もう一度だけでもいいから見たい映画

レス18
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

子供の頃は信じてた

忘れられない映画があります。
「ノストラダムスの大予言」という映画です。
小学生の頃テレビで見たのですが、30代となった今でも所々覚えているシーンがあるくらい強烈なインパクトのある映画でした。
音楽も怖くて怖くて…という印象はあるのですが、残念ながらメロディは忘れてしまいました。

最近のホラー映画と比較しても、この映画の方が怖かったという印象があります。先日も兄と話をしていて「あれは怖かったよな」と兄弟でしみじみ日本茶をすすりました。ちなみに僕らはオカルト・マニアじゃありません。
物足りないホラー映画を見た後には、いつも心に「ノストラダムスの大予言」が浮かび、ああ…あれは恐ろしかった、と溜息をつくのです。もう一度見たいのに、ネットで検索をして分かったのは「お蔵入りして日の目を見る事はないのではないか」という映画ファンの方々の推測でした。
当然DVDもビデオもありません。

「もう、強烈にもう一度見たい、けれど見たいのに見れない。」
そんな風に思う映画、皆さんにもありますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • Keiko

    今から25年位前に日本のATGという映画会社が配給していた「Keiko」という映画です。
    確かカナダ人が監督で、舞台は京都、主演は全くの素人の女優で、台本もほとんどアドリブみたいな斬新な映画でした。映画の出来不出来はよくわからないけれど、音楽が綺麗だったのと、あまりにも素人っぽくてすごいリアルだったから、印象に残ってます。

    10年くらい前までは、たまーに深夜枠でテレビ上映していたのですが、最近は全然みかけません。
    レンタルビデオも探したけどなかった。

    このトピに便乗ですが、ぜひもう一度見たいのです。
    どなたかご存知ありませんか?

    ユーザーID:

  • タイトル忘れて・・・

    小学生のころにテレビで放映されていたのを父と見たのですが、タイトルが思い出せなくて。

    戦争で重症を負い、目も見えず耳も聞こえず話もできない主人公。両手両足もなかったはず。看護婦さんが胸部に「メリークリスマス」と書いてくれて、クリスマスなんだとわかる・・・そんなお話でした。
    子供ごころにかなり強烈で、もう一度みたいんですけどね〜

    ユーザーID:

  • その映画はもしや。。。

    丹波哲郎さんが出てたやつですか?
    手に入れられるようになったと聞いたことがあるので、ちょっと調べてみました。
    そうしたら今、「完全ノーカット日本語原音版」なるものがヤフオクに出てましたよ(但し、今夜終了みたいです)。
    形式はDVDで、問題シーン?も収録されているそうです。

    私は観たことないんですが、結構問題になったりとすごかったみたいですね(怖そうなのでとてもじゃないが観れない。。。笑)

    ヤフオクは落札がなかったら再出品されることもあるので、チェックしてみてはどうでしょう?
    日本では入手困難だそうです。

    ユーザーID:

  • 七味唐辛子さま へ

    その映画は、「ジョニーは戦場へ行った」です。
    私も、その映画観ましたよ。観てて辛くなって、途中で止めてしまいましたが。

    ユーザーID:

  • ジョニーは戦場へ行った

    私もこの映画もう一度見たいです。
    東大の学園祭で上映していました。一緒に行った他の人たちが(辛くなったのか)途中で出ようと言ったので、最後まで見られませんでした。

    看護師さんがジョニーを人間らしく扱い、ジョニーもとても聡明で、わずかに残された体の機能を使って自分の状況を理解していく。胸に字を書いてメッセージを伝える方法を看護師さんが見つけたところまで見たと思います。そのあとどうなったかもう一度最後まで見てみたいです。

    思えば、あれが私が見た一番古い、声が使えない人とのコミュニケーション方法でした。今の私の仕事の原点はこの映画だったのかもしれません。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 古い映画

    外国の映画で、お母さんが亡くなった少年の話でした。弟がいて、お母さんが亡くなるときに弟のことを頼むわねというようなことを言ったか何かで、少年はお母さんがなくなった哀しみを押し殺して、気丈にふるまっていたのですが、そんな少年の思いを知らないお父さんは、母親が亡くなっても哀しみもしない冷たい子というようにみなして、少年にきつく当たっていたように思います。途中までしか見られなかったのです。
    たぶんですが、これをリメイクしたのが、「ウィンターローズ」なのでは?と思うのですが。 「ウィンターローズ」ではなく、こういうお話を知っている方がいらしたら教えていただきたいです。

    ユーザーID:

  • 優貴さんへ

    その映画は「天使の詩」という1965年のイタリア映画のように思います。
    父と兄の心のすれ違いが哀しい映画でした。

    ユーザーID:

  • >のりたまさんへ

    (トピ主さん、横でごめんなさい。)

    ありがとうございます!!
    長いあいだ、時々思い出しては「なんて題だっけな〜」と
    考えてたので、解決できてうれしいです!!

    勇気だして、もう一回見てみよう・・・

    ユーザーID:

  • ピーターラビット

    マイナー映画のトピにも書いたのですが
    確かイギリス映画の「ピーターラビット」
    です。

    絵本「ピーターラビット」の着ぐるみを着て踊る
    バレエ映画ですが、最後にはりねずみのおばさんが
    湖水地方の美しい風景の中を、走り去っていくシーンが印象に残っています。
    それと、音楽がきれいでした。

    ハンフレットも持っていますが、ビデオとか出ていませんよね。残念です。

    ユーザーID:

  • 星砂物語

    加山雄三の「若大将シリーズ」を若手キャスト・スタッフで現代に甦らせたリメイク版ともいえる「スターダストストーリー(星砂物語)」が、もう一度観たいです。もちろん、DVDにもビデオにもなってません。ずっと以前に1度だけTVの深夜枠で放送されましたが、もはや観ることは不可能でしょう。劇中の音楽も若大将シリーズのヒット曲のニューアレンジですが、イメージを全く損なってません。確か、「ある日渚に」がテーマ曲として使われてました。

    ユーザーID:

  • 鬼畜

    私がまだ小学校低学年の時だったと思います。
    その当時、20時には布団に入るように命じられていたのですが、TVのある部屋のふすまを細く開けて、親が見ている番組を盗み見ていました。
    その映画のタイトルが「鬼畜」です。
    ・緒方ケンと岩下志摩が出ていた。
    ・何か有名な賞をもらっていた作品。
    幼いながらに、号泣でした。盗み見なので、嗚咽がもれないように、布団にくるまって泣きました。
    どうしてももう1度見たいです。
    しかし未だにレンタルビデオ屋で見た事はありません。
    そうそう、1年くらい前かなー?ビートたけしと黒木瞳主演の「鬼畜」やってました。
    迫力がちがうんだなー。岩下しま、ほんと恐かったもん・・・。

    ユーザーID:

  • 便乗ですがごめんなさい…

    私ももう一度見たい映画があるんですが、題名が全然わかりません。
    多分中国のカンフーかなんかの映画だと思うんですが、山奥におじいさんと住んでる3人兄弟(子供)がいて、都会に出てくる話だったんですが…。信号を見て「三つ目のオバケだ!」なんて言ってたのがすごく印象的でした。確か女の子がさらわれちゃってそれをカンフーで助けに行く話だった気がします。もう十年以上も前に洋画劇場かなんかで見ました。ずっともう一回見たいなあ、と思っているんですが、全然分らないんですよ…。どなたか知ってる方いたら情報いただけると嬉しいです…!

    ユーザーID:

  • あります

    10年以上前にテレビで「青い海のエルフィ」というアニメ映画があっていました。
    私はその時とても幼かったので、半分くらい見たところで寝る時間がきてしまい、寝てしまいました。
    翌日母に「昨日の映画はどうなったの」と聞いたら、「悲しい終わり方だったよ」と言われました。
    どのような終わり方をしたのか気になって、もう一度見たいけれど、その後エルフィを見ることはありませんでした。
    最近ネットでビデオが販売されているのを知ったのですが、高額で手がでなかったです。

    ユーザーID:

  • ボクは5才だ

    母を亡くし、父は出稼ぎに出て、高知で祖父母に預けられている、5才の男の子の話。
    私が小学校1年生のときに、学校で見ました。
    その男の子が、音信不通のお父さんに会うために、
    一人で高知から大阪に無賃乗車で行くんだけど、
    一度だけお父さんに連れて来てもらっていて、
    いろんなところをスケッチブックに書いていて、それだけを頼りに、そして、一緒に大阪まで行った事を思い出しながら、歯を食いしばって行くんですよね。
    ちなみにお父さんは宇津井健さんで、実話だと聞きました。
    いま、6歳の子がいますが、今見たら泣くだろうな〜。
    当時はやはり、子供の目で見てました。
    学校で見たと言えば、吉沢京子さんの「父ちゃんのポーが聞こえる」ですね。

    ユーザーID:

  • 「Keiko」私も見ました

    たよみさん、私も当時劇場で見ました。とってもリアルで不思議な作品でしたよね。あらすじは忘れましたが、妙に心に残っています。

    主役の若芝順子さんは確か一般公募で選ばれた女子大生で、あの作品のみで引退?されたと思います。ここに写真が一枚だけ載っています。4月20日の所をご覧下さい。
    http://www.kinejun.com/special/special04032201.html

    そう言えばスカパーの日本映画チャンネルで前に放映していました。NHK-BSでも時々ATG特集をやるので狙い目ですよ。ATGの作品を集めたDVDも出てますし、そのうちレンタル店でも出て来るんじゃないでしょうか。

    それから、「Keiko」のギニオン監督が再び日本を舞台にした新作を撮り、もうすぐ公開されるそうです。奥田瑛二や桃井かおり主演で「リバイバルブルース」と言う作品です。詳しくはこちらをチェックしてみて下さい。
    http://www.elephant-picture.jp/revivalblues/

    もしかしたらこれを機会に、ギニオン監督の過去の作品がリバイバル上映されるかもしれませんね。しばらくテレビや名画座のスケジュールをチェックされると良いかも、です。また見るチャンスが来ると良いですね。

    ユーザーID:

  • アレッサンドロ・コッコと『愛のほほえみ』

    今から30年程前に公開されたイタリア映画『愛のほほえみ』です。
    お父さんを亡くした少年のお話で、詳しい事は忘れましたが、主役の少年がとても美少年でした。

    ラストシーンが強烈で、おもちゃのゴーカートに乗って坂道を降りた所をトラックにはねられて亡くなってしまう・・と言う可哀想な最後でした。

    確か、アレッサンドロ・コッコと言う名前で、公開当時に来日して、土居まさる司会の「TVジョッキー」に出ていたのですが、あまりの美しさにゲストがポカンと口を開けていたことまで覚えています。

    でも全然ヒットしなかったみたいで、テレビでもあまり放映しなかったようです。20年前に一度だけ深夜映画で見たきりです。ビデオでも出てないみたいですし、もう二度と見ることはないのかも。

    あの美少年は今頃どうしてるのかな。今だと40才ぐらい?? とても懐かしいです。

    ユーザーID:

  • 邦画ホラー恐怖症様

    トピ主です。
    すっかりトピが埋もれていてようやく発見しました。

    邦画ホラー恐怖症様、情報有難うございます。
    ヤフオクで根気良く探してみます。僕が入手できれば、兄も見たがっていたので(?)、多分喜んでくれると思います。

    他にも皆さんの書き込みを見て、「ジョニーは戦場へ行く」という映画を見てみたくなりました。泣ける映画も好きなのです。ちなみに(誰も僕に聞いていませんが)、ウィンターローズは見ました。切ない映画でしたね。

    ユーザーID:

  • 便乗いいですか?>keiko

    たよみさん、ぷるるさん、ありがとうございます〜〜〜
    実は私もその映画、すっごく気になっていたんです!!!

    今カナダ在住なのですが、1月ごろこちらのテレビでその映画"Keiko"を見たのです。途中からだったから
    題名もわからないし、出ていた俳優さんも誰一人として
    知らない人ばかり。クレジットを見るとどうやら監督は外国人だし、ずっとわからないままでいました。とても不思議な雰囲気の映画でしたよね。題名がわかっただけでも胸のつかえが取れた感じです、どうもありがとうございました!

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧