一般人は「セレブ」じゃありません!

レス41
(トピ主0
お気に入り2

趣味・教育・教養

パンピー

美容院に行くといつも決して読まないような雑誌に興味本位で目を通したりするのですが、
先日某ギャル系女性ファッション誌を見てびっくりしました。
「セレブ」という言葉の乱用です。

小町でも何度か上がっている話題のようですが、これ程までとは知りませんでした。
とにかく「リッチで、おしゃれで、高級感」のあるものは全て「セレブな」という形容詞に取って代わられています。

セレブなお洋服、セレブな化粧品、セレブなインテリア、セレブなレストラン・・・
もう見ていて恥ずかしくなりました。

セレブリティって何かで有名で世に名前が知れ渡っている人たちのことですよね。
つまり一般人はセレブリティの反対語なわけで、いくらセレブリティと同じ洋服を着たからといって一般人はセレブリティにはなれないはずです。

まあ言葉は生き物ですし、流行もありますし、今の時代外来語がたくさん入ってくるのは自然の流れだと思います。

でも、国際化が進められている今こそ、間違った解釈の外来語は避けなければいけないと思いませんか。
とにかくわたしにとって「セレブ」という言葉はイタいです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数41

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ハリウッドスター以外はセレブじゃない

    自分の価値観の中ではハリウッドや、
    アメリカのテレビによく出てくる人
    意外はセレブリティじゃないと思ってい
    ますので、なんとも思わない。
    だって、所詮ただの一般人です。

    高級な車もっても、ブランドもっても、
    庶民は庶民ですから。

    ちなみに、日本人は「タレント」
    とか、「有名人」で十分。

    ユーザーID:

  • 同意!

    ちょっと前には「カリスマ」「スーパーモデル」の乱用もありました。
    そうそうそんなすごい人たちが狭い日本の中にいるわけない。
    言葉の持つ意味を軽んじすぎていて非常に不快です。

    ユーザーID:

  • 確かに

    痛いですな>セレブ
    小マダムとかも痛い。

    というより、ファッション雑誌そのものが男からみるとあいたたたたたな感じですが。

    ユーザーID:

  • 私も前から思ってました

    セレブな奥様って、有名な奥様?へ?
    セレブって有名人とか、名士とかいう意味だったはずですよね。それが今はいわゆる「勝ち組主婦」のことを「セレブな奥様」っていうのかしらン?

    ユーザーID:

  • 似たようなものに

    「カリスマ」という言葉がありますね。テレビの番組欄を見ても「カリスマ主婦」、「カリスマ美容師」などありますが、その使われ方だと「カリスマ」の意味が単なる「名物」に変わってしまいます。

    実際に置き換えてみると
    「カリスマ主婦」 →「名物主婦」
    「カリスマ美容師」→「名物美容師」
    置き換えて何ら違和感ありません。

    「カリスマ」とは本来、「大衆を魅了する非凡な才能、またはその人物」だと思うのですが、上記のような使われ方をすると、「カリスマ」が随分安っぽくなる気がします。

    トピ主さん、横レス失礼しました。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私も..

    同じことを思っていました。
    セレブって聞くとおっぱずかしくなります。

    ユーザーID:

  • 個性否定、均等教育による劣等感の裏返しでしょうね。

    トピ主さんに同意です。
    見ているこちらが恥ずかしくなりますね。
    この現象は、おそらく小中高校と平等とは名ばかりの個々の能力を無視した均一教育で、みんな一緒、みんな同じを物心付くか付かないかの頃から長年に渡って押しつけられた反動や、一億総中流社会だとか総中流現象だとか言われた時期から、バブル崩壊以降、日本も階層化社会だと気づいた人が増えたせいもあるのでしょうね。
    目立ちたい、個性を発揮したい。
    でも今まで目立っちゃいけない、みんな同じじゃないといけないと教育されてきたから、どうして良いのか個性を発揮させる方法がわからない。
    そこで登場するのが「○○のカリスマ」とか「ファッションリーダー」だとか「セレブ」だったりするんでしょうね。
    最近は「マダム」なんて言うのもあるようですねが、いずれにしても、本物の上流階級が身についているわけでなく、単なる成り金志向で、結局はみんな一緒から脱却できていないんですよね。

    でも言葉の正しい意味については外来語の宿命と諦めるしかないと思います。
    正確な意味は実地で使うようになればイヤでも解ることですからね。

    ユーザーID:

  • はずかしいったらありゃしない

    本当、乱用されてますよね。
    何にでもセレブをつければいいのか!
    でも、多分使っている方だって(ライターとか編集とか)よ〜く分かってるんでしょうね。

    でも敢えて使い続ける。言い続ける。おバカな読者はそれで満足。何度も言われ続けると、なんとなくセレブに近づいたような気がするのかな?

    ほんと、一般人にはセレブなんて関係ないのにね。
    バカみたい。

    ユーザーID:

  • 金遣いが荒ければセレブ

    ちょっと前に夫が言っていた言葉です。
    確かにそんな感じですよね。

    ユーザーID:

  • 言葉遊びですから

    皆さん解って使っていると思いますし、
    遊びにムキになる方がイタいかと…。

    ユーザーID:

  • 言葉どおりに受け取る方もいるんですね

    昔、ファッション誌でしがないライターをしていました。言葉を軽々しく使うのは大得意です(笑)。
    皆さんが思っているよりも、不特定多数の読者の語彙や読解力は相当低いです。編集者には、「中学生でもわかるように書け」とよく言われました。

    >「リッチで、おしゃれで、高級感」のあるものは全て「セレブな」という形容詞に取って代わられています。

    そうですね。そのとおりです。

    > セレブなお洋服、セレブな化粧品、セレブなインテリア、セレブなレストラン・・・もう見ていて恥ずかしくなりました。

    そうですか? 自分じゃ使わないけど、なんとなく新しい(まだ、かろうじて)言葉だからキャッチーでいいと思いますけど。

    ユーザーID:

  • 言葉どおりに受け取る方もいるんですね 2

    > いくらセレブリティと同じ洋服を着たからといって一般人はセレブリティにはなれないはずです。

    あったりまえじゃないですかー!

    でも、そういう幻想を抱いてファッションにお金をかける読者もいるでしょうね。そもそもファッションというのは、化けて自分をよりよく見せるためのものですから。

    まともな大人の女性なら、「セレブな」というのは、元の英語(celebrity-endorsed products, celebrity restaurants など)と同じように、「芸能人御用達の」くらいの意味に受け取っていると思いますよ。実際にはメディアが勝手にそう言っているだけでも。
    まあ、ふざけて言うならともかく、本気でそんな言葉を使うひととは友達になりたくありませんが(笑)。

    ユーザーID:

  • それはですね

    セレブ(風)というように、省略されてるんですよ〜。それにこういうのって単なる言葉遊び(どなたかおっしゃっていましたが)ですからね。あとやっぱり雑誌とかだと語感というか、短くて、それでいてぱっと目をひく言葉を重視すると思うので、「夜遊びセレブスタイル!」「セレブな肌見せトップ!」というように使われているのではないでしょうか。

    私はそんなに気にならないです。笑っちゃうときはありますけど(笑)、なんじゃこりゃーという使い方で。

    ユーザーID:

  • 同感!

    トピ主様、並びにその他の方々に同感です。

    私の友人でご主人の海外駐在で海外生活している人がいますが、最近しきりに「セレブ目指して」とか言って来ます。初めて聞いた時は我が耳を疑いました。そして、「セレブってどういう意味?」と彼女に聞いてみると、「お金持ち」とか言っていました。
    何にせよ、身の程知らぬ発言。耳にするたびに私の方が恥ずかしくなります。

    百歩譲って「セレブの様なステキな女性になりたい」と思っていたとしても、そんな事口にしなくたって・・と思うのは私だけでしょうか?

    ユーザーID:

  • そういえば(横)

    一昔前は「ステディ」って流行りませんでした?電車の中吊りにも「初めての旅行!ステディ水着!」とか書いてあって恥ずかしかった記憶があります(っていうかステディ水着って何よ?)

    私はもうギャグとしか見てません、ほほ〜セレブトップスね〜(ププ)という感じです、でもこういう「セレブ〜〜」と書いてある服を実際に「コレを着たら私もセレブ!」って思って買いに行く人っているんですかね?イエ、その服が欲しくて買うのならいいけど「セレブ」という言葉につられる人が実際いるのか知りたいです。

    ステディやセレブの次は一体何が流行るんだろう?

    ユーザーID:

  • よかった

    私もたいへん違和感を覚えていました。
    私だけがそう思っているのかと、黙っていました。
    え〜、芸能人だったらセレブなわけ?
    ハリウッドスターでもないのに?
    いくら流行している言葉でも、それは無いでしょう。
    聞いているのも恥ずかしいくらいのときがあります。
    では、セレブといえる日本人女性ってどなたでしょうか?
    デヴィ婦人はそうかなあ。

    ちょっと横でした。

    ユーザーID:

  • こんなものも

    セレブな、と書いてあるのも痛いですが、私にとってもっと痛いのは「エレガンスな」です。せめて「エレガントな」て言ってほしい。いかにもそういう表現をこよなく愛す人の頭の軽さを物語ってるような表現。そういう表現を広めてる側はそう馬鹿でもないでしょうに、なんでまた・・・。

    付け加えていえば、MTVのドッキリ番組で、有名黒人歌手(女)がニセ警察に捕まって、「私はセレブリティなのに!!」と連発していたのも痛かった。英語で言うところのセレブリティは「芸能人」と同じ並びで自称して平気な物なのかもしれないけど、なんか聞いてて恥ずかしかったわ。

    ユーザーID:

  • タレントだって、、、、

    タレント、今じゃ日本での意味は芸能人。でしょ。
    本来の意味は違うでしょ。なので日常英会話をすると色々混乱を生じるのですよね。

    新しいカタカナ言葉が大好きですよね。不思議な日本人です。そしてそれを使う事をかっこいいと思い込む人々、何時までたっても西欧文化に憧れがあるのですね、もう、そろそろ止めようよ。
    日本文化、日本語、すばらしいと思いますよ。
    アメリカ生活15年の私ですが、日本から来られるお客様が変な英単語の使いまわしをする度、説明しながら訳しています。

    アメリカの「セレブ」2億6千万に人口 ほんの一握りしか居ません。 日本とは多分2桁年収は違うと思います。

    ユーザーID:

  • ママリンゴ

    私もそう思っていました。
    セレブの使い方間違っていますよね。
    恥ずかしい事です。
    例えば東京のコマダムもセレブだとか。
    笑ってしまいます。

    ユーザーID:

  • 同意です。

    私も美容院に行くと暇つぶしに見てしまうのですが、ちょっと飽きれます。どう観ても普通の女子大生やOLをセレブセレブと書き立てているのです。「セレブOLの〜」みたいな特集をみて、OLがセレブ???じゃあ、世の中ほぼ皆セレブだね。。。まったく意味がわかりません。。。逆にセレブという言葉の使いすぎで、セレブという言葉に価値がなくなり雑誌そのものがすごく貧乏臭い仕上がりになっていることに編集者は気づかないのでしょうか?不思議です。

    ユーザーID:

  • 「私ってセレブと思われてる」と平気で言う

    タイトル通りですが、友人に平気で
    「セレブって思われててー」とか言う人がいます。
    自分で言ってて恥ずかしくないのかな・・・と思う。
    ブランド物を無理して買ったらセレブなの?
    旦那の職業も普通なのに。
    でも雑誌の影響なのかもね。

    ユーザーID:

  • そういうノリだから

    わたしも、セレブ(風)とか、セレブ(気分になれる)とか、そういう風に語間を補って読んでました。この手の流行り言葉って、そういうもんじゃないですか?本来の意味通りに、ひねりも省略も無しにそのまま使うんじゃイマイチだし。それで、分かる人だけ分かればよくって、分からない人は無理について来なくても結構!ってノリじゃないかなー。ノリが違うんだから無視無視!ですよ。

    セレブリティといえばウディ・アレンの映画(98年)でありましたよね。邦題がセレブリティ(カタカナ)だったから、そんな一般的な単語(*)じゃないのに、そのままでいいのかと公開当時に思った記憶があります。

    (*)ここで言う一般的とは、90年代後半当時、日本でカタカナ英語として通じるほどには一般的では無かったという意味です。語学オタさまへ念のため。

    ユーザーID:

  • 下町のセレブとか

     用は、”有名人”なんだから、町内のセレブとかいいんじゃないのかなあ。魚屋の看板娘とか良い感じ。でも、人間以外に使うのは止めてくれ。

    ユーザーID:

  • 単なる流行語

    真剣に語源そのままの映画スターのようなセレブリティという意味で受け取るのはイタイですよ。
    単なる流行語というか、ファッションのジャンル分けのための言葉として、セレブ(系)、マダム(系)、ギャル(系)、お姉様(系)、と使ったり、セレブ系マダム、とつなげて使ったり。説明するのにわかりやすいから使う、それだけの意味でしょ。

    ユーザーID:

  • 「セレブ」もあと数年すると…

    「トレンディー」と同じように、恥ずかしい部類のカタカナ言葉になるんでしょうかね…?!

    ユーザーID:

  • どっちやねん!

    主婦番組で「節約セレブ」なる言葉を使っていました。
    思わずテレビに どっちやねん! と突っ込んでしまいましたわ、、トホ

    ユーザーID:

  • ヤンエグ

    そういえば昔バブル華やかなりしころ
    「ヤンエグ」という言葉が流行りましたね〜
    元「ヤンエグ」が「セレブ」なOLをくどく姿を見てみたいです〜(笑)

    ユーザーID:

  • 私の場合・・・

    私の中のセレブの基準は

    1、皇族または旧華族などの血筋の方
    2、歌舞伎や生け花など伝統文化の家元一家
    3、大臣を何人も輩出しているような政治家一家
    4、芸能、文学、芸術などの分野で世界的な名声を得ている人

    ですね。

    ユーザーID:

  • カリスマ、オーラも同じ

    少し前は、カリスマが流行りました。カリスマ美容師だの、カリスマ主婦だの。これもかなりおかしい。
    カリスマっていうのは、ケネディ大統領位の人気がなくては。

    それから、オーラ。誰でも彼でもオーラがあるって言ってたけど。
    朝○新聞の芸能欄で、原日○子にオーラがあるって書いてあるのを読んだ時は、もうこの新聞取るのやめようかと思いました。

    ユーザーID:

  • セレブは生まれ

    ハリウッドスターだって、元をただせば庶民。
    本当のセレブは、生まれつき特権階級の人だけ。ダイアナさんみたいな人たちをセレブというのだと私は思っていました。
    日本だったら、細川さんみたいな人。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧