親の顔色を見る子供

レス20
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

雨子

よく子供時代に「親の顔色ばかり見て自己主張が出来なかった。親には褒められたが、内心は不満でいっぱいだった。」
という方がいらっしゃいますよね。
私は子供の時、顔色を見ても見なくても父親に毎日ひどい言葉を浴びせられ続けていたので
「顔色を見る」という意味がよくわかりません。

ですが私の4歳の息子はよく私の顔色を見ているような気がするのです。
ここ半年ぐらいの間ですが、
息子はオモチャ等を買ってほしい時に私が「今日はダメ。」と言うと初めは激しくぐずるのですが
私が「こないだ買ったのがあるでしょ。」「今日は我慢して今度にしようね。」などと言い聞かせると
しばらくすると私の困った顔を見て「もういいよ。」とあきらめたように言います。
他にも一緒に手をつないで歩いている時に私が無口でいると「ママ、何か怒ってるの?」とよく聞きます。
「怒ってないよ。」と笑うと安心するようですが
頻繁に聞くので気になります。

息子は私の顔色を見ているのでしょうか?
また、幼児期に親の顔色を見て育った方、親にどういう態度で接してほしかったか等、何かアドバイスがあればお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 不機嫌な顔、という武器

    わたしの母も同じでした。わたしもそうなろうとするところでした。もちろん今も、自信はありません…。雨子さんは、旦那さんとふたりきりの旅行が楽しめますか?喧嘩なしで。

    何かいつも、文句を言ってませんか、旦那さんの好意に対して。息子さんがもしあなたより、彼女やお嫁さんをかばったらどうされますか?そうならないように、あなたは、不機嫌な顔、を使って息子さんをコントロールしてます。息子さんの夢も希望も潰す作業です。10歳あたりで完了します。あなたも、不機嫌な顔、でコントロールされてきたから。

    自分よりも幸せな職、結婚を妨害しにかかっているのです。私の母がそうなので、あなたのしている事は、わかります。手に取るように。この投稿を息子さんに見せるか、折を見て小さな頃の事をうちあけると良いのでは?最初は腹を立てられるかもしれませんが、きっとわかってもらえると思います。何度も、伝えるんです。こうだったと。用心してくれと。

    あと、ちいさな頃の体験を吐き出す事も必要だとおもいます、ノートにあらいざらい悔しさをぶちまけてみてもいいのかもしれません。わたしの母のような、見えない犯罪者にならないでください。

    ユーザーID:

  • 息子さんは顔色を見ているとは思うけど

    …特に問題ないと思います。
    なぜなら、トピ主さんが機嫌悪そうにしてても確認を取っているからです。
    これがもし虐待親だと、機嫌悪そうでも子供は話し掛けることが怖いのではないでしょうか。

    わたし自身はそんなに親の顔色をうかがう人間ではありませんでしたが、
    わたしがトピ主さんの息子さんであれば
    「ほんとに機嫌悪いわけじゃないんだけど、いつも暗い表情をしていたらゴメンネ。
    ママのこといつも気にかけてくれてありがとう」
    とか言われたら嬉しいかも。

    ユーザーID:

  • 追記です。(トピ主)

    子供の頃に父親にさんざん言葉の暴力を受け傷つきましたので
    自分の子供に対しては厳しい口調で話すことはしないようにしていますが
    例えば子供の飲みたいジュースを買った途端に「別のジュースの方が良かった」と言われたりするとイライラして「ちゃんと飲みたい方を言いなさい!!」ときつく言ってしまうことはあります。

    ユーザーID:

  • 母の顔色をうかがってしまいます。

    私は、3歳の時に両親が離婚しその後、父が再婚し現在の母に育ててもらいました。産みの母との記憶は全くありません。

    幼い頃から、母は実の母ではない。と知ってしまっていたため、母に愛されているという自信がなく、怒られたら嫌われてしまうのではないか、といつも不安でした。
    今でも母に対して顔色をうががってしまい、不安になったりします。

    私が子どもの時にして欲しかったのは、抱きしめたり、ひざに座らせて絵本を読んだり、スキンシップをたくさんして欲しかったですね。

    母は愛情を持って私を育ててくれましたが、もともとの性格から、スキンシップが苦手なタイプのようで、私は愛されている自信を持つ事ができませんでした。

    トピ主さんのお子さんが、黙っている時に怒っているの?と尋ねるのは、お母さんが怒っていると不安になるからだと思います。

    そういう日は、いつもよりたくさんスキンシップをしてあげるといいと思います。
    愛されているんだ。と実感する事で不安が取り去られ、顔色をうかがう事は少なくなるのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 40過ぎですが・・・

    かりんとさんと似ていたので思わずでてきました。

    うちの母も、子供を自分の思い通りにするため(しつけいのため)無言の圧力をかける人でした。近所の親しいオバサンからも例えばお菓子をもらうのに母の顔を反射的に見てしまうので「お母さんの顔を見なくていいよ」と10才ぐらいの時、言われたことを今でもはっきり覚えています。

    ただ自分よりも幸せな職、結婚を妨害しにかかっているのです・・・それはないとはおもいますが、あまりのうっとうしさに弟は親の反対する結婚を押し通し、事実上音信不通になりました。

    親の生活信条も独特だったので、私は他人と合わすことがどうしてもできず、いまだに独身です。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 今が大事

    はい、顔色伺って生きてきた人間です。一意見ですので、そういう意見もあるのねくらいでとどめておいてください。
     >私が「こないだ買ったのがあるでしょ。」「今日は我慢して今度にしようね。」などと言い聞かせると
    しばらくすると私の困った顔を見て「もういいよ。」とあきらめたように言います。
     自分は言い聞かせてるつもりでも、子供がどうとらえているかだと思います。「もういいよ」という言葉は、おもちゃのことだけじゃないのではないかな?いろんな場面でお母さんに訴えているのだけれどいつもそれが叶わないんじゃないのかな。あきらめることでしか自分の寂しい心をぼかすことができない、それを息子さんが学習してしまったらかわいそうです。
     息子さんは、すごくトピ主さんに愛してほしがってると思いますよ。「○○くん、好きだよー」とか、いっぱい抱きしめてあげたりだとか、小さな息子さんでも愛を感じられるようなことたくさんしてあげてみてはどうですか?(←私も、そういうことしてほしかったからです。)トピ主さんは最近どうですか?疲れてらっしゃいますか?息子さんもですけど、トピ主さんの気持ちも気になりました。

    ユーザーID:

  • 焦点が?

    かりんとさんは何かに触発されたのか冷静さを欠いているようで、トピ主さんの質問と本文がリンクしてませんね。「不機嫌な顔をしないで」みたいなことをかかれていますがいったいこれは・・・
     
    さて、トピ主さんの話には問題点が無いように思います。そもそも人が嫌なときに不機嫌な顔をするのはあたりまえですし、子供は親の顔色や態度から相手とのコミュニケーション方法を学びます。トピ主さんがオモチャをせがまれた時に「駄目!」と言いつつニコニコ笑っている方が怖いですよ。
    息子さんは齢4歳にして相手の気持ちをおもんばかる程成長されています。きっと良い気配り屋さんに育つでしょう。
    また、トピ主さんが理不尽な断り方をせずに、なぜオモチャを買わないのか等の理由を説明すれば、息子さんが殻に閉じこもるようなことは起きないと思います。むしろ自分で考えて正しい自己主張を行えるはずです。

    ユーザーID:

  • 大丈夫

    いわゆる”顔色を伺う”ではないように思います。
    お母様の、お顔の表情を見ているのだと思います。

    顔色を伺うというのは、同じことでも、そのときの親の機嫌によって対応が全く違うため、今は大丈夫かな?今なら怒られないかな?と思いながら、親を見ることだと思います。

    「怒ってるの?」と聞かれるとのことですが、お母様思いの息子さんなのでは。
    母親の顔(表情)をよく観察するのはどの子供でも同じだと思います。

    私自身も反省すべき点なのですが、眉間にしわがよった表情だと「怒ってるの?」と聞くようです。

    本当に顔色を見ているのなら、こういうときに「怒ってるの?」なんて聞かないと思いますよ。
    さらに八つ当たりされますから。

    同じことが、親の気分で、怒られたり(怒鳴られたり)、何も言われなかったりすると(逆に笑って流されたり)、子供の善悪の判断の基準は親ですから、親が不機嫌=悪いこと、上機嫌=善いこと、になります。
    そうすると、親の顔色が、子供の重大な判断基準になってきてしまいます。

    そうではないと思いますよ。

    お子さんをよく観察している謙虚で素敵なお母様だと思いました。

    ユーザーID:

  • ある程度は必要なのでは

    人の顔色を見るって、
    あまり良い意味で使われる事はないですが、
    社会に出たら、ある程度は必要な事なのでは
    ないでしょうか。

    トピ主さんもお勤めをした経験があるなら
    お分かりだと思いますが、
    上司の機嫌の良い日と悪い日を見極めるのも、
    自分を守る為に大切な事ですよね、
    空気を読むというか・・・。
    (学校の教師にも同じ事が言えるかも)

    お子さんは別に普通だと思います。
    私の中学生の息子も同じ様な感じでしたが、
    今はとてもひょうきんな子ですよ。

    ユーザーID:

  • 雨子さんの子供は

    「今日はダメ」って言われてもグズれるんだから
    それほど問題はない気がするけど、
    怒ってるって何回も聞くってことは少しは気にした
    ほうがいいかも。

    私の場合は、例えば親がパチンコで負けて帰って
    来たりして不機嫌な時(聞くまでもなく子供でもわかった)等、
    話しかけたりできませんでしたよ。家の中シ〜ン。
    それに欲しいものがあっても一回ダメと言われたら
    それ以上口にできませんでした。
    親の言うことが聞けないなら家を出て行けって
    小さい頃から言われてましたから、出て行く所が
    ないうちはずっと親の顔色見てました。

    ユーザーID:

  • 一貫性が無いから

    息子さんに対する態度が、同じ状況が出てきても「とても優しい⇔とても厳しい」の両方に揺れ動いたりしてるのではないでしょうか。

    自分のことですが、父も母も買い物に言って「ダメ、買わない」と一回言われたら絶対にダメ、
    再度聞くことも許されない雰囲気でした。
    一緒に歩いていても親が黙っているときは大事な事の考え事をしている時、邪魔は許されない雰囲気でした。
    話しかけてもいいけど相槌以上を期待してはいけないというような。
    とにかく「顔色を伺う」ことさえ出来ない関係でした。
    でも遊ぶ時には思い切り遊んでくれてたのでケジメには厳しかったのだと思います。

    ということでケジメをつけるべき所でふと優しくなったり甘やかす態度取ったり、前には許されたのに今回はダメと言われたり、そんな感じで一貫性が無いことが「顔色をうかがう」ことに繋がるのではないかと思いました。
    おもちゃの件で「もういいよ」の言葉は裏をかいているような、その言葉で逆に親をコントロール出来るかもの甘い期待心を表しているように思えましたので。

    ユーザーID:

  • 同じです。

    やはり私も子供にわりと厳しくしてしまいます。いつも忙しそうで不機嫌な顔。実際家事などをしている時に話し掛けられても話半分、顔もろくに見てないし。男の子の話って支離滅裂で、なんて受け答えしたらいいのやら、いつも母の私が暗くてかわいそうです。暇があったら、テレビをみたり、雑誌をみたり。男のコ二人ですが子供とはどうやって遊んだらいいのかよく分かりません。実際遊ぼうとすると兄弟喧嘩とあまりのワガママに注意ばかりで、私がいないほうが仲良く遊べたりするのです。

    ユーザーID:

  • 私も…(その1)

    小さい頃、私自身は伸び伸び育っていたつもりでしたが、大きくなってから母に言われました。
    「あんたはある時期から影があるようになった。私の顔色ばっかみてるって言われた事もあるよ。」
    母の顔色を見ていると言っていたのは、母の姉だそうです。
    考えてみると、「あ〜、何をするにも母の言葉が絶対だったからな〜。」と思います。
    例えば、親戚の家に遊びにいって、叔母に「コーヒー牛乳飲む?」と聞かれても、
    母からOKがでなければ飲んではいけないと思い、飲みたいという自分の気持よりも、
    母がその時どういう顔をしているかを気にしていたように思います。
    (我が家では子供がコーヒーや紅茶を飲むのはカフェインがあるからダメだと言われていたので…)
    父がOKを出しても、母からOKが出なくてはダメなんです。
    父は子供に甘い方ですぐにOKを出してくれるけど、
    結局、後から母に「ダメ」だと言われる事が多かったからだと思います。
    でも、それを窮屈に感じたことはありませんでした。
    母が了解しない事をしてないけないのは「当たり前(しつけ)」だと思っていたからです。

    ユーザーID:

  • 私も…(その2)

    そして、「当たり前(しつけ)」の事だと思えていたのは
    両親に沢山愛されているのを感じていたから、
    いじわるでダメだと言われているとは思わなかったからだと思います。

    こないだ私の結婚式で、友達と一緒に大口をあけて笑ってる私をみた母が、
    「昔の影がうそみたい!全〜然別人みたいだった!」と嬉しそうでした。
    母なりに、「影がある」と感じた事を、ずっと気にしていたみたいです。
    でも、子供は伸び伸び育ちますよ。私がそうでしたから。
    もしかしたら、どんな子も「顔色を伺う」という感覚は持っているのかもしれないですね。
    私も、母に言われなかったら、自分では気付きませんでしたから。

    長々と書いてしまって、どうもすみません。

    ユーザーID:

  • 試してるのでは…

    よくそうした事にお気づきになられましたね。感動してます。
    できるのは判るのに、それができないなんて悲劇ですね。なにが邪魔しているのか。
    お子さんは今、試す行動に出ているのではと思います。それは、大変な幼児期にもかかわらず、こうして雨子さんが振り返られる人生を過ごして来られたからの賜物だとおもいます。これは凄いことです。
    こうして書いていらっしゃるので、本当の気持ちはお子さんに伝わっています。でも当分、試しは続くと思います。
    わたしは出来る時に3日後日記というのをつけているのですが、雨子さんは、振り返ることは出来る状態ではありませんか?試しが続くあいだ岩月謙司さんの本もお読みになってください。ぜひ。amazonのレビューだけといわず…。母の嫉妬でスカートのはけない女性、父の愛情を思い残す女性、気がつくと赤ちゃんが足元で泣いてた。壮絶ですが脱出された方々の手記に大変励まされます。
    雨子さんが、はやく思う人生を歩めるといいです。
    お幸せをお祈りしています。

    ユーザーID:

  • 程度にもよりますが...

    程度にもよりますが、子供というのは大人の顔色をうかがうものだと思っています。自分もそうでしたし、自分の子供もそうです。
    子供と大人の間には、天地ほどの力の差があり(いろんな意味で)、子供は全面的に生活を親に頼っていることもあって、自分が子供の頃は、親の機嫌を気にしていました。自分の子供もそうだろうと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です。ありがとうございます。

    私も「怒ってるの?」と聞くのは不安なのかな?と感じていました。
    普段から寝る前などに絵本の読み聞かせをしたり「大好きよ。」と言いながら抱きしめますが
    そういう時はもっともっと今以上に抱きしめてあげたいと思いました。

    特に、ひろしこさんのレスには考えさせられました。
    確かに、出かけ先でオモチャやお菓子をほしがる子供の要求に対して「ダメ。」と却下することのほうが多いです。いいえ、ほとんどが却下でした。
    買ってあげようと思う日は、私の方から子供に「今日は(買っても)いいよ。」と提案していました。
    これ、子供にとって良くありませんね。自己主張できずに私の言葉を待っている・・・大反省です。

    みなさんのレスを読んで、子供にとってスキンシップやフォローがいかに大切かと今更のように感じました。
    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 親の因果が子に報い

    小言の多いお母さんと、叱られてばかりの娘がいました。
    「子供のくせに大人の顔色をみる」と言われて、
    また叱られました。
    それから四半世紀、娘は小言の多い母親になりました。

    3歳になる息子は、遊ぶとき、ご飯を食べるとき
    いちいち母の顔を見るのです。
    は〜、これが顔色をうかがうってことか〜。

    ということで、息子と目が合ったら、にっこり笑って
    うなづくようにしています。

    だけど、子供が親に遠慮しない、大人が子供のご機嫌を
    とるなんていう方が、あとあと良くないと思いますが。

    ユーザーID:

  • 駆け引きなんじゃ?

    トピ主さんの文章の感じですと、よくある場面ではないでしょうか。。。(もちろん無言の時にお子さんが気を使うセリフは抜かしてですがね)

    我慢させてしまっていると、おっしゃってますが、ここで我慢を教えなくて何時教えるのでしょう。
    親の状況でになってしまいますが、我慢しなきゃいけないときはいけないって教えるのも親の躾ではないですか?
    それに、全てを我慢させている訳でなく、ちゃんと自分で選べる機会も作っていらっしゃるようなので今までのやり方で大丈夫なのではと思いました。

    ただ、気になったのはどなたかも言われているように、失礼ですが御夫婦仲はどうでしょう?
    その親同士の会話に敏感に察知してお子さんは気を使っているかもしれませんよ。

    うちも子供が二人いますが、毎日が私との駆け引きです。
    子供もその駆け引きで、色々成長していってるんだと思います。トピ主さんのお子さんは一応駆け引きをしてコミュニケーションの練習をしているのだと思いますよ。
    完璧な親なんていません。

    お互い子育て頑張りましょう!!

    ユーザーID:

  • 親だって人間。

    うちにも息子がいます。
    トピ主さんの発言レスを拝見して
    うちも同じような感じだと思いました。
    特に買い物に出かけたときは同じです。
    私が主導権を握っています。

    でもそれはお金を払うのは親なので
    仕方がないのではないでしょうか?
    うちは小さいのでお小遣いはまだですが、
    お小遣いは自分で使い道を決めたらいいけれど
    家のお金は家計を持ってる人間が決めるのが
    いけないことなのでしょうか?

    暴力的(虐待など)なことで顔色を見ながら
    生活する事はいけないと思いますが、
    トピ主さんくらいのことならOKなのでは・・・
    何でも好きなようにさせてもらって
    周りの空気を読めない子になるよりかは
    ある程度は周りに合わせるため我慢が
    できる子に育った方がいいと私は思います。

    その上で子供が自己主張をすることは
    否定しないよう気をつけていけばいいのでは
    ないでしょうか。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧