• ホーム
  • 子供
  • 小学生とゲーム(やりたいだけやれば卒業できる?)

小学生とゲーム(やりたいだけやれば卒業できる?)

レス26
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

かっぱえびせん

お母さんが教える算数、といった感じの家庭教育の本に「ゲームを低学年でおもいっきりやらせたほうが、高学年になってからはまらなくて良い。一から二年ぐらいは夢中になるだろうが卒業する」という意味のことが書かれていました。
うちではゲーム機がなく、たまに従姉妹の家でやるぐらいです。ゲーム機を欲しがったりはしますが、一日30分なんて守れないので買っていません。
なにより私自身が一時期はまってしまい、ゲームから抜け出すことの難しさを実感しています。最近のゲームは本当に面白いですよね。やめられません。

ゲームって、やりたいだけやれば、卒業できますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • TVゲームであれば、大学生でも、はまり続けます。

     現在のTVゲームであれば、飽きさせないように工夫されていますので、大学生でも会社員でも卒業なんかなくて、やってしまうでしょう。一応、大人ですので、外因があれば、止めることができるかもしれませんが、小学生の場合、親がコントロールする必要があります。その自信がなければ、最初から与えないことです。もちろん、ゲーム機がないことで仲間外れにされるとか、ゲーム遊び以上の有意義な何かをどう与えるか、なども考える必要もありますが。

    ユーザーID:

  • なぜ卒業させる必要があるのかよくわかりません1

    >「ゲームを低学年でおもいっきりやらせたほうが、高学年になってからはまらなくて良い。一から二年ぐらいは夢中になるだろうが卒業する」

    この本はなぜ、卒業させたいのか書いてありますか?
    また、なぜあなたは卒業させたいですか?
    何かに熱中するのは別にかまわないとおもいます。
    度が過ぎて自分の本分が疎かにならない程度なら。
    もし、それが疎かになったらゲームのせいですか?
    それは違います。
    自分の本分を理解せず、その場の楽しさだけで
    なにかを疎かにしたのなら、
    それは、そう育てた親とその自覚をもって育ってこなかった子供の責任です。

    ユーザーID:

  • なぜ卒業させる必要があるのかよくわかりません2(続き)

    仮にこの世にゲームがなかったからといって、
    何かが疎かにならなかった。
    ということはないとおもいます。
    代わりの何かにうつつを抜かして、疎かにしていることでしょう。
    親と、子供自身の人間性に非はなかったのか?
    と顧みることなく、何かを悪者にするのは辞めましょう。
    何の解決にもならないし、本質を理解していません。
    責任転嫁しているだけです。
    子供からゲームを遠ざけるより、
    自分にとって大事なことは何で、
    いま何をするべきなのかを理解して
    行動できるような人間を育てましょう。

    >一日30分なんて守れないので買っていません。
    昔、ゲームは一日一時間なんてのがありましたが、
    そもそも、一時間で区切りよく終わるゲームなど
    あるのでしょうか?こういった格言もゲームに対する無理解の一つでしょう。
    途中中断も出来ず、2時間やらないと終了しない
    ゲームなどはどうするのでしょうか?(笑)

    ユーザーID:

  • そんなことありません

    その子によりだと思います。
    「思いきりさせてあげる」というのは、時間制限もなしに本人がやりたいように毎日でも黙ってゲームをさせるということですよね?
    それでも私の息子はハマり続けてました。(現在5年生)

    まだ息子が保育園時代、私と主人が欲しかったゲーム機を買いました。その頃は「まだ保育園児だしゲームのやりかたなんてわからないよね」と言っていたのですが、憶えてからは将来ゲーマーになるのではないか?というほど親より上手くなり(一日中やっていました)、とうとう小学校にあがったときに制限を設け、今ではゲーム機をしまってしまいました。

    親の私はもう飽きてしまいましたが、子供は友達の家でゲームやっているようです。

    ユーザーID:

  • 無理だと思う〜

    私は無理だと思います。
    私自身はゲーム、すぐ飽きるので「やりたいだけやれば卒業」できます。これは小さい頃からずっとそうです。
    でも、私の弟も妹も、時間さえあれば永遠にゲームをやるタイプです(一度クリアしたゲームに再挑戦もアリ)。社会人になった今でも変わりません。削るのは睡眠時間と休日です。

    友人でも、大学時代、友達と遊ぶこともなくずーっとゲームしている人がいました。その人は、ゲーム会社を作りかなりの収入を得ていますが、電話すると「ゴメン、今から(オンライン)ゲームするからまたね」と切られます。(単に私と喋りたくないだけかもしれませんが、オンラインゲームに友達が集まらない昼間の時間は、一日中ショッピングや食べ歩きに付き合ってくれるくらいの間柄です。)

    後何年ゲームをしたら、この人たちは飽きるのでしょうか?私は、多分、未来永劫そんな日は来ないと思いますが・・・。

    ちなみに、私の夫はゲームをしたらやめられない自分の性格を把握しているので、ゲーム機を買いません。子供が出来たらどうするかは、まだ、決めていませんが「やりたいだけやれば卒業」は、周りをみる限りありえないと思っています。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 絶対無理ですよー

    私の弟は小学校の時にゲーム機を買ってもらい、
    毎日何時間もゲームをしていました。
    親が注意しようとも、こっそりやったりしてました。

    人が変わりますよ。部屋でゲームするのが何よりの幸せになりますよ、きっと。男の子はゲームにハマったらすごい!ゲームソフトも欲しい、と言い出すし、そのために、親のお金を盗んだり(そこまでしないかなあ?)しはじめたら最悪じゃないですか?

    ユーザーID:

  • やらせました。

    現在小6女児です。
    幼稚園でゲームボーイ購入。小学生低学年でプレステ。
    どちらも一日中やってました。

    確かに最初の1週間位はすごくやりますが、徐々に見向きもしなくなりました。
    去年ゲームキューブをプレゼントされましたが、
    最初の2-3日だけしか遊んでません。
    今では全ゲーム機、埃かぶってます。

    我慢させると夢膨らんでやりたくなるから、うちは
    いつも最初に好きなだけやらせます。

    ユーザーID:

  • やりたいだけやれば、あきます。

    卒業とまでいかなくても、
    ゲームも他のものと同様、たくさんしていると
    飽きてきます。
    新鮮味がなくなる。

    げんに、私も子供も、随分楽しんだと思いますが、
    今はほとんどやってません。
    疲れるし、昔ほどの意欲がなくなりました。(苦笑)

    私はゲームのある時代に生まれて
    本当によかったと思います。
    すごく楽しい時間を過ごせたから・・。

    ゲームを敵視する大人は多いですが、
    楽しいことに、害はつきもの。
    害のために楽しいことやめてたら、
    もったいないなぁ。なんて思っています。

    ユーザーID:

  • とりあえずうちは禁止

    前にも似たようなレスがありましたが、私自身ははまったらやめられないのがわかるので、子供ができた時にすべて処分し、封印しました。

    うちの小学生と幼稚園の子はTVゲームはまるっきり知りません。友達の家でさそわれてもやらないようです。下はともかく、小学生の方は、ゲームもしないしTVアニメも殆ど見ないので、はっきり言ってそりゃー浮世離れしています。でも友達はたくさんいます。よく言われているように、ゲームをしなければ友達ができないということはないと思います。

    一時期たくさんやればすぐ卒業できる子は、もともとゲームが好きじゃないんでしょう。ただ、どんどんエスカレートして一生やり続ける人もいるのは確か。私のまわりにも大人になってもゲームにはまり切ったままの人が何人かいます。

    どっちなのかはわからないから、とりあえず親が止められるうちは、私はゲームはやらせないつもりです。

    ユーザーID:

  • 大人でもゲームしている人が多いんですが

    「卒業」と言われても大人でもゲームしてる人が多いんですけどね。

    卒業というか飽きる事はあるでしょうけど、
    それはゲームやゲーム機に飽きたのではなく
    一本のゲームソフトに飽きただけでしょう。
    大人になれば好きなだけゲームソフト買えますし。

    ユーザーID:

  • ゲーム脳の危険

    ゲーム脳の危険についてご存知ですか?
    私も詳しくは知らないのですが私なら未就学児のような小さな子供にゲームを毎日1〜2時間だとしてもさせたくないですね。
    ゲームが脳に与える刺激は一定のもので、どんなに刺激的なゲームでもそれに馴れると脳は同じ刺激しか受けないそうです。そうなると脳が縮小して思考能力が劣るようになると聞いたことがあります。
    勉強が出来なくなるわけではないのでしょうが、とっさの判断能力とか感情の起伏などが減るような根本的な人間の能力が縮小するのなら私は子供が幼い時期にそれを与えたくないと考えます。

    トピ主さんのご家庭で約束の範囲で約束を守って出来るのならやらせてもよいのかもしれませんが、思い切りやらせれば卒業するなんて信じない方がいいと思います。
    ご相談の件に関しては他人の情報は一切アテになりません。きっと育った環境や個性によって左右されると思います。

    ユーザーID:

  • 卒業できるかよりも・・・

    小学2年から、1988年〜1995年頃までゲームに夢中だった者です。
    通りすがりMさんや ねこんさん の発言に近いんですが、すごく興味深いテーマだったので書いてみます。

    >>ゲームって、やりたいだけやれば、卒業できますか?

    経験上、無理だな〜と思います。

    ゲームをやりたいだけやって飽きても、次もTVやパソコンを使った、似たような娯楽に手を伸ばすんじゃないかなあと思います。

    大事なことは、「TVゲームは○○だから」といってTVゲームに規制をかけることよりも、子どもさんが何というゲームソフトに熱中しているのかを、母親の側がきちんと把握することだと思います。

    15年後や20年後に、それを普段の会話の中で出せることや、そのソフトを遊べる環境(本体)を保存しておくことのほうが、単純な規制よりもずっと大事なんじゃないかなあと思います。

    TVゲームは大人にとっては一時の遊びですが、経験上、小学校低学年の子どもにとっては、ゲームが「想い出の風景」になってしまうような気がします(男の子の場合特にそうです)。

    それって結構、問題点だと思うのです。

    ユーザーID:

  • やめられないかも、

     子供の同級生に2歳からゲームにはまった子がいます。姉がやっていたため、見ようみまねでやり始めて今では、学年一のゲーム王となっています。
    いま、小6ですが、冬で外遊びが出来ない時期などは放課後5時間以上ゲームをやるそうです。

    その子のお母さんとお話したときに、「遊びに来る友達がゲームめあてで毎日やってくるので、なかなかやめられなくて困っている。年中ゲームばかりで・・」
     と悩んでいました。でも、他の親たちに言わせると「共働きなので、子供が放課後ゲーム王の家で遊ぶことが多いので、どうしても相手に合わせてしまっているようで困る」と言い分が違いました。

    このように、自分の子供一人だけでこっそりとやっているぶんには、いつかやめるだろうというのも期待できるでしょうが、子供の人間関係が絡むとわが子の意思だけでは、なかなかやめられないと思います。

    トビ主さんの読まれた本は、あてはまらない場合も多いと思いました。

    ユーザーID:

  • 本人の趣味次第

    中学くらいから何に興味もつかでかわると思いますよ。

    当方男ですが中1くらいから普通に異性に興味をもち
    服、部屋の模様替え、整髪料などお金がかかることに
    興味を持ったのでゲームはほとんどしなくなりましたよ。

    理由がソフトを買う金がもったいない、時間がもったいない
    ハマってるのはあまり印象よくないなどなど・・・。
    あとはスポーツ好きでしたから部活で時間がもったいない
    ってのが一番理由かもしれません。

    小学生まではゲームは大好きでしたから変わるときは
    いきなり変わるものだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 賛否両論ですが…

    個人的にはどっちもどっち派です。
    ただ、小さいときからゲームをやってる子供の方が
    卒業も早い気がしなくもないです。
    僕は中学3年になるまで
    家庭用ゲーム機を買って貰えなかったので、
    大人になった今でも結構ハマッていますが、
    僕が小学校、中学校の頃の友達で前からゲームを
    遊んでいた人たちは殆ど卒業していますね。

    あとはお子さんにもよりますが、
    ゲームより好きなものが出来ればゲームは
    2の次ぐらいになりますよ。
    スポーツとか、読書とか…。

    ゲーム脳を諭している教授は極端な話が多いので、
    信じる人もいれば、信じない人もいます。
    興味がありましたら、ネットで探索すれば
    沢山出てきますよ。
    ちなみにその教授、少し前に
    テトリスは殺人教育ゲームだ!って話をしていました。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさんありがとうございます。私の息子は凝りだしたらとまらない性格で、3歳ぐらいで電車にはまったときは一日中電車の本を読み、電車に乗りたがり、駅のホームで数時間も電車を眺めていました。それが一年続きその後、ポケモンにはまり、寝てもさめてもポケモン。
    ・・と言うかんじで、非常に一点に関心が集中するタイプです。ゲームももしかして、一年でスパッとやめられるかな?と思いました。でも従姉妹の家に行くととにかくゲーム一色になり、帰宅後も数日夢に見るほど興奮しています。電車を飽きずに数時間眺めているときとは違い、現実にありもしないゲームのキャラクターの話を熱心にする息子をみると心配です。
    みなさんのお話を聞いて、ゲームというのはなかなかやめられないものだ、とわかりました。ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 「ゲーム脳」の話はマユツバらしいですよ

    以前、「ゲームばかりしているとゲーム脳になって、思考能力が落ちる」などの学説が書かれた本が出版されて、話題になっていましたが……。

    あの本は、実はあまり信憑性がないんだそうです。著者の研究方法や、研究の前提となる基本的な理論にたくさんの誤りや偏向性があるそうで、ゲーム嫌いの教育者団体や保護者団体には大人気な反面、生物学やゲーム開発の専門家には相手にもされていないとか。

    実際、どうなんでしょうね?

    ユーザーID:

  • ゲーム脳を無邪気に信じる危険

    ゲーム脳の胡散臭さは並大抵のものではありません。
    こういった似非科学を単純に信じる精神構造も危険ですねぇ。
    マイナスイオンとかにがりとかに踊らされてないですか?
    みのもんたの言うことを盲信してませんか?
    あらゆるメディアはその正当性を自ら検証する必要があります。

    要はゲーム、メディア等外部からの刺激に対して
    正常に対処出来る思考力を養うことが肝要です。
    私はそれを踏まえた上で小さい子供に
    ゲームをやらせることは勧めませんが(笑)

    ゲーム(に限らないが)ってやりたいだけやれば卒業できますよ。
    誰もやりたくないことをわざわざやらないです。
    ただ、30年経っても40年経ってもやりたい人もいるでしょうがね。

    ユーザーID:

  • 個人差がある

    ソフトは攻略してしまえばやらなくなるかもしれないけど、新しいソフト&新しいハードが次々発売されますからね。あるとすれば、ゲーム以外に夢中になるものが見つかれば、やらなくなるかも?

    我が家の場合、やはり小学校入学くらいからゲームを始めましたが、上の子(女)は「時間がもったいない」と小学校高学年でやらなくなりました。友だちとおしゃべりとか、他に楽しいことが見つかったからだと思います。
    下の子(男)中3になっても卒業の兆しは見えません。というか、家庭用ゲーム機、携帯ゲーム機、オンラインゲーム、最近はゲームセンターの会員カードを持っています。卒業というより、ある意味レベルアップしてしまっている、、、。その代わり「徹夜で」というようなことはなくて、部活もして、勉強して、宿題もやって、と、やることはやっているようなので、親も許しているのですが、、、。

    ユーザーID:

  • 卒業よりけじめ

    小学校低学年からゲーム歴20年くらいです(はまり方に波はありますが)。
    テレビゲームじゃなくても、携帯電話やネットなど年齢が上がるにつれてその手の趣味は増えるばかりかと。
    それよりゲームに限らず遊びはやるべきことをこなした上でという習慣をつけさせることが大切です。
    原則1日1時間・宿題を済ませてから・成績はある程度はキープ、就寝は10時までにとか。守れなかったら強制的に取り上げる。
    問題にならない程度の遊び方が身につけばいいのでは。

    ユーザーID:

  • ゲーム脳ですが・・・

    今は時期尚早さんの仰っている「ゲーム脳」ですが、それを紹介した本を読んだことが無い様ですので書かせていただきますが、あの本はいわゆる「トンデモ本」と言われるデマ本です。「ゲーム脳」というキーワードなどで検索していただければ、内容に関して書かれたHPがヒットすると思いますので、一度、そちらに目を通すことをお勧めします。

    基本的には、ゲームであろうが何であろうが、バランス良く触れさせてあげることが大事だと思います。これだけゲームが普及している世の中ですから、ただ「ゲームは駄目」と言っても仲間はずれになっていじめられたりしたら、それも子供の教育には良くないでしょう。問題は、やりすぎたりしないようにちゃんとコントロールしてあげることです(いくら読書が良いといっても、運動を一切しないで読書ばかりしている子供が健全とは思えないでしょ?)。

    卒業(というか飽きる)かどうかは、本人次第だと思います。ただ、別に卒業できないとしても、節度を持ってやる分には問題はありません。節度を持って接することができるようにしてあげるのが一番だと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 横:ゲーム脳は今のところ信用できない

    ゲーム脳について書かれている方がいらっしゃいましたのでちょっと物申させていただきます。

    あの本、読めば解ると思いますが、すごく変な本です。
    あの本には、アルファ波は脳が活動していない状態で、ベータ波が物を考えている脳だと書いてあるんですが、実際はアルファ波はリラックスや集中(瞑想)の状態、ベータ波は雑念がある(とりとめもなく物を考えている)状態を指すとされています。

    前提がそもそも間違っているのでとても胡散臭い本だと言えると思います。

    新聞などで騒がれていましたから、うっかり広まってしまいましたが、専門家から言ってもかなりおかしな本だと言う事は事実です。

    ゲームを支持するわけではありませんが、アメリカでは、外科医が執刀前にゲームをプレイすると手術の成功率が上がると言うデータも出ています。

    どうか、うわさに惑わされて一方的な判断を下されませんようお願いします。

    ユーザーID:

  • 子供は好きなことをやればいいよ。

     子供の興味,好奇心って面白いなぁと思います。我が家の3人の豚児を例に。

     上の2人の娘はゲーム機を与えませんでした。欲しがりもしませんでしたし。今,中2と小6です。ピアノ,お絵かき,パソコン,読書といった時間の使い方です。

     で,下の坊主。年長でゲーム機ゲット。というのも,ゲームがないと友達づきあいが出来ないとか。どっぷりはまっていました。で,今小2ですが,あんまりやらない。
     
     今もっぱらの興味は「野球」。応援する球団の選手のことは2軍の選手でも,プロフィールを暗記してるし,他球団のスタメンぐらいは,空で言えるし,愛読書は「どかべん」(笑)。
     学校から帰ると,校庭に駆け戻って,仲間を集めて野球ゴッコ。今欲しいのは,新作ゲームソフトではなくて,キャッチャーミット(笑)。

     好きなことをさせておくのが,いいんじゃないかと思います。主題の「卒業」ですが,ソフトの嗜好は変わっても,ゲーム好きな子は止めないと思いますよ。
     年齢に応じて,コンテンツが用意されてますもん。

    ユーザーID:

  • ゲーム脳を鵜呑みにするような考え方が一番危険では?

    何の下調べもなしにゲーム脳を信じてしまうような人。
    与えられた情報を吟味せず、自分の中で消化もしないから
    そのまま鵜呑みにしてそれが正しいとおもって
    発言・行動・決断をする。
    こういうのが最も危険なのではないでしょうか?

    昨今暴力ゲームがあるから、それをまねする人がいる。
    だからゲームは危険だ。
    という論調がありますが、
    こんな事いっちゃってる人のほうがよっぽど危険です。
    暴力ゲームをしても暴力的にならない人がほとんどでしょう。
    暴力ゲームをみて暴力的になるような人間は
    状況判断・情報の取捨選択などが出来ない人間です。

    これとゲーム脳を鵜呑みにすることは
    同義といってもいいでしょう。

    ユーザーID:

  • ゲームの売り上げ本数ご存じ?

    日本で今まででもっとも売れたある格闘ゲームは
    100万本、アメリカのある暴力ゲームは500万本です。
    ちなみに日本でいままで発売されてきた格闘ゲームの
    総売上本数は2000万本以上でしょう。
    米の格闘・暴力的ゲームでは1億5000万本ぐらいです。
    となると相当数の暴力的人間が発生してるはずですが・・・?

    PS:ちなみにゲーム脳の論文は低レベルすぎて
    米欧では全くと言っていいほど相手にされていません。
    国内でもいろいろ論破されているようです。

    精神科医の方のレビュー(探せばほかにもいろいろでてくるでしょう
    http://www.tv-game.com/column/clbr05/index.htm

    ユーザーID:

  • 理解を

    ゲームは既に「ゲーム」という括りで語ることがムズカシイほど多様化してきています。それは要求されるプレイ時間が一概に計れない事にも繋がっています。
    そして最近では一定のプレイ時間という概念をあまり持ち合わせないゲームも数多くあります。
    オンラインゲームなどは、”一区切り”や明確なエンディングは用意されていても、自分で目標が発見できる限り続けることができます。
    その目標がオンラインゲームでのコミュニティに依存することも多くあります。
    しかし、これはゲームに限らないことですが、のめり込むかどうかは、個人差が多分にあります。
    自分が大いに興味があっても子どもがそうだとは限りません。本にのめり込む子どもも居ればゲームにのめり込む子どもも居るでしょう。
    ただゲームは本などとは違い意図的に、のめり込むように作られています。
    ゲームに限らず子どもの、やっていること事をシッカリ親が理解し、その上で判断してから子どもに遊ばせなければいけないということですね。臭いものにフタをしても意味が無いですし、是非ゲームをさせてあげてください。そのうえで子ども自身がプレイ時間を自制出来るようになれば良いのです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧