醜い感情の廃棄方法

レス31
(トピ主0
お気に入り3

家族・友人・人間関係

悪人

 目の上のたんこぶという存在と言い切れない、ある程度
親交を深めてきた数年来の友人がいます。彼女は私が彼女に対して妬み、ひがみの感情を持っている事は知りません。絶対悟られてはなるものか、とそのような感情はひた隠しにしてきました。でも、私の屈折した劣等感、被害妄想癖をよく知っているので本当は気づいているのかもしれません。

 自分の夢に対して着実に行動し努力し、人脈を増やし、成功の階段を昇っている彼女が羨ましくてたまりません。成功に対する妬みだけでなく、人との付き合い方や自分に対する肯定的なセルフイメージをいつも持っている所、つまり自信がある所もお門違いな妬みだろうと分かっていながらも、とても妬んでいます。

 自分自身、そんじょそこらには居ない心の狭い、というか性根の腐った醜い人間だと思っています。

 でも羨ましすぎて、「人と自分を比べてはいけない」とか「どんな人にも悩みがある」という事を頭では知っていても、腹の中ではそんな奇麗事で納得できるか!と湧き上がる黒い感情があるのです。どう考えればいいでしょうか。

 厳しいレス覚悟して書きました。
 率直な皆様の意見聞かせてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 修行するしかないね。

    何も、冷たい滝に打たれるとか、しなくていいの。
    お遍路したりする必要もないし・・・

    ただ、自分がやっていて、気持ちいいと思うことを
    こつこつやっていくしかないね。
    何でもいいと思う。

    私は、やってるよ。
    毎日毎日、えっ?
    なにって?
    それは、内緒。
    自分でみつけてちょーだい!

    ユーザーID:

  • 相手から見れば・・・

    夢に向かってコツコツと努力し、はれて憧れの職業について、それなりの自信も備わって配属された私。

    そこには先住人が居ました。
    彼女は自信も無く、努力もしない、勉強ぎらいで向上心のかけらもない、正社員にもなれずに、ダラダラ過ごしているように見られるのに・・・・。

    職場では、知識がない分、笑顔でカバーし、人の目をキャッチし、要領も良い、うまく欠点を隠しやり通していくしたたかさ。
    自信が無いと遠慮がちに見えながら、うまく仕事を切らさずやっていき、周りの評判も良い彼女に嫉妬を持っていました。

    お友達もあなたのこと、心の中ではこんな風に思っているかもしれません。
    ひょっとして、お互い無い物ねだりで嫉妬しあってる部分もあるのではないでしょうか。
    私もなんだか気分が楽になりました。(笑)

    ユーザーID:

  • 同じような友人います

    お気持ち、わかりますよ。
    私にも、2人ほど自信満々で輝かしい成功を収めている友達がいますから。
    一方、私は自己イメージが低くて些細なことで落ち込み、物事に積極的になれないタイプ。
    友達のどちらともかれこれ20年近い付き合いの中、どんなに羨ましく妬ましく思ったことか。

    でもね、もうなるべく自分の事を汚すような事は言わないことにしたんです。たまに心で思ってもね。
    だって、いつもラッキーで成功している人達だって見せないだけで、それなりに自分で行動し、努力し、辛いこともないわけないと思いますから。
    比べたって意味ないです。
    せめてポジティブな考え方などを吸収できたらいいと思い、会う時は楽しく過ごすように心がけています。
    そうしたら、段々私の人生も良くなってきましたよ。

    自分のペースで頑張りましょうよ!

    ユーザーID:

  • わかります。私も同じ。

    私の場合は、友人ではなく同僚。
    仕事が良くできます。
    私にアドバイスをくれます。
    みんなからも一目置かれています。
    でも、私だけは、彼女から見下されています。

    いい人だし発言力も行動力もあり、私と組んで
    仕事をしているので、仲がいいと思われています。

    「前向きにならなくちゃ」「人をうらやんだり妬んだりしないように、自分が頑張らなくちゃ。」と
    やっているうちに、私は重度の鬱病と診断されました。

    「ゆっくり休みなよ〜。」と彼女からの電話。
    パニック発作を起こす私。

    それでも、彼女とうまくやっていきたいです。
    仕事のできない自分が悪いのだから。

    ユーザーID:

  • 悪人さんはほんとに悪人なのかな?

    文面からは、私は悪人さんは、あまり悪人ではないのだろうな、と想像しました。なぜなら、そのお友達に対して、ポジティブなことしか書いていなかったからです。

    >自分の夢に対して着実に行動し努力し、人脈を増や
    >し、成功の階段を昇っている彼女...
    >人との付き合い方や自分に対する肯定的なセルフイメ>ージをいつも持っている所、つまり自信がある所...

    彼女に対する「妬み(?)」をヒタ隠しにして、友達づきあいをしている(そして彼女もそれを受けている)というのも、彼女の長所を十分認め、さらにそれを自分にも取り入れたい、という気持ちなのでは?

    「醜い感情を廃棄」したいと言っておられますね。できると思います。人の良さを認められるあなたですもの、「すばらしいものはすばらしい。でも私は私のよさがあるし、まだ向上できる」と心から思える日がくると思います。がんばれ!

    ユーザーID:

  • ステキ!!

    悪人さんステキですね。
    そこまで嫉妬や羨望を持てるって、
    その事実より、自分が耐えられなくなるという度合いに、
    ものすごいパワーを感じます。
    気持ちいいです(笑)

    それは廃棄しないで、ぜひ何かに役立てて下さい。
    犯罪や嫌がらせ方向に走らないようにすれば、
    そのお友達とは違った形で成功するんじゃないかと思います。

    ユーザーID:

  • 妬まれたい?

    そんな素敵な友達を持ってる自分を他人に自慢するのはどうですか?トピ主さんも妬まれるかもしれませんが。自分の周りの環境は最大限に利用するといいと思います。

    自信がないなら習い事を極めてはいかがですか?
    何か彼女の出来ない事をやってみる。
    妬んでも何も自分にとって進歩しないので
    その感情を逆にスポーツにぶつけるといい選手になれますよ。テニスとか剣道とかボクシングとか相手のあるスポーツがいいです。

    ユーザーID:

  • あなたもなかなかです

    アマデウス思い出しました。妬みや嫉妬があるのに、相手の評価を正確にできる能力がある。これってつらいですよね。本当は自分がそうなりたいという願望があるからそう思うのですよね。でも、自分にそんな才覚はない。あきらめるしかありません。
    でも、私の今までの法則でいくと、そういうすばらしい人はなぜか幸せが長続きしません。まるで、燃え尽きる前に一瞬まばゆく光る星のように思えます。もしかすると、妬みという負のエネルギーをうけすぎるのか?その羨ましい彼女もいつまでも幸せが続くともかぎりません。今が一番輝いてるときかもしれません。
    人生けっこうそういうものなので、あまり妬まないであげてください。

    ユーザーID:

  • むずかしいかもしれないけど。

    この手の話題をしている時、
    超ポジティブな彼が
    そんなエネルギーがあったら
    僕は他へまわすよ。もったいないからな♪と
    言っていました。

    確かに、人のことがあれやこれや
    気になるのは、余分なエネルギーが残っている
    証拠なのかもしれません。
    自分が充実するには、どうすればいいか
    それだけ考えるってのはむずかしいですか?

    どんなに成功していても、
    どうなっても、人を羨ましがる人は
    いますから、他者からみた成功ではなく
    自分の中での充足感という意味でです。

    ユーザーID:

  • うぅむ・・・

    その友人って私のこと?と思ってしまいました。

    私の友達であるA子が、私を羨やみ、妬んでいるのを感じます。A子にもプライドはあるので、頑張って隠しているののは分かりますが、隠しきれない細かい言動(あるいは言動を押さえ込む不自然な態度)から、私はヒシヒシとA子の嫉妬を感じます。A子が様々なコンプレックスを持っていることを相談されたこともあるので、余計です。

    A子は私から離れればいいのに、奇妙な卑屈な精神を抱え込み、私の側に居たいらしいのですが、正直私は、どうにもやり場の無い気持ちで苦しいのです。私には何ともできないし、彼女といると、私が私であることに罪悪感を感じなきゃならないかしら・・・とさえ思えてくるからです。

    私はこの気持ちを相談すると、殆どの人は私の味方になって慰めてくれます。こういう問題はとても複雑なので、トピ主さんは、ご自分の味方してくれる人に慰めてもらったらいいと思います。

    ユーザーID:

  • 彼女を否定して救われれば悪人

    私はよく人を妬みますし、人と同じ言動を軽視したり、
    感謝を含め自己表現が律儀でなかったりで、正々堂々としてない人間です。

    これまでのレスを見てみるとトピ主さんへの厳しい意見ではなく、みんなの懺悔室のようになってますね。トピ主さんも苦しまなくてもいいと思います。

    「自己分析が十分出来ている、でもまだ改善していない。」という自分の状態を「怠けている」と話したら、先輩が「普通の人は前進してる。それは後退しているんだよ」と言いました。納得でした。

    『なぜか「何をやってもうまくいく人」の小さな習慣』という本を昨日買いました。トピ主さんも軽い読み物を読んで、戒めではなくヒントにしてみませんか?

    ユーザーID:

  • 私のことかと思った・・・

    同じようなトピを、今日、立てようかと思った私です!

    同じ・・私の場合は、年下の同僚ですが・・・

    何でも出来るし知っている、飲み込める、察しがいい、
    私のやっている仕事に対して、効率のいいやり方を、
    指示してくる、忘れがちな注意事項を、確認しにくる、
    など・・

    「どうせあなたにとっては、こんな職場、朝飯前なんで
     しょうけれど・・・わたしにとっては、必死に努力
     して、この結果なのよ」

    と、言いたくなる醜い私・・・嫉妬ですよね。
    彼女は退職するので、引継ぎをしていますが、新人に
    「簡単だから。すぐ出来るようになるから。」
    って教えています。私のやっていることって、新人さん
    んにもすぐ出来る、簡単な、なんでもない仕事なんだろう
    か・・と、落ち込みます。

    自分のいい所・・・見つけられません。

    彼女が、自分より劣っている所を見つけて、優越感に
    浸りたい気持ちで一杯です。彼女は家事が出来ないの
    ですが、それは「食事=買えばいい」「掃除=汚さなけ
    ればいい」など、理屈があるらしく、出来ない=劣等感
    にはならないみたい・・自分でも迷宮に入っているのが
    わかります・・

    ユーザーID:

  • 合わない組み合わせ

    この場合、トピ主さんもお友達も両方悪くないですよね? でも、どうしても一緒にいるとイヤな感情が沸いてきてしまう。
    それならば、悲しいけれど離れてみたらどうでしょうか? 世の中、いい人なんだけど合わないってことあると思うし。

    会う機会が減れば、嫉妬することもなくなるから、お互いいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • そんな自分を受け入れる

    誰でも醜い感情、妬ましい、うらやましいという感情はありますよ。
    だからその感情を素直に認めてください。
    そんなトピックスを立てるあなたはきっと真面目な、心のよい人なのでしょうね。

    それをバネにみんな「負けるもんか、いつか見返してやる」って頑張れるんじゃない?

    それを隠したライバル心に変えましょう。

    みんな下より上を見ていくものでしょ。

    私も例えば小町で年収1000万稼いでいます、なんてレスみるたび「負けるもんか、いつか必ず」って頑張れるんですよ。(苦笑)

    でもその前に自分を愛していないと、いつもひがんだ顔になりますよ。

    自分のことを認めて、愛してくださいね。

    ユーザーID:

  • かなこさんに近い考えです。

    どこで読んだか忘れてしまったのですが、

    困った時に同情してくれる人は多いが、成功したときに嫉妬心無しに心から喜んでくれる人は少ない。本当の友人とはそういう人だ。というような内容だったと思います。

    嫉みや嫉妬などの感情は、口にしなくても感じるものです。

    私だったら、自分に対して嫉みや嫉妬を常に持っている人と友情を育んでいくのは、その緊張に苦しくなってしまうでしょう。

    謂れの無い悪感情を押し付けられる(そうならないように気を使うので苦しんでおられるのでしょうが...)御友人の立場を思えば、その御友人とは距離を置くようにして、トピ主さんが心から応援できる別の人を探すことも、友人としての大切な思いやりではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 萩尾望都の

    「城」という漫画お勧めです。
    ねたみも嫉妬も不平もあって当然。
    それから逃れたいと苦しむのも人間。
    苦しむからこそ、相手の気持ちもわかって
    人間として成長していく・・というような
    内容でした。トピ主さん、廃棄するのではなく
    向き合ってご覧になってはいかがでしょう?

    それから、明石家さんまが
    言っていたらしいのですが
    「芸能界には2つ同じ椅子はいらん。
     自分の椅子を見つけたもんが勝ちや」
    というセリフは好きです。
    人をうらやましく思ったら、
    「でも同じ人は2人いらん。私は
     私の椅子を探そう」と思うようにしています。

    ユーザーID:

  • トピ主です

     トピ主です。
    皆さん、暖かいそしてご自身の正直な気持ちを教えてくださってありがとうございます。

     相手を認める気持ちがあるから苦しいんだよと教えて貰って、目から鱗が落ちました。私、彼女を正当に認めてあげることが出来ていたんですね。真っ黒な心に少し明りが灯ったような気がします。

     この負のエネルギーはいつも人と比べた時に大きくなっていると気づきました。今回も私の視点が彼女と自分という限定された世界だけに向けられていて、自分自身の存在意義や自分がやっていて充実感を持てること、自分が持っているものに全く目を向けていませんでした。

     そういった事を皆さんのレスを読んで教えて貰えました。また私と同じような感情を持っているよ、と言って下さった方もいて、心底救われました。
     どんな人でも醜い感情は持っている、とありました。本当に、本当に、ですよね?私は人よりもとても心が醜いといつも思っています。だから、本当にそうなら、自分を蔑んでいた感情から少し解放されると思うのです。いつも自分に満足していて、人にも大切にされ、自分の夢も叶えている、そんな人でも?

     

    ユーザーID:

  • トピ主です (続きです)

    彼女への負のエネルギーは何かに使える類の物なんだと
    教えて貰って、今、鬼に金棒の様な気分です。このまま毎日悶々と嫉妬し続けるのか、それとも何かに生かすか、私が決意するかしないかなんですよね。

     彼女と距離を置いた方がいいかもしれませんね。私が自分をどうしたいのか、はっきり決めるまでは。妬みの感情はきっと彼女も気づいているだろうし、それを拭って付き合える実力がまだ私には無いから。

     薦めて頂いた本や漫画、是非読んでみます。私は中島義道さんの「人を嫌うということ」という本に一時期助けられた事があるのですが、今はもう読みすぎて効き目が無くなってしまいました。
     蛇足でした。 

    ユーザーID:

  • 廃棄しなくても OKです!

    ま、人間なんてそんなもんです。
    完璧でない自分を、まざまざと見ながら
    完璧になろうと試行錯誤する、そんなところです。

    思うに尊敬と妬みはちょっと似ていると思います。
    私の同僚にもどう見ても「ある分野に関しては」
    私より優秀な人がおりますが、私は彼らのことを
    妬みません。尊敬しております。
    自分も努力すればできるかもしれませんが
    面倒でやろうとは思わない、やるだろうとは思えない
    からです。そこは彼らに任せます。得意な人がやれば
    いいと。妬むってのはやればできると思っていて
    やらないからじゃないでしょうか? それに関して
    できると思ってないなら最初から降参でしょうし。
    私と同じような感じ(やる気がない)なら
    妬むなど無意味だ、と一発おみまいしましょう。(笑)

    ユーザーID:

  • 似ています

    私の友人でトピ主さんのような友人がいます。
    彼女は根は悪い人ではないとわかっていますが、私に対して嫉妬でメラメラしている時があり、彼女もそんな自分がいやだと言い、
    「友人として距離をおきたい」
    といわれたこともありました。
    私だって人を羨ましく思い、嫉妬もします。
    でも努力もします。
    そうゆう感情も彼女には見せてきました。
    でも彼女は「ぴのこがうらやましいというより、嫉妬している。ぴのこばっかり成功してるし。私っていやな奴だよね」と言ってきました。
    それを言われて本当にショックでした。
    私のくやし涙も努力も彼女は知っているのに、なんで友人と思っていた人にそんな風にいわれるのか・・
    トピ主さんも書かれていますが、彼女に絶対そうゆう感情をみせないほうがいいと思います。
    逆の立場からになりましたが、参考までに・・

    ユーザーID:

  • 自分を知ること

    嫉妬を感じる、

    なぜなら、そこに自分がなりたい姿があるから。

    それははっきり言って自我、欲望なのですね。
    無い物ねだりですね。

    人はうまれも育ちも経験もそれそれ違います。

    自分のことをそのままで受け入れることができれば良いんじゃないのかな?

    友人に嫉妬するなんてね、

    彼女を丸ごと真似てみますか??
    出来ますか??

    人は皆違うのですよ。

    この際彼女の良い所すべて真似して習得してみたらいいと思います。それがいかに大変なことか分かったら嫉妬なんて出来ないと思います。

    出来る人は影で努力しているもんですよ。

    ユーザーID:

  • 日記を書きましょう

    そこでは自分の気持ちを抑える必要はありません。感情を思い切り吐き出して、日記にぶつけましょう。口には出来ないひどい言葉を書いていいのです。読み返してはいけません。「こんな自分はいけない」と思ってしまうから。日記の中では悪人のままでいいのです。
    自分の心の中に、醜い感情とそれを嫌悪する理性が同居しているから苦しいのです。自分も友達も客観的に見ている自分がいるから苦しいのです。
    日記に書くようになったって、1週間や1ヶ月で悪感情から解放されるわけではありません。何ヶ月も何ヶ月も書くかもしれません。でも、いつか読み返すことが出来るようになります。読んでも、自分に批判的になることもなく、そういう自分がいたんだなと思えるようになります。その時には友達のことより、自分を活かすことを多く考えている自分がいるのです。
    説教臭いですが、お勧めです。私がしている方法です。

    ユーザーID:

  • 妬み、嫉妬がなければ世の中は進歩しない

    と、ある本に書いてありました。
    その本によると妬んだり嫉妬しない人間は存在しないのだそうです。よっぽど世間から隔離された方や宗教に従事する方は別かもしれませんが・・。

    今まで世の中がこんなに進歩してきたのはそういう醜い感情があったからこそ・・だと思います。
    どんな人であれ自分より恵まれている人を妬む気持ちはあると思います。

    トピ主さんはちゃんと自分の中の醜い感情を受け止めてる。もうちょっとだけその感情をプラスになるよう努力すれば絶対向上していけるのだと思いますよ。

    押さえつけないで発散する方法を見つけたらいかがでしょうか?ちなみに私も他人からは「自分にゆるぎない自信があって境遇もめぐまれて才能もあって全てにおいても成功している勝ち組」だとよく言われます。
    ・・が、本心は他人への妬みや嫉妬、自己嫌悪が常に渦巻いているんです。
    人間なんてそんなものだと思いますよ!
    大丈夫、大丈夫!!

    ユーザーID:

  • 棄てないというか棄てなれないので許す。

    自分で自分を許す事。
    これが一番大事。

    こんな醜い感情を持っている私最低!!
    と自分で追い詰めない。
    自分を最低だと思えるって良い事です。

    どう見ても醜い感情の塊だよね、と言う人に限って
    俺様最高!!誰よりもすばらしい!!
    と思っています。
    こういう人こそ本物の最低な人です。

    今は見えないかもしれないけど、あなたの良いところを数えてみてください。
    悪い物ばかり持っている人はそんな風に悩んだりしない。
    悪いところに目が行っているから悪い物ばかり、無いものばかり気になるんだと思います。

    恨み、妬みは執着です。
    何かにすがり付かないで自分の足で立てるように
    自分自身にも執着しないように自分を許しましょう。

    最後にたとえ話を。
    遭難者はまず、自分の持ち物をチェックする事。
    懐中電灯と、テント、しばらく食いつないでいけるだけのチョコレート、水、ザイル‥何がありますか?
    持っている物を確認するだけで、自身が沸いてくるはずです。
    一見役に立たなさそうな物も使い方次第です。
    ちゃんと数えて。

    ユーザーID:

  • takuさんへ:横

    遭難者のお話、
    いいですね〜。
    とっても気に入ってしまいました。
    持っているものをちゃんと評価するって
    大事だけど、落ち込んだときなど
    なかなかできないんですよね。
    無いものばかりが目について。

    私が友人に勧められたのは、
    落ち込む前に(普通の状態のときに)
    自分の棚卸をしておくこと、です。
    自分が自分を好きなところを
    リストアップしておく。
    これを落ち込んだときに見直す、という
    わけです。なんだかテレちゃって
    まだ実行していないんですけどね。

    ユーザーID:

  • 簡単なこと

    私は嫉妬心というのが分かりません。
    自分で感じないくらいだから無いか、あるとしても僅かだと思います。
    「嫉妬心や妬みは誰もが持っている」という人が多くいるけどそう言う人自身がそうだからであって、嫉妬心を持たない人間がいるなんて想像も出来ないのでしょう。

    なぜ嫉妬心を持たないか?というと、
    嫉妬心を持たないことって要するに一言で言えば「人のことが全く気にならない=人のことなんてどーでもいい」からです。
    他人に拘っている時間も余裕もないと言うか、ゆったりする時間があっても大きな目で見ると自分を(生物学的に)生かし続けるだけで精一杯です。

    それから他人と自分との境界線がはっきり意識の中にあるんですが、トピ主さんはそんなことないのでしょうか。
    地球が破滅したって宇宙がなくなっても他人は自分にはなれないし自分は他人になれない、
    これが決定的なこととして意識の中にありませんか?

    こんな明らかで単純なことってないと思うんですが。

    ユーザーID:

  • 自分のもっているもの

    引き続いていくつかレスを頂いてとても嬉しいです。
    本当に心が勇気付けられます。

     そんなに彼女が羨ましいなら彼女の良い所を真似てみたらというレスがありました。痛い所を突かれたと思いました。やってみましたが出来ませんでした。いつも微笑みを浮かべ、物腰やわらかく話し、好き嫌いを面に出さない。自分の目標に向け第一歩からコツコツスタートさせる。1日だって、出来ませんでした。

     友人から成功している勝ち組みだと言われている方でも、内心では人に対して嫉妬する感情があるとありました。驚きました。実際、どんなに成功されている人でも内面は色々な悩みがある、みんな同じような想いを経験している、私は自分の劣等感から彼女を全てにおいて美化しすぎていたのかもしれません。

     自分のもっているものを大切にする。今私の置かれている状況で何をどう生かせるか。とても前向きにそしてまず自分を肯定してからでないと、考えつくのは難しいですよね。皆さんがおっしゃっている様に、まずは自分を受入れることから始めないといけないのでしょうね。

    ユーザーID:

  • 黒くないよ

    トピ主さんは自分のこともその友人のこともよくわかっていて、自分のネガティブな感情を黒いと否定している。何がよくて何が悪いかなど、よく知っている。決して、黒くなんてない。正直なんだと思う。

    ただ、その人とは距離をとった方がいいかも。そして、自分の人生をもっと大切にしたほうがいい。比較をし、隣の芝生が気になるのは、自分の人生が満たされていないから。もっと自分を知って、自分らしい毎日を過ごしていくことが大切かも。

    私はどちらかというと妬まれる方かも。妬みをもたれるであろうと思う人とは適度な距離を取ります。そういう感情などにはかなり気をつけています。もちろん逆に妬みというか羨ましいと感じる人もいます。でも、その感情が妬みへ移行しそうなら、即座に距離をとります。そうしてよかったと思うこともありました。

    妬んでる時間を別なことに使ったほうが、自分にとって有意義と思ってます。

    ユーザーID:

  • 認めてあげよう

    昔、私は自分のことを"根拠なし"に好きでした。
    マイナスの感情や醜い心など、微塵も持ってないと言い切るような
    タイプでした。当時はそれで満足だったんです。

    ある時、何がきっかけだったのか覚えていませんが ひとつ、自分
    の心の中に暗い感情を見てしまったのです。ショックでした。
    それが何なのか突き止めようと思い、寝食も忘れて考えました。
    それはそれは辛いことでした。

    だって、微塵も持ってないと思ったあれもこれもそれも、ちゃんと
    私の中にあったのを知ってしまったから。
    「持ってない」と思っていたのは、自己防衛だったんですね。

    一番認めたくない、自分の弱さ。そこからくる諸々の感情。それを
    全て歯を食いしばって見つめました。
    暗く深い狭い道を、迷いながら独りで歩いているようでした。

    そして、最後に光が見えたんです。出口ですね。
    "その全てを自分だ、と認めてあげること"
    他の誰が、私の心の全てを見られるというのでしょう。
    今では"こういうバカなとこも好き"に変わりました。

    参考になりますでしょうか。

    ユーザーID:

  • 横なのですが、日記について

    すみません、横なんですが。

    私もそうよさんがおっしゃる日記に書くという方法、悪くないと思うのですが、万が一突然事故かなんかで自分が死んじゃったりしたら、家族が読むかも・・・と思うと怖くないですか?

    私には日記を書く習慣はありませんが、もしすごいことを日記に書いてたら「なんかあったらどうしよう」って眠れなくなりそうです(笑)。

    逆に、そっちが気になって、嫉妬心なんて吹き飛んじゃうかも!というなら、それはそれですごいアイディアだと思いますが・・・

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧