雇用ベース アメリカ永住権について

レス1
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

ネネ

雇用ベースでアメリカ永住権を申請しています。
つい先日、移民局申請が認可され、日本での大使館面接に向けて書類作成を始めたところです。
そこで最終段階の大使館面接の情報を色々集めているのですが、最近、非移民ビザに限らず、永住権に関しても面接時に脚下されることは少なくないということを知りました。ここまで長い年月をかけてきたのに最後に脚下されては全てが無駄になってしまうと、とてつもない不安を感じています。
実際に脚下されてしまった方や脚下されるであろう条件を知っている方、お話が伺えたら嬉しいです。お願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数1

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 教えてください

    私もトピ主さん同様、雇用ベースの移民申請が許可され大使館面接を待っています。不法滞在/就労・犯罪・感染症などなくても、やぱり面接と言われると緊張しますよね。細かいこと突付かれたり、意地悪な質問されたりするのかなぁ〜って。 大使館で永住権面接をして来た方、よければ体験談などを聞かせて欲しいです。心構え、参考までに。お願いします。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧