1才半の子供の目の動きについて

レス6
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

きりん

最近1歳半の息子が、横目で見ながら壁をつたって歩いたり、横目をむいたまま走ったりするのです。うまく表現できないのですが、斜視ではない事は確かです。最近やりだして、マイブームだと思うのですが、少し心配です。数歩だけですが・・・。

今日健診があったので、先生に相談したらただのよそみだと思うが心配なら眼科に行きなさいと言われました。ただ眼球を調べるので大変とも言われました。

わかりづらい表現ですが、同じような経験があるお母さんはいらっしゃいますか?アドバイスお願いいたします!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちは上目使い走りでした

    現在うちの息子は2歳ホヤホヤです。
    ですので1歳半の頃の事はよく覚えています。
    横目で横走り?これは欽ちゃん走りみたいな感じでしょうか?
    家の場合はタイトルにもあるように、上目使い走りでした。
    顎を胸に付ける感じに下を向き、目だけ正面を見て走る・・・当然バランスが悪いので足がもつれて転ぶ。
    立ち上がり繰り返す・・・
    今ではビデオで見て笑っていますが、当時は何か異常なのではないかと心配しました。

    でも本人は至って元気で、言葉も発していました。
    自分の体のパーツが自由に操れ、その変な感覚が楽しいらしい(かかりつけ小児科医談)ですよ。この他にもうちの子はクルクル回りながら歩いたり(実はこれが一番心配でした)、逆立ち(ソファーやお布団で)したり、でんぐり返ししたりもありました。
    でも、どれも一時的なもので正にマイブームで終わり去りました。
    育児の先輩ママには男の子は無駄な動きが多くて面白いよぉ。と言われ本当にその通りだと思います。

    トピ主さまも、少し様子を見てあまり続く(数ヶ月単位で)ようで心配なら専門医に相談されると良いと思います。

    ユーザーID:

  • ありがとうございました

    追分団子さんお返事本当にありがとうございました!

    横走りという表現が勘違いでした、普通に走っている時に目だけが横目なんです。失礼しました!でも同じようなお子さんがいらっしゃるというだけで本当に安心できました!小児科の先生のお話も納得です。

    うちの子は、多分楽しいんでしょうね、何か同じ高さの目線上に(例えばベビーベッドの柵とか)あるものを横目ですーっと見るのが・・・。でも親としては色々心配してしまって、それに小児科医にも眼球の病気かもしれないと言われてしまったり・・・。でも集団健診で直接その目の動きを先生は見た訳ではないので念のため、といったところなのかもしれませんね。

    本当に安心できました、ありがとうございます!少し様子をみてまた判断いたします。体験談貴重でした、お互い頑張りましょうね!

    ユーザーID:

  • ディスカバリーチャンネル

    たまたま今日途中からですが観ました。
    赤ちゃんの立体の認識についての海外制作の番組でした。
    横目や上目で幼児が歩いたり走ったりは風景がスクロールをするのを確かめているそうです、ある時期までは立体感というのがあまりないらしく割りに自分が動けるようになってから急速に発展してくる感覚だそうです。
    自分が動くことによって動く風景を見る事によって認識してくるので横目や上目を頻繁に使うのだそうです。
    いろんな感覚が形成されてくる時にいろんな体験をさせてあげるといいそうですっとそんなことをTVで言っていました。
    もしかしたらトピ主さんがおっしゃっていることと違うかもしれません。

    ユーザーID:

  • おかしさんへ

    お返事ありがとうございました!

    まさにそんな感じなのです、というのは「スクロール」多分うちの子供はこれを楽しんでるんですね。ここ何日かはやらなくなってきたのですが、今日久しぶりにまた机を見ながらやっていました。立体感を感じている、とても勉強になりました。

    子供の感覚って大人には想像もできない事がたくさんあるんだなと実感いたしました。本当に教えていただきありがとうございました!

    ユーザーID:

  • 甥が似ています

    うちの甥、同じような感じでした。でも小さいので検査も難しく、麻酔と言われて引いてるうちに、次第に首をかしげて物事をするようになり、斜視かと眼科へ、斜頚かと整形で、診察を複数受けましたが、結果はシロ。単なるクセ、と。

    小学二年生になって、偶然、学校の眼科検診で、非常に珍しいタイプの斜視かも知れない、と言われ、大病院2つをまわりましたが、判断が難しく、結局、全国有数の大学病院でようやく一つの眼球に四本?あるうちの一番奥の一本が機能せず、モノがダブって見えていることが発覚し、現在手術の順番待ち状態です。

    ユーザーID:

  • 甥が似ています(その2)

    本来なら外見上分かりやすいはずの斜視ですが、このようなタイプもあり、甥も外見上、黒目の歪みは全くありません。このような場で簡単な答を貰って安心為さらず、町医者でない専門病院できちんと検査をうけて下さい。手術は幼いうちの方が本人の苦労は少ないようです。甥はモノがダブって見えるのを解消するために、首をかしげていたらしいです。

    子どもは今の見え方しか分からないので、みんなこうだろうと思っていたそうで、漢字のノートのマス目も、野球のボールもみんな2つに見えていたそうです。首をかしげるとマシにみえるようです。姉は、字は汚いし、ボール運動が苦手なことをいつも叱っていましたから、全てこの原因だったと知り、甥に泣いて謝っていました。3歳までに随分と病院を廻っても分からなかった珍しいタイプの症例ですが、単に安堵していただきたくなくて、レス致しました。ごめんなさい。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧