子供の病気に備えて

レス16
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

かよ

2ヶ月の赤ちゃんの新米ママです。
今まで特に病気もなく健康にすくすく育ってくれていますが、今後病気になってしまうこともあると思うので、病気に備えて今からグッズを用意しておきたいと考えています。
でも冷えピタシートやマキロンくらいしか思い浮かばないので、これは絶対必要!とかあると便利というものがあったら、ぜひ教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ものより情報

    ものではないですが、夜間診療や救急の受け入れをしている病院の連絡先、所在地などを調べておくとよいと思います。新聞の折込ちらしと一緒に配られる、自治体発行の広報誌に書いてあると思います。乳幼児医療費の補助も、自治体によって手続きが違いますので、要チェックです。

    また、所属の保険組合で傷病に関してどのようなサービスを提供しているのかもチェックしておきましょう。

    あとは、ご近所のママさん仲間と親しくして、病院の評判など伺うとか、育児書や医学辞典の関連ページにざっと目を通して、赤ちゃんが罹りやすい病気・怪我などの特徴や対処方法を一通り把握しておく、など、情報収集が結構安心のタネになると思います。

    赤ちゃんの突然の体調不良や怪我、とても不安になりますけれど、まずはママが落ち着いて、赤ちゃんを安心させてあげてくださいね。親の不安は赤ちゃんに伝わりますから。

    ユーザーID:

  • 知識

    かよさん、こんにちは。
    2ヶ月のお子さんですと、まだ母体からの免疫があるので比較的病気は少ないとは思います。
    だいたい、6ヶ月過ぎると病気罹りやすくなるようですね。

    ひえぴたは、大人ならばヒンヤリして気持ちいいけれど、乳幼児はどうかな??
    嫌がる子も結構いるようです。
    ひえぴたしても、熱を下げる効果は殆どなく、気分的なものと思われます。

    我が家で子供達が小さい時、病気の時よく使ったのは、
    体温計(耳式は正確に測るのは難しいです)、
    鼻吸い器、
    薬のませるためのスポイト、
    アイスノン。
    解熱剤も、もし用意するならアセトアミノフェン系のものを。
    ボルタレン系、バファリンなどはダメです

    あと、おぜひ薦めしたい本があります。
    山田真著「はじめて出会う小児科の本」
    知識があれば徒に病気を恐れることはなくなります。
    イザと言う時も、冷静に対処できます。

    まだまだ大変な時期とは思いますが、日一日とラクになっていきますよ。
    がんばってね。

    ユーザーID:

  • 救急病院とホームドクター

    常に通っている、ホームドクターと、
    夜中の急な体調の変化に対応できる救急病院。

    これさえ抑えておけば、大抵は大丈夫です。

    赤ちゃんに、素人判断で下手な薬を飲ませたり、つけたりするのは、怖いですから・・・

    ユーザーID:

  • なんだろう・・

    アイスノン、もしくは水枕(うちは両方ありますが)
    あとはベビーオイル(坐薬さす時に使う)電子体温計

    それと、いつもあわてて買いに行くのが、「イオン水」ですね

    ベビー用のポカリとかありますよね、熱出た時の水分補給に・・・

    でも買い置きしておくと熱って出さないんですよね(笑)

    ユーザーID:

  • 我が家ではとりあえず

    子供用の氷枕(アイス●ン)を冷凍庫に常備しています。
    いやがる時もありますが、あると安心です!

    ユーザーID:

  • 備えあれば憂いなし

    まだ二ヶ月。これからますます可愛くなる赤ちゃんを見ていると守ってあげたい!!って思いますよね。お気持ちわかります。

    熱さまもいいのですが、突発などの高熱ではすぐにダメになってしまう時も多いです。うちでは、氷のうと柔らかいアイスノンをよく使いました。氷のうも色々な種類があって、最近のは口をきっちり閉めたらこぼれないし、大小のサイズもあって、高熱時には冷やすべき、脇の下やソケイ部にも対応できます。鼻水がひどい時は昔はお母さんが口で吸ってましたが、今は鼻吸い器もありスグレモノです。あとは耳ではかれる体温計の精度の良いものとか、赤ちゃん用の医学書をもってました。頑張って下さい!!

    ユーザーID:

  • 氷枕

    うちは8ヶ月に入ってから、急によく熱を出すようになりました。
    ひえぴたは自分で取ってしまう事が多いので、この間夜中に主人が氷枕を買いに走りました。
    気持ちがいいようでよく眠ってくれます。
    うちは男の子なのですが、下痢とアトピーで体が弱くて困っています。
    あと古着などで着替え用の洋服もたくさんそろえました。

    ユーザーID:

  • 鼻水取り

    我が家では一番活躍したものです。
    便利ですよ〜。それまで口で吸ってやってたんですが、子どもの鼻の穴が小さくて片方だけ吸うことができなくて、いつも大泣きさせてましたが、これがあれば大丈夫!

    ユーザーID:

  • もう、子どもは中学生

    おしりから入れるタイプの解熱剤を常備していました。口から入れたものを吐いてしまう時には、あって良かったと思いました。
    (使用の注意はよく読みましょうね。)

    ユーザーID:

  • 鼻水吸い取り器

    お持ちですか? すご〜く便利です。 ベビー用品を扱っている薬局に売っていると思います。 数種類ありますが、私が使っていて、お薦めしますのは、小さなカップに大人が口で吸うホース(?)と子供の鼻に入れるホースが2本付いているタイプの物です。(分かりにくい説明ですみません。)

    ユーザーID:

  • そうですねえ

    緊急連絡先リストとかあったらいいと思います。
    近くの小児科や夜間救急病院の電話番号など。
    体温計も必要です。

    ユーザーID:

  • 鼻炎薬

    子供用のがあるので、買っておくといいですよ!

    ユーザーID:

  • 我が家では

    ・子供の医学辞典(常日頃読んで予習復習しておくと
    慌てず対処できる)
    ・脇で測るデジタル体温計(耳式は正確に測るのが難
    しいそう)
    ・スポイト(粉薬は練り餌にすると飲ませやすい)
    ・ケーキ屋さんなどでもらえる冷凍して使う小さい保
    冷剤10個
    (高熱を出したときに大動脈の通る脇や首、股を冷や
    すのが効果あり)
    ・抗痙攣剤(熱性痙攣持ちのため、医師の処方)

    解熱剤も常備しておくと安心。ただ「熱が高い」という
    だけで使うの問題で、高熱で水分も取れずぐったりして
    いるときの援軍に使うほうがいいです。
    熱はその病気の原因となる病原菌との戦争ですから、む
    やみに使うということは戦いの最中に兵がうわーと逃げ
    るようなものだそうです。
    解熱剤は病院で処方されるので、そのときに使用基準を
    聞くといいですね。

    あとはご自分の親御さん、夫さんの親御さんへの自分達
    やご兄弟の病歴の確認。例えば上記の熱性痙攣は遺伝性
    が強いので、近親者に経験者がいると遺伝する可能性が
    あります。
    お医者様にも聞かれますのでそのときにきちんと答えら
    れるように把握しておくといいですよ。

    ユーザーID:

  • かぶりますが・・・。

    おおむね他の方と一緒ですが、
    私が常備しているものは
    ・イオン水(ミルクよりも吸収が早く脱水を防ぐ)
     スティックパックになっている粉タイプが品質保証期限 が長くて場所も取らないです。
    ・ケーキを買うとおまけについてくる小さい保冷剤
     凍らせておく。赤ちゃんの小さい頭にピッタリ。
    ・育児書(病気についてわかりやすく解説のある書を)
    ・電子体温計(耳は測りにくい。その他で早く測れる物)

    後は、予防注射が始まったら、小児科の見学もかねて
    あちこちの小児科で受けてみると先生の対応を直に見れるので良いかもしれません。
    解熱剤は使う派と使わない派と二種類の先生がいるので
    何ともいえませんが受診したときに余った分を冷蔵庫で保管しておくと安心かも。半年はもちます。
    (座薬の解熱剤です。その他はだめですよ。)
    地域の夜間救急(1次救急)と休日診療所の住所・電話番号、24時間電話相談なども調べておくといいです。

    そんなところかな。2ヶ月の赤ちゃん・・かわいいですよね。がんばってくださいね!

    ユーザーID:

  • トビ主です

    皆さん、アドバイスありがとうございます!早速クール枕と子供の病気の本を購入しました。突然の発熱や病気に備えて、心の準備もしておこうと思います。ありがとうございました!

    ユーザーID:

  • 別スレで

    小児救急について

    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2004/0606/002019.htm

    まぁ、皆さん好き勝手なこと言ってますが。
    救急を利用するにあたってはまずご家庭で出来ることをやってから。それでも手に余るようなら病院へお越しください。

    トピ主さんのように自分から勉強しようとする姿勢は良いと思います。子育てがんばってください。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧