100問全部クリアするまで夏休み無し!

レス12
お気に入り0

とろでこ

学ぶ

小学校5.6年の時、私のクラスのみで、漢字50問、計算50問、計100問、全問正解するまで夏休み一切なし!というのがありました。

私は終業式から3日オーバー(笑)でできましたが、すごい子は8月中旬までかかっていたそうです。もちろんその間ずっと登校しなくてはならず、こないと先生(女性)が激怒して子供を罵るので、「家族で立てていた予定が全て狂った!先祖の墓参りもできない。どうしてくれる!」と学校に苦情を入れた親御さんもいたみたいです。

普段からコツコツ勉強していれば、さっさとクリアして楽しい夏休みなのに、と当時は思ったのですが、母は『あの人は家庭がないからわからないのよ。自分は予定がないからいいだろうけど?それに付き合ってやってるのにって恩着せがましくされたんじゃねぇ。大抵の親はイヤだって言ってたもの』といってたんです。我が子の勉強不足を棚にあげて色々いうんだなぁ…と思いましたが、8月入っても学校こさせる先生もすごいなぁと今になって思いました。

皆さんはどう思いますか?クリアするまでキッチリやろう派ですか?夏休み入ったら家族と過ごそう派ですか?あと、私と同じ先生に当たった人とかいないですか?(笑)

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ぞっとする

    この投稿読んでぞっとしました。
    自分の担任がこんな教師じゃなくて良かったと心底思いました。
    当方もうすでに中年ですが、未だに学校の試験や宿題ができない悪夢を見てうなされることがあります。
    できるまで延々とやらされ続けることがどんなに辛く苦しく、どんなに自尊心を傷つけられることか、あなたにはおわかりにならないのでしょう。

    人間、能力には差があります。

    個人の能力の差を認めず、すべての児童を同じラインに並べないと気が済まないというような教師がいるようですが、非常に迷惑な存在だと私は思います。

    ユーザーID:

  • 教職=聖職と言う言葉がありましたねえ。

    今時そんな熱血先生はいらっしゃらないでしょう。
    羨ましい限りです。
    教職=聖職と言われた時代を彷彿とさせる先生ですね。
    昔は教職に生涯を捧げ独身を貫いた方もいらしたとか・・・
    人を教育すると言う事はそれほど大変な事なんですよね。
    その生徒さん達が羨ましいです。

    ユーザーID:

  • 懐かしい

    そうやって生徒は悔しい思いを肌で感じることによって、いつか先生を見返してやろるぞって思うのでは?先生は嫌われることを覚悟でそうやって煽るのですよ、生徒に好かれてナンボの先生より余程立派な先生だと思います。

    「生徒の個人個人の能力の差」など言われる方がでてくると思いますが、それは50問+50問程度の記憶力の問題じゃないでしょう。
    私もすごく勉強嫌いの問題児で先生に怒られ貶され惨めな思いをし先生のことがすごく嫌いになった時期もありますが、今考えると先生が私を怒ってくれたことが私の原動力になったと思います。

    ユーザーID:

  • いい人、悪い人

    その先生、評価が真っ二つにわれそうですね。

    出来ない子、またその親はたまったものではないのでしょう。

    私は小学生の低学年の頃、授業がいつも身に入りませんでした。毎日家の中のことで気がそぞろだったんです。
    父母の仲が悪いのに、離婚しないで毎日喧嘩ばかりしていたので、家庭の中が安定していませんでした。
    子供心に憂鬱で仕方なく授業に集中出来なかったんですね。

    家庭がそんな状態ですので、黙って勉強する分には問題がなかったのですが、例えばカスタネットやリコーダー・ハーモニカという楽しい雰囲気でこそ身につきそうな音を出す楽器の練習は一切家では出来ませんでした。

    それで楽器が上達しないので音楽の授業が苦痛で仕方なくなりました。
    担任の先生は中年女性だったのですが、いつも私の下手くそさに我慢出来ない様子でした。

    子供にとって勉強が出来るというのは、やはり育つ環境で上手くタイミングよく関心を抱けて上手にことが運ぶという要素も大きいです。

    だから、そういう家庭環境にない子供にしたら、話題の例は酷でしょうね。親にしても自分にゆとりがないのに余計に子供のことでゆとりがなくなってくることでしょう。

    ユーザーID:

  • 私もぞっとしました。(つつさんに1票)

    度を過ぎれば熱血も苛めと紙一重ですよ。
    私の小学校4年の時の教師は何につけても熱心でした。
    ある真冬の寒い日、体育で跳び箱をやっていたんですがどうしても跳べない子供が私ともう一人。
    先生はどうしても全員が跳べるようにしたかったらしく
    時間内に跳べなかった私達の為に他の子供を
    自習にして体育を続けました。手は凍えて感覚はないし、恥ずかしいし、惨めでした。でも先生は必死の形相で続けました。そのうち手をくじいてしまったんですが
    痛いと訴えても「甘えてる!」って感じで無視。結局、痛さが我慢できず泣いて許してもらいましたが先生は不満そうでした。しばらく手首は曲がりませんでした。
    未だにトラウマです。得手不得手は誰にでもありますし、
    そんな事が出来ないといって何なの?良い先生演じて自分に酔ってたのかな?嫌〜な思い出です。

    ユーザーID:

  • 多分

    いきなりすっぽかす。
    そして、教育委員会に文句たれる……勿論コネを利用して……
    此処は田舎だからなぁ多分夏休み明けにはその先生居ないだろう。(笑

    根性の入った、ひねくれ者ですからね、私は。

    ユーザーID:

  • 学校の宿題は

    やっつけ仕事なのに・・・出ること自体迷惑ですね
    くだらない学校の宿題よりもやることはたくさんあるのに
    放課後や休日はしたいことやらなきゃいけないことが山積みなのに
    只の「作業」で時間がつぶれるなんていやなことだ〜〜
    そこまで熱心(といえば聞こえはいいけど偏執狂だな)なセンセに出会うことはありませんでした
    偏執狂センセのクラスだけ(教え方が悪いので)成績が悪くて解決法として児童を絞ることを選んだのでしょう
    とろでこさんの時代とは今は違うでしょうけど
    今の息子の小学校は宿題など出すと
    「学校から帰った後はお稽古やレッスンの予定がつまっておりますので宿題は迷惑です!学校のことは学校で終わらせて家庭に持ち込ませないでください!程度の低い宿題は時間をとられるだけで迷惑なんですよ!先生もいちいち宿題チェックをする手間がはぶけるでしょ?」
    こんな親が多く実際に先生の前で口にした親もいたようで宿題というものは存在しません
    だから夏休みのお呼び出しなどもってのほかです
    水泳指導や学年出校日でもほとんど児童は登校しないようです
    私もありがたいです
    長期の旅行なんて夏休みにしかいけませんものね

    ユーザーID:

  • 思い出しました

    小学校の担任がまさにそのタイプでした。
    全問出来ないと夏休み無しではなく、1学期の成績が悪かった子はお盆の時期以外登校して補習を受けていました。
    私は幸い免れたのですが、仲の良かった友人が補習になり、一日だけついて行ったら補習なんてものではなく「君たちは負け組みだ」などと担任から罵られていました。
    今思うととんでもない教師でした。

    ユーザーID:

  • 伝説の先生1

    私の小学校5,6年の時の担任の先生は、(公立です)
    クラスで勉強が遅れている児童を7名くらいよんで、
    夏休みはみっちり補習をしていましたよ。
    先生も暑い中大変だったと思います。
    1学年1クラス30名しかない小さなド田舎の学校なのに、
    その先生がきてから、うちの小学校出身の人が
    毎年1人は東大にいくようになりました。
    (なかなか例がないそうです。その後、小学校英語教育のモデル校に選ばれました。)
    うちのクラスも7割以上が地域で一番いい高校に進学し、
    (その中には、夏休みの補習に出ていた子もいます)

    ユーザーID:

  • 伝説の先生2 つづき

    その先生が来るまでは、うちの小学校出身は大学の進学率も悪く、1学年30人中2、3人行けばいいほうだったのが、
    その先生が来てからは、30名のうち半数以上が大学進学、
    10名ほどは短大、高卒は5名くらいです。
    ドリルやテストも先生が来てからは、ものすごく難しいものに変わり、結構大変でしたが、受験勉強や塾に行かなくても、私立中学に合格できたので、先生には感謝しています。
    小学校時代の勉強は、全ての基本になります。
    今は大変かもしれませんが、そこまでやってくれる先生はなかなかいないと思いますよ。
    がんばってください。

    ユーザーID:

  • すいません。

    よく読んだら、トピ主さん今の事ではなかったですね。
    早とちりしてごめんなさい。
    でも、今もこんな熱血先生っているのでしょうかね?
    当時は、みんなブツクサ言ってましたけど、
    今は大半がいい大学に進学でき、いいところに就職しているので、(高卒の人も公務員になっているなど)
    みんなとても感謝しています。
    小学校の勉強ってほんと大事なんですね。

    ユーザーID:

  • その先生もすごいが

    確かに熱心だ,度が過ぎるほど。
    いろんな意味で凄い先生だと思う。
    が,
    たかが「漢字50問、計算50問、計100問、全問正解」を
    夏休みいっぱいかかってもクリアできない生徒も凄いと思う。
    子どもの学校でも学校あげての漢字100問テストがあるけど,学期中にはみんなクリアしてるようだよ。
    小学生のうちからそんなざまだから先生も熱心にならざるをえなかったんじゃないのかなぁ?

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧