間として応援します!

    ユーザーID:

  • できますよ!

    夫も30歳で受験しました。子供もいました。
    主人が入学したときには
    56歳で九州の医大に入学した人がいましたし、入局したところには40歳で受験したという人もいました。入学してみたら同じ学部には男女を問わず結構いましたよ。家庭を持った女性もいました。

    夫はサラリーマンからの転身でした。
    環境は問題ではありません。あなたの本気と情報に対する貪欲さです。
    医学部にはほかの学部にない企業の奨学金が結構ありますし、育英会も使えます。
    学部に行くまでは前の大学でとった単位が生きるので時間があったため(そのころは学士入学や飛び級ができませんでした)アルバイトもできたし、がんばって授業料免除も獲得しました。

    あなたが本気でやろうと言う気になれば何とかなるものです。琉球大学などは学生寮が格安であると聞きました。
    でも、お金だけでなく勉強と情報は必要です。ちなみに夫は会社を辞めてから2年を要しました。その間予備校に行きましたよ。
    がんばれ!!できますよ。

    ユーザーID:

  • いっそ私立を狙ったら

    東海大学は積極的に学士入学を受け入れるそうです。

    http://tech.braina.com/2004/0520/other_20040520_001____.html

    お金はかなりかかりそうですが、何年も浪人して国公立を狙うぐらいならいっそのこと・・・

    初年度1千万、二年度以降600万・・・家を一軒建てるぐらいなので、私はそんなに高くないと思います。

    ユーザーID:

  • さぼり気味

    私の通っている予備校は、医系のクラスが充実していることで有名な予備校ですが(地元では)、30代の人も1割近くいます。(もちろん女性も)去年か一昨年に、26歳で北大の医学部に合格した女性もいますし、アルバイトしながら自治医科に合格した方もいます。
    金銭的に苦しいのであれば、学費免除の大学もありますし、考えてみてはいかがでしょうか?
    そうそう、受験資格が必要かもしれませんが、岩手医科大で数年間の無医村勤務を条件に、学費を全額免除していたはずです。トピ主さんが、本当に医師として医療に携わりたいのであれば、いろいろな大学の医学部のHPを見てみるのが良いかと・・・・
    それと英語が得意であればかなり有利かもしれません。受験科目が英語のみの大学もありますし、数学では得点の差がつきにくい(解ける問題は解けるが、解けない問題は誰も解けない)という傾向もあるようです。

    とにかく、トピ主さん頑張ってください。応援しています。本来であれば、貴方のような人こそ医師になるべきだと思います。

    ユーザーID:

  • 私の主人

    私の主人は勤めをやめて、今は医学部で猛勉強中です。
    学士入学は厳しく3年かかりました。
    想像よりも周りでは同じ状況の方も多く、
    また学士入学だけでなく一般入学で入る20代後半の方も結構います。

    18歳から入る方と比べて不利、というご意見もありました。
    確かに体力学力で不利な面は否めないでしょう。
    ただし、物事へ取り組む姿勢や努力が20歳前後の方とは全然違います。
    結果的に成績も社会人経験者のほうが優秀な割合が多いようです。

    トピ主さん、苦労することは、きっと覚悟の上でしょう。
    看護師として見てきたこともあるわけですから。
    これからは、あなたのような医師が求められていくのではないでしょうか。
    とても厳しい道ですが、がんばってください。

    ユーザーID:

  • 応援いたします

    ここにトピを書いた時点で、あなたはもう99%決心していらっしゃるのではないでしょうか。只、最初の一歩を踏み出すための、皆の後押しがほしいのでは?ご自分の人生です、後で悔いの残らぬよう、やりたいと思った事がとても素晴らしい事なのですから、迷わず一歩を踏み出して頑張り、この大手小町でお医者様になったというご報告を早く聞かせて下さい。同じ立場の方もきっと励みになると思います。

    ユーザーID:

  • 女医さんもっといて欲しい!

    医師は男社会とか、色々言う方いらっしゃいますけど、
    母親、患者の立場としては、女医さんがもっといて欲しいです。

    特に、産婦人科、小児科です。
    産婦人科は性に関わる微妙なところなのでやはり同性の先生が良いなーと思います。
    また、小児科に限らず、子どもを見せなければいけないときに、子どもの扱いに慣れていらっしゃる先生はとても助かります。
    出産育児経験がある女医さんは本当に頼もしい限りですが、そうでなくても女医さんもっといて欲しいです。

    ただ、そう希望するのは患者の勝手ですが、医師は超ハードワークなので、子育てと両立するのは実家のフルパワーの援助がなければ難しそうですから、実際に女医さんが少ないのも仕方ないと思います。

    それをやってくださるというのならば、是非是非!応援いたします!がんばってくださいね!

    ユーザーID:

  • 医師さん、知ったかぶりはやめましょう

    医学部の女性教授知ってますよ。
    関西方面の私立医大にいらっしゃいます。
    知ったかぶりはやめましょう。

    ユーザーID:

  • 自分次第

    同じ30代独身女性として、応援します。

    私も今年からある大学に入り、自分がやりたかった分野の勉強を始めます。入学する前には、「受からないかもしれない」「無理だ」などさんざ周りの人から言われました。
    でも、ここでやめたらずっと諦めきれないだろうと思い、受験しました。

    現実的には厳しいかもしれません。
    でも、やりたいという意志が強ければ、乗り越えていけると信じています。やればよかったという後悔よりも、やらなければよかったという後悔、どちらを選びますか?
    頑張って下さい。

    ユーザーID:

  • ただの人さん

    私も知っていますよ。旧帝大系の国立出身で、私立の医大の教授になられましたね。マイナーの科ですね。

    細かいですねえ!重箱の隅をつつくようですね。呆れます。

    ユーザーID:

  • 医師さん、のおっしゃっていることは

    医師さんのおっしゃっていることが、国立医学部に入学希望されているとしたら、最も現実的のように思いました。
    国立は私立とは違った雰囲気があります。
    同時に男社会であることも現実です。

    膨大なお金と時間をかけて、そうして医師になり、待っているのは理想とはかけ離れた世界です。
    それでも、自分の人生をかけたいと、思うのなら、頑張って下さい。
    看護を学んだ上で医師になったらいい医師になれる、とかそんな理想論では片づけられない現実が待っています。

    トピ主様が、熟考された上で、一番いいご自分にとって良い選択をされることを祈っています。

    頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 辛口ですが さんへ

    よく読みました?トピ主さんは同じ医療系の職に就きたいと看護系大学に進んだのです。
    高校のレベル?18歳時の学力?どうしてわかるのですか?
    進んだ大学名、学部名ばかりで相手の学力を決める。
    だから、学力だけで医学部をめざす学生が多くなるの
    だと思います。

    ユーザーID:

  • 医学部じゃありませんが

    身内に30代になって学士編入をした者がいます。
    貯金はしたものの、周りに経験者がいる訳でもなく、
    情報が入らないので、大手予備校に入っていました。
    学部は決まっていても、入学する方法は、
    現役生と一緒の一般入試、
    学士編入、
    社会人入試、
    とありますし、大学によって試験科目もまちまちですから、
    自分の得意分野で試験が受けられる大学を探したそうです。
    トピ主さんは20代の頃も受験されたそうですが、
    どのような試験内容で失敗してしまったのでしょうか?
    多分、小町のような一般向けの掲示板でトピを立てるくらいですから、
    情報が不足していらっしゃるのだと思います。
    もし、お近くに予備校があるようでしたら、
    パンフレットだけでももらって来ると、
    どんな年代のどんな人が在籍し、どんな勉強をしているのか、
    一端だけでも分かると思います。

    ユーザーID:

  • 無理だ。絶対に止めとけ

    30過ぎで医学部医学科に行ったってロクな医者にならないぞ。大体、医学科卒業したら医者になれるなんて発想が素人の安直な発想なんだって。
    医師免取り立ての医者なんてはっきり言って何もできない役立たずです。知識はありますが技術は全くありません。そこから初めて10年以上かけてようやく一人前の医者になるのです。
    超多浪の学生や再受験の学生は学習能力が現役や一、二浪の学生に比べて明らかに劣っています。明らかに20代前半の学習能力は無いでしょう。
    あなたが医学科を狙うのはあなたの勝手ですが、もしあなたが医学部に受かった場合は有能な若者の席を一つ奪うのだと思って下さい。
    大学側としてもロクな医者にならないことが目に見えているような年寄りよりはこれから有能な医者になる可能性のある若者を育てたいはずですから。

    ユーザーID:

  • 最近多いですよ

    某国立大の医学部生ですが
    30代の方多いですよ
    人の意見なんて聞かずやってみたらどうですか?
    人の意見に左右されて やる やらない
    と決めるのは良くないです
    ここでは批判する方が多いです
    自信を無くすだけだと思います
    お互い頑張りましょう!

    ユーザーID:

  • 医師さんへ

     マイナーの科とはどんな科をいうのでしょうか。
    また、逆にメジャーの科、というのもあるのですか。

    ユーザーID:

  • 看護師

    私は看護師になりたいと思い、もう一度大学に入学して看護の勉強をしようと考えている20代のものです。
    逆に私からすれば、どうして看護師なさっているのに、医師になりたいと思われるのか、教えていただきたいくらいです。
    直接的な治療が出来ないのはわかりますが、看護師にしか出来ないことだってあると思うんです。
    私個人の意見としては、看護師として今のキャリアを大事になさったほうがいいのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • zento0721さん

    「ロクな医者にならない」ふ〜ん。あなたの考えるいい医者って?

    私の親戚は現役で医学部に入りましたが、残念ながら若いというだけでロクな医者にはなりそうにありません。
    若さと学力・・・それだけでいい医者が出来るとは思えません。老いぼれた教授とかはそんな考えなのかな。

    トピ主さんに席を奪われるかもしれないお気の毒な若者は、30代の学力に負けた十分「無能」な人間ってことじゃないの?

    ユーザーID:

  • 勝手な想像するな、さんへ

    貴方こそよく考えて下さい。医師さんの発言は国公立なら当てはまります。高卒前後の学力で、“十分に”医学部に入る余裕があるなら、医療系=医学部が普通です。

    看護系学部・学科の難易度は、同じ大学なら薬学部未満が、これまた普通です。

    辛辣な言葉を吐く人の主張は「30代での医学部合格は、もともと器のない人ならば“奇跡”に近い努力でもしない限り困難を極める」と言うことです。

    換言すれば、そのために学士入学という制度がある訳で(学力はある程度でOK)、トピ主さんと同じような考えであっても、中途半端な人だと入れないような仕組みになっているのです。

    それと、zent0721さんも記していますが
    「有能な若者の席を一つ奪うのだと思って下さい」
    も至言でしょう。

    言い換えれば、半端な気持ちでなく、強固な決意と、一定程度以上の学力があれば入れます。6年の間、モティべーションを維持し続けられる人も、確かにいます(私の大学ですが、100人に1人ぐらいはそういう人もいました)。

    ユーザーID:

  • 雑音は無視!!あなたの人生です。がんばって!

    ここで、年齢や育児などいろいろな理由で反対する方は、御自分には出来そうもない大胆な人生の路線変更をしようとしているトピ主さんに対する妬み、のようにも感じられるのは私だけでしょうか?
    ちなみに医師の義弟に年を取った医学生はダメ?この反対意見の人のほうが現実的なの?ときいてみましたら『確かにしんどい事もあるだろうけど、どの道でもそれは同じでしょう。自分の選んだ道の苦労なら苦じゃない。人生ああすればよかったと思って過ごすよりはいいよ。年取った医学生がダメというのは偏った考えだし、むしろ若くてもダメなのもいっぱい居るし(笑)僕だったらそういう人、応援するね。むしろ女性ならがんばって長生きして現役長く勤めて時間を取り戻したら?90歳以上で本まで出してる現役のお医者さんも居るじゃない。不摂生で若いのに死んじゃう医者も居るし。全て本人次第じゃないの?何でこんなに反対する人が居るんだろ?』だそうです。
    最後にお願いがあります。尊大な『お医者さまさま』にだけはならないで、人生の苦労を知った良いお医者さんになってくださいね。

    ユーザーID:

  • 見るとやるとは大違いですよ、フルタイム女医の生活。

    ある30代半ばの女医の日常をお話します。

    24時間どころか36時間くらいぶっ続けで働くなんて当たり前。夜勤明けでも笑顔でミス無く働いて当たり前。外来が片付かない日は昼抜き。帰宅はいつも深夜。
    たまの休日も真夜中も呼び出されて台無し。
    責任ある仕事をしようとすればするほど、自分の私生活なんて無くなります。
    私生活は充実どころか、崩壊の一途。
    破局、離婚に見舞われた女医はいくらでも居ます。
    まじめに真摯に仕事に取り組むほどそうです。
    結婚しても立派に家庭を守っている先輩方は、よほど配偶者の理解がある、非常に恵まれた一握りの人だけです。
    事実、私も産休を取るまで家事はほとんどする暇はなく、産休自体も交代の医師の手配がつくまで待たされました。
    家事どころか自宅の玄関を見ることすら月に数回で、心臓外科医の夫との連絡は、メールと自宅のスケジュール表での「業務連絡」くらい。たまに夫と会う日の会話はまず「お久しぶり、生きてた?」
    …よくぞ子宝を授かったもんです。

    …冗談でもネタでもありません。
    それでもあなたが、私生活すべて医療に捧げたいというなら、お止めしませんのでどうぞ頑張って下さい。

    ユーザーID:

  • あなたが医師になるころはもう40歳代

    たまにこの掲示板でも、悠々自適な生活をエンジョイする女医と称する人がいますが、あれはごく一部の腰掛け女医か、掲示板の中だけの「なんちゃって女医」です。

    あなたが医師になる頃は、体力のピークをとうに超えて、あとは一直線に衰えるばかり。
    現実のフルタイム医師の生活に耐えられますか?

    失礼ですが…看護師さんたちは労働基準法できっちりと守られています。
    シフト時間がきっちり決まっていて、時間が来たら帰れます。
    休み時間も、とらないと管理者側のほうにペナルティが課せられるくらい、厳密に保障されてます。
    そして夜勤明けは代休が認められる。
    だからこそ家庭生活を維持しながら40〜50歳代まで勤め上げることが出来るんです。

    医師になれば、それらの保護措置は全部なくなる。
    定年までバリバリ現役を続けられる女医は、本当に珍しいのです。

    悪いことは言いません。
    看護業務を続けながら、医師並みに体系的な医学の勉強を始めてください。そしてその知識を患者さんににフィードバックしてあげてください。
    医師側としても、病気に対する知識や理解の確かな看護師さんが居てくれると、とても頼もしいものです。

    ユーザーID:

  • 現実的に可能ですか?

    周囲からは色々な意見が出ると思いますが、本人次第です。
    国公立、私立どちらを志望するかで全然可能性が違ってきます。国公立の話で、皆さんの誤解を訂正します。

    昔から社会人が医学部に入ることは多かったが、最近は大学は年長者をとらなくなっています。(理由としては先にあげたことでしょうか)。

    学士入学は非常に狭き門、難関です。ですから、社会人でも一般入試で入るしかない人が大部分です。

    合格者の高校生時の偏差値は65−70以上あり、最初から医学部を希望していれば入れていた人達です。

    尊大な医師は偏差値が高かった人、という意見には全く疑問を感じます。

    ユーザーID:

  • zent0721さん

    あなたの考える良い医者って「頭の切れる」医者なのですか?
    そう思っておられるなら、あなたは生まれ変わった方が良いですね(笑)。

    あなたの言葉を引用させてもらうと「あなたは、良い医者席を一つ奪うつもりなのですか?」

    良い医者を失うということは、患者の命をたくさん失うに等しい事です。あなた、是非生まれ変わってください(大爆笑)

    ユーザーID:

  • 学士のほうが入りやすいって?

    学士入学制度があるからって、それは短絡的すぎますね!
    一般入試でも、同点の場合、18歳をとるか30過ぎをとるか、大学はどちらをとると思います?現在の能力が同じでも先を考えるとどう考えても若いほうが伸びますよね。

    その人の人生の目的を実現させてやるために医学生を作るのではないでしょう。世間で求められる質のいい医師を作るためでしょう。年齢というのは質の意味で大きなファクターですが。

    皆さん、ご自分中心に考えすぎでは?

    ユーザーID:

  • zent0721さん、意味が分からないよ。

    <そこから初めて10年以上かけてようやく一人前の医者になるのです。

    全く同感です。ですが、例えば今トピ主さんが医学部入学して医師免許を40歳台で取ったとして、その十年後の50歳台で一人前の医者になる、と。何か問題ありますか?

    <もしあなたが医学部に受かった場合は有能な若者の席を一つ奪うのだと思って下さい。

    あなたの言葉を借りれば、
    20代前半に比べて学習能力の無い人に、席を奪われる若者。
    明らかにその若者が無能でしょう?

    無理だ、とかロクな医者にならない、とか色々言ってますが何ひとつ根拠がありませんね。

    ユーザーID:

  • 現実は、

    私は大学病院で働く4年目の医師です。現役で医学部へ入りストレートで卒業したので現在27歳です。周囲には同期で卒業した、いわゆる「編入生」が数人いますが、彼らは学生の頃から講義や実習にかなり真剣に取り組みますし、尊敬できる面がかなり多いです。同じ医局にいる同期は私と同じ4年目ですが、社会での豊富な経験があることや、家庭をもっていること、落ち着いた風貌で初めて診察する患者さんに安心感を持たれていることなど、自分にはないものをもっていて学ぶことも多いです。学力の面ですが、はっきり言って、入ってしまえば皆同じです。すべては志の問題で、自分の目標をどのレベルに置くかということです。
    医者の子供だからダメだとか、年がいっているからダメだとか、偏差値が…、とかそれらはすべて偏見です。志高くがんばって下さい!!

    ユーザーID:

  • 質の高い医師って?

    私が低血糖で意識がなくなり
    救急車で 大学病院に運ばれたとき
    診てくれた医師(40歳くらい)は

    インシュリンの使い方も 低血糖の起こる理由も
    ほとんどわからず むちゃくちゃな説明を
    駆けつけた両親にしてくれました。
    おまけに「寝る前に インシュリンを打ったから
    こんなことになったんです」と両親に言い
    意識のもどった私が
    「妊娠中なので 胎児を見てください」と言ったら
    「いやあ それはちょっと・・・・。
    見なくても多分大丈夫だと思います」
    と言ったので 家族はぶちきれました。
    「たぶん・・・ってどういうつもりだ。今すぐ
    産婦人科医を呼べ」と怒鳴ったら
    トボトボと内線をかけていました。

    3分後 とても優しい女性の産婦人科医が
    降りてきてくれて エコーで見てくれ
    詳しく説明をしてくれ とても安心できました。
    プライドの傷ついた内科医は ブスっとしていました。

    あの内科医は たとえアルバイトだとしても
    レベルが低すぎる。専門知識がないなら
    偉そうに親にウソを説明をせず黙っておけ と言いたい。脈ばかり はかりおって。

    患者にとって必要なのは医師の若さや年齢の定義ではない。

    ユーザーID:

  • 全くその通り、、、

    医師さんと、ただいま産休中さんの、全く言う通りです。
    患者さんに対して医師だったらもっと何か出来るのではないかと思う気持ちはよくわかります。
    しかし、そのために払う代償は大きいです。
    色々な意見がありますが、その多くは患者の立場から求めている理想の医師像です。

    日本では医師への待遇はひどいものです。
    そして、医師への要求水準はますます高いものになりつつあります。

    三十代、四十代を、そんな生活のために捧げますか?

    ユーザーID:

  • 宮沢あゆみさん

    何歳かは分かりませんが、実際に社会人を経験してから女医になられた方がいらっしゃいます。

    http://www.yomiuri.co.jp/komachi/yell/ye380601.htm

    著作もありますので、ぜひご参考にされてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 問題あります

    326さんへ>
    医学部入学して医師免許を40歳台で取ったとして、その十年後の50歳台で一人前の医者になる、と。何か問題ありますか?

    問題あるとおもいますよ。
    二十歳前後の人が医学部に入って特に時間をかける事もなく大学を出て医者になって一人前になるのに10年かかったら、30代半ばです。
    30代半ばならば、働き盛りでしょう、反対に50代の人はそろそろ、パフォーマンスが低下して来る時期じゃないですか?
    また医者として貢献できる期間が最低15年は違います。医者を一人養成したにもかかわらず、コストパフォーマンスが悪いですよね。
    問題だとは思いませんか?

    (と言ってとぴぬしさんにあきらめろというつもりで書き込んでいるわけではありません、単に「問題があるか」という問に対しての書き込みです)

    ユーザーID:

  • メジャー科でもいますよ、医師さん

    都内の大学病院にいるじゃないですか。
    本当に医師なんですか?それともただのHNですか。

    医師は男社会と言ってますがそれと教授に男性が多いのは
    別の問題だと思いますが?
    女性は当直が無く楽なマイナー科を選択する事が多い上に
    結婚・出産などで研究から離れる事があるのでどうしても
    出世レースから外れてしまうのが原因ではないかと思います。
    メジャー科の女性教授が少ないのは女性にも原因があるのですよ。
    イギリスでの話ですが、女性医師が増えてくるとパート勤務の医師や
    医師免許があるのに医師の仕事をしない医師が増えて
    医師全体の労働力が不測すると指摘されています。


    それに男社会というよりは体育会系と言った方が適切ですよ。
    男女の問題にして現実から逃げないで欲しいものです。

    横になってしまいましたがトピ主さんが医師を目指すのは
    険しいですが無理ではないです。
    ただ医師になって何をしたいのか考えておいた方が良いです。
    その歳ですと外科系は結構難しいかも知れないです。

    ユーザーID:

  • >zent0721 様

    >あなたが医学科を狙うのはあなたの勝手ですが、もしあなたが医学部に受かった場合は有能な若者の席を一つ奪うのだと思って下さい。

    非常に昔の日本人的発想ですね(笑)
    その場合――トピ主さんはその有能な若者より有能なんだから、その若者は席を奪われても仕方ないんじゃない?って、若者の私は思いますわ。

    トピ主は世の中のために生まれてきたんじゃないです。人が自己実現のために生きるのは、憲法でも保障されている基本的人権のひとつです。いくつになっても、人を押しのけてでも(実力で)自分の夢を貫くべきです。

    あなたのように「医学会のために遠慮しろ」なんていう慎み深い方より、はるかに魅力的です。

    ユーザーID:

  • コストパフォーマンスが、問題?

    なるほど、コストパフォーマンス。
    恐らくは、病院が医師を養成する教育にかかる諸費用と、
    その医師がその後病院にもたらす利益の差と解釈します。

    仰っていることは理解しますが、これは誰にとっての問題なんですか?
    『時間』というのは誰にでも共通で、如何ともしがたいものですよね?
    その『時間』によって起こる不利益が、病院にとって問題視するレベルであれば最初から就業時の年齢制限を設けると思うのですが。

    でもこのトピ内でも、30代で医学部で勉強している人の話も、その後医者になった人の話も出てますので、少なくとも先にzent0721さんが仰ったロクな医者にならない根拠はないし、なんの問題もないと考えますが。

    働き盛りの30代とパフォーマンスが低下する50代云々の話も、問題というよりは個人のハンデの話ですよね?もちろん肩を並べて競い合うようなことは出来ないと思いますが、それは誰にとっての問題なんでしょうか?

    ユーザーID:

  • すももんさんへ

    都内で国立医学部というと2つしかありませんね。
    私が知らないうちにどなたか女性教授(メジャー)が誕生したのかとわくわくしましたが、2大学とも男性ばかりのようですが。

    どなたのことを言われているのでしょうか?

    ユーザーID:

  • がんばって

    医療についてはまったく分からないので、むしろ興味深くこのトピを読ませてもらっています。

    どなたかもおっしゃっていましたが、トピ主さんは女性ですし、男性医師よりずっと長生きして現役生活を続けられれば、スタート時期の遅れはそれでフォローできるんじゃないでしょうか?
    そういうのはダメ?(笑)

    みなさんのこれまでのレスを読むと、ようはトピ主さんの覚悟次第ということらしいですね。そろそろトピ主さんのお気持ちをお聞きしたいですが。

    ユーザーID:

  • 産休中さんのおっしゃること

    >あれはごく一部の腰掛け女医か、掲示板の中だけの「なんちゃって女医」です。

    フルタイムので一般病院の常勤がしんどいのは認めますが、パートタイムで家庭と仕事を両立している女医もいます。
    まあそういうと聞こえはいいですが家庭の維持と仕事でのやりがいを秤にかけて家庭を選ばざるを得なかったと言いますか…。

    腰掛女医とかなんちゃって女医って言いすぎのような気がします。
    言葉の綾と、良心的に解釈しておきますけど。

    ユーザーID:

  • えりも岬の母さん医師

    トピ主さんよりやや年上かな?という年齢で医者に
    なられた方の手記です
    この方は子育てが一息ついたところで大学に進まれ
    なんと単身で僻地医療に赴いたパワフルな方です。
    (確か薬学部のご出身だったとは思います)

    確かに学士で3年に編入して4年間+2年の研修。
    先は茨の道かもしれません。
    でも、研修医の待遇は研修が義務化されて一昔よりは
    ややましにはなっています。
    これをラッキーだと思うか、はたまたまだ厳しいと
    思うかはトピ主さん次第でしょう。

    若くてやわらかい頭脳は詰め込み知識には向いている
    かもしれません。体力仕事では負けるかもしれません。
    でも今までの社会経験(看護経験)は何物にも変えがたい
    貴重なものだと思います。
    是非医者になってください。

    ユーザーID:

  • 326さん

    >20代前半に比べて学習能力の無い人に、
    >席を奪われる若者。
    >明らかにその若者が無能でしょう?

    いいえ。合否ラインスレスレで落ちる人と、合格する年配者に対して

    「明らかに無能」

    と断じるほどの差があることは、まずあり得ない。

    ちなみに、私は入学時の成績は合格ラインギリギリでしたが、卒業時は上から数えたが方が早かったと言えます。

    ユーザーID:

  • ただいま産休中さんへ

    それは30代の忙しい人なら普通の忙しさです。

    ユーザーID:

  • サマーさんへ

    ご指名の方ではないですが。

    メジャー科とは内科、外科とかのこと。
    対してマイナー科は皮膚科とか眼科など。
    マイナー科のほうが緊急の呼び出しなども少なく比較的勤務が楽なので女医さんが多いです。
    ちなみに私の友人の眼科の女医さんは医師になって5年になるのに今まで1度も人の死に立ち会ったことがないそうです。

    ユーザーID:

  • 私も一言

    実は私も「なんちゃって女医」「腰掛女医」という言葉にひっかかっていた一人です。

    臨床を10年くらいやっていた女医です。
    その頃は、ただいま産休中さまのような生活がベースで、更に忙しい時も多々ありました。年間のお休みなんて両手で数えられる程度でした。

    結婚と引越しで、仕事の内容を変えました。
    確かに楽な仕事になりましたが、とても需要が高く、必要とされていると実感しています。
    この仕事でしたら、家庭のある女医でも長く続けられると思います。(でも専門医を取得するまでは臨床を続けた方がいいですよ。)

    そして臨床を離れて「目から鱗だったこと」もありました。臨床医が世の中で特に多忙な職種だと信じていましたが、世の中には恵まれない労働環境で、医者以上に多忙な日々を送るサラリーマンが多数存在していました。

    どんな職業でも、従事している者にしかわからない面があるのだと思います。医師は確かに大変な仕事ですが、他の職種でスペシャリストになることも、また大変なことだと思います。意欲があるならば、医師の資格を生かす道はいくつもあるので、是非チャレンジしていただきたいと思います。頑張ってください。

    ユーザーID:

  • ここでトピ主さんに登場いただきましょうよ

    肝腎のトピ主さんが、全然出てこられなくなりましたね。
    ここはひとつ、トピ主さんご自身の感想を是非とも聞いてみたいと思いませんか?

    私は6年経っても一人前になれないような、医業への転身は、止めた方がよいと思います。

    もちろん看護歴がありますから、他の方よりは飲み込みの早い部分が多いとは思いますけれども…。医業とは、それだけではないのです。

    ユーザーID:

  • <横です。 すももんさんのレスを読んで

    <イギリスでの話ですが、女性医師が増えてくるとパート勤務の医師や医師免許があるのに医師の仕事をしない医師が増えて医師全体の労働力が不測すると指摘されています。

    <男女の問題にして現実から逃げないで欲しいものです。

    日本の状況はイギリスよりも悪いと思います。
    日本の医療界ではワークシェアリングはイギリスほど進んでないと思います。女医は仕事か子供かの選択を迫られる時期があるのでは?一旦育児のために医局や病院を離れた女医は、自分で再就職先を見つけていくしかありません。
    一方で医者の数が足りていて過剰労働でない病院ってあまり見たことがありません。家庭に入った女医をパートなどでうまく使えばいいのにと思います。これは医師社会が男性社会で、妊娠・出産という女性なら必ず想定される事態に頭がまわらないせいかと考えてしまいます。(医学部に入学する女子の数は増えているのにね。)

    男女の問題で逃げ、というより女性としてのトピ主さんの生き方に関わる問題で、考えておいたほうがいいと思います。

    もし子供を望むなら、学生のうちが一番おすすめです。

    ユーザーID:

  • 某大卒さんへ。

    <合否ラインスレスレで落ちる人と、合格する年配者に対して
    <「明らかに無能」
    <と断じるほどの差があることは、まずあり得ない。

    差がないのなら、ますます席を奪っても問題はないと思いますが?
    そもそも受験ってその為にするんですよね?

    <私は入学時の成績は合格ラインギリギリでしたが、卒業時は上から数えたが方が早かったと言えます。

    これは若さ故だと言いたいのでしょうか?
    でも受験時にはトップクラスの成績で、あなたに追い抜かれた若者も確実に存在する、ということすよね。

    つまり個人の努力で入学以前の差は埋められる、と。
    であれば、なおさら年配者が受験で若者の席を奪うことに問題があるとは思えませんが?

    ユーザーID:

  • 初心忘るべからず

    是非頑張ってください。

    何事も遅すぎるという事はありません。

    貴方ならきっといい医師になれると思う。

    応援しています。

    ユーザーID:

  • 326さん(2)

    >差がないのなら、ますます席を奪っても問題はないと思いますが?

    その理屈なら逆です。先の長い方が、伸びる可能性はより大きい。医師の場合、10年の勤務期間による働きの差は、億単位にさえなる。

    つまり、世の中はコスト感覚が必要という理屈である。特に国公立の場合は税金で賄っているのだから、それは国民に還元されるべきである。密度の濃い仕事をすればよいというかも知れないが、一番働かなければならないときに、老化で身動きが取れなくなるようでは、それさえ心許ない。

    年配者受験が百パーセント悪いとは思わないが、このトピ主のように夢見る夢子さん状態で受かるモノではない。このトピに群がる人間達は、他人の例ばかりを引用しているがハッキリいって、甘いの一言に尽きる。

    ユーザーID:

  • 某大卒さん(2)

    <<差がないのなら、ますます席を奪っても問題はないと思いますが?
    <その理屈なら逆です。先の長い方が、伸びる可能性はより大きい。

    可能性という言葉を使う以上、その逆の可能性もあなた自身が肯定しているってこと分かってます?なぜ可能性があると認められている人が、自分の進む道を諦めなければならないのでしょう?

    <特に国公立の場合は税金で賄っているのだから、それは国民に還元されるべきである。

    還元されてますよ。国公立大学での教育で。
    それとも、国公立卒業の人に限っては、将来的にも国民に奉仕すべきだ、ということでしょうか?
    すいません、続きます。

    ユーザーID:

  • 某大卒さん(3)

    <年配者受験が百パーセント悪いとは思わないが、このトピ主のように夢見る夢子さん状態で受かるモノではない。

    100%どころか悪いことなんて0%ですよ。トピ主さんの状態など僕には分かりませんが、そもそも夢がなかったら年配者受験なんてしようと思わないでしょ。

    <このトピに群がる人間達は、他人の例ばかりを引用しているがハッキリいって、甘いの一言に尽きる。

    では、あなたが受かるモノではない、と仰る根拠はご自分で年配者受験をして落ちた経験から語ってらっしゃるのですか?そうでないならあなたも一緒。

    ユーザーID:

  • 宮沢先生と一緒に働いていました

    少し、前にレスのあった宮沢先生と一緒に働いていました。
    サバサバしてて、男っぽい先生ですかね。

    さて、私もナースです。
    私は獣医を目指して、結局受からず今何を間違ったか
    ナースをやってます。

    夢があるのっていいですよね。
    日々平凡な時間の流れだけで、満足できる人も多い
    のでしょうが、私たちのように、今の自分に満足で
    きなくて、どうしてもなりたいもの、どうしても
    したい生き方ができないと、生きがいを見出せない
    人もいますよね。

    その気持ちは、もっている人にしかわからないでしょう。
    そうして、周りから理解を得られないことも、ここの
    レスをみるまでもなく、多いでしょう。

    コスト還元などと、もっともらしいことを言うけれど、結局皆が言いたいことは、あなたの夢をあきらめ
    させたいということだと思いますよ。
    世の中平等にコスト還元できなくたっていいじゃないかと私は思います。

    ユーザーID:

  • 宮沢先生と一緒に働いていました2

    そして、自分の幸せを追求することをなぜ、そうまで
    して止めようとするのだろうかとも思います。
    なぜ、不可能だと決め付けるのでしょうね。

    人は、まず自分が幸せにならないと、周りを幸せに
    することは絶対にできません。そして、自分が幸せ
    でなければ、他人の幸福を心から願うこともできない
    と思います。

    これは、子供においてもいえますよね。
    がんばれ、できると信じてると背中を押してくれる親もいれば、どうせあなたにはできっこないと、ブレーキばかり踏ませる親もいるわけで。

    私は、自分の気持ちが一番大事だと思いますよ。
    ナースをされているのなら、医師の勤務の状況は
    わかっているでしょうし、過去に受験されたことがあるのなら、その難易度は身をもってしっているでしょう。
    医学部にむけて受験勉強する人は、多くはないでしょう、生半可な気持ちって皆は言うけれど、そういう人は自分自身、医学部や獣医学部やそのほか難関な学部にむけて受験勉強をしたことがあるのでしょうか。

    ユーザーID:

  • 宮沢先生と一緒に働いていました3

    私は、国立大獣医をめざして二年間再受験してました。一生で一番勉強してましたね。もう、同じ努力はできないと思います。
    私の学力は模試で偏差値50から67まであがりました。
    志望校の順位も一桁をとったこともありました。
    だから、そういった受験勉強がどれだけ大変かは、身をもってわかります。

    一度しかない人生です。
    やっぱり、医師としてがんばりたいという自分の自然なそして強い意志があるのなら、それを止める理由はどこにもないのではないですか?
    医師としての生活は、予想以上に厳しいかもしれない、でも、厳しい=やめときゃよかったじゃないと
    思いますよ。
    一番つらいことは、やりたくものないことをやらなければならない、やりがいを感じられないことを続けなければならないということだと思います。

    お金だって、学費は自分で出すわけでしょう。
    国庫がだしてくれるお金のことなんて、考えなく
    たっていいと思いますよ。だって、どっかでレイプを
    しちゃった某エリート医学生にだってそのお金支出されてるわけですから。

    がんばってくださいよ。
    応援してますよ。

    ユーザーID:

  • 宮沢先生と一緒に働いていました4

    私は、もう獣医への気持ちはないけれど、ナースの
    自分にはもちろん満足してません。でも、他の何か
    これをしたいという夢も今はないので、このまま立ち止まってみてますけどね。

    それから、大手小町に相談しにきちゃだめだと思います。
    ここでは、モチベーションさげる発言のほうが絶対多いと思います。

    再受験生は、こちらへ行きましょう。
    http://www.joylife.co.jp/member/trinimoniy/
    私も、ここの掲示板にお世話になりましたよ。

    ユーザーID:

  • 真面目に書いてみました

    私は、トピ主さまの医師になりたいという動機が、以下に該当するようであれば、ヤメトケと申し上げます。例えば・・・
    一緒に働いている医師が、トピ主さんから見ると無能に見える。こんな無能な医師なら自分の方がましな治療が出来ると思う。
    かつての同級生で、自分より成績が悪かったのに、親が資産家だったため、私立医大に進学し、今じゃお医者様になってしまっている。あの程度の成績で医者が勤まるなら、私だって。
    とにかく、自分は四年制看護大を出て、ナースの業界ではエリートだ。でも、周囲のレベルの低い専門学校出の看護師たちと、待遇は殆ど変わらないのは理不尽である。
    医学部の再受験生は少なくないですが、看護師から医師になるものは大変少ない、というか稀でしょう。(実際なった方、身近になった方がいれば、私も知りたいです)実は知人でいたのですが、医学部の再受験(国立のみ)の時、面接で「なぜ看護師なのに、いまさら医師になりたいのか」は相当突っ込まれたそうです。(続きます

    ユーザーID:

  • 真面目にその2

    看護師ならば、医療現場で患者と関わることが出来るのだから、別に医師にならなくても良いじゃないか、と。結局、知人は医学部を諦め、看護系大学院に進学しました。
    さて、「魂の殺人」の著者、アリス・ミラーは精神科医だったと思いますが、確か前身はナースです。かのシュバイツアーは、30才位で医学部に再入学。7年かけて医師になったそうです。前身は音楽家であり神学家でした。人生、やり直しやステップアップが出来ないわけではないのは、他の方々も仰る通りでしょう。
    トピ主さんがどうしても、医師になりたいのであれば、私ならこうするという方法をいくつか書いてみます。

    資産家と結婚して、私立医大の学費を出してもらう。もしくは、資金提供者を募って、自分の熱意と能力をアピールし、私立医大へ進学する。実際、京大出身の住職で、某私立医大へ進学し、学費はスポンサーがついたのか、なんとかなったという人がいらっしゃいました。
    外国で医学を学ぶ。それもアメリカとかでなく、生活費全般が安い国で。(まだ続きます

    ユーザーID:

  • 真面目にその3

    これも、社会人経験のある人が、フィリピンで医学部を出て、そのままかの国で医師として働いていらっしゃる実例があります。外国の医学部出身の場合、日本ですぐに医療行為は出来ないですが、医師や医学を必要としている場は、世界中にあるでしょう。
    もう一つ、必ずしも理系教科が得意でなく、医学部の面接で突っ込まれるのも嫌だな、と思っている場合(まあ、そういう人はそもそも医学部進学を考えるな、という気がしなくもないですが)一般受験で東大の文三に入ります。進路振り分け時に、医学部看護学科を選択。(勿論理二進学でも可)東大の看護学科(正式名称失念)は、卒業時、希望すれば成績上位者数名が、医学科の二年次あたりに編入できるそうです。(ただし、これは数年前の情報なので、現在も可能かどうかは分かりません)
    個人的には、せっかくの看護師としてのキャリアがあるのだから、専門看護師や認定看護師を目指す方が良いのでは、と思いますが、巌の如き信念があるのなら、期間を決めて挑戦してください。

    ユーザーID:

  • 代わりにお答えさま、ありがとうございます

     サマーです。医師さんよりレスをいただけなかったので、がっくりきていましたが、レスしていただき、ありがとうございました。とてもうれしいです。

     ちなみに私の感覚では、マイナー科、メジャー科、という言い方は優劣をつけているみたいで、感じが悪いのですが、これは私だけでしょうか。

    ユーザーID:

  • サマーさん、ごめんなさい。

    返事書かなくて。でも書くとまた次の疑問の種になるし、本題じゃなかったので。特定の人にだけわかってもらいたかったのです。

    あなたが疑問を持つように複雑なんです。マイナー、メジャーで選別意識があるかないか、それぞれの医師によると思います。ただ今の日本の現状では国立大、それも旧帝大系でメジャーで女医が教授になる日っていつなのかなあと思います。

    よくわかっていない人が日本の女医批判をされていましたが、女医に限らないのです。官僚のトップ(事務次官)、最高裁判事、大企業の社長、重役クラスにどれだけ女性がいるか、同じなんですがね。

    看護師というのは女性でも上に行ける日本では数少ない職なんです。それでトピ主さんにそちらで上に行くことを勧めたのです。医者になれても多分上昇志向の高いトピ主さんには満足できないと思いますから。医師にも色々あり、医師の中では一番下に見なされてもいいのか、ということです。それでもいいなら何も言いません。

    ユーザーID:

  • 医師さんが言ってることって

    なんだかトピ主さんが求めてるレスとは、かけ離れたところにあるような気がするのですが。
    別にトピ主さん、出世レースに勝ちたいとも、教授になりたいとも書いてませんし、医師が男社会であることも分かってらっしゃるんじゃないでしょうか。
    医師になることと出世したいということは、全く別の問題ですよね。
    なぜ、女性教授がメジャー科ではいないということにこだわるのでしょうか。
    そもそも女性は、メジャー科を志望しないのではないですか。
    他にも思ったことはありますが、トピずれみたくなりそうなのでやめておきます。

    ユーザーID:

  • ここは医師の出世論なの?

    看護士は女でも上にいける世界だけど
    医者だと 下のほうになってしまうかも というような
    ニュアンスの発言があって 本当に疑問を
    感じました。

    私のドクターは 40歳前の女性です。
    開業医ですが 研究に専念するのではなく
    専門分野で患者を診る時間のほうが多い人です。
    だから出世とか そういう世界とは離れていますが
    その先生を求めて 関東から九州まで
    飛行機で患者が訪れています。

    また数々のテレビや病気の専門誌でも
    クローズアップされていて 「患者のための
    医師」 でありつづけられています。
    ホームドクターで自分の携帯や 緊急連絡先を
    患者に教えている医師って 本当に少ないです。
    でも それくらい患者のことを思ってくださる
    医師が 患者からみればなにより最高なのです。

    女だからとか 大学病院は男社会だからとか
    いろんな意見がありますが
    相談者さんが 出世について意見を求めておられるのなら それはわかるのですが
    もし いい医師になりたい と思って意見を
    求められているのでしたら 女だからとか 関係
    ないと思います。

    ユーザーID:

  • 医者の評価

    15年めの小児科医です。
    医者の評価は、患者、家族から信頼されるか、周囲の医者や看護士などの医療スタッフからの専門家としての腕の評価と、自分自身でほんとうに全力をつくしたかの3つだとおもいます。他人からの評価は自分の力で勝ち取っていくものだと思いますし、誠実に努力すればそれはできることだと信じています。大学教授にはなれないかもしれませんが、いい医者になることは実現可能なことだと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です、ありがとうございましたその1

    こんにちは、皆さま
    沢山のアドバイス、本当にありがとうございました。(そして私自身のコメントを全く載せていなくてごめんなさい!)
    私の悩みに大勢の皆さんが色々と考えて下さっていたのがびっくりで、すごく嬉しかったです。
    本当にありがとうございました。


    皆さんの意見を伺って自分を振り返ってみました。

    今の職業がイヤダというわけではありません。
    楽しい面、やりがいのある面はいっぱいあります。
    医師はチーム医療のリーダーですが、患者さんの日常を把握しているのは看護師です。患者さんの小さな変化を見つけて医師に情報を提供し、医師はその情報を治療に活かしてくれています。
    患者さんも医師には話しにくいことを看護師が間に入ることで話してくれたりするので、看護師の役割って大きいなと仕事をしていると思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です、その2

    患者さんも医師には話しにくいことを看護師が間に入ることで話してくれたりするので、看護師の役割って大きいなと仕事をしていると思います。
    職場にしても17病棟ある病院の一病棟なのですが、私の職場は医師・看護師ともとっても仲良しです。比べてもいけませんが、他の病棟の実情を聞くと「うちって恵まれてるなあ」と思ったりします。
    ちなみに同僚が低レベルだとか、医師が使えないとか、そういうのはありません(正直言うともうちょっと給料はあげて欲しいです)。

    ユーザーID:

  • トピ主です その3

    でも医師と患者さんの間に入った自分はこんなに偉そうにしているけれど、例えば気付けた変化についても「なんかいつもと違う」という「勘」で動いているような気がしています。
    先生達はきちんとくみ取ってくれるので結果として勘が「当たり(言い方悪くてごめんなさい)」だったりすると良かったとは思うんですけど、自分って「勘」だけなのかなと思ってしまうのです。
    また、先生達に患者さんの病態と治療について聞いてみても、先生はそれこそ細かく教えてくれますが、写真の見方一つとっても根本的にはわかっておらず、感覚的にとらえてしまっているところもあります。

    ユーザーID:

  • トピ主です その4

    そもそも看護師がそこまで治療に入り込む必要性があるのかと考えれば、「う〜ん、、、」と私も考えてしまいます。それより患者さんの側に行ったほうがいいんじゃないかとも思います。でも、根拠がなく患者さんの側にいってもそれは「単なる話相手」の気がするのです。話のなかにも何かヒントがあるかもしれないのに、こちらが受け取るものをきちんと持っていなければせっかく話してくれたことでもスルッと抜けてしまうような。

    だから私が医師を志すのはそういう自分への不安や不満を解消したい、きちんとした医学的知識を持つために勉強したい=医学部で勉強したいってことで、職業として医師をしていきたいという思いは少し薄いのかもしれません。

    ユーザーID:

  • トピ主です その4

    また上記にあげた理由の他にも医学部を志した動機に
    昔やり残してきたものを取り戻したい、
    自分にないものを持ちたい、
    という気持ちが正直ありました。
    みなさんのコメントを読んで、結構見透かされているなぁと恥ずかしい限りです。
    でも自分をこうやって振り返ってみて、医学部受験は前向きに考えることにしました。やっぱりやりたいことを残してしまうのは悔いが残りそうなので、とりあえずやるだけやってみます。
    (ヤメロと止めて下さった方、ごめんなさい)
    とにかく、学力・体力・金力のうちの学力がひどいありさまです。受験から離れて何年だか?の状態ですから、ここから始めなければです。どこまでできるかわかりませんが(なんて言ったらだめですよね)、私の「やりたい」が私の看護にも医学にも活かせるように努力します。

    ユーザーID:

  • トピ主です その5

    後、ちょっと話がずれますが、若い人の席を奪うとか、税金を使う、という意見には私は「う〜ん」という感じです。私は医学教育は子供の頃からもっと触れておくべきで、一億総医師でもいいくらい、最低の医学知識はもっておくべきだと思うんです。(セルフケアできれば例えば生活習慣病にかけられる医療費もぐんと減りますし。)
    (後、30代で独身の面ですが、これは医学部よりも難しいかもしれないです。医学部は毎年席があるけど、相手はどこにいるかわからないので、それはそれでとしておきます)


    ここまでダラダラと幼稚な長い文章で本当にごめんなさい(本当に)。でも本当に読んで下さってありがとうございました。
    今回初めて大手小町に載せていただいたのですが、途中コメントの方同士で「ケンカ?」と思えるほど真剣なコメントが続いていて、自分のコメントを載せるのが怖くて躊躇していました。
    でもコメントの方同士の情報交換の場にもなっていた面もあってトピックスを出してみて良かったと思います。(自分の気持ちが整理できたのが1番ですが)

    本当にありがとうございました。   gon

    ユーザーID:

  • 仕事のやりがいって

    なんか出世とかで話がずれてしまった気がするんですけど、女の人が仕事に望むものってそれだけでしょうか?

    私が医師になろうと思ったのは、手に職の仕事だったからです。家族で病気の人がいたりとか、やりがいのある仕事だったとか他に動機もありましたけど。

    割と女って出世とかお金より自己実現の意味で仕事を選ぶ傾向があるのではないでしょうか?

    家庭に入り主婦としておさまるだけでなく、何か自分なりのしたいことがあって、困難な勉強や仕事に立ち向かう場合が多いのではないかと。

    中には出世したい女の人もいるでしょうが、私は特に出世したいと思いません。

    ”下のレベル”というのはあくまで医師社会でのモノの見方で、自己評価まで低くする必要はないように思うのですが。

    ユーザーID:

  • 皆さん、誤解していますよ。

    トピ主さんはすでに4大を出て看護師として患者さんの看護をなさっている方なんですよ。それをやめて医師になりたいと言うのは上昇志向があるのじゃないのですか?

    他の仕事をされている方が医師になりたい場合、出世なんて望んでいないだろうと私も思いますよ。

    私が言ってるのはこのトピ主さんの場合についてです。具体的にどんな医師になりたいか書かれていませんので私が想像しているのと違うかもしれませんが。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧