配偶者が亡くなったら?

レス8
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

結婚して夫(妻)の家族とは親戚になります。
配偶者のきょうだいや従兄弟などとは、年齢が近いということもあるので、盆正月の礼儀的なお付き合い以外にも仲が良ければ、一緒に遊びに行ったり、家を行き来したり家族ぐるみでお付き合いすると思います。

でも、もし配偶者が死んでしまったとしたら、やはり一般的にはもうお付き合いは無くなるものなのでしょうか?仲が良くても手のひらを返したようにぱったり途絶えるものでしょうか?

私は夫の従兄弟の奥さんが以前から苦手でしたが、夫とその従兄弟が仲が良いので渋々旅行やバーベキューなどのお付き合いもしていました。夫はその奥さんとも仲良しです。ところが、その従兄弟が心臓病で倒れた時、夫は、「もし従兄弟が死んだらもう彼女とは関係ないし・・」とポロッと言ったのです。
仲良くしていたのに、配偶者としての縁ってそんなものかなとちょっとショックでした。そんなものでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それまでの関係性がものをいう

    と思います。

    旦那様、従兄弟の方とは仲が良くても、本当はその奥さんのことを、そんなに良く思っていられない、ということはありませんか?

    私は多分そう考えると思います。夫側の親族で仲の良い人もいれば、儀礼的なつきあいの人もいるので、後者とはやはり、疎遠になっていくのではないかと。

    というより、夫が死んだら・・と考えるのも嫌というのが正直なところですね。想像を絶します。

    ユーザーID:

  • 人次第

    義理で付き合ってるならば、だんだん離れていくし、仲間として失いたくないなら、関係は続いていくと思います。

    どちらにしても、こうせねばならないという、決まり事はありません。

    ユーザーID:

  • 法的には

    配偶者が亡くなっても、配偶者の血族(貴女の姻族)との親族関係は消失しません。
    (姻族関係終了届を出せば消滅する)

    人間関係としては
    ・それまでの関係が良好ならばそのまま継続している
    ・それまでの関係が良くない場合、配偶者の死亡をきっかけに疎遠になる
    という場合が殆どのようです(無理に関係を続けたり、関係を切る理由は無い)。また、相続をきっかけに疎遠になる(関係が断絶する)事例は少なくないようです。

    ユーザーID:

  • わたしは

    冠婚葬祭くらいしか会わないでしょうね。

    ユーザーID:

  • うちの場合

    私の親のケースですが、母は早くになくなりましたが、母の親兄弟と父はその後も関係が続きました。
    もちろん母の親兄弟から見れば、孫・姪にあたる私がいたせいもありますが、単純に父と母方の親戚との関係が母の存命中から良かったせいで続いたのだと思います。

    特に、母の妹達は私の父を実の兄(二人います)以上に慕っており、今でもたまに電話をしてきてくれたりします。
    父が入院した折は、遠方にいる伯母もわざわざ見舞いにきてくれたほどでした。

    ただ、これはひとえに父が母の家族と仲良くやってきた結果ですし、亡くなった母の姉妹の結束の固さの表れでもあると思いますので、あなたがご主人の従兄弟さんの奥様を良く思われないのであれば、その従兄弟さんに何かあった後も無理して関係を維持する必要も無いとは思います。
    そもそも、兄弟ではなく従兄弟であれば、世間一般的にはそんなに深い関係ともいえないと思いますし。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • ケースバイケース

    >夫は、「もし従兄弟が死んだらもう彼女とは関係ないし・・」とポロッと言ったのです。
    仲良くしていたのに、配偶者としての縁ってそんなものかなとちょっとショックでした。そんなものでしょうか?

    彼女もイヤイヤ夫の親戚と付き合っていた場合とか、イヤイヤじゃなかったとしても、まだお若くて再婚することが確実と思われる場合は、縁は切れるんじゃないですか?

    ちなみに、私は夫の両親や親戚とは義理でお付き合いしているだけなので、夫が亡くなったら即姻族関係を終了させるつもりです。

    ユーザーID:

  • ご意見ありがとうございます。

    周りでの場合を思い直してみると、やはり離婚や死別を機に頻繁に行き来していてもだんだんお付き合いがなくなっているんですよね。特に離婚の場合は、相手方の親戚となるので、仲が良くても行き来しづらいというのはあると思います。

    私自身、血はつながっていないけれど家族同然としていた親代わりの人が病気で倒れた途端その親戚の人たちに無視されたという経験があり(今まではその親代わりの人がいたから私は良くしてもらっていた)はやり血の繋がりなんだ、と悲しく思っていました。

    でも良い関係を持続されている方もいらっしゃるんですね。

    ユーザーID:

  • 残された配偶者に決定権があります

    例えば、夫が死亡したとした場合、当然に配偶者関係は終了しますが、夫の親族との関係(姻族関係)は終了しません。この点は離婚の場合と違うところです。(離婚では、配偶者関係も、姻族関係も一挙に終了となります) そして、この関係を続けるか、断ち切るかは、残された妻に選択権があり、妻が欲すれば、姻族関係終了の届出で終了させることもできます。(夫の血族からの終了請求は認められていないのです)

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧