結婚目前で彼が無職に・・・

レス50
(トピ主0
お気に入り1

恋愛・結婚・離婚

ブラウン

こんにちは。私はwebデザインの仕事をしている26歳の女です。
この秋に、9年付き合った同い年の彼と結婚することになり、新居のための家を建築中です。
ところが結婚を目前にして、彼が仕事を辞めてしまいました。
理由は「ヘルニア」と「上司と合わない」ことです。(プレス加工の仕事をしていました)
これから家のローンを払っていかなければならないというのに、彼は次の仕事を探さず「働きたいけど腰が痛いから、しばらく腰を休めたい。腰が治らなければ仕事が出来ない」と言っています。そんな彼に私は毎日のように「次の仕事決まった?」と聞いては責めてしまいます。
ヘルニアってそんなに辛いのですか?でも知り合いにヘルニアでも頑張って力仕事を続けている人もいるので、私には彼が自分に甘い気がしてなりません。
それとも私が彼に対して厳しすぎるのでしょうか?男友達に相談するとほとんどの人が「黙って見守ってやれ」と言います。私はしばらく彼を養う覚悟で黙って見守るべきなのでしょうか?それが「夫婦になる」ということなのでしょうか?皆さんの意見を聞かせてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数50

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • すごーい

    その若さでまだ挙式もあげてないのに新築…。
    結婚する前からローン地獄なんて、イマドキ普通なのですか?
    ヘルニアって確か昔、織田裕二さんがそういう病気でドラマが途中で終わっちゃったんじゃなかったかな?
    (違ったらごめんなさい)
    でも何の病気でも本人以外はその痛みはわからないものですよ。

    私だったら・・・。
    本当に好きだったら病気の旦那さまの分まで働いて養う!くらいの勢いで頑張ります。
    でもその前に結婚前に新築で家は建てませんけどね。

    ユーザーID:

  • そりゃ当然です。

    ブラウン様wrote
    > 私はしばらく彼を養う覚悟で黙って見守るべきなのでしょうか?
    結婚する自体に覚悟が必要です。
    パートナーが働いて収入を得てくれると言う保障は100%ではありませんから。

    そもそも夫婦は相互に扶助しなければなりません。
    相互とは、どちらかの性が常に経済的イニシアチブを取るという意味ではありませんよね。
    ご主人が働けない、あるいは働かないのであれば奥様が扶養します。
    結婚式の誓いの言葉、
    「良き時も悪しき時も、病める時も健やかなる時も」
    その言葉が心から発せられるのか正に試される時です。

    尚、ご主人には家事全般をお願いすれば宜しいかと思います。
    当然トピ主さんもお手伝いは必要ですよ、彼は家政婦ではありませんから。
    それと、養うって単語は小町では禁句です。
    「養うって何様?」「家事労働は高いのよ」という反論が殺到しますので。
    では。

    ユーザーID:

  • はっきり言って

    椎間板ヘルニアは地獄です。軽度であってもトイレも大変、(トイレから出られなくて1時間掛かった事もあります)着替えも大変(下着を穿くだけで20分かかった時もあります)、痛くて一晩中眠れないことも。軽度でも医者に行けば大抵、一週間以上は安静にしてと言われます。ましてや重度ならそれはそれは想像を絶したものになります。

    あなたの彼が軽度か重度かはわかりませんが(医者にヘルニアと診断されているのであれば、すでに軽度とは思えない)、いずれにせよ、ある程度治ってからでなければ再就職は無理ですね。

    私も無理して力仕事をしながら治療しましたが、そりゃあ大変ですよ。それにすぐ再発する可能性が大です。なんだったら、あなたの知人にどれだけ辛いか聞いてみればいいじゃないですか。まず、休めるなら休んだ方がいいって言うと思いますが。

    >そんな彼に私は毎日のように「次の仕事決まった?」と聞いては責めてしまいます。
    >私には彼が自分に甘い気がしてなりません。

    私にはあなたが鬼に見えます。

    ユーザーID:

  • 心配でしょうけれど

    まずはご結婚おめでとうございます。
    その上お家を新築中だなんて。すごいです!
    我が家もただいま建築中です。
    なにかとお金がかかりますよね。

    それとヘルニアはすごく痛いそうですよ。
    ヘルニアになった人は一ヶ月くらいは休職するみたいです。
    でもちゃんと直ります。
    そうすればまた働けます。ご安心を。

    生活費も、お家のお金もなにもかも一人で背負い込む心配はいりません。
    ここはぐっと我慢して彼を信じて待っていましょう。
    あまり責めると可哀相です。病気ですから。

    でもどうしても不安ならもう一度資金計画を見直してみてはいかがですか?

    ユーザーID:

  • 結婚って、、、、

    お互い、病めるときも、貧しいときも。。。。

    今の彼の状態を許すことが出来なければ、
    あなたには、彼と結婚する資格がないでしょう。

    こういうときこそ、妻(となる人)の取る行動とは。。。
    家の建築に関して、当初の予定を可能な限り変えたりして、低コストを計る。可能なら、キャンセルして、結婚後のこのような荷物を出来るだけ少なくする。

    ヘルニアについて、勉強する。
    いい薬やいい治療法など、様々な情報を必死で集め、
    彼のヘルニアが出来るだけ早く治るよう、努力をする。
    いい医者の情報を集める。

    彼に精神的負担を与えない。

    (甘えている可能性があれば)精神的ストレスで参っている可能性があるので、その方面の研究もし、必要ならば、いい医者をがんばって探し、診てもらう。

    あなたに「愛の力」はありますか??????

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 養えばいいじゃない。

     ご心配はごもっともです。でも彼の気持ちをよく聞くことがまず大事では?彼も考えなしに辞めたわけではないだろうし、落ち着いて話を聞いてみてはいかがですか。幸いトピ主さんも働いているし、ここはドーンと構えて彼を支えてあげましょう。

     腰椎の椎間板ヘルニアだと思いますが、今休まないと一生引きずるかもしれませんよ。それに推測ですが、ヘルニアというより仕事で精神的に疲れたのかもしれません。でも男の人は無職になったらなったで、今度は疎外感を感じて精神的に追い込まれる人が多いみたいです。

     世の中の多くの男性は、ローンを抱え女房子供を養って嫌でも働き続けているのです。女性だって働いているのなら同じでしょう。養っていけばいいじゃない。一緒に暮らしたくないの?支えあってこそ夫婦だと思います。
     私も結婚時、夫となる人が無職でした。つましい生活でしたが、主夫がいる生活は快適でしたよ。30代後半でしたが運よく就職でき今は共働きです。トピ主さんも彼もまだ若いから、まだまだ大丈夫!

    ユーザーID:

  • 程度にもよるかも

    詳しくは知らないですが、友人はヘルニアですが看護師をしています。通販で売ってるような磁気腹巻みたいなサポーターをつけてがんばってます。病棟勤務なので肉体労働です。患者さん運んだりもします。

    職種や程度にもよりますが、仕事が出来ないってことはないのでは…?休んだほうが身体にはいいとは思いますが。

    ユーザーID:

  • 相手を思う気持ち

    私のまわりにも、夫が会社を辞めたとか、結婚前に辞めたとか、子供が生まれる直前に辞めたとかいう人わりといます。
    それぞれ奥さんがそれなりにフォローしたみたいです。
    夫婦なんだから助け合うのは当たり前ですよ。
    あなたにその覚悟がないなら、結婚は早かったんじゃないんですか?

    私の友人もヘルニアですが、立てないほどつらい時があるそうです。症状はおさまるときは普通に仕事もできるみたいですが。

    病気のこともあるし、あんまり彼を責めないであげてほしいなと思いました。彼も彼なりに考えているだろうし、不安もあるだろうし。夫婦になるなら優しい気持ちで接してあげることって大切ですよ。

    ユーザーID:

  • 周囲の人とも助け合って…

    これから新生活!というときに病気になって大変ですね。お疲れにもなったでしょう。まずは、ひとつ深呼吸……。彼も急に大きな病気を背負うこととなり不安と焦りでいっぱいなのでしょうね、少し気弱になっているのかも。婚約者さんならこんな時こそ、力になってあげてください。ヘルニアというと椎間板ヘルニアのことですか?ネットで調べただけでも随分と痛そうな病気ですね。ご本人はさぞかし苦しいだろうと思います。お医者さまともよく話し合って、生活習慣から見直していかなければならないかもしれませんね。根気がいるかもしれません。ご結婚の決心が固まられたのなら、周囲の方々に協力をお願いしながら、温かい家庭を築いてくださいね。あの時は苦労したけど結婚してよかったなぁと思えるような…。難しい選択ですから、ゆっくり考えてみてくださいね。

    ユーザーID:

  • エライですね〜!

    心配になる気持ち、よく解ります。私の友人で全く同じパターンの子がいました。結婚して半年後、離婚しました!結婚が決まって、新居を構えて「これから!」って時に無職になっちゃったら不安ですよね〜。結婚してしまうと色んな事が出てくる事は、トビ主さんもきっと解ってることでしょう!結婚後に出てきた問題は2人で支え合って、やっていくしかありません。でも、結婚前なら、私なら・・・考え込んでしまいますね!!旦那様が本当にヘルニアで動けないなら仕方がありませんが、もしもトビ主さんに甘えて・・・と言う気持ちがあるのであれば、きちんと話し合いが必要だよね!もう少し様子を見てみてから、結婚を進めたらどう?大変でも延期することを勧めます。

    ユーザーID:

  • 一緒に生活する為に・・

    以前職場でヘルニアを患った方がいました。
    小さな荷物でも、運ぶ際は他の人がやりました。
    数年前に患ったそうですが、
    冬場は冷えで腰が痛くて辛いそうで、病状が重かった時は歩くのも動くのも辛いと言っていました。

    >「働きたいけど腰が痛いから、しばらく腰を休めたい。腰が治らなければ仕事が出来ない」
    働くには体が資本ですから、これは正論だと思います。

    元気なる為に休息は必要です。
    どちらかが養うではなく、助け合って生活していくのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 休ませてあげてーーー!

    椎間板ヘルニアとヘルニアは違うものですが、症状から椎間板ヘルニアではないかと思うのでそれを前提に書かせていただきます。

    絶対!休ませてあげて!椎間板ヘルニアは本当に辛いです!そして無理をするといつまでもなおりませんよ。


    そしてトピ主様、あなたも結婚されるなら、いざと言うとき(いや、いざと言うときじゃなくても)パートナーを養うくらいの覚悟は必要ではないでしょうか。夫婦って助け合って生きていくものでしょう?ローン大変でしょうけどなんとかやりくりして頑張ってくださいね。

    ユーザーID:

  • 私だったら

    見守るかな、しばらく。
    半年ほどして変化がないようだったら、病気の治療についてと今後のことについて話し合うかも。
    ただ、結婚式も終わってない、共同生活も始めてない段階で家を建ててしまったのが、結構いたかったですね。
    これは言っても仕方がないことですが…。
    だから、もう家を建ててるんだから、半年ほどはあなたの稼ぎで何とかなりませんか?
    あなたが無職なら困りますが、あなたは仕事があります。
    彼は体がツライ。
    それならば、今はあなたが働くしかないと思います。
    あんまり彼を責めるのはかわいそうに思います。
    ヘルニアってツライですよ。

    ユーザーID:

  • 酷い・・・

    ヘルニアって下手したら一生を左右する病気ですよ。椎間板ヘルニアと仮定しての話ですが、首や腰の手術が必要になれば、それは非常に難しい手術ですので、失敗すれば首から下が麻痺することになります。
    そういうこと、お分かりですか?

    ヘルニアでも働いてる人がいるし・・・って、冗談も休み休みにしてほしいです。

    ユーザーID:

  • 愛する人のためならば〜

    >ヘルニアってそんなにツライのですか?

    文句を言ってるより、愛する彼のため、ヘルニアに対する知識を学んで、その上で「自分で」判断されたらいいのではないでしょうか?
    何でも他人に聞いて、判断して貰うだけでは半人前、相手の苦しみも受け止めなければならない結婚生活には向きませんよ。
    もし今、貴女が現状のまま(努力なしで)彼を拒否するのであれば、貴女にはまだ結婚する度量がないのだという事になります。

    しかしながら、
    ヘルニアの発作発症から何ヶ月経っても彼がウジウジやってるようであれば、今度は彼の方が「夫婦になる資格ナシ」のガキんちょ、という結論になります。
    痛かろうが発作の心配があろうが、働かなければ生きていけないのですから。甘い事を言ってちゃいけません。
    まぁ人間て弱い生き物ですけどね。叱りつけるんじゃなく、うまーく勇気づけて誘導してあげられたらいいんですけど。


    その判断を下すには、まず貴女がヘルニアについて博識になる事ですね(笑)がんばって。

    ユーザーID:

  • 私もそうでした。

    マンションを買い、結婚式まであと3か月・・・という所で夫がリストラされました。

    体調不良(うつで休職経験あり)と上司と合わない(態度に出てたんでしょうね)で、リストラの対象者になり、そのまま辞めました。というか、辞めるしかなかったんだけど。

    半年くらい仕事してなかったですよ。

    夫も私も「どちらか一人の給料じゃやっていけない」と共通認識がありましたから。
    「わかってるよね?」と釘はさしましたが、生活態度については特に何も言いませんでした。

    婚約者の彼は、いつかは働くつもりなんでしょうか?
    もし主夫になって、あなたに養ってもらうつもりなら、家は今からでもあきらめた方が良いかも。

    私も
    ・家を今からでもキャンセルする。
    ・ムリなら、速攻売却を検討する。
    ・結婚式をキャンセルする。
    と、とりあえず大きい金額が出るイベントはやめようかと提案しました。

    彼に仕事をせっつくのではなく、具体的にどうするか二人で決めないといけないんじゃないですか?
    黙って見守ってても仕方ないですよ。
    で、一旦決めたらぐじぐじ言わない事。

    ユーザーID:

  • みんなやさしいですね

    結婚決まっててしかも家を建ててるとわかってて仕事をやめるのは理解できません。相手が不安になるのもわかるよ。
    病気があるなら結婚する前に言っておくべきでは?

    ユーザーID:

  • 家も同じ

    トピ主さん、
    まずは御結婚おめでとうございます。

    私も結婚直前に彼が無職となり、現在結婚暦半年です。
    そして、稼ぎ頭が私です。

    トピ主さんの収入で
    新居のローンを払いながら、
    2人の家族を養っていくことは可能ですか?
    それなら、そんなに問題はないと思います。

    でも、家の場合、私の収入だけで、
    常に赤字です。

    正直辛いです。
    好きなこと何もできない。
    結婚式も友達と会うお金さえない。

    それでも、愛があれば戦っていけますか?
    それならいいのですが。

    でも、新生活の始まりは、思った以上に支出があります。
    それに、新居にいれる家具の準備金はありますか?

    最後に心配になったのが、
    旦那さまが辞めた理由にヘルニアの他に

    >「上司と合わない」

    の一文です。
    どこの職場にでも合わない上司はいますからね。

    よぉく考えたほうがいいですよ。

    ユーザーID:

  • 痛さは本人しか分かりません

    私の彼(現在26歳)も数年前、椎間板ヘルニアと診断されました。
    元々腰痛持ちでしたが、ある日突然激痛が走り、左足が動かせなくなりました。
    しばらくは病院でもらったヘルニア用のサポーター(と言っていいのかな)を巻いて出勤していましたが、
    痛みで夜眠れない、(プログラマーですが)長時間椅子に座っていられない、等で会社をかなりの日数休みました。
    冬場では、お風呂上がりの冷えでも痛いそうです。
    今は、だいぶ症状は落ち着いてますが、たまに痛みで蹲っている時もあります。
    程度によりますが、誰かは平気なのに、婚約者は甘い、と考えるのはひどいのではないですか?
    症状が疑問なら一度病院に付き添われて、医者に質問してみるといいのでは?

    ちなみに。
    彼の弟も椎間板ヘルニアで、腰を手術をしました。
    一応治ったそうですが、重いものを持たせたり等は周りがさせないようです。
    私の祖父も同じく手術をしましたが、失敗し、歩けはしますが、足に力が入らないそうです。

    ご参考までに。

    ユーザーID:

  • ヘルニアは・・・

    椎間板ヘルニアは脊椎の間の軟骨がはみ出て神経を圧迫する症状らしいですよ。
    神経に直接触れているため、下手をすると神経を傷つけて下半身不随になる事もあるとか?絶対に無茶はさせないほうが良いです。結局、出っ張り具合で痛さも違うのでしょうし、人と比較して生活態度を言うのは危険かもしれません。ひどい時は、下半身不随になる前に手術するような病気ですから。

    確か、脱腸もヘルニアと言います。ただヘルニアだとまったく違う病気かも知れません。何かがはみ出てしまうことをヘルニアと言うのでしょうか?

    ユーザーID:

  • トピ主です

    皆さん、いろいろなご意見ありがとうございます。
    厳しいご意見もあり、やっぱり私は「夫婦になる」ということをまだよく理解できていないと子供だと痛感しました。周りに「夫が無職」という人が他にいないので、イキナリとてつもない事態を背負い込んでしまったような気になっていましたが、そんな時でも頑張って夫婦で乗り越えている方も世の中に大勢いらっしゃるんですもんね。私も頑張ります!

    >間違いない様
    >それと、養うって単語は小町では禁句です。
    えっ!知りませんでした。すみません!以後気をつけます。

    >チョコレモン様
    結婚式前に新居を建てるというのは、すごいように聞こえてしまったかもしれませんが、実は彼が一人っ子ということもあり、彼の祖父に使ってない土地を貸して頂き、建物の資金も半分援助してもらったのです…。私が住んでるところは田舎だからか、そういう人もたくさんいます。

    ユーザーID:

  • トピ主です2

    >経験者様・うーん様
    ヘルニアに関しての情報ありがとうございます。
    私も少しヘルニアについて勉強してみようと思います。
    >私にはあなたが鬼に見えます。
    彼は会社で「ヘルニアで仕事が出来ないというのは、言い訳にならない」と言われたそうです。そんな会社ヒドイと思っていたのに、私も彼に同じことをしてしまっていたのですね。反省します。。。

    >はな様・あみあみ様
    お二人はきっと「いい奥様」なのですね。文章からそんな感じがします!
    私は自分も仕事を頑張っているので、彼にも仕事を頑張って欲しいと思ってしまいます。押し付けですよね…
    「鬼嫁」にはなりたくないと思っていたのに、このままでは「鬼嫁」まっしぐらな気がします!お二人のような「優しい奥様」目指します!

    ユーザーID:

  • 痛いです・・・

    私もヘルニア持ちです。
    痛いですよ!

    上司が私より半年位前にヘルニアになり
    2週間休暇を取り、その後出社しても早退したり
    顔を歪めてたり・・・辛そうにしてましたが
    私もトピ主さんと同じように「そんなに辛いの?」と
    少し冷めた目で見てました。(反省)

    ですが、ある日突然激痛で歩けなくなり
    病院に行ったところ椎間板ヘルニアとの診断でした。
    元々腰痛持ちでマッサージや針には通っていたのですが
    比べ物にならない程痛かったですよ。

    今はだいぶ落ち着いてますが
    それでも完治する事は無くヘルニアとお付き合いしてます。(笑)

    人それぞれ程度があると思いますが
    腰は大切ですよ!
    少し休養させてあげてください。

    結婚前で大変だと思いますが
    彼と良く相談してくださいね。

    ユーザーID:

  • よく話し合って

    何が何でも今すぐ結婚しなければというのでなければ、ヘルニアが治って再就職するまで延期してはいかがでしょう。結婚は簡単ですが、離婚は大変です。

    予定通り結婚するなら、腹をくくって彼を支え抜いてください。不満や無理解な言葉を慎み、忍耐と愛情をもって彼を養い、ローンを払うことです。

    彼はあなたに何を望んでいるのですか。あなたは彼を信じて頑張る自信がありますか。彼はあなたの不安や努力を理解して、一緒に歩む覚悟がありますか。よく話し合ってみてはどうでしょう。

    ユーザーID:

  • ヘルニアはこの世の地獄

    デスクワークでしたが、コルセットをしホッカイロをし、低周波治療器でごまかしながらなんとか仕事してました。でも30分も耐えられず休憩室でうつ伏せで休んでました。ほんと地獄でした。
    結局三ヶ月ほど自宅療養しなんとか復帰できました。
    くつ下は履けないし、足があがらなくなり普通に歩けませんでした。
    体の中心なだけになにをするにしても腰が痛み、車も運転できず、座ってる状態から立つだけでも一苦労、っていうかなにかにつかまらないと立てませんでした。
    思い出すだけでもツライです。日常生活でもツライのに仕事なんて無理です。
    こんな状態でしたが医者には「軽度のヘルニア」と診断されました。
    それまでは病気なんて気合いで!と考えていた私ですが、ヘルニアはそんなテンションさえ奪ってしまうくらいツライです。「話す事」さえも煩わしいくらいでした。
    経験した人じゃないとあの辛さはわからないです。
    腰って本当大事だよ。大事になおした方が今後の人生のためだよ。
    お願いだから三ヶ月くらいだけでも休ませてあげてください。

    ユーザーID:

  • ヘルニアについて

    私は高校3年の時にヘルニアになり、卒業一ヶ月前に手術し卒業式の3日前に退院しました。
    手術するまでは、授業中ずっといすに座っているのもしんどかったです。
    しかし幸運にも手術ができ、今は腰痛とは無縁の生活を送っています。
    ヘルニアにも重度、軽度、手術できる人、できない人千差万別だと思いますが、一度大きな病院で手術で治せそうかお聞きになったらどうですか。

    ちなみに私は布団を上げようとして18歳にしてぎっくり腰になりそれが原因でヘルニアになりました。
    最初は小さな町の診療所に行き、ただのぎっくり腰と言われました。
    しかし一向に良くならないので、設備の整った大きな病院で検査を受けるとすぐに、ヘルニアと診断され、手術を勧められました。

    あと独身の私が言うのもなんですが、結婚はいいことばかりじゃないと思います。
    仕事があり安定した生活を送れる時もあれば、そうでない時もある。
    辛い時こそ踏ん張り時だと思います。
    彼を支えてあげてくださいね。(えらそうなこと言ってすいません。)

    ユーザーID:

  • ヘルニアはつらいです

    椎間板ヘルニアという病気は、軟骨などが飛び出て神経を圧迫する病気です。激痛を伴い、ひどいときは麻痺します。痛みが引くまで安静にしているのが一番です。場合によっては手術も必要です。

    婚約者様がどの程度かわかりませんが、安静にするのが治療方法ですし、病気を患っていては再就職は無理でしょう。
    これから先重労働は厳しいかもしれませんが、一生治らない病気ではありませんから(私は3回発症しましたが、1ヵ月〜半年で治りました)、治るまで見守ってあげられませんか?

    蛇足ですが、労災認定されませんかね?

    ユーザーID:

  • 話し合いが大事ですよね

    婚約者の方は退職の前に婚約者であるトピ主さんに何らかの相談をされたのでしょうか?

    新築の家まで建てている、婚約者がいる立場の大人なら当然お互いに対しての責任感をお持ちだろうし、将来の生活に大きな影響を及ぼす「離職」をする前に双方の考えのすりあわせを行うと思います。

    確かにヘルニアの痛み・苦しみはその人にしか分からない。けれどトピ主さんの感じる不安・疑問はただの「他者の痛みが理解できない」ことからくるものとは思えません。
    この問題の一番の要因は「将来をともにする相手としての理解不足(お互いの)」ではないでしょうか。

    トピ主さんが鬼とか言っている方もおられますが、常識的に考えれば人は容易に鬼にはならないので、そのように感じるようになった原因を考えるほうが先決でしょう。
    トピ主さんが彼の状況を理解し、彼もトピ主さんの心情を理解しお互いに思いやる。トピ主さんが一方的に彼を理解・扶養するばかりではいつか関係は破綻しますよ。

    つまり、話し合いが足りないのでは?

    ユーザーID:

  • ヘルニアじゃないけど

     数年前に酷い腰痛になり、寝返りうつのも痛くていたくて一苦労、着替えもままならない、立ち上がる(ベッドから起き上がる)たけでも痛みがはしるという状態で病院にいったら、「まだヘルニアにはなってないけど、椎間板がやられていますね。まだヘルニアにはなってないので、わりと簡単になおりますよ。まだ若いし」といわれました。
     ヘルニア一歩手前の状態でもその調子。ヘルニアだと、もっと辛いでしょう。そりゃ私も治療中(理学療法)でもコルセットして仕事にいってましたけど、ホントつらかった。
     私には、「彼が甘い」といってしまえるあなたが、自己中で思いやりのない人のようにみえますよ。

    ユーザーID:

  • まず治療・休養なさってください

    ヘルニアはすごく大変です。手術をされる方もあるし、それで完全に治ればまだいいでしょうが。若い方(10代)で入院なさる方もあるし、とってもつらい病気です。身近にあまりいないようでしたら、皆さんおっしゃるように一度お調べください。

    まずは、彼には休んでもらう、そして治療してもらうのがいいでしょう。お身体の具合もあるのだから結婚は延期してもいいと思います。
    病気とか災害とか、突然の失業や事故、もし職業がある者どうしで結婚した後でも、誰でも起こりうることです。そういう場面でどうするか、どう行動できるか、配偶者選びには、今が無職かどうか以上にそれが大切だと思います。
    まずは治療をしてもらって、その後の行動(回復後、就職できる状態になった時)でお相手を見極める事をおすすめします。トピ主さんもお忙しいでしょうが、お仕事もがんばってくださいね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧