女性の政治参画

レス21
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

COSMO

少子化、子育てや働き方など、ここでよく議論されている問題は、政治が関わる必要のある問題が多いと思います。ですから、このような視点を持っている女性の政治参画が、そういった問題を解決するために必要となります。ところが、男女普通選挙制度が実施されて50年以上たっても、政治への女性参画はまだまだですね。女性候補者が少ないとか、一票の格差とか諸々の要因はあるでしょうが、それらを考慮してもこれだけなのかという感じです。特に、有権者の半分は女性が占めているはずなのに、また投票権は男女同権が保証されているのに。今後もう少し有効に投票権を行使すれば、すぐに増えていく気もしますが、皆さんのお考えをお聞かせ下さい。『国会議員に占める女性割合では、衆議院においては、平成16年3月現在7.1%(34名)、参議院においては16年3月現在で,14.6%(36名)。平成15年末時点で,女性議員の割合が最も高い特別区議会では21.5%,政令指定都市の市議会は16.0%,市議会全体は11.9%,都道府県議会は6.9%,町村議会は5.6%(内閣府 男女共同参画白書 平成16年版より)』

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同性の候補者でないとダメというのは性差別

    当選した議員に男性が多いからといって, その男性議員達が有権者女性に支持されていないということはありません. それなのに, 議員が有権者女性と同性でないから不十分だというのは性差別です.
    政治家は人種や性別でなく, 政策で選ぶものです.
    日本では有権者は女性の方が若干多い筈ですし, 男女間に一票の格差なんてありませんから, 政策で選べば女性の意志は投票を通じて十二分に国政に反映されるのです.

    ユーザーID:

  • とりあえず現状観察からはじめると

    50年以上というと2世代以上ですね。つまりは戦後教育の第1世代で失敗し、その結果がフィードバックされた第2世代でさえも駄目だったと。

    理知的な方なら、闇雲に対策を練るのではなく、なぜ駄目だったのか原因追及を徹底的にするべきでしょう。今までの原因追求の方法は明らかに問題があるかと思われます。諸外国からの視点で見ると、日本女性の評価が著しく下がっている現状があります。よく聞かれるのは社会への参加「意識」の低さ(最終的には「国家」や組織への奉仕という考えに基づいた諸活動への参加のこと。すなわち好奇心での一時で終わるボランティアやただドンチャン騒ぎをするだけの政治家支持活動(人格への支持でしかない場合が多し))、自らで考える能力の欠如、本質的に物事を論理的に考えることができないという点などでしょうか。

    ユーザーID:

  • とりあえず現状観察からはじめると(その2)

    戦後しばらくは戦前と同様家庭を守り子育てをすることにより「尊敬され」「充実感を得る」ことができていました。家庭の電化、フェミニズムの登場、適切な思想の指導層の欠如・常識が言えなくなるという特異な事情による西欧とは異なるその進展は、その価値観が破壊されたときと一致します。言いたいのは昔が良いのではなく、人間の要求が満たされなくなったということです。

    昔は子供を産み育てることが「家族の中だけでなく」非常に意味のあることとされてきました。それを達成することの喜びは保障され、また尊敬もされ、地位も与えられ、サポートも当時の価値観に基づいてですがそれなりにありました。いうなれば幸せな人生のシナリオは平凡ながらも分かっていたのです。
    しかしフェミニズムはそういった価値観を「破壊」することそのものに意義を見出し、その後多様化の時代になっても今度は破壊された後のいろいろな「生き方」が当たり前のこととしてフィックスされるようになりました。
    それまで人生における最も大きな幸せとされてきたものがあくまで個人の選択肢に過ぎなくなり、さらにそれが尊敬もされなくなったら人間一体どうなるでしょうか?

    ユーザーID:

  • とりあえず現状観察からはじめると(その3)

    その結果はご覧の通りです。
    フェミニズムにしても新しい考えが登場しても、その変革対象にとっては取っ掛かりにしかすぎません。柔軟に意見が反映される社会ではそれは常識的ではないのではないか、という指摘が再議論につながり、その結果フェミニズムのおかしな点は何か、取り入れるべき視点や方法は何かが収束していたでしょう。
    残念ながらそのような柔軟性は日本には致命的にないといわざるを得ません。

    女性の政治参加の問題に戻りますと、社会への参加意識が低い現代の女性の一部がそういった活動を起こすには、上述のような思想哲学レベルでの根本的発想の変換だけでなく、それを行動に起こすことが必須であります。残念ながらそれらを行うにはあまりにも自己完結しており、男性がそれを許しているという現状があります。そういった風潮が本質的に変わるまでには経済環境の激変・思想の伝播等を考慮しても、少なくとも数世代(〜2,300年位)はかかると思いますが。

    ユーザーID:

  • マドンナブームの頃・・・

    昔なつかしマドンナブームの頃、ほとんどの女性議員たちは「主婦の代表・主婦の感覚で政治」「女性にやさしい政治」をスローガンにしていました。

    しかし「えっ、主婦の感覚だけで外交問題や経済問題にも取り組んじゃうの?」「女性にやさしいのは結構だけど、女性だけ?みんなにやさしくできないの?」と思うくらい極端で単純な人が多くて、とてもじゃないけど政治なんて任せる気になれないと思ってました・・・

    私は男女問わず有能で国民の利益を忠実に追求できる政治家を望みます。
    もしそれが男性にしか出来ないというのであれば、女性議員はいらないです。また逆もしかりですが。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • どうして

    なんで、女性の政治参加が進まなければならないのですか。女性には女性の使命があるのではないでしょうか。なにも、好き好んで政治家になる必要はないじゃないですか。

    ユーザーID:

  • 本来の男女平等とは

    ”機会の平等”であって”結果の平等”ではありません
    参政権、被参政権は男女の区別なく与えられています。
    これで平等でしょう
    結果として女性議員が少ないからうんぬんというのは
    おかしな話です。(単純に支持されなかっただけ)

    女性議員でも確固とした理念があり、国政に必要と判断されれば、支持は得られると思いますよ

    ユーザーID:

  • 職業選択の自由

    男性も女性も、自分の価値観に基づき、職業を選択する自由があります。女性の価値観の中では、自ら政治家になるということがそれほど重要なことではないのでは?それがいいのか悪いのかはわかりませんが。

    私の周りの女性は、なぜか社会で働くよりも、家庭にいたいという人が多いです。日本人女性全てに当てはまるとはいえませんが、でも、こういう志向を持っている人も少なくありませんし、それは、当然のことながら、尊重されなければなりませんからんね。

    ユーザーID:

  • うーん、難しい問題ですね。

    確かに人類の半分は女性ですが、一般論から言えば政治に向いてないですよね。

    政治に何が求められるかと言えば、将来を見据え、大局的な観点から物事を考え行動するという要素が強く求められるものです。

    がしかしこの掲示板でもそうですが、主観的(自分が基準)で将来の事より目先の問題に重きを置いてる人が多いです。
    それはそれでいい事もあるのですが、現在の比率はある程度適正なのかもしれません。

    例えば
    少子化って本当?というトピとかで自分の廻りはそんな事はないのにというのに同調する方が沢山おられました、男性ではそんな事普通ないです、なぜならデータが出てるからです。
    専業VS兼業トピや子持ちVS子なしトピでも、客観的にどうかというより、自分の立場によって意見が大きく左右されます。
    また、目先の不正には敏感でも大きな問題には鈍感なきらいもあります。
    私人でなく公人性が求められる政治には不向きでしょう。
    だからって女性全員がそうだとは言いません、でも半分にもならないだろうなというのが僕の意見です

    ユーザーID:

  • 現状を見て

    現在の女性政治家達を、良く観察しましょう。特に左系を。
    くだらない理想論を振りかざして現実から目をそむけていないでしょうか?
    政治の場は、弁論大会ではありません。

    ユーザーID:

  • フランス

    パリテ法の成立を思い出しました。
    あの成立過程で一番揉めたのは女性拡張権論者の間ででしたよね。
    でも、フランスでさえ法でそこまでやらないと人口比の反映はなされないんだなあ、とは感じました。

    機械の平等さえ保障されていればよい、現在が最高だとは言いませんが、法で定めることについては問題が大きいかな、と思います。

    男はデータを用いて女は主観で語ると分類するようなのはばかばかしいですね。それこそ、そんな小町の一トピックのような卑近な例を挙げずに統計的か科学的に示して頂かないと説得力ないです。

    ユーザーID:

  • へっ

    「朝まで生テレビ」での福島瑞穂の迷発言。
    その日のテーマは「警察官の拳銃使用について」、司会の田原総一郎と福島瑞穂の会話。

    福島 「警察官の拳銃使用は絶対反対。犯罪者と言えども人権はある訳ですしぃ〜、犯人には傷一つ付けてはいけない。たとえ凶器を持った凶悪犯と言えども警察官は丸腰で逮捕に向かうべき」

    田原 「そんな事して、警察官が殺されたら?」

    福島 「それは警察官の職務ですしぃ〜〜」

    (「ええっ〜」と言う驚きの声が怒濤のようにスタジオ中に響き渡る)
     その声にまずいと思ったか福島が続ける。
    福島 「それに犯人がそんなに抵抗するんだったら無理して逮捕する必要は無いと思うんですよぉ〜、逃がしても良い訳ですしぃ〜」

    田原 「じゃっ、逃がした犯人が別の所でまた人を殺したら?」

    福島 「それはそれで別の問題ですしぃ〜」

    (他のパネリストの「おい、おいっ」という声と共にスタジオ中に 失笑が漏れる。)


     女議員が全部、こうだとは言わないが、こんなのに、政治をまかせられるか! 今、こいつ、党首だろうが(呆)。

    ユーザーID:

  • 政界は男の感情が入り混じってる?

    女性、男性どちらが有能、無能は横においといて。

    政治のやり方も企業の上部でも感じるのは男性が理論的かつ組織の運び方がうまいから、というよりは、男同士にしかわからない感情、といったものが政治組織を運ぶ合間、合間でつながりを保ちながら
    運営されているのではないかと思います。

    そこに女性が入り込むと沽券やメンツがかかわってきてどうしても女性は組織に馴染めない水と油のような世界ができてしまうのではないんでしょうか。
    なんていうか、、女性と男性で飲みの場で仕事の話とか愚痴を腹を割って話し合う事など今はわかりませんが、一昔前はあまり見受けられない光景でした。男同士の友情的な感情もやはり女性にはわかりにくい話ですよね。
    もし、政界に女性が多ければ、男性はなかなか入り込めないでしょう。だからあらかじめ目標の数値を定めてみてもいいのかもしれません。

    政界、政治って以外と感情的でドロドロした世界です。

    ユーザーID:

  • 数値と質

    女性の喫煙、飲酒、専用車両?含めハラスメント意識、役職者、政治家・・バブル前よりも、確かに数値の値では女性が多くなった。
     しかし、質においては??
    カモフラージュに使われてることはないだろうか?

    ユーザーID:

  • そうやって男性のせいにしている限り無理ですね

    選挙権も等しく女は持っていますし、立候補だって出来る。

    政治参加という点において男女差は全くありません。

    でも実際は女の政治家は少ない。

    何が違うんでしょうか?

    それはね。男性の場合は自分が落選した時は、自分の責任だと反省するわけですよ。だから、次からはその反省を活かして選挙活動を行う。結果、政治家になれる。
    今重要ポストについている政治家にも結構はじめは落選したという人が多いでしょ。

    でも、女の場合は違う。
    やれ、「政治の世界は男社会だ」とか「自分の主張が理解される地盤がまだ出来ていない」とか、自分の責任と考えるのではなく自分以外の「何か」の責任にしてしまう。
    そんな事では政治家にはなれません。

    それに女の立候補者は1回落選するとそれで終わりって言う人も多いですからね。

    ユーザーID:

  • それを言うなら

    その前に男性の主夫の割合が半分いくまで
    きっちり女衆が譲らねばね。
    男性なんか限定した職業の話しどころか、
    異性の社会にすら根本的にろくに進出させてもらってない
    状況ですし。
    女性はこんなに社会で働いて男性の席をうばってるのに。
    女性を優遇することばかりではなく、
    堂々と自己批判し、自分たちが不利になることも
    提言してはじめて相手に要求できるんですよ。
    「平等な世の中」って言うのは。

    ユーザーID:

  • バックボーンが無い

    以前、市民による政治活動に参加していたことがあります。

    日本の社会も少しづつは変わってきていると思いますが、政治家(特に国会議員)になるには、強いバックボーンが必要です。俗にカバン・カンバン・ジバンとかっていうやつですね。もちろん都心部を中心に、そういうものがなくても人格やPRの上手さなどで当選される方もいますが、官庁含め利益団体の代表として立候補される方も依然として多く、100%近く男性です。しかるべきポジションにいる女性が少ないのだから自然とそうなります。

    他の方が仰っているように、同性で無いといけないということもないし、現実感の無い発言の多い女性議員も目に付くことも事実ですが、やはり将来的には、女性の社会進出がきちんと進んできていることの現われとして、女性議員が増加しないとならないとは思いますね。

    ユーザーID:

  • まず、選挙で!

    見かけは威勢が良くっても、大きな既成力に尾っぽをふるカワユイ議員でなく、確りした調査と考えと視点と見通し、何より大事なのは政治には「哲学」を持った女性立候補者が出るように、そして、まず、「棄権」せず「投票」することから!!

    ユーザーID:

  • 遠い話

    前回の参院選もそうですが、女性を前面に打ち出してる政党を見渡すと・・・道のりは長いですねえ。
    まずは、傀儡ではない女性議員がでてくれればと思いますね。

    ユーザーID:

  • 女性>みたらしさん

    同感です!

    自分に置き換えると。。
    男性と違い、したいこと、すべきと思うことが多分細かで多くあって、又、結婚出産育児もその中の大きな要素です。それらの両立、尚且つ精力を傾けるのを人に要望し難いかなあ。。って・・

     でも、女優さんや歌舞伎や能楽など古典芸能の家元に嫁がれてる方も仕事と家庭の両立と言う点では同じようなものですよね。。
     やはり、親子二代同じ意志をもたないと難しいかなあ。。

    ユーザーID:

  • 女性議員は、目の前のことだけ

    女性議員、特に野党系の女性議員をみていつも思うのは、目の前の事「だけ」しか見ていない人が多すぎ。

    自分の部屋が狭いから、部屋を広くする為に、家そのものを支えている大黒柱を切り倒せ!見たいな事を平然と言います。

    それをやったら、その「問題だけ」は解決するが、周りにどんな影響を与えるか?等という事は、とんと考えない。
    テレビの討論番組でも、「それをやると、こんな問題が出てくるがどうするのか?」って突っ込まれると、答えられなくてしどろもどろになる場合が多い。

    こういった、レベルの人間しか出てこないのに、女性の政治家の数が少ないと、愚痴られてもねぇー。

    日本有権者は、それなりの見識を持ってる結果だと思いますが?

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧