虫の知らせ、第六感

レス25
(トピ主0
お気に入り2

趣味・教育・教養

うるる

電車に乗っていてふと視線を感じ何気なく振り返ると後ろにいた人と目が会ったということってありませんか?
先日も喫茶店でお茶を飲んでいるときにふと顔を上げると同じ店内にいたほかのお客さんと目が合ったり。
こういう経験てみなさんよくあると思います。

視界に入らないところから見られている上に、におい、音、温度もないのに何故人の視線に気がつくんだろう???
これが第六感というものでしょうか?
不思議で仕方なくてしらべましたがよくわかりません。どなたかお詳しい方がおられましたら情報をください。

あと、何となく嫌な予感がしてやめたら正解だった!
逆になんとなくうまくいく気がして結果を見てみるとやっぱり!ってこともありますよね。
私はくじを引くときよくわかるのですが、おみくじを引いたときに多分大吉かな当てることができます。

いまいちだなと思ったら末吉だったりなど。
気のせいかな?
これもどうしてでしょうね。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 一回もない

    視線を感じる、ってこと自体わかりません。
    人と視線はあいますが、自分が人の目をみるから。

    嫌な予感とか不吉な予感も一回もないなぁ。

    これじゃ、彼氏が浮気してもわかんないと思う。

    ユーザーID:

  • 昔の話ですが

    当時眼科で働いていた私は、
    患者さんの視力検査をしていた時、
    何の前触れもなく突然涙が出てきました。
    その時刻が大体午前10時すぎ。

    その日の夕方、付き合っていた彼氏が急死したことを
    知らされたのですが、
    警察から言われたいわゆる死亡推定時刻というのが
    ぴったり午前10時すぎでした。

    今でも不思議な出来事です。

    ユーザーID:

  • 気のせいです。

    > 電車に乗っていてふと視線を感じ
    > 何気なく振り返ると後ろにいた人と
    > 目が会ったということってありませんか?
    前に居る人がいきなり振り向いたら
    気になって見ちゃいますって。

    > 先日も喫茶店でお茶を飲んでいるときに
    > ふと顔を上げると同じ店内にいた
    > ほかのお客さんと目が合ったり。
    その人は最初からあなたを見てたんじゃないですか?
    私も電車や店でよく人間観察しますから。

    > あと、何となく嫌な予感がしてやめたら正解だった!
    > 逆になんとなくうまくいく気がして
    > 結果を見てみるとやっぱり!ってこともありますよね。
    逆の事も起きているはずです。
    ただ記憶に残らないだけ。
    無意識に当たった事だけ選ぶんでしょう。
    ギャンブラーに多いですね。

    > 私はくじを引くときよくわかるのですが、
    > おみくじを引いたときに多分大吉かな
    > 当てることができます。
    > いまいちだなと思ったら末吉だったりなど。
    これも同じ理由でしょう。

    > 気のせいかな?
    はい、全て気のせいです。

    ユーザーID:

  • 身近で「虫の知らせ」ありました!1

    私の親戚の話なんですが。

    先日伯父が亡くなった時の事です。
    伯父は随分昔に体の不自由な母親と伯母(妻)と、当時まだ幼かった従兄妹達を残して家出をし、以来ずっと音信不通・行方不明だったのですが、5年前にひょっこり姿を現し、母親の財産を生前分与してくれと言ってきて、怒った母親に勘当され、この時に伯母とも正式離婚しました。

    それまで母親の面倒をずっと看ていた伯母は、母親の願いで養女として改めて籍を入れ直し、伯父は再び行方不明となっていました。

    その伯父がつい最近、東京のとあるアパートの一室で亡くなっていたのを発見され、警察から連絡で身元確認の為に家族で東京まで行って遺体と対面し、部屋にあったと言う伯父の携帯(これで実家の番号を調べたらしい)を返されて、その場にいた伯母と従兄妹はビックリしたそうです。

    (続きます)

    ユーザーID:

  • 身近で「虫の知らせ」ありました!2

    (続きです)

    なんと亡くなったとされている日の携帯の着信履歴の中に、母親の携帯番号が残っていたのです。(よく病院へ行ったりご近所付き合いも多い方なので、緊急連絡用に携帯を持っています)

    その時初めて分かったのですが、前回伯父が帰った時、母親には携帯番号を書いたメモを置いて行ったそうです。
    母親が電話を掛けたのはこの時が初めてで、それまでは決して電話はすまいと心に決めていたそうです。

    母親は「その日に限ってカラスが異常に騒がしく鳴いていて、妙な胸騒ぎがして掛けてみたけど、電話には出なかった。多分もう死んだ後だったんだろうね・・・」と泣いていました。(確かに残っていたのは不在着信で、それ以外は履歴には残っておらず、番号登録もされていませんでした。)

    初めて掛けた電話がこんな形で終わったのは悲しい事ですが、「母親の直感」の凄さと言う物を見た気がしました。
    伯母の方の心境はかなり複雑で、遺骨(暑いので東京で火葬しました)の引取りの事で、現在母親と意見が対立していますが・・・。

    ユーザーID:

  • なんとなくわかる気がする

    6年近く付き合った彼氏に別れの手紙を郵便で送られてきた時、手紙が来ることも知らなかったのに遠くのほうからバイクで来るゆうびんやさんを見て、

    なぜか自分宛の手紙があると直感的に感じました。
    もちろん、しっかりありました。その時は胸騒ぎ&血の気が下がっていくって感じでした。
    これも虫の知らせなんですかね?

    ユーザーID:

  • 聞きたい

    同様な疑問をもってます
    日テレの番組 FAR EAST RESEARCH で
    人間の不思議能力「気配」の正体を調査せよ
    やってましてね
    その中では人間は微弱な電気をだしていて それを感じる人がいるみたいです

    私も常々不思議に思っていて、たとえば自転車で走って
    いると数メートル先の人が気づいてよけてくれる場合など
    あり 何故? 判ったのか聞いてみたい気もするのですが

    老人、子供、いぬ はちかよってもベルを
    鳴らすまで気が付かない場合がおおいですね
    私は気配はまったく感じないですが

    やはり感の鈍いと事故に遭いやすいのではないかと思い
    気配を感じとれる方がうらやましい。

    ユーザーID:

  • あります!

    以前、鍋にお湯を沸かしたままうっかり寝てしまったことがありました。

    眠ってからどれくらい時間が経ったのかは分かりませんが、耳元で「ユミコ!ユミコ!」と私の名前を呼ぶ母の声が聞こえてきたんです。(ちなみに私は一人暮らしです)

    はっ!!・・と気付いたときには鍋は空炊きの状態。取っ手は真っ黒こげでした。

    ちなみに、母は400キロも離れたところに住んでいます。

    不思議な体験をしました。

    ユーザーID:

  • 思い込みの強い方のようですね

    > 電車に乗っていてふと視線を感じ
    > 何気なく振り返ると後ろにいた人と
    > 目が会ったということってありませんか?

    前にいる人が何気なく振り返ったら、思わず見てしまいます。
    目が合わないほうがむしろ不思議、超常現象かと思ってしまいます。

    > 先日も喫茶店でお茶を飲んでいるときに
    > ふと顔を上げると同じ店内にいた
    > ほかのお客さんと目が合ったり。

    これもだれかがふと顔をあげたらつられて見てしまいます。

    なお偶然が起きる頻度は行動半径の狭さ(距離ではなく行き先やつきあう相手の種類、タイプ、階層のこと)に比例します。
    思い込みの強い方は解釈が強引ですから、偶然を必然のように解釈する力がどんどん磨かれていきます。
    占いが「当たる」のと同じ作用ですね。

    だからこれからもトピ主さんのまわりには「不思議なこと」がたくさん起きると思いますよ。

    自分やまわりが大人になるにつれ、そういうタイプは敬遠されがちですが、そのメカニズムさえ自覚していればだいじょうぶだと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    視線のことですが追加で書かせてもらいます。
    何か気になってその方向を見るとそこにいた人と目が会いあわてて向こうが目をそらすなどです。

    喫茶店でも同じくふと気配のようなものを感じてそちらを見ると別のお客さんと目が合う。など。
    おそらくその人はこちらが顔を上げる前にこちらを見ていたのだと思います。

    逆の立場になったこともあります。
    何となく人を見ていたらその人が気配に気が付いたのかいきなり振り返りこちらを見たので(じろじろ見たりしていけなかったと)あわてて目をそらすなど。

    そういう経験て少ないのでしょうか?
    皆さん経験されていると思っていました。
    でも、そういうことに関して書かれた本などは見当たりませんでしたので違うのかな?

    ユーザーID:

  • 虫の知らせ

    とはちょっと違いますが、似たようなことは・・。

    私が高校生の時ですが、土曜日に一人で留守番していると
    電話が鳴りました。
    その電話をとろうとした瞬間・・・。
    「あ、お姉ちゃんが事故おこした。
    でも軽傷だから大丈夫だ。」と思い浮かんだんです。

    その当時、姉は他県で一人暮らしをしており、
    私は身内が事故に遭うなんて初めてだったし、
    ましてや高校生なので何も考えずに電話対応をしたら
    パニックになったと思うのですが、
    その「カン」のおかげでかなり冷静に対処することが
    できました。
    (電話で知らせてくれた人が驚いていたくらい)

    普段は霊感など全くない私ですが、
    時々そんな風に「カン」が働くことがありますねー。

    ユーザーID:

  • 人の視線

    後ろの人の影、その人自体が視界の光量を変化させる。
    姿がコップとかガラスとか、家具とか、器具とかの反射面に不明確な像を結ぶ。それを意識していない目が全体の中の変化と捕らえて信号を送る。(コンピューターの画像解析みたい)
    人の放射体温、風の変化、においといった意識して感じられない微小な変化を無意識下で感じる。
    振り返る変化を相手も感じて見る。視線が合う。
    こんなことが見えないところにいる人の視線を感じる原因と思っています。

    ユーザーID:

  • 虫のしらせ

    ある日の夜、どうしても実家に電話したい衝動にかられて
    電話するけどずっと話中。
    いつもならあきらめるんだけど、その日はどうしても
    親と話したくてかけつづけました。
    ようやく呼び出しになったんだけど今度は出ない。
    夜も遅いのであきらめて翌朝かけると・・・・
    父が自殺してました。

    あの時は何であんなに気になったのか・・・
    父は死ぬ前に娘と話したいと思ってたのかな。

    ユーザーID:

  • 科学的に

    基本的に第六感や不思議なことを信じる方ですし、
    どちらかと言うと私は第六感で生きている
    感じなのですが(笑)

    こんな興味深い記事もありました。視線・気配については、科学的に研究もされてみたいですよ。よかったら見てください。

    http://x51.org/x/04/07/0652.php#more

    ユーザーID:

  • ある

    私は邪眼持ちみたいです。
    私が睨むと、大抵の人は気が付きます。

    と言うと、デムパと思われんだろうな。。。

    ユーザーID:

  • 死の予感

    死の予感というか死のにおいを感じたことがあります。
    その昔、外国人をターゲットとしたテロを時々聞く国に入国しようとした時です。危険とはいえそんなに頻発するわけでもないし、言葉も不自由ない旅慣れた自分ならうまくやれるという自信はありました。
    国境の町で一泊し、入国前夜にシャワーを浴びていた時の事。
    突然これまで感じた事のない猛烈な圧迫感とともに頭に砂嵐(TV放送終了後みたいな)がかかったように感じ、なぜか「行ったら死ぬ」とはっきりわかりました。翌朝Uターン。
    気のせいかとかびびっただけとか考えるのが妥当でしょうが、私はあれこそが「死の予感」というやつだと、そしてあのまま強行したら命を落としていたと、今でも信じています。
    まあそれが本当と証明できた時点で死んでたわけだからどの道真相は永遠に闇ですけど。
    ちなみにその国以外にも無数の危険地帯を通過したりしましたが、あの何とも言えないいやーなプレッシャーはあの時以外一回も感じたことはありません。

    ユーザーID:

  • あります

    何回か不思議な事がありました。 
    明け方、弟が交通事故にあう夢を見て、飛び起きました。しばらく、ドキドキしてしまい起きていたら、家の電話がなったので出たら、警察からの電話で弟の事故を知らされました。
    あと若い頃ですが、近々ケガをする人が分かってました。ハッキリではないのですが、体のそこの部分が光ってみえるんです。弟の時も右半身が光って見えていて、忠告したのですが、とめる事はできませんでした。いつそうなるかも分らなかったし、、、。今は全然見えなくて安心しています。

    ユーザーID:

  • 横かもしれないですが・・電話

    休みの日などに、ふっと「今日は○○さんから電話がくるような気がする」と思うと、必ず電話がかかってきます。
    (もちろん、「今日電話するね」などの約束はなし)
    上記のようなことを思わなくても、珍しく夜遅くまで寝付けないなーという時、だいたい深夜に友達から電話がかかってきます。
    不思議だなーと思うのですが、人に言うとちょっと気味悪いかも・・と思うので誰にも言ってません

    ユーザーID:

  • 地震とかでんわとか

    中学生の頃、
    「今日は地震が来る。震源は○○○。」大当たりでした。結構大きな地震で、大変だったらしいです。

    でも、本当に避けたかったことは避けられないものかもしれない。
    あっ!でもよく思い出してみると、それらは身の回りで起きたことであって、私に起きたことではないから、やはり私自身は回避してこれたということでしょうか。

    なにかに感謝しなきゃいけませんね。

    ちなみに電話も、誰宛にかかってきたのか分かりましたよ。おじいちゃんに市場からじゃない?っていうとそうだったりしました。
    最近は家族全員携帯だしするから、確かめようないんですが。。。

    ユーザーID:

  • そういうことに関して書かれた本が

    出ています。

    "The Sense of Being Stared at"
    Rupert Sheldrake 著です。

    ”じっと見つめられているという感覚”といったところでしょうか。

    誰にでもある話かと思っていましたが、そんな経験は無いというご意見が案外多く、驚きました。

    ユーザーID:

  • 自分でもビックリ。

    私は家族と海外在住なのですが、祖母が遊びに来ていました。その日はクリスマス前だったので、隣近所にプレゼントを持って歩いていました。お隣さんの家へ行った帰り、祖母と母は真っ直ぐに家に入って行ったのに、私はふとクローバーの白い花(白詰草?)に目を落とし、寒いというのにナゼか久しぶりにお花の冠を作りたくなったのです。

    私はそのまま外に残り、冠を一人で黙々と作っていました。とその瞬間に母と祖母が。なんとひいおばあちゃん(ちょうど来ていた祖母の母)が亡くなったんだそうです。電話を受けショックのあまり泣けずに放心状態だった私たち3人は自分たちの「虫の知らせ」について話し始めました。近所巡りのために意気込んだ祖母は、普段は汚れると言って絶対に着ないような白い服を着よう!…っと言っていたのだけれど最後の最後で変えてしまいました。母はその日にケーキを焼こうとしたけれど「やる気になれなくて」作るのを止めてしまいました。私はあの花の冠…

    一頻り話した後に3人で大泣きをしたのは言うまでもありませんが、本当にこのような事があるんだなぁ…っと。

    ユーザーID:

  • 私の母が

    私の母親が祖母が亡くなる前日に
    たまらなく「今日、母親のとこに行かないと」と感じたそうです。
    しかし結局行かなかったそうで役に立たなかった虫の知らせでした。

    私は今ではオカルト的な事は
    ほとんど信じてない(科学的解析ができるものを除いて)ですが、
    この虫の知らせだけは本当に不思議です。

    ひょっとすると物理学で言うところの「ベルの定理」
    つまりかつて1点で出会った2つの粒子が
    どんなに遠く離れても相互関係を持っており
    片方の状態が瞬時にもう片方に伝わるという法則が
    関係あるのではないかと思ってしまいますが、
    とはいえ、これが人間関係に当てはまるというのは
    首をかしげざるやおえないですね。
    どういう原理なんでしょうね。

    そういえば一卵性双生子にはこういう事が多いという話しは
    オカルト界で良く聞きますし、
    「関口宏のワンダーランド」という番組でも解説してました。
    その時は双子の元阪神の亀山さんとその弟さんなんかが
    「兄貴がケガした時パッと感じた」とか不思議な事を言ってました。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    いろいろレスありがとうございます。

    どなたかも書かれていましたがこういう体験は誰でも思い当たるものかな〜と思いトピを挙げたのですがぜんぜん思い当たらない方というのがいるのでちょっと意外でした。
    ご紹介いただいたHP見てみました。

    それからお勧めいただいた本の著者のルパート・シェルドレイク氏は確か101匹目の猿の著書に関連している方ですよね?シェルドレイクの仮説など興味深いです。
    「形の場」の理論か何かをケンブリッジ大学で研究されているということで以前(ネイチャーだったかな?)読んだ記憶があります。

    ユーザーID:

  • ぜんぜん思い当たらない方ってどなたでしょう?

    >ぜんぜん思い当たらない方というのがいるのでちょっと意外でした。

    そういう投稿をされている方はひとりもいらっしゃらないように思うのですが。
    「そういうことはあるけれど、別に不思議ではない」
    としているのは私を含めて何人かいらっしゃいましたが。

    あとは「そういうことある、とても不思議」「そういうことある、こういう理由かも」という方だけですよね。

    この件のほうが私には不思議です。投稿のタイムラグのせいか何か?

    ユーザーID:

  • 視線

    敏感な人はじっと見ていると気づくと思いますよ。決して気のせいではないと思いますが・・・。探偵が人を尾行するときは、背中を見ていると気づかれるので足元を見ながら後をつけるという話を聞いたことがあります。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧