年金型保険って・・・?

レス12
お気に入り0

miki

健康

30代独身の女性です。
最近は年金問題が騒がれていて、自分の老後について心配になってきました。
そんな時に友人が「私は年金型の保険に入っているから!」と言うので、内容やシステムを聞いたのですが、どうも彼女もよく分からないらしい。
そこで、年金型保険というのはどういう保険なのか教えて下さい!そしてお勧めの年金型の保険があったら是非教えて頂きたいです!
どうぞ宜しくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も知りたい!

    そんなタイプの保険があるのなら、私も是非知りたいです。どなたか教えて下さい。

    ユーザーID:

  • それって・・・

    それは、個人年金のことなのではないでしょうか?
    各保健会社によって内容に差はあると思いますが
    要するに、若いうちから月々お金をはらっておいて
    老後にそれを受け取るというものです。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    郵便局で、やっています。
    60歳まで払い込むと、もらえます。
    期限付きの部分と終身の部分の2階建てになっていて、80歳(?)までは、まぁまぁもらえるのですが、80歳からは、半額になります。
    つまり、80歳からは、終身部分だけになります。
    【終身】という名が示すように、死ぬまでこの金額はもらえます。

    公的年金のように物価スライドがありませんので、60歳になったときにあるていどの額になるよう、ときどき、積み増ししています。

    ユーザーID:

  • 個人年金保険

    保険料を積み立てて、契約年齢になったら一定期間または終身年金として受取る貯蓄タイプの保険です。積立期間中になくなった場合は死亡給付金が出ます。傷害保険タイプもあります。
    受取期間中は生死に係わらずお金が出るもの、死亡したら終わりのもの、遺族に残金が支払われるもの、といくつか種類があります。
    最近はその後の運用次第で受取金額が増減する変額年金もよく名前を聞きますね。

    ただおすすめかどうかは一概に言えません。利率も
    あまりよくないようですし、すごく長期の保険になり
    ますから保険会社の格付けや体力?も重要になりま
    す。公的年金はスライド制である程度インフレ対策もありますが、個人年金の場合最初に決めた受取額をもらうので、お金の価値が今と同じかどうかも保証できません。(今回の年金改革のマクロ経済スライド導入で、公的年金もインフレ対策からは実質後退してるようですが)もしかしたら「普通に貯金しておけば・・」ということになるかも。

    今のところはメインではなくあくまで補助と考えたほうがよいんじゃないでしょうか。年金保険に入ってるから安心っていうわけじゃないと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 年金型保険

    年金型保険とは、定年到達後に年金方式でもらう為にかける保険のことです。
    私の会社が窓口となっている保険について説明しますと、毎月給与から保険料が控除され、定年(例えば60歳の誕生日)まで積立されます。その積立金+利子分が、定年後何年間かにわたり、年金方式として支払われます。

    つたない説明ですみません・・・わかっていただけたでしょうか?
    どなたかフォローお願いします。

    ユーザーID:

  • 年金型保険

    年金型と言っても、外交員が言う業界用語って難しいうえにまぎらわしいものが多いので勘違いする人が多いのでいらぬ心配ならよいのですが・・。
     もしかしたらお友達がご加入の保険は、国の「遺族年金」を補填するためのものかもしれません。万が一、あるいは高度障害のときに、例えば毎年120万(金額は決められる)とか決まった金額が10年間(保険会社によって違うが大体10年が多い)支払われる、というものです。この場合あくまで「掛け捨て」で、受け取る権利のために毎月掛け金を支払います。こういうタイプのものを業界にいたとき「年金型保険」とよんでいたような・・・(辞めて1年近くなるのでその後変わったかもしれませんが)
     長いので続きます。

    ユーザーID:

  • 年金型保険(つづき)

     これと違いトピ主さんが仰っている年金型とは「個人年金」のことだと思います。仕組みは月々決まった金額(1万円とか)を60歳〜65歳まで支払い、期間の満了後10年〜終身(選べる)決まった金額(配当金があれば上乗せされて)が契約年金として毎年受け取れる、というタイプのものです。将来公的年金がいくらもらえるか分からないから個人で補填する、という目的のもので「貯蓄」です。ただし、今は利率がかなり下がっているため、元金は保証されるもののそれほど増えませんが・・・。ちなみにバブル期に加入した人だと掛け金の倍近く増えるんですよね〜。羨ましい限りです。
     トピ主さんの目的にあったタイプのものが見つかればいいですね。

    ユーザーID:

  • 個人年金保険でググろう!

    検索エンジンで「個人年金保険」で検索してみましょう。沢山情報が出てきます。

    ユーザーID:

  • 個人年金保険

    私の場合25歳から60歳まで払い込んで、60歳から70歳までの10年間お金をもらう(年金)契約です。年金をもらう前(60歳前)に死亡した場合は、死亡給付金が払われます。
    さらに70歳満了の特約(手術保障、入院保障、女性医療等)を付けております。
    この間保険の見直しで当時と違うセールスレディに証券を見せたら、年金に特約をつけてるタイプは初めて見たと驚いておりました。
    ちなみに保険料は途中で上がらず、35年間同額です。
    各社いろいろなタイプが出ていると思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です☆

    皆様、とっても参考になるお話をありがとうございます!
    個人年金保険で検索を掛けてみます。
    そして郵便局のも調べてみようかな〜。
    そして、元保険外交員さん、とっても親切なご説明をありがとうございました。分かりやすかったです。
    色々調べてみようと思います。
    ありがとうございました!

    ユーザーID:

  • 補足として・・

     トピ主さんのお役に立てたみたいで嬉しいです。
    そこで補足なのですが、個人年金でも加入するときの年齢で将来の受け取りに差が出てきます。要するに「少しでも若いうちに入ったほうが・・」という訳です。通常、国内生保で取り扱っているものは誕生日から半年で年齢が1才上がってしまいますのでご注意を!
     ただし、前回も書き込みましたが現在は利率がイマイチ・・今後経済情勢が良くなれば当然利率も見直しされるので、今焦って入るのが正しいのかどうか、迷うところではありますよね。まぁ、でも損になることはないので「安心」のために1本持つのには賛成です。税金控除も受けられるし。もし今後率の良いのがでたら、一時払とか頭金利用でプラス1本、とかもできますし。
     続きます。(毎度長くてごめんなさい) 

    ユーザーID:

  • 補足として・・つづき

     その際、保険会社と担当者はよ〜く選んでくださいね。軽い気持ちで資料請求したらしつこくされて困った、というトラブルは多いですので(別トピでも盛り上がってますよね)私は勧める側でしたが、仲の良いお客さんにもよく愚痴られました・・汗) 信頼できる外交員をお知り合いの方から紹介してもらうのが一番良いのですが(生保の場合)。あ、でもキャンペーン月には気をつけてください!特に7月は各社ギラギラしてます(笑)こういう月はお客さんのことより自分の成績の都合しか考えてませんから・・。今は損保でも銀行でも個人年金を取り扱ってるのでいろいろ調べてみてくださいね。
     以上、おせっかい気味ですが補足アドバイスでした。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧