京都の受験事情

レス22
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

花ずきん

京都府南部に住んでいます。

私は他府県出身なので、このあたりの公立高校の受験制度がまったくわかりません。
聞く所によると「試験はあるが全員入れる」とか、「住んでいる場所によって、自動的に学校を振り分けられる」とか、それでいて「学校によってレベルが全く違う」とか…。

定められた学区内にある15近くの高校から、自分の学力と希望に応じた学校を選んで目指し、受験によって合否が決定する地元とは全く違うようで正直戸惑っています。

また、幼稚園や小学校低学年から塾に通わせ、小学校のうちに中学の、中学のうちに高校の内容を学習しておかないと大学受験に間に合わないという周囲の意見を聞いて、驚いています。なぜ? 私は団塊の世代Jr.。
あの頃とは競争率も全く違うはずなのに、なぜそこまでしなければ、あの大学入試問題が解けないのか? 入試問題が難しくなっているのでしょうか。

子供はまだ就学前ですが、色々なお話をお聞きできたらと思います。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 通学圏

    京都の公立高校出身者です。
    今もシステムが変わっていないとして話を進めます(変わっていたらor記憶違いがあったら誰か訂正して下さい)。

    京都の公立高校には通学圏というのがあり、その通学圏内の高校を受験することになります(越境もアリになったかも)。その中で、第1志望の高校を決めるわけですが、この第1志望の高校には受験の成績が良ければ(悪くなければ)、自動的に入れます。
    この第1志望の枠に受験の成績的には入れなくても、その第1志望の高校が自分の家から近ければ、おそらく入れます(通学範囲と言う概念がある)。
    そうでなくても、公立高校に合格する点数であれば、他の高校に回される形で(通学範囲の高校に回されることが多い)合格します。

    ユーザーID:

  • 通学圏(つづき)

    公立高校にはI類とII類があり、II類のほうが進学クラスになります。国公立大学に合格するような人はII類に行きます。
    公立高校間のレベル差はあってないようなものです。一様に低いと言ってもいいでしょう。しかし、国公立大学に受かる人も出ますので、高校云々より本人次第です。公立高校の生温い環境になじんでしまうとダメでしょう。
    「幼稚園や小学校低学年から塾に通わせ・・略・・おかないと大学受験に間に合わない」かどうかはよく分かりません。ただ、公立高校に通わせるのなら、高校は当てにならないと考えて良いでしょう。
    受験のことは自分でなんとかするしかありません。
    また、5年前まで塾の講師をしていたのですが、私が高校生だった時(10年ほど前)より、明らかなレベルの低下を感じました。

    京都の公立高校は非常に甘いですので、締め付けられたり、強制されるのが嫌いで、放任した方が伸びるタイプの子には向いている思います。

    ユーザーID:

  • 市内の公立高校に通ってます

    京都市内の高校2年生です。公立高校に通ってます。
    通学圏によって…というのは事実です。
    これは万国共通だと思ってましたが違うんですか…?
    公立は、1類・2類に分かれていて学力から言えば2類の方が高いんですが
    1類を希望する人は、通学圏によって希望の高校に行けないことがあります。
    2類だと、合格なら希望の高校に行けるでしょう。
    しかし○○高校の2類を希望していたが合格できなかったとすると○○高校の1類に行けるわけではありません。
    △△高校の1類に飛ばされることもあるのです。
    私の同級生でも(1類で)この高校に行きたかったのに
    あの高校に飛ばされた、という人が何人かいました。
    友達の中にはどうしても通学圏外の高校に行きたくて
    住所を変えてまで受験してる人もいましたよ。

    >幼稚園や小学校低学年から塾に通わせ、小学校のうちに中学の、中学のうちに高校の内容を学習しておかないと大学受験に間に合わない
    これは京都と関係するのかな??
    あまり私は聞いたことありませんよ。

    ユーザーID:

  • 京都人です

     私は現在20代で高校を卒業したのは数年前ですので現在の状況がどうなのか正確な情報は受験生をお持ちの方の伺って頂ければいいかと思います。

     基本的な入学の振り分けられ方は概ね上の方が仰っている通りだと思います。
     そのシステムによる(他府県と比べた)レベルの低さは否めません。けれど、現在の京都市長が教育委員会出身の方だからなのか、昔よりは教育が充実してきているようにも思います。中高一貫校もできましたし、市立堀川高校の活躍(難関大への合格人数、スーパーサイエンス校に指定された)もよく雑誌で取り上げられてます。
     
     私は通っていた地元の公立中学の雰囲気が悪かったので私立高校に入りましたが、現在は以前より公立の選択肢が増えているようで羨ましいです。ただ上で挙げた学校の競争率は高いようですし、それ以外の公立1類で難関大学を目指すなら本人の強い意思か、学校以外での補充がないと辛いのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 公立でもすごい所あるよ!(差が大きい!)

    大学から京都に来ました。
    昔は府立医大って大半がおうき高校(森光子、ジュリーの出た学校)出身でしたよ。

    今年、京大に堀川高(市田ひろみの出た学校)から40名近く(それも殆どが現役)で入ってきてびっくりしています!

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 1類、2類

    1類と2類に付いてですが、この二つはそれぞれの高校にあります。それぞれ受験をする際に志望するのですが、2類を受験して、2類の合格基準に満たなくても、1類の合格基準を満たしていたら1類に合格します。初めから1類を志望していた場合は受験の成績が良かったからと言って2類に合格する訳ではありません。

    2類には人文系と理数系があり、これも受験する際に決めます。高校によっては人文、理数のどちらかしかない所もあります。1類は入学してから文系、理系に別れます(他にもあったかも)。

    2類だと第1志望の高校に行けることが多いのは、2類の方が第1志望の枠が大きいからです(確か受験の成績で上位50%が無条件に第1志望に行けたはず。1類は10%だったような)。
    2類は一応進学クラスなのですが、だからといって1類と先生が変わる訳ではなく、そんなに内容も変わりません。多少、モチベーションは高そうですが。

    ところで、普通科1類、2類に話をしぼって書いているのですが、高校によっては3類英文系があったりします。商業科のある高校もあります。

    ちなみに京都の公立高校出身者では、最近の有名人としては綿矢りさがいます。

    ユーザーID:

  • 説明会で聞きました。

    京都の公立高校は2類が進学コース(国公立をめざす子が受ける)1類は普通科(おもに私立の大学や短大を受ける子が受験する)と聞きました。
    2類は自分が希望する公立高校を受けられますが、1類は通学圏によって受けられる高校が何校か決まっています。
    受験して定員になるまで合格者を決め(点数のいい子から数えて定員の数まで取るわけです)
    その後、各高校に振り分けるらしいです。
    振り分け方は住所に一番近い学校だと聞きました。
    この「中学からはこの○○高校です」と決まっているみたいです。
    中には定員に満たない高校に決まることもあると保護者の方から聞きました。

    今の京都の公立高校のレベルって低いんですか?
    うちの子、受かるか心配なんですが・・・

    ユーザーID:

  • 北通学圏、堀川高校出身です。

    卒業して10年たちます。
    制度が変わってないと仮定して説明します。
    先にもありましたが、京都の公立は通学圏というものがあります。
    通学圏を越えての受験はできません。

    しかし同じ通学圏でも、最寄りの駅・バス停で
    合格する高校は自動的に振り分けられてしまいます。
    自分がどこに振り分けられるかは、近所のお兄ちゃん・お姉ちゃんがどこに通ってるのかで、だいたい予想はできます。しかしその年度によっては異例の振り分けになることもあるので要注意です。

    同じ通学圏でも違う高校に行きたい場合(私の場合、紫野や山城高校)、2類を志望すれば上から50%に入れば希望の高校へ合格できます。
    1類は上から10%でないといけません。

    ユーザーID:

  • 続きです

    同じ通学圏でも最寄り高校以外の2類を受験したとします。
    上から50%に満たなかったら、最寄りの高校に自動的に振り分けられます。
    更に2類にも点数が満たなかったときは最寄りの1類へ振り分けられます。
    「2類がダメだったら1類へ振って欲しい」というのは出願時に聞いてくれます。

    商業や工業系は数が少ないので、最初から通学圏を越えて受験できたはずです。

    この制度、京都に長年住んでないとわかりにくいかもしれませんね。

    何でも京都は昔、共産主義が強くて「誰でも高校へいけるように」というモットーの元で作られた制度と聞いたことがあります。
    なので一部の特別コースを設置して学校(今では堀川や嵯峨野のコスモス科など)以外の公立高校はどこであっても、一律だいたい同じレベルなはずです。

    私立より進学率の悪い公立高校といのは全国的にみても京都だけらしいです。
    でも私は充実した高校生活を送れましたし国立大学に合格もしましたよ。
    意見・感想

    ユーザーID:

  • 将来は不明

    京都府南部といいますと通学圏は山城になるのでしょうか?
    山城のみ昨年より1類(普通コース)2類(進学コース)共に総合選抜ではなく単独選抜に変更されています。

    >また、幼稚園や小学校低学年から塾に通わせ・・・云々

    公立で良いとのお考えの家庭では、そもそもそのような発想はないかと思います。
    低学年より通塾させるご家庭では中学受験コースを歩まれるのでは?
    大学受験…それも東大・京大などの旧帝大系への進学を希望するのであれば、中学から私立というのが京都では一般的だと思います。
    最近、堀川(市立)が『奇跡!』(…こう言われる事自体如何に低レベルか)を起こしているそうですが、それでも他府県の進学校と比べるとお粗末です。

    >子供はまだ就学前ですが、色々なお話をお聞きできたらと思います。よろしくお願いいたします。

    先の話はどうなることやら・・・です。
    お子さんは未就学児とのこと。
    朝令暮改は当たり前なので、現状をお聞きになられても
    なんの参考にもならないと思います。
    公立は「所詮公立」とあまり深く考えない方が懸命かと存じます

    ユーザーID:

  • システムが変わったようですよ

    今年4月の高校入学者から、京都の公立高校の受験システムは変わっているようです。今までは、特別なコース以外は、決められた高校に振り分けられましたが、範囲も広まり(多分南部なら南部全域だったと思います)、学力に応じて行きたい高校を選べるようになったようです。昨年急に決まったようで、データが無いため、受験生はどこを受ければ良いか難しかったと聞いています。そのため、レベルが高いと思われる高校は定員を割り、あまり人気の無かった高校の倍率が上がるという結果になったと地域の新聞で読みました。ですので、おそらくトピ主さんの地元と同じようになったのではないでしょうか。どなたかが仰ったように、以前は誰でも高校に行けたようで、私の受験時には、私立でレベルが低めの滑り止めに落ちても、普通の公立高校に受かっている人はいました。なので、安全をみて専願でレベルが低めの私立高校に入った人を可哀想に思ったくらいです。

    ユーザーID:

  • 確かに分かりづらいかも

    私は京都府南部出身です
    15年前と変わっていなければ...で読んで頂ければと思います

    1類と2類は他で言う普通コースと進学コースのような感じでしょうか
    亜土さんが書かれている事で分かると思うのですが、これにプラスして年毎にも区域に違いが出たりもします。
    私が中学2年の時にN高校が出来、学年ごとに区域が違ったりもしていました
    二つ上は大勢がN高校、
    一つ上はN高校希望者が多くて線路よりどちらはT高校、反対側はN高校、同じ地域でも2類受けて落ちた人はK高校
    自分達の時は大勢がN高校
    と、年毎に学区域が変わっていました

    15年前で、公立高校入学試験のレベルは全国でワースト2位だと聞きました
    これは高校進学率を上げるため、と聞いたことがあります

    でも、2類からは勿論ですが1類からも国立に行った友人がいます
    >幼稚園や小学校低学年から塾に通わせ、小学校のうちに中学の、中学のうちに高校の内容を学習しておかないと大学受験に間に合わない
    そういう考えで塾へ行ってる人は周りにはいませんでした
    大学へは高校の3年間での本人の頑張り次第だと思います

    ユーザーID:

  • 横トピですが、京都公立高校出身の有名人!

    山城高校…山城新伍(だから芸名が山城らしいよ)
    堀川高校…藤田まこと、横田めぐみさんのお母さん
    堀川高校音楽科(現京都市立大学附属)…葉加瀬太郎
    紫野高校…綿矢りさ

    私が知ってるのはこのくらいですかね。
    都はるみも堀川出身と聞いたことがありますが
    定かでありません…。

    ユーザーID:

  • トピ主です。1

    みなさま、色々とくわしく教えてくださってありがとうございます。とてもわかりやすくて、なんとなく大体の感じが見えてきました。

    頂戴したお答えをもとに調べてみたところ、どうやら私のいる地区は山城南という通学圏(?)のようです。
    ホームページを見ていると、西城陽、南陽がしっかりしているように感じたのですが、いずれも家から近い学校ではなく、そこを希望するなら2類の上位50パーセントに食い込む成績が必要だ、ということになるのですね。

    「高校に落ちる」ことが(まず)ない、制度なのですね。確かに、受験の際の危機感が湧きにくいかもしれませんね。私立志向な訳が少しわかりました。が、うちは是非公立に行ってもらいたいなあと(笑)

    ユーザーID:

  • トピ主です。2

    >亜土さん
    >これは万国共通だと思ってましたが

    私は大阪府出身なのですが、違いました。府内が9つの学区に分けられ、該当学区内の約15校の中から志望校を選び受験します。不合格でも他校に振替えはありません。多くは公立を本命とし、すべり止めとして私立を受ける感じでした。(勿論専願車もいる)

    また、
    >幼稚園や小学校低学年から塾に通わせ・・・

    これは今の時代的なものかもしれませんね。
    京大とは言わないが国公立や関関同立、産近甲龍くらい(幅広い!)を狙うにもそういうのが当てはまるんだとしたら、一体何故?!
    高校に入って家で頑張って勉強してたら何とかできるんじゃないのか?! 予備校の夏期・冬期講習くらいは行ってもいいだろうけど・・・。
    と思ったのです。そこまで今の学校教育のレベルが落ちているのかとか、いやもしかして京都の制度の特性なのか?とか。

    団塊の世代ジュニアなので、「いいなあ、今の子たちは競争率低くって」と楽観してしまっていたので、少々焦ってしまいました。
    引き続き、よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:

  • トピ主さんと同世代ですが

    京都の公立高校は、トピ主さんの指摘通り、他の他府県の公立高校に比べていわゆる進学校というのはありません。近年、堀川高校が文科省のスーパーサイエンススクールに指定されて、府内中からの優秀な生徒を集め、その結果難関大学に多数進学したことで話題になりましたが、それは学校自体が凄いというよりも、元々優秀な生徒が自ら目的意識を持って勉強した結果のためだそうです(スーパーサイエンススクールに指定されるまでの堀川高校は進学校でもなくただ普通の公立高校でした)。
     学校としてきちんと受験勉強を教えてくれるところとなると、私立しかありません。私立でも、東大、京大に多数合格者を出している私立高校だと、入学試験問題が難しい(通常の公立中学のカリキュラムだと解けない問題が多数出題される)ため、進学塾に通わないと合格が難しいと思います。
     ですが、難関大学の受験は、どこの高校に進学しても本人が高校低学年のうちから目的意識をもって勉強をすれば、合格できると思います。実際、私の友達でも、公立高校の1類に進学したものの、自分で目的意識をもって受験勉強をした結果、現役で難関といわれる大学に合格した友達もいます。

    ユーザーID:

  • 現状にびっくり

    15年前に高校受験をした世代です。
    去年、京都府南部で私塾で公立1類を目指す子供に教えていたことがあります。
    正直「この学力では絶対公立は無理だ」というような子供でも1類に合格したりして怖いなと思います。
    基礎力が無い子が高校での数学などを理解するのは厳しいのではないでしょうか?
    全体的な学力低下の問題もありますので、何ともいえない部分もありますが、
    将来的に産近甲龍以上の大学を現役合格で目指されるのでしたら、1類はお勧めできません。

    しかし例外もあります。もともと学力も高く意思も強い子供でしたら、あえて2類を受験せず、1類に進学しオール5に近い成績を収めれば「指定校推薦(面接のみで無試験のところい多い)」で難関大学に推薦合格できたりします。
    2類でオール5は至難の技ですしね。

    しかし先に他の方がカキコされていたように、自由な温い雰囲気の中で自分を追い込む必要があります。
    結果として大学を目指すならば、公立+予備校OR難関私立の、どちらかを選択することになるでしょう。

    私の友人達は新居購入の際に堀川高校区を購入しています。高いけど将来のためだそうです。

    ユーザーID:

  • 横でごめんなさい。

    都はるみさんは、確か・・・橘女子でわ?
    (私立の女子高だったはず)
    堀川高校ではありません。違っていたらすんません。

    ユーザーID:

  • 他県との格差

     14年前に受験生でした。
     京都府と奈良県が接する地域に住んでいて、京都の生徒と奈良の生徒が混在する塾に通っていました。
     塾の先生から、「山城南通学圏でトップの南陽2類は、奈良の公立でいえば上から5番目、偏差値59の高校と同程度。」と言われました。
     当時はショックでしたが、今なら納得できます。
     京都が、狭い通学圏内で、調整を加える生ぬるい入試を実施している時、奈良では、全県一学区で小細工なしの入試をしていたのですから。
     
     特進高校の設置、山城地域の通学圏拡大と単独選抜実施などで、徐々に改善されつつあるようですが・・・。
     更なる改革を期待します。せめて他府県並みになるように。

    ユーザーID:

  • 現在は

    以前の、山城南通学圏と山城北通学圏は昨年度の入試より統合されて、選抜方法も各高校での単独選抜となりました。(いずれ京都市内もそのようになるかと思います)
    南陽高校・菟道高校・西城陽高校の3つが偏差値的にいうと抜け出しそうな感じがします。(すでに抜け出している感もありますが)
    南陽高校は今年度入試で2類英語を廃止し、今後ますます進学校としての地位を確立していくものと思われます。
    先生方の取り組みを見ていると、南陽・菟道はまちがいなくこれから進学実績が伸びていくものと予想されています。西城陽は、スポーツもかなり力をいれているのでちょっとわかりませんが・・・・
    YAHOOの検索で”偏差値表”で検索すると、検索結果の一番上にでてくる偏差値表をクリックすると、山城地区の詳しい偏差値表が出てきます。
    この偏差値表を作っている方は非常に心の広いかたで、着た質問メールにはかならず答えを返してくれます。
    もし知りたいことなどがあれば、メールで質問してみられてはいかがでしょう?私も何度も質問に答えていただきました。

    ユーザーID:

  • 悪平等でかえって経済的負担が

    「他県では公立の進学校を目指す経済レベルの家庭でも、子どもを私立進学校に入れざるを得ない」と京大の先生が言っていました。または近県に家を建て、そこの公立進学校に通わせるそうです。

    ユーザーID:

  • 関関同立、産近甲龍

    これらで良ければ、当然本人次第ですが現状では十分可能だと思います(10年後は知りません)。
    2000年3月まで塾(といっても月謝2,3万の小規模学習塾)の講師をしていましたが、何人も関関同立に合格する生徒を担当しました。

    また、私は市内の公立高校二類理数に行っていました(10年以上前のことですが)。そこはその通学圏で最もレベルが低いと言われるところでした。
    ちなみに私はここを志望した訳ではなく、よそから回された訳ですが・・。
    この私の行っていた理数クラス(43人)では私を含めて10人ぐらいが現役で国公立に受かりました。関関同立には相当数受かったと思います。
    このクラスは非常にアカデミックで、朝、学校に行くと、お互いに難問を交換し、それを授業中の暇な時間を使って解いていまいた。授業が当てにならないから生徒同士で教えあっていました。

    この高校を志望した訳ではなかったですが、入ってみたら非常に良かったです。部活動も三年間フルでできましたし。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧