母親が働くのに理由がいるの?

レス114
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

24G

常日頃、小町を読みながら疑問に思っていたことがあるので問わせてください。

「母親が働く(あるいは両親共働き)ということに、何か理由がいるのか!?」

小町を読んでいると、必ずと言っていいほど働く母親に『事情』が求められているように感じます。特に、経済的に?

私はそんな事情(理由)などなくてもいいと思うんですけど・・・ただ、大人だから働く、それが当たり前という感覚です。
(※専業主婦という選択も、私の中では職業選択と同じような感覚があります。職業選択というか、生き方の選択というか。分かりづらい?)

私と同じように思っている方、いらっしゃいませんか?
また、反対でも、さまざまなご意見お待ちしております。

ちなみに私、24歳・独身・女、両親は共働きの家庭で育ちました。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数114

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分でレスするのもナンですが

    どなたかレス下さると嬉しいです!

    皆さんのご意見を聞いてみたい・・・
              by トピ主

    ユーザーID:

  • 理由はいりませんが協力者は必要です

    子供が0才の時から保育園のお世話になりなんとか働いています。

    保育園では体調不良の時や台風などで警報がでている時は預かってくれません。そんな時協力してくれる配偶者や親(義理を含む)が必要です(シッターさんもありますが…)。

    理由がなくても協力してくれる人がいれば問題はありませんが、理由がなければ説得が難しいのかも知れませんね。

    ユーザーID:

  • 働く母親はいるけど、働く父親、とは言わない社会がおかしい

    確かに
    子供が小さい内は生物学的(?)に母親の方が安心感を得られて、子供の情緒面でも良いらしいので、自然の理が、子育ては母親となっているのは解ります。

    特に人間は他のほ乳類と違って自然早産だから、本来は子供が立って歩けるようになるまでは、妊娠中と同様に考えて、母親が面倒見るのが筋なんだとも思います。

    でも人間は動物と違って知恵とか科学とか文明の利器の助けで、補って生きられるんだから、他の動物と一緒に考えるのは変ですよね。

    男性は保育園の代わりに妻に子供を預けて働いているのに、なんとも言われずに、女性が子供を誰かに預けて働こうとすると、とやかく言われるのは、おかしいですよね。

    働く男性は、子供を預けて働いている。って認識を社会全体で持つべきだと思います。
    そうすれば働く女性が子供を預けてもとやかく言われないようになるんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 働く理由、働かない理由

    女は働く理由が、男は働かない理由が求められる場合が多いようですね。

    思うに、高度成長の時代に「男は働いて妻と子を養う、女は働かなくてもよいので家庭をキチンと維持する」というスタイルが「標準」として確立され、その中で育ってきた我々は、それが常識として刷り込まれてしまっているのが原因なのではないかと思います。「標準」から外れた生き方(働く女、働かない男)は、悪いとは言わないものの、理由を求めずには居られないのでしょう。

    24Gさんは、その呪縛から半分は抜け出せているようですが、残り半分についてはどうでしょうか。つまり、ある男性が例えば「専業主夫」をしていたら、やはり理由を必要とするのではないでしょうか。


    おっと、ここで言ってる「働く/働かない」は、直接収入につながる労働に従事しているかどうかのことですので、念のため。専業主婦が遊んでると言ってる訳ではないですよ。

    ユーザーID:

  • そう言っても・・・事情があるから働くわけで。

    母親が働きに出る(専業主婦であった場合)理由に経済的なことや、子供の手が離れたからとか、そういう理由があってのことが多いからです。

    特に理由がなく母親が世の社会の世界とも繋がっていたいというだけの人もいると思いますが、専業主婦をやってるかたの大抵は家のことや子供の世話、養育のために、できるなら働かないでというのが理想なのでしょう。だから専業主婦がいるわけで。

    働くのに理由なんていらない、大人なんだから、だけではなんとも説得力がないようです。

    ユーザーID:

  • 理由がいると思う。

    だって、もともと人類はお父さんは、家族の食料を確保するために働き、お母さんは、家にいてみんなの身の周りのお世話をしていたんですから。その役割分担が、男女の体の仕組みにあった方法だったから長い間そうなっていたのでは?と思います。いろいろな事がうまくいかなくなってきたのは、「お父さんも子育てすべき」だとか「お母さんだって外で働いていいはず」とか、男女の役割がぐちゃぐちゃになってきてからなのではないかなぁ・・・?
    特別な理由がないのなら、お母さんは、家にいて、夫や子供にだけの妻・お母さんでいてくれる方が、家族は幸せになれると思います。
    ちなみにうちも両親が共働きでした。私は、子供が生まれたら仕事をやめるつもりでいます。(まだ未婚ですが・・・)

    ユーザーID:

  • いらないでしょう?

    「勤労は義務だから」
    「家事よりも外で働くほうが得意だから」
    「経済的に苦しいから」
    「家にいると面倒なことを頼まれるから」
    「子育ては保育園にお願いしたいから」
    「稼ぐのが生きがいだから」
    「父親に子育てして欲しいから」
    「家事が一番私に合っているから」
    「家にいたくないから働く!」
    理由なんてつけようと思えばなんでもつけられます。
    と、いうことは理由なんてないも同じ。
    いいんじゃないですか?なんでも。

    ユーザーID:

  • 赤ちゃんって、かわいいんですよ

    赤ちゃんもママが大好きなんです。
    ですから、できることなら側にいてやりたいと思うのが、
    一般的かと思います。

    それゆえ、それでも幼子を預けて働くのには
    経済的な理由だとか、仕事が好きで辞めたくないとか
    何らかの理由があることが多いのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 反対意見になるかな

    私は乳児を抱えてます。今は仕事してません。
    知人は乳児を保育園に預けて働いてます。

    でも、「どうして預けてまで働くの?」とは聞こうとも思いません。人それぞれだし。

    でも、なんで反対意見なのかというと、やっぱり子供のそばに居てあげた方が、本当は良いよな〜と思うから。子供が小さければ小さい程、そうでしょ?

    ユーザーID:

  • うん…

    私は最近妊娠して、産休取ろうかいったん仕事辞めようか悩んでたりするんですけど、

    回りの人って当然のごとく
    「辞めるんだよね、いいなぁ」って思ってる人が多いです。ちょっと驚きでした。結婚したときも多かったけど。

    働いてる独身女性は、どんなに仕事を頑張っていようと
    本音ではやっぱり「あーぁ、早く専業主婦になりた〜い」ていう人たちが多いんだなぁと
    しみじみ思う今日この頃です。
    「留学したい」「転職したい」とか言ってる人とかも
    “もし、結婚できそうになかったら”という言わない前置詞が付いてるみたいですね。

    そして、ワーキングマザー=すごい貧乏という思考回路の人も、まだまだ多いみたいですね…。

    じゃあ雅姫や松島菜々子も貧乏なのか?ってねぇ(笑)。

    20代前半までは、友人とやりたい仕事や将来について話したりするのが好きだったし、そういう機会も多かったと思うのですが、後半になるにつれ皆社会に疲れるのか…

    トピ主さんの疑問、よくわかります。

    ユーザーID:

  • 時代と仕事の内容による

    私のように、女性は専業主婦が当たり前という家庭で育った人は、少なからず咄嗟に理由を考えてしまうでしょう。

    例えば――親の世代では、女性は社会で働くように育てられた時代ではありませんでしたよね。そのための教育を受けなかったにも関らず、しかも、パートなどの悪条件で働いていると聞くと、それは「働かざるを得ないから」働いているとしか思えないわけです。

    ただ、昔の女性でも、医者とか弁護士とか高度な教育を要する専門職や高水準の職業に就いている場合は、幼い頃から社会に出て活躍するような教育を受けてきたわけで、それを生かして男性並みの条件の職業に就いているわけですから「働かざるをえないから」とは思いません。「昔の時代なのに、随分とモダンな捌けたご実家ね」と思うだけです。

    ちなみに、今は価値観が多様化しているので、働いている奥さんを見ても、それだけでは何も判断しません。・・・が、理由は考えてしまいます。

    ユーザーID:

  • 理由が無くて働くときがあります!

    初めまして!お助けガール参上!

    こんな良いトピにレスがつかず埋もれているなんて。。。

    今の職場を見付けた時は家計を助ける為と思っていました。が、その必要が無くなった今でもそこで働いています。
    それは職場の人間関係もいいし、今まで働いた仕事の中で一番好きな仕事なんです。

    それまで専業主婦でしたが、あの時、主人のお給料が下がらなければ今の幸せは無いと思っています。

    ビバ!マイライフ!

    ユーザーID:

  • 私は

    子ナシの共働きです。
    私は子供が生まれても働く予定です。
    働く理由は、やっぱり経済的な理由が一番!
    けど私は働く事が大好きだし、専業主婦には不向きなタイプです。
    会社がある平日は、バッチリメイクなのに、
    週末なんて、スッピンでスーパーとか平気で行っちゃいます。
    それを考えると、専業主婦になるのが怖いです(笑)
    性格的に、常に「あ〜忙しい・忙しい」と言っているのが
    好きですね。
    働き者の両親譲りかな?

    ユーザーID:

  • 私もそう思う

    私は既婚者、仕事してます。

    私は「自分の食い扶持(古い言い方だけど)は自分で稼ぐ!」というのが昔からのポリシーです。だから専業主婦は私のポリシーには反します。でもそれはあくまで私のポリシーであって存在を否定しているわけではないので悪しからず。

    だから私にとっては学生じゃなくなった時点で当然働くことになったわけです。結婚したからってなんら変わることはない。社会人同士が一緒になるっていうだけで。理由なんてないかも。

    でもでも、もしすっごいお金持ちで遊んで暮らせるだけのお金があったら、独身でも働かなかったかも〜とか思うとお金の為に働いてることになるのかな?
    ん〜なんか違う気が・・。

    ユーザーID:

  • 理由はいらないけど。

    子供がいると、本当に大変ですよ。
    保育所で預かってもらうにしても、朝起こして食べさせて着替えさせて、その間、自分も身支度して片付けて、送っていって、迎えの時間もなかなか定時に出られなかったら、遅れるわけにいかないから誰かにお願いする。
    熱でも出したら元気でも預かってもらえないから、欠勤もやむなし。
    子供の面倒をみてくれる人を確保できるならいいけど、そうでなければ、毎日がイライラすること多いです。
    食べていけないなら仕方ないけど、食べていけるなら、そしてそれほど生きがいになる仕事でなければ、子供が小さい間は母親が働くのは、損得を考えたら私には損に思えます。
    学校へ行ったら行ったで、夏休みなど長い休みはまた大変。
    夫がすごく協力的で仕事を犠牲にしてくれても、追いつかないです。
    丁寧に子育てしたかった私は、とうとう働けませんでした。
    働いてるお母さん、本当にえらいね、
    体力、気力ともに充実してるんでしょうね。

    ユーザーID:

  • 女性が「働く」ということ

    私もトピ主さんの意見に賛成です。(私の境遇トピ主さんと似てます。現在25歳、共働き家庭で育ちました。)
    女性が家庭の外で仕事を持つのに理由なんて要らないんじゃないかなと思います。母も父も一生懸命に働いて、大学まで出してくれたので、その教育を社会に還元する=私が社会に出て立派に働くことも両親への恩返しになると私は考えています。
    友達には母親が専業主婦の人が多いですが、彼女たちは、必ずしも女性が働き続けなくても良いという考を持っている場合が多いような気がします。
    ただし、私は専業主婦を否定しているのではないです。家庭を立派に守る、すばらしい存在だと思います。
    ただ一つ思うことは、女性の居場所は家庭であるという考えを永遠の真理みたいにしてほしくない。大学の授業で、女性は産む性であるけれども、それから先の子育ては授乳以外男性でも担えると聞き、なるほどなと思いました。北欧では男性が育児休暇をとることを義務付けてるところもあるし。
    「働く母」や「主夫」の存在に理由をいちいちつけなきゃいけない社会って、なんだか窮屈...。

    ユーザーID:

  • 日本も地区によって全然ちがう

    わかります。
    これはお住まいの地域にもよるから、全国どこでも同じとは言えないでしょうね。
    私も大人は働くものと思っているし、そのように考える男性と結婚しました。私の姉妹も、夫の兄姉も、その配偶者も含めてそういう考えです。両親も義両親もそうなので(すでに定年です)それぞれ二人とも働いていました。
    そうでない考えというのは、人数の差でしょうね。高度経済成長時代も今も、労働者の中で一番多い層がいわゆる会社員です。会社員として都合がよく、また会社員男性一名の稼ぎで大人の女一名に子供数名も生活できて、家も買えるくらいの地域なら「なんでわざわざ」の意見が出るのもわかります。
    例えば戦前なら子育ては祖母の役割で嫁も重要な働き手世帯が多数派だった時代もありました。でもこの時代も地域によってはまた違っていたり…
    私自身は転勤も経験してますし、うるさくいう地域もたくさん知っています。そうですね、女性がなかなか結婚したがらない(率が高い)都府県を調べてみるのもいいと思いますよ。私がこれまで働きやすい!と思っていた都府県と一致してました…

    ユーザーID:

  • ズバリ

    旦那の給料だけじゃあ、子供3人かかえて食えないからです。それだけ。

    >じゃあ雅姫や松島菜々子も貧乏なのか?ってねぇ(笑)。

    雅姫さんの場合、Jリーガーの旦那が引退してカフェバーをやるといった時、子供も生まれたのにそんな仕事を始めて生活できるか不安になり、自分も子供服の仕事を始めたそうです。

    ユーザーID:

  • トピ主です。1

    皆さん、レスありがとうございます!
    待ちに待った皆さんのご意見・・・(現在りりかさんのレスまで読ませていただきました。)
    どの方のご意見も心に響いてきて、トピ立ててしつこく上げてよかったーと思いました。特にそれぞれレスの最後の一文が響いてくる・・・

    皆さんと直接話してみたーいという思いですが、こちらで個別にお返事差し上げることさえ私の能力&限られた時間では無理そうなので、皆さんのご意見を読みながらの自分の考えをレスしたいと思います。

    まず、私は外で働くことも家で専業主婦(主夫)することも、同列の選択肢だと思っています。だから「全員外で働け」と思っているというわけではありません。
    生き方・暮らし方、それぞれ家族が求める生活の在り方によって選択することだと思います。

    ですので、専業「主夫」に関しても私は何も思いません。
    強いて言えば、まだまだ男性社会のこの世の中で、女性が家族を経済的に養えるだけ稼ぐ・・・奥さんスゴーイ。と思うくらいで。(すいません、自分にはそんな能力ないと思ってるので・・いざとなったら分かりませんが。)

    ユーザーID:

  • トピ主です。2

    赤ちゃんがかわいい、というのも分かります。

    自分の子供ではないのでちょっと現実分かってないかもしれませんが、私は姪っこ(1歳半・姉の子)の世話をよくします。もーーかわいいことかわいいこと。週数日・各数時間のお手伝いですが、かわいいところも(普通なら)ムカつくことも、全て受け入れられます。あ、「なんだそれだけ」と言われたらそれまでなんですけど・・・

    しかし姉の家庭も共働き(どちらもハード)で、1歳ちょっと前から保育園に預けていますが、それは私がみる限りではとてもいい影響を与えているな〜と思っています。今のところ!です。

    姉の家庭・姪には今のところその生活が合っているのでしょう。
    そうは言っても‘働く母’さんがおっしゃるように、姉家庭には私を含め協力者が結構いるので成り立っていることかもしれません。

    ユーザーID:

  • トピ主です。3

    それにしても、‘アジアの妻’さんの
    >働くのに理由なんていらない、大人なんだから、だけではなんとも説得力がないようです。
    のお言葉、「そうかもっ!」と思ってしまいました。
    そうですよね、そうかもしれない・・・私にとって当たり前だと思ってることでも、そうじゃない人には分からない。どう話したら考えの違う方に「フーンそういう考えもあるのね〜」と思ってもらえるだろう?
    と思って自分でいろいろ考えてみました。

    やっぱり、私は前述のように「外で働くのも家で専業するのも、同列の選択肢のひとつ」と思ってるけれども、働くのに理由がいる場合は「専業主婦の方が、女性の選択としては良い」という前提があるのだろう、と思いました。
    ‘さき’さんのおっしゃるような考えもあるでしょう。
    そうなのかなーとも思います。(自分が正しい!それ以外は間違ってる!なんてことは絶対に思いませんから。思えるワケがない。)

    でも今のところ、私の『前提』は変わらないなーと思いました。

    ユーザーID:

  • トピ主です。4

    男女の役割ってのもあるのかもしれない。自然なのかもしれない。
    しかし私は‘手毬’さんの
    >でも人間は動物と違って知恵とか科学とか文明の利器の助けで、補って生きられるんだから、他の動物と一緒に考えるのは変ですよね。
    という一文にすごく共感を覚えました。
    男女関係なく、人間にはさまざまな生き方がある。(他の動物知らないんですけど、言っちゃった。)

    だから、「男・女(父・母)はこうあるべき」ということに縛られず、望む生き方を選択したらいいと思っている。(手毬さん、ご意見読み違えてたらごめんなさい。)
    そう思うと、母親が働くという選択をしたことについて、特に理由がなきゃいけないとは思えないんです。

    トピ主題の疑問を抱いた経緯は、働いてる母親は何故「私はこういう理由で働いています」と説明しなきゃいけないんだろう?何故「なんで働いてるの?」と聞かれるんだろう?と思ったからです。(最初に言えって・・・?)
    そういう意味で、‘エビ子’さんとは別に反対意見じゃないかなーと思いました。どちらがいい、と決めた考えを持ってるわけではないので・・・

    長くなりましたが、何か矛盾等ありましたら指摘してください。

    ユーザーID:

  • 働いていなくても理由がいるみたい

    子どもがいます。生活は余裕があるわけでもないです。でも、今は事情があり専業です。
    子どもを通して知り合った働くお母さんの一人から「どうして働かないの?」などイロイロ言われました。ちょっとスッキリしなかったな〜
    私は働く事そうでない事、人それぞれだとは思います。でも、いちいち聞いたりしないな〜
    トピ主さんの気持ち分かる気もします。

    ユーザーID:

  • さきさん

    >だって、もともと人類はお父さんは、家族の食料を確保するために働き、お母さんは、家にいてみんなの身の周りのお世話をしていたんですから。

    もともと人類は、っていつの時代の話でしょうか。
    大昔から男も女も働いていましたよ。農耕が発達してからは言うまでもありませんが、狩猟時代でも獲物が取れなかったときは女達が採集した植物や木の実が食事になっていたのです。
    日本の女が外で働かなくなったのは近代になってから。特に高度成長期に“会社人間の夫&それを支える専業主婦”という組み合わせが社会にマッチした時代からのことです。
    今はむしろ家電製品も充実して昔より家事に割く時間が激減しております。仕事をしている=育児がちゃんとできないという図式は必ずしも成り立ちません。
    まあ、環境や能力など個人差もあることなので一般論として言うことではないと思いますが。

    ユーザーID:

  • 理由は

    働きたいから働く、という理由でいいんじゃないでしょうか。
    気楽に行きましょう。

    ユーザーID:

  • 母親でも父親でもどっちでも

    確かに母だから、というのは間違いだと思いますが。

    親のうち、誰も子供(小さい間のことですよね?)を見ない状況を作るならば、理由が要ると思います。

    というよりも、なんだろう、「子供に負担をかけてまで、私はこの仕事を続けている」という事はわかっているべきだと思います。

    ただ、親が一生懸命好きな仕事をしている姿を見せながら育てるのは、とてもよいことだとも思います。

    自分と違う生き方に侮蔑の表情を浮かべる人は、親として下等だとも。

    ユーザーID:

  • どうでもいいです

    専業主婦に対するバッシングの方が小町では強いように感じます。相手を羨む時間があれば、もっと有効に時間を使った方がどんなにいいことかと私は思います。
    そう言ってる自分も、もっと有効に時間を使わねばと思っています。

    ユーザーID:

  • いらないと思います

    私は働くママです。

    働くのに理由ってよくわかりません。今、入社12年目のいわゆる大企業で働いています。いろいろと育児制度が整っているため、それらを生かして働き続けています。子供は小学校1年生になりましたが、活発で元気、ひとりっこなので甘えん坊ですが、のびのび育っています。

    ところでなぜ働いているか、と問われれば、金銭的に苦しいというわけでもないですし、家事が不得手というわけでもありません。自分で稼げるうちは稼ごうと思っています。両親も共働きでしたので、私のことも応援してくれています。

    夫の実家は専業主婦の家庭ですが、私には仕事を辞めないでほしいと言います。そのほうが生き生きしているからだと。周りの理解あって続けていけることだとも思いますが、仕事を持つって結局は自分のやる気なのでは?一戸建てにすんでいますが、日々の炊事洗濯はもちろん、ガーデニングや習い事も積極的にしています。

    おしゃれもできるし、それも自分に経済力があってのことだと思っています。人生を楽しむためにも私には仕事が必要と感じています。女性だから理由が必要なんて思わずに、自信を持って働いていいのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 私なりの理由

    小町全体の風潮としてはさぁ
    「男女差別はんたーい」とか「昔と今とでは地代が違う」なんて
    大合唱するわりに、
    実は保守的ですよね。

    私も働いていますが、理由はありますよ。
    「一日中家にいるなんて、息が詰まりそうだと思ったから」です。
    ↑こんなこと書くと、”実は保守的”な皆様に叩かれそうですが・・・

    産後3ヶ月から仕事に復帰しました。
    うちも両親が共働き(というか自営業)でしたが、
    別に寂しいとか思わなかったなぁ。
    自然と「未婚・既婚に関わらず、働くのは当然のこと」と思ってましたね。

    ユーザーID:

  • もともと人類は・・・、って言われると

    かなり引いてしまいます。(>さきさん)

    人類の歴史という長いスパンで見ると、食糧確保のために働かなくてもいい人が各家庭に一人(お母さん?)確保できる、という状態が一般化したのは、ごくごく最近のことだったと思いますよ?。

    なんとなくマンモスを追う男達と子供と一緒にいる女達、というイメージだけで語っていませんか?
    女性も食糧確保のために外で働いていたはずですよ。労働形態が違うだけで。

    人類の歴史から言うと、男性だけ外で働き、女性は家で家事だけ、なんて形態は常態ではないと思います。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧