東京ラブストーリー

レス47
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

理科

関東圏でフジテレビで再放送中だった東京ラブストーリーが今日で終わりました。

始めて放映されたのは、十年以上も前でしょうか?当時は、私はドンぴしゃの世代ではなかったので、見ていないしキャストは知っていても内容までは知りませんでした。でも有名なドラマであることは知っていたので、この度再放送されることになってビデオで録画したり・・と一生懸命見ました。

そこで、この東京ラブストーリーを見た方に伺いたいのです。
この結果、あまりにも鈴赤名リカが不憫に思えてなりません。こういうラストが設定上、ドラマでは良いのでしょうが、なぜ、彼女が一つも良いことなく終わっていて何とも腑に落ちないドラマでした。

このドラマをオンタイムで見た方、その当時の反響はどうだったのですか?
また、このドラマを見た方、結末についてどんな意見をお持ちですか?
教えてください。

あまりに、赤名リカが可哀想で完治の器の小ささを責めずには居られません。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数47

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 横レス ラストクリスマス

    いやー。どうでしょうねぇ。
    リカほど極端なタイプもなかなかいないけど、
    ああいう、完治くんの戸惑いや誤解や鞍替えは
    現実の恋愛でもあると思うので・・・。
    というか、あれで普通にリカとくっついていたら
    あれだけ視聴率は取れない普通のドラマだったのでは
    ないかなと思います。

    横レスですが、織田ユウジさんの新しいドラマの
    ラストクリスマスを見てると、なんか東京ラブストーリー
    を彷彿させる気がするのは私だけでしょうか〜。
    スポーツ用品会社の設定、ひとむかし前のバブル期
    チックな社内風景、登場人物の自宅風景、導入部分の
    カナダの設定などなど。。。
    ちょっとバブル期のトレンディドラマを思い出して
    しまいませんか〜? 別にどうでもいい事ですが。

    ユーザーID:

  • さて、今回の結末は・・・

    織田さん主演のラブストーリ(?)が始まりましたね。

    色々な意見で盛り上がると思いますが、

    踊る大走査線で、
    どの回かは、忘れてしまいましたが、
    なぜか、東京ラブストーリーの最後の場面が出てきて、

    青島が、カンチをさして、
    「こいつ、どうしようもないない奴だな」
    と言って、
    他の仲間達から冷たい目で見られたシーンが在りましたね。
    と、言うことは・・・・

    ユーザーID:

  • おでん・・・

    私も大大大好きです!特に泣けたのが、かんちの故郷へ行って、りかが帰る日にかんちが駅に来なくて一本早い電車に乗ったりかが車内でオイオイ泣くシーンです。すごく切なくて私もオイオイ泣いてしまいました。全てはさとみがおでんなど持ってかんちの家に行かなければ状況は変わっていたのかもしれません。後にさとみ役の有森也美があのシーンの事で友達からも非難ゴウゴウで大変だったと言っていました。あのドラマでは恋人同士の役だった織田裕二と鈴木保奈美は実際は仲が悪かったと言うことも聞いたことがあります。あれから私は性格は別にして鈴木保奈美の大ファンになりました。だって存在感あるし美人だし。復帰して欲しいな〜

    ユーザーID:

  • タイムリーでした

    当時はドラマ見たさに残業しない飲みに行かないOLが増えたとか・・・。
    柴門ふみさんの描く男性はこういうタイプが多いのですよ。やさしすぎる故に優柔不断になる男。
    コミックも読んでみるとおもしろいですよ。
    時代を感じますよね。
    赤名リカのような仕事ばりばり自由奔放タイプでなく
    さとみちゃんのような保守的な女性が幸せをさらっていく。
    今みたら確かに疑問に感じるのはわかる気がする。
    時代背景があってなりたってたお話なのかもね。

    ユーザーID:

  • 高校1年だった

    あまりにも有名な「セックスしよ」のせりふに、翌日の女子は大騒ぎでした(笑)かわいいなぁ〜。
    (今なら、真顔で言えるわ)

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • うーん、あれは・・・

    非常に反響のあるドラマでした。
    完治許せん!とか言っていた人、多かったですよ。
    と言っても私もビデオでみたクチですが。

    うーん・・・、私は、あれは主演の鈴木保奈美さんを、どれだけ魅力的に見せるかっていう部分が大きいドラマだったと思うんです。
    恋愛の駆け引きをしない、周囲の評価なんていらない、自分の気持ちに一途に突き進む、それがどれほど傷つく恋であっても、そういう女がリカなんだ、みたいな感じにしたかったんじゃないですかねー・・・。
    だから、あれでいいんじゃないでしょうか。
    完治とくっついたら、略奪愛のいやな女になるから。
    当時共演がキッカケで、鈴木さんと江口洋介さんが付き合ったりしてましたね。

    実は私子供の頃から紫門ふみさんの超ファンでしたが、東京ラブストーリーの頃にはガラリと作風が変化されてしまったので、この作品はパラパラと読んだ程度です。
    原作は、完治とさとみでしたっけ?、あちらにもっと照準をあてた話だったと記憶しています。
    そのさとみ役の有森也美さん、私は好きなんだけど、あの役は夜中におでん作ってきたり、寒い中ずっと完治を待っていたり、ちょっと薄気味悪い役回りだったなあ。

    ユーザーID:

  • さとみに批難集中!

    当時高校生、放送翌日は
    友人間でかなり話題となっていました。
    三上も手に入れるけど長尾も手放さないよと
    言わんばかりのさとみに批難が集中してました。
    当時の私も、トピ主さんと同じく
    ここまでリカがかわいそうでいいの!?
    とたかがドラマにショックを受けて、
    しばらく悶々としていたクチです。
    後味悪かったんでしょうね。
    ドラマの撮影中、織田裕二が
    「歌えなかったラブソング」という曲を出し、
    歌番組に出たことがあったのですが
    撮影中のスタジオと生中継したんですね。
    カンチの部屋で三上、リカ、さとみが
    コタツに入りながらコメントしていたのですが
    リカ役の鈴木保奈美が
    「両思いになれたのに、取られちゃいそうなんです」
    と言い、歌番組の司会者が「どなたにですか!?」
    と聞くと、さとみ役の有森也美が手をおずおずと上げ
    「。。わたしです。」と。
    ドラマ上の役と分かっていても
    そのやり取りはなんか笑えませんでしたねぇ。
    まぁ、そんなエピソードもありました。
    今回の再放送も、顛末が分かっているだけに
    見たくなかったんですが、あまりに久しぶりでついつい見て、また後味の悪い思いをしました(笑)

    ユーザーID:

  • 東ラブフリーク

    関東の方羨ましいです〜
    こちら〈関西〉ではどうやらやってくれそうにありません・・・
    新ドラマ繋がりで絶対してくれると思ったのにぃぃ(T_T)

    いわゆるフジテレビの月9という枠を
    ブランド化させ作品ですし、
    当時は社会現象にもなりました
    また中華圏でも絶大な人気を得たそうです

    私がリアルタイムで見たのは小学校一・二年でしたが、
    なんか今までのドラマと違うって直感的に感じましたね
    まずあのopが強烈に印象に残る

    91年当時の東京や街並み、人々を映してるだけなのに、
    小田和正の主題歌と相まって、なんて格好いいんだろうと
    幼心に感動していました。

    ユーザーID:

  • 東ラブフリーク 続き

    何度も再放送されていて見てるはずなのに、
    その時々で違う印象が植え付けられます
    年齢を重ねるごとに、出演者のそれぞれの立場や
    セリフの一言一言が強烈に胸に残ります

    時代を感じるファッションや、
    時折寒くなるセリフもありますが、
    そんなことを覆してしまえるくらいの
    脚本や演出、音楽、そしてなにより
    出演者の熱演が光ってると思います

    今のラブストーリー系のドラマは、
    すべて少なからずこのドラマの亜流を汲んでるのでは?
    私の中では未だにこれを超える作品はありません
    これからも多分出てこないだろうなぁ
    ホントにこの頃のドラマは素晴らしかった・・・

    まずあのopが強烈に印象に残る

    91年当時の東京や街並み、人々を映してるだけなのに、
    小田和正の主題歌と相まって、なんて格好いいんだろうと
    幼心に感動していました。

    ユーザーID:

  • 懐かしい〜

    見てました、見てました〜!!
    私も同感です。
    最後は納得いかないですよー
    リカがかわいそう過ぎですよね。
    本当にラストはいたたまれなかった。。。
    思い出しても胸が痛いです。。。

    ユーザーID:

  • 再放送してます。

    こんにちは、今札幌でも再放送をしていて、今日が最終回ですよ!!
    私は(27歳)オンタイムで見ていたけど、今見てもぐっとくるドラマだなぁと感心してます。会話とか表現が「古い〜」と思うこともありますが。
    鈴木保奈美・・・すごい可愛いですよね。
    当時、中学生だったのですが、こんな思い出話があります。授業中に若い女の先生(25、6歳くらいだったのかな?)が、クラスの男子に「赤名リカと関口里美、どっちが好き?」と聞きました。男子の中でリーダー格の不良少年が「リカに決まってる」と答えました。
    その答えを聞いた女教師は、意味深に笑いながら「そうかー、でもね、たいていの男のひとは、里美ちゃんがいいって言うのよ」って言ったのです・・・。
    当時は先生の言ってる意味が全くわからなかったのですが、今こうして大人になってみると、その言葉の意味がよく理解出来る気がします。

    リカは、カンチと出会うことが出来たから、ひとつは良いことがあったのではないでしょうか。
    結ばれなくても、出会えたことに感謝出来る人間だと、前向きなリカは思う気がしますし、それがラストの笑顔にもつながっていくと思います。

    ユーザーID:

  • その世代です(笑)

    原作もヒットしましたが、原作の赤名リカはもっととんでもなく破天荒な女でした。それに比べてドラマは、リカをメインに持ってくるために、可愛くしたんだなぁと思っていました。
    (原作のさとみは普通の女ですが、ドラマだとズルイ女に見えますよね?)
    原作のリカだったら、最後にああなるのはまったく自業自得なのですが…そのへんの匙加減がうまくいかなかったのかなぁと。
    ドラマだけを見ていた方の意見とは違うと思うので、あまり参考にならなくて申し訳ありません。

    ユーザーID:

  • リカ

    >赤名リカが可哀想で完治の器の小ささを責めずには居られません。

    完治の器が小さいのではなく、リカという女性が枠にはまらない自由な奔放な人間だったのではないかと思います。ドラマの記憶があまりないのですみませんが、柴門ふみさんの原作のリカと鈴木保奈美が演じたリカは少し違うな、と思っていたのを記憶していますが。

    ユーザーID:

  • 漫画読んだことありますか?

    原作であるマンガをリアルタイムで読んでいた世代です。ドラマもちょこちょこ見ていましたが、私からすると「あー、これは鈴木保奈美を売り出すためのドラマなのねー」って思いました。

    マンガではリカはもっと「突拍子もないことばかりやる、とんでもない女」な設定で、「アンタいい加減にしなよ」と思うような人物として描かれていて、いくらリカに惹かれても最終的には元々好きだった女のほうにカンチがなびいてしまうのはいたしかたないって感じでした。それがドラマだと視聴者的にはむしろあの女(名前忘れました)の方が、あっちに振られたら今度はカンチに乗り換えてどういうつもり?一途なリカがかわいそうじゃないの!!って思わせるような設定でしたから。

    また、カンチの器の小ささについてですが、そもそも「優柔不断な男」という設定でしたからね、仕方ないかもしれません。 

    ユーザーID:

  • オンタイムではないのですが

    放送された5年後にビデオを借りて観ました。
    それまでそんなに興味なかったんですよ。
    「どーせほれたはれたでたいしたストーリーじゃないだろう」って思ってて。

    しかーーーし!

    観はじめるとドップリはまってしまいました!(笑い)
    カンチにいつもイライラしながら観てましたね。

    最後はほんと「なんでこんな終わり方???」って切なくなりました。
    当時もテレビ局に「リカがかわいそうすぎる!」って抗議の電話が殺到したとか・・・

    ちなみに私愛媛の出身で、あのロケ地に行って来たことあります。

    当時、校舎の柱にほんとにリカとカンチのサインが書かれていて感動しました(今はないそうです・・・)

    駅のホームの手すりにも、いっぱいハンカチが吊るしてありました。

    見に行ったのはビデオを観てからなんだけど、校舎でも見物に来てたカップルに会ったし。

    根強いファンも多いですよね。

    ユーザーID:

  • さとみが嫌いだった

    昔見たときも、そして今回の再放送を見ても、カンチとリカがくっついて欲しかったな〜という感想です。

    そして昔もさとみが嫌いだったけど、今回見ても嫌な感じだった。

    それまでの純愛ハッピーエンドとは違う結末で、当時は驚きましたね。原作は、もっとドロドロしているけど。

    ただ、昔は「リカかわいそう〜」と思ったのですが、再放送を見ると「カンチがかわいそう」と思えました。ラストで再会した二人が別れる時、リカは自信たっぷり去っていき、カンチは複雑そうだったから。

    ところで有森也美って、今何してるんでしょう?

    ユーザーID:

  • かんちが優柔不断だと思う。

    私もトピ主さんと同じで、今回の再放送でこのドラマを初めて見ました。

    見たことのある友人らは、みな一様に「すごくいい」って言っていましたが、私は・・・。

    とにかく、かんちが優柔不断だと思いました。
    関口も、あっちがだめならこっち、という態度が気に入りません。

    でも、結局はかんちも関口もお互い「2番目に好きな人と結婚した」ということで、結果的には不幸だと思いますよ。

    りかは最後まで信念を貫き通したから、後悔は残ってないと思うし、あのあときっと新しい恋が待っていたと思う。一番好きな人と結婚できたかも知れない。

    あのドラマで一番考えさせられたことは、「大切な人を失う前に、その価値に気付く事」
    そして、大切にすることかな。

    ユーザーID:

  • 原作は...

    ドラマは、カンチとリカを中心にしていますが、原作は、カンチとさとみの間に割り込む性悪女。

    一度、原作も読まれては?

    ユーザーID:

  • 見てた

    当時ドラマを見たあと原作を読んだのですが
    原作はリカがもっとはちゃめちゃで
    さとみはもうちょっと良い人でした。
    ドラマの方はリカが主役的に話を変えてるから
    カンチのふがいなさが余計に目につきましたね。
    当時のまわりの評判はドラマのみ見てる人達は
    やっぱり「リカがかわいそう」だったけど
    原作を読んでいる人達は「さとみはなんなんだ!」でした。

    ちなみに「ラストクリスマス」の設定を同じにしているのは(会社名もハートスポーツで同じ)
    当時のスタッフと10数年ぶりにタッグを組んで
    月9に挑むということから“わざと”です。

    ユーザーID:

  • 原作を

    同タイトルの紫門ふみさんの漫画を読んでみたらどうですか?
    私はドラマは最後まで見ていないのでよくわかりませんが、トピを読む限り、カンチと里美ちゃんがくっついてリカが振られる、という設定は同じだと思います。

    漫画の方の終わり方を見れば普通に納得できると思います。

    ちなみにリカ役の保奈美さんがどうもしっくりこなかったです。まぁ、リカ役を誰がやれるかと言ったらなかなか難しいと思うけど、今なら菅野美穂さんあたりならできそうかな?

    ユーザーID:

  • あの時代だったからこそ。

    ちょうど高校三年生でした。なのでかなり夢中で観てました。赤名リカのファッションを真似したくてしたくて、ドラマを観たらすぐ似たような洋服を探しに行った記憶があります(紺ブレはもちろん、チェックのパンツとかダンガリーシャツ(古っ!)とかフェルト生地のようなブレザーとか)。
    確かに今観ても面白いドラマだと思います(多分5回ぐらいは観ている(笑))。ですがカンチがああいう性格で・結局サトミを選んだというのは、多分あの時代(1990年)だったから受け入れられた?のかなーと。またあのリカの奔放な人生もあの時代だからこそ新鮮に見えたのかなーと。今、あの主人公たちの設定をそっくりそのままドラマにしても全くと言ってよい程受け入れられないと思います。
    なので、あのドラマの結果に対してどうこう思っても、一昔前の話ですから、トピ主さんも「??」と思って当然ですよ。多分、当時タイムリーに観ていたら、「??」と思わなかったはずです(笑)。
    ところで「ラストクリスマス」。第一回目から「うーん」てカンジ。イマイチですよねえ・・・。今は韓国ドラマファンの私でした。

    ユーザーID:

  • バブルを思い出すねえ

    私はTVでやっていたときにはすでに働く主婦でしたが、未婚の男性がはまっていました。漫画も借りて読みました。漫画のほうがもっとリカがあっさりしていて、それゆえ切なさ倍増。

    ラストクリスマスは、もろに、東京ラブストーリーを意識しているそうですよ。けっこうモチーフがちりばめてあるらしいです。

    鈴木保奈美さん、復帰して欲しいですね。あの、わがままそうな感じがいいです。

    ユーザーID:

  • 静岡県は今再放送してるよ!

    懐かしいですね。当時高校一年。最初の一回目を見損ねてしまい、リアルタイムではなく、その半年後の再放送を見ていました。
    私は、あの奔放なリカが好きでした。あと、最後、三上君とくっついた、医大生の長崎もなぜか、気になる存在でした。

    当時のファッションなんかのギャップも見ていて面白いです。
    あと一時間ほどで、始まる・・・。再放送。

    ユーザーID:

  • 永遠のテーマ?

    リカに惹かれて翻弄されるけど、最後にはさとみに落ち着く。これは永遠のテーマかも・・。

    さとみタイプって、女性らしくて優等生で男性受けがよく、ある意味で女性に嫌われるタイプですよね。
    最近のドラマで言えば、松嶋奈々子さん主演の『やまとなでしこ』の若葉(矢田あきこちゃん)ちゃんみたいな位置づけでしょうか。

    さとみも若葉ちゃんも、決していい子ぶっているわけではないのでしょうけど。
    日常生活でもよくあるパターンなので、余計に女性の支持を集めたのだと思います。

    ドラマの最後、リカは恋に破れたけど、『やまとなでしこ』では、一途で良い子の若葉ちゃんではなく、野心家でわがままで露悪的な桜子(松嶋奈々子)が選ばれた点で、時代の流れを感じます。

    ユーザーID:

  • リアルタイム派じゃなくてすみませんけど

    当時リアルタイムで観なかった私でした。原作の方を読んでたもので、感情移入しずらい気がして。
    で、今回の再放送。一回目の放映で偶然チャンネルが合ってしまい、ハマリました。

    今も昔もカンチタイプって結構多いなと思いました。リカのような自由奔放で、仕事もでき、ストレートに表現できる女性と、そこに惹かれつつおろおろしたり、自信がなかったり、もう一人違うタイプの女性が登場したら、気持ちが行ったり来たり。
    カンチの「あー・・うん・・。」がもどかしく、はっきりせい!とつっこみ入れてました。

    結局、カンチにリカは不釣合いだったというワケで。
    リカにはもっと合う相手がいると思いました。

    ユーザーID:

  • 赤名リカのその後・・・

    同じ作者の漫画で
    「あすなろ白書」って知ってます?

    主人公の青年の母親は
    未婚の母で子供を産んで
    自由奔放に生きているのですが
    その母親のモデルが赤名リカだと
    作者があとがきで書いていますよ

    ドラマ「東京ラブストーリー」のラストは
    原作とちょっと違うのですが
    両方せつないです

    ユーザーID:

  • オンタイムで見ました

    世代がちょうど同じくらいだったので、「なぁんだかねぇ」と馬鹿にしながらも毎週見てました。屈折してますね。(笑)
    リカの言い方などを宴会で真似する人もいて、うけたりしてましたよ。

    再放送も思わず見てしまいましたが、
    あれが当時の若い者の心象風景ってやつだったんだ…と思いました。
    実際、周りにもああいう恋愛がありましたしね。
    「なつかしい」。とにかくなつかしかったです。

    今の若い世代にリカの感覚、カンチのリカへの悩みはわかるのかなぁ?とも思いつつ…。

    ユーザーID:

  • 私の感想

    テレビで見ました。
    私は、実際にりかさんのような女性がいたら、男は引くだろうと思ってました。自分の好きという気もちを全部押し出して、ただ突き進まれては、周りは戸惑うでしょう。始めは可愛いと思っても、そのうち疲れてくるのでは?

    まあ、突き進んだ結果も、甘んじて受け入れるのだから、そういう生き方もアリなのかなあと。だから、ドラマの結末、あれはあれでイイのではないでしょうか。
    ただ、だからさとみさんのほうが幸せになってOKとは思いません。彼女は彼女で、かなり自分本意だと思うから。
    でも、人間が出来た良い人、立派な人ばっかりではドラマにならないでしょうね。

    この前再放送をチラッと見ましたが、千堂あきほの前髪に時代を感じました。

    ユーザーID:

  • 好きだった・・・(過去形)

    うちのダンナはその当時日本にいなかったため
    帰国後(終わってから8年くらい経ってから)
    ワタシのたっての勧めで(笑)ビデオを見て一言。
    「なんじゃこの漫画みたいなドラマは」・・・

    そりゃそうでしょ、原作は漫画・・・と突っ込みたいところ
    ぐっとこらえて大人になったワタシもいっしょに見てみた。
    うーん、ほんと、漫画だわ・・・少女マンガ。

    そしてこの間放送の第1回目の新番組を見てダンナ一言。
    「全然進歩してない」
    それは何?このドラマの枠が?それとも演出とか脚本?
    それともそれとも・・・。

    うーん、この手のドラマを見てときめかなくなった自分。
    大人になったのか、冷めたのか、ドラマの力量不足か・・・。

    ユーザーID:

  • 私もトピたてようかと

    思ってました。

    あの頃、私は確か高校生だったのですが
    それは、それは恋愛に憧れていた年頃だったので
    ドキドキしながら感情移入してみていました
    さとみのどこがいいんだろうと理解できず
    男友達にきいた記憶が。。。
    彼も『さとみを選ぶ』といっていました

    柴門フミさんもエッセイで
    『世の中の男性の殆どは さとみを選ぶ』と
    いっておられまして、、ますます疑問でした

    そして久しぶりに再放送をみましたが
    あれから1?年がたっても理解できませんね・・・
    どこがいいんだろう?と。
    ただ大人になった私が気づいたことは
    あぁいうのを”したたかな女”というんだろうと
    いうことと、あぁいう女、いるいる!という事ですね

    私が気になったシーンなのですが
    最後のほうで3年後に街中でリカと再開したとき
    さとみとカンチは結婚していて・・
    さとみが『ふたりで同窓会してきなよ』と
    言いましたよね
    なんだか、凄い優越感に感じてますます
    『イヤなオンナー!!』と思ってみてました
    いったい誰のせいで別れたと思ってんだよと
    私なら心で殴りますね・・・

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧