• ホーム
  • ひと
  • 義父のお葬式にて後悔(クリスチャン系の国の方へ)

義父のお葬式にて後悔(クリスチャン系の国の方へ)

レス9
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

えんぴつnz

義父が亡くなりました。

昨日お葬式が済み、なんとも言えないむなしさに苛まれて、書いております。
私の住んでいるニュージーランドでは、お葬式は家族や友人のスピーチで、お偲びの言葉を演台で述べるのが普通と、ここ5年住んで私なりには知っておりました。

ところが今回、主人の父という近い存在であり、お義母さんも、私や、義妹(この人も偶然日本人)に、スピーチをしますか?と聞いてくれましたが、英語も中途半端な私がしゃしゃり出るのは、いけないだろう、とやんわりとお断りしてしまいました。
でも今、そんな自分のことで落ち込んでいます。

こういったへんな遠慮、日本人的な一番悪い癖が出てしまッた様な気がしています。
式の当日、進行の方が、会場の中で、だれでもメッセージを伝えたい方はどうぞ。と募る場面があり、一人だけが出て来て、あとは誰も来なかったので、よけいに自分がするべきだったのか。と気に病んでいます。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 貴女のやさしい気持ちが

    気に病んでトピまで立てる貴女の優しい気持ち、きっと天国で義父さんも「気にしなくていいんだよ。優しい気持ち、ありがとう」と微笑んでくださってると思います。

    このトピ立てたことが何より義父さんの供養になると思って元気出して!

    ご主人にはこの気持ち伝えられました?
    決して義父さんを偲ぶ思いがなかったからでなく、言葉の問題でつい日本式に遠慮してしまって申し訳なかったと思っている、と気持ちを伝えられたらきっと「気にしなくていいよ、ありがとう」とおっしゃってくださると思います。

    義母さんにも気持ちを伝えられたらいいと思いますよ。

    義父さんのご冥福をお祈り申し上げると共に、ご家庭のますますの幸せを祈ってます。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    つばくろさま

    お返事を書いて頂いて、またお優しいお言葉をありがとうございました。
    もう終わってしまった事ですが、実はまだ続きがありまして、字数が多すぎて、私のトピがのるまでにも何日かかかってしまったので、今更ながら、もう少しだけ加えさせてください。
    この件を、気に病んで、義母に謝ったのです。そうしたら、確かにお義母さんも、思っていてくれるだけでいいよ、と言ってくれたものの、それから何となくぎすぎすしてしまって。
    また、式のとき、お義姉さんが、スピーチをしましたが、途中で感極まって止まってしまった時がありました。
    式場の最前列に座っていたその兄弟も、お義母さんも、だれも彼女のそばに出て行って肩を抱いてあげたりなどとしなかった為、ひょっとして私がしなければならなかったのでしょうか?
    (義姉は離婚訴訟中で、元夫もきていましたが、後ろのほうに座っていた)
    何となく、こんなことが重なって、私はとても冷たい人間と見られているような気がしてしかたがありません。
    クリスチャンの国だから、とは限らないかもしれませんが、私は日本の習慣が変えられない、非常識者でしょうか?

    ユーザーID:

  • 気を楽に。

    国が変わるとお葬式も様変わりですよね。

    スピーチは、配偶者や実のお子さんが率先してやるものだと思っていたので、トピ主さんよりも、ご主人やそのご兄弟は何もなさらなかった様子に少し驚いています。トピ主さんが悲しみ後悔するのはお優しいからなのですが、所詮は「義理」の娘ですから、そこまで悩む必要はないような気がするのです...。

    私は豪州住まいです。まだ親族の葬儀に出たことはありませんが、友人の奥さんのお葬式に去年出席しました。本当にさっぱりしたものでしたよ。お子さんがおられないので、ご主人と牧師さんだけのスピーチだったような気がします。出席者も普段着の人がたくさん。私も夫に「真っ黒な服は絶対にダメ」と言われ、あえてジーンズとジャケットにしました。それでも当り前のように歓迎してくれる喪主の大らかさ。涙をみせる人もなく30分位で終了しましたが、それは悲しくないからではなく、「今まで生きててくれてありがとう」という感謝の念だと思いました。死を悼むよりも、生命を喜ぶ、いかにもキリスト教的だと思ったものです。

    あまりお心を痛めずに。亡くなった方はそんなこと気にもとめていませんよ。

    ユーザーID:

  • 経験あります

    私の場合は恥かしげもなく、出ていって話をしたんです。その後しばらく自己嫌悪でしたよ。行くべきじゃなかったんじゃないか、私の話なんて誰も聞きたくなかったんじゃないかって。難しいですよね。

    ぎくしゃくは気のせいではないかと思います。そういう時にフォローすべき人がいるとすれば、それは直接の家族であり、トピ主さんがしなかったからといって「冷たい人ね!」という気持ちにはならないと思います。そういう時にほっておいてもらいたいという人もいるはずですし。

    人の死というのは辛いものです。しばらく周囲も対応に悩むでしょうし、本人も自分の心の傷をもてあますと思います。外国の慣習で言えば、常に義母さんを愛し、気にかけているという気持ちを伝えていけば、こちらの気持ちは伝わると思います。

    ユーザーID:

  • 元気出して!

    日本国内だって地方が違えば、あるいは同じ地方でも家庭によって習慣や考え方とか随分違い、戸惑いを感じます。

    相手に合わせようと思ってもそう簡単に慣れることが出来るものではないと思いますよ。

    例えば「日本ではあまり自己主張しないのがよい」「欧米でははっきり自分の意見を言った方がよい」
    と頭では違いがわかっていても、そう簡単に切り替えられないと思いますよ。

    貴女は非常識どころか、随分気に病んで努力されている方だと思います。義姉さんのことも、他のご家族がそうされなかったのなら貴女もする必要はなかったのだと思う。ご主人に相談されました?

    日本人は控えめなため、違う文化では冷たいと誤解されることもありますが、付き合えばわかってもらえるし、気にしなくていいですよ。

    少しお疲れのようで心配です。ご主人とゆっくり旅行するとか、少し日本に里帰りするとかして気分転換されれば?

    そのように他人のことをいろいろ考えて気配りしてられるところが日本人のやさしだと思います。違う文化の人なら、きっともっとパッパラパーで気にしてませんよ。

    だからリラックスして!だいじょうぶだよ。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • だいじょうぶ。元気を出して。

    宗教は違っても、今まで生きて来た習慣が違っても、あなたの優しい気持ちは、亡くなられた義理のお父様にも、ご家族の方にもきっと通じています。

    気にしているあなたほど、あなたのその場でのふるまいとうを気にしている方はいらっしゃらないと思います。みんな、身内が亡くなった時の自分と亡くなられた方の事で、精一杯だったと思います。

    私は実母を亡くしました。お葬式の時、大勢の方が声をかけてくださいましたが、あまりの悲しさに何も覚えておりません。

    数ヶ月たって、落ち着いた頃、同じ寂しさを共有できる兄弟、父、親戚、友人が、脇にそっといてくれるだけで、本当にどんなに心強く、うれしかったことか、、。
    パフォーマンスより心です。

    義理のお母様とぎくしゃくしているよう、、。と、思われるのも、多分、気のせいです。ご主人様を亡くされ、まだ、気持ちの整理がつかないのだと思います。
    そっと、傍らにいてあげてください。

    気持ちは絶対通じます。

    ユーザーID:

  • お気持ちを素直に伝えれば。。。

    数年前、私も夫(米人)の母を亡くしました。夫も辛かったと思いますが、一番辛かったのは、一人残されてしまった義父です。<それから何となくぎすぎすしてしまって。>とありましたが、きっと思い過ごしで、お義母様はまだ動揺していらっしゃるからだと思います。

    遠くてなかなか合いには行きませんが、一人暮らしをしている義父に義母に感謝している旨の手紙を機会あるごとに出しました。例えば、義母のお誕生日や母の日など。

    伴侶を亡くされたお義母様はしばらくは精神的に不安定で、今までのようにはいかないと思います。お近くにお住まいでしたら、頻繁にお茶やお食事にお誘いしたらいいと思います。

    ユーザーID:

  • 私も外国人妻

    私もえんぴつさんと同じく外国人の嫁の立場です。
    しかも夫の家族はその国でも名だたる保守的な地方の出身です。
    価値観の違いから、表には出てこないながらも衝突は多々あります。
    でも逆に、あちら式の気遣いに有難いと思うこともあるし、私の日本人としての気遣いを喜んでもらえることもあります。

    結婚15年になる義姉はリベラルな都会育ちで、やはり沢山の衝突があり苦労したようです。
    価値観の違いも受け入れるべきとこは受け入れ、それでも自分を失わず、今ではとても信頼される家族の一員となっています。

    今回のことが失敗だったのか、えんぴつさんの気にしすぎなのか私は判断できませんが、肝心なのは、そういう機会に悩んで周囲の人を思いやる心が持てるか否かではないでしょうか。
    そういう心は必ず通じると思うのですが・・

    ビジネス上や表面的なお付き合いにおいては「日本式」が通じないことがありますが、家族間では分かり合おうという気持ちが双方にあれば、日本人としての自分を捨てることなく、時間をかけて良い関係が築けるはずだと私は思っています。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    たくさんの方からのお励ましのお言葉を頂き、皆様にとても感謝致しております。
    本当にありがとうございました。
    気持ちもどれだけ楽になったかわかりません。
    私自身、動揺していて、大事な一言が抜けていましたが、家族からの言葉は、配偶者、長男(私の主人)、長女(義姉)がしました。
    その他に、式目以外で,何かを述べたい人、と司会が募った時一人しか出てこなかったという意味でした。
    今まで結婚して11年、主人の国で、その家族のそばに住み始めて5年、そういったギャップは正直言って感じた事がなかったのに、今回のことで、主人の家族との関係に、警鐘を鳴らされたような気分でした。
    先は,長い、ですね。。。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧