アルコールと虫歯の関係−就寝前に飲んだら歯磨きすべき?

レス10
お気に入り0
トピ主のみ0

デンタル

健康

うちの夫は、歯磨き後、就寝前にアルコールを飲みます。
日本酒、ウイスキー、焼酎など種類はいろいろ。
「それって、虫歯になるんじゃない?」と心配すると、「アルコールには消毒作用があるから大丈夫だ」と言うのです。
そういうものなのでしょうか。やっぱり、虫歯の原因になるような気がしてならないのですが。
どなたか、詳しい方、よろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 追伸

    ちなみに、夫は歯が弱い方です。虫歯もかなりあります。(これがアルコールのせいかどうかはわかりません)
    歯磨きは、朝晩きちんと磨けているようですが。

    ユーザーID:

  • 70%アルコール

    殺菌消毒作用のあるアルコールは、70%のアルコールです(100%よりも70%の方が殺菌力が強い)。
    ビールとかで5%くらいのアルコール度数ですよね。
    実際のところは知りませんが、殺菌力はほとんどないのでは?
    それよりも糖分が多く入っています。
    やはり歯磨きをした方がよいでしょう。

    ユーザーID:

  • 参考までに・・・。

    歯科医のものです。
    気になるテーマでしたので発言させていただきます。
    結論から言うと、虫歯は、糖分と口腔内の細菌が原因となって起こるものですので、アルコールと虫歯は直接は関係ないといえます。(消毒作用もないといえますが…。)ただ、夜間は唾液の量が極端に減少し、
    虫歯になりやすい時間帯であり、飲酒することによって少なからず「脱水状態」が起こり、通常よりも唾液量減少の傾向が強くなっていると考えられます。つまり、通常よりも虫歯のリスクが高くなっているわけです。対策としては、強いお酒を飲む際には、水を一緒に飲むことをお勧めします。

    ユーザーID:

  • 糖分が入っていれば虫歯になります。

    虫歯は、歯に付いた糖分を虫歯菌が分解して起こるので、糖分を取らなければ虫歯になりません。アルコールの糖分はよく分かりませんが、甘口のワインや日本酒だとヤバイんじゃないでしょうか。

    お酒をコーラやサイダーで割って飲んだらやっぱり虫歯になると思いますよ。
    でも、歯磨きはそんなに虫歯予防にはならないそうですよ。結局ブラシの届かないところで虫歯になってしまうので。

    一番確実なのは、虫歯菌にエサ、つまり砂糖をやらない事です。
    特に飴のように長時間口に入れておくのは一番よくないそうです。
    それから、煮物や果物に含まれている糖分は見過ごされがちなので、これも取りすぎないようにする事です。

    ユーザーID:

  • 本題とはずれてしまいますが。

    吐くまで飲むような機会のある方ですと、自分の胃液でのちのち歯がぼろぼろに弱くなってしまうと聞いたことがありますよ。

    若い頃に無茶な飲み方をされていたなんてことはなかったんでしょうか。心配ですね。

    ユーザーID:

  • お酒の種類にもよりますが

    だんなさんが呑んでいるお酒ならいい気もしたんですが、あくまでお酒だけで呑んでると仮定してです。

    あてを一緒に食べてたらやはり歯磨きはした方がいいでしょう。
    私は酎ハイの甘いのを呑むのでそういう場合は絶対虫歯の原因になります。
    現に前歯の裏が虫歯になって、歯医者さんに何でこんなとこが虫歯になるのかなーと言われました。

    私は自分でわかってたのですが、普通に呑んだ後歯磨きをしていてもそれです。
    呑んだ後の歯磨きが面倒だからそう言ってるだけな気がします。
    虫歯になるからと言うより不潔だよと言いましょう。

    ユーザーID:

  • ソムリエ

    ソムリエの職業病は「虫歯」です。

    せめて口をすすぎましょう。

    ユーザーID:

  • お酒には糖分が入ってます

    工業用や消毒用のアルコールを飲むのなら
    納得できますが、お酒の原料は
    米や麦や芋ですよね。

    当然糖分やなんかも入っています。
    なので虫歯になると思いますよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    皆様、レスありがとうございました。
    詳しいことまでわかって、本当に勉強になりました。早速、夫に伝えようと思います。
    相談してよかったです。

    ユーザーID:

  • もう遅いかな

    詳しく説明すると字数が足りなくなるので簡単に分類しますが、

    1.醸造酒(日本酒、ワイン、ビール等)
    麹やイーストがアルコール化出来なかった糖分が残っている可能性大です。

    2.伝統的蒸留酒(スコッチ、乙類焼酎、ブランデー等)
    醸造酒を蒸留してつくるので糖分は殆ど残りませんが、蒸留工程が原始的な仕組みなので、3より原料由来の糖分を含む可能性は高いです。

    3.工業的蒸留酒(甲類焼酎、一般的なバーボン等)
    蒸留時にアルコール濃度を思い切り高めたあと、加水 して度数を下げていますので、2より更に糖分は残っていないはずです。

    虫歯が気になるなら、就寝前は日本酒を避けてウィスキーや焼酎に絞ることをお勧めします。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧