ペットを安楽死させました。

レス65
(トピ主0
お気に入り1

心や体の悩み

あぴあぴ

レス

レス数65

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そういう選択肢もあると思います。

    ご冥福をお祈りいたします。

    虹の橋
    http://www.phoenix-c.or.jp/~pink-cat/index.html

    ユーザーID:

  • 手術しても

    うちのハムも同じように腸が飛び出て病院に連れて行きました。
    手術はしてもらって成功したんですが、体力が回復することなく数日で亡くなりました。
    その一方で、獣医さんの休日返上の献身的な治療にも感動したり・・・。
    安楽死という方法も確かに一つの選択肢ですよね。ただ、家の場合は思い切れなかったのです。結果、苦しい思いをさせてしまいました。
    あの小さい体に手術するということがどれほどの負担だったのか・・・・無理をさせてしまったのか、人間のエゴだけでつらい思いをさせてしまったかと後悔の念もあります。

    いなくなってからは寂しくて、ペットショップに何度も見に行ったりしては元気だったときの姿を思い出したりしました。
    でも小さい動物には負担になることが多くて、なかなか難しいですね。
    私のところに来て、どれくらい幸せな時間を過ごしてもらえるのかと思うと簡単に飼えない気がします。

    ユーザーID:

  • もう自分を責めないで

    私も今年の初めにハムちゃんを看取った1人です。
    子供のハムちゃん飼おうよという声にも、まだ飼う気持ちになれない自分がいます。
    あんまり呆気なく行っちゃったから、子供に呆れられる位にグジュグジュになって数日泣き腫らしました・・・今はあんなに小さい体でいっぱいの幸せを私達家族にくれた事に、ただただ感謝です。
    トピ主さん、ちゃんと最後を看取ったじゃない?もう自身を責めることはないと思うよ。
    これ書いてても涙が出てる私です。

    ユーザーID:

  • 安らかに

    3歳の猫(メス)と住んでます。まだ子供がいないので今のところわたしにとっては年の離れた妹(笑)ダンナにとってはワガママ娘みたいな存在です。
    まだまだ元気と思ってもいつかは彼女の死が訪れるんだなと考えさせられました。
    ペットは人間の元で暮らし、癒し癒され、そして人間の元でこの世を去るもの。どうしてもその死を乗り越えなくてはいけない、それがペットを飼うときに義務付けられた飼い主の責任だと思っています。
    トピ主さんのおうちのハムちゃんはきっと幸せだったと思います。辛い選択をしましたが短い間でもやさしい飼い主さんの元で温かい愛情を持って暮らせたのですから。小さな命ですがトピ主さんにとってはかけがえのない命、いつまでも慈しんで忘れないで安らかな眠りを祈ってあげてください。
    そしていつかまたやさしい命のふれあいに心癒されることがあったとき逝ってしまったハムちゃんと同じように温かい愛情を注いであげてもらったらと思います。

    ユーザーID:

  • 辛かったね

    私もハムスターを飼っていたからわかります。一匹は顎がおかしくなって餌も食べられず・・・やせ細りながら死んでいきました。何度安楽死させてやろうかと思いましたが、意気地のない私にはできませんでした。息も絶え絶えで死んでいった姿を思い出すと今でも泣けてきます。

    きっと天国で私を見ていてくれると信じて、何とか立ち直りました。トピ主さんも頑張ろうね。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 気を落とさずに...

    私も最近犬を亡くしてしまいました。
    しかも私が留守の間にです。もう何もやる気がしません。
    写真を見ては泣いてばかりで、毎日溜息ばかりです。
    きっとあなたがかわいがっていたハムスターは最後まで
    看取られて幸せだったのではないのでしょうか。私は死に目にあってませんから...。愛情を注いだらその分の跳ね返りが大きいですよね。
    お気持ちが痛いほど分かります。ペットとはいえ家族ですから。でもこの気持ちは飼い主にしか分からないんですよね。ペットは虹の橋で待っていてくれますよ。私達がこの世からいなくなるときは虹の橋で会えます。そうしたら一生一緒にいられるのです。今は供養してあげるのが精一杯の愛情表現ではないでしょうか。気を落とさずにがんばって下さいね。

    ユーザーID:

  • 辛いですね。涙

    私もハムスターを飼っていて、他人事と思えません。

    以前、犬も飼ったことがあります。
    犬と人間が結ぶ密接な関係も素晴らしいものですが、
    ハムスターを飼ってみて、同じペットでも犬とはまた違うと思いました。

    ハムスターって、何をしていても、ずっと幸せ。
    いつもいつも幸せ。
    こんなに平和で、他人に害を与えることもなく
    常に幸せでいられる生き物って、他にあるだろうか。

    私達、そんな幸せをいっぱい分けてもらった。
    そしてトピ主さんは、そんなハムちゃんに、
    一番苦しみの少ない方法を選んであげた。

    ハムちゃんはきっと全部、分かってますよ!
    そして今頃天国で幸せそうにヒマワリ種かじって
    毛づくろいして、すやすや寝て、起きたら草原を走ってると思います。

    ユーザーID:

  • つらかったですね

    病気で愛犬を亡くしたことがあります。安楽死の決断はできず、最期まで苦しめたような思いに当時はかられました。

    我が家の場合も、最初に診せた獣医に誤診をされています。当時は憎くてたまりませんでした。今も複雑な思いは残っています。

    トピ主さんは、まさに断腸の思いで決断されたことでしょう。助かる見込みがないと言い渡されれば、私もそうしたかもしれません。

    どちらを選択しても、悔いや自責の念は残るのだと思います。最期まで心優しい飼い主さんの元で可愛がられて暮らせて、ハムスターちゃんは、きっと幸せだったと思いますよ。

    私もしばらくは泣き暮らしました。こんなにつらいものだとは思いませんでした。ペットロスという言葉が日本で言われるようになったのは、それからしばらくしてのことです。

    天国に行ったハムスターちゃんはもう苦しんではいないでしょう。飼い主さんにお礼を言っていると思いますよ。どうぞ、お体に気をつけてくださいね。

    ユーザーID:

  • 辛かったですね・・・

    こんな悲しいこと無いですよね。
    トピを読んでて私も涙が出ました。

    あなたのハムスターは、あなたの家の子になって
    いっぱい愛情を貰って 見守られて
    幸せな子だったんですね。

    ユーザーID:

  • うちも。

    うちもハムを飼っています。
    ハムの余命は短いのよね。でも
    一生懸命毎晩、滑車を回して
    見えないところで運動して
    餌を食べて巣をこしらえて。

    ペットって、いるだけでほっとしますよね。
    安楽死。しかたないとはいえ
    つらいですよね。でもね
    優しい飼い主にみとられ、
    ちゃんとお医者さんに連れて行って
    もらえて幸せなペットだと思いますよ。

    はむちゃんが天国にいかれますように。

    ユーザーID:

  • ありがとう

    ハムスターの寿命は短いのに、2年4ヶ月も可愛がってくれて幸せでした。
    たくさん愛してくれてありがとう、どうか自分を責めたりしないで、たまには思い出してね。
    ありがとう、ありがとう。

    ユーザーID:

  • 涙 涙・・・

    お辛かったですね。
    トピ主さんのお気持ち、よくわかります。
    私もハムスターを飼っていますが、ハムスターは本来野生動物なので、敵に弱みを見せないために病気や怪我を隠そうとします。
    その結果手遅れになることが多いんですよね。

    私はトピ主さんと逆の選択をして悩み続けていました。
    首の辺りに腫瘍が出来て、2軒の動物病院で診てもらいましたが、場所が場所なだけに手術をするのは無理だと言われました。

    「薬で進行を遅らせる事はできるが、いずれは自力で食べる事も出来なくなる。
    安楽死という手もあるが・・・」と言われましたが、それでも少しでも生きていて欲しいと願い、投薬での治療を続けました。

    死ぬ前の一週間は、まったく身動きも出来ず、寝たきりの状態。
    その姿を見て、私の選択は間違っていたのではと悩みました。
    今は自分のできる事はやった。それでハムも納得してくれているのではと思うようになりました。

    トピ主さんのハムちゃんも、それが一番最良の選択だったのだと、わかってくれていると思いますよ。

    ユーザーID:

  • 家族の一員。

    今は本当にお辛いと思います。

    でも、きっとあなた方ご夫婦を選んで
    やってきたハムスターだったのだと思います。
    (人間が選んで・・・ではなく縁だったのですよ。)
    ペットとは言え立派な家族の一員。

    安楽死を選択したこと後悔しないで下さいね。
    一番いい方法だって分かってくれていると思います!

    そして忘れないでいてあげてください。

    ユーザーID:

  • 一緒に悲しませて下さい

    ハムちゃん(名前がわからないのでこう呼びます)の事、本当にお気の毒に思いました。

    つらいですね。悲しいですね。私も自分の犬のその最期を思い出している所です。

    あぴあぴさんは、正しい事をなさったんですよ。そのままハムちゃんを数日生かしておいたとしたら、ハムちゃんは必要以上に苦しんでしまう事になったのですから。

    ただ生かせておく、というのは飼い主のエゴにすぎません。悲しくともつらくとも、そういう場合には安らかに逝かせてあげること、それが飼い主の責任であり、また愛情です。

    ハムちゃんは幸せでしたよ。2年4ヶ月の間、たくさんたくさん貴女に愛情をかけてもらえたのだから。そうして最期まで一緒にいてもらえたのだから。

    無理に忘れようとしなくていいんですよ。今は気の済むまで悲しんで泣いて下さい。私もこれからしばらく泣くことにします。ハムちゃんのご冥福を心からお祈りしています。

    ユーザーID:

  • 辛かったでしょう。

    辛い経験・辛い選択をされましたね。

    以前TVで、後ろ足に腫瘍か何か出来てしまった犬が出ていました。飼い主が「このままにするか、切断するか」という辛い選択をする、という番組を見ました。
    老犬なので手術するには体に負担がかかってしまう。でも、痛みを抱えながら後ろ足を引きずるのは見たくない…

    結局は足を切断せず、痛み止めを使って痛みを和らげ、残りの生を楽しく生きてもらおう、という選択を取っていました。

    私は動物を飼った事がないのですが、この時「私だったらどうするだろう?」と悩んでしまいました。

    状況は違うと思いますが、とてもトピ主さんも悩まれたのですね。手のほどこしようがなかったの事ですからその選択、間違ってはいなかったと思います。
    とても可愛がったとあるので、ハムスターも幸せだったでしょう。トピ主さんがこれほどまで悲しむのはそれだけ可愛がってきた証拠です。

    もし、またハムスターを飼う事がありましたら、その子にも愛情を注いであげてくださいね。

    ユーザーID:

  • つらいことでしたね

    去年愛犬を見送りました。
    だんだん調子が悪くなり、痩せていく姿に安楽死を考え、それでも決断できなくて、家族中で悩んでいる時に息を引き取りました。

    毎年健康診断に行っていたのに、
    あの手術をしなかったら、と獣医さんに対する不信感や複雑な思いは今も消えません。それと同時に最後まで苦しませてしまった後悔も家族の心から消えることがありません。

    結局どっちが良かったのか、、、どちらを選んでももう一方の方法を選んでおけばという気持ちは生まれてくるのだと思います。だからその子に愛情を注いだ飼い主さんの決断が正しいですよ。

    すごく悲しくて今でも思い出しては泣くことがありますが、愛犬がもう苦しんでいないのが唯一の救いです。元気に遊んでると思います。

    トピ主さんのハムちゃんも今は元気に遊んでいますよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    ありがとうございます。

    皆さんのお返事を読んで
    声を出して、大泣きしてしまいました。

    あれから何度も小屋を捨てようとしたのですが
    回し車や水入れを見ると
    姿がよみがえってきて、処分できずにいます。

    今は、ペットショップに行ってハムスターを見て、まるであの子が生きている、もしくは生まれ変わっているかのように、感じて癒されています。

    動物は人間より、寿命が短い生き物だから、どんなに避けたくても、死は避けられないですよね。。

    辛いけど、どうせ私だって死ぬんだ。と思うようにしています。先に天国に行ったんだねって。

    最期が残酷すぎて、かわいそうだったので
    まわりには、「眠るように死んだんだよ」と言っています。

    書き込みして下さった皆さんは、とても優しい心の持ち主ですね。
    飼われているペットは幸せだと思います。
    私の分も、ペットを愛してあげてください。

    ユーザーID:

  • ・・・

    ハムスターさんのレス、
    なんか自分にも言ってくれてるみたいで読んで涙が出てました。
    我が家も何匹かのハムちゃんとの別れを経験し、
    その度に「この子はうちに来て幸せだったのかしら?」と思うばかりでしたが…。
    彼らが私たちを幸せにしてくれたように、
    きっと彼らも幸せを感じてくれていましたよね。

    あぴあぴさん、とても辛かったですね。
    ハムちゃんはあぴあぴさんと出会えて幸せだったはずです。
    ハムちゃんも悲しむと思うので、早く元気出してくださいね。
    今頃はうちの子達やいろんなお友達と楽しく過ごしているかも…。

    ユーザーID:

  • 先日☆になりました。

    うちの子も先週☆になりました。活発でいて温厚なカワイイ子でした。
    トピ主さんとこと同じ2歳と4ヶ月でした。

    ハムちゃんの痛みが一番少ない方法を選んだんですから それ以上のことはないと思います。

    人間によって、、、とありましたがそんなに想ってくれるママに出会えて絶対幸せだったと思います。

    うちの子が死んでから購入したんですが、アニファとか言うハムスターの本が病気や怪我など詳しく特集していてためになりました。
    (他の動物バージョンもありました。)

    ユーザーID:

  • 元気だして下さいね

    トピ主さん、本当に辛かったですね。読んでるだけで涙が出ます。
    安楽死も、大好きな飼い主さんが自分のために選んでくれた方法だと、ハムちゃんもわかってくれてると思いますよ。
    月並みな事しか言えない自分のボキャブラリーの少なさが情けないですが、トピ主さんをはじめ、可愛いペットを亡くされた方達も、頑張って乗り越えて元気出してくださいね。

    あと、ここは動物好きだけでなくいろいろな人が集まる掲示板ですから、ここにいる飼い主さん達の気持ちに同調できない方の心無い書き込みがされる事も予想できますが、万が一そういう書き込みがあっても気にしないで。

    ユーザーID:

  • いろんな選択肢があります。

    読んでいて泣きました。
    私も3年前に12歳のメス猫を病気で亡くしました。
    治療しても余命が数日と宣告されたので、自宅で看取りました。
    救急病院に連れて行って翌日の朝亡くなりました。
    その日は泣いて泣いて泣きまくりました。

    今は違う猫を飼っています。
    ペットの死はとても辛いものです。
    でも、トピ主さんは自分を責めずにどうかハムちゃんとの思い出を忘れないであげてください。

    ユーザーID:

  • 同じです

    こんにちは
    私もちょうど一年前にハムスターを安楽死させました。
    ある日突然元気がないなぁと思って
    病院につれていったのですが
    風邪だといわれ栄養剤や薬を飲ませていたのですが
    突然早朝に発作をおこしはじめたんです。
    朝一で病院に駆け込み
    つききりで治療をしていただいたのですが
    夕方 発作はおさまったものの
    足は麻痺してのびきり、痛みのためか
    顔も尋常ではない表情で苦しんでるハムがいました。
    医者にも助かる見込みはないと言われ
    このまま苦しませるくらいならと尊厳死を
    お願いしました。
    安楽死は飼い主である自分のエゴじゃないか
    本当はギリギリまで生きさせてやったほうが
    よかったのではないか?と
    1年たった今でも考えます。
    でも ただ あれだけ苦しんでいたハムが
    まるで眠るように 安らかな顔で逝けた
    その死に顔だけがせめてもの救いです。
    小さくても本当に家族の一員でした。

    ユーザーID:

  • トピ主さんと全く同じ気持ちでした。 その1

    昨年10月に愛猫をティガーを安楽死させました。5年5ヶ月一緒で、一番一番可愛い猫でした。私も自分は安楽死なんて絶対選択できない、と思っていたのですが、選択しなければなりませんでした。

    元気なのだけど呼吸が荒い。いつも獣医へ連れていっても異常なし、それでもやっぱり呼吸が荒すぎるので、ついに大学の獣医科(アメリカ在住です)へ。そこで獣医も驚くほどの心臓肥大(普通の猫の4倍の大きさ)と判明、薬を飲ませても長くて2、3ヶ月と宣言されました。見た目は元気なので余計にショックでした。もっと早く連れてこればよかったと私も自分を責めました。

    ユーザーID:

  • トピ主さんと全く同じ気持ちでした。 その2

    それからたった3日後の夜に容態急変で再度大学獣医科へ、そこでいきなり安楽死の選択でした。夜中の12時、なんの心の準備もなく、その場でティガーのために決めなくてはなりませんでした。先生に”まだ生きたいって思ってるかもしれないのに、どうやって決断したらいいのかわからない、私たちの決断が正しいとどうしたらわかるのか?”と聞いたら、先生も目に涙をためて“人間の親がまだ自分のことを自分で判断できない子のために決めてあげるのと一緒、猫のために一番いい選択をしてあげればいい”と助言されました。

    家猫のティガーは、ちょっと外に出してもらうことと、枯葉と遊ぶのが好きだったので、すべてを外で行ってくれ、朝の1時枯葉散るなか、私の顔をみながら眠るように逝きました。たったの10秒ぐらいでした。

    ユーザーID:

  • トピ主さんと全く同じ気持ちでした。 終

    その後、当時はその選択が本当に正しかったのかどうか何度も考えました。ものすごく泣きました。私もティガーの最後を思い出すと、10ヶ月ほど経った今でもどうしても泣けます。ある時ある人から、最後の辛いときばかりじゃなく、楽しかったことをもっと思い出してあげるのもティガーのためだよ、という言葉をもらいました。楽しい時を思い出すと、やっぱりあの子は幸せだったと思えるし、あの子が信頼してくれた私たちの決断も正しかったと思えました。

    あびあびさんもあの子のために、きっと、正しい選択をしてあげたのです。そしてそんなに思われたあの子は絶対幸せだったはずです。 私もティガーは私たちと一緒で幸せだったと信じて疑いません。

    はちさんもおっしゃっていますが、虹の橋で待っていてくれると私も聞きました。また会えるのを信じています。
    長々と失礼しました。

    ユーザーID:

  • 自分のしたことを

    一生忘れないように。

    もっと早く病院に連れていっていたら?
    決して美化できることじゃないです。
    レスは慰めだけじゃないですよ。

    自分への戒めを一生忘れないように。
    それがあなたがペットにできる償いです。

    ユーザーID:

  • 是非

    辛いとは思いますが、新しい子ハムを飼ってみてください。

    私も過去に3代のハムを飼い、飼った数だけ悲しみも体験しました。

    すぐに新たに飼うのもひとつの手です。

    元気を出して!

    ユーザーID:

  • 思いっきり泣いてもいいと思います。

    うちも4月1日に可愛いモルモットがお星様になりました。
    まだ、1年半しか生きてなかったのに・・・
    みるみるやせ細って、涙、涙、涙、

    皆、この気持ち同じなんですね。
    きっと、誰がどのように励まそうとも、悲しみは変わりません。
    うちも、その子が住んでいたゲージは まだ そのまま
    です。リビングのいつもの場所にあります。
    いつになったら片付ける事ができるんだろう・・・

    子供と一緒に思い出を語っては泣いています。
    元気な頃の写真を見ては泣いています。
    調子が悪くなりだして、少し痩せてきた頃の写真なんか
    本当に辛くって、ごめんね、ごめんね、そればっかり。
    どこが痛かったの?
    何が食べたかったの?
    何かして欲しい事あった?
    あの時、こうしていれば、とか、色々考えるけど、
    もう疲れちゃいます。
    どんなにちっちゃなハムちゃんでも、大きなワンちゃんでも、与える愛情は同じですよね。

    時間がたたないとダメみたいです。

    とりあえず、ご自分が体調を崩さないよう、気をつけて
    くださいね。それしか言葉がありません。

    ハムちゃんのご冥福をお祈りします。

    ユーザーID:

  • 伝わってきました

    読んでるとこっちまで涙が出そうになりました。
    お辛かったですね・・

    ユーザーID:

  • サイテー

    「え」って何考えてるの?

    飼ってたペットが死んだら、可愛がってた飼い主は誰もが何も言わなくても自分を責めるよ。
    何の落ち度も全く無かったとしても、それでも「もしああしてたら」「あの時こうしてたら」って。

    それを今さら再認識させる意味は何ですか?
    「自分のしたことを」ってじゃああんたのしてることはいったい何?

    あなたこそ自分のしたことを
    一生忘れないように。

    もっと人の気持ちを「ちゃんと」思いやったら?
    レスは同意だけじゃないですよ。
    でもわざわざ人を傷つけることをわかっている、思いやりのない言葉を投げるレスは不必要です。

    自分への戒めを一生忘れないように。
    それがあなたがにできる償いです。

    ユーザーID:

  • え さんへ

    トピ主さんはやるだけの事はやったと思いますよ。
    異常を発見後にすぐ病院へ行ったとの事ですし。
    最初から治療の出来る病院へ連れていったら・・・という事なのでしょうが、それを今トピ主さんに言うのはちょっと酷のように思えます。
    元々ハムスターをきちんと診られる病院は少ないし、今回は 腸が飛び出る という異常事態ですから、尚更病院探しは大変だったと思います。

    ユーザーID:

  • 私も考えましたよ

    トピ主さんのお気持ち、お察し致します。
    私も9歳の雌のチンチラの愛猫を亡くしました。。。

    ペットと言えども本当に人間と同じ位家族になるんですよね。その時初めて知りました。。。子宮ガンが肺に転移してしまって、病院でも手が付けられなくなってしまい、私には傍に居る事しかできず、言葉で表せないほど苦しんで泣き叫んだ後に息をひきとる所に直面した時に、安楽死させてあげたほうがよかったな。。って思いました。本当に苦しそうで忘れられません。でも、最期まで愛情を注がれていたペットですもの。天国で見守ってますよ。

    一つお願いです。仏様の場所をつくってあげてください。そしてお水をあげつづけてください。私は一年ほどあげてました。水、なくなっていくんですよ。ちゃんと。飲んでくれるんです。

    ユーザーID:

  • 天国で・・・

    あびあびさんの発言を読みながら、涙が出てしまいました。ペットの死ってとても辛いですよね。私もペットを亡くしたことがあり、大切な家族が苦しんでいるのに何もしてあげられないことに、やりきれない気持でいっぱいになりました。あびあびさんが、安楽死させることを決めたのは、とても辛かったと思いますが、ハムスターは、幸せだったと思います。今ごろ天国で楽しくやってると思いますよ。

    ユーザーID:

  • 安楽死させました

    今から6年前の冬に、最愛の猫を安楽死させました。
    リンパ腫のために、胸水がたまり、その為に酷い
    呼吸困難をおこして、病院の酸素室に入院して、10
    日目のことでした。

    一度は、胸水を抜きましたが、結局抜いてもすぐに
    貯まってしまう、そして病気自体治るものではなかったので、もうがんばれないという愛猫の目をみて、
    先生にお願いし、病院で留置針を血管にいれてもらい
    麻酔をかけてもらって、家につれて帰りました。

    家では、いつも寝ていた私のベットの上で2時間ほど
    過ごし、麻酔が切れ始めて呼吸が荒くなってきた頃に
    残りの麻酔薬を自分の手で一気に注入し、しずかに
    旅立ちました。

    11歳でした。

    今でもその選択に後悔していません。
    私は、命は質が大事だとおもっています。
    苦しまずに彼を逝かせられたことで、私も救われた面
    が多かったですよ。

    ユーザーID:

  • 絶対に幸せでした

    あぴあぴさんのハムちゃんは、絶対に幸せでした。亡くなった後もそんなに悲しんでもらって、幸せでないわけがありません!!元気出してくださいね。

    ユーザーID:

  • ご自分を責めないで

    私も長年ハムスターを飼い続けていますが
    ハムスターは、病気を隠す生き物なので、
    手遅れになってしまうことが多いです。
    腸が出てしまったということは、
    5日も生きられなかったでしょう。
    安楽死を選ばなくとも、その夜には死亡していたかも
    しれません。

    亡くなったハムさんのためにも、はやく立ち直って
    新しいハムさんを迎えてあげてくださいね。

    ユーザーID:

  • 天国のハムスターちゃんからだ

    すごいねー!
    愛しいハムスターちゃんから、お礼のお返事きたんだねー。

    幸せだったって、ちゃんと気持ちは通じてたんだよ。
    良かった、良かった。

    ユーザーID:

  • うんうん。

    ちびさんに全く、全く同感です。



    トピ主さんのお気持ち考えたら、
    ハムちゃんの最期を想像したら、
    本当に胸が苦しいです。

    我が家にも犬が1匹いますが、
    本当に家族の一員ですものね・・・

    ユーザーID:

  • 許せないレス

    「え」さん、あんまりだと思います。
    一生懸命やっても悔いは残るものだし、
    死なないペットはいません。
    (人間もですが)

    ここまで懸命に尽くされたトピ主さんを
    まだ責めたいですか。
    見苦しいレスで残念です。

    ハムちゃんはトピ主さんの元で暮らせて
    幸せだったはず。

    トピ主さん、このような心ないレスは
    無視してくださいね。

    ユーザーID:

  • 同じです・・・

    私のハムスターも2歳で安楽死をさせました。
    とてもとても辛かったです。
    自分のこともいっぱい責めました。
    お医者様に注射をしていただき、
    手のひらにハムスターを載せたまま眠るようにサヨナラでした。
    病院でしたが大泣きしてしまいました。

    あれから1年半が経ちますが
    今は楽しかった・可愛かった思い出だけ抱いてます。
    でも・・・ハムスターはもう二度と飼えません。

    トピ主さん、どうぞ元気を出して!
    お星様になったハムちゃん、元気に遊んでいると思います。

    ユーザーID:

  • 無理しないでくださいね。

    私は丁度一年前に愛ハムを看取りました。
    家族になって3年5ヶ月と数日目のことです。
    1度生死をさまよって、自分のもとへ帰って来てくれましたが、今度はそのまま旅立って行きました。
    その時はかなり我慢して泣かなかったのですが、翌日から数時間毎に泣いていました。
    家でも、会社でも、歩いている時でも。
    そんな事が1ヶ月以上も続いていた時、夢に愛ハムが登場!
    「PIROが泣いてたら心配で仲間のとこに行けないじゃん!」と怒られました。(苦笑)
    それまでずーっと旅立っていった時のままにしていたゲージを初めて「片付けよう!」と決意しました。
    …と長くなりましたが、ゲージの片付けも次の家族を迎え入れるのもいつかきっかけが来ますよ♪ガンバレ!

    ユーザーID:

  • ・・・死は悲しい事だけど

    トピ主さん、あなたは正しいですよ。
    自信を持ってほしい。

    お星様になったあなたの可愛い子供は
    「お母さん、少しでもラクにさせてくれてありがとう」
    って空の上からあなたを見ていますよ。
    ぐずぐず泣いていたら、子供も悲しみます。

    腸が出るなんて、どれほどの苦しみだったでしょう。
    あなたはいい事をしたんですよ。
    自信をもって!!!

    ユーザーID:

  • 虹の橋でまた会えるよ

    私も先月ハムスターを亡くしました。
    前日までは餌もちゃんと食べていたのに、
    外出先から戻って来たら小屋の中で冷たくなって横たわっていました。
    1年2ヶ月の生涯でした。
    9日たった今でも、なぜ出掛ける前に元気な姿を確認してあげなかったんだろう、とそればっかり後悔しています。

    そんなとき、このトピを見つけました。
    目を腫らしながら先程全て読ませて頂きました。

    安楽死は飼い主にとっては辛いけれど、
    はむちゃんにとっては幸せだったのかもしれません。
    私がその立場だったら、結果的にはあぴあぴさんと
    同じ決断をしていたと思います。

    しばらくは立ち直れなくても良いのです。
    それだけあぴあぴさんが、はむちゃんを愛していたという
    証ですから。
    でも、天国のはむちゃんが悲しむから
    これから少しずつ元気を取り戻していきましょう。
    それが私たちに出来ることです。

    最後に…このトピを立ててくれてありがとう。

    ユーザーID:

  • え さんの意見にショックです

     ショックです。
     この方、何?いったい何考えてるんですか?
     どっかの宗教団体の人かなんか?
     
     ネコや犬の専門書にも
    「ペットが本当に苦しんでいて、救う手だてのない場合は、安楽死を」ちゃんと書いてありますよ。
     
     私だって、こんな状態になったら、
     愛する家族に、自分を安楽死させてほしいと言います。
     え さんは、そんな状態でも、
     ずるずると生かせるだけ生かしといてもらいたいんでしょうが・・・。

     世の中、ペットの様子だけ終日見はってられるような、あなたみたいな暇人ばかりじゃないですよ?

     特に小さい動物は、すぐ容態が急変します。
     以前、うちで巣から落ちた野鳥のヒナを保護した時、獣医さんにもわからなかった障害が後から出て、
     それまで元気だったのが、10分弱の痙攣の末、あっけなく死んでしまったことがあります。
     
     可愛いペットの最後をちゃんと看取ってあげたいからこそ、無用の苦しみを取り除いてあげたいからこそ、
     
     ハムスター君以上につらい苦しみを抱えながら、
     静かに眠らせることを選択したトピ主さん、
     私は立派だと思うし、ハムスター君も喜んでいると思います。

    ユーザーID:

  • 涙しました。

    「ペット」といえども「大事な家族」ですよね。
    相手に対する愛情が深ければ深い程、二度と会えない喪失感、「あの時、こうしてあげれば良かった」という思いは大きいです。
    失った悲しみの深さ=愛情の深さは、きっとハムちゃんに届いていると思います。
    スレ主さんの愛情に包まれて、ハムちゃんは幸せな生涯を送れたのではないでしょうか?
    私が愛した、これまでの小さな家族を思い出し、涙が止まらなくなりました。

    ユーザーID:

  • あぴあぴちゃん

    レス遅くなってごめん。

    こっちでも元気でやっているから安心して。今日もお気に入りのひまわり沢山食ったよ。だからあんたも元気だしなよ。

    あの時は急にお腹の調子が悪くなって苦しかったよ。いきなり腸が出てるんだもん。あんたもビックリしたでしょ。自分でもわかったんだ、ああもうダメだって。仲間に聞いてもどんなに飼い主が気をつけていても避けられない病気だったみたいだよ。

    楽にしてくれてありがとう。正直とても痛くてさ、つらかったよ。あんたが思い切ってくれなければ相当苦しんだろうな。本当にありがとう。

    時々思い出してくれよ。それで十分嬉しいな。あんたの優しい気持ちを次のハムに与えてくれたらもっと嬉しいな。

    あんたとの生活悪くなかったよ。楽しいことはいっぱいあったしな。これからもあぴあぴちゃんに楽しい事がいっぱいあるといいね。

    最後にもう一度ありがとう。

    ユーザーID:

  • ”え”さんへ

    貴方の書き込みは失敗だったね。
    言いたい事は理解できなくもないけど、ペットを死なせたばかりの飼い主には、ちと、酷な意見だよ。

    ユーザーID:

  • え さんへ(きちんとした知識で発言を)

    えさんは、きっとこの種の動物を飼われた事が無いのだと思います
    もっと、知識をもってレスする事をおねがいします
    (というか明らかに八つ当たりか挑発でしょ)

    ハムスターは捕食動物ですので、自分が傷ついている事を絶対見せません
    そういうことで毎日注意深く見ていてもいつもの生活を極限までします
    トピ主さんのハムさんは2歳以上の高齢です
    仮に早めに以上を見つけることが出来たとしても手術のリスクはかなり高く、手術をしても直る可能性が低いという事を確認させられたと思われます
    そういう点では、もっと早く持って来たら手術できたのにという医者が本当にそうなのかどうかも怪しいです
    その医者こそがいい加減な人かもしれません
    以前ハムを飼っていた時に医者の言われた事は、
    「手術する事は出来るかも知れないけど、こういう小さい動物の出血は、生死にかかわるし、手術が成功してもそのあと回復する可能性はとっても低いです。実際、メスを入れた時点でショック死してしまうケースもまれではないです。」と言うことでした。

    ユーザーID:

  • え さんへ(きちんとした知識で発言を)

    その時、私は、他のハムに噛まれてしまった自分のハムを持ち込んだのですが
    「もっと、早く来ればよかったのに」と言う私にお医者さんは
    「ハムスターとかはね、早い遅いはあまり関係ないんですよ。風邪とか、内科処置が出来る早い段階なら大丈夫だけど、外科が伴うものはまず駄目なケースが多いんです。」
    と言われました

    確かに、このお医者さんの言うことが100%でないかも知れないけどハムスターの知識があればえさんの様な発言にはならないと思うのです
    きっと貴方には批判のレスが沢山つくと思いますがそれらのレスをよく読んで今後、レスする内容を考える事を望んでます

    ユーザーID:

  • トピ主さんの気持ちわかります

    つい先日家の兎が大手術しました
    家の子の場合なんとか助かったのですが、命の選択をずっと考えていました
    最初の診察で医者から帰って苦しそうな家の子を前に泣きながら謝っていました
    「ごめんね!食べないの知ってたのにもっと早く医者に連れて行ってあげればよかったのに!ごめんね」
    やっぱり、自分を責めてしまうと思います

    でも、お医者さんにも言われましたが「兎は捕食動物なので自分の調子の悪さを見せません。飼主さんでもよっぽど注意しないと判りにくく、悪い状態の時はもう、危機的な状況です」との事でした
    実際家の子も医者に連れて行くまではただじっと伏せているだけで、に連れて行ってからいきなり息が荒くなって辛いのを前面にだしました
    手術後も様態が全く安定せず、苦しそうな様子に命の選択を考えていました
    私は、死を選択できなかったし、可能性があったので幸運でしたが、ペットを愛する気持ちは皆同じだと思います
    常に自分を責めてしまいますがどうぞ気持ちを開放してあげてください
    こんな私が言っても説得力ないけど、ハムちゃん、悲しんでくれる人がいてとても幸せだと思います

    ユーザーID:

  • わたしの場合

    私も昔兄弟のように暮らしていたネコがいました。
    病気になって苦しんでいる姿を見て、かかりつけの動物病院へ連れて行き、安楽死して欲しいといいました。
    その時その先生が言った言葉は
    「可哀想だからラクにしてあげよう、というのはあくまでも人間の感情でしかない。
    動物は<生きる>ことが本能で、<辛いから死ぬ>という考えはない。
    もがいているのは、生きようとしているからだよ。」
    といって、安楽死をしてくれませんでした。

    結局最後家族で看取りました。今も苦しんだまま死んだのが本当に良かったのか答えがでませんが、先生の言った動物の本能は生きようとすること、という意見も理解できないことではないと思うようになりました。

    ユーザーID:

  • あぴあぴさん

    あぴあぴさんのハムスター、この世で本当に幸せだったと思います。また、天国でもきっと時々下界を見下ろしてあぴあぴさんのこと思ってくれていると思います。
    私、正直言ってハムスターがこんなにも感情豊かで人間と意思の疎通が出来る動物だとは思っていませんでした。猫や犬を飼っていて、自然と比較してしまっていたみたいです。
    私も、もう生きていく気力も失せるくらいの猫との別れを体験してきましたが、今回こちらのトピを拝見して自分の誤った先入観を恥じています。
    そして、あぴあぴさんにお願いがあります。
    こんなにも愛されて、その生の終わりを慟哭を持って送られる動物がいる一方で、飼い主の無責任さ、エゴだけのために捨てられて処分されていく動物が年に何十万といます。時間はかかると思いますが、いつか気持ちが落ち着かれたら、彼らにあぴあぴさんの優しい気持ちを分けてあげていただければ、と思います。

    ユーザーID:

  • 安楽死を選びました。

    トピ主さん、さぞお辛い事だったでしょう。
    私も3年前、16年間飼っていた愛犬を安楽死させました。
    人間で言う「脳卒中」になって倒れ、全身が麻痺して痙攣したまま、オシッコをする事も水を飲む事もできず、最後は自分の意思に反して、一定の間隔で夜も昼もワンワン吠えてしまう様になりました。床ずれにもなってしまって、体はガリガリで毛もボロボロになってゆく愛犬の姿は本当に可哀想でした。

    獣医さんには「もうかなりの老犬だし手術のしようも無い。手の施しようがありませんし、このように鳴き出すともう駄目ですよ。」と言われてしまいました。

    最後まで看取ってあげたかったのですが、食事もできず痙攣もとまらず、苦しい思いをさせたまま死を迎える気持ちにはどうしてもなれず、安楽死をお願いしました。
    静かに呼吸が止まり、本当に泣けて泣けて、愛犬との思い出が頭を巡ってどうしようも無く、今でも泣けてきます。
    自分を責めた事もありますが、あのままの状態で死を待つなんて出来なかったと思います。
    考え方は人それぞれですが、仕方の無い事もあります。
    トピ主さんもどうかご自分をお責めにならないよう。

    ユーザーID:

  • 是非読んでみてください

    トピ主さんにはお辛い選択だったことでしょう。

    我が家には2匹のフェレットがいます。
    この子達がいつかいなくなることが信じられません。
    でも、だからこそ今を精一杯楽しく過ごさせてやりたいと思っています。

    トピ主さんのハムちゃんが天国でこう言ってます。
    (犬の十戒を読み換えたイタチ十か条でごめんなさい。でもペットと飼い主の関係は皆同じだと思うので)早く元気になってくださいね。

    http://plaza.across.or.jp/~zoa54787/itachino.htm

    ユーザーID:

  • きっと え さんは

    小動物を飼った事がないのだと思います。ハムスター、小鳥、ウサギ、難しいですよね。病院へ連れて行くタイミングが難しいのです。様子がおかしいと気付いた時には手遅れという場合も多いと思います。

    「イキモノ」と入力し変換したら「良きもの」がありました。ペットの生涯を「良きもの」として閉じさせてあげられるか、それはペットが何年生きたかではありません。飼い主が愛情を注ぎ続けてあげる事だけが「良きもの」として一生を全うする唯一手段です。

    トピ主さん。今は悲しいと思います。ですが可愛いハムちゃんとの想い出を大事に、「可愛かったなー、あのコは」と思い出してあげて下さい。それで充分、ハムちゃんは幸せですよ。

    ユーザーID:

  • 智恵子抄の一文です

    小さな、でも大切な御家族を喪った悲しみ・・・とっても『痛い』ですよね。残された人にとっては『悲しい』なんて甘いものじゃなくて医学的にも認められるんじゃないかと思われるくらい『痛い』。少なくとも、私は『痛い』です。
    痛い、痛い・・でも、生きていかなきゃいけませんよね。
    生きて覚えてなきゃ・・・。
    最初に飼った犬を病で亡くした時、そしてその後の動物達との別れの度に読み返し、立ち上がる術にしている一文があります。
    高村光太郎作『智恵子抄』の中の『亡き人に』という詩の最後の部分です。

     あなたはまだゐる其処にゐる
     あなたは万物となって私に満ちる
     私はあなたの愛に値しないと思ふけど
     あなたの愛は一切を無視して私を包む

    傍にいて包んでくれているんです。どんなに後悔しても、彼等の愛に値しない自分を嫌というほど知っていても。
    大丈夫です。

    ユーザーID:

  • トピ主です(その1)

    皆さん、たくさんの書き込み有難うございます。

    またまた、お返事読んで泣いてしまいました。
    でも、今度はうれし泣きです。
    だって、みんなの励ましが凄く心に響いたんだもの。


    私は結婚する前は両親と同居していたのですが
    父(重い病気で身の回りのことでも大変)はハムスターの世話を一緒にやってくれました。
    制限のある生活の中で
    ハムスターを世話することで支えられている部分はたくさんあったようです。
    結婚しても私のことより「ハムは元気か」とそればかり聞かれたし。

    だから父には「老衰だったよ。眠るようだった」としか伝えられなかった。父は「寿命を一生懸命生きたんだなー。それでよかった」と言っていて、なんか凄い泣けちゃいました。

    あんな小さい生き物でも、周りに与える影響というのは、とても計り知れないものだなと痛感しました。
    だって、たくさんの人が幸せになったり、悲しんだり・・・。

    小動物は寿命が短くて、やっと仲良くなれたという時に亡くなってしまうので、寂しいですよね。


    続きます。

    ユーザーID:

  • トピ主です。(その2)

    続きです。

    でも、なんかまだメソメソしているみたいですが
    幾分落ち着いてきました。
    今はハムスターの写真を見たり、旦那と「こんな事してたよね」と笑って話せるようになりました。

    いつまでも泣いてばかりいても、仕方ないですし
    もし自分が死んじゃって天国からこっちを見て
    残された家族がいつまでもメソメソしてたら
    「こら、生きているならもっとしっかり生きろ」と渇を入れてしまうと思います。

    また、いつか私にペットを飼う日が訪れるのでしょうか・・・。
    それは今の私にはまだわからないけど、
    そんな日が来るといいなとは思っています。

    最後に、書き込みをしてくださった皆さん、本当に有難うございました。
    本当に勇気付けれらました。

    あと・・・はなちゃん。天国から書き込みしてくれてありがとうね(涙)
    はなちゃんの事は一生忘れないよ。

    ユーザーID:

  • そうでしょうか?

    ハムスターをはじめ、多くの小動物たちと暮らしています。

    え さんがおっしゃったこと、一概に責められることでしょうか?

    愛情だけでは、動物を家族の一員として養うことはできません。
    彼らは人間とは違い、言葉も話しませんし、
    生活習慣も習性も全く私たちと異なるのですから
    彼らが快適に暮らせるように、私たちは
    飼い主として努力も自覚も必要なんです。
    もちろん経済的な面でも。

    もしかしたら、早期に病気を見つけることができたかもしれない
    その後悔の気持ち、自分に対する戒めを忘れることは
    「預かった生命の責任」がある以上、あってはならないと思います。
    私も家族を失ってしまうと相当にショックです。
    ですが、哀しみよりも、
    もう二度と同じことをしちゃいけない、
    どうして死なせてしまったのか、と、
    反省と後悔を先に立てるようにしています。
    この哀しい出来事を繰り返さないために。

    結果や原因がどうあれ、その子は
    自分の目の前で死んでいったのですから。
    その「生命の重さ」は正面から受け止めて欲しいと思っています。

    ユーザーID:

  • あなたのハムスターは幸せだった

    僕の祖父は僕が小1の時にガンで死んだのですが、
    手術をしたり抗癌剤を使ったりと、苦しい思いをして
    死んでったことを今でも覚えてます。
    思い出すたびに、あの時安楽死させてやれたらな・・・
    と思います。
    僕は犬を2匹飼っていますが、病気になって、
    もう直りそうに無い場合は絶対安楽死させます。
    早く楽にして上げるための安楽死なんだから、
    何も後悔することは無いし、悪いことしたなんて
    思う必要ないですよ。

    ユーザーID:

  • ハム飼いです様

    責められると思いますね。
    あなたも同様ですが。
    状況を考えろってことですよ。
    死なせちゃったーじゃあまた次の買えばいいやって言ってる人には投げかけていい言葉ですけどね。

    出来事を繰り返さないために、反省と後悔を先に立てる。
    命の重さは受け止める。
    当然のことです。
    だからトピ主さんも
    >もの凄く後悔しました。自分を責めました。
    と書いてます。

    その人に向かってさらに傷口に塩を塗りこむようなレスは不必要だと言ってるんです。
    わかってる人に対して勝手に正義感ぶって机上の正論を振りかざし、上段に立って偉そうに。

    >人間に飼われて人間によって最後を遂げさせられたあの子は幸せだったのか?と思うと辛くてなりません。
    と書く人が、後悔の気持ちを忘れているようにあなたには見えるのですか?
    命の重さを受け止めていないように見えるのですか?

    見えるからこういうレスを書くのだと思いますが、あなたの目は節穴です。

    ユーザーID:

  • トピ主さま

    たびたび横で、しかも〆たあとにすみません。
    ウチにもキンクマハムスターがいます。
    今1歳とちょっと。
    どうしてもウチの子だったらって勝手に自分に被らせてしまいました。。。

    ユーザーID:

  • ハム飼いです様へ

     ご意見に、傲慢なものを感じました。

    <愛情だけでは、動物を家族の一員として養うことはできません。

     「養う」?親切に家に置いてあげてるつもりですか?

     生き物に金を出し自分の慰みに閉じこめること自体、
    人間の身勝手じゃないですか。

     私は傷ついた野鳥は保護するけど、生き物を「飼う」ことは後にも先にもないです。

     本当に死なせて悪かったと反省するなら、
     そもそも檻に閉じこめたことから後悔して下さい。


     トピ主さんはすでに苦しみ続け、
     今回の経験により、小動物のはかなさも充分学んだのに、
     それをさらに追いつめるのは、偽善だと思う。

     
     ハム飼い様は、多くの小動物を同時に飼っています。
     以後気をつけよう・・・とすぐ思えるのは、一匹死んでも、新しいのをすぐ飼ってくればよく、他にもたくさんいるからでしょう。

     トビ主さんは、死んだその子だけに愛をかけてきたのです。
     それが突然死に、涙も考える力も枯れてしまい、別のを飼う気も今は起きないのです。

     集団飼育をしている方に、かけがえのない一人を失う悲しみは、理解できないと思います。
     
     

    ユーザーID:

  • >ハム飼いです様

    既にレスを付けている方がいらっしゃいますが私も同じです

    >え さんがおっしゃったこと、一概に責められることでしょうか?

    えさんは間違った事を言ってはいませんよ
    ただ、トピ主さんに発する言葉だったかどうかを責められているのです

    >その「生命の重さ」は正面から受け止めて欲しいと思っています。

    トピ主さんは既に自分が気づいてあげられなかった事を深く後悔していますし、別の病院にも運ぶなどの努力をしています
    トピック初めの文章からだけでもちゃんと愛情も伝わってきます
    命の重さも受け止めていらっしゃると思います
    ちゃんと読みました?

    その後も励まされて前向きになろうとしていますが後悔を忘れているようには取れません
    トピ主さんが〆た後更にアップする程の内容でしょうか?
    なんか、知ったかぶりして諌める様な態度に感じられるのは気のせいですかね

    ユーザーID:

  • まぁ、傲慢も偽善も一つの意見ですから

    私からすれば、
    「きっと幸せでしたよ」
    そういう言葉も偽善です。
    慰めれば良い、なれあえば良い、のではありません。
    自分が愛した家族と暮らした日々と
    その家族から自分が教えられた日々は
    その人自身にとって「幸せ」であり「大切な思い出」です。
    それは当たり前のことで、他人がわざわざ言うことではありません。

    傲慢な人間が傲慢な行為によって「ペット」とした生命に対して、
    一つの生命と暮らした時間、
    その生命から学ぶべきこと、
    この地球上から絶たれた生命に対して向き合うこと
    せめて彼らが彼ららしく生きていくために
    人間ができる精一杯をあらゆる面で考えていくのは
    当たり前のことです。

    私自身もハムスターを安楽死させたことがあります。
    自分の判断で摘み取ってしまった生命です。
    どんなに綺麗な言葉で飾っても、優しい言葉で慰められようとも
    「自分の責任において死なせた」事実は変わらないのです。
    そのことを、少なくとも、私は決して忘れませんし
    自分を許すことはありません。
    動物と暮らす、というのはそれくらいの覚悟がいるものだと私は考えています。
    あくまでも、私個人は、ですが。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧