読書をする訳

レス67
(トピ主0
お気に入り3

趣味・教育・教養

由理

レス

レス数67

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 最近読書してないなぁ

    何故読書をするのか、というと、それは、何故映画を観るのか、何故ドラマを観るのか、等と同じです。
    面白いから、楽しいから、感動するから、ためになるから、・・。

    マンガじゃダメなのか?という事ですが、マンガでも良いんじゃないですか。
    人によって色々ですから。
    私は読書はするけれど、マンガは読まないのですが、最近のマンガは良いものが沢山あるのではないでしょうか。

    今迄、面白かった、感動した、という本はありませんでしたか?
    そういう本に出会うと、そこから広がっていくし、読書の楽しさも分かると思います。

    読書って、映画やドラマと違って、絵や画像がない分、自分の想像力で何倍も楽しめます。

    本を選ぶポイントですが、まず自分はどんな本が読みたいのか、どんなジャンルが読みたいか・・。
    一人の作家の本を読んでみて面白かったら、その作家の書いた他の本をどんどん読みたくなって次から次へと広がります。
    こんなジャンルが好きだなぁ、となったら、同じジャンルの作家の本を試してみる。

    友達に、良かった本を聞いてみて、お薦めの本を教えてもらってはどうですか。

    ユーザーID:

  • 理由というか

    1は、読む理由と言われたら、好きだからとしか
    答えられないです。
    あと、テレビやマンガも好きですよ。
    こちらが駄目ってことはないです。
    テレビやマンガの方が好きであれば、それで
    いいのでは?
    逆に無理に読む理由はなんですか?

    2は、私は推理小説が好きなので、本屋で見て
    面白そうだなと思った作品を読んだり、
    HPで読んだ感想をアップしてくれているのを
    読んで、それを参考にしてます。

    ユーザーID:

  • う、、、ん。。。

    そんなに深く考えなくても、、と思ってしまったのは私だけでしょうか・・・?

    1、娯楽です。漫画や映画、テレビと同じです。
    2、興味があるものしか読みません、なので読んでいて眠くなるようなら(興味がわいてこなければ)もう読みませんん。

    私はこんなですが他の方々はどうなのかな???

    ユーザーID:

  • そだった環境かも。私の場合は。

    こんにちは。私は読書好きの女、38歳です。
    なぜ読書をするのか?
    私は子供のころ、凄く病弱で、友達と
    余りそと遊びもできませんでした。
    たまたま親がものをかく仕事をしていて
    母も文学少女だった人で、うちに本がいっぱい
    あったんです。寝ながらできること、それは
    読書しかなかったので自然とスキになりました。
    環境による、といえるかもしれません。
    本と言っても今は、おとなむけの童話みたいな
    きれいな本とかありますよね。
    古本屋さんなどで、久しぶりに大草原の小さな
    家などをてにとって読みたいなと思ったりします。

    テレビで見たドラマの原作を読みたくなったり
    したら、買いに行くのもいいし。
    最初で挫折する場合もありますよね。
    きっと、あまり自分の興味をひかないんですよね。
    漫画だっていいとおもいますよ。ただ読書で得られるのは
    文字からの感動です。
    だからめで見て感動する漫画も、それはそれでいいと
    思いますよ。

    周囲で本を読まない人もいます、推理小説なら読む人、うちの夫みたいに仕事のノウハウ、経済関係だけ読む人、
    など色々いていいのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 私は・・・

    1 なぜ読書をするのでしょうか?テレビやマンガはだめなのかな?

    本が面白くてしょうがないから・・ですかね。
    何にでも興味を持ってしまうし、知りたがりな性格なので
    読書はとても楽しいです。
    幼い頃から妄想癖があったのも関係してるかも。
    もちろんテレビも良く見るし、漫画も読みますよ!

    2 本を選ぶポイントは何ですか?
    装丁の好みだけの場合もあるし、内容、好きな作家等、
    選ぶポイントは様々ですね。

    趣味の一種だと思うので、好きになれないなら、
    無理にしなくてもいいのでは・・・?

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • う〜ん・・・好きだからじゃダメ?

    そんなに深く考えなくっても???って私も思いますが・・・。

    1)楽しいから。マンガもテレビももちろん好きですよ。でも比べるものではないような・・・。テレビに本の代わりはできないし、マンガ以外の本にマンガの代わりはできないと思います。(まあ暇つぶしにもなる、という意味では共通ですが)

    2)本屋さんには悪いけど、必ず2〜3ページは立ち読みしてから買います。どんなに面白そうな装丁してあっても、どんなに話題になってる本でも、読んでみると自分に合わない物って結構あります。その場合は買いません。

    読書は好きですが、本の虫ではないので、つまんないとか難しいって思ったら、やっぱり読まないですヨ。

    ユーザーID:

  • そんな悩むことではないような

    1 なぜ読書をするのでしょうか?
    純粋に本を読むのがすきだからですな。

    >テレビやマンガはだめなのかな?
    漫画は本の一種だと考えていますので、
    私の場合は「読書」です。

    テレビも悪くないとおもいます。
    ただその特性上私自身の優先度は最低なため、
    もう2年程自宅のテレビは使ってないです。

    2 本を選ぶポイントは何ですか?
    表示&タイトルを見て、気になったら
    数ページ試し読みしてから買います。
    5行で挫折する場合、買わなくてすみます(笑

    買ったはいいけど、ちょっとヘビーすぎて
    いまは読む気がしない場合、長い休み用の
    待ちリスト(現在2冊)に積み上げておいて
    別な本を読むようにします。

    気分の乗らない時には旅行記とか料理本などの
    写真やイラストの構成比が高めのものを
    選ぶと気軽に読めていいです。

    ドラマ、映画、漫画の世界にも最近は書籍を
    原作とする作品が結構ありますので、
    その辺に手をだしてみるといいかもしれません。

    何れにしても義務教育中の小中学生じゃないんだから
    本が読めないくらいで悩むことはないです。
    字が読み書きできないわけじゃないでしょ?

    ユーザーID:

  • さきさん

    >逆に無理に読む理由はなんですか?
    世の中、「読めよ!読めよ!」になっていませんか
    小学校でも…、新聞でも読書フォーラムなんて特集を組んでいる…。読書をしないと人間は、良くないみたいに感じるからです。

    ユーザーID:

  • 趣味

    1 なぜ読書をするのでしょうか?
    趣味です。
    トピ主さんの趣味は何ですか?
    ゴルフ好きがゴルフ場へ通うように、映画好きが映画館へ通うように、カラオケ好きがカラオケへ通うように・・私は本屋や図書館が大好きです。
    活字を追う事は苦ではなく、至上の喜びです。
    ちなみに、漫画やテレビ(特にドラマ)はあまり興味ありません。

    活字の世界は、与えられるものだけでなく自分の想像力で何倍も楽しめるけど、ドラマは内容が良くてもキャスティングで入り込めなかったりするからかな。

    2 本を選ぶポイントは何ですか?
    人気のある作家は読むようにしています。
    これは図書館で借ります。
    気に入れば、その作家のほかの本を自分で買って読みます。

    新聞の書評や文庫目録(よく書店につるしてあるヤツ)も参考にします。
    自分で買うときは割と下調べをして趣味にあいそうなものを選ぶタイプです。

    ユーザーID:

  • 趣味の一環ですから

    私にとって、読書は趣味の一環です。スノーボードで遊んだり、楽器を演奏したり、英会話を習ったりするのとなんらかわりはありません。
    時間が無くて長いこと読書が出来ないと、禁断症状が出てきてイライラします。
    実際、半年前に結婚してから、ずっと忙しくて本を読む時間がなかなか取れなかったので、いい加減ストレスで切れそうになってここ一ヶ月は読書に当てる時間を意識的にとるようにしているほどです。

    ですから、1に関して「何故読書をするか」と言えば、好き嫌いの問題で、トピ主さんが興味もないのに本を読む必要は全く無いと思います。ちなみに、漫画や映画も好きですよ。(最近、自分の嗜好に合ったドラマに出会えないので、ドラマは見ていないですが。)

    2に関しては、私は好きな作家を見つけると、その人の本を読み倒す傾向があります。移動時間の暇つぶしのためだけなら、ライトノベル系の推理小説を好みます。後は友達の勧めてくれた本、なども読みますが、ベストセラーはなんとなく読まない傾向にあります。これも、ただの嗜好の問題です。

    ユーザーID:

  • 愉しみだから

    1.ただ好きだから。
    漫画も読みますよ。漫画雑誌も月3〜4冊読むし。コミックスも買うし。
    テレビは夫のゲーム専用機と化してるのでほとんど見ませんが好きですよ。
    何かを読むのが好きで好きで。ここに来てる理由の一つでもあります。
    楽しいからしてるだけです。

    2.ジャケ買い(装丁で選ぶ)はほとんどしません。私その辺のセンス悪いので。大抵ハズします。
    内容をぱらぱら見て興味がわいたものとか、ネットで誰かが薦めてて興味わいたものとか、知りたいことについて載ってそうなものとか。

    せっかく本屋さんで手に取るのなら、最初の1,2Pを読んでみて読めそうなものを買うほうがいいですよ。
    どうも頭に入らない、反りが合わない文章ってありますから(私の場合昔の翻訳ものですが)。

    養老先生のは、なんだかんだ言っても学者の本だから文章的にはわかりにくいかもですね。いきなり大人向けにこだわらずとも、
    お子さんが好きな漫画とか本とかあるようでしたら貸してもらっては?
    あと小町にも、本を教えてトピは沢山あるので、そこで薦められてるものを見てみるのもいいのでは?

    ユーザーID:

  • えーっとねー、

    1)
    最大の理由は『好きだから』ですが、最近、一種のリセットボタンであることに気がつきました。仕事から帰ってきて家事をするまでにちょこっと読みますと、ひと区切りつくのです。会社で嫌なことがあっても、家にひきずらずにすみます。一時的に別世界へ没頭できるからかもしれません。
    漫画もありですが、漫画は読み終えるのが早いので少し物足りなく思います。テレビももちろんOKですが、ちょっと別物です。「読む」のがポイントなのかもしれません。
    寝る前に読むのも気持ちよく眠りにつけて好きです。


    2)
    目についた本です。その時、意識的にしろ無意識にしろ気になっているから目に付くのですから、たいていは面白く読みます。たまにハズレますが、ハズレた本は途中放棄。
    あと、この作家いい!と思ったら片っ端から読んだり。気に入りの作家を見つけるには…、私は本屋なり図書館なりで実際に手にとってみたら、見つかったということが多いです。

    面白いと思える内容でないなら読み進めなくても普通です。私もそうです。面白いと思える作家なり興味あるジャンルなりに出会ったら自然と読み進むんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:

  • マンガも大好き 1

    まんがも好きだけど小説とかも好きですね。
    質問のお返事ですが 

    1.知らない世界を知ることができるからかなぁ。10年ほど前プーケットのホテルで「ASIAN JAPANESE」という本を読んで「こういう人生もアリなんだー」ってかなり影響を受けてしまいました。

    2.私はノンフィクションものが好きなので、看護師をしていた頃は闘病記や渡辺淳一の医療系の小説(それ以外のはストーリーが色っぽく似たように感じて好きではない・・)、旅行記や最近ではすでに老人夫婦のような穏やかな生活の私達夫婦なので「このままじゃイカン!」と思いハーレクインロマンスっぽいのをよく読んでます。(でもこれもなんかストーリーがどれも似てる・・)

    ユーザーID:

  • マンガも好き 2

    続きです

    つまり私の「本を選ぶ基準」は自分の興味あるものだけ・・です。ベストセラーになってるのを見ても飽きてしまうんです。

    由理さんがもし映画が好きなら映画の原作(内容が微妙に違ってたり詳しく書かれてるので)やマンガやドラマの原作なんて読みやすいんでは・・。私は「マディソン郡の橋」や「シックスセンス」は好きでした。
    あとおススメは「ダメ犬グー 11年+108日の物語/ごとうやすゆき著」です。かわいいイラスト入りのエッセイで、私は帰宅途中の列車の中で読んで号泣しました・・(汗)。イラストがかわいくて読みやすいんですが何度読んでも号泣でした。

    あまり無理せず楽しんでくださいね。

    ユーザーID:

  • 選び方が悪いのかも?

    1.単純に楽しいから。面白いから。知らなかった事を知りたいから。・・・かなあ
    マンガも好きですよ。すっごく面白いのもたくさんありますよね。
    テレビはちょっと苦手です。

    2.まず、1つ面白い物を見つけたらその作家さんの別の作品も読んでみます。
    あらかた読み終わったら、作品の中やあとがきに出ている他の作家さんの名前や作品をチェックします。
    あとがき等に一緒に名前の出てくる作家さんは、大抵似たようなジャンルで時代も近い事が多いので当たり率が高いです。

    装丁で選ぶのはハズレが多くないですか?作家さんがやってるわけじゃないんだし・・・
    エッセイも、同じ作家さんでも語る内容によって興味が持てるか持てないか変わっちゃうんじゃないかなあ。
    短編小説とか、面白かった映画の原作とか読んでみるのはどうでしょう?
    原作を読んでから映画を見てガッカリ〜って事は多いですが、映画を見てから原作を読んでみたらガッカリ〜はそれほど多くない気がします。
    原作を読んでからもう一度映画を見てみると、それまで気付かなかった細かい所がわかったりするのも楽しいですよ。

    ユーザーID:

  • 本大好き

    1・私は幼い頃から本好きです。改めて何故? と考えると、家庭環境が大きいのかもしれません。
    うちは母が大の読書好きで、毎晩絵本を読んで貰っていました。
    だから私にとって読書は、趣味というより習慣です。
    年長組の息子がいますが、やはり毎晩絵本を読んできかせています。息子も既に本好きです。

    2・私には「読まなくちゃ」という意識がありません。図書館、書店で題名や表紙に惹かれた本を手にとりますが、「合わない」「おもしろくない」と思ったら、そこで読むのを止めてしまいます。
    面白い本に出会ったら、その作者の本は一通り読みます。

    少しでもアドバイスになれば幸いです。

    ユーザーID:

  • いろんな読書がありますが

    活字が手元にないと落ち着かない活字中毒者です。

    1はまず、純粋に楽しいから。自分以外の世界を
    知るのは楽しい。それから仕事上必要だから。あと、知識、世界観を深めたいとか、教養を得るために読むこともあります。
    新明解国語辞典(←すご〜く独断と偏見に満ちた
    楽しい国語辞典なのです)によると、
    読書とは教養のために読むもので、楽しみのための
    ものではないそうですが(笑)
    趣味の範囲ですから、マンガでもテレビでもだめってことはないのでは。活字だけの方が自分の想像力がいるから疲れる人は疲れるみたいですが。

    2は、図書館派なので、その分野でタイトルから興味のひかれるものを手にとって、ざっと中身を見る。好きな感じの文章はざっと見ればわかりますから、気に入ったら借りる。
    で、外したなと思ったら、全部読まないで返す。
    読書って「自分がつまんなかったら、全部読まなくてもいい」という自由もあるんですよ。

    もっと気軽に楽しめるとよいのではないかと。
    お子さんと一緒に絵本とか児童書から入っても
    楽しいですよ〜(児童書も好きなのです)。

    ユーザーID:

  • LDという病気をご存知ですか?

    ラーニング*ディスアビリティーと言って、読む、書く、話す、聞く、想像する、等の事柄の一つもしくは複数について、困難をきたします。

    有名な人では、トム=クルーズは本が読めず、台本を人に読んでもらって覚える事で知られています。 
    耳で聞けば理解でき、考える事も出来、そして覚えられるので、いわゆるIQが低いのとは分けて考えられます。
    勉強する機会が無かったわけではなく、十分な訓練の後にも習得出来ないので、一般的な文盲とも違います。

    一度図書館へ行って、目の見えない人の為の“読み聞かせ”テープを借りてきて聞いてみたらどうでしょうか?

    読書を楽しめなければ、無理して読む必要は無いと思いますが、多くのLDの人達は、勉強が苦手であったために、自分が“頭が悪い”と思い込んでしまっているそうです。 
    もしかしたら、“読む”ということだけが苦手な障害の可能性もあるということでレスしました。 

    ユーザーID:

  • 何故なら、読むことと書くことは心の安定に良いから

    1 なぜ読書をするのでしょうか?テレビやマンガはだめなのかな?

    テレビ・漫画・映画は、食べ物に例えれば、お菓子や果物という感じ。(私はみな好きですよ。)
    で、精神的な主食としては、本ということになります。
    特にいい本に巡りあった時の感動は、他とは違う独特な感情の盛り上がりがあるからだと思う。

    2 本を選ぶポイントは何ですか?

    評判になった本、または受賞作家などの作品に関して、ネットなどでその感想を見ます。
    あとは、趣味的な傾向で、時代小説、人間心理・行動系、好みの作家(短編が上手い人や同世代の人)などの新作をチェックしています。

    読書は、どんな本でもいいから感動するものに出会うまでは、好きになれないかもしれませんね。
    私でも、だいたい10冊購入の内、1〜2冊は途中でつまらなくてやめます。(でも半分くらいまでは読みますが・・・。)

    まあ趣味と考えて、気楽にゆっくり進めていけばいいのではないかな。そのうち、心に変化がでてくると思いますよ。

    ちなみに、書くことも精神衛生上とてもよいことが最近理解できました。これはこの小町のおかげです。

    ユーザーID:

  • なんでかな・・・

    本に興味がないのに、どうして読みたいと思うのですか?

    どうして漫画やテレビをみますか?読書ではいけないのですか?と問われたらどう考えられますか?
      「だって面白いから」
    ではないですか?

    本が好きな人は、面白いから読みます。
    私は字を見ているのが好きだから読みます。
    チラシや雑誌の広告。時には薬の効能書きを、飽かず眺めていることもあります。
    電車の中吊広告を眺めならがら、電車の中を移動していることもあります(もちろん混んでいないときですが)

    私が本を選ぶポイントは、勘以外ないですね。
    「だめだ。合わないなっ」て思ったら、無理に続けません。次の本を読みます。相性のよい作家さんに出会えたら、シリーズなどで読むと面白いですよ。

    ドラマが好きなら、最初はそのノベライズや原作に挑戦してみるのもよいかも。イメージがわきやすいし、削られたエピソードなどが書かれていておもしろいですよ。

    ユーザーID:

  • 別に無理して読まなくても・・・

    別に無理して読まなくても、いいんじゃないかと思うのですが・・?

    私的には、
    1.本を読むのが楽しいから。ついでにマンガも映画も大好きです。
    2.好きな作家さんの本は全部買ってしまいます。

    そうですねえ、ご年齢的には、油の乗り切った女性作家のエッセイなどから入られてはどうでしょう?
    親しみやすく、呼んでいて笑えるものも多いですよ。
    佐藤愛子の「何がおかしい!」とか、
    氷室冴子の、「冴子の母娘草」とか、抱腹絶倒でした。

    ユーザーID:

  • トピ主さん

    新聞読んでるじゃないですか
    新聞だって読書になりますよ。
    小説とかもあるでしょ?
    そんな風潮を新聞も読まない人は知りませんよ。
    私はそんな風潮知りませんでしたし、流行を追っても読めない人は読めないと思いますけどね

    ユーザーID:

  • とにかく好きだから

    出かけて空き時間に活字がないと落ち着きません。ぼ〜っとあまりしていたくないのかな?とにかく、好きです。漫画もよく読みますよ。とにかく「字が好き」です。

    私が好きな作家は「宮本輝」さん。でも一人の人をず〜っと読んでると内容は似てるので飽きるんですよね。そんなときは本屋で他の人を探します。「灰谷」さんとかも好きですね。でも大江さんとかは私も眠くなりますよ〜。

    どなたかが「読め」って風潮が強いっておっしゃってましたけど、近頃の子供の勉強って、結構読解力が大切みたいですよ。先日小1の息子の算数の宿題を一緒にやりましたが、答え自体は単純ですが、読解力がないと親でも・・・??・・・っていう問題でした。だからやはり大切だとは思います。

    良いのは自分にあうジャンルを探せばいいんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 読書は能動的です

    > 1 なぜ読書をするのでしょうか?テレビやマンガはだめなのかな?

    テレビやマンガは受動的にすることですが、読書は能動的にすることです。
    同じストーリーでも、すでに視覚表現されているものは、作者の解釈を追っているにすぎません。文章表現だと、自分の想像力を使うことになり、とても刺激を受けます。
    わたしはマンガも好きですが、あれはセリフ付きの絵の連続であって、読書とはまったく別物と思っています。

    世の中が読書をいいことだと認めているのは、思考力や論理的に考える力を養えるからだと思いますよ。読書をしない方の書いた文章は、やはりそうとわかるものです。

    > 2 本を選ぶポイントは何ですか?私は、売れっ子でない作家で、きれいな表紙のものを手に取るのですが、5行ぐらいで挫折…。

    わたしは主に書評とか口コミです。
    信頼できる作家だとわかったら、作家つながりでも読みます。

    苦手なら、売れっ子作家から試してみればいいじゃないですか。マイナー作家を表紙買いなんて、外れる確率が高いから、わたしはほとんどしません。

    ユーザーID:

  • 訳・・・といわれると・・・。

    1 なぜ読書をするのでしょうか?テレビやマンガはだめなのかな?
    本を読むのが好きだから読みます。テレビやマンガも好きですが、例えば原作付きのマンガや映画だと原作本の方を先に読みます。自分の想像の世界で作品世界をイメージするのが好きだからです。

    2 本を選ぶポイントは何ですか?
    まずは好きな作家の出してる本は必ずチェックします。あとは書評などで紹介されているものや好きな作家が推薦文を寄せてたりする作品で「ピン!」ときたものを選んだり、同じような読書傾向の友人と情報交換したりしています。

    試しに「読書の効用」で検索してみたところ、子供にとって読書とは「思考力・集中力・読解力を養う上で大事なもの」だそうですね。私自身は特に自覚はありませんが、昔から国語のテストと英語の読解問題は、特に勉強せずともいい点数をとれていたのは、そのおかげかもしれないなあと思いました。

    まあトピ主さんは学力がどうのこうのという年齢でもないのだから、堅苦しく考えずに、読書が苦手だったら無理せずに、何か足りないと思うのだったら他の何かで補えばいいんじゃないですか?

    ユーザーID:

  • でも、小町は読めるんですよね

    あのー、小町は読んでるんですよね。
    他の人のトピにレスも恐らくされたことはあるんですよね。

    それに何よりトピたてたんですから、このトピについたレスも読むつもりですよね。
    まさか、レスも5行で挫折しませんよね。
    (このレスも、もう、5行越えてますが)

    小町に参加できるということは、小町の文章は読めるのですから、少なからず書き物も読めるということでしょ。
    (トピ主さん、ついてきてるか〜?)

    それとも、パソコンの画面を通さないと読めない体質になったのでしょうか?

    もしかしたら、私のレスには興味がなくて、お手上げか〜?

    お〜い、読んでるよね〜?
    なんか、書いてて不安になってきたな・・・

    ユーザーID:

  • 横から一言

    質問の趣旨からは離れますが一言。

    本を読む力、もっと広く言えば、長い文章を読んで理解する力は、練習を積み重ねないと身に付かない能力なのです。

    マンガだってそうですよ。
    あれは小さいころから読み続けているから自然に読み方が身に付き、それで楽しむことが出来るのであって、マンガなんて読んだことがない人が何かの機会に読もうとしても、まず理解できないはずです。

    >世の中、「読めよ!読めよ!」になっていませんか
    >小学校でも…、新聞でも読書フォーラムなんて特集を組んでいる…。

    子供に読書を勧める運動は、この能力を子供のうちに身に付けさせておけば先々便利だからということでしょう。
    このような運動が盛んなのは、本来読書指導は学校で授業としてきちんと行うのが筋なのですが、昨今の教育事情ではそれがままならないからでしょう。

    トピ主さまは残念ながら読書能力を十分に身に付ける機会が無かったようですね。
    それならそれで無理に本を読まなくてもいいのではないかと思います。別に困ることは無いでしょう。

    もちろん、これ機会に一念奮起して読書能力の獲得にチャレンジするのも有意義だと思います。

    ユーザーID:

  • 読書は習慣、かな?1

    私にとって読書は生活習慣の一部です。小さいときから本は身近にあったし、今ではなんでもいい、活字のものならなんでも読みたい、活字中毒です。
    漫画もかなり読みますよ。活字があるし。
    ただ、趣味が読書、というと頭よさげ、まじめっぽい感じに受け取られます。別にまじめじゃないんだけど。

    由理さんがあんまり読書が好きではないのに、本をよまなきゃと思っているのは、やはり読書の持つイメージ、またはそれをしつこく勧める人がいるからじゃないですか?

    本は無理して読むものではないです。読書は習慣のようなものだと思っています。活字中毒の私にとっても、活字を目でじっくり追うのは結構苦痛なんです。だから、飛ばし読みが多かったりします。
    習慣がないのに、いきなり難解なものや分厚いものを読むのは無理なのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 読書は習慣、かな?2

    前置きが長くなりましたが、
    1 なぜ読書をするのでしょうか?テレビやマンガはだめなのかな?
     面白いと感じるからです。これはお酒やタバコをおいしいと思うから呑むのと同じで、その習慣のない人には理解できないおいしさ=楽しさだと思います。
    楽しむという意味では、TVや漫画でもいいと思いますよ。今まで読書ぎらいで困ったことはありませんよね?

    2 本を選ぶポイントは何ですか?
     最初何ページか読んでみて、すんなり読めそうな本を選びます。面白かったら、その作者の本を徹底的に読みます。

    読書なんて高尚な趣味じゃないんです。ただお話を読みたいだけ。漫画を読むのと同じです。大人だから難しい本を読む必要もなし。コバルトのような、漫画を活字にしたような軽い文体の本や、ちょっと厚めの絵本とかからはじめてみたらどうですか?コバルトや絵本は私も大好きだし、今でも読んだりします。
    自分が読むのに苦痛を感じない作家、文体、ジャンル探しからはじめたほうがいいと思います。5行で寝てしまうような本は、あなたにあってないのだと思います。

    ユーザーID:

  • 夢見る葡萄(本を読む女)

    ↑がつい最近、NH○ドラマで放映していました。それは本が大好きだった林真理子さんの実母の若かった頃の実話です。読書とは他の世界、知らない世界を知る事が出来る素晴らしいものだとありました。テレビもなかった時代、読書は唯一知らない世界を知れる手段、又は現実逃避だったのでしょう。

    テレビもネットもある現代、読書は必ずしも必要であるとは思いません。しかし、読書ではテレビやビデオ、映画とは違った味あいがありそれを楽しむ事が出来るなら読書は楽しいものです。でも読書が苦痛だと思うなら別に無理しなくてもいいのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 読書大好き

    小さい頃から本が大好きで、誕生日クリスマスのプレゼントはいつも本を欲しがって買ってもらっていました。

    今2児の母なり、子供も読書好きにしたくて毎日読み聞かせをしたり、頻繁に図書館に連れて行ったりしています。
    漫画も大好きで、家にどんどん本がたまっていくのが悩みです。

    人それぞれ楽しみ方も違うし、無理に本を薦めませんが、自分にとって本は違う世界に行けるところであり、疲れた心を休ませることのできる癒し効果もあるように思います。
    すぐに挫折すると仰っていましたが、読みかじりでもいいと思いますよ。
    私も本屋さんや図書館で目次を見て、興味のある所だけ読んで満足したりする事もあるし。
    今暑いので涼みがてら図書館でいろいろ読みかじってはいかがでしょう。

    ユーザーID:

  • 興味ある内容のものを

    > なぜ読書をするのでしょうか?テレビやマンガはだめなのかな?

    マンガはジャンルが狭いし、同じ一冊でも内容が薄いし。
    テレビは場所も時間も拘束されてしまうし。
    その点、文庫本なら通勤や待ち合わせの際など、
    ちょっと手持ち無沙汰な時にちょうど良い娯楽になるから。

    > 本を選ぶポイントは何ですか?

    日常で気になったキーワードを取上げている本を探し、
    そこから展開していくことが多いですね。

    例えば、知人が鬱病だと聞いて、その手の本を読み、
    次は、その文中で紹介されていた心理学系の本を読み、
    面白かったのでその著者が書いた他の本を読み・・・という具合に。

    レジャー先の土地に関する歴史本を読むのも好きです。
    散歩中、近所に徳川家光の家臣の墓というのを見つけて、
    家康や家光に関する本を読みまくったこともあります。
    以来、そのお墓には、祖父母のお墓くらい親しみを持って
    手を合わせてしまいます。

    いつも5行で挫折されるそうですが、私は最初の2〜3頁読んでみて
    続きを読みたくなるかどうかも、選ぶポイントにしていますよ〜。

    ユーザーID:

  • 読書は快楽だから

    1、なぜ読書をするか
    よく言えば好奇心を満足させたいから。悪く言えば人の(架空であっても)人生を覗いてみたいから。自分が勇気がなくて出来そうに無い事(探検でも不倫でも)をバーチャルで体験してみたいから。
    それから、
    元々「ヘリクツ」こねるのが好き、何でも定義づけしないと落ち着かない、という性格なのでああだこうだと解釈してるのを読むと気持ちの落ち着け所が出来て安心する。
    つまり読書は自分にとって気持ちのいいこと=快楽だからやってしまう、というところです。

    1、なぜテレビや漫画ではダメなのか
    画像が伴うと想像の世界が限定されてしまう、自分勝手な世界が創れない。

    2、本を選ぶポイント
    1、の答えの「なってみたい」「体験してみたい」「知りたい」「へりくつこねたい」欲望を満足させられそうかどうか。
    本屋でパラパラめくって↑の観点から興味引かれる文章がありそうだったら買います。

    ユーザーID:

  • 読書をすること 1

    娯楽本は好きだから、教養書は教養のために読みます。

    >世の中、「読めよ!読めよ!」になっていませんか
    なっていません。日常的に「読めよ」と強要されているわけではないでしょう?

    >小学校でも…、
    小学生の段階である程度本を読めなければ、その後に本を読めるようになるのが困難だからではないでしょうか?そのまま成長して、本とは無縁の生活になるかもしれません。それに、小学校は義務教育機関で、教養を身につけさせるのが目的ですから、本を読むことを勧めるのは至極当然だと思います。書物には、多くの知識・教養が埋まっていますから、それを読み解く能力を育むべく指導するのは当然でしょう。

    >新聞でも読書フォーラムなんて特集を組んでいる…。
    それは、新聞を読む人間に読書をする人間が多いからではないでしょうか?そして、読書をする人間にとって、そういうものは便利ではあっても、困るものではありませんから。

    >読書をしないと人間は、良くないみたいに感じるからです。
    それは被害妄想では?
    読書をしないよりはした方が良いと思います。ただし、読む書物にもよるでしょうけど。

    次レスで、読書をするための提案をします。

    ユーザーID:

  • 読書をすること 2

    >テレビやマンガはだめなのかな?
    テレビ・マンガ・書物、それぞれ得られる物が違います。どれか1つだけでは足りないでしょう。ただ、圧倒的に書物の有する情報量が豊富なのは言うまでもありません。

    読書を出来るようにするための方法ですが…
    トピ主さんはマンガや映画、ドラマは見ますよね。そうであれば、それらの原作小説や、マンガが原作で小説化されているものがあると思います。それらを読んでみるのはいかがでしょうか?マンガ・映画・ドラマを見てから本を読めば、新しい本を読むより読みやすいと思いますよ。

    また、児童書を読むというのも良いと思います。児童書は、比較的読みやすいものが多いですよ。本屋で店員に聞けば、お勧めの児童書一覧を見せてもらえると思います。

    教養書を読みたければ、ニュースなどで扱ったのと同じ題材の書物を読むのもよいと思います。入門書や児童向けのもの、「誰でも分かる〜」と銘打った物から入り、徐々に難易度の高いものにしていけばよいと思います。

    まずは、読み癖をつけることから入りましょう。

    もし、児童向けなんて恥ずかしいとかプライドが許さないという考えがあれば、その考えを捨てましょうね。

    ユーザーID:

  • 本好きですが、

    1 なぜ読書をするのでしょうか?テレビやマンガはだめなのかな?

    ズバリ、自分の心を知るためです!(←えらそう?)
    私は特に、もやもやした気持ちのときに本屋によく行き、いろんなジャンルの本を見ます。
    そこで、一番心に残った本や、欲しいなと思った本のジャンルを見て、自分でもよくわからない自分の気持ちを知ることができます。また、その本から、何かのヒントを得ることもできます。

    自己啓発の本を買う→もっと頑張りたいとき
    哲学系や三国志みたいな本を買う→人生について悩んでいるとき
    困難を乗り越えた人の本やドキュメントを買う→つらいとき
    はやりの小説を買う→世間の流れについていきたいとき
    などです。

    もちろん、テレビやマンガでも十分ですね。ですが、本屋の落ち着いた雰囲気が好きですし、選択肢も本のほうが多い(本屋さんにあるマンガと小説・文庫等の冊数の違いや、テレビのチャンネル数など)と思います。

    2 本を選ぶポイントは何ですか
    上記より省略します。

    >世の中、「読めよ!読めよ!」になっていませんか
    同感です。

    ユーザーID:

  • 大きい本棚が欲しい……

    もうみなさんお答えになっていますが、
    1の答えは面白いから、ですね。
    読書は純粋な娯楽として楽しんでいます。同時にマンガなんかも読んでいますよ。小説には小説の、マンガにはマンガの楽しみがあるからです。

    2の本を選ぶポイントですが。
    好きなジャンル、好きな作家を選んでいます。興味の無いジャンルの本を読めば眠くなるのは当たり前ですよ。
    逆に好きなジャンルだと、(ああ、まずい。読むのやめて寝ないと明日に響く)とおもいながら、やめられなかったりしますね。

    というわけで、自分の好きなジャンルの本を買えばいいのではないでしょうか。
    31男さんも指摘されていますが、好きなドラマや映画の原作やノベライズから手をつけるのがいいかもしれません。
    特に原作本だと、ドラマ化や映画化の際に変更されたり省略されたりした設定があったりして、それを見つけるのも楽しいですよ。

    ユーザーID:

  • 無理に読もうとしなくても。

    本を読む楽しみのひとつは、その場の情景とか、人物の風体、心情を想像することですね。TVやマンガも好きだけど、画像・映像だと「この人物はこういうひと」という製作者のイメージを提示されちゃうので、自分のイメージと違うと、ちょっと入りこめなかったりします。もちろん、画像・映像ならではの面白さもありますが。(「ネヴァーエンディングストーリー」とか、「あしたのジョー」とか)

    あくまでも「読書」にこだわるなら、詩はどうでしょうか。「ことば」を読み、かみしめ味わい、その情景を想像してみる。

    雑用に追われないよう、時間にゆとりを持ってあれこれ思いをめぐらす。時間を超え、空間を超え・・・

    あー、楽しそう。いつもガツガツと餓鬼のように本を読んでいる私もやってみたくなりました・・じっくりと。

    ユーザーID:

  • 想像力と数百円、っていう

    読書の愉しみのポイントは、想像力だと思います。内容の深さで言うなら、マンガや映画にも下手な小説よりずっと文学的な作品がありますし、それももちろん大好きなのですが。

     本って、マンガや映画みたいにビジュアルが無くて、文字だけで世界を表現するのですよね。自分の頭の中に今まで知らなかった世界がどんどん構築されていくのって、すごくワクワクしますよ。もちろん優れた作品で、かつ、自分と相性のよかった場合でありますが。

     選び方としては私の場合、新聞とかに載ってる書評を見たり人のうわさで興味持ったものを書店で少し立ち読みしてみて、気に入りそうだったら買います。
    トピ主さんが、よい本と出会い、よい読書体験ができますように!

    ユーザーID:

  • 結局、義務感で読んでも楽しくないよ

    >世の中、「読めよ!読めよ!」になっていませんか
    >小学校でも…、
    義務教育ではある程度「強制」はありうるでしょうね。
    読書による知識・感動の獲得手段という
    「可能性」を教える意味合いもあって。

    >新聞でも読書フォーラムなんて特集を組んでいる…。
    新聞は書籍と同じく活字メディアですから、
    活字から離れる人が増えると
    商売上困るといった事情があるのでしょう。
    メディアが主張する事柄が全ての人に対して
    平等な視点であると思わない方が良いです。

    >読書をしないと人間は、
    >良くないみたいに感じるからです。
    多分、純粋に本を読むことが好きな人種で
    こんな風に考える人はいないです。

    「読書」が良い事だと思いこんでいる
    人々の誘導に乗せられているだけです。

    情報・知識に疎い人が軽んじられる傾向は確かに
    有るかもしれませんが、ネットや多チャンネルなど
    ほかにいくらでも手段がある時代において、
    過剰に「読書のみ」を強要・礼賛する人種は
    いささか「脳みその硬い」生き物のように思われます。

    それに流される方も含めて。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    私の場合をお答えします。

    1.知りたいことがたくさんあるから
    2.題名と作者、そしてジャンル

    です。特に無理に読書をしなくてもいいのでは?

    ユーザーID:

  • 読書って

    その本の世界を頭の中で歩くような物です。
    ほんの少しの間だけ、違う世界に生きたり、覗いたり、七機を得たりするのが読書のような・・・。
    私は漫画も活字も大好きです。
    きらいなら別に読まなくてもいいのでは?
    それでもと言うなら、特に本を選ぶポイントってないけど、少しでも興味のある本を手に取るために、まず本のあらすじや解説を読んでから、面白そうと感じたら手にとってはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 趣味っていうか、苦痛はない。

    こんにちは。
    まずは質問に答えますね。
    1.については、漢字を忘れそうになるからです。後は、国語力を低下させないためですね。主に文章力かな。仕事で資料を書くとき、文章力がないと泣きを見ますからね。小説読んだ程度でどうなるわけではありませんが、変な文章は書かなくなります。

    2.については、好きなジャンルしか読みませんので、そればっかりです。今は、夏目漱石や内田百けんブームでそればっかり。後は、仕事関連ですね。

    他の皆さんがおっしゃるように、私も小さい頃から本はよく読んでいました。親の方針でもあったようですがね。だから、本を読むこと自体に苦痛はないんです。本ばっかりでいるわけではないですよ。漫画も大好きだしゲームも大好きだし。ムリに好きになる必要はないのでは?文章を読む必要があるなら、新聞を読むだけでも良いのではないでしょうか?

    >世の中、「読めよ!読めよ!」になっていませんか
    そうなんですかねぇ?仕事に文章力は必要だと思いますが、ムリして読むものでもないと思います。文章を読むんだったら、本意外にも選択肢はありますし。叫ばれるほど必要じゃないと思いますよ。

    ユーザーID:

  • そこに別の世界があるから

    小説はそこに想像の世界が作れるから。ほかの本は知りたいという知識の渇望。
    ちょっと構えすぎかな。
    ほとんど小さいころからそこに本があったから。
    でも漫画も好きですよ。月光仮面で育っていますから。ドラゴンボールも西原理恵子も読みます。
    読書が高尚ということはありませんから、心配しないで。表現の多様性の中の1ジャンルに過ぎないのですから。
    興味のもてるものがあればいいんですよ。

    ユーザーID:

  • 私は読書好きだけど

    読書が好きではない人に読むことを無理強いしたり、好みじゃないジャンルをすすめたりすすめられたりっていうのは好きじゃないですね。トピ主さんも、ムリしてまで読まなくても・・・と思いますが・・・。

    1.何故読むのか? 
    明確な理由は分かりませんが、物心ついたころから読書好きでした。今でも本屋さんでブラブラしてると幸せを感じてしまいます。漫画やテレビも好きですし、ダメとは思いませんが、視覚的に訴えるものよりも、活字だけの読書は想像力がつくんじゃないかな?なんて思います。

    2.オススメ
    最近ハマってるのは時代モノです。「御宿かわせみ」なんかいいですよ。 あとは宮部みゆきさんの作品。 一時期ハマりまくって、かなり読みました。 夏なので、ホラーなんかもいいかも知れませんね! コテコテのホラーはちょっと・・・というのなら、江戸川乱歩とか横溝正史とかどうでしょう? 

    ユーザーID:

  • 読書は「おしゃべり」です。

    1本を読む理由
    まぁ、色々理由付けることはできますが、単純な動機は面白いから楽しいからです。こういってもそもそも読書自体がそこまで楽しいと感じない人には、あまり意味のないアドバイスですね。
    読書は本との「対話」だと思っています。テレビや漫画も優れたメディアと思います。ただ、本とこれらの違いは双方向性があるか否かと思います。(最近のインタラクティブTV等とは区別してください)TVや漫画は伝え手側のイメージどおりのものをダイレクトに伝える点ですばらしい機能を有していますが、逆に言うと情報の受け手は作られたものをまさに受け取るだけ、相手のおしゃべりを聞いているだけ。一方方向になってしまうことが多いです。若い頃に読んだ本を年月が経って読み返すと全く違った印象を受けます。新たな発見もある。つまり、読み手によってあるいは読み手の本へのアクセス(語りかけ)の仕方によって本はその語り口を変えるんです。そこには本との「対話」があります。
    漫画やビデオもこのような作用を有することがありますが、本の場合は圧倒的にこれが顕著です。自分の想像力を媒介するのですから、当然といえば当然ですね。 
    2へ続きます。

    ユーザーID:

  • 無理して読まなくてもよいのでは?

    何で読むのか???
    読書に理由は無いですね〜。私は読書大好きですが。
    なので、図書館、本屋も大好きです。
    面白いと思えば読めばいいしそうでなければ読まなくてもよいと思います。

    本の選び方は???
    まず文庫本だったら裏を読んでみます。そしてちょっと立ち読みします。おもしろそうだったら買います。
    それと作家で選びます。
    表紙の絵とかではまず選びませんね〜。

    でもツマラナイ本にあたると私も寝ちゃいますよ。
    最後まで読んで頭にきたり!!
    友達に薦めて同意を得られなかったり。
    そんな時の感性の違いも感じて楽しんでます。

    ユーザーID:

  • 漫画から入るのはどうでしょう。

    2選ぶポイント

    最初の内は絶対に背伸びをしない事です。ばかの壁もつまらない人にとってはまさに5行で放り出すと思います。そこで「あーやっぱり本はつまらん」となるのが一番損。
    私の妹は最近まで漫画専門で大の読書嫌いでした。しかし、バガボンドやおーい竜馬などの人物もの歴史ものの漫画に手を出すようになって、急に本を読むようになりました。

    大まかな知識を漫画で仕入れる事で、原作やその時代背景に興味が出てきたのですね。図柄以外の情報量は本の方が漫画よりも多いですから、もっと知りたい入り込みたいと思ったら本に向かう事になるのは自然とは思います。今や彼女の部屋には司馬遼太郎や吉川栄治がずらり。面白いのは本を読み出した時期にノンポリだった彼女が急に社会情勢等々に興味を持ち出した事ですね。

    とにかく自分の興味のあるジャンルの簡単な本に手を出すことでしょうか。絵本もいいと思います。また活字への導入として漫画はすばらしいツールたりえると思います。
    つまらーんと思ったらその本はとりあえず放り出していいです。まだあなたがその本とおしゃべりがしたくないだけ。無理に話を合わせようとすると相手が嫌いになってしまいます。

    ユーザーID:

  • 好きなジャンル探しから

    本ってテレビや映画に比べて、目も疲れるし、ぼーっと眺めているわけにいかないので、面倒くさい気持ちはわかります。多少は映像に比べて、努力が必要だと思います。

    本の選び方は人それぞれだと思いますが、ほとんどの人が、好きな「ジャンル」が決まっていて、中心はそこに置いていると思います。純文学からSFから恋愛小説から歴史小説…すべて網羅してるという人は、そんなにはいないはず。
    まずは好きな「ジャンル」を見つけてみてはいかがでしょう?
    由理さんは映画やドラマはお好きのようですが、おそらくその中でも「こういうのが好き」というのがあると思います。

    最初の最初は、好きな映画の原作者の本(原作だけじゃないですよ)を読む、などから始めてみてはいかがでしょう?それだけでも何冊かあるはず。

    あとは手抜き法ですけど、その「好きになった作家」のそばに、書店で置いてある話題になっていそうな本から、あらすじの面白そうなものを読んでいってはどうでしょうか。
    大体書店でも、ジャンルは分かれていますし、人気のある本は目立つように置いてあります。

    ユーザーID:

  • 私にとって読書とは・・・

    読書とは、趣味・娯楽の一部だと考えています。


    1 なぜ読書をするのでしょうか?

    私にとっての位置づけは、趣味・娯楽です。
    自分の興味を満たしてくれる媒介でもあります。
    だから、小説・伝記・ルポルタージュ・マンガ
    ・・・なんでもアリですね。


    2 アドバイス・・・って程ではないのですが。

    まず、書店店頭などで流行っている(とされる)本
    =読みたい本、とは限りませんよね。
    ベストセラーもしかり。
    私は文体や内容、作者やテーマで本を選ぶ傾向が
    ありますので、どんなに巷で【流行っている】と
    される本でも読まない本もあります。

    無理をせず、興味のあるジャンルから
    探してみたらいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 好きだから

    1.なぜ読書をするのか?
    好きだから。それだけです。
    自分の知らない世界を知ることが出来るし、仕事で疲れた頭に軽いエッセイなどを読むことで気分転換になったりもするし、さまざまな情報を得ることが出来ます。
    テレビやマンガも見ますけどね。

    2.本を選ぶポイント
    自分の興味がある内容のもの。
    海外旅行がしたくなったら行きたい国の旅行記や滞在記を図書館で借りてきたり、面白そうな本を見かけたら借りてみたり、気に入った作家が出来たらその人の本をあれこれ読んだり。経済誌もよく借ります。これは「読書」とは言わないかもしれませんが。
    基本的に図書館で借りていますね。

    トピ主さんは何に興味がありますか?
    興味があることに関した本を読んでみたいとは思いませんか?

    本を読むようにという風潮についてですが、人間が一人で経験できること、考えつくことは限られています。
    先人の叡智、最先端の知識を得るには、もちろんテレビなども役立つでしょうが、本を読むことによって大きな財産を得ることが出来ると言いたいのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • トピ主さん、お返事ありがとうございます

    確かに、朝読書がいいとか、本離れが深刻とか
    言われてますよね。

    もしトピ主さんが、嫌だけど、読んだ方がいいと
    世間はいうから読むというスタンスなら、
    無理に読む必要は無いと思います。
    でも、自分の為に読んでみようかなという
    前向きな気持ちでなら、本を読むって
    いいことだと思います。
    (こういうトピをあげられるぐらいだから
    前向きな気持ちなんだと思いますが)

    図書館などで、いろいろなジャンルの本を
    読んで見て、自分の好きなジャンルが
    何なのかを見つけてみてもいいと思いますよ。
    好きなジャンルが見つかれば、あっさり
    読めるんじゃないかなと思います。

    ユーザーID:

  • 娯楽の一種

    1、
    本の内容に興味があるから読む。テレビもマンガもOK。
    読書をしない人ってマンガも読まないそうですよ。
    読む人は、活字だろうがマンガだろうが関係無いみたい。

    2、
    好きな作家の作品を選ぶ。話題になってる作品を選ぶ。本の裏のあらすじを読んで、興味を持ったものを選ぶ。

    ユーザーID:

  • 何のために読むのかを。

    1 読解力と想像力が身についているので、活字でも映画同様の面白さを感じることができるからです。
    映画も好きですが、映画・小説の両方で出ている作品があれば、本を選びます。(ジャンルにもよるけど)
    映画は自分で想像しなくてよい分楽なんだけど、そこが物足りないというか。

    2 面白かった映画で、原作が小説のものがあればそれを読んでみては?

    >逆に無理に読む理由はなんですか?>

    この意見に同感です。
    漫画でも例えば手塚治虫作品などは、ある程度読解力がないと作者の伝えたいことを読みとれないと思います。読解力というのは、テーマを読み取る力です。
    漫画でも映画でも、深く良い作品に接すれば読解力は身につきます。でも推理小説を何冊読んでも身につきません。

    あなたが求めているものは一体、何?

    ユーザーID:

  • 読書好きです。

    >なぜか?
    活字中毒だからです。
    超インドア派なので、読書(小説から雑誌や漫画までおよそ本の形態を取っているもの全て)大好きです。
    小説、エッセイ、写真集(動物、風景など)、ノンフィクション、
    歴史物に経済関連など興味が湧いたら何でも読みます。
    文庫本も新書も読みますが、ハードカバーは高いので読みません(笑)

    >本の決め方は?
    ・新聞の読書特集や下のほうに載ってる広告から
    ・本屋さんで無料でもらえる小冊子から
    ・本屋で片っ端から少し読んで面白そうなものを(お金がある時だけ)
    ・図書館で 以下同文
    ・古本屋で 以下同文
    ・好きな作家、ジャンル

    私は学生でお金がないので、図書館で全部読んでみて、
    もう一度読みたいと思った本や所有したいと思った本は購入することにしています。
    そうすれば買ったはいいけど・・・ってないので。

    読書が苦手なら、例えば小栗左多里さんの書いた
    「ダーリンは外国人1」→「ダーリンは外国人2」→
    「英語ができない私をせめないで」みたいに、
    漫画→同じ人が書いたイラスト混じりの軽めのエッセイ
    だと入りやすいんではないでしょうか??

    ユーザーID:

  • 『華氏451度』

    読書に関するトピで
    何と無く『華氏451度』を思い出してしまいます
    特に意味は無いですけどね

    1 本を読む理由は色々です
      そこに書いてある事を知りたいから
      映画やテレビとは違う読むという楽しみ
      活字表現の奥の深さ、魅力
      (絵なら一見、活字ならではの表現描写方法…?)

    2 本を選ぶポイントは興味です
      知りたい物、見たい物、好奇心や興味がある物

    今は本を読まなくても情報を簡単に得られます
    テレビでも分かり易い簡略化された情報が得られます
    インターネットを使えば辞書を引く機会もありません
    映画や漫画は活字だけの本より情報が得易いです
    無理に本を読む必要は無いのかもしれません
    10年前と今は情報量も情報の簡略化度が全然違います
    子供の頃に勧められても…

    トピ主様は本を読むのが苦手なようですが
    別に恥じる事もありませんよ
    情報は溢れていますから困る事もありません
    興味がある事、旅行や健康法、料理の本、漫画とか読みたい物を読みたい時に読めば良いと思います
    当然の事ですが
    眠りたい時に眠れる快眠法として利用するのもOKです

    ユーザーID:

  • 私は

    > 1 なぜ読書をするのでしょうか?
    趣味の中で1番安価だからです。
    近くに古本屋が数件あり、1冊50円とか100円とかで
    売られていることがあります。
    暇なときとか電車の中とかでボーっとできない性質なので
    いつも読みかけの文庫本は手放せません。

    もう一つの理由として「睡眠薬」という方法もあります
    六法全書とかの読みづらくて眠くなりそうな本を寝る前に読みます。
    ちなみに六法全書は3年間読み続けてまだ1/5も読めてません。
    しかも、理解できず、前読んだとこをまた読んで
    ここって見たことがある。とかいうのもありますが、
    ぜんぜん気にしてません。

    > 2 本を選ぶポイントは何ですか?
    最初はとっつきやすい本がいいと思います。
    他の人も言っているとおり、自分の好きな映画やドラマの原作とかがいいと思います。
    私はテレビの名作劇場の小公女を見て、感動し、
    ある日図書館で原作があったのでそれを借りたのがきっかけです。

    ユーザーID:

  • やっぱり娯楽ですよ

    回答は省かせていただきますね。

    私は電車通勤していたときには、
    時には非常に分厚いハードカバーの本を読んでいたこともあります。
    大荷物になるのですが、新書や単行本が出ていない場合には仕方ありません。

    トピずれ覚悟ですが、
    私が薦める『とっつきやすい本』は、
    まずは短編集。O.ヘンリーや星新一などです。
    長編ですが一時ブームになったシドニィ・シェルダン。
    一気に読ませる力がある優れた作家です。
    最近流行のハリーポッターをはじめとした、やや児童向けの作品。
    絵本に毛が生えた程度の作品の中にだて、
    大人が楽しめるものがあるのです。

    というわけで、何かの参考になれば幸いです。

    ユーザーID:

  • 著者

    自分がちょっと感じたことなのですが
    著者の文章が自分に合っていないから
    読みにくいんじゃないのかなと思います。

    読書自体は嫌いではないのですが、
    内容はとても好きなのにその著者の文章だと
    頭に入ってこないでどうにも楽しくない、
    別の著者の作品だと、とてもすらすら入って
    読みやすいと言うことがあります。
    読みやすい著者の作品はどれを読んでも
    素直に読めて楽しいので
    買うときの基準のひとつにしています。

    著者の文章が合わなかった本は
    結局最後まで読まないことが多いです。

    自分に合った文章を書く著者に出会えると
    ちょっとは変わるかもしれません。

    ユーザーID:

  • 本を読む人読まない人

    親が寝る前に絵本を読み聞かせるなど小さい頃から文字に触れていると本好きになるそうですよ。
    私は母が本好きで、よく読んでもらったり買ってもらったり…で、ずっと好きですね。

    一番よく読むのはファンタジー系とミステリ系です。
    ……が。あれだけはダメ!ハリー○ッター!(好きな方ごめんなさい。下に理由を書きますが、内容が厭というわけではないです)
    挫折しました。読んで5行で呆れ、3Pで耐えられなくなり挫折。というのも日本語がヘン。間違った文章読むたびに頭が拒否してましまいダメでした。
    あと、三人称でです・ます系で書かれている本もだめです。個人的に好かない文体なんですね。

    このように本好きでも「これはダメ!」というのがあったりするので、おもしろい!と思えそうなものや読みやすそうなのを選んでみてはどうでしょう?

    ユーザーID:

  • 人生の楽しみ

    1 本を読む理由

    日常から離れて本の中の世界にいきたいから。
    まさに、没頭して読んでいるときはこの上なくしあわせです。

    また、欲しい知識を得る為。 たとえば建築、育児、お料理の本など。 いつでも好きな時に読み返せて便利。

    本でもマンガでもいいとおもうけど、マンガはすでに絵がついているので自分の想像力が介入するスペースがとても少ない。その反面、本は活字のみのものを選ぶので、自由に空想しながら読める。

    2 本を選ぶポイント。 本屋でも図書館でも、手に取った本を数ページ読んでから借りる。 幾ら本が好き、といってもやっぱりつまらない本はわたしも挫折しますよ。 好きだった本があったら、同じ作者をとりあえず制覇するのがわたしの傾向です。
    あなたは興味がある内容の本でも挫折するんですか?
    ベストセラー、トップセラー=おもしろいわけじゃないんですよ。 世界の中心で、なんて全然おもしろくないのに、なぜかあんなに売れてるし。

    ユーザーID:

  • 図書館はいかがですか。

    図書館を利用されてはいかがですか。
    私は本が大好きで 美容院などにも持参して読むと言うタイプです。つまらない週刊誌を読むなんて時間の無駄ですよ。よみたい本は新聞広告でも目に入ったら手帳にメモをしておきます。そして図書館にいれてもらったりするのです。
    自分で買った本だと読まなきゃって思うかもしれませんね。でも図書館の本は読み始めておもしろくなかったらそれでいい。やめた・・でもかまいませんから。
    私も40過ぎですが、娘20歳も本が大好き。夫も好きだから 結婚前からよく本屋にも出かけました。お見合いで結婚したのですが 決めた理由が本好きということもあります。自分が本を読みたいのに 本ばっかり読んで・・何て言われたら嫌だったから。
    ですから 本を持って結婚しましたが 同じ本が彼の本棚にあったり 結婚してからも同じ本を同じ日に買ったりして苦笑したことも。
    是非 図書館へ足を運んでくださいな。自分の住居所在地でなくても 隣の市でも大丈夫ですよ。私は図書館のカードを四枚持っています。

    ユーザーID:

  • トピ主さまへ質問

    1) 
    一番の理由は好きっていうにつきるのですが、
    敢えて理由をあげるのなら、
    自分が辞めたい時に辞められ、読みたい時に読めるので、テレビと違って自分主体で関れる暇つぶしだから。(漫画含む)

    とか言いながらも、テレビも好きです(笑)

    2)
    文庫本(ハードブックはかなり好きな作家でないと勿体無くって買えません)

    好きな作家さんの本

    興味のある事柄についての本

    話題になっている本も自分の心に響いてきた時は買ってみます。それで文体が気に入ると好きな作家さんに 仲間入りします。


    トピ主さんはお好きでなければ、無理に読まなくっても良いと思うのですが??
    逆に、何故読むのが嫌いなのに、果敢に読書にアタックするのかが疑問です

    ユーザーID:

  • おもしろい本なら読めます

    子供の頃は、あまり本を読む環境じゃなかったんです。
    自分がおもしろいと感じる本なら、
    最後までイッキに読んじゃいます。
    小学生の時、面白い児童文学に出会ったから
    でしょうか?
    リンドグレーンが大好きで、あと、青い鳥も。
    子供の頃は、本当に主人公になって、
    その世界の中のことを体験してるようでした。

    木の上や、公園や、河原など外で読むのが好きでした。
    今でも、暑くても寒くても、結構、外気にあたりながら
    ファンタジーを読むのが好きですね。
    児童文学は、今も大好き!!

    それから、本の選び方ですが、
    いきなり買わず、図書館で乱読してみるといいと思いますよ。
    3行でもいいじゃない。
    そのうちバッタリ、引き込まれる作品に出会えれば
    きっと本好きの気持ちになります。
    読書って、宝探しみたいなものですから。

    ユーザーID:

  • 面白い本を読めばいいのよ

    中村うさぎの本をお勧めします。彼女も40歳くらいで、共感できる部分と、全く共感できない部分を持っていて、それなのに私は読みながらゲラゲラ笑えて、寝る時間を忘れて読みました。図書館にあるから、借りて呼んでください。新刊書も、インターネットで調べて図書館にリクエストして、買ってもらいます。ジャンジャン読むので、自分で買っていたのでは、家が本でいっぱいになってしまうし、お金も続かないので、新刊書をジャンジャン買ってくれる図書館に感謝しています。自分が面白いと思う本を読んでね。

    ユーザーID:

  • 感心した。

    トピ主さんが「本を読もう」という意欲をもたれていることは素晴らしいです。
    世の中には自分が本を読まないからと言って本を読む人を蔑んだりする人がいるのに、そのような考えに走らず意欲を持って本と接しようとする姿勢に感心しました。

    で、どんな本から?という質問ですが
    読書をする人というのは最初から難しい本に接してきたわけではなく、子供の頃から簡単な本と接し本を身近なものとして認識してきたのだと思いますので。
    お子様もおられるようですし(年齢はわかりませんが)
    字の大きい子供用の娯楽小説から入られてはいかがでしょうか?子供用とあなどるなかれ。昔読んだ本を軽く読んでみると意外におもしろかったりするのです。

    あとは、紹介されている方がいましたが、短くて文体も軽い星新一さんなんかがおすすめですね。

    ユーザーID:

  • 続き

    で、私が本を読む理由は

    楽しいから。
    知識を得るため。
    暇つぶし。

    ですね。
    特に知識を得るためというのは大きなファクターを占めています。
    新聞やテレビでは報道されないこと。こういう情報を得るためには様々な本を読むことが一番だと思います。
    その本によって書かれているスタンスというものが違い、どの情報が正しいのか?どんなバイアスがかかっているのか?などとその情報をどのように消化するか悩むこともありますが、本と言うのは素晴らしいものだと思います。
    また、趣味の部分でも、テレビでは表面的な情報しか紹介されませんよね。そういう情報を本から仕入れることによって、その趣味の自分なりの楽しみ方を幾倍にも増幅させることが出来ます。

    という感じです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧