• ホーム
  • 働く
  • 実務経験『2年』と『3年』の価値の違い

実務経験『2年』と『3年』の価値の違い

レス15
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

社会人2年生

社会人2年生です。私には昔から夢(産業翻訳士)があります。でも就職活動で「一度は企業経験を積んだ方が良い」とアドバイスを受け、私自身も一度企業で働いてみたかったので、大卒後は現在勤める会社に入りました。今の仕事は語学とは関係ない経理です。職場の人には恵まれています。でも自分が極めたい世界だとは言い難いです。そう思うと将来も考えて、早々と会社を辞めて、翻訳方面に移ろうかと考え中です。アルバイトや派遣からでもいいので、希望分野に接しながら、再勉強したいと思っています。

ただ、ひとつ気になるのが、新聞などの求人広告や転職した先輩から、正社員は「実務経験3年以上」が条件の企業が多いとのこと。翻訳の道に進んだとして、再び正社員として企業に属したいのか、フリーになりたいのかは、まだわかりません。でも出来るだけ選択の幅を広めておきたく、そうであれば、今の仕事を3年は続けるべきかなぁ、とも思うんです。たかだか1年の違い、されど1年は別の道に進もうとすれば、とても貴重な時間です。かといって、実務経験が浅い、と思われたくもありません。実際、雇用の世界では2年と3年に価値の違いがあるのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です。

    どなたかご意見をくださる方、いらっしゃいませんか?
    よろしくお願いします!

    ユーザーID:

  • 勘違い?

    勘違いされているかもしれないなーと思って、書き込みします。
    求人で「実務経験3年以上」とあったら、一般的には募集されている職種で3年以上の経験があること、という意味です。
    社会人経験が3年以上ということではないです。

    実務経験が2年と3年では違うのか?については、職種にもよると思いますが、1年の差は大きいと思います。
    だいたい1年ぐらいは仕事を覚えて、2年めぐらいで慣れてきて、3年めぐらいでノウハウを掴む、といったところじゃないでしょうか。

    どうしてもその道に進みたいなら、早めに進路変更してもいいと思いますが、悩んでいるなら今の状態をもうしばらく続けてもいいんじゃないですか?
    何事も真剣にやっていれば、ムダになるということは絶対にありません。

    ユーザーID:

  • 正確なところはわかりませんが

    石の上にも3年との言葉があるように、1通りの経験や
    知識を積むのに3年はいい区切りなのではないでしょうか?
    私の仕事もキャリアアップする為の認定資格の受験資格には実務経験3年・5年はありますが、2年というのはないです。

    トビ主さんが本当にやりたいことがある、と言うのはわかるのですが、悪い言い方をすれば1つの職場で3年もたなかった人(やる気がない・根性がない)という見方も出来るのです。

    私が以前パートの面接をしていた時にも、勤続年数の少ない人は注意してました。
    結果的にもすぐ辞めて次の職場を捜す人も多かったように思います.
    知りたい内容と違ってたらごめんなさい

    ユーザーID:

  • あなたの意思次第

    私は今、企業内翻訳・通訳者として勤めていますが、
    新卒で入った会社では違う職種でした。
    でも、翻訳の仕事をしたい!と思ったので
    実際の翻訳者の方々に相談したり、
    自分でもいろいろ考えた結果、入社2年目で退職しました。

    理由は翻訳では必ず経験年数が問われるので、
    なるべく早くから経験を積みたかったからです。
    その後はまず派遣として外資系企業の
    技術関連部署に入り、実務経験を積み、
    今は転職して翻訳・通訳として正社員で働いています。

    やりたいことが確固たるものとしてあるのならば
    転職の時にはっきりと退職理由も言えるわけだし、
    勤続年数にこだわる必要はないと思います。
    ただ、自分として気になるかどうか、です。
    私も今の会社に入る時に勤続年数の短さを
    突っ込まれるかな、と思ったのですが、
    経緯とか話したら全然問題ないと言われました。

    希望の職種でなかったとはいえ、
    最初の会社での経験は私にとってはずっと貴重です。
    なので、今は経理の仕事をされていても
    社会人として踏み出したその会社での経験はプラスになると思いますよ。頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 週末起業など…

    何を成し遂げた人なのか、
    という点で言ってるのではないでしょうか。
    勤続年数に関わらず、他に何かこれをしたというもの
    そしてもう一点、重要なポイント。

    何を準備してきた人なのか。

    いま準備していること、
    これだけの事をしました、っていう点があれば、
    いいんじゃないかなって思います。

    週末起業という本をよく見かけますが、
    2年経ちますし、余裕のある感じがしています。
    まずそうした活動から入ってみてはいかがか?
    有給とって自分で営業して仕事とってくるとか。
    なによりの勉強になりますね。
    もうされてらしたら御免なさい。

    あと、もう一歩という感じにドキドキしました★
    楽しみですね〜!

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • トピ主です。

    ご意見どうもありがとうございます。
    「実務経験」が何の業務でも良いわけではなく、
    次の転職先などで求められる業務に関する
    実務経験年数だとは知りませんでした。
    (知識不足でお恥ずかしい限りです。)

    いろいろ考えたり、人に意見を伺っていますが、
    やはり少なくとも3年は、
    今の仕事を続けていこうと思います。
    もちろん夢への挑戦と勉強も、
    仕事との両立は大変だけれども、
    焦らずゆっくり進めていきたいです!

    よ〜し、がんばるぞっ!!!

    ユーザーID:

  • >みかんさん

    現役の翻訳士の方からの経験に基づくアドバイス、
    大変貴重なものです、どうもありがとうございます。
    もし、まだこのトピをご覧になられるようでしたら、
    ひとつ質問があるのですが。。。

    実務翻訳士としての毎日はいかがですか?
    これから実務翻訳士を目指す私に、
    何か勉強方や生活で「こうしておいた方がよい」という
    お話がありましたら、ぜひお聞かせください。

    よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:

  • 1年半弱で転職しました

    トピ主さんと同じく、新卒として企業に就職し、1年半弱で他業種である翻訳業に転職しました。

    「実務経験○年以上」という場合、募集職種が翻訳者なら「”翻訳”実務経験○年以上」を意味することが多いと思います。翻訳業なら、単に企業に所属していた年数を気にする会社は少ないと思います。

    トピ主さんの場合「翻訳未経験者可」というところをお受けになるのがよいのではないでしょうか。翻訳は実力主義ですから、未経験でもトライアルの出来がすばらしければ採用されますよ。

    もし翻訳のアルバイトなどの経験があれば書類選考から面接までそれをアピールしていきましょう。フルタイムでなくても「キャリア」のうちになります。

    がんばってくださいね!

    ユーザーID:

  • >やきとうふさん・りんさん

    >やきとうふさん
    暖かい励まし、ありがとうございます。
    レスが遅くなり申し訳ありません。
    >あと、もう一歩という感じにドキドキしました★
    >楽しみですね〜!
    のお言葉、やる気の素になります。
    夢に向けて一歩ずつ、がんばりますっ!


    >りんさん
    お礼のお返事が遅くなりました。
    貴重なご意見・体験談をどうもありがとうございます。
    もし、まだこちらをご覧になることがありましたら、
    みかんさん同様、現役翻訳士の立場から、
    今後に向けて準備した方がいいことや、
    勉強法などがありましたら、ぜひ教えてください。
    よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:

  • 二年の三年の違い

    単純に社会人経験2年と3年の違いですが、
    2年目までは、自分の仕事を自分なりに出来るようになったと言うだけ。
    3年目に、後輩が自分の下に入ってきて、
    教えたり、指示したりと言った事で、
    より業務を深く知り、社会人経験としても、
    ぐっと増してくると思います。

    後は、やっぱり、2年までなら耐えれても、
    3年も耐えれない、、3年耐えたのなら大丈夫、と言ったニュアンスも。
    (耐えると言う言葉を使いましたが、
     仕事のしんどい面ばかりでなく、継続することの難しさも含めて。)

    ユーザーID:

  • 参考になれば

    わたしの場合、産業翻訳でなく文芸やメディア翻訳が主なのですが、「翻訳者」に共通して必要なものは下記のようなことかな〜と思います。あくまで私見ですが参考になさってください。

    〔たぶんすぐできること〕

    ・資料を揃える。専門言語のいちばん信頼できる大きな辞書、大型の国語辞典、自分が特化したい分野に関連する事典や資料。辞書類は高いですが、思い切って投資を!百科事典もあると便利ですが、図書館で閲覧してもいいでしょう。

    ・ネット検索に慣れる。複数の検索エンジン(海外含む)を使いこなせるようになる。

    ユーザーID:

  • 参考になれば(2)

    〔ゆっくり鍛えること〕

    ・語学力。基本ですね。弱い分野があればスキル・アップしましょう。とくに文法は大事です。

    ・読み手の側に立って文章を書くことを心がける。「自分が常識」と思い込まず、たとえば「30代くらいの男性ならどういう文章が読みやすいのかな?」「医療関係者だったらこの単語はそのまま使えるけど、一般の患者さんが読むんだったら注釈がないと意味が分からないかも」とか、想像力を広げてください。童話、ティーン小説、ビジネス専門書、女性週刊誌では、それぞれ文体や言葉の書き方がちがいますよね。産業翻訳なら朝日新聞や日経あたりの文体が参考になるかもしれません。

    上記に自信がもてるようになれば、もうトライアルを受ける準備はバッチリです。あとは実地でスキルを磨いていけます。

    トライアルは締め切り前日までに終わらせて、送る前にもう一度冷静な目で見直してから出すのがおすすめです。がんばってください!

    ユーザーID:

  • 会計関連翻訳のスペシャリストは?

    私は元コンピューターインストラクターで今は技術翻訳をやっています。

    「今の仕事は語学とは関係ない経理です」と書いていらっしゃいますが、とんでもない!少なくともあなたはその分野の翻訳を専門分野にできる可能性を持っているのです。どれだけ翻訳学校で勉強してもその分野の実務経験があるのと無いのでは翻訳の質は全く変わってきます。

    翻訳と一言で言っても、どんな分野でも翻訳できるわけではありません。自分の専門分野を持つことが大切です。今やっていることはけっして無駄ではありませんよ。がんばってくださいね!

    ユーザーID:

  • がんばりますっ!

    >くみぼぉさん
    どうもありがとうございます。
    確かに2年目で仕事の流れがわかり、
    3年目で人に伝えられるようになるんですよね。

    実務経験は同業種の場合、気にする企業等が多い
    ということをおっしゃられる方もいますし、
    そうなると異業種に行こうとしている私にとっては、
    やはり「3年耐えた(頑張りきれた)!」という
    達成感(?)を感じたいかどうか、という
    自分の中での気持ちによるんでしょうね。
    参考にさせていただきます。

    >りんさん
    再びお返事をありがとうございます。
    りんさんのアドバイスはきちんとメモして、
    一歩一歩がんばっていきます!
    仕事を今すぐ辞めるかどうかは、
    もうしばらく考えたいと思います。
    ただ、通信教育で勉強してる翻訳がとても楽しく、
    このまま仕事として学びながら日々を送れたら、
    と日に日に夢への気持ちは高まる一方です。
    分野が違うとのことですが、りんさんも
    文芸分野などで益々ご活躍されますように。

    ユーザーID:

  • >わおきつねざるさん

    別の視点からのアドバイス、ありがとうございます。
    残念ながら私は経理の仕事を
    どうしても好きになれないので
    (実際、体調を崩した時期もありました)、
    これを専門分野にしようとは思っていないのですが、
    無駄になる経験は決してない、とのお言葉、
    とても心に響きました、がんばります!

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧