選挙に政策は関係ない

レス35
(トピ主0
お気に入り0

生活・身近な話題

タバスコ

今回の選挙を見て当選するために政策は重要で無いと感じました。

小町での発言ではイメージ戦略、与党批判をしているだけの党には厳しい意見が多数でしたが、蓋を開けて見れば張り子の虎が与党と肉薄している事実が有ります。

ひとえにネットなどで情報を得て判断している有権者は極少数でほとんどの有権者はイメージのみで投票しているのではないだろうか?

政策、実績で選ぶので有れば今回の結果はブラックジョークと言わざるを得ない。

日本人の政治に対する認識、見識がまだまだ成熟した国家とはいえないことが浮き彫りになったと思いますがどうでしょう?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数35

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自民も民主も

    民主党が選挙で大躍進しましたね。
    しかしこれって政策で選んでいるのでしょうか?
    実際には自民党も民主党も、政策上で大きな違いはありません。
    もともと民主党は、旧自由党、新進党など10年前まで自民党にいた人を多く取り込んでできた政党です。
    両党とも、憲法9条の改正を唱えています。
    イラク問題では温度差があるものの、日米安保体制は堅持する意向で、基地問題は事実上現状肯定。
    消費税アップ、法人税カットなど財界優先、弱いものいじめの政策はほとんど同じです。
    平和の党、庶民の暮らしの党を掲げて頑張っていた社・共は二大政党に埋もれて退潮しました。
    政策で争うなら、「自民対民主」よりもむしろ「自民&民主」対「社民&共産」で争われるべきだった。
    実際の政策よりも、マスコミの作り出したイメージで「なんとなく」投票するようになった表れだと感じます。
    また、社民と共産も、今回の結果を受けて、これをきっかけに共同を進めるなど大幅な方針転換が求められていると思います。

    ユーザーID:

  • 岐路にある両党

    私も、人々が政策の違いで投票するのではなく、マスコミによってつくられたイメージに引きずられていると思います。社共は働く人の立場に立った政策を掲げているのに、日常の活動が不十分なため有効に対抗できていないのではないでしょうか。特に、国民を共に運動する「仲間」というよりも、「支援し、投票してくれる」対象と見ているところが問題です。いわば、お客様扱いですね。

    国民自身が参加する運動を、先頭にたってつくっていくのが、政治家や政党の役割ではないでしょうか。基盤を再構築しないと、両党の退潮に歯止めはきかないと思います。国民の側も、政治参加を投票に限定しないで、様々な方法を考え、行動する必要があるのでしょうね。政治家に「おまかせ」では、いつまでたっても問題は解決しないと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主さんは、与党支持なんですね

    >日本人の政治に対する認識、見識がまだまだ成熟
    >した国家とはいえないことが浮き彫りになったと
    >思いますがどうでしょう?

    はて?
    利権誘導政治で票を集めていた党を支持する旧来の感覚の支持者達が、果たして政治への認識・見識が成熟していたと言えるのでしょうか?

    お笑いです。

    ここで議論しなくても変わるものは変わるし、変わらざるを得ないものは変わるのです。

    小町みたいな小さい世界で議論せずとも、まぁ、見てたらわかりますよ。

    ユーザーID:

  • 与党選択=成熟した国家か?

    今回の選挙は、首相信任投票的な意味合いが強かったと思います。つまり「首相は辞めろ」と言うのが今回の結果です。

    しかし「イメージのみで投票」って言うなら、自民党首が最もな例では無いですか?
    選挙が近くなると北朝鮮問題でパフォーマンスしてみたり、「自民党をぶっ潰す」なんて言って支持率稼いでたけど。

    >政策、実績で選ぶので有れば

    政策と実績の結果、現在の外交関係や年金の歪を生んだんですよね。だから選ばれなかっただけです。

    >日本人の政治に対する認識、見識がまだまだ成熟した国家とはいえないことが浮き彫りになったと思いますがどうでしょう?

    他党頼みの票稼ぎで比例の数を確保した自民を国民は見切っただけで、反自民の立場から見たら当然の結果だと思いますよ。
    いまだに公共工事の誘致を期待し、それを期待させる発言をする与党立候補者、これが成熟した政治政党なんですか?

    ユーザーID:

  • 別に・・・。

    別に小町の掲示板の発言だけを参考に投票してませんって。

    新聞とか雑誌とかTVとかも見てますし。
    年金については各党のホームページを参考にし、自分の納得のいく意見に近かった党にを入れましたよ。

    今回民主党が結果的に躍進したといわれますが、実際政権とれる能力があるかは疑問に思っています。
    民主党が勝てたのは今回参議院選だったからではないかな?
    民主党は今回の結果に甘んじず、今後どういう政策を具体的に出していくかが重要でしょう。

    実際小泉さんでないと改革は無理だと思います。また今政局が混乱したら、待ったなしの年金改革(その先に医療、介護保険などが立ちはだかってますが)が遅れるだけでしょう。今回は改革といっても色々とツメが甘く、有権者もすんなり与党にGOサインを出せなかっただけではないでしょうか?

    小泉内閣はこれを改革へのエールと受け止めて、より一層頑張って欲しいものです。

    日本人はバランス感覚が優れていると思いますし、別に今回イメージだけってことは無いと思いますよ。

    ただ、投票率が例年並だったというのはやはり残念ですが。

    ユーザーID:

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • トピ主です

    >甘党さん
    私は与党支持派では有りません。・・まあ、あの文章ではそう捉えられても無理はないですね。失礼しました。

    確かに今回の選挙は与党に入れたくないので仕方なく民主党、という方が多かったような気がします。
    ただ、それならば民主等はこの機にしっかりとした政策を掲げ実力で勝負すべきでした。

    しかし彼らが選んだのはマスコミを利用したイメージ作戦です。
    悲しいかな馬鹿なマスコミはそういった所を突つくどころか喜んでその片棒を担いだのです。

    これは完全に政治家、マスコミに国民が舐められきっている事を意味します。
    して、国民は全くそれらの事に気付かず民主党へ投票する事でリベラルを自負していました。

    救いは小町では気付いてらっしゃる方が多いと言う事かな。

    ユーザーID:

  • 政策よりも支持団体

    選挙前に訴えている政策なんて選挙後にどうとでもできます。
    しかし支持団体に牙を向くような政策はほとんど不可能です。
    勘違いしてる人も多いですが、自民公明に限らず、政党というものは必ず支持基盤をもっています。
    野党だから組織票がなくしがらみもない、というのは幻想でしかありません。
    しかし、マスコミってどの政党がどの団体から支持されているかあまり報道しませんよね。
    投票先を決めるときはバックにどんな団体がついてるのかを自分で調べるのが一番大事だと思います。

    ユーザーID:

  • 小泉の当初の仕事

    総理の当初の仕事は、不況からの脱出だったはずです。

    そして、経済成長はプラスに転じ、失業率も回復し始めました。
    夏のボーナスも上がった所が多かったです。

    しかし、これについては全く評価されなかったですね。
    醜い話です。

    ユーザーID:

  • 私も必ずしも政策が全てではないと思う。

    >今回の選挙は、首相信任投票的な意味合いが強かったと思います。つまり「首相は辞めろ」と言うのが今回の結果です。

    7/13の共同通信の世論調査によると
    <首相の続投に関し「できるだけ早く辞めてほしい」と答えた人は31・9%に上ったが、「残る2年余りの任期まで」も46・4%。「1年ぐらい」は17・7%だった。>
    だそうです。辞めて欲しい人より任期まで続投のほうが多いですね。
    今回民主党に投票した無党派層の中には「首相は辞めろ」ではなく、「参院選で政権交代はないから、今回は小泉内閣にお灸をすえておこう」という意見も結構あるみたいですよ。

    そういえば、NHKのニュース番組でも参院選の結果について「民主党は勘違いしないで下さい」という視聴者から寄せられた意見を紹介してましたね。

    さて、民主党支持の皆さんはこの世論調査の結果をどうお考えになりますか?

    ユーザーID:

  • 随分と偏った・・・

    トピ主様は、随分と偏ったものの見方をされますね。

    ご自分だけがきちんとした情報を取り入れているとでも言いたいのでしょうか?

    これが、国民の下した判断です。
    それが民主主義です。

    それをブラックジョークですか???
    そういう風に感じる方もいらっしゃるんですね。

    私は、小泉さんが今回の結果を真摯に受け止めない以上、”小泉さんは、国民を信任していない”と受け止めました。
    少なくとも、今までの政治家は責任を感じて、次のステップを踏んだと思います。

    ユーザーID:

  • そもそも選挙なんて

    これは、マスコミの受け売りではありますが、日本の選挙制度の一番の問題点は「1票の格差」だそうです。なるほどと思いました。だって、誰が見ても民主党に入った票が断然多いのに議席は1つしか変わらないなんて、変です。都会に10議席くらいの枠があって人口が少ないところは3県で1議席とかなれば情勢は大きく変わるのでしょう。そうなれば、もっと民意が比例で反映される選挙になり、政党の政策で投票する意味も大きくなっていくものと思います。

    今の制度では地元の知り合いにお願いする地盤カバン看板選挙から脱することは不可能でしょう。

    ユーザーID:

  • 政策と実績ねぇ

    >>政策、実績で選ぶので有れば

     しかしさ、与党・自民党の政策って、自分らで考えた政策じゃなくて、官僚に書いてもらった政策にしか思えないけど。

    ユーザーID:

  • 場所が違う。

     タバスコさん、貴方は凝り固まっている。
    自分の思想と違う方々を否定なさってる。
    異なる思想の方々を否定する権限は何方も
    持っていません。そんな事さえ理解されない。

    比例区、地方区共に得票数が二位に、後塵を
    拝した方の言う言葉では無いでしょう。
    全選挙権数からの取得数は?計算してください。

    右から左まで色んな考えを持って居る集団が
    人間社会なのです。日本が仮に民主主義国家
    ならば、政府は妥協点を見つけ行政するのが
    民主主義国と言えるのです。

    多数決は民主主義では無い、金をばら撒けば
    いかようにでもなり独裁者国家です。
    タバスコさん貴方は 2ちゃんねる向きです。
    以前、2ちゃんねる の言葉使いを この場で
    見て"えっ"と思いました。貴方でしたか?

    時々、可笑しさ、笑っちゃう、笑、苦笑等々の
    言葉を使用されてる方々がいらっしゃいますが
    その言葉を使った貴方が、皆さんから心の中で
    その様に感じ取られているのを早く御気付きに
    なかれたら良いのに何時も思っております。

    ユーザーID:

  • 政策よりイメージ

    トピ主様とはちょっと内容が違いますが、
    私も政策以外のものが選挙に強く影響していると思いました。大阪選挙区で。

    なんで犯罪者(しかも執行猶予中)に70万票も入るのか私には理解できません。
    しかも、現役当時は反戦や与党批判ばかり繰り返していた人が、
    浪人してからヘルパーの真似事など始めて、
    復活時の老人票でも掻き集めたかったのかといわんばかりの偽善行動。

    そういうニセモノに70万票とは正気の沙汰ではないです。
    ホントに。

    ユーザーID:

  • それは、見方をかえれば、

    >ひとえにネットなどで情報を得て判断している有権者は極少数で

    ネットなどで得た情報が極少数派の意見にすぎなかったことが浮き彫りになったとも言えますね。

    ネットでえげつない民主党たたきをやっている人たちは、自らの無力さにうちひしがれているのかもしれません。

    私も、ネットなどで情報を得て判断している有権者ですが、正直言って、えげつない民主党たたきに腹が立って民主党に投票しました。

    ユーザーID:

  • これこそブラックジョーク

    タバスコ様はどこの党が衰退したことに対して、
    >日本人の政治に対する認識、見識がまだまだ成熟した国家とはいえないことが浮き彫りになったと思います。

    なのでしょうか。
    これが明確にならないと、私などは意見の趣旨を計りかねてしまいます。

    また、どのような選挙結果についても、それが民意というものであると思います。ただ、一人一人の民意を押し曲げるような妄信的な団体票については一考を要すると思いますし、それを強要するような選挙違反などは決して許されるものではないと思います。

    ユーザーID:

  • そうかもなあ・・

    私自身、○泉さんが生理的にダメとか
    宗教団体の力を借りて成り立ってる政党はダメとか
    そういう理由で決めた所もあったし・・

    ユーザーID:

  • 選挙スタイルにも問題があるかも

    車に乗って候補者の名前をひたすら連呼という選挙スタイルには疑問です。どういう方針なのかさっぱりわかりませんね。私だったら選挙権のない小学生をターゲットに、わかりやすくプレゼンしますね。彼らの口から親には伝わるはずです。

    ユーザーID:

  • マスコミの勝利

    自民党と民主党は、最も大事な国の基本政策に大きな違いがあります。歴史問題、外国人参政権問題、そして今一番問われるべき、東シナ海における中国との権益をめぐる軋轢、何れもテレビなどマスコミが取り上げないので、一般の人は知りません。

    又今回の民主党の、具体案のない年金政策、多国籍軍に入らなかった時の自衛隊の撤退と、その後に訪れるであろう、国連主導での参加の、莫大な経費問題などを無視した政策を指摘しないマスコミの報道の仕方は、異常なものでした。
    マスコミは、決して大事な争点は年金でも、イラク問題でもなかったのに、民主党を勝たせたい一心で...。

    ユーザーID:

  • 愚衆政治の欠点

    候補者の頭の中よりイメージで投票してる感は拭えない

    ユーザーID:

  • とか言いつつ

    自民党を指して「利権誘導政治で票を集めていた党」と決め付けるのもイメージのみで見ているとしか思えませんが。
    すでに自民党内の利権派は退潮著しいですよ。旧竹下派も党内の影響力は衰えていますし、今回の選挙でも橋本派は議席を減らしています。私は小泉氏の言った「自民党をぶっ潰す」の真意は利権政治家を追い出して政策で勝負する、という意味で捉えていましたから、そういう観点で見れば小泉氏は確かに自民党をぶっ潰したと言えます。
    大体小沢氏も岡田氏も旧竹下派ですし、以前自民党を支持していた利権団体は今ではむしろ民主党の方にくっついていますよ。
    むしろ今回の結果は自民が利権誘導政治を脱却したが故の苦戦だったと見ています。
    いつまでも昔のイメージを引きずるのはやめましょう。

    ユーザーID:

  • 慶さんに一票

    慶さんと同感です。

    自民党も民主党も同じような政策掲げているのに、
    なんで2大政党なんだろう。
    それがわかってなくて、ただただ小泉さん批判で投票した人、いっぱいいるのでは。

    少数派にはもっと頑張ってほしい。

    ユーザーID:

  • 辻本さんと宗男さん!!

    民主党の躍進は、自民への批判だったように思いました。
    辻本さんは社民党を離脱し、党首も変わりました。
    菅さんも、うっかりで(”国民自身、同世代で75%以上してますが。。。)党首を辞任。。
    一方!・・・もっと対内外に影響の大きい汚職で批判を受けてる宗男さんの対処や高得票は不思議でなりません。。
    小泉さんが自民党首でありながらしなやかに身動きできず、かと言って、国民にとっては小泉さん以外の自民党主は怖い。
    自民党に危機感をもってることが現れたように思えます。

    ユーザーID:

  • あまのじゃくさん

    人間は政治によって如何様にもなってしまうんです。
    人生が左右しかねない事柄に付いて真剣に意見するのは至極当然と考えます。
    歴史をしっかり学んで下さいね。

    それに妥協点は政治家が見出すもので有権者がするものでは有りませんよ。
    批判は強ければ強い程、行政に届きます。ベルリンの壁が崩壊したのも元はと言えば民衆の強烈な批判精神です。
    政治を大事に思っているからこそ批判せねばならないと思います。

    貴方の様に世の中知った顔をして、善良な大人を気取っている人間が多いため今の様な日本になってしまったのではないですか?

    それに想像をするのは勝手ですが自分の思いが皆の思いなどと思わないで下さい。厚かましすぎます。

    ユーザーID:

  • 反自民と言うより・・・

    私もやとーさんに近いかも。
    自民党首の(学生時代を含め)経歴が信用出来無いし、そんな人を党首にしてる政党も信じられないんで、他党に入れました。
    だって経歴には会社員時代なんて無かったよ、経歴詐称じゃ無いの?勤務実体無く厚生年金加入は、違法だよ?
    やっぱり信用出来無い、それが他党を選んだ第一の理由。

    あと実績って・・・社会保険費と犯罪件数と倒産件数と失業者と自殺者が増加して、収入や子供の出生率が減少って実績ですか?

    政策って・・・数字だけで誤魔化した年金改悪を強引に通したり、議会や国民に何も言わずに米国へ勝手に約束して、今でも誤りを認めず自衛隊を多国籍軍に出しちゃったりって強引なやり方ですか?

    やっぱり国民の方に向かって無いよね、聞く姿勢も見せない。全ては海外での受けを判断基準にしてる。そんな人に上に立って欲しくない、これが自民を避けた第二の理由です。

    ユーザーID:

  • そうですか?

    私は逆に今回の選挙の結果を見て、
    意外と国民は冷静なんだな〜と思いました。

    TVでは連日のように小泉政権を非難していたし、
    事前の世論調査では民主党が圧倒的に支持されている
    ような数字が出ていたから、もっと民主党が
    大躍進するのかと思っていました・・・

    正直ちょっと拍子抜けでしたね。

    というか、あれだけメディアに加勢してもらい、
    ツッコミどころも満載の現政権相手だったのに、
    この程度の躍進しかできなかったということは・・・
    ある意味「民主に“も”NO!」だったのかな?

    現政権にはお灸を据えて危機感を煽り、民主党には
    政権取る気ならもっとしっかりしろとハッパをかける、
    絶妙なバランス感覚の上に出された結果のように思います。

    ユーザーID:

  • 突っ込んでいいのかな?nama999さんへ

    愚衆政治じゃなくて、衆愚政治ですよ。

    >候補者の頭の中よりイメージで投票してる感は拭えない
    この点は同意します。
    それに、いずれ本当に衆愚政治になりそうで恐い…

    ユーザーID:

  • 今回の選挙結果は、いい味を出してます。

    日本人の政治的バランス感が、ミルミル成長しているように思えます。

    批判勢力が盛り上がれば、「いや、そこまででもないな。」
    肯定勢力が盛り上がれば、「ちょっと、持ち上げすぎかな。」

    そんな意識から、一人一人が意図的にバランスを取っています。

    私は今回の投票結果は、全ての国民の意図が絶妙に表現された、非常に深みのある物だと思えます。

    自民が負け、民主が僅差で勝ち、なお法案成立の決定力は連立与党にあり。

    如何なる意味にも取れますね。 恐らく、考えられ得る全ての意味が、この結果に反映されているのでしょう。 そしてこの結果は、今後の日本にとって、最も良い影響を及ぼす物になっていると、思われます。

    結果として上手に物事のバランスをとれる。 日本人の持つ、見事な才能です。

    ユーザーID:

  • 鈴木宗男氏について、元北海道民より

    なぜ鈴木宗男氏が高得票なのか、理由は簡単です。彼が北海道に仕事を持ってきてたからです。まぁ今彼が議員に復帰しても仕事が来るとは思えないですが、道民は『どうせならもう一回当選させて鈴木宗男に賭けてみるか』的な気持ちが多かったのではないかと思います。

    私の住んでいたところは片田舎、辺境の地でしたがそんなところの国道でもない林道の砂利道などの道路の整備やその他様々な公共事業を持ってきたのは彼でした。

    その公共事業によってその地域の生活は確実に快適で便利なものになっていました。だからこそ彼を求める声は高かったんだと思います。出口の見えない不況とこの先の生活環境に対する不安が鈴木宗男氏への票に顕著にあらわれてると思います。

    ユーザーID:

  • 力(議席数)の拮抗状態がいい仕事を生む

    人が一生懸命いい仕事をする時というのは、競争相手とデッドヒートで戦っている時だと思いますよ。

    例えば、プロ野球で考えてみるといいです。8回表、13−2で戦っていたとします。この状態で、たとえば1−1の時と全く同じ気持ちで試合できるでしょうか?やはり1−1の時の方が『一生懸命さ』に於いては絶対勝ると思います。

    従って政治の世界も同じで、政治家にいい仕事をさせるには『力(議席数)の拮抗状態』を国民が意識的に作る必要があるのだと思います。それが、2大政党で戦う構造だと思います。

    さらに、2大政党で政権が変わるたびに、『癒着がチャラになる』という非常に重要な利点もあります。そんな意味で、今回の結果はいい感じになりましたね。

    今回の大阪選挙区では、島田伸介さんが応援演説で、『日本は2大政党にならなきゃだめだ。そのために応援する。どこかの党の様に、集票の為人気プロスポーツ選手を連れてくるなんて、国民はバカにされてますよ』と言っていました。特に伸介さんのファンではありませんが、討論番組司会で勉強されただけあって、『いいこと言うなあ〜』と思って聴いていました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧