こらぁ、待てぇ〜、ルパ〜ン

レス34
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

斬鉄剣

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「俺の名はルパン三世・・」

    ぜひこのトピで質問させてください。

    私も旧ルパンファンです。しかし皆さんよくタイトルまで覚えてますね、さすがです。それにしても当時の小学生によく親が見せてくれてたな、、としみじみ思う今日このごろです。

    それで、ふと、うん十年ぶりにあの冒頭のセリフを言ってみようと思ったら、やっぱでてこない。 エンディングの歌は、よく自分の子供の子守り歌にしてたので、じゃあ今晩は別バージョンで、、、となったら真っ白に。思い出せなくてきもちわるい。

    トピ主さんはじめ、覚えてらっしゃる方、ぜひとも書き込んでくださいませ。

    覚えてるところをちょこっと書きますと、、
    「俺の名はルパン三世。かの名高き怪盗ルパンの孫だ。世界中の刑事たちが俺に血眼。ところがこれが、捕まらないんだなあ。
    次元大介俺の相棒。、、、、?
    (五右衛門ととっつあんはぜんぜん記憶なし)
    謎の女峰不二子。敵なのか味方なのか、この俺にも分からない謎の女(だったかな?)、、、、、、、?」

    よろしくお願いします。

    ユーザーID:

  • モンキーパンチもいい

    原作も好きです。ルパン小僧や、何代も先のルパンたち(次元の子孫は煙草じゃなくてチュッパチャプス)の話もいい、
    ルパンがはじめて生みの母に会って「おかあたま〜!」なんていうのも面白い。

    モンキーパンチの思いつきのようなところも多くて笑える。銭形、ルパン、不二子は同じ大学だったとは有名な話ですね。
    次元は、その祖先がルパン1世からのルパンファミリーで、ルパンとは幼馴染だったとか、結構いい加減なことも・・・。

    初回ルパンシリーズの人気は、フィギュアの世界でほとんどリンダやプーンまでの脇まででていてすごい。
    銀波不二子がお気に入り。

    ユーザーID:

  • モナリザの微笑

    モナリザのフェイク画をたーくさん描く
    余命幾ばくも無い画家さんとの話が良かった。
    あんたのモナリザは本物だぜぇ、じーさん
    とかってルパンが言うと
    じーさんは、ありがとうよ、と言いつつ死ぬ・・・
    しかし不二子ちゃんとじーさんの
    ペテンだった!と言うようなオチだったかな。
    でも毎夏TVで2時間ルパンやるけど
    近頃、不二子ちゃんの声痛くないですか?
    微妙に20代の声じゃないですよねぇ(笑)

    ユーザーID:

  • 次元が大好き

    ルパン三世、好きです。

    初期ルパン三世の渋さも好きだし、
    新ルパン三世は子どもの頃から馴染みがあったせいもありますが、
    コミカルで好きです。

    「ルパンVS複製人間」は面白いですね。
    映画の内容とはそぐわないようなエンディングもツボ。
    三波春夫さんの「お〜れ〜はルパ〜ン〜だぁどぉ〜♪」

    キャラで言えば次元が一番好きです。
    小さい頃は五右衛門派だったのですが、
    大人になってから改めて見直したら、
    次元にメロメロでした(笑)

    カリオストロ・・・はルパンと考えると物足りないですが、
    宮崎作品として考えれば良い作品だと思っています。

    新ルパン三世の
    タイトルがうろ覚えなのですが、
    「次元の中に男の優しさをみた」
    の話が好きです。

    他にも面白い話がいっぱいありましたが、
    タイトルが出てきません。うーん残念!

    ルパン三世のテーマが未だに色んな形で
    歌われたり、演奏されてるのを見ると、
    名曲だなぁ、と思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • 間違えてましたぁ・・・

    不二子・LOVEさん<
    私の早とちりで、不治の病=キャサリンの話と思ってしまいました。馬鹿ですみません。
    それにしても、このトピ、何回レスしてるんでしょう、私。あんな作品もあったとか思い出すたびに書いてしまって・・・。馬鹿ですみません。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 横男。さん

    私もはまってます。

    主題歌を聞くだけでドキドキします(笑)

    ユーザーID:

  • >たけさん

     たけさん、有難うございます。
     検索して、教えてくださった「シェイクスピアを知っているかい」も、シスターとお花(バラ園)が出てくることがわかりました。

     「神様が…」だけでなく、他にも私のあやふやな記憶に合致するお話があるなんて驚きました。
     それにこちらはとてもシリアスなお話のよう…
    詳しいストーリーは検索ではわかりませんでしたが、「シスターが死んでしまう」ということに(残念ですが)なってしまいそうな雰囲気ですね。

    「神様が…」と「シェイクスピア…」、こうなったら何がなんでも探して観ます!

    ユーザーID:

  • ハリウッド板は・・・

    不二子・LOVEさん<
    次元とキャサリンの話ですね、たぶん・・・私もタイトル忘れましたが、金庫がインベーダーだったので、インベーダー金庫は開いたか?だったと思います。最後に次元がキャサリンの寝室の自分の昔の写真を打ち抜いて、昔みたいに食うか食わずでも生きろみたいなこというやつでしょうか。

    あと、ハリウッド板は、アニメに忠実にするらしいですよ。ゴエモンが、アメリカ人からみた変な日本人みたいにならないといいです。ルパン役は、ニコラス・ケイジがやりたがってるとか。でもどっちかと言うと彼はとっつぁん向きかなあと思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • PART3で・・・&トレードマーク

    あまり人気のなかったPART3シリーズですが、大好きなゴエモンの印象に残っている台詞があります。お話は、ルパン、次元、ゴエモンに、隠し子がうじゃうじゃいたというもので(もちろん後で本物の隠し子じゃないとわかりますが)、その中で、ゴエモンも初めは隠し子の存在を否定できず、でもルパンに「お主はともかく、拙者と次元は計算が合わん」と言う台詞。計算が合わないと言えるのだから、やっぱゴエモンも生身の男なのね、と思いました。
    ゴエモンは女がらみの話し多いですね。女に斬鉄剣取られたテレビスペの「炎の記憶」では、金庫の暗証番号をすぐれた動体視力で打ち破り、カジノでも動体視力生かしてスロットで次元と大もうけしてました。銭形もその作品ではかっこよかったです。
    それぞれのトレードマークやくっついて回るものものもいいですね。
    ルパンは青、赤、ピンクのジャケット、ワルサー、車。次元は、帽子と煙草と、コンバットマグナム、水虫に虫歯、バーボン。ゴエモンは、剣に、着物とふんどし、ラジオ、日本酒。銭形は、コートに裂きイカなどのおつまみ、灰皿いっぱいの吸い殻、十手、縄付き手錠、カップラーメンかなあ・・・?

    ユーザーID:

  • 名作・・ではないかもしれませんが

    私も参加させてください。ルパン(特に30分のテレビシリーズ)はどれも好きです。

    私が個人的に気に入っているのは、タイトルはわかりませんが次元のトレードマークでもある帽子に関するものです。

    実は次元、同じ帽子をたくさん持っていてそれらを一気に10個以上を鼻歌交じりに洗濯しています。するとどこからか敵がすべての帽子をダメにしてしまいます。
    次元はこの帽子がないといつもの正確な射撃ができなくて。。という内容のものです。

    あと、五右衛門の斬鉄剣(ざんてつけん)が切れなくなった・・・というシリーズもあったと思います。勘違いかもしれません。

    個人的には昔の初期の絵が大好きです。

    ユーザーID:

  • やっぱり旧ルパン!

    みなさんのを読んでいると懐かしい〜!
    わたなべさんの「第3の太陽」の書きこみに、めちゃくちゃ反応してしまいました。あれはナンともせつない話でしたね。

    個人的に好きなのは、
    「タイムマシンに気をつけろ!」
    魔毛狂介大好き!最後、ルパンが江戸時代の農民の扮装するところ、似合いすぎで大爆笑でした。

    「魔術師と呼ばれた男」
    不二子ちゃんの昔の彼が出て来る話です。怪我した不二子ちゃんが裸にシーツをかけた格好で横たわっている姿に、小学生の私はかなり衝撃を受けた覚えがあります。

    あと、題名は忘れましたが泥棒村が出てくる話。人が来ると貧乏くらしをしている村人も、帰ったとたん天井から下がっているヒモをひっぱり一転して豪邸に早変わり、というシーンを覚えてます。

    旧ルパンの良いところは、なんと言ってもラストの歌ですよね。「あし〜もとに〜・・・」。心を揺さぶられるような歌声にいつも胸をしめつけられてました(小学生だったのに)。

    ユーザーID:

  • 旧ルパン人気凄い!

    ルパンといえば宮崎ルパンのほうが一般的だと思いますが、
    旧シリーズの人気は凄いですね。

    私の一押しは、
    ルパンファミリーが明確になっておらず、裏切り者には死!のシリアスさ漂う、
    『雨の午後はヤバイぜ』と、
    後のシリーズで知られる憎めないワルの印象が強い、
    『罠にかかったルパン』です。

    ユーザーID:

  • しんちゃんで(横です)

    先日、「クレヨンしんちゃん」で
    「襟の裏よ・・・」という台詞が使われていましたよね。
    親子で「あーカリオストロの城だ!」って・・・
    子どもも一緒に見られるのは「カリオストロ」だな〜

    ユーザーID:

  • >みやさん

    子供の時からン十年(笑)ルパンファンです。
    今ではうちの子ども達もファン。

    みやさんがおっしゃているのは、
    セカンドシリーズの
    「シェイクスピアを知っているかい」
    かもしれませんよ〜。

     わたしが一番好きなのは、ファーストシリーズと
    映画「ルパン対複製人間」かな。ルパン達がクールで渋いです。

    そこへいくと最近のテレビスペシャルは...(以後自主規制。。(苦笑)

    ユーザーID:

  • ルパン〜ルパン〜ルパン〜

    で始まる初版は、現在では放送禁止用語の嵐でもう再放送はされないでしょう・・・残念ですが!

    あの独特な雰囲気がいいのですがね!

    ユーザーID:

  • 凄過ぎ

    思っていた以上に実のあるレスをたくさん頂き感謝感激です。
    「やっぱりカリオストロの城!」なんて意見が並ぶかと思ったのですが、そんなウワベだけの意見が入り込む余地なしでした。
    皆さん、ありがとうございます。

    ユーザーID:

  • マモーマモーマモー!!!

    マモーが出てくる映画が大好き。テレビシリーズだったら題名は忘れたけど、ルパンと次元が騙されて撃ち合いして、投げたコインを撃ち合うことでお互いに本人だって確認する話が好きだったなぁ。どなたかタイトル知りませんか?(便乗してごめんなさい)
    最近のテレビ版2時間スペシャルは見ないので、わかりませんが…

    ユーザーID:

  • わ〜いさん、有難うございます

    「神様のくれた札束」検索してあらすじを読んでみました。
     子供の時の記憶なので、ところどころ他の話とごちゃまぜになっていたようですが、このお話でした!

    わ〜いさん、どうも有り難うございました。

    レンタルビデオや再放送などで、なんとか見ることができないかやってみます!

    ユーザーID:

  • 色キチ五エ門

    そうそう、旧作で、「拙者のガールフレンドの不二子ちゃんでござる」の台詞と、ルパンの妄想でゴエモンが不二子にぐふふふと色キチになってるシーンは忘れまい・・・。
    あと、テレビスペでオープニングが好きなのは、ルパンザサ〜ド、ワオ!・・・ルパン・ドゥー・イット!の曲です。

    2作目では、100回記念にお茶の間から台本を集めて、3回やった中で印象深かったのは、ベルばらのオスカルとの競演かな・・・あまりいい出来じゃなかったとは思うけど。あと、斬鉄剣って、いろいろ切れないものが結構ありましたよね・・・。とにかくいろいろ好きすぎて、書ききれない。

    ユーザーID:

  • 追いつめられたルパン

    だったかなあ?もし題名違ってたらごめんなさい!
    ルパンがある国で、なんちゃってヒトラーな総裁からルビーを盗む(空から釣り糸で(笑))際、ふと吹いてきた風で、その総裁のヅラを引っぺがしてしまい、彼の怒りをかった罪でその国家自体から追われる羽目に。

    逃げるルパン一味なんだけど、不二子はルパンの元に残る。というか、戻ってくるんだったかな。
    お城の塔に二人で追いつめられて、ルパンは数発、外の軍隊にワルサーを発砲した後、
    「弾は二つ残したぜ。一つは俺、一つはお前の為だ」
    とかって。。不二子もニッコリ微笑んで。

    子どもながらに涙しました。
    その後はもちろん無事、次元と五右衛門の助けで逃げ出す事ができ、まーチャンチャン!なんだけど、あの切ない場面が今でも忘れられないよー。

    ユーザーID:

  • 題名は覚えて無いけど

    旧シリーズの話で確か「第3の太陽」という花と、
    リンダという女性が出てきた話がありました。
    私がまだ幼稚園児くらいだったからか、話をよく
    理解できませんでしたが、なぜか印象に残って
    います。

    あと、やはり旧シリーズですが、ルパンが
    機関車に乗って、とっつあんに向かって
    「あれ〜、助けて〜」って感じのことを言うやつ。
    兄と笑い転げました。

    ユーザーID:

  • みやさんへ

    「神様のくれた札束」だと思います。

    ルパンは 全作品と言っても見ていないのもあると思いますが好きです。
    これ!って絞れません。ごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 詳しくないけど

    昔の70年代の連続アニメのほうがダントツに面白かった。最近の映画版は、子供向け甘口カレーみたいな感じがして、ルパンファンとしては、物足りない。
    今の映画はなんとなくヒューマニズムが強調されてて、いまどきの子供に与える影響としてはそのほうがいいんでしょうけどねえ。でも正直、それではつまらん!
    連続アニメだった昔は、ルパンの策略とともに、もう遠慮なく派手に撃つ、斬る、色っぽい。だから次元も五エ門も不二子ちゃーんももっともっとカッコよかった気がする。
    私はマニアじゃないのですが、つまらん話だけど個人的に面白かったのは、銭形警部がクローン?みたいにいっぱい増えて、デパートのエスカレーターにいる人物が全部銭形になって、銭形本人が「なんじゃこりゃー、おのれルパン!」な話でした。
    トリビア登場率、今は高いですね。見なかった方には申し訳ないので書きませんが、全部、全体の話には関係ないから、ただのトリビア。
    でもトリビアに答えるモンキーパンチさんは、どれもなんとなくの成り行きでそう描いたこともあっただけで、意味なんか何もないんだーとか、これまたルパーンみたいに軽いので、あはは、です。

    ユーザーID:

  • 覚えている人いますか?

    テレビ版で次元の過去についての話。「酒と薔薇の日々」?だったかな。

    次元の昔の恋人がでてくる話で、不治の病で死んでしまう美女が出てきます。ひょうひょうとしている次元ですが、別の面を見たような気がして、とても印象に残っています。

    次元はなんだかんだいって、不二子に惚れていると思いませんか?

    不二子とルパンの関係は憧れですね。裏切っても、嘘ついても、不二子を愛し、ルパンを頼り、でも一線を超えない不思議な関係。

    子供向きではない大人のアニメと思います。海外でもこのルパンはすごく評価されているそうです。不二子はやはりとても人気があるとか。

    映画だと「カリオストロ」も好きですが、マモーがでるやつが好き。西村晃の声もいいし、ラストのオチも衝撃的だし、マモーがすごいキャラだから忘れられない。

    今度ハリウッドで実写版ルパンをやると噂に聞きましたが、イメージが壊れないことを願っています。

    ユーザーID:

  • 便乗質問ですが

    TVの30分ものだったと記憶しています。

    次元が主役で、修道院のシスターが出てくるお話があったと思うんです。

    詳しい内容は思い出せないのですが、以下の点をうっすらと覚えています。

    ・次元がシスターに淡い恋心のようなものを抱いている。
    ・一面の花畑
    ・シスターは死んでしまう

    こんなお話のタイトル、お分かりになる方いらっしゃいましたらぜひお願いします。

    五右衛門ファンだった幼少期の私が、次元に参ってしまうきっかけになったお話なんです。

    ユーザーID:

  • わかる人だけがわかる・・

    最新作の「主役は銭形」にはまってます。

    ユーザーID:

  • 前から気になってました

    旧作第10話「ニセ札作りを狙え!」は
    カリオストロの城の元になってるんじゃ
    ないでしょうかね。
    台詞も同じところがある..

    ユーザーID:

  • 宮崎作品としては『カリ城』。でも毒がないのも確か。

    宮崎作品的な面白さでは『カリ城』も、テレビ編の『死の翼アルバトロス』『さらば愛しきルパン』も、よいの出来上がりだと思います(ドルニエの絵コンテは当時の作品としては秀逸!)。『カリ城』は登場人物の1人である、クラリス・ド・カリオストロの可愛らしさと相まって、私の心に残る不朽の名作です。

    しかし、ルパンシリーズという事で改めて俯瞰(ふかん)してみますと、「毒がなくて物足りない」というのもまた確かです。

    初作品のテレビアニメは、確かアニメ枠としては異例の夜8時半から放映されていたと記憶していますが、まだ小学生になったか、ならなかったか、の頃だった自分には十分「妖しさ」を感じたことだけは強く印象に残っています。何だか見てはいけないモノを見てしまったような、そんな感覚さえありました。

    大学生になってから見たときにはとにかくカッコよかったな〜。男の美学、というヤツでしょうか。

    ユーザーID:

  • 第十三代五右衛門登場

    私はマニアじゃないし、ルパン以外にもアニメはあんまりみないのですが、最初のテレビシリーズで何本か気に入っているのがあります。

     「第十三代石川五右衛門登場」(タイトルがうろ覚えなので、間違っていたらごめんなさい)
    ルパンと五右衛門が初めて出会ったお話で、テンポがよくて面白かった。ことにラストが最高!
    二人が対決して、この対決に五右衛門は心血注いでいるのですが、ルパンにとってはほんの日常のヒトコマといった風情で、ルパンという男の器の大きさ、スゴサが出ていてカッコよかった。

     「殺し屋はブルースを歌う」
    不二子ちゃんの、昔の恋人が出てくるお話。
    ルパンは話の核にいながら、ちょっと脇役。
    退廃的な雰囲気、男と女の微妙な心理、複雑さ、過去を振り切って生きていく不二子。
    大人っぽい話でしたねー。

     「七番目の橋が落ちる時」
    あの有名な「カリオストロ」と違って、通りすがりの何の義理も縁もない女の為にルパンが動く。
    メチャクチャでデタラメな男、でも名もない女の為に命をかけられる男、それがルパンなんですね。

    ユーザーID:

  • わいのオススメ

    ルパンファンならTVSP「ワルサーP38」
    この作品のルパンはとにかくかっこいい!セリフとか
    でも、あんまりモンキー面じゃないです。
                            次元ファンならTVSP「ルパン暗殺指令」
    この作品の次元はとにかく渋い!これを見れば、次元に惚れ直すと思います。                                     五ェ門ファンならTVSP「燃えよ斬鉄剣」
    この作品の五ェ門はすごいです!忍者と対決したり、爆撃機を切ったりします。                                    不二子ファンならTVSP「愛のダカーポ」
    この作品はいつもと違った不二子ちゃんが見れます。
    ルパンを騙したり、裏切ったりしません。

    銭形警部ファンならTVSP「炎の記憶」
    この作品は娘を助けようと頑張る父親のようなとっつあんをみれます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧