『駒大苫小牧!優勝おめでとう!!』

レス29
(トピ主0
お気に入り0

生活・身近な話題

明子姉さん

はじめまして!!
私は北海道在住の道産子です。
今年の高校野球は涙ナシでは観ることが出来ませんでした。

北海道の冬は約半年間雪で、グラウンドでの練習は出来ず、やっと甲子園までたどりついても北海道では経験することのない関西特有、湿気のある30度以上の暑さで本領が発揮されず‥‥
それが直接的な原因ではないとは思いますが2回戦、3回戦まで進めればいい方だったのです。

しかし、今年の夏は‥‥優勝です!!
初めて優勝旗が津軽海峡を渡るのです。
点を取ったら取り返す‥‥準決勝、決勝共に相手高も素晴らしいかったです。

今年の高校野球は見応えがありました!
本当に選手はよく頑張ったと思います。
久々スガスガシイ姿を見せていただきました。
駒澤大学苫小牧高!優勝おめでとう!!(涙)
そして感動をありがとう!!(涙)

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • テレビの視聴率70%だったとさ!

    NHKとHTBでやってて、NHKだけでも道内50%、HTBもあわせると70%はいってたらしいです。
    私は、あの3点差になって負けてたとき、見てらんなくて競馬中継に変えてしまったのですが、CMで変えたら逆転してた!

    近所から人の姿が消えていたし、どっかの家からは拍手とか「うぉー!」っていう雄たけびとか聞こえてたよ。

    三越前はなんか阪神の優勝みたいになってましたね!

    笑ったのは、ススキノ交差点角にある「ペットのみく○」。
    『駒大苫小牧優勝セール! ミニチュアダックス68,000円!』の張り紙。
    自転車で通りかかってコケそうになりました。

    ユーザーID:

  • 感動をありがとう!!

    普段、高校野球を見ないんですが、たまたま対日大三高戦を見て「このチームはすごい!」と思ったのがきっかけでその後は駒苫を応援していました。

    深紅の旗が白河のせきを一気に越えて、津軽海峡を越えたんですよね・・・選手たちのまっすぐな目が素敵でした。

    香田監督も素晴らしかったです。監督のコメントは、必ず、対戦相手を褒めそして自分たちの生徒を褒める・・・この監督の元で、球児たちは明るく頑張ってきたんだなって思いました。

    残念ながら、せっかくの偉業がアテネのマラソン金メダルに話題をさらわれてしまった感があるけれど、駒大苫小牧に一言、ものすごい感動をありがとう!!

    スポーツ観戦に興味がなかった私に革命をもたらしてくれました。

    ユーザーID:

  • 本当にビックリしました

    私が生きているうちに、北海道の高校が優勝するなど絶対ありえないと思っていました。
    いいことなしの北海道、久々に嬉しい出来事です。

    準決勝と決勝の日は、苫小牧の街がゴーストタウンに
    なっていたそうです(笑)

    ユーザーID:

  • 攻撃は最大の防御なり!

    素晴らしいチームでした。
    それに引き換え、オリンピックソフトボールチームは
    打てなさすぎました。

    守りだけでは勝てない証拠を見せてくれました。

    ユーザーID:

  • うれしいぃ〜

    高校時代、野球部のマネージャーをしてました。
    弱小チームで甲子園なんて夢にもならないチームでしたが。

    本当にうれしいですよね。
    数年前まで1勝したら、万々歳だったのに優勝ですよ。
    全国ニュースはアテネばかりだけど、道内ニュースは駒苫がトップですからね。

    でも本当に今年の駒苫はすごかった、強かった。
    みんなが集まって、「1番!!」て手を挙げる姿が感動でした。

    本当におめでとう!!

    ユーザーID:

  • 本当に素晴らしかった。

    25年来、毎年テレビにかじりついて高校野球を見続けてきたマニアックファンですが、これほどまでに感動した決勝戦は初めてでした。
    深紅の大優勝旗が「白河の関を越える」夢は悲願であり、ファンにとっても大きな期待でした。
    これまで甲子園での勝利がなかった駒大苫小牧がそれを成し遂げたこと。
    力強い戦いぶりと選手達のたくましさと爽やかさ。
    そして白河の関どころか一気に津軽海峡を越えた優勝旗。
    野球留学が当たり前になってきている時代の中、その偉業を道内出身選手だけで成し遂げたこと。
    北海道在住でも出身でもないけど、もう優勝の瞬間・校歌斉唱のシーンには涙が止まりませんでした。
    何でこんなに泣けちゃうんだろう?と自分でもビックリするくらい、後から後から涙が溢れてきました。

    駒大苫小牧の選手の皆さん、北海道の皆さん、優勝おめでとうございます。そして素晴らしい夏をありがとうございました。

    ユーザーID:

  • おめでとう!

    佐世保出身の者です!
    佐実は1回戦で駒大苫小牧に負けてしまいましたが、
    「どうせなら優勝してちょうだい!」と思いつつ見てました!
    なんだかとってもすっきりしてます!優勝おめでとうございます!!

    ユーザーID:

  • 練習は壮絶なものだったらしい。

    マイナス15度の外気温の下、雪かきしてグラウンドを何とか使える状態に戻し、ノックや補給練習したらしいですから。

    北海道の冬場の練習といえば、室内練習が常識。グラウンドが積雪で使えないからです。従って、グラウンドの勘が相当な期間培われず、道産子勢の弱さの一因ともなっていました。

    苫小牧は比較的雪が少ないのですが、それにしても積雪ゼロじゃないですから。オマケに気温が低すぎるし。よく耐え抜く事ができたもんだと、道産子の私は驚愕でのけぞりました。だって、いくら雪をよけても、地面は氷!ですから。バウンドもきつくなるし、転べば痛いし、状態悪いからバウンドも方向変わりまくりでイレギュラーし易くなるし。オマケに手は凍えてアカギレ起こすし。苦行に近かったと思います。

    室内設備だって外気とそう変わらないですしね。打撃練習の量も半端じゃないし、キツかったと思います。

    本州の「大半の」高校は、グラウンドはマトモですよね?冬場4ヶ月も継続してグラウンド練習できるんですよね?良いなぁ…羨ましいです。

    最後に、凱旋後の優勝報告会での、佐々木主将の勝利宣言。「日本一とったぞ!北海道やったぞ!道産子サイコー!」

    ユーザーID:

  • 最後は打撃力がモノを言う。(1)

    今大会も、打撃力がありながら打てず、涙を呑んだ強豪チームが、たくさん存在します。駒苫と対戦した横浜しかり(6-1)、済美と対戦した中京大中京しかり(2-1)。いくら超高校級の投手がいても、エラーが少なくても、点が取れなければ勝てない。まさに、攻撃は最大の防御です。その意味で、済美・駒苫は素晴らしいチームでした。

    しかし、彼らのコンスタントな猛打力の秘密は、何でしょうかね?

    少なくとも、金属バットのせいではないことは確かです(苦笑)。(時々問題視されますけど、変な議論です。金属に変わった途端全てのチームが打てるようになった訳じゃないし、散発で負けるチームも相変わらず多いのに。)
    そしてまた、今回北の国が打撃戦を制し、優勝したことで、気候条件が悪いから攻撃力が劣るというものでもない事も証明されました。

    やはり双方、メンタルな部分が、物凄く強かったんだろうなぁ。済美は諸事情による風当たり(春の優勝校でもありますし)をはね返してやる!という気迫があったし、駒苫は去年のリベンジ(雨で勝ち試合を逃した)という支えがあったし。

    (分けます)

    ユーザーID:

  • 最後は打撃力がモノを言う。(2)

    打撃力は、強豪なら大抵、それなりのものは持っているはずなので、最後はモチベーションの強さかなと。昔風の根性論の話じゃなくて、本物の前向きなヤル気という奴。そういう気持ち全開の、いい意味で本気のぶつかり合いだったからこそ、見ていてスカッとするような気持ちよさがあったんだと思います。

    全力投球の姿は、美しいんですね。条件や環境や設備や道具では決まらないって事、高校生の彼らが思い出させてくれました。決勝がそういう試合で、本当に良かったです。

    ちなみに今回の決勝は、打撃ばかり目立ちますが、エラーもほぼゼロと、守備も完璧でした。終盤に済美に1つだけ出ただけで、駒苫はゼロです。エラーで投手が調子を崩し、滅多打ちされるような「大味な」試合ではなく、投球・守備・攻撃 全てにわたり、最大の力を出せた。バントも確か全て成功。エンドランもほぼ成功。決勝ですからね、近年稀に見る快挙と言っても良いと思います。歴史に残る名勝負でしたし、何よりもリアルタイムで見れた事に本当に感謝したいです。

    ユーザーID:

  • 今思い出しても泣きそう

    横浜市出身ですが、神奈川大会で横浜高が勝ち進むと「またか・・・」という感じですね。おなかいっぱい。

    いや、もう、特にひいきのチームはないのでどこが勝っても負けても「きみたちはよく頑張った」とテレビの前で泣いている私です。

    決勝は、多くの人が駒大苫小牧を応援していたんじゃないかなぁ?ここまで来たんだから是非勝ってほしい!夏休み中だった夫と冷房の効いた部屋で応援していましたよ。甲子園球場まで電車で30分くらいのところに住んでいるので、観に行けばよかったな・・・。

    ユーザーID:

  • 熱かったです!

    優勝おめでとぅございます!
    北海道在住です。

    点をとっては飛び上がり、とられては、落ち込み、また応援し・・・。そのうち、対戦相手の高校も本当に粘り強くて、たたえたい気持ちと、本当に体の血圧が上がったり、下がったりしました。
    忘れられない優勝です。

    大げさですが、日本にたとえるなら、日本がワールドカップで優勝したくらいのうれしさでした!!!
    本当に、あんなに胸が熱くなることができて、うれしかったです。

    絶対忘れられません。この夏は!

    ユーザーID:

  • 今までは

    北海道の高校っていやぁ、今までは「初戦突破」でぎゃーがー騒いでいたのに、今回は優勝までいって、本当に嬉しい限りですよね。
    私は札幌生まれ札幌育ちなので、もちろん札幌の高校が勝ってくれれば嬉しいのですが、でも同郷として誇り高いです。
    今は札幌を離れて仕事していますが、会社の周りの人に、自分のことのように自慢してしまいました。
    「北海道出身」って、何だか響きがいいですよね(自画自賛)。

    ユーザーID:

  • 上甲監督も、香田監督も、幸せ者♪

    当日の中継では、優勝実績アリの監督さんが解説でこんな事を仰ってました。

    「決勝戦で、こんな名勝負ができる監督さんは、幸せ者です。」

    そうかも。攻・投・守、全てにわたって全力と実力を出し切れて、それも打撃戦で、更にソレを決勝戦で演じるなんて、滅多にない事ですもんね。

    日程が強行軍ですので、さすがに投手は第一回戦の時ほどの力は残っていませんでしたが、それでも、あれだけ投げられれば立派なもの。悠々で合格点です。

    エラーは、済美が終盤に内野ゴロを弾いたプレイ1つきり。しかも、そのエラーで直接得点された訳じゃなく内安打になっただけ。守備はパーフェクトに近い。ファインプレイも続出していたし。

    猛打の黄金の光で消されがちですが、守備のいぶし銀の輝きも負けていませんでした。と言うか、守備が光ったからこそ、攻撃のリズムも作れたんでしょうけど。

    守備がメチャで大量失点するゲーム(俗に言う「大味なゲーム」)ではなく、打撃戦&尚且つ鉄壁の守備という、これ以上はないほどの理想形。決勝戦⇒固くなる⇒エラーが出る&打てない、というのが普通なんですけども。大したモンです。

    ユーザーID:

  • 泣いた泣いた。

    駒苫優勝、本当に素晴らしい!良かった!
    高校野球でテレビの前で泣いたのは初めてでしたよ!
    しかも、全国から強い選手を推薦でとったのではなく、
    全員が北海道出身というのがすごいですね。

    でも、これで「北海道は雪が降るから野球は弱い」
    といういい訳は出来なくなりましたね。
    雪が降り環境が整わなくとも、優勝は出来る!
    駒苫はその前例を作りました。
    他の道内の高校も優勝を狙う勢いで頑張って欲しいです。
    がんばれ〜。

    ユーザーID:

  • もう、嬉しいですねえ!

    優勝翌日はもう会社は甲子園の話題で持ちきり。マラソン金メダルの話題などどこにもありませんでした。

    今でも甲子園関係の記事を読むと泣けてきます。ああ嬉しい。。

    甲子園は遠くていけなかったけど、北海道民皆で応援してたと思います。

    会社の向かいのデパートの「祝 優勝!」を見ると本当に泣けてくる・・・ううう。

    旭川の旭山動物園といい、甲子園といい、この夏は明るいニュースが多くて嬉しいですね。万歳!

    ユーザーID:

  • 千葉在住ですが。

    感動しました。北海道に勝たせてあげたい(おこがましい言い方でごめんなさい)とずっと応援していました。一応地元の高校も応援していましたが、出身校でもないし、練習なんかも東北や北海道に比べたら楽勝に好条件だろうし、気合も入らず。

    でも駒大苫小牧の生徒達の姿には感動しました。南の地方の人間には絶対に分からない辛さがあるはずです。(私も雪国在住の経験あります)本当によく頑張った!ついでにキャプテンが素敵でした!(笑)

    よく頑張ったよ!野球留学がなかった点もすばらしい。いやいや、いい試合だったですよ〜〜<決勝

    ユーザーID:

  • コマダイトマコマイ

    駒大苫小牧って言いづらいですよね。
    舌噛みそう。
    どこぞの民放局だと噛みまくりなんだろうな〜
    なんて思いながら見てました。

    ユーザーID:

  • 駒澤苫小牧は奇跡

    まず優勝おめでとう。

    ですが本当に奇跡だと思います。

    もちろん実力はあります。優勝しても全然おかしくありません。

    でも本当に北海道勢が優勝するなんて・・・

    今年の駒澤苫小牧は違うなと感じたのは日大三校、横浜に勝ったあたりからでした。

    応援はしてましたから「運が良ければ」とは思っていましたが

    応援はしてますよ。もちろん。だけど本音は
    「どうしたんだ?今年の駒澤苫小牧は?」という感じでした。北海道の人達も本音は「どうしたんだ?今年は?」という感じだったのではないでしょうか?

    野球留学なしにあれだけの力があるのならなぜ今まで話題にもならなかったのだろうと不思議でなりません。

    一回勝負がネックの高校野球ですがベスト8でリーグ戦やっても優勝するのではないかな?と思わせるようなチームでした。

    でも奇跡ですよ。あれだけのチームができるなんて。
    もちろん選手、監督の力や努力もあるでしょうけど。
    それにしたって・・・

    野球関係者をひっくり返すような出来事だったんじゃないかな?だって、けして「まぐれ」で勝ったんじゃないです。実力です。あれは・・・。

    これからも応援しています。

    ユーザーID:

  • そんな事どうでもいい

    何も言う事は無い、言う必要もない。

    私は野球が嫌い。

    サッカーが大好き。

    だけど、、、、

     駒大苫小牧野球部さま、この夏最高のプレゼントを

    有り難う〜〜、佐々木君〜〜、余市生まれの佐々木君〜。

    余市と言えば、ニッカウイスキーくらいしか知らないけど

    かっこよかったよ。

    守備も上手かったし、高校選抜選手に選んで欲しかったな。

    おめでとうございます。

    また春の選抜でまってるよ−ォー。

    ユーザーID:

  • 他の方も仰っていますが…ふりにげさんへ。 (2)

    (ちなみに北海道栄高校は、今夏、甲子園出場を賭けた南北海道大会決勝で駒苫と対戦したはずです。もちろん、駒苫がこれを降しております。)

    駒苫の室内練習場の規模ですが、50m四方です。案外小さいものです。まして室内ですから、とてもグラウンド練習の代替にはなり得ません。

    これで、どこをどう引っくり返したら、本州並みになると言えるのでしょう?雪かきしないとグラウンド練習もできないのに、吹雪の日はそれすらできないのに、練習できる日でも雪かきの分だけ時間をロスしているのに、これでどうやって?これのどこが、本州並みだと言うのですか?

    まさかと思いますが、室内練習場=ドーム球場と勘違いしていたとか、言いませんよねぇ?いくら私立でも、東京ドームや札幌ドームみたいなモノ、作れませんよ。野ざらしのグラウンドが精一杯です。まぁ、いくら何でも、その位は知っていると信じたいですけどね。(でも、この事を知っているなら何故、本州並みという表現が出てくるのか、理解に苦しみますが。)

    ユーザーID:

  • 何かで読んだ文章で、つくづく納得してしまう記事があった。

    「駒苫は恐ろしく飛びぬけた選手はいない。ただ、金太郎アメのように1番から最後まで途切れがない。」

    「金太郎アメ」って表現、凄く適切だと思う。本当に途切れが無かったもんな〜。

    トピズレかもだが、学校側もそろそろ、選手・監督をTV生出演させるのは止めた方が良いと思う。確か昨日も昼の3時代に生で出ていたが、3時代といえば練習真っ盛りの時間帯。もう3年生を外した新チームが始動しているのだから、練習のゴールデンタイムを中断させるのは如何なものか?新チーム始動は、日本のどこよりも遅いのだから、練習に集中させてあげるのが、本当のファンの祝意というものじゃないだろうか?

    もう、春選抜につながる秋の大会が間近。練習不足だと、いくら夏の優勝校でも勝てない可能性大。北海道は意外と強豪揃いだから、このままじゃ酷い事になりかねない。

    優勝時の主力は3年生だが、彼らは既にリストから外されている。旧メンバーの大半は国体で終了。新チームがメインなのだから、外部を遮断し、次に集中させるべきだと、私は思う。

    ちなみに私、道産子のくせに、最初は「トマダイ・コマコマイ」になってしまってました。たはは…。

    ユーザーID:

  • トピ主です!興奮冷めやらず!!

    あれからかなり日数が経っているのですが‥‥
    みなさんから頂いたアツ〜いレスを拝見し、また目をウルウルさせています(笑)

    いろいろトピが立てられている中、このトピに目を留めていただき、レスいただけて嬉しいです!!
    ありがとうございます!

    みなさん高校野球に詳しいだけあって分析がスゴイですね〜〜!!
    どなたかもおっしゃってましたが、ホントに「北海道高の優勝」は、自分が生きているうちにあるかないか(笑)‥‥
    体が震えるくらいの感動でした!!

    彼らは北海道に戻ってきてからも決して優勝にあぐらかくことなく、秋季全道高校野球大会の対戦校に向けて猛練習に励んでいるそうです!!

    関係ありませんが‥‥今時の高校生ってマユの手入れかなり行き届いてるんでね〜〜(笑)

    ユーザーID:

  • 金沢の人さんへ、えっと私も佐々木主将はカッコイイと

    思うので、気持ちはとっても分かる…ので、ちょっと書きにくいのだけど、でも一応。

    >また春の選抜でまってるよ−ォー。

    文脈から見て、佐々木主将へのメッセージかな?と思うのですが、彼は3年生なので、春夏甲子園は今回の優勝で終了です。春を目指す新チームのメンバーには、現3年生は入りません。

    駒苫新チーム(サイクル安打の林君が主将)へ向けてのメッセージなら済みません。

    ただ、国体に出るのは、旧メンバーです。それで高校での大きな大会は終了のはず。彼に限って言えば、今度は多分、大学野球でしょう。どうやら明治のセレクションは受けたらしいので、大学野球を希望しているのだと思います。

    でも、明治のセレは難しいので、100%明大とは限りません。あれほどの選手ですから、どこかには行けると思いますけどね。

    ユーザーID:

  • 感動を有難う

    道南生まれで米国ロス在住のものです。

    おめでとう、感動を有難う。

    真剣にプレイをする高校野球は大好きでしたが、北海道の気候は身をもって知っているので 北海道が優勝するとは 今まで思ってもいなかったので 吃驚するやら嬉しいやら 心からおめでとうと叫んでおります。

    近い未来社会人に巣立って行く選手の皆々さん どんな困難にも真っ直ぐ立ち向かって行くだろうなと そんな思いがしました。

    これからも 北海道に ひとつ ひとつ 良い事が
    訪れますように 願っています。

    感動を有難う。。。。。。。

    ユーザーID:

  • え〜とですね…金沢の人さん。

    > また春の選抜でまってるよ−ォー。

    ガッカリさせるようで書くのを少々ためらうのですが…。

    佐々木孝介君は3年なので、今回の夏の甲子園で事実上引退です。国体は夏のメンバーで戦いますが、それで終わりのはずです。あとは大学かプロか実業団ですね。

    春の選抜(正確には、今月半ばに始まる秋の道大会)からは、既に始動している2年主体の新チームです。もちろん、主将のポジションも、佐々木孝介君から林裕也君(横浜戦で史上5人目?のサイクル安打達成した人)へ、既にバトンタッチしています。

    多分、大学のセレを受けるんじゃないかなぁと思います。(そんな記事を読んだ覚えがあるので。違ってたらスミマセン。)

    ユーザーID:

  • 四球の時のバット/インタビューの時の態度

        「北海道勢、夏の甲子園で、初優勝!」

    あ〜もう、何度つぶやいても素敵な響き♪
    私も道産子なので、とても嬉しい出来事です。

    ところで私、初戦から見てましたが、
    プレイそのもの以外で「おおっ!」と思った事が2つ。

    1つは、四球の時。
    駒苫の打者は、脇にそっと静かに置いてから塁に出るんですよ。
    大抵は、ブン投げますよね?
    四球の場合、別に急がなくても確実に塁に出れるんだし、
    「何も、このタイミングで投げ飛ばす事ないのにな〜、バットが可哀相じゃん…」
    と、ずっと苦々しく思っていました。
    なので、凄く好感持てました。
    ま、好みもあるでしょうが…。

    もう1つは、勝利後のインタビュー。
    準決勝からは選手も直接マイクを通しますよね?
    その時の彼らの、大人顔負けの、どっしりした言葉選びと話し方に驚きました。
    きちんとした話し方ができる、という事は、とてもカッコイイ事だったんだなぁ。。。
    恐らく監督さんも、極端な勝利至上主義ではないんでしょう。
    香田監督の指導方針は記事で知りましたが、言葉通りのバランスの取れた指導をされているようです。

    ユーザーID:

  • この嬉しさは・・・

    本当に本当に嬉しかった駒大苫小牧の優勝・・・。
    野球に何の縁のない私も、優勝翌日のスポーツ新聞
    買っちゃったよ。

    久しぶりに「感動〜」という気持ちを味わいました。
    駒苫ナインと監督は、北海道にこの夏一番のプレゼントをくれました。

    でもこの気持ちは北海道民(出身者)でないと理解できないみたいです。

    北海道に住んでいる本州出身の友人たちは、
    「そりゃ嬉しいけど、どうしてそこまで喜ぶ?」「道民栄誉賞?そこまでしなくても・・・。」
    という感じらしいです。

    本州の方から見ると今回の道民の喜び方は大げさなお祭り騒ぎに見えるのでしょうか?

    北海道民の皆さん、駒苫の優勝、胸にこみ上げてくる喜びがありましたよね?

    雪の中で練習する選手の姿を想像するだけでも・・・。

    その気持ちは翌日の北海道新聞の一面に表されていたと思うのですが・・・?

    ユーザーID:

  • いい大会でした(写真集まで出したよ道新)

    本当におめでとう。
    今年はオリンピックのせいで、(主催しているはずの社まで)新聞記事の扱いが小さいため甲子園に通いましたよ。まったく、道新を見習ってほしいわ!
    苫小牧はどの試合も見ごたえがあり、お客さんも大喜び、応援もよかった!個人的には横浜戦の時の選手たちの様子が好きでした。

    そうそう、地元だと全試合テレビ放送が当然なんですが(番組の延長もするし、カットされることはほぼない)、他ではその地域の学校の放送しかされない事も多いんですよね。
    プレイ以外も。さんがそう思われるのも仕方がないのですが、高校野球は1回戦から全試合、勝利チームの監督インタビュー、選手インタビューは放送されていますよ。

    自分が球場に観にいった試合でも、解説やインタビュー見たさに録画しておいて後でまた見返してますから…たまに自分の姿もうつってたりしますしね。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧