毒になる親

レス15
(トピ主0
お気に入り4

心や体の悩み

つわり妊婦

7ヶ月の妊婦です。

母との関係に悩んでおり、こちらで「毒になる親」という
本を知り、少しでも気持ちが軽くなればと読んでみましたが
逆に辛くなってしまい読むと具合が悪くなるようになり
毎日母の事が頭を離れなくなってしまいました。

母に対する憎しみや嫌悪感もひどくなりました。
それでも母からは毎日連絡があるし、おかしくなりそうです。

心療内科に行こうかとも思っているのですが
妊娠中だし薬の服用などはしたくないのです。
話を聞いてもらうだけでも少しは楽になるものでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 無理せずにね

    えーっとね、まずは無理しないでくださいね。
    長年かかって築き上げ(られ)てきた親子関係の不具合に
    あなたはやっと気がついたという状態なんだと思います。
    気が付いたら、それだけで今までより一歩前進です。
    妊婦さんにストレスは禁物ですし。(そこにさらにストレスを
    掛けてくるのが”毒になる親”なんですが...。)
    辛ければ本は今は読まずに。

    その次の段階、本を読んで知識を得たり、カウンセリングを
    受けたり、こういう場で自分の想いを書いたり、あるいは
    別の掲示板であなた(や私)と同じような気持ちでいる人の
    書き込みを読んだりする事でご自分の気持ちを少しずつ
    整理していけると思います。(*所の落書きとまで呼ばれる
    悪名高い某巨大掲示板にも「親が嫌い」といったスレッドが
    たくさんあります。親子関係に悩む人が自分以外にも
    大勢いると知るだけでも、気持ちは落ち着きませんか?)
    無理せず、あせらずいきましょう。時間がかかります。
    直接親と”対決”できるまでは遠いです。

    心療内科に行っても、妊婦さんに影響あるような薬は
    出さないと思いますけど?

    ユーザーID:

  • ナンバーディスプレイ

    導入してお母さんからの電話は通じないようにしましょうよ。
    過去に何があったのか知らないけど、
    今現在でも、毎日連絡してくる母親なんてうざいことこの上ないです。
    電話拒否したら近くに住んでて突撃してくるとか?
    急に電話に出なくなったらまたうるさいかもしれないので
    「毎日電話があるから昼寝もできないので、
    電話に出ないことにする」とか宣言しておいたら
    すこしは突撃を防げるかなあ?

    接触しなくなるとすこし気分が落ち着きますよ。

    ユーザーID:

  • 私も

    最近「毒になる親」を読みました。
    自分の悩みの解決に少しでもなれば、と思いましたが、読んでいく内に気持ちが悪くなり、かえって鬱がひどくなってしまいました。
    「親との対決」なんて考えるだけで気分が悪くなりました。加藤諦三氏の本は全然そんなことなかったのに・・・私にはあわない本でした。

    ユーザーID:

  • 楽になれるのはずっと後

    私もその本を読んで、自分の人生を見直すきっかけをつかみました。最初は大変つらいです。読み深めるにつれ、自分がどれほど理不尽に扱われていたのかを思い出してしまうからです。

    私の場合は親と「対決」した後、いろんなことを納得していった中で、前ほどは苦しくなくなりました。この本を読んで改めて学んだのは、

    ・自分に良好な感情を持ち、建設的な人生を生きるには親を許す必要はない

    ・「許す」には「復讐しない」と「罪を免除する」という2つの面があり、「復讐しない」ことは大切だが、親に受けてきた行為を「免除」する必要はない

    ・子どもの時の不幸は親の責任だが、大人になった後は、自分の人生に責任を持たなければならない

    特に、「自分の人生に責任を持つ」というのは、頭ではわかっていましたが、それがどういう意味を持つのか、ということがこの本でよくわかりました。↑までたどり着くには、悲しい思いも、あふれる怒りも経験しなければなりませんから、本当につらいと思います。

    お母さんからの電話には出ないとか、お母さんとは少し距離を置く、と言うことは無理なのでしょうか。

    まだまだつらいかもしれませんが、がんばって。

    ユーザーID:

  • 原因がわかってるならカウンセリングは?

    長年母との関係に悩んできた者です。

    母との関係が体調悪化の原因とわかってるなら、
    心療内科は回り道になる気がします。
    自力でいける範囲にカウンセリング機関があれば、
    そちらへ行ってはいかが?

    あと、母との関係が問題なら、岩月謙司さんの一連の本も、役に立つと思います。
    こちらは、そこまで体調悪化せずに、自分がいまどうしたらよいかも、見えてくるのでは。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • トピ主です

    皆さんレスありがとうございます。
    母からの連絡というのは、主に携帯か携帯メールです。
    着信があっても最近は寝たふりをして出なかったり、
    メールも「元気?」程度の内容ならば無視したりしています。
    それでも、母は私の様子が前とは違う事を気にかけて
    祖母や私も共通の知り合いに愚痴ったりして
    結局はそちらの方からもどうしたの?と声がかかります。

    私はこちらでも話題になった「ピーナッツ母娘」なんです。(母子家庭です)
    私が4年前に結婚し、家を出た時母も同時に近くの
    アパートに越してきました。
    その頃はまだその事を少しギモンに思いながらも
    反抗する事ができなかったのです。

    外食するにしても、保険を決めるにしても、子供をつくるにしても
    いちいち口を出してきて、相談しないと怒るのです。
    母の機嫌を損ねるのがとても怖かった。。
    夫には申し訳ないことをしたと思います。

    母は私の人生から外れるのが嫌なのです、きっと。
    私「だけ」幸せになるのは許せない。

    ユーザーID:

  • トピ主です(長くなってしまいました、すみません)

    とはいえ、暴力を受けてきたわけではないし、私が母に
    対し抱いている思いは間違いではないか、
    そんな風にも考えてしまいます。
    でも母は「母」として生きるよりも「女」として生きる事を
    優先したような人で、いつも男がいました。
    部屋にはブリーフが干してあり、夜にはあえぎ声が…
    また夜遊びもしょっちゅうで幼い私を家に残して、
    または夜の街を連れて飲み歩くのも当たり前でした。
    部屋は足の踏み場もなく料理もたま〜にしかしない。
    TVでみるような片付けられない女の部屋そのもの。

    私の事はかわいがってくれていたと思います。それでも。
    けれど自分が子供を授かった今、母のしていた事を
    認めることはできません。

    今はその「女」だった母も何度も男に捨てられて、
    もう男はこりごりのようです。
    だから私に執着するのでしょうね。

    完全に無視できたらいいのですがすぐ祖母に愚痴るので
    祖母がとても心配するのです。
    その愚痴り方も、私はあの子の事を心配しているのに、
    あの子は最近よそよそしいのよ、みたいな感じで
    いや〜な感じなのです。上手く説明できないのですが。

    ユーザーID:

  • トピ主です(長くなってしまいました、すみません)

    「毒になる親」という本は私には合わなかったのか、
    まだ読む時期が早かったのかもしれないですね。
    他に紹介していただいた本も読んでみようと思います。

    皆さんのような、親との関係に悩んでいる、いた、ちうような
    方々と直接お話できるのが一番いいような気がしますが。。
    引き続きいろいろなお話を伺えると嬉しいです。
    よろしくお願いします

    ユーザーID:

  • 妊娠中は・・・。

    「毒になる親」を読んで対決により良い結果を持てたものです。

    この本を読んでいたとき実妹がちょうど妊娠中でした。私の判断でこのテーマを実行するには実妹には今は重過ぎると判断して決して知らせませんでした。今も1歳の子供がいるのでまだまだ、先に教え様と思ってます。

    「対決」よりも大切なのは妊娠中を無事に乗り越え元気な赤ちゃんを産みそしてそだてることですよね?そんな、「毒になる親」よりも大切です。それまで、保留にすると良いと思います。

    母親が嫌なのはよくわかります。私もどれだけ実母に悩まされたか。妊娠中も産後も。お子さんが大きくなった時に考えたほうが良いですよ。お子さんを第一になさってください。

    私が対決できたのは、最後の子供が10歳になってからです。また対決しても1年は結果がでませんでした。時間かかります。

    ユーザーID:

  • わたしもだ・・。

    私も今全く同じ悩みで頭が一杯です。初妊娠7ヶ月目でもあります。24の時念願の一人暮らしを始めたとたん下痢体質がぴたりと治りました。が、震災でやむなく10ヶ月で実家に帰らなければならなくなり、また下痢と胃痛に悩まされました。27歳の時今度は仕事で更に飛躍したいという名目で上京しました。もちろん半分ウソです。私の場合実家にいた時から何度も衝突していたので両親も本当は家がイヤで出て行ったんじゃないかと少しは解っていたんじゃないかと思います。でもなんとか「そうじゃない!」と思い込もうとしているようです。私も姉もまともに結婚して、それを機にそれまでの確執は水に流れたとおもっているのです。私もそのつもりで頭では何度も許そうと、昔の事だと解決してきました。しかしいつまでたっても
    心と体がついていきません。(続きます。)

    ユーザーID:

  • わたしもだ・・。続きです

    相変わらず電話で声を聞いただけで胃がキリキリ痛くなり不思議な程一日気が立ちます。今まではなんとか耐えてきましたが、妊娠をきっかけにこんな事で自分の心をカリカリさせてる場合じゃないと思いました。胎児にも影響がでるし。
    親は親で私の妊娠を理由にそれまで以上に接触してこようとします。私の本当の気持ちを知ってか知らずか
    それまで以上に「電話しろ電話しろ」とうっとうしいです。そして「家族だから」「親子だから」「私は親だ」と必ずつけていろんな要求をします。それが気持ち悪くて吐き気がします。今更いい家族ごっこをしようとする魂胆が気持ち悪くてしょうがないのです。
    長くなるので私のグチはこのへんで・・・。友人でわかってもらえる人は当然一人もいません。姉は気持ちは解ると言いながら、自分の子供が両親になついちゃってるので表面上仕方なく大人の対応をしてるので私にも同じ対応を要求します。
    ここの皆さんに会いたいです。

    ユーザーID:

  • 私も

    母との関係に悩んでました。過去形なのは一度対決して少し関係が変わりました。今でも母の物の言い方にストレスを感じることがありますが。(従わせようとする)
    少し前に「アダルトチルドレン・マザー」という本を読みました。
    橘由子(タチバナユウコ)さんという方がお書きになった本なんですが、ご自身も母親との関係に悩んでおられ、そのことや他の方の実例なんかも交えてあってうなずけることが多く、途中で何度も泣きました。
    この本を読んでから少し気持ちが楽になりました。
    よかったら一度読んでみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • 場合によってはおばあ様も

    切り捨てないといけないと思います。

    私の場合は、母に暴言を吐く私に
    「お母さんはお前のために厳しくしつけたんだ。母に暴言を吐くというのは天につばを吐く行為だ。」と
    父が説教した時に父も同じ穴の狢だと
    両方いっぺんに切り捨てる覚悟が出来ました。
    家庭的でない父に苛立ち、自己実現が出来ずに苛立ちを
    子供を虐待することで(といっても今の時代でも児童相談所が保護するほどの虐待ではない)解消していた母に全く気づかなかったくせに
    今頃、娘たちが冷たいと言われてしたり顔で私に説教したからです。

    あなただって狭い家に母親が男を連れ込むなんてはっきり言って精神的虐待されていたのだと思います。
    そういう娘に育てたくせに孫が娘を敬遠して当たり前と思わずに
    心配して電話を掛けてくるおばあ様も同罪だと思って一緒に切り捨てたら楽になれますよ。

    ユーザーID:

  • 「毒になる本」

    トピ主さんにとって、毒になったのは、
    お母さまではなくて、その「本」なのではないですか?

    いっそ、その本の著作者と、対決してみてはどうでしょう。
    「あなたの本を読んで、私はこんな嫌な気持ちになった」と
    文にまとめて書いて、
    感想として送ってみてはどうでしょうか。

    返事が来るかどうかは分かりませんが、
    私、作家の方に感想の手紙を送った時は、
    100%、お返事をいただいています。
    トピ主さんの感想を読んで、勉強になったと
    受け止める方なら、必ずなにか、お返事がくると思います。
    でなければ、そんなおっさんの本、しょ〜もないもんだったと、
    思い直してみましょう。

    ユーザーID:

  • 岩月謙司さんの本

    はいかがでしょうか?親の七賭け幸福論(自分の七割程度であることを望む親)なるものを説いています。あなたのような親子関係を持った人の例が出てきます。参考になるかもしれません。‘毒になる親’ほど読んでいて辛くはならないと思うのですけど・・・。『家族のなかの孤独』というタイトルの本です。おすすめです。私もあなたと同じ問題を抱えていました。時間はかかりましたが相当回復しました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧