• ホーム
  • 学ぶ
  • 本って買いますか?オススメありますか?

本って買いますか?オススメありますか?

レス30
(トピ主0
お気に入り1

趣味・教育・教養

まい

今まで漫画だった私。(現在もうすぐ20代です)
しかし、最近本に目覚めてきました。(遅いですね;)
漫画はすぐに読み終えてしまうし、
カフェなどでもあまり読めないし、その点、本はいいですね!

でもちょっと考えていることがあります。
私は漫画はドバドバと買ってしまうのですが、
何故か本はそこまで買わないんです。
だからなるべくお金がかからないで
図書館で借りたいんですが、図書館が遠いのです(汗)
皆様は、本は買いますか?
それとも図書館などで借りるのでしょうか?

それと、皆様がオススメだと思った本があったら教えて下さい!
最近本の世界に入ったばかりなのでちんぷんかんぷんです。
なるべく物語(ストーリーのある)本でお願いします。
厚さはどれくらいでも大丈夫です。
オススメあったら教えて下さい!!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 何故だか本は沢山買っちゃう

    本の虫ってわけでもないのに、本屋に行くと雑誌やら小説やら買ってしまいます。この秋、たまらなく本を読みたくなってしまいかなり読んでしまいました。その中で、
    「オーデュボンの祈り」・・伊坂幸太郎著
    「博士の愛した数式」「薬指の標本」・・小川洋子著
    「いま、会いにゆきます」・・市川拓司著
    良かったなぁ、と思います。
    あと、昔買った本でダニエル・キイス著の「アルジャノンに花束を」もオススメです。
    本は良いですよ〜。漫画も好きです。

    ユーザーID:

  • 本屋で働いてますが

    漫画だって立派な「本」だと思いますよ。
    コミック本だって小説本だって、どちらも「本」です。

    コミックに対して、「所詮、漫画」といった考えの方なのでしょうか?

    横ですみません。。。

    ユーザーID:

  • こういうのはいかがでしょうか。

    「西郷盗撮」
    西南戦争前の一触即発の鹿児島に写真師が向かいます。西郷隆盛の写真を撮るために。彼ははたして西郷の写真を撮ることが出来るのか……。

    「翔べ麒麟」
    激動の大唐帝国を舞台にした壮大な歴史物語。合戦あり、友情あり、なかなか痛快な物語でしたよ。この物語は阿倍仲麻呂の物語です。彼は望郷の念を抱きながら異郷に果てた悲劇の人というイメージしか抱いたことがなかったけど、この物語では違うイメージの彼が出てきます。人生とはやれ悲劇とか何とか一言で言えるようなものではなく、もっと大きなものと教えられたような気がします。

    「マルタの碑」
    第一次大戦の日本海軍の活躍を描いた物語とだけ言うと単なる戦争ものかと思われるかもしれないけど、それだけじゃなくて、当時の国際交流とか色んなエピソードが語られてて感動的です。

    ユーザーID:

  • こういうのはどうでしょうか。

    「魔風海峡」
    古代の秘宝をめぐって朝鮮半島を舞台に日本と朝鮮の忍者が激突します。あっと驚く歴史の話や、迫力ある戦い、人間ドラマに感動しました。

    さて今度は小説ではなく、違う本の話。
    「トンデモ超常現象99の真相」
    「新・トンデモ超常現象56の真相」
    いわゆる「超常現象」の話って学校で習うこともなかったから、何となく中途半端、インチキな話とかが頭に残ってたりする。だからこういうのを読むと、
    「え、あれってそういうことだったのか」
    と思うことが色々あったです。

    「空想科学読本3」
    アニメや時代劇等のあらゆる物語に科学的に、かつユーモアたっぷりつっこんでて笑えてしまう本です。

    ユーザーID:

  • お薦めではないのですが

    本ってとっても高いんですよね。

    ハードカバーだと厚さによりますが、大体2000〜3000円、専門書だとそれ以上しますもんね。

    トピ主さんがもし学生さんなら文庫本をお薦めします。

    新刊で出ているものが、時間が経つと文庫になっている場合があります。文庫本だと値段が本当に安いです。

    どうしても新刊が読みたい場合は、仕方ないので自分で買ったり、しばらく待ってから中古で探します。

    それでもない場合は図書館です。でも新刊で人気の本は予約がたくさん入っているので何ヶ月も待たなくちゃいけません。

    日頃からたくさん本を読む友達がいる場合は、その人に借りちゃうという方法もあります。

    私は学生の頃、本は専ら借りて済ましていたので、よっぽど気に入った本でない限りは買わず、そのようにしていました。

    いずれにしても、読書って楽しいですよね。

    人によって趣味嗜好が違うので、特定の本のお薦めはしませんが、素敵な本との出会いがあるとよいですね。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • お好みのジャンルを見つけてみましょう。

    こんにちは。

    まず自分の好みのジャンルを見つけることから始めましょう。漫画はどんなジャンルが好きでしたか?そこが糸口になると思います。活字に慣れるということで、手始めにコバルト文庫から始めるのもいいかもしれません。

    オススメの本と言う事で、私が好きなジャンルですが挙げさせていただきます。図書館にないものもあるかも・・・。

    【時代劇もの】
    池波 正太郎著「鬼平犯科帳」
    山本周五郎著「さぶ」他
    司馬遼太郎著「坂の上の雲」他

    【随筆・エッセイ】
    ファインマン著「ご冗談でしょう、ファインマンさん(上・下)」他
    藤原雅彦著「遥かなるケンブリッジ」
    正岡子規著「飯待つ間」他
    湯川秀樹著「旅人」
    内田百けん「東京日記」/「ノラや」他

    ざっと挙げるとこんなものですかね。偏ってるなぁ・・・。

    ユーザーID:

  • いつもバックのなかに

    通勤時間が長いので、電車で本を読んでいます。
    結構よめますね。買うのは、持つのに軽いので文庫本です。
    推理小説とかが好きです。
    桐野夏生、夏樹静子、大沢(名前忘れてしまった)
    バックには、何か本とか雑誌とかいれて置かないと
    電車に乗ってておちつきません。

    ユーザーID:

  • 本は絶対捨てちゃだめなもの

    私もトピ主さんと同じ年齢くらいだと思います。
    漫画や外国童話や少女小説好きでした。
    日本文学の本の世界にはまったきっかけは、
    野沢尚さんの作品を読んでからです。

    図書館で見つけたドラマの原作本「反乱のボヤージュ」で
    一気にファンになり、図書館に通いつめ
    本棚の一角で、同作者の「深紅」や「呼人」
    など立て続けに読みふけり、影響されました。

    脚本を書かれたドラマ「眠れる森」も大好きでした。
    それからは野沢先生の出される本は頻繁に
    チェックしていました。

    亡くなったことはショックで今でも信じたくありません。
    結構内容が濃いものが多いのですが読みはじめから
    ほんとに引き込まれますよ。
    おススメは「深紅」です。

    ユーザーID:

  • 図書館です。

    私は専ら図書館で借ります。
    理由は明快!

    お金がないからです!!
    幼い頃から本が大好きで、一週間に2〜3冊ペースで読むので、安月給で一人暮らしの私には書籍費はかなりいたいのです。

    幸い図書館が自宅から遠くはない(近くもないですが)ので、休みの日に図書館にいき、大量に本を借りてきます。
    私が読むのはほとんどが推理小説。

    お勧めは、「これはおすすめ!!推理小説」というトピにたくさん挙がっているので参考にしてください。

    ユーザーID:

  • お気に入り作家を見つけてはいかが?

    こんにちは、今年でハタチになる女です。
    私が活字に目覚めたのは13歳のときでした。それまでも本は好きで読んでいたけど、マンガほどではありませんでした。それが変わったきっかけは、京極夏彦氏の本に出会ったことです。まさに活字中毒に陥りました…。

    今は時間がなくてあまり多くは読めないのですが、お気に入りの作家数名の本は買い集めてます。というかマンガもCDも同じです、好みの作家・アーティストを見つけて、その人の作品を中心に買ってます。

    今のところ私の一番のお気に入り作家は花村萬月氏です。これほどリアルに人間を描ける人、初めてでした。最初の一文を読んだだけで「いい!」と思える人はこの人だけかも。暴力表現がかなりキッツイので、共感してくれる女性読者があんまりいないんですけど(苦笑)私は『愛を描く作家』だと思ってます。

    比較的読みやすいところと言ったら、講談社ノベルスのミステリじゃないでしょうか。京極氏をはじめ、個性的な(マンガ的とも言う 笑)登場人物が出てくるシリーズものが多いので、若い読者層に人気です。お気に入りの作品が見つかることを祈ってます♪

    ユーザーID:

  • 私も・・

    「アルジャーノンに花束を」おすすめです!
    10年以上前に、人からすすめられて読みましたが、とっても感動しました。

    最初はひらがなばかりで読みにくいので放棄してしまいそうになりますが、頑張って読んでみてください。いいお話です!

    ユーザーID:

  • 長い作品がお好きなら

    「銀河英雄伝説」田中芳樹著
     全10巻とは別に6冊ほど外伝も出ています。
     未来の銀河を舞台にした歴史エンターテインメントです。

    本を意識して買うようにしてきましたが、ここのところ本代が減っています。ネットで調べられる情報はあえて本を購入するまでもないからです。

    物書き以外の立場にある、私を含む普通の人が、携帯やパソコンで自分の意見を文字にして発表するのが当たり前になりました。これから何が出てくるのか、私は興味津々です。本が紙でできている事実は内容の質の高さの保証であってほしい、と願っています。僭越ながら。

    ユーザーID:

  • それぞれのジャンルで・・・

    手っ取り早くジャンル分けというのは良いアイデアです。本のタイトルでは意外性に欠けるので、著者名を書きたいと思います。

    【SF】
    梶尾真治 :代表作「エマノンシリーズ」
    岩本孝雄 :代表作「星虫」「鵺姫真話」「イーシャの舟」
    笹本祐一 :代表作「星のパイロット」
    神林長平 :代表作「グットラック戦闘妖精・雪風」
    【SFミステリー】
    三雲岳斗 :代表作「M.G.H. 楽園の鏡像」
    【SFホラー】
    瀬名秀明 :代表作「八月の博物館」
    【ホラー・切ない系】
    乙一   :代表作「GOTH」「ZOO」
    【ミステリー】
    森博嗣  :代表作「全てがfになる」
    柄刀一  :代表作「天才、竜之介がいく!シリーズ」
    有栖川有栖:代表作「スウェーデン館の謎」等
    【時代物】
    山本周五郎:代表作「おごそかな渇き」
    【ジャンルよく分からないの】
    村上春樹 :代表作「カンガルー日和」
    滝本竜彦 :代表作「ネガティブハッピーチェーンソーエッジ」
    清水マリコ:代表作「ゼロヨンイチロク」

    本を紹介したら止まらなくなるので、この辺りで失礼したいと思います。参考になれば何よりです。

    ユーザーID:

  • 一度借りてみる

    ことをおすすめします。
    たくさんたくさん読んでいけば、必ず「もう一度読みたい」っていう
    本達に巡り会います。
    そうしたらそれを購入すればいいのです。
    失敗がないですし、「もう一度読みたい」と思った本達は
    その先もきっと飽きずに、あなたの物になるはずです。

    そうこうしているうちに、自分の好きな本のタイプがわかってきて、
    本屋さんでちょっと立ち読みしただけで購入しても失敗がなくなると思いますよ。
    それからジャケ買いという方法もありますね。
    きれいな装丁の本をパっと見で買ってみるのも意外と
    読書の幅が広がる・・・かも?!
    とにかく素敵な読書ライフを送ってください。
    同じ本好きとして応援しています☆

    ユーザーID:

  • みんな宝物です。

     本は借りてもいいのですが、手元に置いたら置いたで、また楽しいものです。といっても私も年に4〜5冊しか買いませんが。。。 今年は、「蹴りたい背中」と「世界の中心で、愛をさけぶ」「今、会いにゆきます」そして、この発言小町で知った「花のような君」を買いました。 1度読んでも、つい手に取って読み返してしまう。本とはそういうものではないでしょうか? 今年のものだけではなく、今まで買った全ての本が、みんな私の宝物です。

    ユーザーID:

  • 横だけど…琴子さん

    >漫画だって立派な「本」だと思いますよ。コミック本だって小説本だって、どちらも「本」です。

    確かに漫画でも「本」という部類に入るとは思うのですが、やっぱり活字を読むという事を考えたらちょっと違うと思います。

    漫画でも素晴らしい物はたくさんあるけど、自分で深く想像しながら読む事を考えたら漫画ではちょっと…と私は思います。そういう意味では「所詮、漫画」となってしまうかも。

    ユーザーID:

  • おすすめ。

    小説初心者のオススメです。

    1人目は、星新一さん。
    読み易い事はもちろん、出されてる本のほとんどが短編集ですので「活字苦手!」て人でも気軽にいけます。
    なかでも「悪魔のいる天国」がオススメ!

    2人目は、宮部みゆきさん。
    読み易さで言ったら、今売れてる人でダントツ!
    映画化されてる作品の多さでも抜きん出てます。

    どちらの方もSF物が多いので漫画好きなら入り易いかと。

    もし歴史物に興味があるなら、作者よりも自分が好きな歴史的人物から入ってくと良いと思います。
    新選組なら司馬遼太郎さんがオススメ!

    ただ、どの方も人気があるから図書館だと“待ち”になるかも。

    ユーザーID:

  • スイスイよめます

    私もつい最近まで、本嫌いでした。図書館のそばに引越ししてから、休日たまに行って借りてくるようになりました。(おもに文庫)
    昨日タイトルにひかれて借りてきたのが平岩弓枝「あした天気に」読み始めたばかりですが、とてもおもしろいです!ぜひ読んでほしいので、あらすじは書かないでおきますね。。
    ちなみに昔、水野真紀主演でドラマ化されたお話だそうです。

    ユーザーID:

  • 入門編を挙げてみますね

    こんにちは。私も漫画・小説・実用書などなど、幅広く読みます。お好みのジャンルがわからないのですが・・・

    私は恥ずかしながら、女性の憧れや夢やラブロマンスがてんこ盛りのハーレークイーン小説、ファンタジー小説、SF小説、時代歴史小説、スピリチュアル世界の本、料理実用書など、幅広く読みます。
    入門編として、お勧めを挙げてみますね。

    「プリズン・ホテル」浅野次郎:著 集英社文庫
    ヤクザ運営のホテルを舞台に、キテレツなかたぎのお客さん、フィリピン人の仲人さんたちなど、人情たっぷり、面白おかしく楽しく読めます。全4巻もの大長編と聞くと、えー!と思われるかもしれませんが、夏・秋・冬・春編と分かれていて、サクサク軽く読める上、ゲラゲラ笑って、ほろり、と来ること間違いなし!

    「時の彼方の恋人」 新潮文庫
    著者は忘れてしまったのですが、海外のラブロマンス小説です。ハンサムな貴族男性が、中世イギリスからスリップして、現代女性の主人公と恋に落ちる・・・SFの要素も入っていて、恋愛物も楽しめると思いますヨ。
    これも分厚いんですが、これからどうなるの?とページを繰るのももどかしくて、あっという間でした。

    ユーザーID:

  • 読みやすいもの

    赤川次郎とか、めちゃめちゃ読みやすいですよ。
    でも、私は東野圭吾が好きですけどね。
    「秘密」は、広末涼子さん主演で、
    映画にもなったものです。

    この前、ブック○フに久々に行って、
    105円コーナーの古本を、大量に買ってきました。

    ユーザーID:

  • 十二国シリーズ

    コミックを読みなれているならば、アニメ化された本をまず読んでみたらどうでしょうか。

    小野不由美さんの十二国シリーズがおすすめです。
    文庫本なので、マンガと同じくらいの予算で買えますよ。
    気に入ったら、同じ小野さんの「屍鬼」もぜひ読んでみてください。

    ユーザーID:

  • 活字中毒

    物心着いたときにはすでに活字中毒だったので当然購入していたら
    財政破綻をきたすので専ら図書館です。現在の通勤系路上に図書館
    がないのが残念です。駅構内とかにあるといいのになあ。
    会社帰りでも返却できたりとか・・・

    おすすめは、いっぱいあるけれどそこそこの読み応えを期待するな
    ら山崎豊子さんの作品はどうでしょうか?けっこう考えさせられま
    す。

    ユーザーID:

  • 横でごめんなさい

    何人かの方が書いてらっしゃる
    「アルジャーノンに花束を」
    そんなにいい本なんですか・・
    ん〜読んでみたい。

    ユーザーID:

  • 古本専門

    とにかく、安い本を漁ります。
    インターネットで古本屋を見つけて、船便で送ってもらうのがいちばん経済的でしょうか。
    車で2時間あまりかければ、こちらでの日本スーパーにも売ってるんですが、運転があまり上手ではないので行ってません。 それでも、休みが続くと日本の活字が読みたくなって「禁断症状」が出てきます。
    3年前に、症状きわまって、たまらず、自分で本も出版しちゃいました。
     クリスマス休暇は何もせず、ただ本だけ読むぞー!

    ユーザーID:

  • 私のおすすめ

    秋といえば読書の秋!本は良いですよね〜。
    パッと思いついた読みやすそうな好きな本は・・・

    ・「火車」宮部みゆき 
    ・「整形美女」姫野カオルコ
    ・「恋愛中毒」山本文緒
    ・「紙婚式」山本文緒

    宮部みゆきは人気ミステリー作家ですが、私は彼女
    の作品の中では「火車」が一番好きです。カード破産
    の話で、ラストはとてもドキドキします。
    山本文緒の作品はどれも読みやすく面白いですよ。
    姫野カオルコは個性的なので好き嫌いが別れるかと
    思いますが、私は大好きな作家です。

    他にはちょっと読み辛いかもしれませんが、「リビエラを撃て」高村薫、「砂のクロニクル」船戸与一なんかも面白いですよ。
    ちょっとエグいのですが、天童荒太の「家族狩り」も
    おすすめ。圧倒されます。

    本大好き。書ききれません〜。

    ユーザーID:

  • 買いますね...

    私はだいたい本は借りずに買いますね。
    まだ読んだことのない作家さんでしたら借りたりもしますが、好きな作家さんでしたら必ず買って読みます。

    私が買うことによってそのお金がその方に印税として入る訳で...精魂こめて書いたのだから、その作家さんの収入にならなくっちゃ...!と思うので...。
    でもつまらない本を買ってしまった日には、うぅ〜あんな本に金払ったのかと思ってしまいますね。

    まず、図書館などでたくさん借りて読んでみて、好きな作家さんができたら買ってみてはいかがでしょう...!?
    今からでも全然遅くないことだと思います。

    せっかく毒所が好きだと思えるようになったのだから、たくさん読んで自分の好きな作家やジャンルをさがしてみてはいかがでしょうか...?
    とっても久々にここを覗いて...思わず書き込んじゃいました。

    村上春樹、田辺聖子、瀬戸内寂聴、さんなんて読みやすくていいんじゃないでしょうか?
    好きな作家さんが見つかるといいですね。

    ユーザーID:

  • 初心者で入りやすいのは

    やっぱり恋愛モノ&推理モノではないかなー
    恋愛モノなら
    江国香織さんや、山本文緒さんの作品
    (作家名を覚えない性質なので間違っているかも)
    個人的には「神様のボート」(江国さん)や
    「シュガーレスラブ」(山本さん)が結構好きです。
    推理モノでは
    赤川次郎さんの三毛猫ホームズのシリーズとか…
    小学生の頃良く読みました。
    自分はアガサ・クリスティ好きなので
    そちらもお薦めです。

    後、上記ジャンルから外れますが意外とギリシャ神話や
    ながーいながーい、千一夜物語なんかも面白くて
    意外と初心者でもスイスイ読めると思います。
    自分は岩波文庫のを買っててました。
    字が細かくて、少し読みにくいのが難点ですが。

    あと、読み始めに一押しなのは
    他の方も推薦されていた星新一さん。
    ショートショートながら、大変濃い内容ですよー。
    奥の深さでは、長い物語に負けません。

    ユーザーID:

  • 乙一!

    最近、知人に勧められて乙一氏の文庫本を読み漁っています。
    確か、デビューした17歳当時の作品からあって、
    現在20代半ばあたりでしたっけね?よく覚えていませんでしたが。学生時代に書いた作品もあったはずです。
    同世代の作品ということで、いい意味でショックを受けることがあるかもしれませんよ。

    ちょっとホラーです。でも、怖がりな私でも、夜1人で読める程度です。ホラーだけど、ホラーがメインじゃなく、表現されてる景色が美しい…って言い方、ちょっとヘンかもしれませんが…とにかく彼の文章大好きです。

    もし機会があったら、是非一度読んでみてください!

    ユーザーID:

  • GO

    金城一紀のGOはおすすめです。映画化されましたが
    本を先に読んだ方が楽しめます。(「在日」と聞くと
    読むの面倒とか思って避けてましたが)
    この本は若いうちに読んでほしいです、偏見とか大人に吹き込まれる前に。

    角田光代、栗田有起なんかも どうってことない日常
    をうまく表現しているので、面白いですよ、会話も
    コミカルなので。(太陽と毒ぐも、ハミザベスとか
    おすすめ。)

    私も図書館派。ビンボーなので。AMAZONのサイトで
    書評をチェックしつつ 図書館で予約してます。
    群像とか文藝などの文芸誌に掲載されたものが 後で
    単行本になることが多いので、そういう雑誌で短編とか本の紹介とかチェックしてみるといいですよ。

    ユーザーID:

  • ネット本屋とかは?

    某アマ○ンやEブッ○スならディスカウントもあるし、カスタマーレビューも読めるので、参考にしてみたらどうでしょ? カスタマーの中には、リストを作成して公表している人もいっぱいいるので、趣味が合いそうなカスタマーさん(自分の好きな作家をお気に入りリストに入れている人とか)のリストとそれに付随する書籍へのコメントを読んでみて、自分に合いそうな本をオーダーしてみるとか。
    自分はたまにそうやって買ってます。

    自分の趣味だけに頼って本を買うとどうしてもジャンルが狭くなってしまったりするけど、「趣味は似てるけど他人」のカスタマーのお気に入りを試しに買ってみたりすると、今まで知らなかった作家にめぐり会えたりします。

    買う買わないは別としても、いろんな「消費者レベルでの」レビューが読めて参考になるので、ネット書店のサイトはお勧めです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧