福井豪雨

レス26
(トピ主0
お気に入り0

生活・身近な話題

たま

18日福井の各地で豪雨による被害を受けました。
被害は、相当なものです。

決壊した堤防のそばの友達は、着ているもの以外
すべて流されました。

水(泥水)に使ったものはすべて使い物になりません。
タンスの中も、食器棚の中もすべて泥水です。

子供の貯金箱もしっかり泥水が入ってしまって、
子供がお金をを一枚一枚大事そうに洗ってました。

道は、泥と、使い物にならない家財道具でうまっています。

災害復興の車と、日常業務の車で、道は大渋滞です。
町は、泥が乾いて舞い上がり、目を開けていられません。

泥は、水で流しても、拭いても、次から次へと
湧いて出ます。

みなさん、どうか、どうか被災した方々に、励まし、
応援をお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 驚きました。

    私の弟が福井大学に行っています。(1人暮らしです)
    あの豪雨の日は、弟が実家から福井に帰った日で、
    弟は道を迂回して家に帰ったそうです。

    幸い、弟のアパ-トは被害にあわなかったそうですが、
    弟の友達(福井在住)で、被害にあった子がいるそうです。
     
    私は福井に行って作業することは出来ませんが
    募金などで協力したいと思っています。

    ユーザーID:

  • 5日目

    ニモ様、あたたかいお言葉ありがとうございました。

    豪雨から今日で5日目になりました。

    泥は、乾き、粉塵を撒き散らしています。
    町は、どぶの匂いがします・・・。

    この暑さで、熱中症で倒れた方もでました。
    被災地の皆さんの疲労の色は濃いです。

    でも、ボランティアの方もふえ、すこしづつですが、
    町のゴミは減り、泥も減ってきました。

    夏休みを返上して、県内外の学生さんたちが大勢手伝って
    くれています。若い力ってやっぱりすごいと思いました。
    たくさんの県内外の人たちが手伝いにきてくれます。
    ほんとうにありがたいことだと思います。

    しかし、まだまだ町にはどろがたまり、ゴミが回収
    されずに残っています。
    福井市外の被災地は、まだまだ人手不足で、手も
    つけられていないところが多いです。
    ボランティア、いつでも受け付けています。
    福井市のホームページなどで詳しく載っています。

    悲しいのは、地方の新聞には一面しっかり載っているのに
    全国の新聞には、記事が載らなくなったことです。
    あっという間に忘れ去られてしまうのかな・・・。

    一日も早く、きれいな美しい町に戻ってほしいです。

    ユーザーID:

  • 友人からのメールで・・・

    福井に住む友人から、床上浸水で、避難所生活で救援物資での生活、電気も通らないというメールがきました。
    あまり、東京では、あまり報道がないので、大丈夫かな?ぐらいでしたが、友人からのメールのあと、
    いろいろネットで調べたところ、被害の大きさにびっくりしています。
    友人のうちも、ちょうど決壊した川の近くに住んでいて、床上浸水になったようです。
    http://www.fukuishimbun.co.jp/gouu/framepage1.htm
    あまり、テレビでは流れていませんが、被害は大きいです。
    とくに、小さな町や村で、人手が足りず、手付かずのところもあるとか・・・。

    ユーザーID:

  • 4年前の東海豪雨

    従姉が直撃被害を受けました。私の家はそこから10キロほど離れていたため床下浸水で済みました。
    水が引いた後、連日従姉の家に親族一同が掃除にかけつけましたので、水害後の惨状や泥埃に悪臭等、今も記憶に鮮明です。それでも直接被害を受けた従姉一家の受けたダメージの半分も理解できなかったと思います。
     
    私もニモさんに同じく福井に行って作業することは出来ませんので募金などで協力したいと思っています。

    ユーザーID:

  • 神奈川県在住ですが

    両親が美山町出身です。
    福井市の足羽川決壊箇所のすぐ側にも親戚が住んでいます。
    私の親戚はとりあえず無事で、物質的にもあまり被害はなかったそうですが、本当に紙一重で家、財産、思い出、そしてもしかしたら命を失っていたかもしれません。そう思うと、まさに他人事ではなく、被災地のニュースを見ると
    心が痛みます。
    本当に、1日も早くおちついた生活に戻れるよう願っています。小さい子供がいるので、ボランティアには行かれませんが、些少なりとも募金などでお役に立てればと思ってます。

    今私が住んでいるあたりは大地震が予想され、自然災害にあわれた方々に対する共感性が高いのか、今回の新潟や福井のことも話題にのぼります。なかなか積極的にボランティアや募金とはいかないと思いますが、心配や同情はしています。
    忘れ去られたなんてことはないですよ。

    ユーザーID:

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • お見舞申し上げます1

    たまさん、そして被災者の皆さんにお見舞を申し上げます。
    私の住む東海地方も、平成12年9月12日に大規模な水害に襲われました。
    幸いにも私の家は無事だったのですが、すぐ近所まで水が来て、多くの人が被災しました。
    その時にボランティアをさせていただいた時に、他の地域からの支援をしていただいたことが、被災者ではない私でもとても嬉しく感じたので、以来、どこかで水害が起こるととても人事ではない気がしてわずかではありますが、義捐金を送付させていただいています。

    流れてくる映像からも、かつての東海豪雨の時の、公園にどんどん運ばれてくる泥まみれになった各家庭の思い出の品々、呆然とした人々の表情、泥で固まってしまったタンスやめくれ上がった床のベニヤ板、水位の跡を示すように抜けた土壁、そして臭い・・・映像以上のことが思い出されてきました。

    東海豪雨の時も、あっという間に豪雨関連の全国ニュースはなくなってしまいました。
    その時に、ローカルニュースのキャスターがこう言っていました。

    ユーザーID:

  • お見舞申し上げます2

    大地震と異なり、豪雨による水害は局地的なので他の地域にその大変さが伝わりにくく、そのためまだまだ復興に時間がかかる状態でも、忘れ去られやすいのだと。
    実際、他の地域に住む友人も水害直後こそ安否を問うてくれたものの、ほんの1ヶ月もするとすっかり水害のことを忘れて「そんなことがあったの?」となっていました。
    きっと、たまさんも今、その寂しさや焦りを感じてらっしゃることと思います。

    でも、そうやって忘れられる中にあって、続けて支援の手を差し伸べてくださったのが、神戸の人たちでした。そしてネットで状況を知って駆けつけてくれる全国のボランティアの人たちでした。
    マスコミからは忘れ去られたように見えても、阪神大震災以来各地で芽生えたボランティアの芽は、根強く私達を支えてくれたのです。
    そして今回、かつて自分たちが遭った水害を思い出す状況に、多分多くの東海豪雨被災者や当時のボランティアの頭の中で、新潟や福井、そして富山の水害の報道が減ったところで、まだまだ復興に時間がかかることもわかりきっているし、忘れ去ったりもしないでしょう。

    ユーザーID:

  • お見舞申し上げます3

    だからといって、誰もが取るものもとりあえずボランティアとして駆けつけられるわけではありません。
    それは時間的な制約だったり、金銭的な制約だったり、宿泊すべき場所の制約だったり・・・。
    実際、新潟では当初は県外からのボランティアに関しては受け入れをしていませんでした。
    でも何かせずにはいられません。
    せめて自分にできることとして義捐金を送らせていただきました。

    かつての経験から、ボランティアの仕事が肉体労働だけでなく、受付や拠点での応対などの縁の下的仕事もあることや、義捐金の一部はボランティアたちが快く働くためにも使われることなど、多くのことを教わりました。
    何よりも牙をむいた自然の脅威も知りました。
    それと同時に、人間の温かさや、何事もない退屈な日々がいかに幸せであるかも改めて知ることができました。
    たまさん、そして大勢のみなさんが、一日も早く復興されることを祈っています。

    ユーザーID:

  • お見舞申し上げます4

    今はまだ復興した後のことを考えることはできないでしょうが、きっと次にどこかで(もう起きて欲しくはないけど)また水害が起こった時には、人事でない気持ちで支援の手を差し伸べたいと思われることと思います。
    そうやって支援の手を互いに伸ばし合うようになっていって、世界が平和になっていくといいなと思います。
    暑い日が続く毎日、被災者のみなさんやボランティアの方々の体調が崩れませんように。

    ユーザーID:

  • 福井出身です。

    実家は幸い大事に至らなかったのですが、市内外の親戚や友人宅が被害を受け壊滅的な状況です。

    このトピックに発言することで少しでも皆さんに関心を持って貰えたら...と思い書き込みました。

    ともさんのご紹介下さったサイトでは、
    被災当日や復旧作業の現状を伝えています。
    義援金や救援物資の送り先は下記URLで分かります。
    http://www.pref.fukui.jp/0718/mimai.html
    義援金は、金融機関によってですが、窓口から振り込めば手数料が無料になるそうです。

    目を向けるべきは自分の地元である福井だけでなく、国内外に色んな状況がありますが、思いついたところからやっていきたいと思いました。

    たまさん、心身ともに大きなショックと疲労、またこれからの生活への不安で、大変な状況と思いますが、被害からの一日も早い回復を遠方よりお祈りしています。

    ユーザーID:

  • 水って恐いですね

    昔は、水洗トイレじゃなかったから、もっと悲惨だったらしいですよ。あちこちに、あれがぷかぷか。

    大昔から、「水を制する者が、国を制する」と言って、治水は重要だったらしいです。

    ユーザーID:

  • のんきな福井人がいるぞ!

    うちの上の階に福井から出てきた一人暮らしの女の子が住んでいるのですが、毎週週末になると、エンジン音のうるさい車高の低い車でやって来て、思い切り邪魔になる路駐をし、田舎ではこういう人が多いのかなと思っていたところ、福井の水害があり、うちの旦那も休日にボランティアでいかされる話しが出ていました。

    ところがそののんきな福井人は自分の県がそんなことになっているのもお構いなし!爆音とともにまたまたやってきました。若い子なので仕方ないのかもしれないけれど、休日をつぶされてまでボランティアにいかされる旦那は??って感じでした。

    ユーザーID:

  • 去年の・・

    去年の7月におきた博多の洪水で被害を受けました。
    街は全てが灰色と化し、道は泥でぐちゃぐちゃ。

    そしてその泥が乾いた後の臭いと砂埃のすごさを思い出しました・・・。
    皮肉にもほんの少しの雨が欲しいと願ってしまう程の酷さですよね。

    TVで拝見した感じ、福井豪雨の被害は博多のよりももっと酷いように見えました。
    1日も早く元の生活に戻れるよう心よりお祈り申し上げます。

    ユーザーID:

  • 義援品、洋服を送りたい。

    私は北海道に住んでいるので、TVの映像しか見ていないのですが、被害にあわれた方々はほんとうに、大変だと思います。

    先日近所で、募金活動が行われていたので、小額ながら寄付させていただきました。

    ほかに何かできることはないかと、毎日思います。特に、洋服は、新品ではないのですが(ここ数年のもの。きれいなもの)送ろうと思っています。

    被災者の方々の役に立てること、を考え続ける日々です。

    ユーザーID:

  • ボランティア行ってきました

    こんにちは。

    日曜日に手伝いに行ってきました。

    床上浸水1mくらいの家に派遣されました。
    やっと昨日床下の泥を出したばかりで、家の中はまだ手付かずでした。
    庭が泥で埋まっていて、半日かけて石やコケを掘り出しました。
    納屋の水はまだ引いていませんでした。大きなスコップで水をかき出す作業が続きました。
    水道の水は出ますが、微々たるもので勢いがありません。
    道には水をかぶった畳が干してありました。

    ですが、被災された家族、そのご近所さんは笑顔でボランティアを迎えてくれて、一番大きな声で頑張っていました。私たちへの対応もよく、お茶やお菓子、パンやアイスなども「ありがとう」の言葉と一緒に出してくださいました。

    どうか、今、みなさんの力を貸して下さい。
    早く福井が元気を取り戻すように、力を貸して下さい。
    お願いします。。。

    ユーザーID:

  • 微力ながら。

    いつも小町を愛読しております。
    そして、自分自身もコチラでいろいろと助言をいただいたり、又、助けられたことがありました。

    福井豪雨について、テレビやニュースで目の当たりにしました。
    数年前に旅行で一度だけ訪れたことがあります。
    あの風景を思い出すと、とても人事と思えませんでした。
    不安を抱えて苦しんでいる方がいるという事実にとても心を痛めています。

    少しでも…と思い、このトピにあったurlより、
    先ほどお見舞金を振り込みました。

    一日も早い復興を願っています。

    ユーザーID:

  • 明るい笑顔

    今立町というところに行ってボランティアさせてもらいました。とにかく泥の果てしない量と、炎天下に体はすぐに限界を覚えました。お役に立ったかどうか・・・。でも被害にあったみなさん。懸命に明るい顔で復旧に励んでおられます。

    本当に強い方々だと感動しました。福井県の他の市町村の高校生、中学生も毎日のように送迎バスに乗って来ているようです。私と同じように他県の人たちもたくさんお手伝いされてました。その方々に毎日なんども「ありがとね」と声をかけてくれて。何度もいいますが、感動するほど強い笑顔でした。とてもとても貴重な経験でした。

    ユーザーID:

  • お見舞い申し上げます!

    福井県、新潟県のみなさんの事を思うと
    心が痛いです。 お見舞い申し上げます。
    どうかくじけないで頑張って欲しいです。 
    いまアメリカにいるので何の手助けも出来なくて
    情けない気持ちでいます。
    どうか 負けないで下さい。 
    希望を無くさないでください。 

    でも本当に奇特な方がいるのですね。
    二億円の宝くじのニュースを聞いて、いまとても感動しています。涙が出ました。こんな人間がいるなんて
    信じられません! 人間って捨てたもんではないですね。 この方は天使のような方です。

    ユーザーID:

  • >はなさんへ

    ちょっと待って! 洋服は新品同様でもやめて下さい。
    阪神大震災の時も大量に服が送られてきて、
    仕分けする手間暇がなくて、ゴミになりました。
    男女・サイズ・好みがあるものは配れません。
    お金か、受け入れ先が欲しいと指定している物を
    的確にお送り下さい。

    ユーザーID:

  • 旅行に行くのですが・・・

    被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
    TVや新聞などで報道された範囲でしか知ることが出来ないのですが、それでも状況の大変さがヒシヒシと伝わってきます。

    実は夏休みを利用して福井県に旅行に行くことを計画しています。計画自体はかなり前から立てていましたので、今回の災害を知って迷う気持ちもあります。
    ボランティアではなく観光に行くのですから・・・

    計画変更も考えましたが、被害のなかった観光地の方にしてみれば、観光客が減ることによるダメージもかなり大きいと聞きましたので、予定通りにいくことになりそうです。
    子供や年寄りがいるのですが、若いメンバーだけで、たとえ半日でもボランティアに行けるように提案してみたいと思います。

    義捐金など、私にも出来る範囲で協力させていただくつもりでいます。一日も早く、町全体が復興できることをお祈りしています。

    ユーザーID:

  • ※義援品は・・・

    >はなさん
    佳奈さんが書かれていますが、義援品は必ず先方の状況を正確に調べてからにしてくださいね。
    義援品だけでなく、ボランティアが必要かどうかも、刻々と状況が変わっていきますので、NHKボランティアネットなどで確認をするといいかと思います。

    NHKボランティアネット 豪雨災害関連情報
    http://www.nhk.or.jp/nhkvnet/spot/2004-07-rain/index.html

    たとえば、7月29日15:00現在で送ってほしい品としては、平くわ、作業用ゴーグル、土のう袋、水中ポンプとホース、竹ホウキが挙げられています。
    つまり、それ以外の品は必要なく、これも明日には不要となるかもしれません。
    http://www.nhk.or.jp/nhkvnet/spot/2004-07-rain/20040721-f03.html

    はなさんの優しい気持ちが、かえって先方には迷惑になってしまうのでは、あまりにもったいないので、おせっかいかと思いましたが情報収集先を書かせていただきました。

    ユーザーID:

  • 福井人です

    温かいお言葉の数々ありがとうございます。

    恥ずかしながらこれまで日本各地の災害を見て、’大変だな〜’と同情しつつも対岸の火事という感じで他人事と見ている自分がいました。

    しかし今回床上浸水した友人の話(彼女は車の修理費に100万円かかるとのこと)、実家が流された友人の話(アルバムも残っていないとのこと)、また美山町の土砂に浸かった一軒の家の泥をとるのに20人がかりのボランティアが1日がかりで取り掛かっても終わらない事など、辛い話に微力な自分が情けなくなりました。

    自分の故郷ですので、自分にやれる事をやるつもりです。(生活上の都合で主に物やお金になると思いますが)

    先日拉致被害者の地村さんがボランティア活動したというニュースを聞き、人へボランティアできる気持ちというのは辛い目にあわれた人ほど大きいこともあるのかと感動しました。

    また、県外から交通費、宿泊費自腹で来て頂けるボランティアの方々、本当に立派で有難い事だと感謝しています。

    今後、日本で被災地が(あって欲しくはないですが)
    できたとしたら、自分が出来る形で何かお返しできればと思っています。

    ユーザーID:

  • ウルトラの母さんへ

    福井に観光に行くことについて、気がとがめられる気持ち、わかります。
    でも、おっしゃっている通り、被害のなかった地域まで観光客が離れてしまうダメージがあるのですから、観光客として福井県にお金を落としていくことも素敵だと思います。

    さて。
    >子供や年寄りがいるのですが、若いメンバーだけで、たとえ半日でもボランティアに行けるように提案してみたい
    とのこと、若い人だけでなくても大丈夫かもしれませんよ。

    ボランティアというと、土嚢袋を運んだり、力仕事ばかりのイメージがありますが、実際はそうではありません。
    被害の大きかった地域の要所要所にボランティアセンターができます。
    そこで、電話受付をするボランティアもいます。電話は、被災者からもボランティアする側からも問い合わせがかかってきます。
    作業の依頼があれば、誰をどこに派遣するか決める采配役のボランティアもいます。
    実際に作業に向かうボランティアたちに、必要な道具(行き先によってシャベルだったり雑巾だったり)を渡す、道具管理のボランティアもいます。
    作業から帰ってきたボランティアを笑顔で迎え入れて、消毒をする担当のボランティアもいます。

    ユーザーID:

  • ウルトラの母さんへ2

    助けを求める手段もわからず、家で一人困っている人がいないか見まわったり、炊出しをしたり、炊出しの予定を知らせるビラを配って周ったり、被害に遭って精神的ダメージを受けているお年よりの話し相手になるボランティアもいます。
    私が実際に東海水害でボランティアに行った時の経験談ですが、ビラ配りの仕事などは、5歳くらいの子どもから90歳くらいのお年よりまで参加されていました。
    今回の水害とはまた求められているボランティアが違う可能性もありますし、状況は刻々と変化しますので「※義援品は・・・」で書いた、NHKボランティアネットに問い合わせ先が載っていますから、確認されてみるといいかもしれません。
    ウルトラの母さんの優しい気持ちが、お子さんたちにもきっと伝わることと思います。
    ご旅行、楽しんできてください。

    ユーザーID:

  • こんなかたちでしか支援できませんが

    わたしは福井出身ですが、下流の三国町というところ
    にかつて住んでいました。1997年ナホトカ号重油流出
    事故の際にはたくさんの方にボランティアで来ていた
    だき感謝しています。

    今回は福井市と美山町が中心に被災されましたが、な
    んとお声をかけていいかわからずにいます。

    本来ならボランティアでかけつけたいところですが、
    義捐金というかたちでしかご支援できません。
    その気持ちが届くといいなと思います。

    ユーザーID:

  • 福井の皆様、ありがとうございます

    9月29日に記録的な豪雨により、三重県では多くの人が被災しました。
    特に海山町と宮川村の被害が大きく、宮川村では今日現在も全村避難指示が発令されていて、危険なのでボランティアも入れない状況が続いています。

    そんな中、夏に豪雨被害に遭われた福井県の方々がボランティアに駆けつけてくれています。
    美山町の方がおっしゃるには「同じ読み方の町ということで、多くの海山町から人が来てくれた」なのだそうです。

    三重県出身者として、被害に遭われた方に代わって僭越ながらお礼を申し上げます。
    そして、愛媛や三重の被災地域の状況が少しでも早く回復することをお祈りします(我が家も田畑に土砂が流れ込んだようで、どうしよう??)

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧