なんにでもタバスコ、唐辛子!!

レス38
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

フッキー

・・・というような人、最近見かけること多くありませんか?
「個人の好みなんだからどうでもいいでしょ!」と言われるとたしかにその通りなのですが・・・。

この前はちょっと名の通った洋食屋に行ったら、隣りのテーブルのカップルが、コーン・ポタージュにタバスコをどばどば!ビーフシチュー(ここのドミグラスは絶品なのに・・)に唐辛子を見えなくなるくらい!

なんだかな〜という感じでした。何かの本で、味覚で一番単純なのは辛味である、というのを読んだことがありますが、ただ辛ければいいのかしら??
私も辛いのは好きなのですが、もとの味を消してまで辛くしたいとは思いません。
皆さんの周りにはいませんか〜?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いますいます!

    私の周りにもいますよ。

    会社のお昼にランチを食べに行く時には、いつも
    バッグに「一味唐辛子」「タバスコ」の瓶がが入
    ってます。

    ところかまわず外食先でも出して、食べる前にか
    けているので、味なんてどうでもいいんでしょう
    ね。常に店員さんからも変な目で見られるし、今
    では一緒に外食はしません。

    食事のマナーの問題でもあると思うんですよね。
    食べる前に味を変えるなんて、作ってくれた人に
    悪いと私は思います。そんなことは全く頭にはな
    いようで、そういう合わない人とは食事も一緒に
    行っても気分悪くなるだけです。

    ユーザーID:

  • うちのだんながそうです

    なんでもかんでも、タバスコやチリペッパーをかけます。
    味噌汁にも、真っ赤になるほどかけます。
    パスタやさんは、タバスコがあるかないかで選びます。
    カレーも、口から火がでるほど辛くしないと喜びません。
    本人は、「カプサイシンは体にいいんだよー」と言っていますが、
    塩分のように体に悪いということはないんでしょうか??心配です。

    ユーザーID:

  • あぁ。

    雑誌のモデルとか、バッグの中身紹介ページとかでバッグにマイ一味唐辛子入れて持ち歩いてま〜す☆とか結構います。私も去年までハマッてました。
    ハマるきっかけは美味しいからというより、辛いもの食べると痩せるってのがあったような気がする。
    それで慣れてくると、ガンガンかけても平気になっちゃうんですよね。
    たぶん過剰に辛くして食べるのは若い女の子に多いはず。
    男の子とかは、ダイエットなんてあんまりしないから
    本当にスパイスとして使ってると思う。
    だから、異常に辛くして食べるブーム?の背景には痩せ願望があると思います。

    ユーザーID:

  • すいません・・・

    わたしズバリこうゆう人です。理由は単純に「痩せたいから」です。カプサイシンでカロリーを相殺できるようなきがするのです。「すこし心が病気なんだな」と思って許してください。食べたものをすべて吐く人よりはマシな状態なんだと思ってください。

    ユーザーID:

  • かけてから言うな!

    友人と二人でひとつのピザをオーダーしたとき
    待っている間、話をしながらもすでにタバスコを手に持ち
    やってきたとたんタバスコドバドバ!
    一本使い切ったんじゃないかと思われるくらいなのを
    唖然として見ていたら、
    「いいよね?」「はあ?」「タバスコ」

    そんなにかけて美味しいんだろうか。
    私も辛いの嫌いじゃないけど限度ってもんがあるじゃろう。
    ちなみにその友人は和食のおかずに何にでも
    醤油をかけます。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 辛いもの好きです

    でも、何にでもかけるという事はしませんが。。。
    香辛料に限らず、味見する前に好きな調味料(マヨネーズとか)をドバドバかける人いますね。

    いろんな味を味わうのが食べる楽しみでもあるのに、もったいないと思います。

    ユーザーID:

  • 人の好み

    レストランで大声で喚いて迷惑、とかならまだしも、トピ主さんに迷惑をかけてる訳じゃないんだから、気にしなければよいのでは?

    なんか他の人の趣味に必要以上に干渉する人多いわ。
    いちいち人の食べ方ととかチェックしてるわけ?咀嚼音がうるさいとかゲップがイヤ、ならまだわかるけど、他人の調味料の量まで監視されてるとはね。挙句「一番単純な味覚は辛味」てのを持ち出して、さも「自分は舌が肥えてるけど、香辛料つかう類の人間って辛けりゃいいって感じで下等よね」って言いぶり。

    「日本って…」とか言いたくないけど、日本で外食するとこんなことでまで文句言われるのね、って思う。こんなくだらないとこまでチェックされてるのってどうよ?

    ユーザーID:

  • ごめんなさい、大好きです

    タバスコ、ドボドボ入れちゃう方です。唐辛子も何にでも加えます。味気ない料理も、辛味を加えることで、ぐ〜んとおいしくなるような気がします。思うに、辛いものを食べなれていると、だんだん辛さに鈍感になり、「もっと!もっと入れないと物足りな〜い!」状態になってしまうのでは?私にとってはクリームソースにタバスコは誰が何と言おうと必需品!です。

    ユーザーID:

  • はい、私です

    チリ、大好きです。

    トピ主さんが見かけたカップルの様に、何にでもという訳ではありませんが、チリがあるとおいしい料理の時には沢山かけちゃいます。周りもビックリするくらい。

    でも不思議な事に、元の味が分からなくなる事は私は無いですね。私の中の味覚が、きちんと味を分別しているのでしょうか…。

    ところで、チリはかなりの量をかけても大丈夫ですが、ワサビやマスタードなどのカラシ系は、食べられますけど苦手です。鼻に抜ける痛さが耐えがたい!涙も出るし。

    ユーザーID:

  • いますねぇそういう人。

    同感です。
    私もピリ辛味好きですけど
    そこまでしたいとは思いません!

    仰るとおり、辛みは元の味を引き立てるもので
    元の味を殺すのはどうかなと思います。

    その方は多分、どこかで
    カプサイシンダイエットの話でも聞いたのでしょう。

    唐辛子を過剰に取ると、胃腸壊しますよね?

    同様にして、
    なんでもかんでも醤油をかけて食べる人いますが
    あれも見ててなんだかな〜、です。
    私の夫もそうなんで、醤油をかけて欲しくないものには
    たいてい前もって「これは味ついてるからね」
    と言います。

    ユーザーID:

  • 横からすいません

    ゆてさん、カプサイシンは脂肪燃焼に効果がありますが、取っただけでは脂肪は燃えませんし、カロリーを相殺することはできませんよ。
    カプサイシンを取って運動すると効果抜群ですよ。

    ユーザーID:

  • 病気です

    強烈な辛味なしでは、食べ物を美味しいと感じられないのは、Zn、Mgなどの不足で感覚器(神経)に異常をきたしているから、と聞きます。

    はっきりタバスコ1本も使うような人は、病気です。一度内科で検診した方がよいでしょう。

    ユーザーID:

  • 好きでしょうがないなら..

    もうハマってしかたがない!って言う方なら個人の問題ですから別に気になりませんが、ダイエットの為だけと言うならトピ主さんと同意見です。

    >>ビーフシチュー(ここのドミグラスは絶品なのに・・)に唐辛子を見えなくなるくらい!

    きっとその方がと唐辛子好きなら
    コンビニのビーフシチュー+唐辛子=おいしい
    絶品のビーフシチュー+唐辛子=絶品!においしい
    なんでしょうね。


    ひたしい人で、なんでも醤油かける人もいますが、味が分からないのでは無く、すごく美味しい物=醤油をかけたらもっと美味しい!らしいです。

    よその家や、お店屋さんでもこっそりばれない様なら良いけど、堂々とドバドバかけられたら作ってる人も何だか嫌な気分になりますよね、きっと。

    ユーザーID:

  • 気をつけましょう

    唐辛子の辛味成分は、摂りすぎると舌の表面を荒らし、味を感じる味蕾というのを破壊するそうです。
    唐辛子やタバスコなどの刺激物を食べ過ぎたり、毎日食べ続けていると味蕾が破壊され、
    一度失った味蕾はもう二度と再生しないそうです・・

    そのためどんどん薄味では物足りなくなり、最終的に味覚障害になってしまう人もいます。
    あとずっと続けてると、歯そうのうろうや口の中に癌ができるリスクも高くなるそうです。

    また、 唐辛子は実は中毒性もあるようです。辛いと言う感覚はもともと痛覚らしく、
    多量に辛いものを食べると、痛覚をやわらげる為脳内からドーパミンが放出され快感に変わるのだとか。
    このドーパミンを得る為にまた辛いものが食べたくなる・・・らしいです。

    しかし、唐辛子も適度に摂れば体に良いと思いますので、せっかく美味しいものなんですから、健康的に、摂りすぎないように気をつけたいですよね。

    ユーザーID:

  • 好みはいろいろ

    そういえば、大学時代ランチしていて、隣に座った留学生がお味噌汁にタバスコをどばどばっと入れるのを見て驚いたことがあります。箸が転がってもおかしい年頃だったので、一緒にいた友達とくすくす笑っちゃったなあ。
    でも、私も海外なんかで味のないお料理を出されるとお醤油をかけたくなるし、やっぱり好みは人それぞれでいいと今は思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさん、賛否両論ありがとうございます。
    別に隣の席を監視しているわけじゃないんです。
    だけどなんか気になっちゃうことってありますよね?
    そんな(どーでもいいこと?)ことも聞けるのが発言小町のイイところだと思っています。

    だけど、本当に衝撃だったんです(笑)タバスコ、唐辛子の半端じゃないかけかたが!!だって、1,2分は連続でタバスコの瓶をしゃかしゃかしてるんですから。

    健康面に関しては専門家ではないのでわかりませんが、唐辛子大好き国のひとつであるお隣、韓国では胃癌の発生率が高く、唐辛子の過剰な摂取が原因では、と言われているそうです。

    英語で辛いをhotと言いますが、言い得て妙だなと思いました。hot=熱い→痛感神経刺激
    やはり味覚というよりも痛覚なのでしょうか?

    ユーザーID:

  • 麻薬中毒なのです

    「(唐辛子系の)辛さ」というのは痛覚なのです。
    人間は痛さを感じるとそれを和らげるために
    βエンドルフィンという脳内麻薬が放出されます。
    そして脳内"麻薬"というくらいですから、
    どんどんエスカレートしていくわけです。
    結果、タバスコドバドバ状態になります。
    かくいう私も脳内麻薬中毒者の一人で、
    今では普通のタバスコでは満足できず、
    タバスコの何倍もの辛さのホットソースを
    ネットで買って使ってます。
    ちなみに「これは食品でなく添加物として
    使用のこと」や「一人で使うな」
    などの注意書きがあります。

    ユーザーID:

  • 辛いの好き

    辛いのはやみつきになるんですよ〜

    しかし、タバスコどばどばは、辛いというよりあの酢の
    味だらけになって、味がわからなくなりますね。

    タバスコで辛くするのに限界を感じたので、辛くておいしい
    調味料を求めて何万円もつぎこんだ結果、ハバネロ唐辛子
    100%粉にいきつきました。
    http://www.thesweatshop.com/productdetails.aspx?pid=4286

    これは純粋なチリパウダーなのでいろんなものに使え、
    風味も合成くさくないさわやかな辛さです。
    辛さもうまみもたいしたことないチリドッグなどに
    当たったとき、これを持っていると有難味が身にしみます。

    私は取り寄せてますが日本では市販されてないんだろうな
    きっと…

    ユーザーID:

  • ご主人が心配なぶー子さんへ

    先日、フジTV「ごきげんよう」に出演していた北村総一朗さんが、ダイエットの為にタバスコだか何かをかけていたら、一緒にいた髪の薄い芸人に、辛いものはハゲるよと言われたそうです。
    その芸人に言われたら説得力有りすぎで、かけるのをやめたと話をしていました。


    辛いもの(熱いものも)を食べると体が熱くほてる、特に頭や顔に汗が吹き出る程という体質の男性は、火山地帯に木が生えにくいのと同じで、大事な髪の毛が抜けやすかったり育ちにくくなったりするようです。
    おでこが広くなってきた方は、やはり汗かきが多いと思います。
    ちなみにインドの伝承医学アーユルベーダでは、そのような体質を「ピッタ(火)」と言います。

    ぶー子さんのご主人は、かなり摂り過ぎのようですね。
    「体にいいんだよー」と言い張る男性に、髪が抜けるよと言えば大抵は摂り過ぎるのをやめますので、ご主人にもそう言ってみて下さい。

    他の方々も極端な摂り過ぎには用心して下さい。
    胃潰瘍や痔になってからでは遅いです。

    ユーザーID:

  • 逆に

    何にでも醤油!
    どんな料理にもクリーム・バター!
    ・・・って思われるケースも、多分ありますよね。

    ユーザーID:

  • 失礼な人です

    友人を食事に招いた時、食べる前におひたしに醤油をかけるのを見て、失礼な人だと思いました。
    タバスコも唐辛子も、一口食べてみてから「ちょっと味が足りないかな?」という顔でかけるなら許せますが、いきなりかける人には、ちょっと軽蔑のまなざしを投げちゃいます。

    ユーザーID:

  • 韓国人は?

    日本食ってそんなに辛いものありませんけど、韓国、タイ、メキシコ、etc.、世界にはから〜い食事を毎日、一年中、いや一生、食べて生活していく文化があるのです。 人の好みは千差万別。 因みに、私は日本の海苔巻より韓国の海苔巻がとっても美味しく感じます。

    ユーザーID:

  • エスカレート

    するそうですよ。
    物足りなくなってくると聞いた事があります。

    個人の勝手と言われればそうでしょうが
    元の味を壊すくらい辛いものをかける人って
    繊細な味なんて分かるのかなぁと思います。

    舌が馬鹿になっているとしか思えません。

    ユーザーID:

  • 味を変えるほどは嫌ですね

    私も辛いものは大好きですけど、辛くても良い料理・・・つまりカレーとかタコスとかベトナム料理やタイ料理が好きです。ホット系の辛さは大好きですがわさびやからしの鼻がつーんとする辛さは苦手です。普通には使いますが過剰には使いません。

    私は、人が自信をもって作った料理を味を変えてしまって食べるのがもったいないし申し訳ないのでしたくないです。実際、自分が作った料理にされたら嫌ですもの。

    うちの夫が、私が作ったパスタソース(トマトやミートソースなど)にはパルメザンチーズをドバドバ入れてチーズの味しかしないほどにして食べるのですごく悲しいんです。決して美味しくないから味を変えてるわけじゃなくて、チーズが大好きだからだそうです。

    せっかく”今日のはとってもうまくできた”と思っていても目の前でそれやられるとかなりショックです。。。

    ユーザーID:

  • 辛党以外にもたくさんいるよ

    >ただ辛ければいいのかしら??
    私も辛いのは好きなのですが、もとの味を消してまで辛くしたいとは思いません。

    トピ主さんは「もとの味を消してまで」と書かれてますがなぜ辛党ばかりを批判されるの?コーヒーや紅茶に砂糖やミルクをドバドバ入れないと苦くて飲めないという甘党は?これもコーヒーや紅茶本来の味を甘味でなくしてしまってるのでは?サラダにドレッシングをたっぷりかけないと野菜を食べられない人は?これも野菜本来のおいしさがわからなくてドレッシングを食べているのでは?、生クリームに蜂蜜あふれるばかりにして食べないと気がすまないとか、何にでもマヨネーズをかけないと気がすまない人とか、全てにおいて醤油を使わないと気がすまないとか、すべて個人の嗜好問題ですよ。味覚障害かもしれませんが本人の問題です。そういう人と食事をして気分を害するなら二度とその人と行かなければいいだけの話です。

    ユーザーID:

  • 病気ですか?

    先日メキシコ人8人とホテルのレストランで食事をしたのですが、店中のタバスコを使い切っていましたよ!

    ユーザーID:

  • 放っとけば?

    どうせ、「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉も知らないような、極端なタイプなんだろうし、言っても気にしても治りませんもの。身内や親友でもなきゃ、私なら気にしません。大体、こっちが無理強いしてる訳でもなく、本人が好きでやってる事なんだし?まして、辛味は単純の極地だなんて、そんなどっちでも良い事、考えもしないと思います。

    それより、そんな場面が気になってしょうがない時には、大抵、まず健康のことを考えないか?あんなにブッかけて身体壊さないんだろうか?って。

    トピ主さんよ、どっちでも良いゴシップ的な発想で面白がるの、やめたらどう?発想がすでに陰険だよ。

    典型的な、陰口大好き人間だね、トピ主さんって。こういう人間が同僚になると、一番鬱陶しいんだよな〜。

    ユーザーID:

  • 私もそう思う

    本当に多いですねぇ。何でもかけてしまう人。
    昨日の昼食で社員食堂で見かけました。
    わかめうどんのどんぶりに真っ赤になるまで七味と一味の唐辛子をかけて、おまけにサイドメニューのいなり寿司にも七味唐辛子をかけてる女性社員がいました。
    傍目で見ていて、「この人の味覚はマヒしているのかぁ」と思ってしまうくらい。
    その社員食堂のタバスコや唐辛子の消費量はすごく伸びたのかな、と思いますね。(詳しいことは判らないけど)
    それに以前ソウルに行ったときに食べたキムチは日本で食べたキムチより辛さがまろやかというかやさしかったように思います。
    学生時代の友人で在日韓国人の男性に聞いたら、日本の唐辛子とは違うとのこと。
    韓国の人達はキムチはたくさん食べますが、他にも美味しいものもたくさんあるようですね。
    結局は、何かTV番組に踊らされているような気がします。
    「カプサイチンで痩せよう」というフレーズで。

    ユーザーID:

  • 美味しさの分からない人

    料理人のことを考えると私はタバスコなどの卓上調味料を使う気になりません。作品としての料理を台無しにすると思うからです。
    美味しい料理の仕上げに必要なら料理人が使います。

    ご自分で味見をして満足げに提供した料理を、もてなしの相手が調味料を沢山加えて味を変えたときに悲しくならないのでしょうか。 私は料理人の作品を味わいたいのでタバスコやコショウ、しょうゆ、ウスターソースを初めから加えることはありません。

    タバスコや唐辛子、コショウを大量にかける人は味覚障害と思われます。辛さが強いことが美味しいと食べているのは料理の美味しさが元々分からないからなのでしょう。

    ユーザーID:

  • 別に良いのでは

    本人は味覚の違いが判っているのではないでしょうか?インドやタイのカレーはとんでもなく辛いのがありますが、一般日本人に判らない味の違いを彼らは一発で言います。韓国の方々は、例えばインスタントラーメン等、唐辛子で真っ赤ですが、彼らも味の違いを理解します。。何人かの方が言われているように、辛味が味覚機能を破壊するなら、インド、韓国、南米諸国のかなりの人が味音痴になるはずですが、そういうことはないようです。

    自分と味覚が違うからといって、色眼鏡で見るのはやめましょう。アメリカで、僕はグルメのアメリカ人に「日本の醤油は、塩味しかしない。」と言われ、驚きました。日本人が塩味の濃い醤油味の中に違いを見出すように、唐辛子味の中に、味の違いを見出す人がいるだけのことでしょう。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧