• ホーム
  • 健康
  • お金はあまりなくても幸せな方、どういう人生を送りたいですか?

お金はあまりなくても幸せな方、どういう人生を送りたいですか?

レス62
(トピ主0
お気に入り9

心や体の悩み

りかりか

私は結婚して3年の、パート勤め主婦で、子供はまだいません。
子供がまだいない友達は、みんな派遣などで、フルタイムで働いています。
フルタイムで働くほうが、もちろん収入はいいですから、友達はブランドもののバッグや、洋服もたくさん、買っています。
”りかりかもフルタイムで働けば、もっと稼げるのに。”と言われます。

でもうちの夫は、私がフルタイムで働くことに反対します。
夫は仕事柄、平日が休みなので、”自分が休みの日にりかりかが仕事だとつまらない”と言います。

夫のお給料とパートの収入では、そんなに余裕はないですが、私は楽しく暮らしています。
確かに、すてきな服をたくさん持っていて、おしゃれな暮らしをしている友達をうらやましいと思いますが、おしゃれしなくても、結構楽しいんです。
お金があまりなくても、楽しく暮らすことはできますよね?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数62

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ほしいモノなんてもうないかも。

     夫と2人、脱サラして起業しました。子供なしの30代夫婦です。収入は脱サラ前の2/3くらいでしょうか。
     でも、、、毎日ずっと一緒で楽しいです。今死んでも悔いはないというくらい、分かり合っているし、ともに苦労も楽しみもわかちあい、生きてる感じがします。
     夫婦なんですから、ともに人生を生きなくては夫婦の意味がないでしょ?

     それに、もうほしいモノなんてないかも。
     賃貸住宅ですが、クーラーがついていて、それなりに服もあり、食べたいものが食べれて、それ以上何がほしいの?ダイヤ?ブランドバッグ?昼間からホテルのランチ?新築の一戸建て?
     
     いろいろな生き方がありますが、自分の望みは自分で決めていけばいいことだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 本当にその通り!!

    りかりかさんと私とは、ほとんど似た状況のように思います。
    私は長い独身時代はずっと仕事して一人で頑張ってましたが職場のストレスなどに弱いのと、夫の希望もあり、パートをする程度で家事に重点を置いてます。

    もちろん明日の食べ物にも困るようなのは困りますが、そこそこであれば精神的に幸せなのが一番だし、私は元々は物欲も強い方でしたが、「ブランド物が好きなだけ買えても空しいだけで幸せになれない」という事がよーくわかったので、今はこの生活にホントに満足しています。

    自分のお小遣いの範囲で趣味の語学を習ったり、高級品でなくても質のいい化粧品を見つけたり、洋服もパリジェンヌを見習って(?)ムダな物は買わず、工夫とセンスで自分らしさを出すようにしていますがこの方がうんと楽しいです。
    だってお金をいっぱい使ってても素敵じゃない人も沢山いるじゃない?

    経済的にもっともっと余裕があった頃と比べても今の方が充実した生活です。
    今後さらに自分の中身と感性を磨いてムダに見栄を張らない豊かで雰囲気のある女性になりたいです。

    ユーザーID:

  • 健康であれば

    私もお金があまり無くても楽しく暮らせると思っています。

    子供はいませんが、夫婦仲良く健康でいられればそれが一番と思っています。

    心にゆとりがあって満たされていると、昔のように物欲も無くなったみたいです。

    ブランド物には、以前から全く興味なしです。

    それに、空き家になった実家の片付けをしていて、ほとんど捨てる物ばかりだった為、処分がとても大変で・・、物を買って物が増えていく事が怖くなりました。

    必要最低限で良いと思うのです。
    本当に必要な物だけで。

    愛する人と仲良く健康に暮らして、お金のかからない趣味を楽しんでいます。

    ユーザーID:

  • 素朴な疑問です

    お金がなくても本当に幸せになれるのですか?
    私の素朴な疑問なのでお聞きしたいです。
    たとえば海外旅行にいって見聞を広げたいと思っても、お金がないといけないですよね。お友達とたまにおいしい料理でも食べたいと思っても、そういう時はおしゃれしたり、そういうものにもお金ってかかりますよね。ボロボロの服で行くのは嫌だし、一人だけ安いものを注文するのも嫌だし。誘いとか断るのでしょうか?
    自分の老後を考えたりするとお金はいくらあっても足りないと思うし心配です。
    病気になった時だってガンにでもなれば莫大な治療費かかりますよね。
    どうしてもお金がなくても幸せ、安心っていいきれるのかなって素直に疑問なのです

    ユーザーID:

  • 私も同じく

    以前は、給料の良い所で働いて、贅沢したりが楽しかった用に思います。
    今の主人と付き合い始めた頃から、仕事よりもプライベートの時間を大切にするようになり、土日祝休みの仕事に変わりました。

    今まで、仕事が楽しかったのですが、今は仕事より、休みの日が楽しいです。考え方が180度変わりました。

    ブランド物より、おいしい洋食屋さんを見つける喜び!
    海外旅行より、近くでも行った事の無い観光地!
    手取り20万でも月一回の焼肉!
    幸せですよ。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 生きるのが楽になりました。

    何かを否定しないでも自分を肯定できる、ということはなんて楽なことでしょう!

    お金がないと幸せじゃないと考えて、一所懸命働いて稼ぐのもステキな人生。
    お金がそれほどなくても幸せを感じられる、というのもステキな人生。

    自分の考え・生き方を肯定するために必死になって違う考え・生き方を否定する。一生をそのことに費やしてしまう、そんな人のなんと多いことか。

    数学の問題を解いてるのではないのです。
    私はこう考えている。それが私の答え。
    あなたは違うことを考えている。それがあなたの答え。

    うまく言葉にできないけれど、私はこんな風に思うようになってから生きるのが楽になりました。

    ユーザーID:

  • ここだけの話(横です)

    「親しき仲にも礼儀あり。」なので彼女には直接言えません。でも誰かに報告したいので言わせて下さい。

    自宅通勤、週2回自分磨きのジム通い、青山のカリスマに流行の髪型に決めてもらい、毎年恒例国内海外旅行、ブランドショッピング、入社当初から「辞めた〜い」そして今も言い続ける今年12年目の銀行勤めで既に名刺の肩書は「主任」。「私って負け犬〜ど〜しよ〜。」結婚願望ありの彼女は「俺40まで結婚するつもりないから」と言う同い年の彼のことを相当気に入ってるのか今もお付き合い。40まで待つか〜?!そんな無責任男別れちゃえ!と本人が気に入ってるだけに言えない。彼女が一生結婚しないと思い込んでた彼女の妹は先に出来婚。

    無い分けないのに「お金ないよ〜」が彼女の口癖。32歳の夢見る夢子ちゃんは「海外駐在員妻になりた〜い。でも料理超面倒〜」駐在員に即却下されそう。法外な高額易者に人生相談。「私ってミーハーだから学生に見られちゃう〜」見られない。言ってるだけの開けっぴろげなB型気質の面白い子ですが、痛いです。

    お金が多少あっても満ち足りてない(本人談)と言うことを彼女自身一番分かってるようです。逆説でした。

    ユーザーID:

  • 素晴らしいコトだと思います。

    トピ主さんも、ここでレスされている方々も、お金だけで得られないものの幸せに気が付いていらっしゃる、素晴らしいことだと思います。

    確かに、あまりにお金がないと食べ物も十分に食べられず、病気になっても不安だし、心まで貧しくなってしまうとは思います。

    けれど、日本人はもう十分豊かになっているということに気がついていない人が多い。
    日本で年収300万円あれば世界で10%のお金持ちに入るそうです。
    今の日本で健康体であれば何かしら働いて糧を得ることはでき、飢えるということもまず考えられません。
    働いてなくても食べている人も沢山いますから。

    そう考えつつもまだ私はお金は欲しいと思ってしまいますが、トピ主さん達を見習って身の丈にあった幸せを大事にしていこうと思います。

    ユーザーID:

  • 素晴らしい

    toshikoさんの言葉いいです。

    ユーザーID:

  • かりんさんへ(tosikoさんに同感です)

    お金が無くても本人が「幸せ」だと思っていれば、他人(かりんさん)が「お金が無くて本当に幸せなの?」と疑問に思っても、その人は「うん、幸せ」と答える以外にないのでは?

    「海外旅行」や「お洒落」や「外で友達と食べるおいしい料理」に興味のない人もいるでしょう。

    逆に、「かりんさんが幸せだと思うそれらの価値観」を御自身が満たしているのであれば、かりんさんは今幸せなのではないですか?

    どんな状況であっても「自分は今幸せ」と言う人に、「本当にそうなの?」と訊ねる事は愚問だし、実際に私も、素直に、何がかりんさんの疑問なのか分かりません。

    強いて言うなら「価値観」の違いとしかいいようがないのでは?
    コップに半分残ったジュースを見て、「もうこれだけしかない」と思う人と、「まだこんなにある」と思える人の違い。

    海外旅行でなくても、図書館の本で見聞を広げられると思う人もいるし、ブランドじゃない普通の服を着ていてもそれなりに見える人もいれば、逆もまた然り。

    私個人的には、日々の暮らしの中で、ささやかな「幸せ」を見つけられる人は、人間的に魅力的だと思えるし、素敵だなと感じます。

    ユーザーID:

  • ↑の続きです

    逆に「もっと欲しい、これじゃ安心出来ない」と常に思っているかりんさんは、客観的に見て、今自分を「幸せ」だと、「魅力的」だと感じますか?

    今かりんさんが、自分の価値観の中での「幸せ」を感じているのならそれでいい話で、「他人が感じる幸せ」に疑問は生じないと思うのですが?

    無意識の中で、そんな自分を「幸せ」だと感じていないからこそ、「お金が無くても幸せを感じられる人」に、疑問を感じるのでは?
    それとも、「かりんさんの価値観以外での幸せ」は「幸せじゃない」とお思いなのでしょうか?

    だとしたら、あなたの疑問に対する、あなたが望む答えは返って来ないと思いますよ。
    穿った見方だったら申し訳ありません。

    ユーザーID:

  • 横です、かりんさんへ

    かりんさんは独身ですか?私は結婚していますが、独身時代の私と考え方がとても似ています。

    私はあなたのような考え方でした。が・・・後悔しています。お金ではないのです。それよりもトピ主さんのように好きな人と暮らせる喜びはとても大きいと思います。私は打算で結婚しました。本当に好きな人を探さず、裕福な安定を選んだ自分を後悔しています。

    お金だけでは、自分が死ぬとき、ああ幸せな人生だったと思えないと思います。

    ユーザーID:

  • かりん様。

    わからなくて、いいんじゃないですか?

    何に重きを置いて生きているかというのは人により違うものですから。
    お金がなくても幸せを感じるという人は、あなたと同じように見聞を広げるために海外旅行に行こうと思ったとしても「何故私は見聞を広げたいのか」ということまではっきりしているし、友だちと楽しむためにはいつもお金をかけなければならないものとは考えていないし、老後や病気の心配も、必要最低限の保険に入ったり毎日の食事や生活をきちんと送ることで今の幸せを曇らせるほどの不安を抱えていたりしない。

    こういう人たちにも色々と願望はあると思いますよ。ただそれは人と比べたりしない分、より純粋でなぜそうしたいのか、なぜ自分にそれが必要なのかということまではっきりわかっている。
    知人にこういうタイプのご夫婦がいて、自分たちにとって何が大切なのかがはっきりわかっているその生き方はシンプルで清々しいです。

    ユーザーID:

  • かりんさんへ

    かりんさんがいってるのは個人的な価値観の違いじゃないですか?かりんさんはお金が一番大事。友達とお洒落なレストランで食事をして自分を着飾って海外にも旅行することがかりんさんにとっての幸せなんですよね。

    海外なんて行かなくても見聞はいくらでも広めらるし、友達と食事に行くのに誰がボロボロの服で行くんですか?ボロボロってどの程度?穴があきまくって色もあせて首や袖口も伸びきった洋服?それとも流行やブランドの服以外はボロボロに分類されてしまうのですか?女性がみんな着飾ってお洒落なレストランで外食して海外旅行に行く事ができなければ幸せじゃないなんて思わないで下さい。そんなことにしか興味がない女性だけじゃないんです。

    お金以上に大事なものを持ってる女性もたくさんいるんですよ。お金では決して買えない愛する人。生活が裕福でなくても愛する人と一緒に暮せるだけで満足と感じられる幸せもあるんです。あなたは金銭的な余裕はあるかもしれませんが心は貧しい、かわいそうな人ですね。

    ユーザーID:

  • tosikoさんへ(横)

    《お金がないと幸せじゃないと考えて、一所懸命働いて稼ぐのもステキな人生。
    お金がそれほどなくても幸せを感じられる、というのもステキな人生。》

    後者はたしかにステキな人生ですが、前者はステキじゃないのですよ、実は。というのも、お金(とそれにより叶う欲望)には際限がないからです。どこまで行っても満ち足りなくて、もっと、もっとと欲しがる状況が続きます。手に入らないと幸せじゃない、手に入った途端、もう興味がなくなってまた欲しい物ができる、仏教でいう餓鬼の状態です。

    お金やモノを欲しがらなくなることこそ、幸せ(心の平安)の第一歩なんです。仏教でもキリスト教でも多分イスラム教でも同じことを言ってると思います。全ての哲学もそうです。

    ユーザーID:

  • かりんさん、私が思うに・・・

    >たとえば海外旅行にいって見聞を広げたいと思っても、お金がないといけないですよね。
    しんすけさんがなんか今回の参議院選挙の時「日本人は日本のために一生懸命働いてきたのに、何で海外に行かないと充実した老後が暮らせないんだ!」とか言ってましたよね。海外行けなくても、ここでの生活が楽しければいいんじゃないでしょうか??
    >お友達とたまにおいしい料理でも食べたいと思っても、そういう時はおしゃれしたり、そういうものにもお金ってかかりますよね。

    ぜいたくが目的ではなく、友達としゃべる事が目的なら、お互い子供づれでファミレス行ってパフェなどを食べて帰るだけでも楽しくないですか?私は、あまりお金のかかるようなお友達付き合いは、ずっと合わせていくのは大変だなと思います・・・。

    「お金はいくらあっても足りない」こう考えていると、いつまでたっても幸せにはなれないと思います・・・。確かに医療費は大変ですけど、若いうちから毎日毎日「私いつか病気なるかも・・・」と思って生活していたらとりこし苦労ですよ。
    以上が私の思ったことです・・・。

    ユーザーID:

  • かりんさんへ

    わたしは別に、

    「海外旅行にいって見聞を広げたい」

    とは思わないです。近場でも拡げられると思うし。
    隣県ですら、行ったことが無い場所があるので、まずは
    そのへんに行ってみるのも楽しいかなって思います。
    海外を否定するのではないですよ。興味が無いのです。

    「おいしいものを食べに行く時に、たっかい洋服を
     着ないと変」

    とも思わないです。
    高いお洋服を着ていないと入れないような肩の凝る
    レストランに行くくらいなら、本当に心から楽しめる
    お店に行って、なごみつつ、食事がしたいのです。

    お金は無いけれど、これ以上稼いでも、なにを買うの?
    って思います。それこそ、自然の中で自由に生きている
    国の人を見ると、細々しいことを気にしている日本人
    って、なんだろう・・って疑問です。

    お金じゃ買えないもの、ってのを、見つけられない人が、
    浪費するんじゃないんでしょうか??

    ユーザーID:

  • 幸せの形

     幸せの形なんて人それぞれですよね。
     自分が幸せだと思っていれば、人からなんて言われようと、間違いなく幸せです。
     逆に、人からいくら幸せそうだねって思われても、本人が満足していなければ、不幸です。
     人の幸せの形を否定したり、幸せの形はこうあるべきと決めつける人は、きっとどこかで自分の人生に満足していないんだと思います。
     かりんさんのような方は、きっと1億円持っていたとしても、決して満足することなく「病気になったら、どうしよう、老後にはもっとお金が掛かる。足りない、足りない!」って、心配して一生を過ごしそうですね。

     物欲ってキリがないですよね。洋服、装飾品とか、たくさん買っても次から次へと欲しい物が出てくる。
     視野を広げるのは、なにも海外旅行しないとできないことではなく、例えばこういう掲示板で「あ、こんな考え方をする人が世の中にはいるのね。」と言うことを知る。これも、視野を広げる方法のひとつです。

    ユーザーID:

  • ご意見ありがとうございます

    みなさまいろいろご意見ありがとうございます。
    私は、別に嫌味とか否定の気持ちで書いたのではないことだけは理解してもらいです。
    実は、自分的に今すごく迷いがあるのです。結婚前提の人がいるのですが、その人は正直言うと年収もあまり良くないし、結婚しても充分な生活は出来ないとわかっている人なのです。
    私の家庭環境はけっこう裕福なほうだったので、今まで味わってきたことが出来なくなると、それが元で喧嘩したりお金の切れ目は縁の切れ目というような羽目になるのではないかと不安なのです。
    だったらお金を持っている人が好きになればいいじゃないかというと、「やっぱりお金じゃない、気持ちなんだ」という自分がいます。
    みなさんのように、お金が無くても充分幸せと言い切れることをとてもうらやましく思います。
    彼の経済力が無いことで、私の親も結婚をよく思っていません。私も何が人間にとって幸せなのか本当にわからないです。

    ユーザーID:

  • そうですね

    まず、あなたの生き方を否定するものではありません。私の考えです。

    お金がなくても、それなりに楽しく暮らせると思います。
    でもお金がたくさんあったほうが、もっと楽しく安心して暮らせるのもひとつの現実です。
    そういう現実に目をつぶってはいないですよね?本気でお金がなくても楽しいと思ってらっしゃるんですよね。家計簿を見てため息をついたりしてないですよね?

    それなら立派なことだと思います。

    かりんさんの素朴な疑問を幸せ論みたいなことで返している方もいらっしゃいますが、本当にかりんさんが考えていることを真剣に考えていますか?
    私は考えて、その結果コップのジュースはなみなみとついで、
    溢れてくるのを飲むようにしたいと努力しています。
    もちろんこれは私の考えであって、あなたに意見強要するものではありません。

    ユーザーID:

  • お願いです>第三者さん

    >あなたは金銭的な余裕はあるかもしれませんが
    >心は貧しい、かわいそうな人ですね。

    どうして、こんなことが言えるのですか。
    書かれた人の気持ちを考えられませんか。
    お願いですからかわいそうな人と呼ぶのはやめてください。

    ユーザーID:

  • 気持ちの持ちよう

    お金があって他人から見れば恵まれていると思える環境にいる人でも、不平不満ばかりではその人にとっては不幸な生活です。
    反対にお金がそれほど無くても、良い事に目を向けて当たり前の事にも幸せを感じて感謝できる人は、他人からは恵まれない環境に見えても、その人にとっては幸せな生活です。

    つまりは、気持ちの持ちようではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 私はこう生きたいかな 1

    お金はなくとも愛する人と一緒に過ごす。これは理想ですねー。でもこれは一番難しいかもしれない。相手に恵まれないかもしれないし、離れることもあるかもしれない。

    もちろん私も愛する人がいるときは二人が幸せになれるよう全力で生きてますが、それはもう縁や運が私に与えてくれる範囲でのことなので、心のどこかでは「お金も相手もいない人生」というのを意識しています。(水をさしてるように聞こえたらごめんなさい。私自身は男性との関係に若干悲観的なので。)

    続きます。

    ユーザーID:

  • 私はこう生きたいかな 2

    続きです。

    そんな私の「お金はなくても幸せな人生」は、「ありがとう」とたくさん感じられて、自分自身も他の全ても慈しむことができる人生です。対象は人間でも動物でも草木でも青い空でもいいですし、日々口にする食べ物でもいいです。自分が多くのものを与えられていて、多くに支えられていることを受け止め、そのことの幸せをかみ締め、感謝できて、その感謝を周りに返していく、そういう人生を送りたいと思っています。(愛する相手にもそういう気持ちで接しています。)

    そして、悪いことやつらいことも、それがきっといいことにつながるのだと、そこから自分は学ぶこと得ることがあるのだと考えて、いいほうにとらえて生きていくことを心がけています。

    いろいろあって今の私、かなり貧乏なのですが、少しずつ自分の考え方がそういう風に変わってきたように思います。とても気持ちが楽だし、落ち着いてきましたよ。

    ユーザーID:

  • いや〜

    お金はあった方が断然幸せな人生送れますよ。

    ユーザーID:

  • tosikoさんに同感!

    >自分の考え・生き方を肯定するために必死になって違う考え・生き方を否定する。一生
    >をそのことに費やしてしまう、そんな人のなんと多いことか。
     
     きっと、自分の考え・生き方に自信を持てないんでしょうね。
     だから、ちょっとでも自分と違う意見を言われると、「いや!そんなはずは無い!私が正しい」ってムキになる。

     働くこと、お金をたくさん持つこと、時間の余裕を持つこと、家族、etc・・・どこに幸せの価値をおくかは人それぞれで、どれも正しいし、どれも間違っていない。
     
     自分も、人も全てを肯定できるようになると、人生楽ですよね。

    ユーザーID:

  • ソフィア様。tosikoです。

    欲望が悪いことだとは思いません。
    私たちは働いて消費して大勢の人と関わって生活している。
    欲望が生まれるのが自然だとも。
    だけど、欲しい物は、ただの物。それを買うためのお金は、ただのお金。
    ただの物とお金です。そのことと幸せにはなんの関連もない。少なくとも私にとっては。
    私たちは俗な世間の真っ只中で生きている。
    私たちは愚かかもしれないけど、メダカではない。
    清らかな水の中で同じ方向を目指して泳げば幸せであろうとは思えないのです。
    色々な人がいて色々な考え方があって、だから世の中は回っていくのだと。それが私にはステキだと思えるのです。
    人は誰でも一生懸命生きているんだ、とどこかで知っている歌のようなことを思います。
    あなたから見れば怠けて見える人も、あなたから見れば強欲な人も、あなたから見れば弱く見える人も、
    誰もがあなたと同じようにベストを尽くしている。
    私はそう思います。

    ユーザーID:

  • ケチケチするくらいならお金はあったほうがいい!

    たしかにお金がすべてじゃないけど、
    ないよりあったほうがいいのかと思います。
    なぜなら私が勤めている会社はお世辞にも一流企業とは言えず、役職者でも月収は世間一般より少ない方だと思います。ゆえに、私の会社の社員(特に既婚男性)はいつも、とってもお金に困っているようです。
    1日のお小遣いが1000円とか、1ヶ月の食費が家族みんなで3万円とか、毎日節約節約と言っています。
    一緒にランチを行くのを渋って「弁当があるから…」と、
    女子高生が食べるような小さいお弁当を5分で食べるランチの毎日、缶やペットボトルの飲料水は絶対に買わない、飲み会で金額を気にしてそわそわしたり、2次会は絶対に行かないとか、絶対にタクシーは使わないなど、細々と節約している男性社員をみるとなんだかなぁ〜と思います。
    奥さんが口喧しいようですが、それで家族の娯楽はどこにあるんでしょうか。「がんばってマンションを買うんだ」とか、「ローンで大変なんだ」とか、いつも話題は節約話。でも本音を言い出せば、少ないお小遣いへの不平不満ばかり。そういった男性社員のぼやきを聞くたびに、お金はあるに越したことはない、と痛感します。

    ユーザーID:

  • かりんさんへ

    自分で稼げばいいのですよ!!
    今の迷いはなくなりますよ。

    ユーザーID:

  • まろさんに同意

    私もまろさんに同意だなぁ。
    お金がなくても幸せは感じる事はあるし、それも
    そうだと思うけど、海外旅行に興味がなくても、
    ブランド物を欲しくなくても、お金があればもっと幸せだと思うよ。

    「愛はお金では買えないけれど、90%の不幸はお金で解決できる。」
    これに限ります。
    そして「愛は得ても、お金がないと愛は壊れやすい」と。
    お金があれば全ててが幸福だとは思わない。
    ただ、ある程度のお金があればより幸福だと思います。

    例えば、子供がどうしても学びたい分野があり留学したい、医学部に行きたいとなった時に現実問題に、お金があれば子供の夢は叶えられます。お金がない為に、泣く泣く子供の夢を諦める姿を見るのは「不幸」だと思います・・・。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧