独身時代の貯金は誰のもの?

レス24
(トピ主0
お気に入り1

恋愛・結婚・離婚

貯金しろよ

この春に結婚しました、僕31歳妻30歳子供は無く共働きで今後見込まれる世帯年収1000万程です。
結婚前には二人ともたいした貯金も無かったのですが
親からの援助を受けることなしで結婚式費用、旅行費用、新居の費用などをお互い折半で払いました。

いただいたご祝儀はありがたく二人のための支払いに回せたので実質自分たちの負担分はすべて合わせても200万ほどでした。そしてそれぞれの貯金の残りと言うものがあるのですが(僕が50万くらい彼女が150万くらい)

お互いの貯金の残りを足した物を我が家の貯金として運用すればよいと思っていたのですが、独身時代の貯金なんだからそれぞれの持ち物でしょうと言うのが妻の考えみたいで独自で運用しています。僕の貯金はすべて渡してあり僕は毎月お小遣い3万貰うだけです。

妻は僕の貯金を僕が管理してくれて全然構わないと言う態度ですから残りを僕が持っていることも出来ます

結婚しても財布は一つにならないのが納得いかないです

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 別々だろ

    ウチは独身時代の貯金は各々の物、各々の財産と認識していますから一緒に管理する事はありません。
    だから実際、結婚前の貯金としてお互いがいくら持っているのかも知りません。
    むしろそれが当然だと思います。

    奥さんの「自分で管理していい」って意見は納得出来ます。結婚したんだから一緒にしなきゃいけないってトピ主の意見の方が???です。

    ユーザーID:

  • 当然別管理でしょ

    あまりあって欲しくないことですが
    離婚ということもありますし
    事故で突然相手に死なれて
    元々自分のものなのに一括管理(名義人一人で名義人が死亡)したが為に相続税払うのって納得いかないでしょ

    私自身は「独身時代の資産は自分の物で自分が資産運用する」
    のが普通だと思っていたので
    トピ主さんの考え方はサッパリわかりません

    ユーザーID:

  • 自分のもは、自分で。

    という、考えです。
    独身の時にためた貯金は、主人には金額も、内容も内緒です。自分の趣味、家族のためなどに使ったりしてます。(といって、ばんばん使うわけではありません)
    夫婦だからといって、同じにしなければいけないの?
    別でもいいと思いますけど・・。無駄使いしなければ・・。

    ユーザーID:

  • いいと思うけど・・・?

    結婚前の貯金ですよね?
    奥さんの言うようにお互いの貯金は自分で管理すればいいのでは?トピ主さんの貯金は奥さんに預けてるだけで自分で管理可能なのでしょう?

    結婚後の貯金ならトピ主さんの考え方も分かるけど、結婚前は個人の努力の賜物ですから取り上げないでくださいまし。お互いの貯金は無いものとして家族で一から蓄える方がけじめがついていいですよ。

    ちなみに小遣い3万は私のまわりでは一般的です。

    ユーザーID:

  • 自分のものです

    相手に寄付していない限り、独身時代の貯金は自分のモノです。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 別産制により、各人の特有財産になります

    民法では、配偶者の何れかが婚姻の前から所有していた財産や、婚姻中に取得した財産は、特有財産といって個人の物になります。(別産制です) 夫婦いずれかの物か分からない財産のみ共有財産と推定されます。よくお財布をひとつにすると言いますが、それは生活費(婚姻費用)のことと解釈されます。生活費は夫婦で分担ですから。

    また、たとえ奥さんがトビ主さんの了解を得ずに、家財道具や服や食品を勝手に購入しても、よほど高価な物でない限りは、トビ主さんは支払いにつき連帯責任を負わなければなりません。(通常の生活からかけ離れた趣味の物は駄目ですが)

    これに対処するためには、あらかじめ「買っても、俺は払わないぞ」とクギをさして置けば、連帯責任を免れます。以上、民法の法定財産制についてふれましたが、財産関係を夫婦間で決めて契約することもできます。ただ、残念ですが、婚姻の届出前に登記をしなければ効力がありませんので、今回の件は、上記、法律の定めどおりになります。

    ユーザーID:

  • 財布はひとつの意味

    一つにまとめたいなら、トピ主さんの貯金を妻名義の口座に、振り込めば、いいだけなのでは?

    それとも、「財布を一つにする」という意味は、自分の貯金を妻名義の口座に振り込むのは嫌だけど、妻の貯金はトピ主さんの口座に振り込めとでも、言う意味ですか?

    ユーザーID:

  • 人それぞれですが。

    私はトピ主さんとほぼ同じです。
    30代前半の夫婦・子なし・共働き・1000万程度の世帯収入。結婚は4年目です。

    結婚前の財産は基本的には、それぞれのものです。
    夫婦の共有財産になるのは、結婚後に形成した財産についてではないのでしょうか?

    ですから、私は結婚前に形成された妻の財産については把握していませんし、妻も私が結婚前に形成した財産については把握していません。

    結婚後については、
    夫婦それぞれの収入に応じて(各自の収入の約五割)、お金を出し合い、夫婦共同の「財布」を作っています。そこから、衣食住に関わる生活費や、二人での旅行費などが出ます。

    残りのそれぞれの約五割は「小遣い」として、夫婦それぞれで運用しています。この部分はやはり「一つの財布」ではありません。

    結局、私と妻と夫婦共同の三つの「財布」が存在しています。

    ご参考までに。

    ユーザーID:

  • ごめん。言わせて。。

    正直50万位どーでもいいじゃん。
    って思ってしまいました。
    すいません。なんでも言っちゃうタイプなんで。
    そんなことより世帯年収1000万あれば、
    心配しなくてもこれからがんがんたまっていきますよ。そっちの管理のことを心配したほうがいいと思います。どっちの名義の口座にどのくらいの割合でためていくとか。
    ちなみに家は独身時代の貯金は1つにまとめてしまいました。双方意義はなく主人にも管理は私にまかせるといわれているので、管理させてもらっている分、
    へそくりなんかなく、お金の面ではすべてクリアにしています。

    ユーザーID:

  • 独身時代の貯金

    これは、自分のものでしょう。
    一つにするって言っても、口座名義は、どちらにするのですか?それに、その口座を1つにした時点で、
    それは、贈与ってことになるのでは?
    かりに旦那名義にしたとして、妻の貯金が150万
    なら贈与税かかりますよね?
    妻名義にして、旦那の貯金50万を贈与するなら、
    税金はかからないと思うけど。
    あと離婚になったときに、150万の独身時代の貯金であったとしても、それは、口座を一緒にしてしまえば、財産分与の対象になってしまうのでは?
    まあ、奥さんはフルタイムで働いてるなら、今後も
    自分名義の貯金はそれなりに出来るけど、仕事やめれば、増えないのですから、それに、もしもの場合には、離婚以外の死亡というリスクもあり、亡くなった人の口座が凍結される間、自分名義の貯金って重要なんですよ。

    ユーザーID:

  • 法律的にも本人の財産です

    結婚前の預金は、法律的にも本人1人の財産とされていますよ。
    結婚後の収入は、2人の財産です。つまりトピ主さんが年収200万で奥様が800万稼いだとしても、合計額1000万が2人の共有財産となり、実質的には500万ずつを財産として持っていることになります。

    っていうか、年収1000万あるなら、たった150万くらいどうでもいいじゃないですか?

    ユーザーID:

  • 当然じゃないの?

    うちも財布,貯金は別々ですよ。当然。
    でも自分のお金を出したくないわけじゃないですよ。
    それぞれ自分の収入・貯金は自分で管理し,生活費や大きな買い物(家・家財道具等)のときは出し合います。(だから家も共同名義)
    他の方も書いてますが,うちも夫・妻・共同と財布は三つで,共同部分の管理はわたしです。
    夫の独身時代の貯金まで管理するなんてイヤだな!面倒だもん。自分のことくらい自分でやって。

    ユーザーID:

  • トピ主さんの勘違いでは?

    >結婚しても財布は一つにならないのが納得いかないです。
    (答)結婚したら各々の独身時代とは別の、ゼロから始める新しい財布(共有財産)が出来るのです。

    奥さんの独身時代の預金は、奥さんの個人財産です。
    今後、出産や育児で一時的に奥さんの収入が無くなっても、あなたに遠慮せずに使える大事なお金なんです。

    例えば
    ・彼女の仲の良い友達で、でもあなたとはあまり面識の無い人へお見舞いを包みたい時に「出す必要ないんじゃない?」とか「もうちょっと少なくても」なんて言われたら嫌だし。でも自分のお金なら好きに出せる。
    ・生活必需品ではない趣味の品物を購入するのに、家計からは出せなくても自分のお金なら気にせずに買える。
    等々。特に専業主婦になってしまうと、出費に対して夫の許可を取るのが嫌な時もあるのです。
    『気持ち良く』出して貰えるならいいですが、『しぶしぶ』出して貰うのはお互い不愉快になります。
    そんな時に、独身時代からの個人財産は貴重なのですよ。

    ユーザーID:

  • 共有財産にするのは不可能ではないが

    法律上、婚姻前の夫婦それぞれの財産・負債は各人の物となります。夫婦共有財産(負債)になるのは婚姻及び夫婦生活の中で生じたものに限られます。

    「2人の独身時代の貯金も、夫婦の財産にしよう」とどちらかが提案し、もう一方が了承すればそういった取扱も可能ではありますが、相手の意思を無視して無理強いするのは不可能です。

    >りんご様に追記
    >結婚後の収入は、2人の財産です。

    とありますが、夫婦各人だけに由来する財産・債務(相続財産・負債、1人で買った宝くじなどの当選金、配偶者が止めるのを無視しての過大な浪費・ギャンブルの借金など)は、婚姻後に発生したものでも夫婦各人の特有財産(負債)になります。

    特に相続財産について「配偶者にも権利がある」と主張される方が(この掲示板に限らず)非常に多いので、失礼ながら補足させていただきます。

    ユーザーID:

  • 矛盾

    結婚前の貯金はそれぞれの財産と法律論を振りかざすならば、トピ主さんがお小遣いをもらっているのは思いっきり矛盾していると思います。法律上、トピ主さんの収入はトピ主さんのものなんじゃないですか?それなら、婚姻生活を維持するのに必要な費用を分担して支払うだけでいいと思います。

    ユーザーID:

  • 別です

    結婚前の財産は個人の物です。だから奥さんの方が正しいです。
    それに、自分の方が少ないのに「合わせて二人の物」ってのもちょっと…

    ユーザーID:

  • 冬に結婚しますが・・・

    うちも世帯収入が1000万くらい。ご祝儀はいくらくらいいただけるのか分かりませんが、結婚費用で配偶者となる人の貯金はゼロになる予定です。(足りないくらいです)

    反対に私のほうは約300万くらい余る予定です。額は「少し残るかな?」としか言ってないのですが、男性って結婚前の貯金って家計に組み入れると思っているのかなぁ?

    ユーザーID:

  • 一緒です

    うちの場合はもともと独身時代貯めていた目的は、結婚の為だったので結婚と同時に一緒にしました。
    今私は専業主婦ですが、自由に使えるお金は夫と同額です。
    「家族だから」と当然かのように言い出したのは夫で、私はその気持ちがとても嬉しく毎月貰うお金で夫も物をついつい買ってしまいます。。

    ユーザーID:

  • とむさん意味不明

    法律は振りかざすものではなく、事実として存在するものなんですよ。
    婚姻関係の中で生じた収入は、2人の財産なのです。そして結婚前の財産および相続財産は、1人のものなのです。

    小遣いが少ないことが不満のようですが、小遣いというのはあくまで言葉の表現でしかなく、給与の大半が生活に必要な経費や住宅購入、教育への預金、老後資金などに充てられているだけです。

    ユーザーID:

  • 結婚後は共有財産

    とむさん

    >法律上、トピ主さんの収入はトピ主さんのものなんじゃないですか?

    法律上では、結婚前はそれぞれの個人財産で、結婚後は共有財産なんですよ。
    結婚後のが共有財産というのは、私もうーん。。と思う面はあるんですけどね。特に配偶者が無職の場合には…
    配偶者を持ったとたんに極端に収入が上がることはほとんどないだろうに、半分は無職の配偶者のものと言われても納得はいかないですよね。配偶者が家事を全部やったとしても、せいぜい3割くらいかなと思ってしまう。
    専業している方そのものを叩くつもりはないです。法律の解釈が納得いかないだけです。横ですみません。

    ユーザーID:

  • 結婚後は?

    結婚後の家計管理はどうなっているのでしょう。

    もし奥さんが家計を握るなら、トピ主の気持ちも理解できますよ。
    結婚後の給料を妻に取られては、納得がいかないのも当然です。

    ユーザーID:

  • わかりにくかったでしょうか・・・

    私が言いたかったことは
    法律上、結婚前の貯金は各自の財産。だから各自で管理すべき。

    というならば、
    結婚後の収入は各自の財産。なのに奥さんが管理。トピ主はお小遣いもらうのみ。
    というのは矛盾していますよね?ということです。

    ちなみに、婚姻中の収入は共有財産ではありません。離婚時に財産分与の対象となるだけです。

    ユーザーID:

  • 2回目です。

    前回のつけたしですが、
    貯金を一緒にする=口座をどっちかの名義にする
    って、金額が多いほど問題があるのでは?
    贈与も気になるけど、まあ、これは、普通に名義人が健在、夫婦円満で貯金してるうちはいいかな?

    でも、名義人が亡くなり、相続が発生した場合、
    子供いないと、その名義人の親とか親いないと兄弟に
    その預金の権利が発生するってことになりませんか?

    少なくともその亡くなった人の口座凍結を解除するには、その人の親や兄弟の法廷相続人の実印がいるわけ
    ですから、
    妻の独身時代貯金が大半であるのに、それを証明できるかにかかって来るのかな?
    もし、家計を一緒に=名義統一って考えは、ちょっと問題が多いと思うのです。その貯金の使用目的として、家計のために何かあったらお互いの独身時代の貯金も提供するって考えでいいと思う。

    ユーザーID:

  • 生活に必要な額だけ渡せば

    確かに法律上は”婚前の資産は個人財産”とみなされます。

    >結婚しても財布は一つにならないのが納得いかないです
    一般的には、結婚後のお互いの稼ぎからが適用範囲でしょう。
    で、なにがいやなの?彼女より貯金が少ないこと?自由に出来るお金が月3万しかないこと?
    こうすれば解決できるんじゃないかな?
    (世帯収入ということなので、共働きだと仮定いたします)
    1)渡した貯金を返してもらう(ご自身名義の口座にいれてもらう)
    2)会社に依頼し貴方の給与もご自身名義の口座にいれてもらうようにする
    3)生活に必要な額だけ渡し、残りは自分で運用(貯金するも良し)

    未婚者さん
    >法律上では、結婚前はそれぞれの個人財産で、結婚後は共有財産なんですよ。
    前半はその通りですが、後半は違うでしょう
    後半はトムさんの
    >婚姻生活を維持するのに必要な費用を分担して支払う
    の方が正しいとおもいますよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧