美大出のみなさん!

レス58
お気に入り4
トピ主のみ0

bebe

働く

私は美大を卒業した者ですが、食べるために自分が
希望したアート分野とは別の仕事をしています。

せっかく高校時代から美術受験予備校と一浪して頑張って
卒業したのに、このままプロのアーティストになれないんだったら、この先生きててもしょうがない・・・・とまで
落ち込んで追い詰められています!

世の中、大して才能もないのに実家が裕福なおかげで、
作品が売れようが売れまいが、食べるのに困らないから、
ちゃっかりアーティストだとか自分で名乗っている人も
いる現実にものすごく失望もしています・・・・。

美大を卒業されたみなさん!いまどうしていらっしゃいますか〜??

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数58

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 美大のデザイン科卒です

    絵を描く事も好きですが、インテリアの仕事がしたくて美大のデザイン科を卒業しました。第二新卒として某大手住宅メーカーのインテリアコーディネーターに採用されたのですが、入社直後から何故か建築図面ばかり描いて今年で10年目。懸け離れた仕事とは言えないのかも知れませんが、元々数学が苦手なので四苦八苦しています。

    今となっては、勉強して来た事や特技を活かせるのは、自宅のインテリアと、年賀状や暑中見舞い程度ですね。それでもインテリアやデザインに無頓着な旦那には理解して貰えません。猫に小判・・・(涙)

    親には「時間を見付けて絵を描け」「何か作品を創れ」と言われ続けていますが、如何せん時間が無くて・・・ 今、本当にやりたい事はガラス作品と日本画の製作。でも、共働きとはいえ、食って行く為には今の仕事を辞められません。

    ガラス作品と日本画の製作は、定年後の楽しみに取っておきます。

    ユーザーID:

  • 素人の私でも知っていること。

    画家で食べていけるかどうかは日本と英国は家柄で決まります。

    新日曜美術館見ていてわかりませんか?名もなく死んでいった画家にすごい才能があること。そういう人は農家出身で芸大に行って夢破れて故郷に戻って一人書き続けました。

    今の日本では名門の家柄の人達はほとんど芸術分野で活躍していますよ。千住家とか。

    院展もお金で入選するから芸能人が多いですよね。けれど明治時代にすでに漱石が院展の腐敗を指摘しています。

    ユーザーID:

  • こんにちは

    bebeさんはじめまして。

    アートで食べていくのは本当に難しいですよね。まず、就職先がない!お金の為(生きていくため)にアートと関係ない世界に就いたら、製作時間が減る!高い学費を払ってせっかく美大を出たのに!って色々思うけれど、でもそんなに生き急ぐ事はないと思います。
    自分は誰にも負けない最高の作品を作れるんだ。って気持ちを大事にしていけばいいんじゃないかなって私は思っています。

    正直この世界はコネや金で名を上げている人もいるけれど、そうゆう生き方は全然羨ましく思わないしね。人生長いんだから、今花開かなくても40、50、60歳になってから自分の実力で認められる事になるかもしれないし。

    コネで楽々成功した人よりも苦労した人の方が感性が豊だと思うし、ピカソも昔は貧乏で苦労したと思うと貧乏なのもいいんじゃない?って思えてきます(単純なので)つづく

    ユーザーID:

  • つづき

    あと、私は裕福な家庭に生まれて親に食べさせてもらいながら製作して自分をアーティストだと言う人でも、凄く汚い(?)方法でアーティストになった人でも、その人が自分をアーティストと言うならそれを否定的に思う事はありませんし、才能がないなんて事も思いません。

    ただ、自分はそうゆう風にはなりたくないだけであって、その人にはその人の生き方があるし、アーティストってこうだからアーティストだ!なんて決まりはないですからね。才能=個性だと思うので、どんなに絵が苦手な人でもみんな才能はあると思うので、bebeさんの「才能がないくせに」と書いた文を読んで少し悲しくなってしまいました。

    自分にアートが好きな気持ちがあれば、それだけでいいのではないでしょうか?周りや時間に囚われず自分のペースでやっていきましょ★
    ちなみに私は美大出たけど、デッサンがもっと上手くなりたいので今、研究所へ通う費用を稼いでいる最中です^^

    ユーザーID:

  • 義兄は画家

    タイトル通りです。

    義兄は東京の有名大学の美術学部を卒業したそうです。私が夫と結婚した頃はまだ絵を描くことだけを
    仕事にしていましたので 当然収入も少なく、義姉の
    実家(私にとっての婚家)からの援助で生活していたそうです。

    数年前から そんな義兄も同じ仲間たちと芸術に関する専門学校を始めました。ボチボチ軌道に乗ってるようです。ですが 私の知人で たまたま義兄を知ってる方に言われました。「絵が荒れましたね。」と。
    生活のために絵を描くようになると わかるそうです。そう言われて見れば お金がなかった時代 小さな画廊で見た義兄の絵には感動するものがありました。今は義兄も多忙を極めているからか 絵筆を取っているかもわかりません。

    ユーザーID:

  • 画家として生きる道

    有名な画家でも、最初から画家として生活ができる方は少ないと思います。ピカソの様な、とんでもない才能の持ち主で無いと難しいでしょう。トピ主さんは、モネがしたように、借金をして、それを踏み倒して、それでも食べる物が無く、居候するという状況でも、絵の為ならできますか?もし平気なら、自分の人生を掛けてみるのも良いかもしれません。

    有名な女性芸術家の中では、ジョージア・オキーフの様に、有名な男性と結婚して人脈を広げる方と、メアリー・カサットの様に、本々大金持ちの方が多いようです。とはいえ、カミーユ・クロデールの様に、他の芸術家に尽くして、自分のキャリアどころか、人生まで狂わせる方もいらっしゃいます。

    現実的な話として、実家が裕福でないなら、スポンサーを自分で見つける、ぐらいの才覚が無いと、自分の作品による収入だけで生活するのは難しいと思います。

    ユーザーID:

  • 今の所は趣味

    私もbebeさんと似ていて同じ芸術とは言えども映画&メディア関係の仕事しています。

    2年前までは勤務時間が決まっていたので、アトリエを借りて仕事後に夜の10時頃(休みの時は寝泊りして明け方帰宅)篭ったりもしていました。

    転勤で他都市に移ってから激務では無いが時間調整が難しい仕事を任される事になりその時点でアトリエとは今日までオサラバ状態です。

    でも友達(大学や工房で一緒だった人達)に聞くと殆ど皆そうですよ。
    たまに時間が出来ても半日程で、キャンパス組立てたり、粘度を練り治したりする程度で終ってしまいますね。

    でも時間ってやっぱり作ろうと思えば可能だと思うんですよ。私は極たまにですが軽く落書程度のスケッチとかしています。本腰入れて描こうと思わず気楽に。

    良い息抜きになりますよ。
    友人と2年後にグループ展を企画中なのでそれも励みの一つかな。

    ユーザーID:

  • 間違い

    「才能がないくせに」→「大して才能もないのに」の間違いでしたね。
    ごめんなさい><

    ユーザーID:

  • うわ辛口になっちゃった ごめんなさい

    >マーチさん

    個性=才能ではないと思います。 才能を与えられた人間はごく僅かで、成功するのは選ばれた少数の人間。だから価値があるんです。 才能があっても埋もれていく作家も当然多いですけどね、日本では特に。
    あと、絵が苦手な人にアーティストは無理です。そんな甘い世界じゃないから。

    自分のペースでゆっくりと〜、じゃ単なる趣味ですよね。 トピ主さん、今が分かれ道なんじゃないですか?
    ちなみに僕は作家として成功するつもりです。自分には才能があると信じて・・多分・・(笑)。 もし決断をされるのであればお互い頑張りましょう。

    ユーザーID:

  • トビ主です

    マーチさんのご意見なんだか感動しましたよ!!
    私が裕福で売れる売れないに関係なくアーティストを
    肩書きにしている人をみるとどうしても色々と考えてしまう事が多いのは自分の親からも「アートなんて金持ちのすることだ!」と言っていつまでも私のことを認めてくれなかったりする事にも起因してるのかもしれません・・・・。

    思うんですがアーティストってあくまでプロで食ってける人を差すんじゃないんですか??
    最近、自分のことアーティストって名乗る人が多過ぎて、
    正直ウザイです!!(これについては叩かないで下さい)
    とにかく今の私は何もかもに対して失望してるので・・・

    本当は前向きにアートを語っていきたいのですが。
    皆さんの貴重なご意見ありがとうございます♪

    ユーザーID:

  • バイトや派遣で。

    こんにちは。
    私の場合、現在31ですが、ほんとずーーっと美術やデザインには無縁の仕事をしてきました。事務や販売や経理(やろうと思えば、できるものです)、常に心の何処かで『こんな仕事したいんじゃない、私は絵を描いたりするのが好き』などと、思えば傲慢なヤツでした。数字、人付き合い(いわゆるOL)は非常に馴染みにくかったです。
    ひょんなことから、希望の仕事をやっとしていますが、これまでの転職人生もとても大切な貴重な経験だったな!としみじみ思っています。
    電話の取り方だって、絵しか描いてなかったら上手くできないだろうし、いつだって、その人その人の『時期』があるんじゃないかな?って今思います。

    ユーザーID:

  • 継続は力なり

    作品を作っていますか?
    それを外に見せて評価を得る努力をしてますか?
    ディーラーとネットワークを作っていますか?

    作家を職業にするのは会社に就職するのとは訳が違います。作品制作能力に加え、営業力も必要です。コネを自力で作るのも才能のうちです。運と家柄だけで簡単に成功している人もいなくはないですが、それが大多数ではないですよ。

    美大進学を志望した時点で覚悟のことだと思うのですが・・・あまりにも素人みたいな泣き言なので、本当に美大で学ばれたのかと疑問に思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • 一応デザイン

     美大は美大でも有名な美大には入れなかった叶みかんです。
     卒業してすぐは、派遣で事務の仕事していました。派遣先を解雇され、その時アルバイトを募集していた今の会社に入りました。

     一応デザインっぽいことしてます。
    小さな会社なので他のこともしなければなりませんが。

     アートやりたいならやればいいじゃないですか☆ 
     偏見かもしれないけど、実家の経済力を当てにしているアーティストは作品も甘いもので薄っぺらいものにしかならなさそう……

     トピ主さんはアートとは別の分野で仕事をされてるとのことですが、その仕事で勉強したことが生かせるような作品を作ってみたらいかがでしょうか?
     それこそ親のすねかじりやストレートでアート関係の仕事についた人にはできない作品が出来上がると思います。

     私が事務をしていたのは機械を作る工場でしたけど、その機械や図面をみては何かいかしたものが作れないかなあと考えながら仕事してました☆

    ユーザーID:

  • わかります、だけど!

    アート系で院まで行きましたが今は別の職種です。

    「食べていく」のは難しい。でも、そもそもアートって、食べていくためにするものでしょうか?自分の作品を多数の人が評価してくれるのは、オマケです。自分の納得の行く作品を作り、収入にはつながらないけれど一人でも深く共感して理解してくれる人がいれば、アートを続ける意味は充分あると思います。「そんなのはただの自慰行為だ」と言ってしまえば終わりかもしれません。でも、「食べるためだけに他人の趣味にあわせた作品をつくる」ことは、真のアーティストにとっては物凄い苦痛です。自分が納得できるものを探求し続けることこそが、本来の望みですから。前出のレスで「最近絵が荒れた」といわれた画家の方、ご本人が聞いたらやはり「アーティスト」としてはすごくショックだと思います。

    今の職場はアート分野ではありませんが、個人的に作品は作り続けて行くつもりです。自分が眺めて心が躍るようなものを作ることがいつか出来るとしたら、他人の評価や作品の価格なんて、正直どうでもいい。

    ユーザーID:

  • 画家だけがプロのアーティストじゃない

    夫婦二人とも美大出身で、イラストレーターやってます。

    周りの連中は、いわゆる画家、美術の先生、イラストレーター、グラフィック・デザイナー、インテリア・デザイナー、テキスタイル・デザイナー、プロダクト・デザイナー・・・いろいろ居ます。

    どれをもって、成功したといえるか、わかりませんが、私の周りにいる連中は、皆その才能と努力で生活費稼いでプロとして立派にやってます。

    別に純粋画家だけがアーティストじゃないし、その純粋画家の人達も、売れなきゃしょうがないし、『金の為に絵を描いて絵が荒れた〜』だなんて事聞くと、『じゃあ、たんまり稼げる絵を描いてみてよ〜』と、言いたくなります。

    ユーザーID:

  • 周りは関係ないのだ!

    >大して才能もないのに
    そんな人に憤ってるヒマがあったら制作しようよ!他人は関係ないよ。アーティストたるもの、見るのは常に己の心の美!自分の信じたものを表現すればいいんじゃないかしら。それに、美術の好みはみんなそれぞれなんだから、自分が気に入らなくても好きな人がいるのかもしれないし。アーティストは国家資格でも何でも無いのだから、自称でいいんじゃない?人生を豊かにするものであれば、稼ぐお金の額にこだわらなくていいと思います。できる形で、精いっぱいの努力をし続けることが大事だって思います。

    私は芸術じゃなくてデザイン関係に就職して10年ぐらい頑張ってましたが、子供が産まれ、徹夜等をするのが嫌になって辞めました。仕事は好きだったので残念ですが、作品はちょっとずつ作ってます。手を動かしていれば、道はいつか見えてくると思います。お互い頑張ろうよー!焦ることないぞー!

    ユーザーID:

  • 美大だけじゃないですよ

    東大出ても専業主婦になっている人がいます。
    アホ大学出て仕事ができなくても親のコネで出世できる人もいます。
    世の中に理不尽なことはいっぱいあるけれど、自分がいかに納得して生きられるか・・ですよね。
    私から見ると芸術の才能があるだけでもうらやましく、生活に芸術を取り入れられるというだけで、豊かな生活にみえます。

    ユーザーID:

  • アートの道は厳しいですね

    私本人は美大出身ではありませんが、
    夫の弟とその妻が、美大出身です。
    同じ大学で、義弟が義弟妻より1年先輩です。

    義弟は大学卒業後、WEBデザインの仕事をしています。
    (会社は何度か変わっています)
    本人が本当にやりたかったことかどうかはわかりませんが。

    義弟妻のほうは、美大卒業後
    特に会社に就職することなく、アルバイトを経験した後
    義弟と結婚し、専業主婦です。
    私からすると、才能もあるだろうし勿体無い気もしますが
    義弟の仕事も激務ですし、
    仕事に就けない理由もいろいろでしょう。

    夫には弟の他、妹もいます。
    義妹は美大出身ではありませんが、
    絵を描くのは好きで、絵本作家を目指して投稿活動してます。
    キャッチコピーやシンボルマークなどの募集にも
    積極的に応募活動をしています。
    ある時、某所に応募したシンボルマークが採用され
    今はそれがきっかけで、関連する所のポスターや企業のロゴなどの
    デザインの仕事を頼まれるようになってきました。
    でも報酬は小遣い程度らしいし、本来の夢とは違う仕事なので
    義妹の絵本作品が入選して、実際出版される日を
    私も心待ちにしています。

    ユーザーID:

  • 失礼ですが

    そこまで悩んでるなら、作品を作る時間があるような仕事に就くしかないじゃないですか。

    ギリギリの生活で制作してる人なんてたくさんいますよ。 これ以上収入を減らすと生活できないって事ならしょうがないですが。


    >美大じゃないけどさん

    カルチャーに通うおば様でしょうか。 頭でっかちな感じがそう思わせるのですが・・。

    院展にお金では入れませんよ? コネなら分かるけど。

    ユーザーID:

  • なんのためのアート?

    「実力が無いのに食べるのに困らない人」がいるのは事実ですが、「食べられないのは実力が無いから」も事実です。私は建築の設計事務所を開いていますが「自分のやりたいこと」と「食べるため」のギャップを身に染みて感じてきました。

    最近になってようやく仕事が自分のものになって来て分かったのは、そのギャップはそのまま「自分の実力の無さ」だったということです。bebeさんは大した才能も無いのにアートで食べられる人がうらやましいのですか?そうではないはずです自分が納得した作品を作れるようになりそれが評価されることが本意のはず。

    アートの為に食うや食わずの生活が嫌ですか?そんな気持ちでは到底成功できるとは思えません。今の日本にはアートが足りません。需要は必ずあります。広く視野を持ち、交際範囲を広げてください。きっと何かが見つかります。

    ユーザーID:

  • カレーの染みさんへ

    >カレーの染みさんへ
    うーん、カレーの染みさんが言ってる事は充分分かります。でも、私は今までどんなに周りから批判されてきた人の絵でも、全く絵が描けない人の絵でも、「才能がない」と思った事がないんです。個性=才能っていうのは少し違うかもしれませんが、私は人の絵を見て、才能がない。って思いたくないのです。だって自分の絵を誰かが見て「才能ないからやめれば?」なんて言われたら…。

    あと、趣味程度に描いていけば?なんて言ってません。
    私は、有名になる為ならホームレスでも構わないと思う人間です。ただ、bebeさんはかなり生き急いでいる感があり、このままなら生きてる意味がないって言ってたから、自分のペースで周りに流されずに…って言いたかったんです。私の友達がbebeさんの様に絵や将来の事で悩み、自殺未遂をして今、後遺症で苦しんで動く事もままならない状態になってしまったので心配になりそう言いました。余計なお節介でしたよね、ごめんなさい。

    ユーザーID:

  • つけたし

    >絵が苦手な人がアーティストになるのは無理」
    苦手な人にアーティスト(画家)になれだなんて言ってません。ただ、絵が好きな人に対して「才能がないのにアーティスト気取り」という言葉は失礼だと思ったのです。

    でも自分の文章を読み返してみたら「これは…」という部分が多々あり、私の文章能力が低く考えを上手く伝えられなかった事がそう思われた原因だと思うので、それは本当にすみません。うーん、何て伝えたらいいのか少し困ってしまいますが、私はどんな平凡な人間でもその人からインスピレーションを受ける事があります。

    それはその人にしかない何かを感じるから。人の個々の魅力を感じた時に、その人の感性を(それがどんな醜かったり汚ったかったり普通だったり…な事であれ)尊敬します。それはその人にしかない才能だと思います。

    生きていく限り、その人はアーティスト(この場合画家という意味ではありません)だと思ったのです。本当に紛らわしい文を書いてしまってすみません。

    ユーザーID:

  • 叶みかんさん

    偏見かもしれないけど、実家の経済力を当てにしているアーティストは作品も甘いもので薄っぺらいものにしかならなさそう……

    はい、偏見です。(トゥールーズ=)ロートレックなんかは、お母さんからのお小遣いで生活してたのではないですか?ヨーロッパで最も古い貴族の一つだった彼の家庭の標準で言えば雀の涙だったのでしょうが、画家だけでなく、一般の家庭から見ればかなりの額の筈です。彼だけでなく、かなりの画家が両親からの援助を受けていたはずです。

    ゴッホの様に、弟さんに面倒を看ていて貰っていた人もいますね。とはいえ、画家として成功する人は貧乏暮らしをしても絵を描く覚悟の人達ばかりですね。

    ユーザーID:

  • 美術史学生さん

    美大を専攻した時点で覚悟しているはずだと言われてしまいましたが、他の美大出の皆さんもそうなのでしょうか?

    私の泣き言(子供のような)と本当に私が美大で学んだこととは何か関係でもあるのでしょうか?

    美大に入る前は美大に行けば就職に有利、コネが出来る等
    と色々考えていましたが、実際に美大で学んで美大を出た
    私だからこそ現実は違うと思ったりすることだってあるんじゃないでしょうか?

    それとは別に皆さんのあせらないで自分の好きな作品を作っていこうという前向きさにとても元気付けられました♪

    ユーザーID:

  • マーチさん

    感じ悪いレスを付けてしまいすみませんでしたっ。 

    マーチさんの言う事は理解できますし、そういう感覚は僕も大事にしたいです。 誰でも、誰の絵でも、いいところはありますよね。  

    ただ作家として「成功するかしないか」で言えば、少し厳しい見方になってしまうんです。

    トピ主さんが書いていた様に、自称芸術家はたくさんいます。 基礎も学ばずに「自分はセンスがある。前衛で成功してやる」なんて勘違いしてる人もいますね。 中にはホンモノもいるかもしれません。  でもそれら皆を認めることは僕にはできないなぁ。

    まあでも・・マーチさんのレスからはなんだかあったかいものを感じました。きっと魅力的な人なんでしょう。  この人に一回僕の絵を見て欲しいなあ、なんて思っちゃいましたよ(笑)。

    ユーザーID:

  • 不公平さはつきものです。

    ずっと以前ですが、大学の先生で”裕福さも才能のうちだ”と平然と金持ち学生を贔屓する人がいました。
    そういう人は今も昔もいなくならないものです。
    でもその人たちの何十倍も、貧乏でも頑張って制作を続けている人たちがいます。
    あなたが本気でアートで生きて行きたいのなら、美術史学生 さんの発言に尽きると思います。

    作品を作っていますか?
    それを外に見せて評価を得る努力をしてますか?
    ディーラーとネットワークを作っていますか?

    そして、とにかく続ける事、これしか私たちに残された道は無いと思います。私は週5の仕事を週4にして、ますます貧乏になりながらも制作の時間を作りました。それでもなんだかんだと言い訳をしてサボってしまう事も多く、個展もしばらくしていません。
    なんだか私に言われたような気がする言葉でドキリとしました…。
    bebeさんも、裕福なアーティストに腹を立てる時期が終わったら、次は行動ですよ!頑張りましょう!!

    ユーザーID:

  • 一度はその道に足を踏み入れたけど

    ちょっと世界が違うんで。
    就職するとき
    ”普通のサラリーマンのお嬢さんでは
    つらいですよ”といわれました。
    その意味がすごくわかりました。

    今は趣味で撮ってます。
    コンクールで入賞できるぐらいの写真が撮れたら
    いいと思うし、
    余裕ができれば個展なんかもしてみたいです。

    食べれなくてもコツコツとね

    ユーザーID:

  • じゃあ作品をどんどん発表しましょう

    「なんちゃってアーティストばかり」
    「就職に有利でコネも出来ると思ってたのに」

    ・・文句ばかりじゃしょうがないよ。 一度あなたの作品を見てみたいもんですよ。 

    結局は「作品の質」で判断されるんです。どこの大学出てようが、実家が裕福だろうが貧乏だろうが。 そう思って頑張ってる人はたくさんいます。  

    自分の作品に自信があるなら発表していけばいいんです。 認めてもらえる場所を探しながら。そうしているうちに、実力もついてくるでしょう。

    それでも上手くいかなかった時に、愚痴の一つでも言ってください。 そして「じゃあ今度は海外に目を向けてみるか」とか、工夫してまた頑張っていけばいいんです。
    応援しています。

    ユーザーID:

  • 生きがい

    私も美大出でしたが、
    デザイン会社に内定していたものの
    当時まだ世間はバブルだったと言うのに、
    給料が8万円と知り、
    お給料のいい某会社の広報部を選びました。
    今では後悔しています、
    某会社の広報部でのデザインは
    挿絵ぐらいを描く仕事でつまらなかった・・・。

    ですが、結婚を期に退職、
    その後、夫の仕事で海外赴任を何度か。
    子育てと、なれぬ土地で、鬱になりました。
    でも、そんな時、美大にいた時と同じくらい
    絵が描きたいとあえぐ気持ちが湧き上がり、納得のいくまで描きました。
    だいぶ腕がなまっていたので、自分のイメージと
    描ける絵が違って、苦労しましたが、
    鬱の時のいい気晴らしでした。

    同じ欝でも何の趣味もない人は、
    なかなか抜け出せないようです。
    私も、まだ完璧に抜け出していませんが、
    絵が描けて良かったと思います。

    昔は、半分は誰かに見せるための絵だった、
    今は、自分だけが気持ちのいい絵ならOK。
    趣味を広げて、独学で書道も始めました。

    筆を持つことができる人は、幸せだと思います。

    ユーザーID:

  • 50代で才能開花

    私の友人のお母さんが、抽象画を描いていらっしゃるのですが、絵の勉強がしたくて、でも生活と子育てに終われ、50歳前後にやっとカルチャースクールで絵の勉強をされました。今は、日展の都道府県版で毎年、上位の賞を受賞
    されてます。あと、東京近郊に80歳を過ぎても精力的に
    絵を描いていらっしゃる女性の方がいらっしゃいます。確か、その方も子育てと生活が落ち着いて、フランスに60代か70代かの時に留学され絵の勉強をされたそうです。フランス語は全くわからないまま留学されたそうです。私は実際、両方の方の絵を見に行って、お話を伺いました。絵には力強さが感じられましたよ。とても味のある、絵でした。折角、美大を出られて、絵に対する情熱もおありのようですから、夢を失わずに頑張って下さい。美大出の方のお話ではなかったですが、絵の話題でしたのでレスしました。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧