肉に発色剤!本当ですか?

レス26
(トピ主0
お気に入り1

心や体の悩み

ゆきこ

職場の大先輩の女性に「スーパーで売っている肉は着色料が使われているから洗ったほうがいい」と言われました。

その方は水道水のフィルター?をご友人から買い、「浄化した水で洗わないと意味がない」などと言って私にその器具の購買を促してきましたが、そんなことはないと思い丁重にお断りし、肉の着色料のことも販売促進のためのデマカセだと思っていました。

が、気になって此処で検索したところ、そのようなレス(発色剤が使われていること)が付いた記事を見つけてしまいビックリしました。(知らなかった私が無知すぎますか?)

試しに牛肉・豚肉を水洗いしてみましたが、みるみる水がピンク色になり、肉に赤みが消えました。私は血の色だと思っていたのですが、違ったのでしょうか・・

本当に発色剤や着色料が使われているのでしょうか。ただ水で洗っただけではいけませんか?体に影響はないのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そのフィルターはアヤシイよね…

    肉に「発色剤」が使われているというのは、この間テレビで見ましたよ。アミノ酸…だったかな……?
    基本的には体に悪いものではないし(古い肉を食べてるという時点で、体に悪いし許されないけど)、染めてるわけではなく、「発色」させているので、洗えばいいというものではないと思います。

    どうしてフィルターを通した水でないといけないのか?ありえなくないですか?
    色が変わるのは、ゆでたりしたら赤みが消えるのと同じ原理ではないのかなあ。
    よーく考えたほうがいいですよ。気になるなら水道水で洗っても同じかどうか、試してみたらどうでしょうか。

    ユーザーID:

  • だまされないように(1)

    スーパーで売っているハムやソーセージなどに発色剤
    として亜硝酸塩が使われている、というのは本当です。
    無添加のものもありますが、くすんだ茶色っぽい色を
    していますので一目で分かります。

    発色剤を嫌う人の根拠は、これらが食品中のアミン類と
    反応して強い発ガン性のあるニトロソアミンを胃の中で
    生成することが知られているからです。

    しかし、日本製のハムは規制値より大幅に使用量が抑え
    されている上、実は硝酸分は野菜など天然の食品に
    ハムよりずっと多量に含まれています。
    発ガン物質を全く取らないで生きていくことは不可能です。

    普段から野菜の硝酸分を計算して摂取量をグラム単位で
    コントロールする生活をしているなら別ですが、そうで
    ない人がハムの発色剤なんか気にしても仕方ねえだろう、
    というのが正直な感想です。

    (続く)

    ユーザーID:

  • だまされないように(2)

    加工食品でない食肉に着色料を使用することは、禁じ
    られています。同じ肉のはずなのに色鮮やかさが違うのは、
    違う理由です。

    肉を洗うと水が赤くなって肉が白くなるのは、もちろん
    血が抜けるからです。
    ユダヤ教徒は血を抜いた白っぽい肉を食べます。これは
    安全性のためではなく教義のためで、普通の日本人が
    食べておいしいものではありません。

    要は、浄水器を売るために、デマで恐怖心を煽って買わせ
    ようとしているのです。悪質商法と言っていいでしょう。
    職場での関係を利用して売りつけられてはたまったものでは
    ありません。

    おそらくはMLMかなんかですから、「食肉に着色料を
    使うことは禁じられているのに、スーパーで売っている肉は
    着色料が使われているから洗ったほうがいいと言われて
    浄水器を買わされそうになった」と管理職に相談して、
    退職勧告かなんか措置をとってもらいましょう。

    ユーザーID:

  • ソーセージやハムも

    こんにちは。

    肉・・・はどうかわからないのですが、市販品のハムとかソーセージってやたらきれいなピンク色ですよね。あれは発色剤を使っているからです。色をきれいに見せるために薄いピンク色の液体につけて肉に色をつけているのです。

    私が入っている生協のハムやソーセージはあんなきれいな色ではなく、見た目あまりおいしくなさそうな色なのですが、ハムやソーセージの工場見学のビデオを見せてもらったら「きれいなピンク色のハムやソーセージの方が気持ち悪い」と思うようになりました。

    ユーザーID:

  • だまされやすい人1

    水で精肉を洗えば、水は赤くなります。 肉の色素であるミオグロビンが抜け出てくるわけですから。 あたりまえです。

    その昔、ニコチン酸アミド(発色助剤)で、色鮮やかな精肉を作ると言うことも行われてきましたが、今は聞かないですね。

    洋の東西を問わず、食肉業界は、行政の監視が厳しくて、普通そんな、お馬鹿なことはしないでしょう。 
    犯罪者を見て、それを他の良心的な人々を含めた全体の姿としてみてはいけません。

    発色剤(亜硝酸ナトリウム)は、ごぼうや玉ねぎに含まれていますが、これは加熱加工肉製品の発色にも大変聞く成分ですが、肉の臭みを消す効果もあります。
    玉ねぎや牛蒡の入った肉料理が臭みが少ないのはそのせいです(ハンバーグや、けんちん汁)。

    ただし、これは添加物として生で売る肉には使ったら日本では違法です。 

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • だまされやすい人2

    物を洗うときは水道水のほうが懸命です。 あの僅かな塩素が、雑菌を抑えてくれる効果が期待できますから。

    スーパーでは食中毒出すのが怖くて、いろんな消毒薬を手洗いや、秤や皿の消毒に使っています。 いずれも食品原料で作られたものが殆どですが、専門外の人が見たら訳がわからない毒薬に見えるのかもしれませんね。

    肉を洗いすぎたら旨みが逃げてしまいますよ。
    これは魚も同様

    ユーザーID:

  • 知らない人がいたんだ

    知らない人がいるのにびっくり。有名な話ですよ。発色材には発がん性があるので、気をつけましょう。トレイの裏に書いてありますよ。

    これを機に食品の添加物について勉強してみたら?

    ユーザーID:

  • 発色剤

    ソーセージ・ハム・ベーコンなどの肉の加工品にはほとんど入っています。その方はそれらの類は食べないのでしょうか?(ちなみに私は絶対に食べません)

    それから、ご質問の生鮮肉や魚への発色剤の添加ですが、法律上禁止されており、日本の店では使われていません。

    生鮮肉への発色剤の添加が見つかれば、営業停止。そんなリスクを犯す会社はありませんよ。

    ユーザーID:

  • かなり前のアエラに

    発色剤というか、着色剤がついている
    と書いてありました。

    本当についているのかどうかまではしりません。
    トピ主さんのようにお肉を水で洗う勇気もないので、
    洗ったらどうなるかは試していませんが、
    前までは買って2・3日おいておくと、
    中の方が黒っぽくなってきたのに、
    最近、黒っぽくなくなり、いつまでも
    鮮やかな色がついているので、
    何か色が着いているのかもと思ってます。

    アエラには食べたらどうなるかまでは
    書いてませんでしたが、
    毎日食べてたらどうなるんでしょうね。

    ユーザーID:

  • 白い粉

    >闘牛反対さん
    >知らない人がいるのにびっくり。

    トピ主さんは、ハムやソーセージの添加物について話しているのではないと思いますよ。加工食品ではない食肉に発色剤が使われている、ということにショックを受けているのです。さすがにハムやソーセージの添加物を知らない人はいないと思いますよ・・・


    >匿名さん
    >質問の生鮮肉や魚への発色剤の添加ですが、法律上禁止されており、日本の店では使われていません。

    それが、そうでもないようです。
    「賞味期限切れ牛肉に「白い粉」振りかけて再販売」
    http://www.2log.net/home/bp3232/archives/blog303.html

    ↑これは、つい最近ニュースになってましたね。白い粉(アスコルビン酸Na)による発色。他にも、肉に加水をして重量を上げる、産地の偽装、一括表示の虚偽記載等、色々あるようです。

    でも、そのフィルターは怪しいと思います。肉を洗って食べるって・・・気持ちは分かりますけど、う〜ん・・・それ、マルチでしょう。関わらない方が賢明です。浄水機が欲しいなら、ブリタなど安くて信用のおける商品をご自分で選んで買われた方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です。有り難うございます。

    なるほど。皆様有り難うございます。

    私が気になったのは悪徳商法のことではなく、単に肉の発色剤(着色料?)についてのことでした。
    自宅で試してみたら(ただの水道水です)水が赤く染まり、肉の色が薄くなったので「ただの水道水でも同じじゃない」と、その時点でまったく信じていませんでした。

    が、同時に「これが着色料、発色剤だったらどうなんだろう?」という疑問が浮かび、此処にトピを立てさせていただいた次第です。
    やはり自分の勉強不足ですね・・。お恥ずかしい。

    安心しました。御丁寧にレスくださった皆様、有り難うございました。

    ユーザーID:

  • ココ様(主です)

    情報有り難うございます。まさに私が危惧していたのはこれなんです。
    どの食品でもこんな問題ありますよね。バレないとでも思っているのか、平気でこんなことしますよね食品会社って。。

    細かく突き詰めてしまったら、それこそ何も口にできなくなりますが、せめて最低限、消費者に嘘を吐いて(または何の表示もせずに)ごまかすようなことはしないで欲しいですね・・。

    ユーザーID:

  • 私もテレビで見ました

    「生の肉」には使用が禁止されている「白い粉」で、肉の色を鮮やかにしているスーパーの取材。

    私の通うスーパーでも、消費期限が近くて半額になっている肉の色が鮮やかなのは「こりゃ〜ふりかけてるのでは?」なんて思いますが・・・

    でも、その粉というのが「アスコルビン酸」だと言っていたのならサプリメントなんかのビタミンCの成分ですよね?

    だったらそんなに気にしなくてもいいか・・・と思いそれきりでした。
    (サプリメント類もそう安心とは言えないので、あまり頼らない様にしていますが)

    ユーザーID:

  • 水も・・・

    肉はみなさんのおしゃるとおり同じ意見ですが、水道水は塩素で殺菌処理されてるのはみなさんご存知の方も多いと思いますが、塩素は発ガン性物質「トリハロメタン」を発生させる原因となっていることはご存知ですか? だから浄水器を使っている友達の言うこともまんざら間違えではないと思います。でも、その友達が勘違いしていることは水道水は台所だけじゃないと言うこと! 風呂場も浄水器の水を使わないと塩素が皮膚から吸収されてしまいますよね!!

    もし、しつこいようなら風呂場も浄水器にしているか確認してください。 けい皮摂取についてお調べになられたらいいですよ。

    ユーザーID:

  • 白い粉

    白い粉を振り掛けること自体は特に健康上問題があるわけでもないです。
    古い肉の発色を鮮やかにしてあたかも新しい肉のように見せ掛け、生産日・消費期限の表示を偽装するのが違法です。

    わざとらしい色になるんで見分けるのは簡単です。
    もっとも、粉は掛けるけど表示はそのまま正直っていう業者はいないと思いますが。

    ユーザーID:

  • 加工肉嫌い

    私はハムは絶対食べません。
    食べなくても済むものだし。
    なるべく安全で自然に近いものを食べて行きたいです。

    ユーザーID:

  • コンドロイチン

    ハムやソーセージの着色につかわれている
    コンドロイチンというのは虫の体液(!)です。
    私はテレビで、その虫がつぶされ中のピンクの
    液体を出した時の映像を見てから、ハムやソーセージを
    買う時は必ず着色料は何かをチェックするように
    なりました。

    ユーザーID:

  • 安全と自然

    安全と自然はときどき相反しますよ。

    ハムを気にするのならば、岩塩は硝酸分が含まれている
    から、だめですね。
    豆腐は凝固剤を使っているから、食べないのでしょうか。
    こんにゃくも水酸化カルシウムを使いますね。
    漬物も加工食品ですから食べないんですかね?
    砂糖はどうするのでしょうか?
    黒砂糖を使うのであれば、加工の段階で石灰を投入しますね。
    塩素を添加してある水道水ではなく井戸水か川の水でも
    飲むのでしょうか?

    ハム嫌いなのは別に個人の自由ですが、ハムを気にする
    レベルだと安心して食べられる食品はほとんどないと
    思います。

    ユーザーID:

  • コンドロイチン?

    コンドロイチンで色が着くんですか?
    虫から取るということは、コチニール色素かなんかと
    間違えているのはないでしょうか?

    コチニール色素は安全性に関するデータも特に多く、
    かなり「安心して使える」部類に入る色素です。
    もちろん使用が許可されているものは全て安全だと
    評価されたものなので、使用が許可されているもので
    「危険な色素」というのは、ありません。

    一時期コチニールはアレルギーを引き起こす、との
    問題が指摘されましたが、その後色素そのものが原因
    ではなかったことがわかり、製法を改良して今では
    問題のないものになっています。

    しかし、同じコチニールでも、カンパリはあんなに
    きれいな色なのに、お菓子に使うとあんなに毒々しく
    なるんでしょうかね?
    それだけは謎です。

    なお、個人的に虫を材料にした食品は嫌い、という人を
    非難するつもりは毛頭ありません。
    自分が嫌いだからといって危険な物質であるかのように
    問題をねじまげる人がいて、そういうのは問題だと思います。

    ユーザーID:

  • 再びトピ主です。

    皆様、本当に有り難うございます。
    此処でトピ立てて良かったと嬉しく思っています。

    私もあれから検索して色々と調べてみましたが・・
    単に「肉」だけのことではないんですね。
    「?さん」の仰るとおり、水もその通りです。
    でもそれを気にしていたら「烈哉さん」の発言どおり何も口にすることができなくなりますね。

    私もそこまで煩く考えていないので、これは仕方がないことと納得せざるを得ません。だってそれこそCMのように自分で豚を育てたり米を作ったりできないですから。

    なにか一つのことに執着しすぎてあれこれ考え過ぎてしまうのは良くないことですね。
    まぁ、、此処(小町)ではそんな方が多いですけど。私もその一人だったのかと思うと本当にお恥ずかしい。

    これからはもっと寛容な気持ちで、
    でも消費者として時には厳しい目で見極めたいと思っています!
    有り難うございました♪

    ユーザーID:

  • え、知らなかったの??

    スーパーなどで売られているお肉には発色剤が使われているので注意しましょう〜と学校の授業で(食品添加物の時)習いましたが、一般的にあまり知られてないのでしょうか??
    私の家では生協でお肉を注文していますが、急きょスーパーで購入するときはあまりの色の美しさに戸惑ってしまいます・・
    (生協で発色剤を使ってるか否かはわかりませんが・・)

    グルメ番組ですき焼きを囲んで「この美しい色がまた食欲をそそりますよね〜!」というコメントを聞いて「大丈夫かな?」なんて余計な心配をしてしまいました。

    添加物は微量でも確実に体内に蓄積されますので、許容量をオーバーして大変なことになる前に少しでも摂取を控えるようにした方が良いかと思います。(難しいけど・・)

    ユーザーID:

  • ハム等の話じゃないよね?

    加工肉に発色剤は違法ではないし、表示されていますよね。

    トピ主さんは、
    使用が認められてない「生肉」に暗黙うちに発色剤が使われているのでは?
    ということを危惧したんだと私は思ったのですが。

    ハムなどの加工肉のことにレスしてる方が多くいたので気になりました。

    トピ主さん、どうなんでしょう。

    ユーザーID:

  • コチニール

    横になりますが
    >ちなみにさん
    昆虫原料の色素は「コチニール」ですよ。
    えんじ虫、ラックカイガラムシとも呼ばれている虫。
    天然色素です。昆虫ゆえに倦厭されているようですが非常
    に昔から使用されている(食品、飲料とも)色素で安全性
    の評価は高いですよ?
    「コンドロイチン」は皮膚・血管壁・角膜・眼球、骨の関節部分などに多く含まれる粘性物質で保水能力が高いため
    化粧品や目薬などにも入っているし、サプリメントにも
    使われています。

    ユーザーID:

  • 紹介

    トピ主さんは食の安全性に関心がおありで、しかも狂信的な
    人の言うことに必ずしも与しない方のようですから、
    おすすめのページを紹介しておきます。
    http://food.kenji.ne.jp/

    危険とやたらと叩かれているものは本当に危険なのか。
    あの食品の騒ぎの実態はなんだったのか。
    自然食品、健康食品といわれているものは本当によいのか。
    といった話について、いくばくかでも納得のできる情報が
    得られるかと思います。

    狂信的な人の騒ぐような「危険な食品」というものは
    ほとんどが都市伝説の類なのですが、実は「良心的でない
    食品」「消費者の誤解が生んだ無駄な手間がかかって
    いる食品」というのはあふれているのです。
    そこらへんを見分けられる人が増えるとうれしいことだと
    思います。

    ユーザーID:

  • 台風一過さん

    食肉に発色剤を使用することは禁じられています。
    ココさんのコメントのような事件もありますし、
    20年ぐらい前にはニコチン酸アミドで古い肉を新しい肉に
    見せかけるようなことも行われていました。
    何年かに一度ぐらい起こる種の事件であることは確かです。

    しかし、それを「スーパーなどで売られているお肉には
    発色剤が使われているので注意しましょう」というのは、
    ミスリードを誘う偏向した学校だと思います。

    スーパーの肉がきれいな色をしているのは、もともと
    含まれているミオグロビンが空気に触れることによって
    鮮やかな色になることによります。
    つまりスーパーではスライスしたあといちいち広げて
    空気に触れさせてからパック詰めしているわけで、
    そうしないと重なったところは茶色っぽいままです。
    なお新鮮であれば家庭で広げておけば、赤くなりますよ。

    硝酸分は75%が腎臓から排出され、25%がまた唾液などから
    消化のルートに還流します。これを「体内に確実に蓄積」
    というのはぎりぎりの表現だと思います。

    え、知らなかったの??という割には、観念的な話で
    ミスリードを誘う疑問なコメントだと思います。

    ユーザーID:

  • コチニールは安全??

    トピズレかもしれませんが、コチニールは安全だと
    いう情報を見て疑問を感じて発言します。

    私はコチニール(カルミン酸)を口にすると
    アナフィラキシーショックを
    起こす程のアレルギー症状が出ますし、
    口にしなくてもアイシャドウ等の
    化粧品を使用しただけでもじんましんが出ます。

    アナフィラキシーショックは生命の危機に
    関わることなので、コチニールが
    安全ではない人もいるので決め付けは危険だと思います。

    ちなみに最近でも大晦日に発作が起きましたし、
    現在でも安全といわれる製法は確立されて
    いないと思います。

    その時口にしたのは有名ショッピングサイトで
    常にランク上位に来る洋菓子店の焼き菓子で、
    それに含まれていたドライフルーツが原因でした。

    焼き菓子にはドライフルーツとしか
    書いていませんでしたが、
    「ミックスフルーツD」という製品が使われており、メーカーのホームページには材料の詳細が記載されていたので、原因がわかりました。

    個人的には発作が怖いので、コチニールが世の中から
    無くなって欲しいです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧