妊娠・出産・育児

外国に居てなぜ子供に日本語を教えるのでしょうか?

レス63
お気に入り9

ハイサユリコ

子供

国際結婚している方など海外に永住している方々が、お子様に日本語を教えるためにと補習学校などに行かせているのはなぜですか? ただなんとなくですか? 回りがみんなそうしているからですか? 家では日本語で話しなさいとか、お母さんと話すときは日本語で話しなさいとか。なぜですか? なぜ子供の自由にしてやらないんですか? なぜ自分の好きなようにやらせてあげないんですか?子供の為ですか?それは具体的にどのようなことですか?

その土地で生まれその土地で育つのだから、その土地の言葉ができればいいってわけにはいかないんですかね。例えば、東北で生まれ育つ子供に、関西弁の両親が「家では関西弁で話しなさい!」などというのと同じですか?違いますか?それって変ですか?変じゃないですか?子供には苦痛じゃないですか?それとも、そういう苦労する価値があるのですか?

何かこう、これこれこういう理由で私はそうしているという確固たる根拠があるのかなって思うわけです。もし御座いましたらお聞かせ下さい。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数63

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 僕としては(続き)

    子供が苦痛と思うかどうかは子供次第ですね。
    確かに勉強量などは多かったですが、
    僕は特に苦痛ではありませんでした。
    英語が下手だった自分が悔しくて、頑張りました。
    今は英語の方が楽なくらいです…。

    むしろ両方話せたお陰で
    プラスが多かった印象があります。
    多くの友人にも恵まれ、
    両方の文化に触れることができましたし、
    両方話せたお陰で自分の好きなことを
    追求する事もできました。

    要は最初にお書きしましたが
    "自分が受け継ぐべき文化だから"なのと、
    "日本人だから"なんだと思います。

    ユーザーID:

  • 理由はいろいろですが

    私の両親は夫の言葉である英語が話せません。夫の両親は日本語が話せません。どちらかの言語しか話せない場合、母方か父方の祖父母や叔父・叔母・いとこ等との会話ができなくなってしまいます。里帰りした時も不便ですしね。

    それにバイリンガルであることにはメリットもあります。私は日英両方話しますが、英語はネイティブではありません。両方自在に操れれば将来的にいろいろとメリットもあるでしょう。日本のアニメもハリウッド映画も原語で楽しめる、それだけでも素敵じゃないですか。もちろん半分日本人である以上、日本の文化や言語も学んで欲しいです。

    以前に読んだ本によれば、子育てをする場合母親は子供に母国語で話しかけるのがよいそうです。私も発音等ネイティブではないので、間違っているかもしれない英語よりも日本語で話しかける方がいいと思っています。(日本語も完璧じゃないけど、少なくとも母国語なので。)

    ユーザーID:

  • 将来は

    日本在住で、子供もいませんが、将来子供ができて外国に移住となったら、子供に日本語で話しかけます。
    補習校はあれば行かせてもいいし、嫌がれば行かなくてもいいですが、私は子供に日本語で話しかけようと思ってますし、日本語を教えようと思ってます。

    理由は、家族に話しかけるのに、日本語が私にとって一番自然だからかな?自分の実家の家族と話すのに日本語を使うのと、同じ理由だと思います。

    子ども自身が嫌がったら、その時に臨機応変に対処しようとは思いますが、今の時点ではどうなるか分かりません。

    もう一つの理由は、日本語ネイティブ(私)がいて日本語を教えないのはもったいない、と思うからです。
    似た理由で、楽器も一つは習わせたい思ってますが、嫌がったらどうしようかな?
    できるだけ嫌がらない様に教えたりしたいと思ってます。

    私達夫婦は、色んな言葉が話せるのは財産、と思っているので、そういう価値観が子供に伝わればいいなと思ってます。

    ユーザーID:

  • うちの母は

    父の転勤でロンドンにいきましたが、
    母がいずれ日本に戻るのだから、と
    補修校もちゃんといきましたし、
    家でも日本語でした
    ただ、家では日本語と英語が
    まじってましたが。

    一生戻らない人は一つの言語だけで
    いいかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 日本人に限らず母国語を覚えるのは常識

    と、言ったら言い過ぎ?
    でも私の知っている外国人は皆さんそうです。
    中国人もロシア人もドイツ人もetc
    どこの国に住んでいても母国語と歴史は必須です。
    日本人なら日本語ができて当たり前、歴史や文化を知っていて当たり前です。
    国際社会では自分のルーツを知らない人、知ろうとしない人、母国を大事にしない人は、一人前と認めてもらえません。

    ユーザーID:

  • 私=日本人。夫=オーストラリア人。

    タイトルどおりで、小さな子供がいます。もうすぐ主人の国に引っ越します。

    今現在は主人は英語で、私は日本語で子供に話しかけています。うちの場合、将来日本とオーストラリアを行き来する生活になりそうです。なぜ日本語を教えているかというと、単純に私とは私の母国語で会話したい。あとは、将来のためにもっと視野が広がるように。でしょうか?先日読んだ本によりますと、親は自分の母国語で子供に話しかけるほうがいいそうです。でないと子供が言語混乱を起こすそうです。子供がある程度物心がついてきて、どうしてもどちらかの言葉を嫌がったら無理強いはしませんが。。。。日本人同士の夫婦で将来日本に帰ってくる予定のある家庭は現地でも日本語の補習校などに行かせるようですよ。子供にとっては大変かもしれませんけど。

    ユーザーID:

  • 母国語だから

    それは親の母国語だからでしょう。
    例えば私の知り合いのインド系イギリス人は生まれも育ちもイギリスですが、親の母国語の言葉をちゃんと勉強してある程度の読み書き・会話はできますよ。
    親は勿論英語はペラペラですからコミュニケーションのために仕方なく勉強しているのではなく、「親の母国語だから」勉強してるそうです。

    日本人に限らず、どこに住んで居ようと親の母国語は勉強しようと思うのは普通ではないでしょうか。子供がどうしても嫌がったら無理強いすることはないと思いますが、そんなこともないと思いますよ。親の生まれ育った国や言葉に興味を持つのは自然なことだし。

    ユーザーID:

  • 別にいいんじゃない?

    「子供が望んでいるのか?」
    などと言ったら、実もふたもないです。
    小さいころからスイミングスクールに通わせたり、ピアノを習わせたりするのと一緒、と思うのですが・・・
    または、英語のほかフランス語ドイツ語広東語などを習うのと一緒、って言うか。
    私自身は子供がおりませんので定かではありませんが、親類に日本人がいるなら日本語を話せた方がいいでしょうし、将来勉強や仕事において役にたつこともあるかもしれないし。

    母国語だけ話せればいい、とおっしゃいますが、それじゃなぜ日本人は勉強しても一握りの人しか話せるようにならない英語を、義務教育中からカリキュラムに組み込まれているのでしょうね。

    その道に進まなくったって、母国語以外にも言葉が分かれば、その国の人とコミュニケーションがとれる、その国の本が読める、その国の音楽が聞ける(歌詞が理解できる)、など、いろいろメリットがありますよ。

    ユーザーID:

  • どうして?

    教えてはいけないんですか?
    子供にとって、住んでいない国の言葉を学ぶのは、そんなに負担なのですか? 親が話し相手になれるのに?

    祖国が嫌いで離れた場合を除いて、自分の祖国について、子供に感心を持ってもらおうとするのは、当然だと思うのですが。

    ユーザーID:

  • 母国語は精神の根っこになるものだと思います

    同僚のドイツ人はロシア人との間に子供がいます。その子はは親の教育によって、ドイツ語、ロシア語、英語がしゃべれます。
    それはとても大事な事だと思います。
    人間が数十年の人生で学べることは少ないですが、言葉や文化は数百数千年の歴史と多くの人間の知恵を受け継いでいます。そういう一人の個人では到達し得ない深い文化、習慣を学ぶ事でのみしか得られない精神の根っこ、深さというのがあるんだと思います。それは外国語としてではなく、母国語として、母国文化として学んだ人しか持ち得ない深く強いものだと思います。
    ピアノでも空手でもそうだと思いますが、長く続いている流派の先生に小さい頃から師事した人には我流の人はかないません。我々日本人は日本語、日本文化という流派を受け継いでいるのだと思います。

    ユーザーID:

  • チェルシーさんに一票

    東北で生まれた子に関西弁で話すことを強要するのとは全く違うとおもいます。

    その子がいろいろな国の人達と交わることの多い生活環境で生活していくようになった時に、「こっちで生まれたから日本語も日本のこともわかんない」というのではその人の魅力が半減すると思います。

    本当の国際化とは自分のルーツを捨てて異文化にどっぷりつかる事ではなく、まず自分がどこからやって来たのかを理解しなければ始まらないとおもいます。

    私は英国在住で来年北欧出身の彼と結婚しますが、子供は英語と私たちの国の言葉で育てるつもりです。親が子供に与えられる大切な財産のひとつだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 素晴らしいと思いますが・・

    イギリスに住む知り合いの夫婦(夫英国人、妻中国人)の話ですが、3歳の子供に当然のように中国語を教えています。
    奥さんの祖父母が英語を話せないということと、中国人の血を継いでいるのでその言葉や文化も知っておくのは当然だということからでした。
    そういうのって大切だと思います。生まれた国に住んでいなくてもこの国の言葉や文化を大切にしたいと思う気持ちは素晴らしいと思います。海外に住んでいるからって皆が自国を捨てているわけではないのです。

    ユーザーID:

  • ハーフじゃなくてダブルだから

    確かに子どもにとっては負担だし大変ですよ。そりゃ楽な方に流れたいですからね。

    でも、彼らが大人になった時、つらくてもやっぱり勉強させてくれて良かった!って絶対思ってくれると信じています。  

    私の理想は、ハーフじゃなくて、ダブルですから、私の子ども達は、xx人でもあるけど、日本人でもあるわけですよ。だから、二つの言語、文化を学ぶのはもうそれは当然のこと、なんですよね。逆にあなたがなぜ、日本語が必要な理由が分からないのかが大いに疑問。

    言葉が出来て良いこと沢山あるけど、困ることって無いじゃないですか。せっかく親が日本人なのに、日本語学ばないって、勿体無いったらありゃしないって思いません?

    ユーザーID:

  • 出来ることなら

    うちの場合、英語と日本語ですが、出来れば両方維持してもらいたいと思っています。
    なぜかといえば将来的に見て、両方読み書き出来れば、仕事に着いた場合、優位だとおもいます。
    弁護士であれ計理士であれ、バンカーであれはたまた何であってもだと思います。旦那はオージーCPAで 日本企業も監査しています。

    まだ、上の子は13歳どうにか読み書き日本語維持継続できそうですが、下の7歳児は日本語話していますが、読み書きの習得は困難かんじています。近くに補修校がないので、将来的にはあるところに移動することも考えています。
    知人の息子さんで、一切日本語を話せず、大学生になって、日本語課に就学したお子さんがいます。
    「家で母が話していてくれれば、わざわざ大学で専攻しなかった」と言っていたのが印象的でした。

    ユーザーID:

  • 余計なお世話、でも…

    常々疑問に思っていた事の
    お答えを皆様から頂いた様な気がしました。
    どうもありがとうございます。

    お母さまはご苦労なさると思いますが、
    お子様方にせっかく日本語を教えるのでしたら
    是非きちんとした日本語を教えてあげて下さいね。

    あくまでも個人的な感想ですが、
    外国語は上手だけれど
    日本語の簡単な敬語を使えないというのは、
    ちょっと悲しい思っております。

    日本語の美しさに目覚めた海外生活11年目。

    ユーザーID:

  • それはね

    「アイデンティティ」の問題だと思いますよ。

    日本人の顔立ち。でも日本語が話せない。
    この場合、
    日本人からは「日本人」とは思ってもらえない。

    現地で現地語をどれだけペラペラ話そうと、
    顔立ちが日本人である限り、絶対に、
    現地人からは「現地人」とは思ってもらえない。

    「いったい私は・・・」ということになって
    苦しむと思います。
    しっかりとしたアイデンティティを与えてあげるためにも
    親がしっかり日本語教育をすることが大切なのだと思います。

    とはいってもバイリンガル教育は難しく
    親が途中であきらめてしまうパターン、
    多いですよね。

    ユーザーID:

  • なんでそんなに

    けんか腰なんですか?>とぴ主さん

    何ヶ国語でも、たくさんしゃべれたほうが便利だし小さなうちから英語、日本語両方で話しかけてればあまり苦労なくどちらも話せるようになるだろうし、当然のことだと思うんですけどね。

    日本の文化や歴史を理解するには日本語がわかったほうがいいですし、英語もまたしかり。仏語だって独語だってそう。バイリンガル、トリリンガルで得することはあっても損することなんてないと思うんですけどねぇ・・自分の子供の教育機会を奪うようなことをわざわざする親はふつういないでしょ。

    ユーザーID:

  • 自分の文化的なルーツを知る手がかり

    アメリカ在住です。やはり、自分の子供には、母親の国である日本のこと、日本の文化、そして言葉は、伝えてあげたいと思います。こちらで日本語を教えていたとき、多くの日系アメリカ人が戦時中、日本のことを一切語らなかったり、日本語を話すことを禁じたりしたことが多く、そのおかげで自分の文化的なルーツが絶たれてしまって残念だった、という声が多く聞かれました。

    私も子供には、バイリンガルになれとは言いませんが、自分の中に流れている日本人の血を少しでも感じてもらえる文化として、少しでも日本語を残してやりたいと思います。それが、将来日本への興味へと導くことにもつながるはずですから。

    ちなみにアメリカでは自分の文化的ルーツを知る根拠のひとつとして、言語を大切にする傾向が特にマイノリティの間では見られます。両親、もしくは片親が米国人ではない場合、バイリンガルに育つことで、自分のマイノリティとしてのアイデンティティが確立できるというメリットは、大切だと思います。

    ユーザーID:

  • 最初に質問ですが・・・

    あなたは、海外で暮らし、国際結婚をし、子供がいらっしゃる方ですか?
    私も、日本を出る前は、日本、及び日本語を、非情に軽視していました。しかし、某国に行き、日本を軽率に扱われた経験から、日本を大事にするようになりました。そこの国の人は自分の国ばかり素晴らしいと思い、母国語を使おうものなら「**語を覚えようとしていない」話題づくりに日本の事をちょっと話すと、「ここは、**だから、ここのやり方に従うべき。日本の話するなんて、ホームシックにでもかかっているのかしら?」って感じ。自分の子供が、そこの国の言葉しか話せず、そこの国の事しか知らず、「お母さんは、**語覚えようとしていないよね」と、まるで現地人と変わらないような流暢な**語で話してきたら、ぞっとしませんか?大人になって移民した自分には、どうしても言語面では、限界があると言わざるをえません。Familyですよ。「個人主義」の浸透してる国では、Familyしか、信用なるものはありませんよ。

    ユーザーID:

  • メリット

    私の両親は二人とも日本人ですが、海外で生まれ育ち、現地校に通いました。家では日本語しか話しませんでした。利用の一つとしては、母がその国の言葉をほとんど話せなかったからです。当然、子供達に未だ理解していない言語で話されたら、母親としては困りますよね、会話出来ないんですから。どの言語でれ、二カ国語が話せることは、メリットばかりで、デメリットはないはずです。私と同じ状況の友人(日本人で海外育ち)の場合、両親はあまり日本語を教えることにこだわらなかったため、中途半端な日本語しか話せません。彼女は、そのことでコンプレックスを感じています。私は今、外国人の彼と同居しています。将来、子供もつくるつもりです。そして自分の子供には、日本語で話しかけるつもりです(彼は日本語は話せませんが)。日本人としてのアイデンティティー(国籍)を、将来「選択できる」状況にしてあげたいからです。勿論、将来、選ぶのは子供本人ですけどね。

    ユーザーID:

  • 単純ですが

    日本語以外全く話せない、分からない私の両親(子供にとってはおじいちゃん、おばあちゃん)と話をさせるためです。

    うちの両親にとっては、今のところ唯一の孫ですから。

    ユーザーID:

  • 変な質問

    ご自分で、変な質問されていると思いませんか?

    では、日本は何故英語教育しているのですか? 一生使いもしない人もいるし、日本から出た事が無い人も居るのに、何故英語をするの?と聞かれたら、どう答えるのでしょうね。

    アメリカに住んで、アメリカ人と結婚して子供が出来たら少し努力すれば(口で言うほど簡単ではないですよ)子供をバイリンガルに育てられるのですから、その努力をして何が不思議なのか分かりません。

    アメリカは人種のるつぼですし、他国のカルチャーを自分の子供に引継ぎをして、何処がおかしいのだろう。私には、成人した日米ハーフ(ミックスという言い方を嫌がる方が居ますので、あえてハーフを使います)で日本語が聞けるけど話せない人が結構居ます。

    そして、彼らが決まって言う事が「親が根気良く日本語を教えてくれたら、自分の人生はもっと輝いていたかも知れない」と言いますよ。 私も、小さい頃から親がもっと英語や外国語の教育をしてくれていたら、もっとアメリカで活き活き出来たかもと、最初の頃は思いました。 

    でも、大きな理由は日本のおじいちゃんおばあちゃんと意思疎通をさせて上げたいのが、本音です。

    ユーザーID:

  • 理由は明白かつ唯一

    私(母親)が歳とって痴呆になったら現地語はすっかり忘れて日本語戻りすると思います。今でさえも、事故などで瀕死の状態になったら、日本語で話すと思うんです。

    そんな危篤状態の私を囲んだ子供達に、私は最期の力を振り絞って、日本語でどこに宝を埋めたかを伝えるでしょ。

    でも、日本語が分かんなきゃ、「ここ掘れ、ワンワン」ができないじゃない。

    国際結婚の人達は、こういう「イザの時」に備えて、子供達の日本語教育をおろそかにしないんです。

    ユーザーID:

  • トピ主さんに質問させて

    この掲示板を利用してるのは日本語がネイティブな人達がほとんどですよね?

    どれだけ英語が堪能な方でも日本語がネイティブなんですから日本語を教えてるんじゃないですか?

    語学に限らずスポーツでも料理でも、自分の得意分野を子供に教えるのは自然なことのように思えますが?

    逆に、日本で生活してて自分は英語が出来ないのに子供に勉強させてる親達のほうが圧倒的に多いですが、そういう親の存在はどう思いますか?

    ユーザーID:

  • 自分のルーツ

     3年前から海外に住んでいます。英語圏なので生活のうえで一番使われるのはやはり英語ですし、英語さえ話せれば何の問題もなく生きていけます。ただし表面上は。
     例えば父がアメリカ人、母が日本人の子供がアメリカにすんでいると国籍上はアメリカ人(アメリカを選択した場合)です。でも、それは書類上のことであって、その子はアメリカと日本両方がルーツなわけです。アメリカ人であり日本人なのです。言語というのはただの生活ツールだけでなく、もっと奥深いものも抱えていると思います。自分のルーツである国の言語を学ぶことは決して無駄なことではないと思います。たとえ日常で必要なくても。

    ユーザーID:

  • あなたにはお子さんがいらっしゃいますか?

    あなたはどちらにお住まいですか?日本ですか?海外にお住まいでしたら、いつ日本を出られましたか?

    ご主人はいらっしゃいますか?日本人のご主人ですか?日本人でないご主人でしたら、ご主人は日本語を話しますか?ご夫婦間では何語を使用されますか?

    お住まいの国では、何語を話してますか?

    お子さんはいらっしゃいますか?お子さんはどのような学校に通われていますか?日系のお友達はいますか?

    子供に日本語を学んでほしくても、ままならない状況、学ばなくてもいいのに、学んでしまう状況、いろいろあります。

    私は日本人、夫はアメリカ人で、アメリカ在住ですが、子供ができたら、私は日本語、夫は英語で話しかけます。〔一番バイリンガルになる確率が高い方法です)学校は公立の学校に行き、補習校はもしその地域にあれば・・ということになるでしょう。

    どなたかがおっしゃってましたが、バイリンガル・トリリンガルは人生において大きなメリットです。第二外国語(この場合日本語は子供にとって外国語ではありません。)として、スペイン語を習わせる予定です。

    私はマルチカルチャー教育を大学で教えています。

    ユーザーID:

  • 理由は3つ

    在米です。私達が子供と日本語で話すのは以下の理由によるものです。

    1.私達両親とのコミュニケーション

    子供とは私達の自国語で存分に話し会いしたいし、子供には私達が好きな本を与えたり、好きな映画を一緒に見たりしたい。

    2.日本にいる祖父母や親戚とのコミュニケーション

    孫が可愛くて仕方がない祖父母と祖父母が大好きな孫との間で話ができないのは双方にとって不幸。

    3.バイリンガルであることのメリット

    これはつくづく感じます。私達夫婦は2人とも現地企業で働いていますが、日本語を話せることは大きなアドバンテージです。就職の面でも私生活の面でもチャンスは大きく広がります。勿論、英語が出来ることが最低条件ですが。

    ユーザーID:

  • 家の場合

    我が家の場合は、私が日本人、夫アメリカ人で、子供が2人居ます。
    今は、アメリカに住んでいますが、子供は、現地校に行き英語を習い、それとは別に、日本語も習っています。
    習わせる理由は、私が日本人だからです。
    私の親兄弟とも話せるようになって欲しいし、子供に流れている日本人の文化にも触れる機会があったらいいと思うからです。そして2カ国語を話せる機会が与えられる事は、子供本人は大変(勉強をすると言う意味)でしょうが、長い目で見ればきっと、“良かったと思う”と思います。
    英語だけでもアメリカで暮らしていきますが、こちらでも2カ国語を話す方は、多いです。
    決して、特別な事ではないのです。

    ユーザーID:

  • それは、

    母親の私が日本人だからです。
    私も英語を話しますが、ネイティブではないので完璧ではありません。
    子育てをする上で私が一日中子供達と接しているのに、
    この私の完璧でない英語で接していたらそれこそ発音の悪い変な英語を覚えかねません。(幼児期)
    だから日本人である私は、日本語で接するのが一番自然な事なのです。
    そうすると子供達も自然に日本語を覚えます。
    子供達は、今アメリカで補習校に通ってますが、確かに3年生からかなりきつくなりました。
    けれど、止めたいとは言いません。
    子供達本人も日英バイリンガルである事を誇りに思っていますし、メリットがあるということも充分理解しています。

    日本へ里帰りした時にも私の家族や親戚と問題なく会話が出来ますし、それに自分から生まれた子が自分の言語を話さないって、私個人としては感覚的に考えられないんですよね。勿論他にはそういう方はいらっしゃると思いますが、あくまで私個人の事としてです。

    ユーザーID:

  • 我が子と外国語でしか話せないなんて悲しすぎるから

    親である私と英語でしか話せないなんて、私としては悲しすぎます。私はまだ英語ができますが、おじいちゃんおばあちゃんとは会話ができなくなります。日本に住んでいなくても日本人であり、日本に家族がいるのだから、日本語が話せてほしいと切に思います。

    昔はトピ主さんのおっしゃるような方がおおかったんですよね。だから日本にいるのにインターナショナルスクールにいれて日本語を教えなかったり。それはそれでありだと思いますが、将来もし子供が「話せるようになりたかった」と思った時に、後悔すると思います。そのためにも、今選択できる環境を整えてやりたい。後で「日本語いらない」と思って忘れるのは子供の選択だからです。

    私の知り合いで日系の方(日本語話せない)で日本語話せるようになりたいって言ってる人たくさんいますよ。世界ではバイリンガルが増えています。小さいうちに親の言葉を聴いて覚えるのが一番の言語取得法ですから、私は奨励したいですね。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧