• ホーム
  • 子供
  • 妊婦に冷えは大敵!と言われるのは日本だけ?

妊婦に冷えは大敵!と言われるのは日本だけ?

レス34
(トピ主0
お気に入り1

妊娠・出産・育児

在米元妊婦

他のトピを見たり、私が妊婦だった時に日本の人からよく言われたのが、絶対にお腹を冷やしてはいけない、ということでした。妊婦雑誌などにも、冷やすと羊水が増えるとかお腹が張るとか書いてありました。

でもこれ、アメリカでは言われたことないんですよ。場所によっては冬はかなり寒くなりますし、アジア人だって沢山住んでいます。ちなみに私のお医者さんもチャイニーズの方でした。本にも、冷やすななんて書いてない。下着はビキニをずっとはきましょう、新たに買わなくて良いから経済的です、とか夏はヘソだしルックを奨めてたり・・・。

私のお医者様も水泳がとても良いと奨めてくれたし、むしろ冷たい水は良いけれど暖かいホットタブ(お風呂)はダメ、というのをよく聞きました。今でも不思議で仕方ありません。小町には、色々な国に住んでいらっしゃる方がいるようなので、聞いてみたいです。皆さんの国で、妊娠中はお腹を冷やしちゃダメって言われましたか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 日本だけじゃありません。

    私がいるところは、、、

    スイカ、ダメ
    マンゴー、ダメ
    えび、ダメ
    かにダメ
    冷たい水、ダメ
    バナナ、ダメ
    ついでに出産後の洗髪一ヶ月ダメ、です。

    だいたいは、体の冷えに起因しているそうです。

    更には、体を温めるために出産後は、しょうがご飯、しょうがスープ、しょうが、しょうが、です。

    ふぅ。。

    ユーザーID:

  • 私も不思議に思ってました!

    私もアメリカですが、思ってました。
    妊婦のヘソだしの多いこと! 最初はたまげたけど、今ではすっかり慣れましたね〜。
    ミニのワンピース、素足にサンダルもよく見かけます。真冬でも。

    不思議に思って聞いてみたことありますが、特に冷やすなとは言われていないようですね。
    中国人の妊婦さんにも聞いてみたけど、同じでした。

    単純に妊娠してると暑いからなんでしょうね。
    でも、ヘソだしで歩いてると、何かにぶつかったらどうしようって私の方がハラハラします。

    ユーザーID:

  • 北欧でも

    北欧に住んでいました。
    夏も結構涼しいのに、へそだしルックの妊婦さんたくさんいましたよ。
    わたしが「冷えちゃうんじゃないの?」と聞いたら、「日本じゃ妊婦はお腹を冷やしちゃいけないの?」と逆に驚かれました。

    妊婦のへそだしルックを「みっともない」と言う人はいても、冷やしちゃいけないという概念はないみたいでした。
    コーヒー大好きな国民でしたけど、「がまんして薄めたコーヒーを飲むようにしてる」とは言っていましたね。
    国によってほんといろいろですよね〜。

    ユーザーID:

  • 妊婦に限らず

    お腹自体は冷やさない方がいいものだと思います。それは男性も同じです。特に女性は冷えは大敵と言われます。冷え性は妊娠しにくいと聞いたことあります。妊婦だと赤ちゃんに影響出そうな気がします。

    ユーザーID:

  • アメリカですが同じ

    私も在米なので妊娠出産こちらでしましたが、やはりトピ主さんと同じで、「冷え」に対して気をつけるように言われたことはありませんでした。
    むしろ私のお医者さんは「体が熱くなりすぎないように気をつけなさい」と言ってました。
    例えばお風呂やスパに入りすぎたり、過度なエクササイズをして体温を上げすぎると、お腹の赤ちゃんに悪い影響があるかもしれない、と。
    逆にこれって日本では言われてないんでしょうか?
    日本で出産経験が無いのでわからないんですが、国によって違うことってたくさんありますよね。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 土地の人の体質とか?

     日本人って、やっぱり冷え性の人が多いのだと
    思います。アメリカ人で冷え性って、あまり
    聞いたことがないし、いつも赤い顔して
    暑そう・・。
     食べ物から来ることが多いのでしょうが・・。

     これ以外にも、細かいことではちょっと違う
    こともありましたよ。
    妊婦ってむくむから、水分は制限するものかと
    思っていたけれど、こっちでは、むくみのことなど
    一つも言われずに「水分をたくさんとって、
    体内の循環をよくしましょう」とか言っていたり。

     土地柄によるものもあるようですよ。

    ユーザーID:

  • 外国人は基礎代謝が高い

    コーカソイド、ニグロイドは、我々モンゴロイドより基礎代謝が高くて、体温(特に体幹温度)が高いのだそうです。手術なんかしても、テキトウな縫い方でも傷口ふさがるし。医学でヨーロッパなんかに留学すると、「こんな状態でも死なないなんてスゴイ!」「この縫い方でくっつくなんてありえない!」なんてことばかりだそうです。

    そういえば、日本人だったら絶対凍死してるような場所で寝てて平気な酔っ払いもけっこういました。

    多分、相対的に、体温管理に関しては、東洋人は彼らよりも「よりよく」気をつけなければならない、ということなんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:

  • イギリスでは

    とにかく水を一杯飲めといわれました。体内を綺麗にするそうな。あと腹帯とかガードルとかは体を締め付けるからつけるなとも。暑がりの私は冬でも結構薄着でいっつも素足でしたわ、そういえば。

    ユーザーID:

  • 日本ですが

    海外ではなく日本の話なのですが、病院では「腹帯をしなさい」「おなかを冷やさないように」などの指導はありませんでした。

    妊娠雑誌には、確かに「羊水が増える」「お腹が張る」の記述があります。
    しかし、二人の子持ちで2回とも、切迫早産で入院もしましたが、どちらの病院でも、「冷え」については何もありません。

    医学的にはかなり体温が冷えた場合に起こる症状と、民間でいわれていることとが、混ざっているのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 東洋医学

    気温の暑い、寒いでなく、体の『冷え』についてうんぬんするのは、それが東洋医学から来ているからです。実際問題として、真夏の妊婦はあっつーーーい! 姑に妊婦用腹巻をプレゼントされましたが、冬の終わりの時点で収納箱入り、それ以来取り出したことがありません(お義母さんごめんなさい、でも添い寝しているとあったかいんです)。

    最近はアメリカやヨーロッパでも東洋医学的考え方を取り入れている人は多いですから、そういう人たちは日本以上に足湯をしたり、安産のつぼを押したりいろいろやっているようです。

    ユーザーID:

  • 冷やさないようにするのは、お腹ではなく足と腰!

    そうでなくても、妊娠でお腹が大きくなると足の付け根に当たる部分(ソケイ部)が圧迫されて血行が悪くなります。
    その上、足を冷やすと益々血液循環が悪くなって、むくみやお腹の張りの原因になります。

    腰も冷やすと血の巡りが悪くなります。また、臨月に近くなれば、腰に負担がかかるので、冷やすとそれだけ腰痛の原因になります。
    お腹を出しているよりも、冷房が効いている場所での素足にサンダルや薄いスカート一枚の方が冷えます。

    お腹を出していても、下はパンツだったり、足元はソックスだったり、スカートの下はスパッツをはいていたりした方が冷えないです。
    「冷やさない」指導のない国では足元も涼しげですか?

    ユーザーID:

  • 長寿国の理由

    日本の女性が世界で一番の長寿な理由に、
    妊娠中やお産後に体を大切にするから、
    という説があるそうです。

    ユーザーID:

  • そうだったのか・・・

    二人目妊娠中です。この夏の猛暑、たまらなかったです。それなのに、「腹帯ちゃんとしてる?」とか、「お腹冷やさないようにね」とか度々言われて、苦笑してしまいました。裸でいても暑いのに、あんな分厚い腹帯なんてできるわけがない!それに、こんなに暑いのにどうやって冷えるの??

    腹帯が蒸れてあせもや湿疹ができて皮膚科に通っているという話を聞くたびに、「腹帯しなければいいのに・・・」って、思ってました。

    私は冷え性ではないし、お腹をしめつけておさえる(安定させる)よりは、ゆったりしておいたほうが中の子供も気持ちいいだろうという勝手な考えで、腹帯なんてしてません。上の娘がいるので、この夏も大きなお腹で子供プールに通ってます。友達に驚かれますが。

    このトピ見て納得。

    ユーザーID:

  • そりゃあアメリカとは違いますって。

    赤ちゃんのミルクだって冷蔵庫の牛乳を冷たいままほ乳瓶に入れて飲ませる、出産も外来で一人で産んで赤ちゃん連れて帰る、という国なんですから。

    冷やすなというのは東洋の民間医学でしょう。

    ユーザーID:

  • トピ主です1

    皆様、レスありがとうございます!

    アジアからさん> すごいですね。これら全て身体を冷やすからという理由でダメなんでしょうか。バナナも?バナナのカリウムは、妊娠後期に足がつるのをなくす為に良いと言われ私はよく食べていました。やはり日本と近い国では、似たようなところがあるのかもしれませんね。

    NOLAさん> そうなんです。冷やしちゃダメなんて全く言われませんでした。羊水は温度が5度くらい高いので、暖ためすぎると赤ちゃんが苦しくなる、と本には書いてありました。

    かなさん> ヘソだし、やっぱりいますか〜。妊娠前の服を普通に着て、ヘソ出しにしてるんですよね。臨月妊婦さんなんて、おへそが裏返ってても平気で着てます。なんか目のやり場に困っちゃったりします。

    亜弥さん> ん〜、こちらではそういうふうに言われないから不思議に思ったんです。ほんっとに誰にも(医者にも、経産婦さんにも)言われないし、本にもネットにも書いてないんですよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です2

    Sallyママさん> そうそう!私もネット等で調べたんですが、日本のサイトではそんなこと書いてなかったです。うちの母なんて、お風呂に入ると赤ちゃんがよく動いて喜ぶ、なんて言ってたんですが、もしかして、暑くて苦しいから動くんでは??とちょっと怖かったです。

    カクタスさん> 私自身は冷え性なのでいつも厚着をしていたんですが、日本だと、冷え性じゃない人でも関係なく、とにかく冷やすな〜〜!!って言われませんか?

    キラさん> 先にも書きましたように、私の住んでいるところはアジア人がものすごく多いし、お医者さんも中国人なんですよ。日本人も多いし、日本人女性の出産の特徴なんかも説明してもらったんですが、冷えについてはいっさい何も言及されずじまいです。特に気をつけなきゃいけないなら、何らかの説明があるはずですよね?暖めてはいけない、とは言われたのですが・・・。

    ユーザーID:

  • トピ主です3

    じゃーすさん> 同じです。本には水分を沢山とれと書いてありました。そういえばこれも日本だと、むくむからダメ、って書いてありますね〜。

    ぷんさん> 病院で、言われなかったんですか〜!貴重なレスをありがとうござます。日本のお医者さんは、必ず靴下をはくこと、とかお腹の上までくる下着をつけること、とかうるさいと聞いていたし、ネットのお医者さんのサイトでも、冷やしちゃいけないと書いてあるものがありますけど、最近は言われなくなったのかもしれないですね。

    むかし妊婦さん> なるほど、東洋医学ですか。私もツボについては病院の出産クラスで習いました。でも、羊水の温度が母体の体温より高いことはどう考えられているのだろう、と新たな疑問が浮かんでしまいました・・・。

    ユーザーID:

  • 横ですが・・・

    日本でも 水は飲んだほうがいいといわれてますよ
    特に妊婦は喉が渇くので いつもよりも飲んだほうがいいぐらいです
    (私もかなりの量のんでます)

    むくむのは塩分の取りすぎです
    結構誤解している人多いですがね・・

    ユーザーID:

  • まぁ、中国医学というところですかね

    米国でもようやく着目されだした中国医学の考え方です。まだ一般の米国民に浸透していない(主として金持ちだけが利用していた)ので、なじみがないだけです。

    中国医学というぐらいですから、影響を受けた韓医学、漢方(日本)もその考え方を持っている訳です。

    判りやすく言えば、冷やす=活動の沈静化や停滞→正常発育に支障が出る、ということです。もちろん専門的にはもっと深い考え方が根底にありますが、ここでは割愛させていただきます。

    いま米国は、このような代替・相補医学の考え方をEBM(Evidence Based Medicine)として、明確な科学的根拠を見出し自国に取り込もうと莫大な資金をつぎ込んで研究が進んでいます。

    日本はといえば…、本場であるはずなのに情けない限りの状況です。

    ユーザーID:

  • トピ主です4

    妊婦さん> お腹、と書きましたが下半身すべてのことです。NOLAさんもおっしゃっているように、ひらひらミニワンピ+素足にサンダルの人が真冬だろうが冷房が効いていようが、います。私は予定日まで水泳をしていましたが、水、冷たかったですよ。暖めちゃいけないということで、熱いシャワーも浴びず、寒いまま家に帰ってました。

    ららさん> 確かに日本人女性は長寿ですね。冷え性は多いけど、お産前後は暖かくするから長寿・・・?ますます混乱してきそうです〜(笑)。

    ユーザーID:

  • ベトナムでもそうみたい

    ベトナム人の女友達も妊娠中ずっと「くつ下履きなさい」と私に言っていました。ベトナムでもおなじこと言うんだなあ〜と思ったことがあります。

    でも確かに冷えは女性にとってあまりよくないと思います。今良くても年とったときに、支障がでるのではないかと思います。

    ちなみにアメリカでは、熱すぎるからジャクジーは妊婦・幼児禁止です。日本では、温泉禁止ではないですよね?

    ユーザーID:

  • 人間はお腹で放熱する

    タイトルの事はエアロビのインストラクターに言われた話です。
    体温が高くなり熱がこもった時でも、お臍の辺りは冷たいものです。
    それは放熱の為で、お腹を出す事は、体温が高い妊婦さんにとっては、理にかなっています。

    私自身は医師や助産婦さん、ナースに「お腹を冷やしてはいけない」とは一度も言われた事無いし、腹帯もしない、真冬でも裸足、(フローリングにソックスは滑って危険だったから)外出時もタイツこそ履いたけど、分厚いソックスは買ってもいない。
    それでもちゃんと二人無事に生まれましたよ。
    自身が暑がりだったせいもあるけど。
    いわゆる、昔の考えがいまだにはびこってんじゃないかと思います。

    ユーザーID:

  • 日本人は特別じゃない

    中国人の産婦さんと同じ病室になりましたが
    彼女は出産後、数日たって病院の許可が出たのにずっとシャワーどころか髪も洗いませんでした。
    中国では産後「水は厳禁」とのこと。
    韓国でも産婦は1ヶ月以上水仕事を避けるように言われます。(洗濯、食器洗いなど)
    韓国は床暖房ガンガンでも薄着はさせてもらえません。
    日本だけが何でも特別とは思わないでください。

    ユーザーID:

  • 日本の文化っていいですよね

    オーストラリアです。
    私もお腹は暖めないようにって注意されました。
    お風呂に入るのも37度以上のお湯は禁止されました。37度って超ぬるま湯、、。
    もちろん無視して熱い湯に入ってましたけれど。
    あたたまり過ぎると羊水の温度が上がって胎児に負担がかかるとか。腹帯なんて絶対禁止ですよ。

    こっちには可愛いマタニティが売っていません。
    妊婦達は普通のTシャツを普通に着ているので、あたりまえのように腹が出ます。

    日本と全く違うことばかり言われ(体重もっと増やせ!とか)混乱しましたが、基本的に日本人なので日本の習慣を尊重しました。
    息子は元気に育ってます。

    どなたかがおっしゃってましたが、妊娠中に体を大切にするから長寿であるって、納得です。

    ユーザーID:

  • 体を冷やすな

    と言われました。
    お腹の子供のためではなく
    妊婦自身の産後の体調の為にと。。。。
    このときに冷やすと
    更年期に入ってから辛くなるよ〜って
    本当かな?

    ユーザーID:

  • あのぅ

    二回目ですが・・・

    私も病院でおなかを冷やすななんていわれたことないですよ
    むくむから水分を控えるようになんて聞いたことも見たこともありません

    母親には「靴下はきなさい」とは言われますが

    マタニティスイミングは日本でも一般的です
    ご存じないようですね

    ユーザーID:

  • 横レスですが・・・

    アメリカの友人は 「赤ん坊を真夏以外の時期に裸足にしてはいけない 足から病気になるのよ」と言います 

    家の娘達がベビーベットの上で裸足でいたりしても 靴下をはかせろとしつこいです

    反面 私が娘達のお腹が出ないように気を配っていると 「お腹は出してもOKよ」って
    お腹を出したくらいで風邪は引かないそうです

    ユーザーID:

  • 思い出した事

    高校時代、生物の先生が
    「白人は日本の普通の湯船に浸かって出てくると、体温が逆にどんどん下がってしまう。だからこんなぬるま湯に!と思うくらい低い温度でないと入れない。」
    と教えてくれました。
    確かに黄色人種は高温多湿に順応した性質だから、寒い地域に順応した白色人種とは体質が違って当然だな、と思った授業でした。

    そう言えば数年前、通勤時によく見かけたサラリーマンさんは。
    そろそろマフラーしてもオッケーかな?という時期でも、半袖シャツにネクタイでした。
    …真夏の通勤姿だよ!
    本当に寒さに強い人種で、逆に暖めると駄目なんだろうな〜と納得させられる風景でした。

    ユーザーID:

  • 早産..今は元気な大学生です!

    20年前に出産したものですがちょっと参加したくなりました。
    私の場合は冷えが元で早産してしまったのです。
    梅雨の時期、雨に濡れて身体が芯から冷えてしまい段々お腹が張ってしまい家に帰って寝ていたら夜に出血してしまいました。
    お医者さんはこんなんでは出産にならないから大丈夫なんて言っていたのに陣痛がきてしまいました。
    その時は8ヶ月でしたが絶対安静にしていたのに出産になりました。
    その時のコンデションも悪かったのかもしれませんが(疲れとか)冷えは怖いと思いました
    日本だけというより母体に冷えは良くないのでは?
    横かもしれませんが...失礼しました。

    ユーザーID:

  • 諸説は色々ありますが

    アトピーの要因のひとつに「内臓を冷やす」と言うものがあります。昔中国や韓国、日本では氷入りの冷たいものは飲みませんでした。
    腸を冷やすことによって、免疫機能が弱くなるんだそうです。冷たいものをがぶ飲みすれば、胃を押し上げている子宮にも冷たい感覚が伝わり、赤ちゃんを守るために胎脂(胎児につく白いもの。母体が冷えなければそんなに付いていない)も厚くなります。母体の免疫能力が弱くなれば、胎盤の異物濾過も弱くなるのではないでしょうか。
    東洋医学では腰や足首を冷やすと、内臓に疾患が出やすいとされています。アメリカは知りませんが、ヨーロッパでもあまり冷たいものは飲まないそうです。
    冷蔵庫で冷えたジュースにさらに氷を入れる・・・これは日本人くらいなのかもしれません。
    中国の友人に「子供に冷蔵庫のジュースを飲ませるなんて。お腹壊しちゃうよ!」と叱られましたが、下痢とかではなく免疫の話だったのか、後に子持ちになってから納得しました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧